ヘッドライン

輿水幸子「安価で小梅さんとデート?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494772926/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:42:07.14 ID:K0CP0mNh0
幸子「デート…ですか?」


P「ああ……ちゃんと行ってるのか?」

幸子「え…いやまぁ…その……あんまり行ってないですけど…」

P「よくない…それはよくない。付き合ってるんだろ?」

幸子「ま、まぁ…」///

P「それならちゃんとデートに行かなきゃダメだ!!」

幸子「は、はい…」

P「とは言っても、なかなか休みが合わないってこともあるもんな……。そこで、だ。今度の日曜日、二人の休み合わせといたから、ちゃんとデートに誘って行ってこいよ!?歳上なんだからリードしてあげてくれ!」

幸子「は、はい…(ありがたいアドバイスですけど…な、なんだかやけに熱苦しい…)」

幸子「で、でもその…デートって言っても…どこがいいんですかね…あんまり小梅さんが喜びそうなところ知らなくて…」

P「そういうと思って、便利な道具を用意しておいた。その名も『安価君』だ」

幸子「安価君?」

P「ああ。困ったことがあったら、この安価君に尋ねるといい。きっと適切な答えが返ってくるはずだ!!」

幸子「は、はぁ…?よく分かりませんが…まあiPhoneのSiriみたいなものなんですね?」

P「まあ(そうじゃないが)そういうことだ!」

(幸子と小梅が付き合っている設定です)



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:43:28.98 ID:K0CP0mNh0
P「早速使ってみたらどうだ?」

幸子「は、はい…じゃあ…。えっと、小梅さんとデートに行きたいんですけど…どこに誘えばいいでしょうか…?」

どこへ誘えばいい?
安価
↓1

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:44:02.96 ID:GgpHiS6qo
ホラー映画

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:51:02.25 ID:K0CP0mNh0
安価君「ホラー映画」

幸子「おぉ…。やっぱりそうなりますか…!」

P「うむ。困った時に適切な答えを返してくれる。そう、安価君ならね」

幸子「ありがとうございますPさん!これなら小梅さんと楽しいデートができそうです!」

P「いやいや、いいんだ。さちこうめが幸せならそれで」ニッコリ

幸子「(さちこうめ?)早速誘ってきます!」ダッ

幸子「って……な、なんて誘えばいいんでしょうか…。ホラー映画見に行きましょう!って言うのも…なんか…小梅さんに合わせすぎてて…逆に相手に気を使わせてしまいそうですね…。んー…」

幸子「安価君に頼りますか…なんだか我ながら情けないですけど…。えっと、小梅さんをホラー映画デートに誘いたいんですけど…何と言って誘えばいいでしょうか…?」

どうやってデートに誘おう?
安価
↓1

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:53:15.87 ID:s/3xB/Oh0
輝子さんからチケット貰ったんですけど輝子さんが突然用事が入ったと言う

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:16:13.36 ID:OJbG2Sge0
幸子「これは…ボクが、輝子さんからホラー映画に誘われていたけど、用事が入ってしまい輝子さんが来れなくなった…。だから輝子さんの分を小梅さんに渡す…ということでしょうか…?」

幸子「こ、これでいけますかね…ちょっと心配ですけど…信じてやってみましょう…!」

~仕事終わり~

幸子「こ、小梅さん!」

小梅「あ、幸子ちゃん…!お疲れ様…」


幸子「お、お疲れ様です…。えっと、その……」

小梅「…?」

幸子「こ、今度の日曜日…その、偶然…二人共お休みじゃないですかーー…?」

小梅「うん…。そうだね…」

幸子「だからその、えっと…あーそう言えばボクこんなの持ってるんですよ!ホラー映画のチケット!!」

小梅「えっ……ホラー映画のチケット…!?」キラキラ

幸子「輝子さんが見に行こうって誘ってくれたんですけど…輝子さんが急に用事が入ってこれなくなって……。だからその…小梅さんと……今度の日曜日…行きたいなって…」

P(嘘が下手くそか…)

小梅「そう…なんだね……」ニッコリ

幸子「ど、どうでしょう……」

小梅「うん…。私も…行きたい……。それ、ちょうど見たかった映画だし…」

幸子「ほ、ホントですか!?行きましょう!ぜひ!」

小梅「うん……!……ありがとう…」

幸子「えっ…い、いやボクにありがとうと言われましてもー……輝子さんがくれたものですしー…」

小梅「…そういうことにしておくね…?」

幸子「……」

幸子(なんだかバレてるような気もしますけど…うまく誘えた気がします…!!)

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:34:01.58 ID:OJbG2Sge0
~自室~

幸子「って……喜んじゃいましたけど……。ホラー映画ですか……うぅ…とりあえず小梅さんも見たことないであろう…新作のホラー映画のチケットを買ったのはいいですけど…これ、どれくらい怖いんですかね…」

幸子「とりあえずネットの評価は……。『最高』『今世紀最高傑作』『さすが〇〇監督、期待を裏切らない』…へぇ、内容の評価は高いんですね…良かったです。でも個人的には怖さの方が気になりますね…」ポチポチ

幸子「ん?『〇〇監督の新作映画、絶望的な怖さ。ぜひ映画館で味わって欲しい』『この映画怖すぎ…途中で映画館抜けちゃいました…』『横の人が叫んでうるさかったけど、途中で気を失って静かになったから良かった』って……」

幸子「………もうどうとでもなれ…」

~デート前夜~

幸子「さて、明日はデートですが……服装は…気を使った方がいいですよね…。でも気合いを入れすぎて引かれるのも怖いですし…」

幸子「…安価君に頼りましょう…。小梅さんとのデート…どんな服装がピッタリでしょうか…?」

服装はどうする?
安価
↓1

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:36:31.93 ID:O330iXIvO
タンクトップ ショートパンツ ニーハイ

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 13:51:32.17 ID:xnZb76vWO
安価君「タンクトップ ショートパンツ ニーハイ」

幸子「………えっ…」

幸子「…何かの間違いですよね…?」

安価君「タンクトップ ショートパンツ ニーハイ」

幸子「安価君の趣味とかじゃないんですかそれは!!」

安価「ソンナコトナイヨ」

幸子「そ、そ、そんな…そんな格好…ボク……。スタイルのいい人なら似合うかも知れませんけど…ボクでは…」

安価君「……ボクハ、ツネニ テキセツナ アドバイスヲスル」

幸子「………。Pさんも…確かそんなような事言ってましたね…。分かりました…信じますよ……。その格好でデートに行きます……」

安価君「ガンバッテ」

幸子「ありがとうございます…。ボク、頑張ります!!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 14:09:04.70 ID:xnZb76vWO
~デート当日~

幸子「……。(お、落ち着きませんね…こんなにも露出が多い服装…普段はしないですし…)」

幸子(小梅さん…どんな反応しますかね…引かれたりしないですよね…心配です…)

幸子(とりあえず映画館集合ということで来ましたが…ちょっと早く来すぎましたね…まだ約束の時間まで30分もありますよ…)

幸子「…せっかく映画見るんですし…ポップコーンとか飲み物…欲しいですよね…。パンフレットとかも…あったら上映時間まで読めて楽しいですよね…。他にもグッズとか…小梅さんにプレゼントしたら喜んでくれますかね…」

幸子「時間がありますし、小梅さんが来るまでにどれか一つ買っておきましょう…!」

1:ポップコーン、飲み物を買っておく
2:パンフレットを買っておく
3:グッズを買っておく
(どれを選んでいただいても特にハズレとかありません)
安価
↓1

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 14:12:21.06 ID:sr4NGAb4O
1

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 19:36:20.34 ID:GOUWtcijO
幸子「そうですね……。ここは、ポップコーンと飲み物を買いましょう!」

幸子「すみません。ポップコーン1つとジュース2つください!えっ…?今のおすすめは…目玉ゴロゴロジュース……?映画とのコラボ…そ、そうですか……えっとじゃあ…それでお願いします…。…えっあっ片方はオレンジジュースで…あっいや何でもないです…」

幸子「……ポップコーンとジュース買えましたけど…。ドリンクが…2つとも目玉ゴロゴロジュースに……なんともおどろおどろしい見た目…いや普通に美味しいんだろうなとは思うんですけど……うぅ…」

小梅「さ、幸子ちゃん…こんにちは…」

幸子「うわぁっっ!…こ、小梅さん脅かさないでくださいよ…」

小梅「お、脅かしたつもりは…ないんだけど……それにしても幸子ちゃん…き、今日は…大胆だね…」

幸子「ふぇっ…あ、あぁ…(ジュースに気を取られてて今日の服装のこと忘れてました…)えっと…まあ…せっかくのデートなのでちょっと大胆に……に、似合ってます…よね?」オドオド

小梅「……うん!に、似合ってるよ…!セクシー…だね…♪」

幸子「ほ、本気で思ってますかー!?それ!」

小梅「ふふふ……♪普段じゃみれない…幸子ちゃんが見れて…か、カワイイな…って思ってるよ♪」

幸子「やっぱりセクシーだとは思ってないんですね…」

小梅「そんなこと…ないよ…。本当に…セクシーで…ど、ドキドキするよ…♪ちょっと…目のやり場に困るくらいに…」

幸子「えっ…ええっ……」///

小梅「で、でも幸子ちゃんは私の彼女だから……じーっと見つめてても…い、いいよね…♪」

幸子「えぇっ…そ、それは…」///

小梅「だめ…?」

幸子「だ、ダメじゃないですけどぉ……そ、そんなに見られると恥ずかしいですっっ……」///

小梅(や、やっぱり…カワイイ…♪)

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/20(土) 15:24:54.38 ID:3+zFsaRIO
幸子「あ、そ、そう言えばこれ…ポップコーンとジュース…買ってきました!とりあえず映画始まるまで、席で食べて待ちましょうか」

小梅「あ、ありがとう……お金は後で…」

幸子「いやぁいいですよー。安かったので」

小梅「そ、そう…?ありがとう………あっっ…これ…!」

幸子「ど、どうしました?」

小梅「き、今日見る…映画とコラボしてる…ジュース…だよね……!」

幸子「あー…店員さんがそう言ってました…」

小梅「こ、これ…すごく…飲んでみたかったんだ…!ありがとう…幸子ちゃんっ!」

幸子「そ、そうだったんですか…!?そんなに喜んでもらえるとは思いませんでした…なんだかボクも嬉しいですよ…♪」

小梅「幸子ちゃんも…同じジュースにしたんだね…」

幸子「あー…(店員さんが間違えて…)」

小梅「お、お揃い…だね…♪」

幸子「……フフーン♪そうですね!」

小梅「映画を見ながら…一緒に…た、たくさん…目玉を飲もうね…♪」

幸子「そう聞くと狂気的なカップルですね……」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 06:47:12.63 ID:doefs0WeO
幸子「……」

小梅「……」

『映画館ではお静かに……』

幸子「…結構…映画始まるまで長いですよね…」

小梅「だね……。ポップコーン…た、食べてもいい?」

幸子「あっそう言えばポップコーンあるんでしたね」

小梅「自分で…持ってるのに…わ、忘れてたの?」

幸子「うぅ……な、なんだか持ってるのが当たり前になってて…ど、どうぞ!食べてください!」

小梅「あ、ありがとう…♪」

幸子「どうですか?」

小梅「うん…美味しいよ…♪」

幸子「良かったです…♪」

小梅「幸子ちゃんも…」

幸子「はい!じゃあボクも…」

小梅「あっ…ま、まって…」

幸子「ど、どうしました?」

小梅「幸子ちゃん…ポップコーン持ってるから…食べれない…よね?」

幸子「え…?いや…まあ、大きいですけど片手で持てますし…食べれますよ?」

小梅「食べれない…よね??」ズイ

幸子「えっあっ…はい…食べれません…」

小梅「わ、私が食べさせて…あげるね…♪」

幸子「お、お願いしますね…!」

小梅「はい…あーん…して…」

幸子「あ、あーーん…」

小梅「どう…?」

幸子「…美味しいです…♪」モグモグ

小梅「ふふ…♪」

幸子(ポップコーン、買ってきてよかったですね…)///

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 23:12:58.01 ID:we/a/vXu0
~上映開始~

幸子「フギャー!!」

小梅「……」キラキラ

幸子「ヒヤァァァ!!!」

小梅「……」キラキラ

幸子「キャー!!」

小梅「……」ニコニコ

幸子「…ううぅ…小梅さん…助けて…」ギュー

小梅「さ、幸子ちゃん……?」

幸子「…こ、怖いです…想像以上に怖くて…しばらくこうさせてください…」

小梅「…うん…いいよ…♪」

幸子「ううぅ…」

~上映終了~

幸子「……」グッタリ

小梅「…楽しかった…ね♪最高…だった…」キラキラ

幸子「…は、はぃ…最…高でした…ね…アハハ」

小梅「え、映画も…楽しかったし……カワイイ…幸子ちゃんも見れたし……抱きついて…もらえたし…とっても楽しかった…♪」

幸子「うぅ……涙でグショグショで…なんだか恥ずかしいです……」

小梅「そんなこと…ないよ…泣いてる幸子ちゃんも…カワイイよ…!…見てて…ゾクゾクする…♪」

幸子「えっ……小梅…さん…?」

小梅「えへへ…」

幸子「えっえっ…」

小梅「そ、それより…幸子ちゃん…」

幸子「は、はい…?」

小梅「ショートパンツも……グショグショ…みたいだけど…だ、大丈夫……?」

幸子「えっっっ……あっえっ…嘘…ボク…えっ…」アタフタ

小梅「お、おも…らし…?」

幸子「い、いやっそんなっっ…まさかこの歳で……って…これたぷん…ジュースこぼしました…」

小梅「そ、そう…だったんだね……確かに…言われてみたら…ジュースの匂いが……それに…」

幸子「それに……?」

小梅「さ、幸子ちゃんの座席に…目玉が…たくさん…落ちてる…」

幸子「えっ…………フギャー!!!!!」

小梅「……カワイイ…♪」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 23:16:43.68 ID:we/a/vXu0
幸子(……なんとか…乾きました…)

幸子「さて……当初の目的の映画は見れましたけど……。次はどうしましょうか…もっと小梅さんとどこか行きたいです…。安価君に聞いてみましょう!!」

幸子「次は小梅さんと何をすれば良いでしょうか…?」

安価
↓1

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 23:17:24.55 ID:y569hrMH0
食事

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 23:24:39.97 ID:we/a/vXu0
安価君「食事ガイイヨ」

幸子「うーーん…やっぱり食事ですよね…!ちょうどお昼時ですし……!」

幸子「むぅ…でも、小梅さん…どんな料理が好きなんでしょうか…?」

幸子「小梅さんと…どんな料理を食べればいいでしょうかね…?」

安価
↓1

例:お寿司、ラーメン、オムライス、ハンバーガー…etc..

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 23:27:56.52 ID:ePrhug0Po
カップルシートでオムライス

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 23:49:10.83 ID:we/a/vXu0
安価君「オムライスガイイヨ。カップルシートデタベヨウ」

幸子「か、カップルシート…」///

幸子「お、オムライス…なるほど…さっそく近場で調べましょう……」

幸子「おぉ…カップルシートとオムライスならここが一番よさそうですね…名前は…『ミシロープロ・ユーリー』ですか…なんだかオシャレな名前です」

小梅「お、おまたせ…」

幸子「あぁ、いえいえ全然待ってないですよ!今から…その…食事なんかどうですか…?」

小梅「うん…♪お腹…空いてきたし…何か…食べに行きたい…」

幸子「じゃあ……オムライスとか…どうでしょう…?」

小梅「オムライス……ちょうど…食べたいなって思ってた…♪」

幸子「ほ、ホントですか!!じゃあさっそく行きましょう!良さそうなお店見つけたんです!」

小梅「さ、探してくれたんだね…ありがとう…」

幸子「フフーン♪どういたしまして!」


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:09:16.01 ID:eTvWWNlt0
幸子「着きましたね」

小梅「ここ、なんだね…『ミシロープロ・ユーリー』…なんだか…オシャレな名前…だね…」

幸子「内装も…オシャレですねぇ…カップルシートが個室になっているとは…」

小梅「うん…ビックリ……。個室…だから…周りの目を気にせずに……幸子ちゃんといちゃいちゃ…できるね…♪」

幸子「えぇっ…」///

小梅「ふふ…♪」

幸子「あっえっえっと……ど、どのオムライス食べましょうか!」

小梅「…うーん……な、悩んじゃうね…」

幸子「ですねー…どれもすごく美味しそうです……ボクは…デミグラスソースオムライス…ですかね…」

小梅「私も……それがいいかな…」

幸子「じゃあ、これを二つ頼みましょう♪」

店員さん「ご注文はお決まりですか?」

幸子「はい。デミグラスソースオムライスを二つで」

店員さん「お二つで……。カップルサイズがありますが、いかがなさいますか?」

幸子「カップルサイズ…?」

店員さん「はい。2人前の大きさのオムライスがありますよー?」

幸子「なるほど……じゃあ…それでお願いします!」

店員さん「かしこまりました。では、少々お待ちください」

幸子「勝手に決めちゃいましたけど…良かったですか…?」

小梅「うん…私も…カップルサイズっていうのに…したかったから…大丈夫…」

幸子「それなら良かったですよー」


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:20:59.62 ID:eTvWWNlt0
小梅「………き、今日の映画…どうだった…?」

幸子「映画…ですか…?そうですね……不思議な感じ…です」

小梅「不思議………?」

幸子「はい……。すごく怖かったです……。ま、まあその…ボクが怖がりだから余計に…なんですけど…。でも…なんと言いますか…見たあとはスッキリしてて…妙な気持ちよさがあって…」

小梅「……」ジー

幸子「それで………って、ど、どこ見てるんですか!もらしてなんかないですからね!もらしてスッキリしたわけじゃないですからね!!」

小梅「え、えへへ…ごめん…」

幸子「も、もー……。そ、それで、なんと言いますか……ちょっとホラーに対しての見方が変わりました…。今まではただ怖いだけのものだったんですけど……ちょっとした魅力に気づけたかなって…」

小梅「そう……なんだね……それなら…良かった…。私は…すごく楽しかったんだけど…さ、幸子ちゃんが無理してないかなって…思ってて…」

幸子「む、無理なんかしてないですよ!」

小梅「良かった……♪また…続編…見に行こうね…♪」

幸子「はい…!………えっ…あれ続編あるんですか…」

小梅「うん…続編作るって…発表されてるよ…」

幸子「た、楽しみですよ……」プルプル

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:31:40.09 ID:eTvWWNlt0
店員さん「お待たせしましたー。こちらカップルサイズのデミグラスソースオムライスになりまーす」

幸子「おぉー…大きいですねぇ…」

小梅「大きい…ね…。でも…二人で食べるなら…ちょうどいいかも……」

幸子「ソースでハートが書いてあって可愛いです…♪せっかくですし写真撮りましょう…」パシャッ

小梅「あっ…わ、私も…撮る…」パシャッ

幸子「ついでに小梅さんも…♪」パシャッ

小梅「えっあっ…急に撮るのは…だ、だめー…」///

幸子「フフーン…♪照れてる小梅さん可愛いですよ…♪」パシャッ

小梅「あっ…また撮ってる……じゃあ…仕返しで私も…幸子ちゃん撮る…」パシャッ

幸子「フフーン♪カワイく撮ってくださいね」ドヤッ

小梅「さ、さすが…幸子ちゃん……」

店員さん「えっと…あの…ご注文は以上でおそろいでしょうか……」

幸子「あっ……」///

小梅「は、はぃ……」///

店員さん「ごゆっくりどうぞー…」

幸子「……」

小梅「……」

幸子「た、食べましょっか…」

小梅「……うん…」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 01:11:44.41 ID:mLhSrCF/0
幸子「……うん…!すごく美味しいです!」モグモグ

小梅「……だね…♪」モグモグ

幸子「卵がフワフワトロトロでボク好みですよ~♪」

小梅「わ、私も……こういうオムライス…大好き…」

幸子「ここに来て正解でしたね♪」

小梅「うん…♪」

幸子「フフーン♪」

小梅「は、はい……あーんして…」

幸子「あーーん」

小梅「……美味しい…?」

幸子「はい!とっても………って何で急に食べさせてきたんですか!?」

小梅「…で、でも…すごく…自然に食べてたよ……?」

幸子「い、今のは…勢いに負けてしまったんですよ…」

小梅「……せ、せっかくのデートだし…こ、こういうのも…したいなって……だめ…?」

幸子「えぇっ…だ、ダメなんかじゃないですよっっ…ただ、ちょっと恥ずかしいなって…」///

小梅「…個室だから…誰も…見てないよ……今日は…あの子も…いないから…家でお留守番…してるよ…」

幸子「そ、そうなんですねぇー………。た、確かに…誰も見てませんもんね……」

幸子(こういう時じゃなきゃ…なかなかできませんよね…)

小梅「つ、次は……私に…食べさせてほしいな…」

幸子「こ、小梅さんにですか…!?……わ、分かりました…で、では…あーんしてください…!」

小梅「あ、あーーん…」

幸子(食べるだけなのに…目をつむってる…か、かわいいです…)

幸子「は、はい……。どうですか?美味しいですか?」

小梅「うん…♪とっても……幸子ちゃんが…食べさせてくれたから…」

幸子「も、もう小梅さん…そういう恥ずかしいセリフをさらっと言っちゃうのずるいですよ…」///

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 01:20:50.83 ID:mLhSrCF/0
幸子「ふぅー……お腹いっぱいですね…」

小梅「うん……2つの意味で…お腹いっぱい…だね…♪とっても幸せ…」

幸子「は、はぃ…ボクもとっても幸せです…」///

幸子(さて……食事を終えて…次はどこに行きましょうか…?)

次はどこに行こう?
安価
↓1

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 01:49:52.12 ID:lT8KgbRwo
ショッピング

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 06:47:39.86 ID:Kgy+EgPKO
安価君「ショッピングトカ イインジャナイカナ」

幸子(なるほど…ショッピング…いいですね!でも、何を買いに行きましょうか…ある程度決めておいた方がいいですよね…。悩みますね…)

幸子(何を買いに行きましょうか…?)

安価
↓1

例:雑貨、服(アクセサリー)、食料品(お菓子)…etc..
雑貨と服 などもありです!

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 07:15:45.09 ID:Ml2ZawS60

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/28(日) 01:03:10.20 ID:yQo+362p0
安価君「服ヲカイニイコウ」

幸子(服ですか…確かにデートで買った服を次のデートで着てきたりとか…いいかもしれませんね…)///

幸子「小梅さん…これからショッピングとか…どうですか?」

小梅「うん……いいよ…行きたい…」

幸子「服とか買いたいなーって…思うんですけど…」

小梅「うん…♪私も…買いに行きたい…」

幸子「と、なると…どこに行きましょうか…」

小梅「せ、せっかくだし……普段…私が行くお店か……幸子ちゃんが行くお店…どっちかに行って……服…選びたいな…」

幸子「なるほど……」

幸子(小梅さんが普段着るようなタイプの服…ボクは全然持ってないですし…小梅さんに選んでもらえたりしたら…嬉しいですね…)///

幸子(逆に、小梅さんに服を選んであげたいという気持ちもありますし……な、悩みますね…)

幸子が普段行くお店か、小梅が普段行くお店…どっちに行こう?
安価
↓1

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/28(日) 01:07:14.04 ID:GbPUqSFpo
小梅

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/28(日) 06:49:36.54 ID:hmjiFthcO
幸子「…そうですね…小梅さんが普段行くところが見てみたいです…!」

小梅「……うん…じゃあ…普段私が…行ってるところに行こうか……そこで何か…一緒に買いたいね…♪」

幸子「はい…♪案内、お願いしますね!」


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 01:08:26.61 ID:05ppWZk60
~お店の前~

幸子「おぉー…こ、ここが…」

小梅「うん……」

幸子「な、なかなか……レベルの高そうなお店ですね…」

小梅「さ、幸子ちゃんは……あんまり…こういう感じのお店…は、入らない…かな……?」

幸子「そ、そうですね…ちょっと…緊張しちゃいますね…」

小梅「だ、大丈夫…だよ…見た目は…ちょっと奇抜だけど…普通の洋服屋さん…だから…」

幸子「は、はい…」

~入店~

幸子「お、おおぉ…おぉ…おー…」

小梅「さ、幸子ちゃん…さっきから…ずっと……驚いてる…」

幸子「い、いやぁ…だって…こんな感じの服見たことなくて…すごいですね…ドクロがたくさん…あ、あぁ…こっちは骨がこんなにも大きく…」

小梅「ふふふ……見てると…興奮するよね…♪」

幸子「そ、そうです…ね…」

小梅「さ、幸子ちゃんは…どんなのが…似合うかな…」

幸子「ど、どうでしょう……色々探してみますね…!」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 01:33:47.77 ID:05ppWZk60
小梅「こ、このワンピースとか…ど、どうかな…?」

幸子「わぁ…!可愛い…可愛いですねこれ…!」

小梅「か、可愛い…よね……特に…この…背中にベッタリついてる…血が…いいよね…」

幸子「えっ…あっ…」

小梅「ほ、他にはこれなんか…どうかな…」キラキラ

幸子「おぉー…パーカーですか~いいですねぇ…!」

小梅「だ、だよね…!胸のところの…目玉が…リアルでいいよね…!」

幸子「ふぇっ…あっ…そ、そうですね…」

小梅「し、試着してみて…!きっと幸子ちゃんなら…全部似合うから…!」

幸子「そ、そうですね…!とにかく一度着てみます…!(せっかく小梅さんが選んでくれてるんですし…な、何でも挑戦…ですよね…!!)」

~試着中~

小梅「うん…すっごく…いいよ…!!」

幸子「ほ、ほんと…ですか…?」

小梅「ほんと…だよ…!普段の幸子ちゃんとの…ギャップが…また…いいと思う…♪」

幸子「あ、ありがとうございます…」

幸子(確かに…な、なんだかすごくロックな感じで…こういうボクもいいかも…)

幸子「さすがボク…なんでも似合っちゃいますね!!最強カワイイですね!!」ドヤァ!

小梅「うん…♪」

小梅(単純…カワイイ…ね…♪)


36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 01:50:04.24 ID:05ppWZk60
幸子「いやぁ……小梅さんのおかげで新しいボクの魅力に気づけましたよ~」

小梅「ど、どういたしまして…。…また…よかったら…一緒に…来ようね…♪」

幸子「はい…♪ぜひ…!また来たいです!」

小梅「気に入ってもらえて…よ、よかった…」

幸子「あっ…そう言えば……」

小梅「ど、どうしたの……?」

幸子「さっきのお店で、ブレスレット…買ったんです。服を選んでもらったお礼で…小梅さんに差し上げたくて…」

小梅「あっ……これ…ま、前から…欲しかったやつ…」

幸子「ちらちら見てたので…欲しいのかなーって思いまして…」

小梅「えっ…そ、そんなに…見てたかな…」///

幸子「見てましたよー」

小梅「は、恥ずかしい…ね…」///

幸子「どうぞ…!受け取ってください♪」

小梅「あ、ありがとう…♪大切にするね…!」

幸子「どういたしまして♪」


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 01:59:07.70 ID:05ppWZk60
幸子(気づいたらもうおやつの時間ですね…時間が経つのは早いものです…)

幸子(次はどこへむかえばいいでしょうか…?安価君に聞いてみましょう…!)

ショッピングを楽しんだ幸子達。次はどこへ向かおう?

安価
↓1

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 05:04:54.98 ID:L3tvGwYKO
サーティーワン

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 06:41:23.69 ID:LkIzzE+fO
安価君「サーティワンニイコウ!」

幸子(なるほど…アイスですか…確かに食べるにはちょうどいい時間かも…座って、ゆっくり話せそうですし…)

幸子「次は、サーティワンに行きましょうか…!」

小梅「うん…♪何か甘い物…食べたいと思ってた…」


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 16:22:19.21 ID:sQm/bbifO
~サーティーワン~

幸子「つきましたね~……」

小梅「つ、ついたね……」

幸子「にしても…暑かったですね……」

小梅「うん……すっかり…夏だね…」

幸子「店内は涼しくて最高ですよ…」

小梅「アイス食べに来て…正解…だったね…」

幸子「はい…♪小梅さんはどれ食べますー…?」

小梅「う、うーん…悩んじゃうね……」

幸子「うーん…悩んじゃいますよね…ボクもいっつも時間かけちゃいますよ…」

小梅「い、いっつも食べてるやつか……食べたことないやつか……」

幸子「そうですねぇ…せっかくですし挑戦しちゃいますかねぇ~」

小梅「お、おぉー……じゃ、じゃあ私も………」

幸子「あ、今トリプルがお得なんですね…」

小梅「と、トリプルは…食べ切れる自信が…ないかな…」

幸子「で、ですよね…」

小梅「…!じゃ、じゃあ…トリプルを…二人で食べよっか…」

幸子「えっ……?」

小梅「ひ、一つを…二人共が食べたことないフレーバーにして……あと二つを…お互いの…オススメのフレーバーにするの…」

幸子「あーー…なるほど…」

小梅「き、きまり…だね…」

幸子「じゃあ…早速選んじゃいましょうか…♪」

小梅「うん…♪」

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/21(水) 23:56:46.56 ID:iP/dgc4uO
店員さん「お待たせしました~」

幸子「ありがとうございます」

小梅「あ、ありがとう…ございます…」

幸子「とっても美味しそうですね…!」

小梅「うん…♪」

幸子「1番上は、ボクが選んだやつですね!」

小梅「可愛くて…美味しそう…」

幸子「まるでボクみたいですね!」

小梅「た、確かに………幸子ちゃんも…カワイくて…美味しそう…だもんね♪」

幸子「フフーン♪………えっ?」

小梅「幸子ちゃんが選んだやつだし…先に…食べていいよ…」

幸子「いやぁ、小梅さんに食べてもらいたくて選んだやつなので、先に小梅さんが食べてください!」

小梅「い、いや…幸子ちゃんが…先に…」

幸子「小梅さんが先に…」

小梅「ん、んん…じゃあ……一緒に食べようか…」

幸子「え…?」

小梅「それで…問題解決…」

幸子「ま、まあ確かに…」

小梅「は、早く食べないと…溶けちゃうしね…」

幸子「そ、そうですね…!じゃあ…早速…」

小梅「い、いただきます…」

幸子「いただきます…」

小梅(じ、自分から一緒に食べようって…言っちゃったけど………)

幸子(…か、顔が近くて…は、恥ずかしいですね…)

小梅「……」///

幸子「……」///

小梅(め、目をつむって…食べよう…)///

幸子(あ…小梅さん目つむってる……き、キスしようとしてるみたいに見えて…変にドキドキします…ぼ、ボクも目をつむって食べましょう…)///

小梅「…」モグモグ

幸子「…」モグモグ

小梅「美味しい…♪」

幸子「美味しいですね…♪」


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 00:39:14.52 ID:78uzeNtw0
幸子「次は小梅さんが選んだやつですねっ!」

小梅「うん…幸子ちゃんも…好きになってくれると…いいけど…」

幸子「小梅さんが選んでくれたやつですしきっと好きになりますよ!」

小梅「じゃあ……さっきと同じように…して…食べようか…」

幸子(思ったんですけど……何もこのまま食べなくても…スプーンですくって食べたらいいのでは……)

幸子「はいっそうですね…!(でも幸せなので気づいても言いません!!)」

小梅「じゃ、じゃた…い、いただきます…」

幸子(ああぁ…小梅さんのキス顔…)////

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 00:41:22.21 ID:78uzeNtw0
小梅「……ど、どう…?美味しい…?」

幸子「はい…とっても美味しいです…ウヘヘ…」

小梅(あれ…幸子ちゃん…なんか表情が…)

幸子(二つの意味で美味しい…)

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 00:51:42.22 ID:78uzeNtw0
幸子「じゃあ…最後の1個…」

小梅「どう…かな…これ…」

幸子「どうでしよう……ボク、普段…こ、こういう緑とか青の色のアイス食べないので……」

小梅「そう…なんだね…私は……こういうちょっと毒々しい色…好きだから…頼んだりするかな…これは…食べたことないけど…」

幸子「ま、まあ…見た目はちょっと…アレですけど、きっと美味しいはずです…!」

小梅「う、うん…。じゃあ…これも……って…今思ったんだけど……スプーンで食べれば…いいよね…?」

幸子「あっ…」

小梅「……幸子ちゃん…気づいてました…って顔してる…」ジー

幸子「そ、そ、そ、そんなことないですよぉーー…」

小梅「……」ジー

幸子「……き、気づいて…ましたー…」

小梅「…もー…」ムー


46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 01:06:28.72 ID:78uzeNtw0
小梅「…じゃあ、スプーンで…食べよう…」

幸子「はーい…」シュン…

幸子(せっかく…小梅さんのキス顔が見れたのに…残念です………スプーンなんかあるから……。…いやっ!!スプーンで食べるならそれはそれで…!!)

幸子「小梅さんっ…!スプーンで食べるなら…あーんしましょう…!!」キラキラ

小梅「えっ…?」

幸子「オムライス食べた時みたいに…ど、どうですか…?」

小梅「…そ、そうだね…確かに…あーんして食べるならそんなに…恥ずかしくないから…いいかも…」

幸子「じゃあ…そうしましょう…!!」

小梅「うん……じゃあ幸子ちゃん…あーんして…」

幸子「はいっ…じゃあ小梅さんもあーんしてください♪」

小梅「えっえっ……あっ…そっか…一緒に食べるんだもんね…」

幸子「はい…♪」

小梅「じゃあ……あ、あーん…」

幸子「あーん♪」

小梅「んー……美味しい…♪」

幸子「はい…美味しいです!見た目はちょっと…毒々しいですけど…味はスッキリしてて食べやすいですね…!」

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 01:14:13.88 ID:78uzeNtw0
幸子(はぁ…サーティーワンにきて正解でしたね…とっても幸せな時間を過ごせました…)

小梅「気づいたらもう…いい時間だね…」

幸子「ホントですね…」

幸子(もう夜ですね……。でも、なんだかまだ…別れるのは嫌です…。もう少し一緒にいたいです…)

幸子(安価君……小梅さんともう少し一緒にいたいです…。デートの最後に…どこに向えばいいでしょうか…?)

安価 デートの最後にふさわしい場所は…?コメントお願いします!
↓1

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 01:16:00.05 ID:KhDxAmtQo
星が綺麗に見える海辺

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 01:31:39.52 ID:78uzeNtw0
安価君「星が綺麗に見える海辺に行くんだ」

幸子「さすが安価君……ってあれ…なんだか喋り方が違うような…」

安価君「ソ、ソ、ソンナコトナイヨ…サ、サァイッテオイデ…」

幸子「はいっっ…!!」

小梅「…?幸子ちゃん…さっきから…誰と…」

幸子「小梅さんっっ!海に行きましょう…!!」

小梅「えっえっ…う、海…?」

幸子「はいっ!」

小梅「こ、ここから海は…ちょっと…遠いと思うけど…」

幸子「どうしても……どうしても小梅さんと…海にいきたいんですっ」

小梅「そ、そう…だったの…?じゃ、じゃあ…いこっか…?」

幸子「じゃあ……早速タクシーで行きましょうっ!」

小梅「う、うん……」

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 01:45:32.41 ID:78uzeNtw0
~海~

幸子「つきましたね…」

小梅「ついたね……海に来るなんて…いつぶりかな…」

幸子「ボクも…プールは行きますけど…海はホントに久しぶりです…」

小梅「潮の匂い……懐かしい…」

幸子「ですね……。ほら、小梅さんこっち来てください!ここに座って一緒に景色を眺めましょう」

小梅「うん…♪」

幸子「………」

小梅「………すごい…綺麗……」

幸子「ですね…すっごく綺麗です…夜の海って…こんなに…幻想的だったんですね…」

小梅「…うん……見てるとすっごく…心が洗われて…落ち着く…。………幸子ちゃん…海に誘ってくれて…ありがとう…」

幸子「い、いえいえ!!」


51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 02:11:52.90 ID:78uzeNtw0
幸子「………」

小梅「………」

幸子「………」

小梅「………」

幸子「小梅さん…今、何考えてました…?」

小梅「今……今日のことを…振り返ってた……いろいろ…あったなーって……。幸子ちゃんは……?」

幸子「…ボクも同じです…。今日はいろいろありましたね…。とっても楽しかったです…♪」

小梅「うん……♪とっても楽しかった…。考えたら…付き合ってたのに…今まで全然…デート出来てなかったよね…。本当に…今日、デートできてよかった…」

幸子「そう言ってもらえると…嬉しいです…。ボクも、デートできてホントによかったです!」

小梅「…私も…そう言ってもらえると嬉しい…♪」

幸子「……」

小梅「……」

幸子「……」ウルウル

小梅「……!……さ、幸子ちゃん…泣いてるの…?」

幸子「い、いえ…そういうわけでは……初のデートで小梅さんが喜んでくれて……い、いや違いますかね…初のデートですっごく楽しい思いをできて……?…自分でもよく分からないです……でもとにかく嬉しくて…ちょっと涙が出ちゃいました…」

小梅「幸子ちゃん……」


52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 02:41:25.45 ID:78uzeNtw0
幸子「え、えへへ…すみません…なんか変な感じになっちゃって……」

小梅「ううん……幸子ちゃん……いろいろ考えてくれてたんだなって…嬉しくなったよ…」

幸子「な、なんだか…恥ずかしいですね……も、もうそろそろ行きましょっか…!これ以上遅くなるとまずいですし…」

小梅「うん…そうだね………でも、あと5分だけ…」

幸子「5分…そうですね…あと5分だけのんびりしましょうか…」

小梅「のんびりは……しないよ…」

幸子「…えっ?」

小梅「……振り返ってて…気づいたけど……」

幸子「…はい…?」

小梅「まだ……キス…してないよ…」

53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 02:51:49.56 ID:78uzeNtw0
幸子「えっっ!?」

小梅「つ、付き合い始めてから今日まで……1回も…してないよ…」

幸子「えっ…あっ……そ、そう…ですね…確かに…」///

小梅「今日は……最後にキスして…終わりにしよ…?」

幸子「あっあぅ…は、はい…そ、そ、そう…です…ね…」///

小梅「うん……じゃあ……」

幸子「じゃ、じゃあ………」

小梅「………」

幸子「………」

小梅「……や、やっぱり…」

幸子「……」

小梅「…や、やっぱり恥ずかしいよっ……!」

幸子「えええぇっ…!!」

54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 03:51:12.75 ID:78uzeNtw0
小梅「わ、私も…顔から…火が出るくらい…恥ずかしいんだよ…」///

幸子「そ、そうです…よね……」///

小梅「……わ、私…待ってる…から…幸子ちゃんから…きて…」

幸子「え、ええぇっっ…さっきの感じからして…小梅さんの方からきてくれると思ったんですけど…」

小梅「そ、そのつもりだったけど……む、無理…だったよ…」///

幸子「ええぇ……」

小梅「こ、今度は幸子ちゃんが勇気を出す番だよ…」

幸子「う、うぐ……わ、分かりましたよ…。じゃあ…いきますよ…」

小梅「う、うん…」///

幸子(うぅ…キスするってなると…急に…ど、どうしていいか分からないですね…と、とりあえず近づかなきゃ…)

小梅「………(ま、待つ方が気が楽かと思ったけど……こ、これはこれで…恥ずかしいかも…み、見てるとやっぱり恥ずかしいから…目…閉じて待ってよう…)」

幸子(あっ…小梅さん目、閉じた……見られてると恥ずかしいですし…ちょっと助かります…)

小梅「……」

幸子「……(け、結構近くまでは近づけましたけど…き、キスはやっぱり…できないですよ…。こうなったら勢いでいくしかないですね…)」

幸子(い、勢い…勢い…変に考えてたらキスなんかできません…勢いです……い、いきますよ…好き…好き…小梅さん大好き…)

幸子「ううぅ…小梅さん大好きっ……」チュッ

小梅「…んっ…」

幸子「………」チュー

小梅「………」

幸子「………」チュゥー

小梅「………」

幸子「……プハァ……ハァ…ハァ…」

小梅「……い、いつまでやるのかなって…思ったよ…」///

幸子「す、すみません……すぐ止めるのは…もったいないなって…思っちゃって…」///

55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 04:11:10.78 ID:78uzeNtw0
幸子「つ、ついに…キス…しちゃいましたね…」

小梅「そ、そうだね……」

幸子「……幸せです…」

小梅「私も……」

幸子「最高に幸せです…♪」

小梅「私も……♪」

幸子「…フフーン♪」

小梅「ふふ…♪」

幸子「………そろそろ…帰りましょっか?」

小梅「…うん……タクシー…また拾わないとね…」

幸子「…ですね……」

小梅「………タクシー…見つかるまで…手、つないで行こう…?」

幸子「…はい…♪」

小梅「ね、ねぇ…幸子ちゃん……」

幸子「はい…?」

小梅「えっと…これからも…よろしく…お願いします…」

幸子「な、何ですか改まって!?」

小梅「な、なんとなく…」

幸子「じゃあ…こちらこそ…よろしくお願いします…」

小梅「ふふ…」

幸子「あはは…なんか変な感じです」

小梅「…また…デートしようね♪」

幸子「…はい…♪」


56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 04:30:14.01 ID:78uzeNtw0
~後日談~

P「おお、幸子!デートはどうだった?」

幸子「あ、Pさん!デートは大成功でしたよ!」

P「そうかそうか!よかったよ」

幸子「Pさんが貸してくれた安価君のおかげです!ありがとうございます!」

P「そうか、安価君は役に立ったか!」

幸子「はい!大活躍でした!ありがとうございました!安価君、お返ししますね」

P「うむ。また必要になったら貸してやるよ」

幸子「はい!また借りちゃいますね♪あ、そう言えば安価君、電池切れみたいですよ」

P「お、まじか…電池変えとくかー………。よし、こんなもんでいいかな」

幸子「動くようになりました?」

P「ああ。たぶんな。ちょっとテストするか。幸子、話しかけてみてくれ」

幸子「はい!おはようございます、安価君」

P「おはよう幸子」

安価君「おはよう幸子」

幸子「…え?」

P「あっ間違えた!オハヨウサチコ」

安価君「あっ間違えた!オハヨウサチコ」

幸子「あーそうそう。安価君はこんな喋り方……ってえっ… Pさん……?」

P「んっ?……あっ…」

安価君「んっ?……あっ…」

幸子「安価君ってまさか……」

P「………音しか聞こえなかったけど…海辺でキスするところとかめっちゃ興奮した」

幸子「うわぁぁぁぁぁぁ!!もう安価君なんか絶対借りませんから!!」///

~Happy End~

57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 04:34:09.84 ID:78uzeNtw0
ここまで読んでくださった方…いるかいないか分かりませんがありがとうございます!

だいぶのんびり書いてしまいました…更新が滞ってしまってすみませんでした…。

前々から書きたかったさちこうめデートSS…かけてよかったです。

また何かしらSS書きますね。

最後に一言、さちこうめ流行れ。

58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 09:43:42.95 ID:3Bnls85u0
さちこうめ最高



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 輿水幸子「安価で小梅さんとデート?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494772926/


コメント
7750: 2017/07/20(木) 21:58
次は輝子で見たいな
7755: 2017/07/21(金) 19:34
これは良い安価スレ
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19178-9581985c