ヘッドライン

【SS】紬「私の生まれた場所で」【ミリシタ】

1 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:02:50 ID:tip
ミリマスのSSです。
百合、R-18です。

2 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:03:45 ID:tip
「ふしゅ~」

部屋に着くなり、エミリーさんはへたりこんでしまいました

よほど疲れが貯まっていたのでしょう、瞼は重そうで、今にも眠りそうな様相です

「エミリーさん、今お布団を用意しますからね」

「はぃ…… ありがとう…… ござい…… ましゅ……」

眼下に座る和装の金髪少女を見下ろしていると、自然に笑みがこぼれてしまいます

とても似合っていますよ、エミリーさん

3 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:05:35 ID:tip
今、私とエミリーさんは私の実家に帰省しています

最初は一人で帰ろうと思っていましたが、エミリーさんが前々から私の実家に興味があったことを思い出し、彼女を誘って二人旅と相成りました

エミリーさんにとって私の実家はとても魅力的なものだったらしく、様々な着物を見ては目をキラキラと輝かせていました

その中からエミリーさんにもっとも似合うものを仕立ててあげると、もうエミリーさんのご機嫌は最高潮 私には聞き取れないネイティブな母国語で喜びを表していました

『せっかくなら一緒の服を着ていたい』と彼女が言うので、その後は私も和服に着替え町を歩いていました

途中何度も2ショット写真を撮らされたのは少し恥ずかしかったのですが、エミリーさんが心底喜んでいる姿を見ていると、連れてきた甲斐があったというものです

4 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:06:39 ID:tip
夜は家族とエミリーさんと一緒にお食事

エミリーさんは苦手なのにずっと正座で座っていて、途中足が痺れてもじもじしているところはとても可愛らしかったです

母からは『東京で外国人の友だちができたん?』とか『今度は男の子連れてき』とか言われたりしました 前者はともかく後者は…… 余計なお世話です

しかもエミリーさんたらそれに対して『ふつつかものですが、宜しくお願い致します』だなんて…… 意味わかっているのでしょうか……


ですが、久々の家族との会話はとても楽しいものでしたし、久しぶりに会う気恥ずかしさもエミリーさんが緩和してくれて、とても楽しい一時でした

5 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:08:22 ID:tip
そして、今 私の自室で眠ろうとしているところです

二人分の布団を敷いてエミリーさんに声を掛けようとすると……

「すぅ…………」

座ったまま、寝息を立てていました

安らかに眠る彼女の姿をこのまま眺めていたい、そう思う気持ちもありますが、今日の疲れはしっかり眠ってとらないといけません

「エミリーさん、起きてください」

「うぅん……」

「雑魚寝なんてはしたないですよ」

「はぃ……」

エミリーさんはまぶたをさすりながら、立ち上がり布団へ歩きだします

6 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:09:16 ID:tip
「その服だと寝づらいでしょうし、こちらをどうぞ」

「…… Oh! 紬さんは部屋着まで和服なのですね!」

「まぁ…… 昔から眠る時はこういうものを着ていたので…… 少し大きいかもしれませんが」

「大丈夫です! あぁ…… 紬さんのご実家は何から何まで『和』そのもので…… 夢のようです」

「そんな…… 大袈裟ですよ」

「いいえ、この服を着ると心から大和撫子に…… てあれ? 上手く結べません……」

「ふふ、ちょっと貸してください……」

エミリーさんも慣れているとはいえ、やはりこういうことは私の方が手慣れています 『餅は餅屋、服は服屋』と言ったところでしょうか

7 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:10:33 ID:tip
「ありがとうございます……」

「いいえ」

エミリーさんの着替えを手伝っていると、不意に彼女の肢体が目に入ります

私の部屋着を貸しているので、サイズが合わないのは当然 隙間が生まれそこから白い綺麗な肌が覗きます

じろじろ見るのは失礼、そんなことはわかっていますが、年に見合わぬどこか妖艶さも含んだ彼女の鎖骨は私の視線を奪って離しません

ここをつつ、と撫でたらいったい彼女はどういう反応を

「紬さん?」

「えっ!? あっ……」

エミリーさんの言葉にふと我に返ります うち何考えてん……

その後はエミリーさんのことを見ないよう、俯きながら着替えを完了させました

8 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:12:03 ID:tip
「「おやすみなさい」」

電気を消して、眠りにつきます

やはり実家は落ち着きます 10余年過ごしたこの空間、香りはやはり東京の家とは全く違います

それに眠る時、隣に誰かが居てくれるというのも久しぶりの感覚です

恥ずかしくて背を向けていますが、本当なら彼女のすやすやと眠るお顔を見ていたい

「紬さん」

か細く高い少女の声と共に、背中にぴと と指の触れる感覚がしました

9 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:12:50 ID:tip
「どうしましたか?」

何となく、私は振り返らずに答えます

「その……」

「………………」

「初めて来ましたけど、わたし紬さんのご実家が大好きになりました」

「ここには『和』が溢れていて、とても落ち着く場所です」

「でも、エミリーさんははしゃいでばかりでしたよ?」

「そ、それは……」

ふふ、少し意地悪でしょうか

10 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:14:32 ID:tip
「え、えっと、わたし日本が大好きで もちろん英国もわたしの生まれた国なので大好きです、けどそれ以上にこの日本の風土が好きで」

「その中でも特に、この場所には素敵が溢れていて…… そこに紬さんと一緒に来れて、今日は特別な日…… です……」

段々小さくなる声、まだ振り向かないのは流石に可愛そうですね

向き直り、紅くなった彼女の頬に手を当てます

「…… いいですか?」

嫁入り前の、しかもまだ中学生である彼女にこんなことをするのはいけないことなのかもしれません

「…………はい」

ですがこの気持ち、止まることはありません

11 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:15:58 ID:tip
ゆっくりと顔が近付き、彼女は目を閉じて……

「んっ……」

二人の唇が重なりました

キス自体はたまにしたことがあります、けれどそれは今しているような軽いキスだけ

一旦口付けを離し、彼女の目を見つめます 恥ずかしいのかぷいと視線をそらされてしまいました

私はエミリーさんに覆い被さるような体勢となり、見下ろしながら再び唇を落とします

今度は唇が触れるだけじゃない、その先の、深いキス

震えるエミリーさんを落ち着かせるために髪を撫でて、ゆっくりと彼女をほぐしていきます

自分のものではない、誰かの口の中 初めて感じるそれはとても熱く熱く、私の舌は蕩けてしまいそう

唇を動かすと、口の中の分泌液が混ざり合ういやらしい水温が聞こえ、私たち二人にしか聞こえていないとわかりつつも、少しだけ恥ずかしい気持ちになります

「ふぅ……っ…… ふぅ、っん……」

息が漏れ、エミリーさんから聞いたことの無いような色香のある声がします

うち…… エミリーさんとほんとにこんなことしとる……

12 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:17:01 ID:tip
「…… っはぁ」

唇を離すとエミリーさんはとても息苦しそうで…… や、やり過ぎでしょうか……

「あ、あの…… 苦しかったらいつでも言っていただければ……」

「だ、大丈夫です…… 紬さんとの接吻…… とても気持ち良いですから……」

「それより…… えっと…… その……」

エミリーさんはまた一段と顔を紅くして、私を見つめます

目は口ほどに物を伝えます、彼女の口からそれを言わせるのは野暮でしょう

私は視線に答え、彼女の既にはだけかけている部屋着を緩めました

脱げかけた着物はとてもいやらしく、はしたないものです 何処かで聞いた『良い着物は脱がして中を見たくなる着物』という言葉の意味が今になってわかった気がしました

13 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:19:12 ID:tip
脱がせた先に見えるのは彼女の膨らみかけのお胸 そしてその頂点にぷっくりと所在する小さなピンク色のつぼみ

私は彼女の胸に手を当て、ゆっくりと動かしていきます

しかし全てが初めての経験、自分のものも触ったことの無い私は必然的に手探りとなります

その、大きい方でしたら相応の触り方があるのかもしれませんが、エミリーさんの控えめなそれにはどう触ったものでしょう……

取り合えず、撫でるようにマッサージするように、触れていきます

「あの、エミリーさん……」

「は、はい……」

「き、気持ちいい…… ですか?」

「えっと…… わかりません」

わからないですか…… 少し悲しいです……

14 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:20:11 ID:tip
「あの…… なんて言いましょうか…… つ、紬さんにわたしの体を見せているのと、そして触られていて…… し、心臓の音が凄く大きくて…… 気持ちいいとかよくわからなくて……」

「い、嫌でしたら」

「い、いえ! こ、これで…… いいです…… それに…… もっと…… つ、強くしていただいても……」

「つ、強く、ですか…… !?」

「は、はい……」

強く、というと…… その…… 胸の頂点の…… それを……

私はそれを指で軽く撫でまわして、軽く軽く摘まみます

その様をエミリーさんはじっと見つめています

15 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:21:18 ID:tip
「えっと…… どう、ですか…… ?」

「な、何かむず痒いような、くすぐったいような、もどかしいような……」

「も、もどかしい!?」

「はい…… だから……」

もっと強く…… というと

「こう、ですか?」

「あんっ」

エミリーさんの艶やかな声、こういうのが気持ちいいのでしょうか?

今覚えた指の感覚を確かめるように、私はエミリーさんの乳首を責めたてます

「あっ、んんっ、ん……」

私が摘まみ撫でまわす度、エミリーさんは色気のある嬌声を漏らします

もっと…… 強くしたら…… もっと悦んでもらえるのでしょうか…… ?

16 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:23:03 ID:tip
「え、エミリーさん あの…… もっと激しくしても……」

「はい…… 大丈夫です……」

「では…… んちゅっ」

「んっ!」

今度は指でなく、それを口に含んで刺激します

ピンと立ったそれを舌で転がし、舐めまわして、その度エミリーさんはさっきより大きな声を出します

私はエミリーさんが悦んでくれているのが嬉しくて、もう片方を指で弄りながら舌で舐めたり口で吸ったり、自分の知ってる知識全てを試しました

17 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:23:28 ID:tip
「あっ、んんっ…… つ、つむぎさ…… んんっ……」

「ちゅ、ちゅっ ちゅぱっ……」

「や、やぁ……」

エミリーさんの手が私を払い除けるような動きをして、私は動きを止めました 今エミリーさんは明らかに拒否の反応を……

「あ、えっと…… ごめんなさい! うち…… 調子に乗りすぎて……」

「ち、違う 違うんです! い、今のはその嫌って訳じゃなくて……」

「で、でも……」

エミリーさんが何と言おうと、私は一度拒否されたのです……

胸がきゅうっ、としてきてエミリーさんから遠ざかりました

18 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:24:33 ID:tip
「つ、紬さん!」

「や、やっぱりもうやめよ…… うち…… 怖い……」

エミリーさんの顔も見られません…… エミリーさんに拒否されることがこんなにも辛いなんて……

「怖く…… ないですよ……」

ふわり、とした感覚

「えっ……」

私はエミリーさんにぎゅっ…… と抱き締められていました

19 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:26:38 ID:tip
「確かにちょっと、ほんのちょっとだけ怖かったです…… こういうこと初めてですから……」

「うちも…… ひとりでもしたこと無いから加減がわからんくて……」

「大丈夫ですよ…… 紬さんがわたしの体を傷つけないようにって思ってくれているのはわかっています」

「それにもし、もしわたしの体に傷がついたら……」

「その時は責任を取って紬さんが一生、わたしのことを愛してください」

「え、エミリーさん…… っ」

エミリーさんを見つめ返すと、唇を奪われました

キス、私からすることばかりで、貴女からされるのは初めて…… ですね……

20 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:28:07 ID:tip
「んっ……」

エミリーさんの舌遣いは案外乱暴で、せわしない という印象を受けました

それでもきっとエミリーさんは私を慰めようと一生懸命になっているのでしょう……

本当、この子はいつも私をひたすらに慕ってくれてなんて健気でいい子なのでしょうか……

「っはぁ…… はぁ…… せ、接吻とは難しいものですね……」

「はい…… 全くです……」

「だから…… 学びましょう? 二人『一緒』に!」

「…… はいっ」

21 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:29:34 ID:tip
再びエミリーさんを寝かせて、私が上位の体勢になりました

今度はエミリーさんの腰部を優しく触りながらそれに指を近付けていきます

「触り…… ますよ……」

「はい……」

触られるエミリーさんは当然ですが、触る私もまた緊張していました

誰も触れたことの無い、女性の最も秘すべき大切な場所

自分のそれにすら触れたことが無いのに、他人のそれに触れるなんて……

エミリーさんの下腹部へ指を這わせていると、指が『ワレメ』にたどり着きました まずはそれにそって指を上下に動かします

22 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:31:37 ID:tip
「だ、大丈夫ですか…… ?」

「は、はい……」

そこは噂に聞いた通りしっとりとしていて、『その中』へ私の指を誘います

えっと…… 十分濡らしてから挿れるもの…… なのですよね……

私は右手の指を口に含み、唾液で濡らします 少しいえ、とてもはしたない行為ですがご容赦を

割れ目に指をあてがい、入り口をよく確かめます

「いれます…… よ?」

「はぃ……」

心音はどんどん大きくなり、ぴたりと合わせたエミリーさんの体にもこの高鳴りは聞こえているのではないかと思うほど

意を決して人差し指をエミリーさんの中へいれます……

23 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:32:33 ID:tip
「んっ……」

ん…… 確かに彼女の膣は濡れてはいますが、中はとてもきつくて指の第二関節ほどで止まってしまいました

指は強く締め付けられ、それ以上奥へ進められそうにありません

「え、エミリーさん…… どんな感じですか…… ?」

「えっと…… ど、どうでしょう……?」

「これ以上奥へは無理そうなんですけど……」

「えっ、ご、ごめんなさい!」

「あっ、いえ 責めてるわけではなく! ……これでエミリーさんが満足いただけるか、と」

「で、でしたらもっと奥まで…… わたしは大丈夫ですから!」

24 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:33:50 ID:tip
「そ、そうですか? それなら…… えっと、深呼吸してリラックスして、体の力を抜いてみてください」

「はい、すぅ…… んんっ」

ずぶずぶ、と人差し指はエミリーさんの秘所の更に奥まで吸い込まれ、遂に全て飲み込まれてしまいました

「はぁー…… はぁー……」

「動かします……」

「んっ……」

きつく、締め付けられる指を動かすとエミリーさんは声をあげます

しかし、今までのような声でなく、どこか苦しさを帯びた、息を殺すような声でした

「エミリーさん…… 大丈夫ですか?」

「はぃ…… だ、大丈夫です……」

エミリーさんは見るからに苦しそうで、嘘をついていることは火を見るより明らかです

25 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:34:33 ID:tip
「…… やめましょう」

「え……?」

エミリーさんの中から指を引き抜き、私は行為の終了を申し出ました

「いくらエミリーさんが大丈夫だと思っていても、私は貴女に無理をさせたくありません」

「む、無理なんてしていません!」

「…… エミリーさん」

すぐ近く、触れ合う距離に居るエミリーさんを強く抱き締めます 更に近く、二人一つになるようにぎゅっと

「大丈夫です、さっき言ってくれましたよね? 二人一緒に少しずつ学んでいきましょうって」

「焦らなくても大丈夫、私はずっと側に居ますから」

「紬さん……」

「大好きだから、大切にさせてください」

エミリーさんの頭の後ろに手を回し愛しい恋人に愛を捧げ、私は彼女に唇を重ねました


おわり



おーぷん2ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【SS】紬「私の生まれた場所で」【ミリシタ】
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1499518970/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/19033-73e228a4