ヘッドライン

姫川友紀「クロワシさん]

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498985912/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 17:58:32.95 ID:aPzeCzsW0

姫川友紀「…着いたー!」

二宮飛鳥「フム…良い風だ。杜の都とはよく言ったものだよ」

友紀「そっか。飛鳥ちゃんは、仙台初めて?」

飛鳥「ああ。先日のLIVEには、同行できなかったからね」

友紀「宮城良いとこだよー?ねっ、美玲ちゃん!」


友紀「…?美玲ちゃん?」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 17:59:17.17 ID:aPzeCzsW0
早坂美玲「ここが、こぼすた…!」

飛鳥「どうかしたのかい?美玲」

美玲「うん。ウチ、ここに来るの初めてなんだ…ッ」

飛鳥「へぇ…。地元なら、もう何度も来ているものかと思っていたよ」

美玲「…だからぁ!ウチは元々、そこまで楽天追っかけてたわけじゃないんだってば…」

飛鳥「フフッ、そうだったね。失礼した」

友紀「まぁ…野球ファンだからって、必ずしも球場に通うとは限らないもんね!」

飛鳥「…キミの口からでは、今一つ説得力に欠けるような気がするんだが…」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 17:59:58.22 ID:aPzeCzsW0
美玲「こぼぱでいーぐるすの試合観れるなんて初めてで…ウチ、ちょっと緊張してきた…ッ」

飛鳥「それはボクも同じさ。…まさか、球場にまで来ることになるとは」

美玲「…意外というか、ミスマッチすぎるな…アスカと球場って…」

飛鳥「フッ、自覚はしているつもりさ」

友紀「…正直、あたしも最初は2人が来てくれるとは思わなかったよ」

飛鳥「おや、誘った張本人がそれを言うのかい?」

友紀「だって元々、あたしがお仕事で球場に来るだけの予定だったし」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:00:41.59 ID:aPzeCzsW0
美玲「あれ?関係者席あるからって話じゃなかったか?」

友紀「そうそう。試合前の始球式を是非!ってオファーをもらったのが始まりなんだけどね」

美玲「コラボ先の始球式なんて、大仕事だなッ!」

友紀「うん!…そしたら、向こうが3席ぐらいなら、って用意してくれたの。…まぁ、どっちにしろ観て帰るつもりだったんだけど」

美玲「それで、声かけまくってたのかッ」

友紀「どうせなら一緒に観に来てくれる子いないかなって!」

飛鳥「あぁ…なるほど、そういう話の流れだったのか。理解したよ」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:01:53.51 ID:aPzeCzsW0
美玲「…アスカも、知らずに着いてきてたのか」

飛鳥「ボクは、2人が行くというから誘いに乗ることにしただけだ」

美玲「えぇ…それでよく仙台まで来る気になったな…」

飛鳥「先日よりキミたちからレクチャーを受けている身としては、最高のタイミングじゃないか。未知から既知へ…その出会いに、理由なんていらないのさ」

美玲「お、おう…?」

飛鳥「それに…何事も、直接触れなければ理解らない感覚というものがあるだろう?」

友紀「うんうん!球場にしかない熱気とか興奮とか、いっぱいあると思うよ!」

飛鳥「ボクの知らない新鮮な風と煌めきを、身を以て経験してみるのも悪くないと、そう感じた。ただそれだけのこと」

美玲「うーん…?相変わらず、よく分かんないヤツだな…」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:02:32.75 ID:aPzeCzsW0
美玲「でも、それを言ったらウチだって、友紀に誘われたから来てやっただけなんだぞッ!」

友紀「あ、そうなの?」

美玲「だって、席があるって言うから…丁度休みだったし、帰省みたいなものだし。…それに、」

飛鳥「それに?」

美玲「…いーぐるすの話できる相手がいるのも、ちょっと楽しいっていうか…」ボソボソ

友紀「?」

美玲「…ほ、ほら!友紀にいーぐるすのこと、ちょっとだけど教えてやっただろッ?それの報酬だ、ホーシュー!」

友紀「あぁ、なるほど!ありがとね、美玲ちゃん!」

美玲「フンッ」

飛鳥「…素直じゃないね」フフ

美玲「アスカにだけは言われたくないッ!」


――




7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:03:45.71 ID:aPzeCzsW0
@ @ @


これまでのあらすじ!


パリーグコラボの出番も決まり、(地獄の)交流戦・そしてキャッツの連敗を(満身創痍で)(なんとか)乗り切った、我らが野球担当アイドルこと姫川友紀!

そんな彼女に迫る、小さな影が2つ。


球団応援歌なら知ってるぞッ!地元・宮城県民にしてプチ楽天推しアイドル、早坂美玲!

記念すべき獲得ファン第1号?お茶と野球はさっぱり理解らないよ系アイドル、二宮飛鳥!


2人が仲間に加わり、楽天ゆっきーとしての第一歩を踏み出したのであった!



@ @ @

※詳しくは 姫川友紀「スマート&スピリット」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:05:15.71 ID:aPzeCzsW0
――


友紀「えーっと、控え室ってどこに行けば良いのかなぁ…」テクテク


美玲「…なぁ、アスカ」

飛鳥「なんだい?」

美玲「ウチらもこっちに来て、良かったのかな…?」

飛鳥「座ろうにも座席を知らないのでは、仕方がないだろう。プロデューサーの到着が遅れているのに問題がある」

美玲「だけどさ…」

飛鳥「それに、こちらには友紀がいる。一緒に居さえすれば、ボクらも立派な関係者だよ」

美玲「…そんなに堂々としていられるの、なんかすごいな…」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:05:56.66 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「…むしろ、今日のキミが小心なのではないかな。いつもの強気な早坂美玲は、何処へ行ったんだい?」

美玲「き、緊張してるんだってばッ!」

飛鳥「そんなものかな…」

美玲「だって初めてなんだぞッ?なんかこう…色々あるだろッ!」

飛鳥「色々、か……フム。ボクの知らない景色や感情が、また1つ明るみに出たね。…興味深い」

美玲「れ、冷静に分析しなくていいってば…」


友紀「あ!ここかな!」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:06:27.33 ID:aPzeCzsW0
美玲「!着いたのかッ?」

友紀「うん、多分ここだと思う!失礼しまーす!」


ガチャ


???「………!」



美玲「えっ」

友紀「うわっ」

飛鳥「…!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:08:15.43 ID:aPzeCzsW0

― ― ―


それは、あまりにも異質な光景であった。

そこが控え室と疑うことなく、扉を開けた3人。

しかし待ち構えていたのは、ボクらの理解という概念を超えた存在。



"ソレ"さえいなければ。

何のことはない。ごく一般的な楽屋と評するに抵抗はなかったであろう、その部屋に。



"ソイツ"はひとり…否。一羽。

死んだ魚のような目をしながら、一羽。


不気味に佇んでいたのである。



             ~二宮飛鳥は、後にこう語る~

― ― ―

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:09:11.32 ID:aPzeCzsW0

???「…ア、ドモ……」

友紀「あ、あれ…?部屋、間違っちゃったかな…あは、あはは…」

美玲「ぉ、おじゃましました…ッ」


バタン



友紀「…」

美玲「…」

飛鳥「…」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:10:18.51 ID:aPzeCzsW0
美玲「…なあ。何なんだ、今の…?」

友紀「楽天の選手…じゃあ、ないよね」

美玲「試合前の選手が、あんな格好してこんなとこにいるわけないだろッ!」

飛鳥「だが、ユニフォームは着ていたね」

美玲「それ以前の問題だッ」

飛鳥「…仮装大賞か何かかもしれないよ」

友紀「カラスとかかな」

美玲「仮装!?アレが?」


美玲「頭に変な黒い鳥被ってるだけのおっさんじゃないかッ!」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:11:05.10 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「…もしくは余興の出演者、だろうか。何か聞いていないのかい?友紀」

友紀「知らないよぉ…あたし、始球式させてもらうってしか知らない…」

美玲「…あ!もしかしたら、始球式で打席に入る人なんじゃないかッ?」

友紀「嘘…あたしさっき、思いっきり目逸らしちゃったんだけど…」

飛鳥「いや…それは正常な反応だろう。大丈夫、こんなところで自身を失くしてはいけない」

友紀「というか、そもそも関係者なのかな…?不審者とかだったら…」

飛鳥「鳥の被り物をした侵入者だって?それこそ聞いたこともないぞ…」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:11:39.42 ID:aPzeCzsW0

P「…何してんのお前ら、こんなとこで」


友紀「!ぷ、プロデューサーぁ!」

美玲「お、遅いぞッ!」

P「ごめんごめん、ちょっと用事で遅れちゃってさ」

飛鳥「…やぁ、待っていたよ…。どうにかしなければいけないと、そう思っていたところだったからね…」

P「悪かった…って、どうにか?なんか問題でもあったの」

友紀「大問題だよぉ!このままじゃ、控え室に入れない!」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:12:14.07 ID:aPzeCzsW0
P「は?…鍵でも閉まってんの?」

美玲「あっ、ストップ、ストップ…ッ!」

飛鳥「止せ!これ以上、パンドラの箱を開けてはならない!」


ガチャ


P「ってなんだ、開くじゃないか…」


???「……」


P「ヒエッ」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:12:45.78 ID:aPzeCzsW0
― ― ―


それは、あまりにも異常な光景であった。

彼は鍵が閉まっているものかと誤解して、扉に手をかけた。

しかし待ち構えていたのは、そんな思い込みも一度に吹き飛ばす衝撃的な光景。



"ソレ"さえいなければ。


…以下同文だ。



― ― ―

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:13:22.68 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「…理解ってくれたかい」

美玲「やばい奴がいるんだよッ!」

友紀「スタッフの人なのかな…?プロデューサー、何か知らない?」


P「…あぁ、クロワシさんか!」

美玲「…へ?」


クロワシさん「…どうも……」ペコリ


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:13:52.25 ID:aPzeCzsW0

友紀「くろ」

美玲「わし」

飛鳥「…さん?」



友紀「誰?」

飛鳥「知り合いかい?」

P「いや違うけど」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:14:35.93 ID:aPzeCzsW0
P「えーっと…今年から、いーぐるすがたまに黒いユニフォーム着てる時あるんだけど。美玲は知らないか?」

美玲「ぅえ…っと、何となく…見たことあるような、ないような…」

P「ホームで黒ユニ着て試合する日のことを、ブラックいーぐるすデーって呼んでるらしいんだけどさ」

飛鳥「…フム」

P「その時だけ特別に現れる、楽天の新しいキャラクターだよ」

友紀「あぁ、なるほど!つまり、ねこっぴーみたいな…」



友紀「キャラクタァ!!?」

飛鳥「!?」

美玲「はァ!?」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:15:12.31 ID:aPzeCzsW0
美玲「嘘だッ!」

P「嘘なんかつかないよ」

美玲「だって!露骨に人間じゃないかッ!」

飛鳥「これをキャラクタ扱いするのは、流石に無理があるだろう…」

P「ちゃんと公式サイトにも乗ってるんだぞ」

友紀「もっとこう…マスコット的な感じじゃないの、普通」

P「俺に言われても」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:16:03.81 ID:aPzeCzsW0
P「それに、すごいんだぞクロワシさん。観てた今年の試合は、今のところ3戦全勝だ」

美玲「絶対嘘だッ!」

P「本当だってば」

飛鳥「仮に本当だとしても…彼との因果関係は無いに等しいだろう」

P「いやでもさぁ、見てたら勝つってなんかすごくね?」

友紀「そりゃちょっと羨ましいけど…」



クロワシさん「あ、あの…」

P「?どうかしましたか」

クロワシさん「…その……」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:16:42.68 ID:aPzeCzsW0

クロワシさん「なんか、すみません……」



友紀「謙虚だ!」

美玲「声が小さいッ!」

飛鳥「普通に喋るのか…」


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:17:32.08 ID:aPzeCzsW0
P「あぁいえ、こちらこそ騒がしくしてしまってすみません」

クロワシさん「…」ペコリ

P「ほら、友紀」

友紀「ぅええっ!?は、はい!」

P「今日の始球式でお邪魔させてもらってます、うちの姫川です。よろしくお願いします」

友紀「ぅ…よろしく、おねがいします…」

クロワシさん「…そう、だったんですか…こちらこそ、お願いします…」



美玲「ま、マジメだッ」

飛鳥「頭に乗ってるものがなければ、もう少しマシな絵面なんだが…」


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:18:17.88 ID:aPzeCzsW0
P「今日はいつ頃の出番なんですか?」

クロワシさん「ええと…最初と、あと中盤頃、ですかね…」

友紀「…」

P「最初…というと、始球式も見ていただけるんでしょうか」

クロワシさん「はい…お話には聞いていましたし…是非見たいと、思ってます…」

P「そうですか!それはよかった…」

友紀「…」



美玲「…あ、友紀が戻ってきたぞッ」

飛鳥「耐え切れなくなったのだろう…無理もない」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:18:53.84 ID:aPzeCzsW0
友紀「なんか普通のおじさんだった」

美玲「うん。ウチも、見ててそれは分かった」

飛鳥「まるで楽屋の挨拶回りのようだったよ」

友紀「キャラクターの筈なのにね」

美玲「アレで良いのか…?」


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:19:34.90 ID:aPzeCzsW0

prrrr...


P「っと、電話だ。すみません、失礼します」

友紀「ええっ!?ちょっと、行っちゃうの!?」

P「すぐ戻るから。本番まで、少し待ってて!」タタタ

友紀「待ってってば!置いてかないでよぉ…」


バタン


友紀「…プロデューサーのばかーー!」

美玲「えぇ…」

飛鳥「…」

クロワシさん「…」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:20:54.46 ID:aPzeCzsW0
クロワシさん「…」

友紀「…」

飛鳥「…」


美玲「…おい、どーするんだこの空間ッ」ヒソヒソ

飛鳥「…どうと言われても…友紀に任せるよ」ヒソヒソ

友紀「任されても困るよぉ…」ヒソ

飛鳥「今日の主役だろう?…それに、この中では一番年長なんだ、こんなに頼もしいことはない」ヒソ

友紀「あっズルい!こんな時だけ年上扱いして!」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:21:35.28 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「ズルくない。現状、それが一番丸く収まるだろうという判断さ。…なに、本番までの時間を稼いでくれるだけで良い」

美玲「…なんか、アスカの扱いが一番辛辣な気がするんだけど…」

飛鳥「ボクは彼を、マスコットキャラだと認めた訳じゃない。それだけのことだよ」

美玲「うーん…。でも確かに、友紀がいくのが一番良いような気がするッ」

友紀「美玲ちゃんまで!?最近の14歳ってみんなこうなの!?」

美玲「だってウチ、あいつと会話する自信ないんだモン…」

友紀「あたしだって1人じゃ嫌だよ!公平にいこう、公平に」

飛鳥「しかしだ。この状況で、どうやってフェアな人選ができるというんだい…?」

美玲「あ、それなら簡単だッ!じゃーんけーん……」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:22:02.40 ID:aPzeCzsW0
――


飛鳥「…」

クロワシさん「…」



友紀「…やっぱ、あたしが行くべきだったかな」

美玲「じゃんけん弱いアスカが悪いッ」

友紀「ちょっと罪悪感が…」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:22:44.80 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「(…これが、俗にいう言い出しっぺの法則、というヤツなのか)」

飛鳥「(友紀に押し付けるような妙な真似、しなければよかった)」

飛鳥「(…良いだろう。これが、天が与えし試練だと言うのならば…望むところだ、受けて立とうじゃないか…!)」

クロワシさん「…、…?」



友紀「すっごくマジメな顔で何か考えてるよ、飛鳥ちゃん」

美玲「クロワシさんも困惑してるな」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:23:43.50 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「…さて」

クロワシさん「…」

飛鳥「初めまして、かな…フフッ。まずは自己紹介をするとしよう。ボクはアスカ、二宮飛鳥だ」

クロワシさん「はぁ…どうも……」

飛鳥「…先程から、ずっと考えていたことがある。…宮城という緑あふれるこの地でこうして巡り合ったのは、果たして偶然なのだろうか…ってね」

クロワシさん「は、はぁ…?」

飛鳥「宮城に…しかも、野球を観に、だなんて。それまでのボクなら、絶対にあり得ない選択肢だった。…ハズなんだ。にも関わらず、ボクはキミとこうして会話を重ねている」

飛鳥「キミのキャラクタとしての在り方に、思うことは多々あれど…。こうして出会ってしまったのも何かの縁。あるいは、星の導き。そうは考えられないだろうか…」

クロワシさん「…?」



友紀「あっ、これクロワシさんのためにもあたしが行くべきだったやつだ」

美玲「遠慮ってやつを知らないのかアスカはッ!」

友紀「会話になってないんだよなぁ…」

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:24:57.84 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「…しかし。こんな奇妙な巡り合わせも、そうはないね」

飛鳥「キミの名前、"クロワシ"だったかな…フフ。なかなかカッコいいじゃあないか」

クロワシさん「…そうですか」

飛鳥「アスカ。飛ぶ鳥と書いて、飛鳥。…同じく鳥を名に持つ者として、何かシンパシーめいたものを感じるよ」

飛鳥「もし良ければ、聞かせてくれないだろうか。キミの名は…そして、キミに課せられたストラテジーには。一体どんな想いが込められているのかを」

クロワシさん「…はぁ」

飛鳥「…」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:26:15.59 ID:aPzeCzsW0
クロワシさん「…えぇと」

飛鳥「…」

クロワシさん「……」

飛鳥「…」

飛鳥「……」

飛鳥「…きょ、」


飛鳥「今日は、良い天気、だね…」



友紀「諦めちゃったよ」

美玲「が、頑張れ…ッ」

友紀「あんなに普通な話題を出す飛鳥ちゃん、あたし初めて見た」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:26:52.89 ID:aPzeCzsW0
クロワシさん「…二宮さん?」

飛鳥「…ム。あぁ、そうだが」

クロワシさん「あ…やっぱり、ニノさんでしたか…」

飛鳥「にの?」

クロワシさん「先日は、お世話になりました…」

飛鳥「…は」



友紀「ちょっ、えっ!?」

美玲「知り合いだったのかッ!?」

友紀「まさかの展開!」


36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:27:31.45 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「ちょ、ちょっと待ってくれ…?ボクとキミは初対面のハズでは…」

クロワシさん「テレビなんて、初めてだったもので…あの時は緊張してしまって…」

飛鳥「だから…」



美玲「しかも番組で共演してたのかッ!」

飛鳥「外野の2人!少し静かにしていてくれないかっ!」

友紀「知らばっくれてあたしに押し付けてたの!?飛鳥ちゃん酷い!」

飛鳥「ご、誤解だ…!ボクは本当に何も知らない!」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:28:19.53 ID:aPzeCzsW0
クロワシさん「…あ、勘違い…?」

飛鳥「…あぁ、そうだね。間違いなく、完全に、キミの人違いであると。ボクはそう思う」

クロワシさん「二宮違いでしたか…すみません…」

飛鳥「…うん。誤解が解けて、何よりだよ…」



飛鳥「…何なんだアイツは!」

友紀「ニノさんって誰のことだろ」

美玲「さぁ?」

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:28:58.49 ID:aPzeCzsW0
――


美玲「…」

クロワシさん「…」



友紀「次は美玲ちゃんの番だね」

飛鳥「…一体何だろうね、この時間…」


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:29:28.40 ID:aPzeCzsW0
美玲「な、なぁ…」

クロワシさん「?」

美玲「その…頭のソイツ、何なんだ?」



飛鳥「訊いたな」

友紀「訊いたね」

飛鳥「ずいぶん直球な物言いだ」

友紀「さすが美玲ちゃん」

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:30:23.74 ID:aPzeCzsW0
クロワシさん「…えぇっと……」

美玲「いーぐるすだし、鷲なんだよなッ?多分。でも、なんで頭になんか乗っけてるんだ?」

クロワシさん「…」


クロワシさん「……わ、」

美玲「わ?」

クロワシさん「わかりません…」

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:31:20.71 ID:aPzeCzsW0
美玲「…いやいや、分からないってことはないだろッ!」

クロワシさん「…ええと、」

美玲「上と下のどっちが本体かとか、鳥の名前とか、何かしらあるだろッ!」

クロワシさん「…」

美玲「…なんか答えろよッ!!」



友紀「飛鳥ちゃんの時もそうだったけどさ。基本的に聞いても答えないんだよね、あの人」

飛鳥「トークNGの指示でも出ているのだろうか…」

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:31:55.03 ID:aPzeCzsW0
クロワシさん「……!」

美玲「ん、どうし……!?う、これはッ?」

友紀「あぁ!頭のクロワシの目が!」


クロワシさん「…!」ギラギラ


飛鳥「光っている…だと?これは、一体…」

美玲「な、なんだよ急に?もしかして、怒っちゃったのかッ…?」


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:32:50.99 ID:aPzeCzsW0
クロワシさん「あ、いえ…別にそういう訳では」

美玲「違うのかよッ!」

クロワシさん「たまに光らせると、良いみたいで…」

美玲「…だからッ!そういうのがなんでかってのを知りたいんだよコッチはッ!!」



飛鳥「理解できない」

友紀「あたしも」

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:33:28.94 ID:aPzeCzsW0
クロワシさん「…あの、ですね」

美玲「おっ!なんだなんだ?」

クロワシさん「その……」

美玲「…じれったいなッ!なんだよぉ!?」


クロワシさん「そういう設定、あまり決まってなくて…」

美玲「…もったいぶってそれかッ!!」



飛鳥「なるほどね」

友紀「道理で答えてくれない訳だよ」

飛鳥「答えないのではなく、アンサーが用意されていない故の、梨の礫だったということか…」

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:34:09.56 ID:aPzeCzsW0
クロワシさん「…あ、でも…」

美玲「?」

クロワシさん「そちらのフードと、役割は似てるかもしれないですね…」

美玲「…」


美玲「…い、」

美玲「一緒にすんなーーッ!!」ガルル



飛鳥「…限界だな。友紀、回収だ」

友紀「ほいきた」

46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:34:50.30 ID:aPzeCzsW0
美玲「何なんだッ!何なんだアイツ!」ウガー

友紀「まぁまぁ。悪気はないんだよ、きっと」

飛鳥「しかし…少しずつだが、見えてきたね」

友紀「何が?」

飛鳥「ヤツの生態がさ」

友紀「生態って」

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:35:57.27 ID:aPzeCzsW0
――


友紀「…」

クロワシさん「…」



美玲「大トリかぁ…」

飛鳥「ワシだけにね」

美玲「やかましいわッ」

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:36:36.51 ID:aPzeCzsW0
友紀「(うーん…悩んでても仕方ないよねっ)」


友紀「どうもっ!さっき、うちのプロデューサーからも紹介ありました、姫川ゆっきーですっ!」

クロワシさん「…どうも……」


美玲「あ。そういえばウチ、名前言ってないな」

飛鳥「必要性を感じるのなら、後で名乗ってくると良いさ」

美玲「…別に、良いや」

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:38:04.01 ID:aPzeCzsW0
友紀「今、パ・リーグとのコラボで楽天担当やらせてもらってるんです!」

クロワシさん「…」

友紀「それで、始球式にも呼ばれちゃってさ!お仕事で野球に関われるの、すごく嬉しいんだっ!」


友紀「まぁ…本来の推し球団はキャッツなんだけど。どっちも応援してるよってことで!」

友紀「おじさ…じゃなくって。クロワシさんは、どこの球団のファンなのかな?やっぱり、いーぐるす?」



美玲「…なんか、いつも通りの友紀だなッ」

飛鳥「あぁ。あの分け隔てのなさ…。彼女の良いところの1つでもあるからね」

美玲「…ふーん?さて、どうくるか…」

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:38:33.46 ID:aPzeCzsW0
クロワシさん「…野球は、そんなに…」

友紀「えっ」

クロワシさん「すみません…あまり詳しくなくて…」

友紀「そんなぁ…」



美玲「楽天のキャラクターなんだよな…?」

飛鳥「野球に詳しくないボクが言うのもなんだが…それはどうなんだ…」

51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:39:09.82 ID:aPzeCzsW0

友紀「…で、でも!楽天の試合、観てるんでしょ?」

クロワシさん「服が黒い日だけ…」

友紀「観てて誰か好きな選手とか…ポジション!ピッチャーとかキャッチャーでどこがお気に入りとか!なんか無いの!?」


クロワシさん「…投げてる人が変わったなぁ、ぐらいは…」

友紀「嘘でしょ」



美玲「おいッ!いくらなんでも、あんまりじゃないかッ!?」

飛鳥「…同情するよ、友紀…」

美玲「責任者出てこいッ!ウチがひっかいてやるッ!」

52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:39:44.10 ID:aPzeCzsW0
クロワシさん「でも…」

友紀「…うん」

クロワシさん「ホームランが出ると、かっこいいと思います…」

友紀「…!」

クロワシさん「…あと、ヒットも…」



美玲「なんかほるひすみたいなこと言い出したぞッ」

飛鳥「小学生並み…というより、野球素人のボク並みの感想じゃないか」


53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:40:27.14 ID:aPzeCzsW0
友紀「そう!それだよ、おじさん!!」

クロワシさん「…え?」

54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:42:00.15 ID:aPzeCzsW0
友紀「良いよねぇ、ホームラン!1球で試合の雰囲気が変わるっていうかさぁ!」

友紀「逆転のホームランなんかはまさにそれでね?4番の一発が出た時なんかは、もう興奮しすぎて爆発しそうになっちゃうくらいだもんっ!」

クロワシさん「…!」

友紀「他にも、先頭打者で打線に勢いをつけるホームランでしょ?逆転の狼煙を上げる一発だってあるし!」

友紀「ダメ押しの追加点でホームランなんかしたら、試合も決まっちゃったりさぁ…!」



美玲「…すごい、一気に空気を換えた…ッ」

飛鳥「…いやはや、流石だね。好きが生み出すエネルギー…これほどとは」

美玲「やっぱり野球、大好きなんだなッ。友紀って」

55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:43:29.29 ID:aPzeCzsW0
友紀「…それでねそれでね。あたしは、ライナー性のホームランのが好みなんだけど、どうかな!」

クロワシさん「……?」

友紀「そりゃ、インコースをガツン!って叩いて確信する当たりも良いんだけどさー。技術を生かした、技ありの打球も捨て難いなぁって思う訳よ!」


友紀「低い弾道で、ギュンッて伸びてくボール見てると、いっけーッ!!ってなるでしょ?だからさ…」

クロワシさん「…、……」



美玲「…あっ、内容が専門的になってきて、付いて行けなくなってるッ!」

飛鳥「そろそろ引き剥がした方が良いかもしれないね…」


56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:44:03.05 ID:aPzeCzsW0


ガチャ


P「おーい、友紀ー」

飛鳥「…遅かったね」

美玲「時間かッ?」

P「うん、そろそろ着替えとかスタンバイの時間だってさ」

友紀「そっか、もうそんな時間かぁ!」

P「…あ、なんか話してた?すみません、邪魔して」

クロワシさん「あ…いえ……」

友紀「じゃあね、おじさん!また野球トーク、しようねっ!」


57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:44:31.50 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「トークというか…」

美玲「こっちが一方的に喋ってるだけの時間だったような…」

P「?」

友紀「よーし、やるぞー!!」


――


58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:45:32.78 ID:aPzeCzsW0
――


友紀「たっだいま~!」

飛鳥「やぁ、お疲れ様」

美玲「ナイスピッチだったぞッ!」

友紀「ありがと!…へへ、なんかすっごく良いマウンドだった!」

飛鳥「…場所によって違うものなのかい?」

友紀「うん!土の感じとか、バッターの見え方とか!全然違うんだよ?」

飛鳥「へぇ…面白いね」

59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:46:17.09 ID:aPzeCzsW0
友紀「さ、あとは思いっきり試合を観るだけだー!」

美玲「おぉーッ!」

友紀「そうと決まれば…おねえさーん!こっちこっちー!ビールと、コーラ2つね~!!」

飛鳥「…フフッ。ブレないな、キミは」

美玲「いつも通りだなッ!」

60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:47:35.62 ID:aPzeCzsW0
美玲「…あ」

飛鳥「どうしたんだい?」

美玲「ほら、あそこッ!」

飛鳥「あそこ?……ム」

友紀「クロワシさんだ!」

飛鳥「目立つね…」

美玲「本当に試合観てるんだな…ッ」

友紀「…あ、ビール飲んでる」

飛鳥「頭以外は、中年男性そのものじゃないか」

61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:48:37.95 ID:aPzeCzsW0
――――
――



バッターアウッ!


美玲「…うあぁー!負けたー…ッ」

友紀「いやぁ、惜しかったねえ」

美玲「3塁まで進んで、もう一歩で同点だったんだけどな…」

友紀「でも、良い試合だったね!お互いに、追い付け、追い越せ!ってさ」

飛鳥「…フフ、これが守護神というヤツか。頼りになる」

友紀「あれ。飛鳥ちゃん、さふぁては知ってるんだ」

62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:49:13.99 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「…まぁ。少しは」

美玲「あっ!アスカお前まさかッ、ほーくすのことちょっと調べてるんだろッ!」

飛鳥「何のことかな」

美玲「蘭子の推してるチームだからって!ウチと一緒にいーぐるす応援するんじゃなかったのかッ!?」

飛鳥「…推測だけでモノを喋るのは、賢明とは言えないな。たまたまだよ、たまたま」

美玲「そう言ってぇ!」

友紀「まぁまぁ美玲ちゃん、怒らない怒らない」

美玲「うーッ!」ガルル

63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:49:52.29 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「…そういえば、」

美玲「?」

飛鳥「途中から、姿が見えないね」

友紀「誰が?…ってあれ、ほんとだ」

美玲「…あっ!クロワシさんがいないッ!」

友紀「いつの間に居なくなったんだろ…」


64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:50:42.91 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「これまでに、彼が観ていた日は全て勝っていた…と聞いていたが」

友紀「居なくなってるんじゃ、判断しようがないなぁ」

美玲「…いやいやッ、勝利の女神じゃないんだから…」

飛鳥「あんな女神がいても困るけどね」

友紀「でもマスコットキャラって言うにはちょっと…おじさんくさすぎるというか…」

美玲「ホントに何だったんだアイツは…」

飛鳥「…少なくとも、」

友紀「?」

65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:53:36.18 ID:aPzeCzsW0
飛鳥「口数の少ない、シャイなヤツだったが…少なくとも、彼もまた。ボクらと変わらぬ1人のヒトなのだということだね…」

友紀「…」

美玲「…」



友紀「球団キャラクターに対するまとめ方じゃないよ…」

美玲「あんな見た目だもんな…」

友紀「帰ろっか」

美玲「おうッ」



飛鳥「終わりだよ」

66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/02(日) 18:56:50.20 ID:aPzeCzsW0
姫川友紀「スマート&スピリット」

続いた。続けてしまった。無理やり締めた。


Koboスタの新アイドルことクロワシさんをよろしくお願いします

ロッテの魚もよろしくね

おわり




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 姫川友紀「クロワシさん]
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498985912/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18934-8b3dd094