ヘッドライン

戸愚呂福造「ココロのスキマを埋めてやろうかねェ……」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:23:27.715 ID:SX/YEkgU0.net
【第一話】

戸愚呂「オレの名は戸愚呂福造、人呼んで戦ゥせぇるすまんってとこかねェ」

戸愚呂「ただのセールスマンじゃないんだねェ」

戸愚呂「私ぁ能のない妖怪でねェ」

戸愚呂「唯一できるのが、ココロのスキマを埋めることなんですよ」

戸愚呂「さて、今日の客は……」



突貫 耕治(56) 建築会社社長

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:26:37.066 ID:SX/YEkgU0.net
―建築現場―

耕治「おーい、もっと急げーっ!」

耕治「このままじゃ、期日に間に合わんぞ! 顧客に莫大なペナルティを請求されてしまう!」



作業員A「そんなこといわれても……」

作業員B「こんな無茶な納期で、受注するから……」

作業員C「全員が24時間働いても間に合いっこないですよ!」



耕治「くそっ、役立たずどもめ!」

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:29:29.344 ID:SX/YEkgU0.net
耕治(このままでは、契約通りの期日に工事が終わらん! どうすれば……!)

戸愚呂「お困りのようだねェ」

耕治「な、なんだあんたは!?」

戸愚呂「オレはこういう者だ」スッ

耕治「ココロのスキマ……お埋めします……?」

戸愚呂「場所を変えて話しましょうか」

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:32:18.556 ID:SX/YEkgU0.net
―BAR左の巣―

鴉「トリートメントはしているか?」

武威「……してない」



左京「なにか飲むかね?」

戸愚呂「酒はダメなんで、オレンジジュースください」

耕治(なんだ、この異様なバーは……!? 変な客いるし……)

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:35:11.379 ID:sADPtpjed.net
左京さん何やってんすか

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:35:38.207 ID:SX/YEkgU0.net
戸愚呂「なるほど、このままじゃビルの建築が期日通りに終わらないと」

耕治「そうなんです……」

耕治「なんとしても間に合わせねば、我が社の信頼は地に落ちてしまうんです!」

戸愚呂「無理をして厳しい注文を受けちまったあんたにも非はあるが……」

戸愚呂「いいだろう、だったらオレが3分でビルを作ってやろう」

耕治「ホントですか!?」

戸愚呂「ただし、もう二度と無茶な受注はしないと誓ってもらおう」

耕治「もちろんです!」

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:38:28.073 ID:SX/YEkgU0.net
次の日――

―建築現場―

戸愚呂「……」ババババッ

戸愚呂「……」ズババババッ



耕治「は、はやい! みるみるうちにビルが完成していく!」



戸愚呂「できたねェ」

耕治「ありがとうございます! おかげで助かりました!」

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:41:48.957 ID:SX/YEkgU0.net
―会社―

耕治(クックック、あの戸愚呂というやつを使えば、どんな無茶な発注にも応えられる!)

耕治(なんたって、あれだけ立派なビルを3分で作れるんだからな!)

耕治(よォ~し、こうなったら次々にビル建築を受注してしまおう!)

耕治「あ、もしもし……あの件ですが、是非引き受けます!」

戸愚呂「あんた、早くも約束を破っちまったようだな……」ザッ

耕治「と、戸愚呂さん!?」

戸愚呂「どうやら、あんた……きっといい死に方できないねェ」ゴゴゴ…

耕治「あ、あわわわ……」

17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:44:40.365 ID:SX/YEkgU0.net
戸愚呂「ドーン!!! ……だねェ」





耕治「はひょおおおおおおおおおおおっ!!!」

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:47:35.102 ID:SX/YEkgU0.net
……

…………

パチパチパチパチパチ…

耕治「ではただいまより、ビルの落成式を行います!」

戸愚呂「ちょっと待った」

戸愚呂「3分でこのビルを平らにしてみせよう」

耕治「え……」



バババババッ

ドゴォンッ! ズガァンッ! ゴゴゴゴゴ……! ドガシャァァァァァン……



客A「ビルがあっという間に倒壊しちまったぜ!」

客B「姉歯も真っ青な手抜き工事じゃねェか! もうこんなところに発注すんのはよそう!」

客C「これでこの会社は終わりだな……」

耕治「ああああああ……!」

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:50:42.507 ID:SX/YEkgU0.net
戸愚呂「3分で建てたビルなんてのは一瞬で平らになっちまうように」

戸愚呂「三流の建築会社なんてのは、一瞬で倒産しちまうようだねェ」

戸愚呂「ま、久しぶりに運動できて、個人的には満足だがね」





おわり

23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:55:14.669 ID:SX/YEkgU0.net
【第二話】

戸愚呂「オレの名は戸愚呂福造、人呼んで戦ゥせぇるすまんってとこかねェ」

戸愚呂「ただのセールスマンじゃないんだねェ」

戸愚呂「私ぁ能のない妖怪でねェ」

戸愚呂「唯一できるのが、ココロのスキマを埋めることなんですよ」

戸愚呂「さて、今日の客は……」



瀬賀 比句助(21) 学生

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:58:18.232 ID:SX/YEkgU0.net
学生A「瀬賀! お前ってホント、背が低いよな~」

学生B「まるでコロポックルだぜ!」

女学生「アハハハ、あたしよりひくーい!」

比句助「ううう……」

比句助(ちくしょう、みんなでボクのことバカにして……!)

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:01:25.860 ID:SX/YEkgU0.net
比句助「やっぱりチビだとみんなにバカにされるなぁ……」

比句助「あーあ、もっと背を伸ばしたいなぁ。だけどとっくに成長期は過ぎちゃったし……」

戸愚呂「お悩みのようだねェ」ヌッ

比句助(うわっ、でかっ!)

比句助「なんですか、あなたは!?」

戸愚呂「こういうもんだねェ」スッ

比句助「戸愚呂……福造さん……?」

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:04:39.920 ID:SX/YEkgU0.net
戸愚呂「ほう、でかくなりたいと」

比句助「そうなんです。子供の頃から、身長が低いのがコンプレックスで……」

戸愚呂「だったらこれを飲むといい」サッ

比句助「これは……?」

戸愚呂「身長を伸ばす秘薬だ」

戸愚呂「ただし飲みすぎると、とんでもないことになっちまう」

戸愚呂「ある程度身長を伸ばしたら、この薬は返してもらおう」

比句助「分かりました!」

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:07:24.077 ID:SX/YEkgU0.net
―自宅―

比句助「戸愚呂さんにもらった薬……さっそく飲んでみよう」ゴクッ

比句助「!?」ビクビクッ

比句助「おおっ、身長が伸びる!」グングン

比句助「もうちょっと伸ばそう」ゴクッ

比句助「あっという間に、夢の180cm台になった! ハッハーッ! すごいぞォォォ!」グングン

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:10:25.424 ID:SX/YEkgU0.net
比句助「どうだい?」スラッ

学生A「うわぁっ、でかくなったな!」

学生B「なんで!? こないだまであんなに小さかったのに……!」

女学生「ステキ……」ポッ…



比句助(フフフ、自分よりチビを見下すのはいい気持ちだ!)

比句助(よーし、もっともっと背を伸ばしてやる!)ザララッ ゴクゴクッ

ニョキニョキニョキ…

31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:13:31.644 ID:SX/YEkgU0.net
比句助「フハハハハハハ!!!」ズシン…

比句助「薬のおかげでボクは大巨人になったぞ!!!」

比句助「今までボクをチビチビとバカにした奴ら、全員踏み潰してやる!!!」

比句助「ハーッハッハッハッハッハッハ!!!!!」ズシンズシン…





戸愚呂「やれやれ、やっぱりこうなっちまったねェ」

34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:16:39.702 ID:SX/YEkgU0.net
比句助「戸愚呂さん!」

戸愚呂「約束を破っちまった以上、あんたはオレの手で処分するしかないねェ」

比句助「処分だと!? 笑わせるなボケがァ!!!」

比句助「戸愚呂さん! いや戸愚呂ォ! もうあんたすらオレの敵じゃない! ひねり潰してやる!」

戸愚呂「あんたの勇気に敬意を表して、45%で戦ってやろう」メキメキ…

比句助「なめるなァァァァァ!!!」グオオオオッ

戸愚呂「今日はでかい奴の厄日だね」

37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:19:34.866 ID:SX/YEkgU0.net
戸愚呂「ドーン!!! ……だねェ」





ボゴォッ!!!



ドチャッ…

38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:22:26.781 ID:SX/YEkgU0.net
戸愚呂「背が高いとか低いとか、あんまり気にするのもどうかと思うねェ」

戸愚呂「背が低くとも魅力的な人間は多いからねェ……幻海とか」

戸愚呂「おっと……今のは聞かなかったことにしてもらおう」





おわり

39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:25:45.133 ID:CJHAUNs2r.net
なにのろけてんすかトグロさん

40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:27:41.172 ID:SX/YEkgU0.net
【第三話】

戸愚呂「オレの名は戸愚呂福造、人呼んで戦ゥせぇるすまんってとこかねェ」

戸愚呂「ただのセールスマンじゃないんだねェ」

戸愚呂「私ぁ能のない妖怪でねェ」

戸愚呂「唯一できるのが、ココロのスキマを埋めることなんですよ」

戸愚呂「さて、今日の客は……」



糸出 操太(30) 人形劇演者

42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:30:34.940 ID:SX/YEkgU0.net
―幼稚園―

操太「赤ずきんちゃんはおばあさんの家に入りました」

操太「すると、おばあさんは眠っています」

操太「赤ずきんちゃんはおばあさんにいいました。どうして、そんなにお口が大きいの?」



シラーッ…

園児A「ちゃっちぃ人形……」

園児B「しょぼーい!」

園児C「つまんなーい!」

44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:33:27.520 ID:SX/YEkgU0.net
操太「ハァ……」

操太(このところ、いくら人形劇をやってもちっとも受けがよくないなぁ)

操太(色んな娯楽を知ってる今時の子供には、人形劇なんか受けないのか……)

戸愚呂「あんた、浮かない顔をしてるねェ」

操太「うわぁっ!?」

戸愚呂「オレはセールスマンでねェ……よかったら話を聞かせてもらおうか」

操太「聞いて下さい!」

45 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:36:37.763 ID:SX/YEkgU0.net
―BAR左の巣―

武威「こないだ、通行人から鎧つけてた時のが強そうだったって言われちゃってさ……」

鴉「ドンマイ」



左京「なにか飲むかね?」

戸愚呂「酒はダメなんで、オレンジジュースください」

操太(なんなんだ、この怪しいバーは……)

47 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:38:08.489 ID:jXj0bxR9a.net
妖怪しかいねえ

48 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:40:15.413 ID:SX/YEkgU0.net
戸愚呂「なるほどねェ、今はもっとリアルな人形じゃないと園児にウケないと」

操太「はい……」

戸愚呂「だったらこれを使うといいねェ」グチャッ…

操太「これは? 粘土ですか?」

戸愚呂「兄者の一部だ。これを使えば、いくらでもリアルな人形を作れる」

戸愚呂「自由自在に動くから、糸で操るのもたやすいはずだ」

操太「ありがとうございます!」

戸愚呂「ただし、あくまで子供に夢を与えるような人形劇を作ってもらわないとねェ」

操太「もちろんそうしますよ!」

50 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:42:43.256 ID:SX/YEkgU0.net
グチャグチャ… グチャグチャ…

操太「おおっ、この粘土はすごい!」

操太「これなら超リアルな人形劇をやれる!」

操太(子供に夢を与えるような人形劇? ンなもんやるかよ、ボケがァ!)

操太(あのマセたクソガキどもに復讐してやるぜェ……!)

52 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:46:09.407 ID:SX/YEkgU0.net
―幼稚園―

操太「じゃ、人形劇を始めまーす」

操太「昔々、赤ずきんちゃんがいました」ササッ

園児A「わぁっ!」

園児B「すっごいリアル!」

操太「しかし……赤ずきんちゃんはババアに化けた狼に出会っちまって……」

操太「赤ずきんちゃんはオオカミに食い殺されましたァ!!!」

ズドドドドドドッ!!!


キャーッ! びぇぇぇぇんっ! うわぁぁぁん……


操太「ひゃはははははははははははは!!!!!」

操太「いくら可愛くても、食われちまったらおしまいよォ! めでたしめでたし!」

操太(一度でいいから、こうやってクソガキどもを泣かしたかったんだァァァァァ!!!)

53 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:47:46.335 ID:qM60rfCmr.net
クズすぎるww

54 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:49:47.857 ID:SX/YEkgU0.net
戸愚呂「どうやらあんた……約束を破っちまったねェ」

操太「戸愚呂! てめぇ、何しにきやがったァ!」

戸愚呂「商品を悪用しちまった以上……あんたにゃ消えてもらう」

操太「ふざけんなァ!」

操太「この粘土を売ったのはてめェだろうが! お前も同罪だァ!」

戸愚呂「関係ないね」

戸愚呂「オレは品性まで売った覚えはない」

56 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:53:12.621 ID:SX/YEkgU0.net
戸愚呂「ドーン!!! ……だねェ」





グシャッ!!!





ボチャッ…

57 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:56:28.591 ID:SX/YEkgU0.net
戸愚呂「子供たちにはトラウマが残らないよう、幻海に術をかけさせた。世話ばかりかけちまったな……」

戸愚呂「今回の客も、100%を出すに値しない奴らばかりだったねェ」

戸愚呂「いつか100%を出せる客に会えるといいが……」





おわり

58 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:58:08.493 ID:SX/YEkgU0.net
終わりだねェ

59 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:59:51.055 ID:U9T59Z2+a.net
久しぶりに幽遊白書読みたくなってしまった

60 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/26(月) 23:00:08.932 ID:qM60rfCmr.net
乙だねェ…



元スレ: 戸愚呂福造「ココロのスキマを埋めてやろうかねェ……」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1498479807/


コメント
7564: 2017/06/27(火) 13:51
俺もこっち
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18845-f927fe98