ヘッドライン

ガヴリール「ヴィーネ!時代は百合力発電だぞ!」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 23:51:32.381 ID:POQB26+D0.net
ヴィーネ「……はい?」

ガヴリール「百合力発電は感情エネルギーの中でも女の子同士が触れ合う際に生まれる"キマシパワー"を電力に変換するというものでさ」

ガヴリール「CO2も出なければ地球の資源を使うこともない!とても環境にも社会にも優しい尊いエネルギーなんだ!」

ヴィーネ「ごめん……話がまったく掴めない……」

ガヴリール「いやーある科学者?みたいな人から発電機のテストの依頼を受けてさ」

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 23:52:05.875 ID:POQB26+D0.net
ヴィーネ「それ大丈夫なの……?めっちゃくちゃ胡散臭くない……?」

ガヴリール「今朝ヴィーネが朝起こしに来てくれただろ?そのときにちゃんとキマシパワーが生まれて発電されたんだよ!」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「とにかく放課後一度うちに来てくれ!」

ガヴリール「これでオール電化にすれば光熱費が実質タダだぞ!!」

ヴィーネ(う、それは魅力的……)

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 23:53:24.673 ID:POQB26+D0.net
放課後

ヴィーネ(それで勢いに負けて来ちゃったけど……)

ヴィーネ「これが発電機?」

ガヴリール「ああ。こいつが生じたキマシパワーで発電し、このキマシタンクという蓄電池に貯められる」

ヴィーネ「ふーん……」

ガヴリール「まあ一旦見てみればわかるだろ。ヴィーネ、手繋いで」

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 23:54:18.838 ID:POQB26+D0.net
ヴィーネ「手?」

ガヴリール「ああ。女の子が触れ合うだけでキマシパワーは生じるらしい」

ヴィーネ「……別にいいけど」ギュッ

キマシッ!

ガヴリール「ほら!早速キマシパワーが発生したぞ!」

ヴィーネ「本当に電気が……これだけで……!」

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 23:54:56.470 ID:POQB26+D0.net
ガヴリール「ただ触れ合うだけで発電ができる……」

ガヴリール「しかも余った電力は売ることもできるんだ!」

ヴィーネ「す、すごい……!」

ガヴリール「どうだ!百合力発電に協力してくれないか!?」

ヴィーネ「協力って……どうすれば」

ガヴリール「一緒に住んで欲しい!」

キマシッ!

11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 23:55:39.632 ID:POQB26+D0.net
ヴィーネ「そ、それって……ど、どどっ同棲!?」

ガヴリール「そうそう。発電機のあるここじゃないと発電できないしさ」

ガヴリール「毎日うちに来るのも大変だろうし、それじゃヴィーネにはあんまり恩恵ないしさ」

ガヴリール「ルームシェアすればその分家賃とかも減るし、キマシパワーの発生する回数も多くなるぞ!」

ヴィーネ「う、うぅ……ちょっちょっと考えさせて……!」ドキドキ

キマシッ!

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 23:56:26.024 ID:POQB26+D0.net
ガヴリール「できればいい返事を聞きたいな」

ヴィーネ「え、ええ……」

ヴィーネ(同棲って……ガヴと一つ屋根の下で……それってそれって……)ドキドキ

キマシッ!

ガヴリール(おーなんかどんどん発電してるなぁ)

ヴィーネ「……」ドキドキ

キマシッ!

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 23:57:14.153 ID:POQB26+D0.net
ヴィーネ(そ、そうよ……これは節約!生活費の大幅節約につながるわ!)

ヴィーネ(ただでさえ仕送りが少なくてカツカツだったから……むしろいい機会じゃない!)

ヴィーネ(それにこれでお小遣いも手に入るならなおさら……そう、それが目的)

ヴィーネ(決してガヴと一緒に暮らしたいとかじゃない……)

キマシッ!

ヴィーネ「わ、わかった……」

ガヴリール「おお!ヴィーネならそういうと思った!」

18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 23:58:32.065 ID:POQB26+D0.net
ガヴリール「じゃあ解約とか引っ越しとかの手続きが済んだらうちに来て!」

ガヴリール「こっちもオール電化に切り替えておくからさ!」

ヴィーネ「え、ええ……!」

ガヴリール「じゃあそういうことで……早速だけど晩御飯食べたいなー」

ヴィーネ「……もう、しょうがないんだから」

キマシッ!

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:00:33.368 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ(ガヴと同棲かぁ……そうなったらきっと毎日私がガヴの料理を作ることになるのよね)

ヴィーネ(まるでお嫁さん……って何考えてんのよ!!)

キマシッ!

ガヴリール(なんかどんどん発電してるなぁ。今はオール電化じゃないし、じゃんじゃん売ってこ)

ガヴリール(課金できる金が増えるぞ―)

ヴィーネ「できたわよー……」

ガヴリール「待ってました」

22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:02:09.684 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「はー……美味かった♪これからは毎日ヴィーネの手料理が食えるんだな」

ヴィーネ「そっ……そういうことに……なる、のかな……」

ガヴリール「光熱費が浮くだけでなくお金まで稼げてヴィーネの手料理まで食べられる……」

ガヴリール「キマシパワーバンザイだな」

ヴィーネ(そんなに私の料理うれしいんだ……)ドキドキ

キマシッ!

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:03:26.778 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「じゃあ……今日はもう帰るわね?」

ガヴリール「ん。ヴィーネが来る日楽しみにしてるぞ」

ヴィーネ「……ん」

キマシッ!

ガヴリール「さてと……ゲームゲーム……っと」

ガヴリール「ああ、その前にヴィーネが同棲することをラボに伝えておかないと」

26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:05:43.254 ID:zbTvT9BE0.net
prrrrr...

「もしもし。ガヴリールさんですね」

ガヴリール「うん。友達と同棲することになったぞ」

「それは喜ばしいことです。では予定通りオール電化の工事費用を負担させていただきますね」

ガヴリール「よろしく」

ピッ

ガヴリール「これで電気代やらガス代が浮くからその分まるまる課金に回せるぞ……へへへ……」

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:07:14.030 ID:zbTvT9BE0.net
数日後

ヴィーネ(あぁ……荷物は全部引越し業者に引き渡しちゃったし、それに今日で部屋から立ち退かないと……)

ヴィーネ(もうあの部屋には戻れないから……私はガヴの部屋に行くしかない)

ヴィーネ(そしたら……一緒に……)ドキドキ

ヴィーネ(あ~ガヴの家が近づいてきた……緊張するぅ……)ドキドキ

ヴィーネ(あの曲がり角を曲がったらガヴの家が見える……そしたら……もう……)ドキドキ

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:09:26.219 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール宅

ピンポーン

ヴィーネ(ついに来ちゃった……!)

ガヴリール「お、ヴィーネー!」

ヴィーネ「ガヴ……」ドキドキ

キッキキキッキマシッ!!

ガヴリール「ほら入ってよ。家の中色々新しくなってすごいぞ!」

ヴィーネ「え、ええ……!」

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:12:14.042 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「本当にオール電化になってる……」

ガヴリール「ああ、しかも工事費用は全部向こう持ちだから実質タダ!」

ヴィーネ「すごい……」

ガヴリール「んじゃあ早速キマシパワーを貯めようか」

ヴィーネ「えっ、も、もう?」

ガヴリール「うん。熱も全部電気だから電力需要が高まってね」

32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:15:05.240 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「わ、わかった……」

ガヴリール「あ、手をつなぐだけよりもさ、その研究所の人たち曰く抱きついたりしたほうが高いキマシパワーが得られるんだってさ」

ヴィーネ「だっ抱きっ!?」

ガヴリール「どんなもんかな」ダキッ

ヴィーネ「がっ、ガヴ……!?」

キッキキキッキマシッ!!

ガヴリール「おおー、溜まる溜まる」

35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:17:42.103 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「ちょ、ガヴ……」

ガヴリール「はー……それにしてもヴィーネちゃんはやっぱりいい匂いですなぁ……」スンスン

ヴィーネ「ガヴぅ……!」ドキドキ

キッキキキッキマシッ

ガヴリール「大体こんなものかな」

ヴィーネ「あっ……」

ヴィーネ(もう終わり……って何考えてんのよ私は……!)

キマシッ!

36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:19:04.461 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「よし、じゃあ私は早速ゲームでも」

ヴィーネ「じゃあ……私はいつもみたいに掃除でもしてようかしら」

ガヴリール「頼んだ~」

ヴィーネ(私が家事をして……お嫁さんみたい……)

ヴィーネ(もうっ何考えてぇ……)カァァ

キマシッ!

ガヴリール(時々なにもしなくても溜まるんだよな)

37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:20:11.833 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「くそ……バフ切れてるだろ……使えないパーティだな……」

ヴィーネ「ガヴ、ちょっとそこどいてくれない?」

ガヴリール「今ちょっと忙しくて」カタカタ

ヴィーネ「もう……少しは手伝ってくれないの?」

ガヴリール「いやーヴィーネが私のためにしてくれてるって思うと嬉しくてさ」

ヴィーネ「……!」

キマッ

40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:21:55.720 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「ついついヴィーネに任せちゃうんだよね」

ヴィーネ「も、もう!物は言いようね!」

キマシッ!

ガヴリール「あー……死んだか……まあ野良じゃこんなもんか……」

ヴィーネ(きっとあれはただの言い訳っ……絶対そうなんだから……)

キママッ

41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:24:13.149 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「ふぅ。こんなところかしら」

ガヴリール「お、綺麗になってる。流石ヴィーネ!」

ヴィーネ「ほ、褒めても何も出ないわよ……」

キマッ

ガヴリール「ん~?どうかなー」

ヴィーネ「な、なによ……」

ガヴリール「キマシパワーは発生してたみたいだけどなぁ」

42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:26:25.622 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「……!」

ガヴリール「よくわかんないけど……なんか良い感情が生まれたってことじゃん?」

ヴィーネ「う……ぐ!」

ガヴリール「なら私も嬉しいなー」

ヴィーネ(こんなのずるい……)

キマシッ

43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:28:50.682 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「……」

ガヴリール「ん、何か作るの?」

ヴィーネ「オヤツ」

ガヴリール「おお!ヴィーネのオヤツ楽しみ♪」

ヴィーネ(とびきり美味しいのを作ってガヴからキマシパワーを生ませてやるんだから……)

キマッ

46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:31:19.349 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「ちょ、なに反射があるのに不用意に攻撃してんだよ……ほんと使えないパーティだな……」

ヴィーネ「できたわよー」

ガヴリール「何?」

ヴィーネ「プリン」

ガヴリール「おーいいね」

ヴィーネ「ここに置いとくわよ?」

ガヴリール「ちょっと手離せないから食べさせて~」

ヴィーネ「……!」

キマッ

48 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:33:53.271 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「自分で食べなさいよ……」

ガヴリール「ヴィーネに食べさせてほしいな~」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「ヴィーネにあ~んってしてもらいたいなぁ~」

ヴィーネ「……っ」

キマシッ!

ヴィーネ「と、特別だからね……」

51 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:36:09.678 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「はい、あーん……」

ガヴリール「あー」

パクッ

ガヴリール「んんっ……うまっ」

ヴィーネ(かわいい……)

キマシッ!

ヴィーネ(……これどっちから生まれたキマシパワーなのかしら。私かしら……)

53 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:39:04.415 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「……」

ガヴリール「……」カタカタ

ヴィーネ(晩御飯まで時間あるわね……)

ガヴリール「ふぁぁ……」カタカタ

ヴィーネ(せっかく同棲したんだから……ちょっとくらい構ってくれてもいいじゃない……)

キマッ

ヴィーネ「……」プクッ

54 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:41:04.078 ID:zbTvT9BE0.net
数時間後

ガヴリール「……流石にそろそろ腹減ってきたな」

ヴィーネ「ん……ご飯にする?」

ガヴリール「うん……って何作ってたのそれ」

ヴィーネ「編みぐるみ。暇だったから」

ヴィーネ(ガヴがずっとゲームしてて)

ガヴリール「へぇ……売れそう」

ヴィーネ「お前の頭の中は金しかないのか」

55 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:43:33.459 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「じゃあご飯作るけど……リクエストは?」

ガヴリール「ヴィーネが作ってくれるものならなんでもいいよ」

ヴィーネ「なんでもいいっていうのが一番困るんだけど……」

ガヴリール「じゃあオムライス」

ヴィーネ「オムライスね、わかったわ」

ガヴリール「おいしくなるおまじないもよろしく♪」

56 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:45:50.657 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「なによそれ」

ガヴリール「ほら、よくメイド喫茶であるやつ。萌え萌えキュン的な」

ヴィーネ「何いってんだか……」

ガヴリール「まあそんなことしなくてもヴィーネの料理は美味いか」

ヴィーネ「……もう」

キマ

58 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:48:13.518 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「おお……IHになってる……」

ヴィーネ「本当に全部電気の力なのねー……」

ガヴリール「あ、私卵多めがいい」

ヴィーネ「はいはい」

ヴィーネ(ガヴのためにご飯を作る……私、本当にガヴと同棲することになったのよね……)

ヴィーネ(今日は同棲初日だし……気合い入れなきゃ)

キマシッ

62 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:49:45.617 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「できたわよ」

ガヴリール「待ってました。ケチャップ掛けて!」

ヴィーネ「はいはい」

ガヴリール「ヴィーネはなんて書いてくれるのかなー」

ヴィーネ「え」

ガヴリール「……」ニヤニヤ

63 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:51:46.757 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「はやくはやく♪」

ヴィーネ「……く」

キマシ

ヴィーネ「はい、これでいいでしょ……」

ガヴリール(ハートマークか……まあまあかな♪)

ガヴリール「じゃあヴィーネのには私が書いてやるよ」

ヴィーネ「え、ええ」

66 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:53:31.254 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「……よし」

ヴィーネ「ちょ……!」

ヴィーネ(I love youって……!!)

ガヴリール「ん?ハートマークとさほど意味変わらないでしょ」

ヴィーネ「いやっ……これは……」

ガヴリール「別に本当のことだしなー」

ヴィーネ「そ、そんなこと言ってぇ……」

キマッキママキマキマキママママッ

67 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:56:43.221 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「はー……美味かった」

ヴィーネ「お粗末さま」

ガヴリール「これからはヴィーネの美味しいご飯が毎日食えるのかー幸せだなぁ」

ヴィーネ「たまにはガヴも作ってよ」

ガヴリール「ヴィーネ……これから毎日ヴィーネの味噌汁が飲みたい」

ヴィーネ「そんなこと言って……いいからお風呂入って。そろそろ沸くはずだから」

68 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 00:58:45.291 ID:zbTvT9BE0.net
ワキマシター!!

ヴィーネ「あ、ほら」

ガヴリール「……なんなら一緒に入っちゃう?背中流せる権利を与えるけど」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「おや?」

ヴィーネ「しょ、しょうがないわね……特別だからね……」

70 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:02:00.068 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「……」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「オール電化になっても風呂は狭いままか……」

ヴィーネ「風呂どころか部屋も狭いままというか……発電機と蓄電池のせいでもっと狭いというか」

ガヴリール「あれだけで一畳はあるからな……」

ヴィーネ「ところで一緒に風呂に入ってるだけでも発電できるのね」

キキキキキキキキキキキキキキッ

ガヴリール「これ実質永久機関じゃね?」

71 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:04:06.608 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「じゃあいよいよ……背中を流して貰おうかな」

ヴィーネ「ええ……」

ピトッ

ガヴリール「ひゃんっ!?」

ヴィーネ「だ、大丈夫?」

ガヴリール「なんで素手なんだよ!!」

ヴィーネ「え、スポンジは肌を傷めるから……スポンジにする?」

ガヴリール「……いや、素手でいい」

73 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:06:32.737 ID:zbTvT9BE0.net
ヌリュヌリュ...

ガヴリール「ヴィーネさぁっ……もしかしてわざと……?」プルプル

ヴィーネ「えっなにが?」

ガヴリール「くすぐったくてやばい……っ」プルプル

ヴィーネ「ガヴは背中が弱いのね」

ガヴリール「いや、ヴィーネの触り方が悪いんだ……」

ツー...

ガヴリール「ひゃあっ!?」

74 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:08:36.343 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「はぁ……はぁ……っ」ピクッピクッ

ヴィーネ「ごめん……なんていうか、ガヴの声が可愛くてつい……」

ガヴリール「許さん……今度は私がヴィーネを洗ってやる!」

ヴィーネ「ちょっ、前は自分でできるから!」

ガヴリール「前だけじゃない、足の裏までぜーんぶ洗ってやる!」

ヴィーネ「ちょっガヴっごめっごめんってぇ~!!」

※このあと滅茶苦茶ゴシゴシした

78 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:10:15.286 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「はぁ……のぼせたな……」

ヴィーネ「うん……湯船にはあんまり使ってなかったのに不思議ね……」

キキッキキキキキッキキキキキキッキキ...

ガヴリール「あまりにもキマシパワーが出過ぎて処理が追いついてないぞ」

ヴィーネ「怖いなぁ……」

ガヴリール「ふふふ、いくらになるのか楽しみだな」

80 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:13:52.808 ID:zbTvT9BE0.net
キキキキマキマキマシタワー!!

ガヴリール「やっと終わったか」

ヴィーネ「でもこれでようやく眠れるわね」

ガヴリール「私はネトゲするけどね」

ヴィーネ「駄目」

ガヴリール「えー……」

ヴィーネ「明日学校でしょうが!」

81 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:16:23.547 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「そんなこと言ってもさ。まだヴィーネの布団来てないじゃん」

ガヴリール「だからヴィーネにベッドを譲ろうと思ってだね」

ヴィーネ「一緒のベッドで寝ればいいでしょ」

ガヴリール「……」

ヴィーネ「お風呂であんなにしたんだからこのくらい、ね?」

ガヴリール「しょうがないにゃあ……」

キマシッ

85 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:19:38.499 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「流石にシングルで二人はきつくない?」

ヴィーネ「でも……狭いくらいが丁度いい……」

ガヴリール「……そか」

ヴィーネ「うん……おやすみ、ガヴ……」

ガヴリール「ん……おやすみ」

キマママ...

87 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:22:16.241 ID:zbTvT9BE0.net
一ヶ月後

ヴィーネ「ガヴ!電気代とガス代が本当に0円だったわ!!」

ガヴリール「すげえ!」

ヴィーネ「これで仕送りが少なくてもまともな生活が送れそうっ!」

ガヴリール「それどころか売電しまくって金稼ぐまであるぞ!」

ヴィーネ「ガヴ……私この生活始めてよかった!」

ガヴリール「私もだヴィーネ!」

キーマキマキマッ

89 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:25:19.977 ID:zbTvT9BE0.net
数日後

ガヴリール「……」

ヴィーネ「……キマシタンク、空ね」

ガヴリール「エアコン使い始めたからか……」

ヴィーネ「そうねー……」

ガヴリール「ちょっと研究所に聞いてみよう」

91 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:27:45.723 ID:zbTvT9BE0.net
prrr

ガヴリール「もしもし?」

「はい。ガヴリールさんですね。お久しぶりです」

ガヴリール「夏になってエアコン使い始めたんだけどさ。発電が追いつかなくて」

「ああなるほど」

ガヴリール「なんかいい方法ない?」

「キスなんていかがでしょうか」

93 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:30:07.544 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「きっキスぅ!?」

ガヴリール「き、キスって……それは飛びすぎじゃないか……?」

「だからこそ大きなキマシパワーが生まれるというものです」

ガヴリール「な、なるほど……」

ヴィーネ(えっ、納得してる……?ま、まさかするつもりなの……?キス……!)

94 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:31:39.615 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「……というわけだ」

ヴィーネ「えっえっ……」

ガヴリール「キスをすれば……今まで以上の効率で発電ができるらしい」

ドンッ

ヴィーネ「えっえぇぇ……!!」

ガヴリール「ここまで来て電力会社に金を払いたくない」

96 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:33:40.383 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「ま、待って……心の準備がっ……」

ガヴリール「ヴィーネは……私とキスをするのは嫌か?」

ヴィーネ「それは……」

ガヴリール「私は……してもいいと思ってる。発電とか、そのことを抜きにしても」

ガヴリール「むしろしたいとさえ思ってる。ヴィーネさえ良ければ……今する」

ヴィーネ「が、ガヴ……」

97 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:35:09.616 ID:zbTvT9BE0.net
キ?キ?

ガヴリール「ほら、キマシパワー発電機も待機してるぞ」

キ?キマキマー?

ヴィーネ「うっうぅぅぅ……!///」

ガヴリール「ヴィーネ……キスしてもいい?」

ドンッ

ヴィーネ「……っ」コクッ

キマシタワ――ッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

99 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:36:49.217 ID:R92AqogN0.net

101 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:37:44.452 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「……」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「何分間キスしてたっけ。全然覚えてないや」

ヴィーネ「わかんない……」

ガヴリール「……じゃあ計算するためにもう一度キスしよう。10秒のキスで何KP[キマシパワー]生まれるのかを調べればわかるだろう」

ヴィーネ「……」コクッ

キマシタワ――ッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

102 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:39:20.083 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「……」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「10秒間だったっけ、今の」

ヴィーネ「わかんない……」

ガヴリール「じゃあ、やり直しかな」

ヴィーネ「……」コクッ

キマシタワ――ッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

104 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:41:28.643 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「……ちょっと長かったかな」

ヴィーネ「もう……ガヴじゃ駄目ね。私がやってあげる」

ドンッ

ガヴリール「うわ……ちょ、これドキドキするかも……///」

ヴィーネ「いい?」

ガヴリール「……///」コクッ

キマシタワ――ッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

105 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:43:22.226 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「……10秒過ぎてた気がするな」

ヴィーネ「何秒してたかなんてもうどうでもよくなっちゃった」

ガヴリール「あ、やっぱりそうなっちゃう?」

ヴィーネ「次は……舌絡めてみない?」

ガヴリール「……攻守逆転してない?」

ヴィーネ「していい?」

ガヴリール「……///」コクッ

この後キマシタンク満タンになった

107 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:44:59.759 ID:zbTvT9BE0.net
数週間後

ガヴリール「ふぁ……おはよう……」

ヴィーネ「おはよう」

チュッ

ガヴリール「今日のご飯何?」

ヴィーネ「ベーコンエッグトースト」

ガヴリール「おお、朝って感じだ」

108 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:46:28.551 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「うん……ヴィーネの朝ごはんはやっぱり美味しいね」

ヴィーネ「もう、褒めてもなにもでないわよ」

ガヴリール「ご褒美だ、キスをしよう」

チュッ

ヴィーネ「……嘘。私からもキスしちゃう///」

チュッ

ガヴリール(キスするだけで金が発生する……最高だな)

109 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:47:48.853 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「じゃあそろそろ学校いきましょうか」

ガヴリール「まって、言ってきますのちゅー」

ヴィーネ「あ、そうね」

ちゅっ

ヴィーネ「じゃあ私からも」

ちゅっ

ガヴリール「これでよし……」

ガヴリール(本当は玄関じゃ発電されないんだけど……思わずやっちゃうんだよな)

112 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:51:31.584 ID:zbTvT9BE0.net
放課後

ガヴリール「ただいまー」

ヴィーネ「ただいまー」

ガヴリール「……」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「ちょ、私からキスする」

ヴィーネ「私からがいい」

ガヴリール「昨日ヴィーネが先だった」

ヴィーネ「今朝はガヴが先だった!」

114 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:53:27.306 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「じゃあいっせーのーでちゅーしよう」

ヴィーネ「そうねっ」

ガヴリール「いっせーのー……で!」

ちゅっ!

ヴィーネ「……あれ?でもこれだと1回分少なくなっちゃう」

ガヴリール「あ、ほんとだ。じゃもう一回しよう」

ちゅっ!

115 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:55:14.336 ID:zbTvT9BE0.net
数時間後

ガヴリール「うん、今日のご飯も美味しかった」

ヴィーネ「褒めてもキスしかでないわよ」

ガヴリール「それで十分だよ」

ちゅっ

キマシタワー!

ガヴリール「じゃあご褒美だ」

ちゅっ

117 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:58:29.369 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール(それから……私たちは事ある毎にキスをし続けた)

ガヴリール(キスが完全に癖になっていた。いつの間にか金稼ぎのことなんて意識しなくなっていた)

ガヴリール(電気を生みたいから、お金を稼ぎたいからキスをするんじゃなくて)

ガヴリール(単にキスしたいからキスをするようになっていた)

ヴィーネ「またキスするの?」

ガヴリール「うん♪」

チュッ

118 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 01:59:30.027 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール(発電できるのは家の中だけ。でもそんなことお構いなし)

ガヴリール(学校の中だろうと登校中下校中だろうと。キスしたくなったらその場でキスをするようになった)

ガヴリール(いや、その場でっていうのは盛ったか。流石に人目につかないところに移動してからキスしてる)

ガヴリール(最近はサターニャとラフィエルに怪しい目で見られることもしばしばだ)

ガヴリール(ま、そんなの関係ないけど♪)

119 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:01:03.260 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「次LL教室で映画見るって。授業中にキスできるかも?」

ヴィーネ「ちょ、授業中キスはまずいでしょっ///」

ガヴリール「でもこの前の体育で水飲みにいくふりしてキスしたじゃん?」

ヴィーネ「あれは水飲み場が離れてたから……」

ガヴリール「大丈夫大丈夫、みんな映画に夢中だろうし電気消されるだろうし♪」

120 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:02:26.532 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「……今なら行ける」ヒソヒソ

ヴィーネ「ほ、本当にするの?」ヒソヒソ

ガヴリール「したい」ヒソヒソ

ヴィーネ「じゃあ……///」ヒソヒソ

チュッ...チュッ...

ガヴリール(もはや中毒だわこれ)

122 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:04:23.058 ID:zbTvT9BE0.net
放課後
ガヴィーネ宅

ガヴリール「ただいまー」

ヴィーネ「おかえりなさい」

ちゅっ♪

ヴィーネ「次は私ね。ただいま♪」

ガヴリール「おかえり~」

ちゅっ♪

ガヴリール(こうすれば二回キスできてお得だ)

125 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:06:18.240 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ(家の中では誰かに見られる心配がないから気兼ねなくキスすることができる)

ヴィーネ(だから私も遠慮なく……)

ガヴリール「んっ……♪」

ヴィーネ「んんん……♪」

ガヴリール「ヴィーネっ激しすぎ……♪」

ヴィーネ「だって学校で抑えてた分取り戻さないと♪」

キマシタワー!!

126 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:09:41.301 ID:zbTvT9BE0.net
数時間後

ヴィーネ「……はっ!?もうこんな時間!?」

ガヴリール「時が経つのは早いなぁ……」

ガヴリール(最近はキスするのに夢中でネトゲをやることが少なくなった)

ガヴリール(ネトゲしつつキスしてたんだけど、むしろキスに集中したくなって)

ガヴリール(その後キスだけでいいやってなったんだよな)

ヴィーネ「晩御飯作るからちょっと待ってて?」

127 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:11:47.873 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「え~……ねえ、もう少し、もう少しだけキスしようよ~」

ヴィーネ「それでこの前晩御飯が朝ごはんになっちゃったでしょ!」

ガヴリール「そうだけど~次はがんばるから!」

ヴィーネ「すぐ晩御飯作って食べてそれからいっぱいキスするから。ね?」

ガヴリール「ぶー」

ヴィーネ「ほら、ゲームでもして待ってて」

128 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:13:19.177 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール(だからゲームはもう飽きたんだっての……)

ヴィーネ「今日は……鱚の天ぷらよ」

ガヴリール「おーいいね」

ヴィーネ「~♪」

スッ

ガヴリール「ヴィーネ~♪」

ヴィーネ「ちょっ、今調理中だから!」

129 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:15:02.627 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「揚げるんでしょ?ならその間キスできるじゃん?」

ヴィーネ「危ないからっ」

ガヴリール「大丈夫大丈夫♪」

ヴィーネ「も、もぉ~///」

ちゅっ♪

キマシタワー!!

ガヴリール「もう一回♪」

130 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:16:20.627 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「はいっ一回ストップ!できたからキスの続きはディナーの後で!」

ガヴリール「ちぇー……」

ヴィーネ「言っておくけど、私だってキスしたいの!それを我慢してるの!」

ガヴリール「我慢しなくていいのに」

ヴィーネ「そうしないと掃除も洗濯も何もできなくなっちゃうでしょ!」

ガヴリール「ぶー」

131 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:17:38.161 ID:zbTvT9BE0.net
ヴィーネ「だから早く食べて、キスして寝る!」

ガヴリール「仕方ないな……」

ヴィーネ「どう?」

ガヴリール「うん、美味しい」

ヴィーネ「よかった♪」

ガヴリール「ご褒美にキスしてやろう」

ちゅっ♪

132 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:19:01.047 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール(そんなこんなで……晩飯中もお風呂の中でも、風呂上がりでも事ある毎にキスして……)

ガヴリール(一日の内私とヴィーネの唇が触れてる時間は1時間以上はあると思う)

ガヴリール(だって1分のキスを60回したら1時間。軽く超えてるね)

ヴィーネ「じゃあ……おやすみガヴ」

ガヴリール「ん……」

ちゅっ

ガヴリール(このおやすみのちゅーだけで10分以上はあるしね)

135 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:20:46.056 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール(だって……)

ガヴリール「んっ……」

ヴィーネ「んー……」

チュッチュッ

ガヴリール(寝落ちするまでキスするのが最近の私達のお気に入りだからな)

ガヴリール(おやすみ……ヴィーネ)

キマママキマッキマママキキキマキガミ

136 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:21:45.849 ID:zbTvT9BE0.net
数日後

ガヴリール「……あれ?」

ヴィーネ「どうしたの?」

ガヴリール「いや……キマシタンクが空なんだよ」

ヴィーネ「おかしいわね……寝るときはキスしながらだから空になることなんてありえないんだけど……」

ガヴリール「んー……?とりあえずおはようのちゅーするか」

ヴィーネ「ん

ちゅっちゅっ

137 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:23:13.087 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「……たまらない?」

ヴィーネ「どうしたのかしら……」

ガヴリール「ちょっとラボに電話するか……」

prrrrr...

「おかけになった電話番号は……」

ガヴリール「何……?」

ヴィーネ「え、どういうこと?」

139 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:25:30.655 ID:zbTvT9BE0.net
…………
……

ガヴリール(その後、百合力発電の真相が明らかになった)

ガヴリール(とある百合狂信者が女の子と女の子をくっつけるために起こした騒動だった)

ガヴリール(キマシパワー発電機には発電機としての性能はまったくなく、私達の電気代をその狂信者が負担していただけであった)

ガヴリール(売電もその分の金を狂信者が支払っていただけだった。つまり……私達がキマシパワーを生みすぎたせいでで破産寸前になり、逃亡した……というわけだ)

142 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:28:00.376 ID:uCFtmX9Q0.net
まさかの百合百合詐欺

143 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:28:15.454 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「ふざけんなよどうすんだよこの粗大ごみ……」

ヴィーネ「でも……これは、本物だったのよね」

ガヴリール(発電機はだったが……キマシパワーメーターだけは違った)

ガヴリール(女の子が女の子と触れ合う際に生じる感情の高ぶりを読み取る機械は……本物であった)

ガヴリール「これを発明する頭脳をもっと別のところで活かせよ……」

ガヴリール(私たちは狂信者に踊らされていたわけだけど……お互いに向けられた感情は本物だったんだ)

144 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:30:02.215 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール「発電機は嘘っぱちだったからさー……なんていうんだ。同棲する必要はなくなっちゃったわけだけど……」

ヴィーネ「そうねー……」

ガヴリール「その……ヴィーネはどうしたい……?」

ヴィーネ「今から部屋探して引っ越ししてって余裕ないし……ガヴがよければ……」

ヴィーネ「このまま一緒に暮らしたい……な」

ガヴリール「ヴィーネ……!だよなっ!無駄な心配だったっ!」

145 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:32:37.211 ID:zbTvT9BE0.net
ガヴリール(奴がきっかけで……私とヴィーネは一線を越えた関係になれた、とも言える)

ガヴリール(そこだけは……感謝だな)

ヴィーネ「ねえガヴ……私またしたくなっちゃった」

ガヴリール「奇遇だな。私もだ、ヴィーネ」

ヴィーネ「……ガヴ」

ガヴリール「ヴィーネ……」

ちゅっ♪

147 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:35:56.025 ID:zbTvT9BE0.net
…………
……

マルティエル「まさか想定外のキマシパワーが発生するとは……あのお二方には心底驚かされました」

マルティエル「しかし……これで1KPあたりの電力をいくらほどにすればいいのかを割り出せました」

マルティエル「まずはお嬢様を百合力発電でおびき寄せ同棲に託ける」

マルティエル「その後キマシパワーメーターを用いてお嬢様の好感度を調べつつ攻略に努める……」

マルティエル「ふっ……我ながらなんという完璧なプラン……」

148 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:37:03.131 ID:zbTvT9BE0.net
マルティエル「お嬢様には既に改良型キマシパワー発電機を謎の科学者を名乗ってお渡し済み」

マルティエル「今頃お嬢様はパートナーを探していることでしょう……」

マルティエル「あとは私がお嬢様に接触すれば誘われるというもの……いざ」

ラフィエル「サターニャさーん!時代は百合力発電ですよー!」

サターニャ「……はあ?」

マルティエル「あぁっ」ビクンビクン

完☆

151 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 02:38:24.148 ID:LVlWWbte0.net
面白かった!!!
ラフィサタも気になるなぁ!!!

160 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/23(金) 03:41:35.381 ID:5AS3iiEv0.net
マルティエル喜んでるじゃねーかw



元スレ: ガヴリール「ヴィーネ!時代は百合力発電だぞ!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1498143092/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18783-8a11a6b2