ヘッドライン

【ガヴドロ】ガヴ「四肢全部骨折した」

23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:59:58.275 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴの家

ガヴ「ふんっ! ふんっ! 蛍光灯取り換えたいけど私の身長じゃ届かないな」

ガヴ「ヴィーネ呼ぶか。いや、今日魔界に行ってて、帰るのは夜とか言ってたな」

ガヴ「ならタプリスか。いや、タプリスの身長でも届きそうにないな」

ガヴ「なら、ラフィエルかサターニャ……。」

ガヴ「ど・ち・ら・に・し・よ・う・か・な・て・ん・ま・さ・ま・の・い・う・と・お・り」

ガヴ「サターニャか」

ガヴ「もしもし、サターニャ。ちょっと頼みたいことがあって、私の家に来てくれ」

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:28:59.249 ID:C3pfzYgY0.net
十分後

サターニャ「ガヴリール、なんのようなの?」

ガヴ「蛍光灯が切れちゃって、取り換えてくれないか? 私の身長邪届かないんだよ」

サターニャ「天使って飛べるんでしょ。飛んで付ければいいじゃない」

ガヴ「あ……」

サターニャ「気付かなかったの?」

ガヴ「サターニャに指摘されるなんて屈辱。用事はないから早く帰れ!!」

サターニャ「嫌よ! せっかく来たんだから遊ばせなさい!!」

ガヴ「遊ばないよ! やる事ないんだったら、古い蛍光灯外すから、受け取ってくれ」

サターニャ「分かったわ」

パタパタ カチッ

ガヴ「よしっ、外れた。最初っからこうすれば良かったな。サターニャ、受け取ってくれ」

サターニャ「分かったわ。でも下ばっかり見たら駄目よ」

ガヴ「どうしてだ?」

サターニャ「天井に頭ぶつけちゃうわよ」

ガヴ「え?」ゴツン

サターニャ「大丈夫?」

ガヴ「うわぁ!」ヒョロヒョロ

サターニャ「危ない!」

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:29:27.049 ID:C3pfzYgY0.net
ドスン

ガヴ「痛い……。頭ぶつけてバランス崩れて落ちるとか……」

サターニャ「受け止められなくて、ごめんね」

ガヴ「いいよ。それより起こしてくれ」

サターニャ「分かったわ。手引っ張るわね」

ガヴ「ぎゃあ! 手が痛い……」

サターニャ「大丈夫?」

ガヴ「っていうか全身痛い…………。救急車呼んでくれ……………………」

サターニャ「分かったわ」

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:31:32.855 ID:C3pfzYgY0.net
病院

ガヴ「四肢全部骨折した」

サターニャ「大丈夫?」

ガヴ「大丈夫なわけないだろ。最悪だ。歩けないのはまだしも指も使えないなんて……」

サターニャ「でも、あんな低い所から落ちたのに骨折るなんて運が悪かったわね」

ガヴ「不摂生と日光不足による骨粗鬆症って診断されたよ」

サターニャ「これからどうするの?」

ガヴ「食生活はヴィーネにどうにかしてもらう。日光は嫌だけど、なるべく浴びるようにする」

サターニャ「そうじゃなくて、これからの生活よ。そんなんじゃトイレにも行けないでしょ」

ガヴ「サターニャが世話してくれよ」

サターニャ「どうして私!?」

ガヴ「元々こうなった原因のサターニャだろ」

サターニャ「受け止められなかったのは悪かったと思てるけど、お世話までしなきゃ駄目?」

ガヴ「そんな事言わずにさ、こんな事頼めるのサターニャしかいないんだよ。お願いっ!」

サターニャ「そんな事言われてもね……」

ガヴ「こんな状態で、お風呂入って溺れて死んだら責任とれるのか」

サターニャ「飛べばいいでしょ」

ガヴ「念のために地上に潜伏している天使の医者に診てもらったんだよ。やっぱり、羽の骨も折れてた」

サターニャ「つまり、一人では身動きできないのね。分かったわ、お世話してあげる。今のガヴリールってほっとけないしね」

ガヴ「本当か! サターニャは最高の友達だ!!!」

サターニャ「はいはい、お世辞ありがとう」

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:33:09.373 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴの家

サターニャ「まずは、何したいの?」

ガヴ「腹減ったから何か食べさせろ」

サターニャ「何がいいかしらね……。カルシウム取れるようにヨーグルトとバナナでいい?」

ガヴ「え~。もっと手の込んだもの作ってくれよ」

サターニャ「文句言わないの。今買ってくるから部屋でじっとしてなさいよ」

ガヴ「サターニャがどっかいってる間にトイレとかしたくなったらどうするんだよ」

サターニャ「なら、トイレ連れてってから出かけるわ」

ガヴ「トイレなら我慢すればいいけど、不審者が入ってきたらどうするんだ? 私は今抵抗できないんだぞ」

サターニャ「あんた、寂しいの? 一緒に連れてって欲しいの?」

ガヴ「……」

サターニャ「なら、最初からそう言いなさいよ。ほら、車椅子乗せてあげるわ。抱っこするわね」

ガヴ「うん」

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:34:26.078 ID:C3pfzYgY0.net
サターニャ「夜は何か食べたいものはある? コンビニの帰りにスーパー寄るわよ」

ガヴ「ヴィーネに作ってもらうからいい」

サターニャ「その手じゃ電話できないでしょ。私が電話しておいてあげるわ」

ガヴ「肉が食べたいって言っといて」

サターニャ「はいはい。ほら、コンビニに付いたわよ……。車椅子じゃ中に入れないわね。好きなヨーグルトのメーカーとかある?」

ガヴ「ない。早く帰ってこいよ」

サターニャ「分かってるわよ」

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:36:24.419 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴの家

ガヴ「サターニャ、食べさせてくれ」

サターニャ「口開けて」

ガヴ「あーん」モグモグ

サターニャ「次はヨーグルトね」

ガヴ「あーん」モグモグ

サターニャ「味はどう? もっと蜂蜜入れた方が良かった?」

ガヴ「味は丁度良い。それにしても、サターニャ人に食べさせるの上手いな。絶妙なタイミングで私の口に入れてくれる」

サターニャ「そうでしょっ!」エッヘン

ガヴ「なぁ、サターニャ。治るまでずっと私の世話してくれるか?」

サターニャ「当然でしょ。今のガヴリールは一人じゃ何もできないんだから」

ガヴ「今の私は、頭も洗えないし、自分のお尻も拭けないし、寝返りも出来ないんだ。24時間ずっと一緒にいる事になる。それでもいいか」

サターニャ「寝返りは出来るでしょうが。基本的にずっと一緒にいてあげれるけどトイレの時は勘弁してよ」

ガヴ「急にだが、トイレ行きたくなった。出した後拭いてくれるか」

サターニャ「当然でしょ。出したら呼びなさい」

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:38:16.235 ID:C3pfzYgY0.net
トイレ

ガヴ「サターニャ! 出た」

サターニャ「大きい方ね。まずは前から」フキフキ

ガヴ「ん!? んっ……」

サターニャ「ガヴリールどうかしたの?」

ガヴ「いや……何でもない(こいつの拭き方すごく優しいな。まるで高級なマッサージみたいだ)」

サターニャ「次はお尻の方ね」フキフキ

ガヴ「んっ(お尻の方も気持ちいい)」

サターニャ「あ、お尻に血付いてる!!」

ガヴ「する時にお尻が痛いと思ったら、切れてたのか」

サターニャ「お尻の薬持ってるから付けてあげるわね」フキフキ

ガヴ「え!? 何でサターニャがそんなもん持ってんだ!!」

サターニャ「前にお尻から血が出た時にヴィネットから貰った残りがあるのよ」

ガヴ「やらなくていいやらなくていいやらなくていい!」

サターニャ「そんな事言わずにやらせなさいよ。お尻痛いでしょ?」

ガヴ「恥ずかしいんだよ!! そんな……サターニャに……お尻の穴を……」

サターニャ「お尻拭かせたのに何言ってるのよ。今薬持ってくるから待ってなさい」

11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:40:24.054 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「ああ……あああ」ガタガタ

サターニャ「ガヴリール、入れるわよ」

ガヴ「んんっ!」

サターニャ「そんなに絞められたら入れにくいじゃない。ほら、もっと力抜いて」

ガヴ「そんな事言われても……」

サターニャ「お尻痛いままじゃ嫌でしょ」

ガヴ「んん……」スゥ

サターニャ「力抜いてくれたわね、入れるわよ」

ガヴ「来いっ!」

サターニャ「それ」グググググ

ガヴ「んんっ……あれ? 意外と普通だな」

サターニャ「でしょ」グググッ

ガヴ「痛みが引いて行く……。気持ちいい」

サターニャ「良かったわね」

12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:42:42.848 ID:C3pfzYgY0.net
サターニャ「他にして欲しい事はある?」

ガヴ「部屋片付けて」

サターニャ「いつも掃除なんてしてないくせに……。どうかたずけて欲しいの?」

ガヴ「適当でいい、とりあえずゴミをごみ袋に詰めといて。あと、掃除してる間暇だから、録画してるアニメ見せて」

サターニャ「はいはい、何みたいの?」

ガヴ「みでし」

サターニャ「みでしね。はい、再生。掃除してくるから」

ガヴ「サターニャ、一話目の途中から始まってるぞ。頭から再生してくれよ」

サターニャ「はいはい、分かったわよ」

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:44:58.106 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「サターニャ! ちょっと来て!!」

サターニャ「なによ!

ガヴ「CMになったから飛ばして」

サターニャ「もう、これで何回目!? 全然片付けられないじゃない!!」

ガヴ「しょうがないだろ。15分毎であるんだから」

サターニャ「どうにかならないの?」

ガヴ「んー? …………」

ガチャ

ヴィーネ「ガヴ!? 骨折ったって本当?」

ガヴ「本当だ。見ろ」

ヴィーネ「全身じゃない!!?」

ガヴ「これじゃ生活出来ないから、サターニャにお世話してもらってるんだ」

ヴィーネ「安心してね。圧力鍋で魚煮込んだの作ったわ、骨まで食べれてカルシウムたっぷりよ」

ガヴ「肉って言ったじゃん。サターニャ、言わなかったの?」

ヴィーネ「肉よりカルシウムよ!! ちゃんと食べるのよ!!」

サターニャ「嫌って言っても私が無理やり食べさせるから安心して」

ガヴ「早速だが、食べさせてくれ」

ヴィーネ「「ご飯も持ってきたから食べてね」

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:46:26.808 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「あーん」

サターニャ「はい、あーん」

ガヴ「ふん」モグモグ

ヴィーネ「ね、美味しいでしょ」

ガヴ「美味しい。明日は出来立てが食べたいからここで作ってくれ」

ヴィーネ「分かったわ」

サターニャ「ヴィネットが作りやすいように片付けておいてあげるわね」

ガヴ「サターニャ、もっと食べせてくれ」

サターニャ「あーん」

ガヴ「あーん」

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:48:44.377 ID:C3pfzYgY0.net


サターニャ「歯磨くから口開けて」

ガヴ「いいよそんなの。普段磨いてないし」

サターニャ「虫歯になっちゃうわよ。ほら、口開けて」

ガヴ「仕方がないな。あーん」

サターニャ「はい、いい子ね」シャカシャカシャカ

ガヴ「はぅ! (サターニャの歯磨きが気持ちいいっ!!)///」

サターニャ「赤くなってどうしたの?」

ガヴ「(股拭かれた時も思ったけど、サターニャって私の扱い上手いよな……)///」

サターニャ「前は磨いたから、奥の方磨くわね」シャカシャカシャカ

ガヴ「(はんっ! 気持ち良すぎて、声が出そうだ)はぁ……はぁ……///」

サターニャ「もうすぐ磨き終わるからね」シャカシャカシャカ

ガヴ「(サターニャのテクニックに……はまってしまいそうだ)はぁ……はぁ……///」

サターニャ「はい、終り。口漱いで」

ガヴ「サターニャ! お前なんかのテクニックには絶対屈しないからな!!」

サターニャ「え?」

ガヴ「(これ、毎日あるんだよな。耐えられるだろうか……)」

17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:50:48.394 ID:C3pfzYgY0.net
翌朝

サターニャ「ご飯食べ終わったし、歯磨くわよ。口開けて」

ガヴ「よし、来い!!」

サターニャ「前歯から磨くわね」シャカシャカシャカ

ガヴ「はぁ……(前歯だけで気持ちいい)///」

サターニャ「もっと口開けてよ。奥まで磨けないじゃない」シャカシャカシャカ

ガヴ「ほ、ほふぅ(お、奥ぅ)……///」

サターニャ「そうよ、奥。あっ!」シャカシャカシャカ

ガヴ「ほうひひゃ、ひゃひゃーひゃ(どうした、サターニャ)?」

サターニャ「これ、私の歯ブラシだったわ。すぐに取り換えるからね」

ガヴ「ぬかひゃいで(抜かないで)!!」

サターニャ「え?」

ガヴ「ひゅひゅへぇへ(続けて)///」

サターニャ「私の歯ブラシよ」

ガヴ「ひひ(いい)」!

サターニャ「私が使ったやつよ」

ガヴ「ひひかひゃひゅひゅへへ(いいから続けて!!)」

サターニャ「そこまで言うなら……。奥磨くわね」シャカシャカシャカ

ガヴ「(ふふぁ……サターニャの(歯ブラシ)が奥まで入っていくよぉ……)///」

サターニャ「顔真っ赤ね」シャカシャカシャカ

ガヴ「(奥を磨かれるたび……ひぅっ! 快感が走って……ひゃぁ! 気持ちいいっ……!!!)///」

サターニャ「もうすぐ終わるからね」シャカシャカシャカ

ガヴ「(私はもうサターニャのテクニックにメロメロだ。素直に受け入れれば、もっと気持ち良くなれるぞ)///」

サターニャ「はい、終り。口漱いで」ヒョイ

ガヴ「サターニャ、これからはサターニャに少しだけ素直になろうと思うよ……///」

サターニャ「え? ええ」

ガヴ「早速だけど、トイレしたい」

18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:53:25.149 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「サターニャ! 出た」

サターニャ「拭いてあげるわね」フキフキ

ガヴ「はー……拭き方優しい。最高っ!」

サターニャ「はいはい、また拭いてあげるからね」

ガヴ「トイレ以外でも拭いてくれ」

サターニャ「ガヴリールの変態」

ガヴ「お尻の方も拭いてくれ」

サターニャ「匂いで分かるわよ。ほら、片手で支えてあげるから、腕によしかかって。力抜いて」

ガヴ「お尻ちょっと汚いかもしれないけど、引くなよ」

サターニャ「引くわけないでしょ。うんちした後にお尻が汚くなるなんてみんなそうよ」フキフキ

ガヴ「サターニャは良い悪魔だな」

サターニャ「それ褒めてるの? けなしてるの?」フキフキ

ガヴ「褒めてんだよ!!」

サターニャ「あ、またトイレットペーパーに血が付いてる」

ガヴ「えっ♡!」

サターニャ「なんでそんなに嬉しそうなのよ?」

ガヴ「なら……」

サターニャ「また、お薬入れてあげるからね」

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:54:42.037 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「なぁ、なるべくゆっくり、焦らす様に薬入れてくれるか?」

サターニャ「いいけど、何でそんな注文するの?」

ガヴ「どうしてもだ、早く入れてくれ」

サターニャ「ええ。入れるわね」

ガヴ「はぁ……」ドキドキ

サターニャ「なるべく、ゆっくり、焦らすように……」グググ

ガヴ「ふぁあ……気持ちいい///」

サターニャ「ゆっくり過ぎる? もっと早い方が良い?」ググ

ガヴ「ゆっくりならゆっくりな程良い。ゆっくり過ぎる事なんてない///」

サターニャ「そう?」ググググ

ガヴ「あああ……あ…………/// 気持ちいい。サターニャ好き」

サターニャ「もうすぐ入れ終わるからね」

ガヴ「(楽しい時間も、もう終わりか。あ、いい事考えた)なぁ、サターニャ。もう一つお願いがあるんだけどいいか?」

サターニャ「いいわよ、なに?」グググッ

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:56:26.857 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「お尻の穴が痒いから書いてくれ」

サターニャ「え?」

ガヴ「駄目……かな?(さすがに引かれたか……)」

サターニャ「駄目なわけないじゃない。どこら辺が痒いの?」

ガヴ「穴全部」

サターニャ「はいはい」ポリポリ

ガヴ「はあぁ~気持ちいい」

サターニャ「痒い所があったらいつでも言ってね」ポリポリ

ガヴ「はぁ~最高っ!(でも……)なぁ、サターニャ」

サターニャ「なに?」

ガヴ「私のお尻掻いてて汚くないのか?」

サターニャ「汚くなんてないわ。たとえ汚くても手の使えないガヴリールのためにどこでも掻いてあげるから安心してね」

ガヴ「(悪い気がしてきたな……)サターニャ、もう気が済んだから掻かなくていいよ。それより早く手洗ってこい」

サターニャ「手洗ったら学校に行く準備しましょう」

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:58:22.790 ID:C3pfzYgY0.net
学校

ラフィ「ガヴちゃん、大丈夫なんですか?」

タプリス「天真先輩、可愛そうです」

ガヴ「心配するな。確かに動けないし、不便だが、サターニャが私の手足となって動いてくれてるから不便しないよ」

タプリス「胡桃沢先輩! 天真先輩が抵抗出来ない事をいい事にあんな事やこんな事をやってるんじゃないでしょね!!」

サターニャ「そんな事してないわよ!! ねぇ、ガヴリール!!」

ガヴ「まだしてない」

サターニャ「まだって言わないで!! これからも何もしないわよ!!」

ラフィ「何もしないんですかー!! そんなぁ!」

ヴィーネ「ラフィは何を期待してるのよ」

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:02:21.130 ID:C3pfzYgY0.net
お昼

サターニャ「ほら、今日もヨーグルトとバナナ食べさせるわよ」

ガヴ「うん」

サターニャ「ほら、口開けて」

タプリス「あの~胡桃沢先輩、私が天真先輩にあーんしてもよろしいでしょうか?」

サターニャ「どうする?」

ガヴ「別にいいけど」

タプリス「やりました!! 胡桃沢先輩、ヨーグルトとバナナ貸して下さい」

サターニャ「はい、どうぞ」ヒョイ

タプリス「天真先輩、あーんです」

ガヴ「あーん……。ごほぉ! ごほぉ! うえぇ……」

タプリス「天真先輩、大丈夫ですか?」

ガヴ「気管に入った……」

ラフィ「駄目ですね。タプちゃん、ヨーグルトとバナナを下さい」

タプリス「はい」

ラフィ「ガヴちゃん、あーんして下さい」

ガヴ「あーん」ベチャ

ラフィ「あ……」

ヴィーネ「服にヨーグルト溢しちゃったわね。拭いてあげるわ」

サターニャ「二人とも駄目ねぇ。ほら、食べさせ方教えてあげるからよく見てなさい」

タプリス「はい……」

ラフィ「はい……」

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:04:47.880 ID:C3pfzYgY0.net
ラフィ「ガヴちゃん、あーん」

ガヴ「あーん」モグモグ

タプリス「天真先輩、あーん」

ガヴ「あーん」モグモグ

サターニャ「二人とも上手くなったじゃない」

ガヴ「褒めて遣わす」

タプリス「これから毎日食べさせてあげますからね」

ラフィ「私もたまにやりたいです」

26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:06:32.877 ID:C3pfzYgY0.net
放課後 ガヴの家

ヴィーネ「サターニャ、持ってきたわよ。」

ガヴ「持ってきた? 何を?」

ヴィーネ「サターニャに頼まれてね、ガヴのために服作ってきたのよ」

ガヴ「服?」

ヴィーネ「ガヴが着替えやすいように、チャックとボタンを開け閉めするだけで着替えられるのよ」

ガヴ「ヴィーネは良い悪魔だな」

ヴィーネ「もう! そんなに褒めないでよ」

サターニャ「キッチン周りだけ片付けたから、料理作って!!」

ヴィーネ「カルシウムたっぷりの美味しい料理作ってあげるわね!」

サターニャ「ねぇ、ヴィネット、私にも料理教えてくれる?」

ヴィーネ「いいわよ。まずはサターニャが一人で作ってみて。分からない事があったら教えるわ」

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:08:49.380 ID:C3pfzYgY0.net
サターニャ「出来た!! どうだった、ヴィネット?」

ヴィーネ「んー…………。料理の腕は悪くないんだけど、味付けが独特ね」

サターニャ「そうかしら? 自分じゃ分からないわ」

ヴィーネ「他の人に味見してもらいながら作ってもらった方がいいかも」

ガヴ「私が味見してやるから、明日から好きに作れよ」

ヴィーネ「なら、私が考えたレシピ置いていくわね」

サターニャ「何から何までありがとね」

ヴィーネ「いいのよ。ガヴに早く治ってもらうためだもの。それに……二人の時間を邪魔したくないし」

サターニャ「?」

ガヴ「?」

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:10:32.747 ID:C3pfzYgY0.net


サターニャ「ヴィネットのおかげで楽に着替えができるようになったわね。お風呂入りましょう」

ガヴ「抵抗しても無理やり入れるんだろ。好きにしろ」

サターニャ「そんな事しないわよ。どうしても入りたくないなら入れないわよ」

ガヴ「入れてくれ」

サターニャ「服脱がすわよ」

29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:13:15.592 ID:C3pfzYgY0.net
サターニャ「包帯の所は袋かぶせて縛ったから大丈夫ね。身体洗うわよ」

ガヴ「お手柔らかにな」

サターニャ「よいしょ、よししょ」ゴシゴシ

ガヴ「ふぁあ~。気持ちいい」

サターニャ「そう?」ゴシゴシ

ガヴ「背中もやって」

サターニャ「ひっくり返すわよ」

ガヴ「うんっ!」

サターニャ「洗うわね」ゴシゴシ

ガヴ「ひゃんっ! ひゃんっ! ひゃぁあんっ!」

サターニャ「変な声出してるけど大丈夫?」

ガヴ「大丈夫……もっとやって」ビクビク

サターニャ「よいしょっ!」

ガヴ「ひゃぁああんっ!」

サターニャ「本当に大丈夫?」

ガヴ「らいひょうふ(大丈夫)……もっほやっへ(もっとやって)///」ピクピク

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:15:04.753 ID:C3pfzYgY0.net
サターニャ「次は頭洗うから、浴槽の方に顔出して」

ガヴ「こう?」

サターニャ「そんな感じ。洗うわね」ゴシゴシ

ガヴ「あぁ~。気持ちいい」

サターニャ「そう?」ゴシゴシ

ガヴ「サターニャ、マッサージの才能あるよ」

サターニャ「そう? この前ヴィネットの肩揉んだら普通のリアクションだったわよ」ゴシゴシ

ガヴ「私だからかな。私とサターニャの体の相性がばっちりなんだ」

サターニャ「そうなの?」ゴシゴシ

ガヴ「今日から毎日お風呂入る。っていうかサターニャに一生身体洗ってもらいたい」

サターニャ「一生は嫌よ、骨折が治るまでね」ゴシゴシ

ガヴ「え~ケチ」

サターニャ「ケチじゃないわよ。ほら、水で流すから目つぶって」ゴシゴシ

シャー

ガヴ「お風呂あがったら歯磨いて///」

サターニャ「口の中に水は入るわよ。しゃべらないで」

31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:16:54.461 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「ねぇ、サターニャ。今度もサターニャの歯ブラシで磨いて///」

サターニャ「そんなに好きなら、いつも使ってる歯ブラシ買ってきてあげようか?」

ガヴ「サターニャが使ったのがいいんだ!!」

サターニャ「汚くない?」

ガヴ「汚くない!!!」

サターニャ「ならいいけど」

ガヴ「サターニャは私の歯を磨いたの使って汚くないのか?」

サターニャ「私あんまりそういうの気にしないから分からないわ。魔界でもよく弟の歯ブラシ使ってたし」

ガヴ「サターニャ好きっ♡」

サターニャ「ほら、磨いてあげるから口開けて」

ガヴ「うんっ♡」

32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:19:28.489 ID:C3pfzYgY0.net
サターニャ「前歯の間にネギ挟まってる。自分じゃ取れないから、ちゃんと言わなきゃ駄目よ」シャカシャカシャカ

ガヴ「ふぁい」

サターニャ「今日は前歯を重点的に磨きゃなきゃね」シャカシャカシャカ

ガヴ「はへは(前歯)……(ひもひい)気持ちいい///」

サターニャ「気持ちいいの?」シャカシャカシャカ

ガヴ「おふはほっほひもひ(奥はもっと気持ちいい)///」

サターニャ「綺麗に磨いてあげるからね」シャカシャカシャカ

ガヴ「あっ、あぁ~~///」

サターニャ「はい、次はガヴリールの好きな奥よ」シャカシャカシャカ

ガヴ「おふぅ(奥ぅ)……」

サターニャ「綺麗にしてあげるからね」シャカシャカシャカ

ガヴ「ふぁあ~あ///」

サターニャ「気持ちよさそうな顔するわね。こっちまで気持ち良くなってくるわ」シャカシャカシャカ

ガヴ「あっ~~はっ~~ああっ///」

サターニャ「もうすぐ終わるからね」シャカシャカシャカ

ガヴ「ひ、ひははへぇ~(し、しあわせぇ~)」

サターニャ「はい、お終い。口漱ぐわよ」ヒョイ

グチュグチュペッ

33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:20:55.745 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「綺麗になった。お口の中気持ちいい」

サターニャ「それは良かったわね」

ガヴ「次はマッサージして」

サターニャ「ベットの上でするわね」

ガヴ「抱っこした後にギュってして」

サターニャ「はいはい、今日のガヴリールは甘えん坊ね」ヒョイ ギュウ

ガヴ「サターニャの身体温かくて柔らかくて好き」スリスリ

サターニャ「どういう風にマッサージして欲しいの?」

ガヴ「あのね、サターニャが好きなようにしていいよ」

サターニャ「そう、なら腹ばいにして寝かせるわね」

ガヴ「好きにして」

サターニャ「はいはい」モミモミ

ガヴ「気持ちいい」

サターニャ「良かった。私、マッサージってよく分からないからどうやっていいのか分からないのよ」モミモミ

ガヴ「ふぁあ」

サターニャ「ねぇ、骨折してから不便? 何か困って事はない?」モミモミ

ガヴ「サターニャがいるから全然不便じゃない。むしろ前より幸せかも」

サターニャ「そう?」モミモミ

ガヴ「サターニャに甘えられて幸せぇ~」

サターニャ「私もガヴリールに甘えられて幸せよ」モミモミ

ガヴ「私達両思いだね」

サターニャ「そうね」モミモミ

ガヴ「ふぁあ~あ。なんだか眠くなってきちゃった」

サターニャ「なら寝ましょう。今日もぎゅっってしてあげるからね」モミモミ

34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:22:48.152 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「ギュってして。サターニャのぬくもり感じさせて」

サターニャ「はいはい、寝る前にトイレ行かなくていい?」

ガヴ「いい。したくない」

サターニャ「なら、寝ましょう」ギュ

ガヴ「サターニャ大好きぃ……」ギュ

35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:24:31.462 ID:C3pfzYgY0.net


ガヴ「ん? トイレ行きたくなったな。サターニャ、起きてくれ」

サターニャ「zzz」

ガヴ「サターニャ!! 起きろ!!!」

サターニャ「んにゃむにゃんにゃ……zzz」

ガヴ「嘘だろ!? サターニャ起きてくれ!! サターニャ!! サターニャ!!!!!」

サターニャ「zzz……。ん? なに?」

ガヴ「トイレ行きたいんだ!! 連れていってくれ!!!」

サターニャ「分かったわ……」

ガヴ「早くしてくれ!! 漏れそうなんだ!!」

サターニャ「よいしょ、よいしょ」フラフラ

ガヴ「着いたな、ズボンとパンツを脱がせてくれ」

サターニャ「分かってるわよぉ……」スルスル

ガヴ「よし、出すから外に出てくれ」

サターニャ「zzz……」

ガヴ「サターニャ、起きろよ!!」

サターニャ「zzz……」

ガヴ「出る……出ちゃうぅ……」

サターニャ「私がいるから安心して出しなさい……zzz」

ガヴ「うぅ」ジョロジョロジョロ

サターニャ「…………」

ガヴ「うぅ~う」ジョロジョロジョロ

サターニャ「出し終わった? ……zzz」

36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:26:37.059 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「サターニャに見られながら出すなんて最悪だ……。もうお嫁に行けない」ポロポロ

サターニャ「私がずっと付いててあげるわよ……zzz」

ガヴ「起きろ!! 私の股を拭け!!」

サターニャ「はっ! 分かったわ」フキフキ

ガヴ「サターニャ、見てたか?」

サターニャ「え? 何を?」

ガヴ「見てないならいいんだ」

サターニャ「……。ごめんなさい、おしっこ出してる途中で目が覚めたんだけど、出るに出れなくて……」

ガヴ「……………………。いいよ別に。サターニャには恩があるし、おしっこ見られるくらい/// あと、ずっと一緒にいてあげるって言ってのって本当?」

サターニャ「答えたくないわ///」

38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:28:30.864 ID:C3pfzYgY0.net
土曜日

サターニャ「嘘!? 最近買い替えたばっかりなのよっ!」

ガヴ「大声出してどうかした? 服に私のおしっこでも付いてたか?」

サターニャ「だから悪かったって言ってるでしょ!! ……ねぇ、ガヴリール。これから私ちょっと買い物行ってくるから待っててくれる?」

ガヴ「トイレ以外はずっと一緒にいるって約束だろ。どこに行くんだよ」

サターニャ「ちょっとね」

ガヴ「ちょっとってどこだよ」

サターニャ「あの……デパートとか」

ガヴ「何買うんだ?」

サターニャ「……下着」

ガヴ「?」

サターニャ「ブラジャーがきつくなったのよっ!!」

ガヴ「私への嫌味か!!」

サターニャ「だから誤魔化そうとしたのに……。付いて来るの?」

ガヴ「同然だろ」

40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:30:54.616 ID:C3pfzYgY0.net
デパート

サターニャ「ガヴリールは下着売り場の前で待っててね」

ガヴ「私は可愛いんだぞ!!ナンパでもされたらどうするんだよ!!」

サターニャ「分かったわよ!! おんぶして中に連れてってあげる!」

41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:33:06.189 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「サターニャ、これなんて良いんじゃないか?」

サターニャ「小さいわ。サイズは自分で選ぶからガヴリールは口出さないでよ」

ガヴ「私への嫌味か!!」

サターニャ「大きくなったものはしょうがないでしょ!!! 成長期なのよ!!」

ガヴ「だったらこれ買え!!!」

サターニャ「こんな下着嫌よ!! 私はね、自分の髪と同じ色の赤が好きなの!! 赤色の下着買わせなさいよ!!」

43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:34:42.215 ID:C3pfzYgY0.net
サターニャ「サイズ合うか着て確かめてくるから、試着室の前で待っててね」

ガヴ「どうしても一緒に入れないのか?」

サターニャ「狭いから無理よ。ちょっとだけ待っててね」

ガヴ「早く出てこいよ」

サターニャ「分かってるわよ、待っててね」

44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:36:43.424 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「サターニャ、まだ?」

サターニャ『今、出るわ』

ガヴ「早くしてくれ、お尻痛い」

サターニャ「終わったわ。お金払って家に帰りましょう」

ガヴ「帰りにクレープ食べないか?」

サターニャ「いいわね、それ。食べさせてあげる」

46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:39:32.659 ID:C3pfzYgY0.net
サターニャ「どれ食べたい?」

ガヴ「サターニャと同じやつ」

サターニャ「なら、チョコバナナクレープね」

ガヴ「それでいい」

サターニャ「チョコバナナクレープ二つ下さい!」

ガヴ「一つでいいぞ」

サターニャ「すいません! 一つでいいです」

ガヴ「……」

サターニャ「……」

ガヴ「……」

サターニャ「え!? 一つ?」

店員「はい、チョコバナナクレープです。どうぞ」

サターニャ「一つしかないわよ!! どうやって食べるのよ!?」

ガヴ「同じもの食べるのにどうして二つも食べるんだ?」

サターニャ「それもそうだけど……」

48 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:40:37.165 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「食べさせてくれ」

サターニャ「はい、あーん」

ガヴ「あーん」モグモグ

サターニャ「美味しい?」

ガヴ「美味しい。サターニャも食べろよ」

サターニャ「あんっ!」モグモグ

ガヴ「美味しいだろ」

サターニャ「美味しいわっ! 今度家で作ってあげるわね」

ガヴ「クレープって家で作れるのか?」

サターニャ「出来るわよ。実家が洋菓子店だから、お菓子は良く作ってたのよ」

ガヴ「絶対だからな!! 約束破るなよ!!」

サターニャ「分かってるわよ。ほら、クレープ食べるわよ」

ガヴ「あーん」もぐもぐ

49 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:43:30.138 ID:C3pfzYgY0.net
翌日

サターニャ「クレープ出来たわよ! 」

ガヴ「あむっ!」モグモグ

サターニャ「どう?」

ガヴ「美味しいなぁ! 昨日食べたクレープより美味しい!!」モグモグ

サターニャ「でしょ! また作ってあげるからね」

ガヴ「美味しかったっ!!」

サターニャ「もう食べたの!? 早っ!!」

ガヴ「なあ、サターニャって弟いただろ。写真とか持ってるか?」

サターニャ「携帯の待ち受けにしてあるから見なさい」

ガヴ「生意気そうな顔だな。でもサターニャに似てちょっと可愛いかも」

サターニャ「でしょ。自慢の弟なのよ」

ガヴ「私にも妹がいるんだ。財布に写真が入ってるから見ていいぞ」

サターニャ「どれどれ……。可愛い妹じゃない。でもあんまり似てないわね」

ガヴ「私達三姉妹、性格も見た目もあんまり似てないんだよ」

サターニャ「他の写真はないの?」

ガヴ「そこの押し入れに入ってるから勝手に見ていいぞ」

サターニャ「今度、弟のアルバム持ってきてあげるからね」

ガヴ「なぁ、サターニャの弟ってどんな奴なんだ?」

サターニャ「見た目の通り生意気な性格よ。でもしっかり者でとっても頼りになるの」

ガヴ「へぇ~」

51 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:44:44.748 ID:C3pfzYgY0.net
サターニャ「昔は良かったわ。仲良しでいつも一緒にいたのよ」

ガヴ「今は違うのか」

サターニャ「ええ。話しかけてもそっけない態度取るし、抱き着いたら振り払おうとするのよ」

ガヴ「それは辛いな」

サターニャ「隣に座ったら少し離れるし、お風呂の時間被っても一緒に入ってくれないし、トイレが被っても一緒に入ってくれないし、一緒に寝てもくれないわ」

ガヴ「トイレ? トイレは一緒に入れないだろ」

サターニャ「入れるわよ。男の人は立ってするから。」

ガヴ「あ~そうだったな」

サターニャ「時々、弟のおしっこが掛かったりしたのもいい思い出だわ」

ガヴ「へ、へぇ~(姉弟ってみんなこうなのか? 私達は全員女だから良く分からないな)」

サターニャ「そうそう。ねぇ、ガヴリール、男の人はおしっこした後に拭かないって知ってた?」

ガヴ「どうしてだ? 拭かないと、おしっこがパンツに付くだろ」

サターニャ「男の人はね、拭かずに振るのよ。振っておしっこを切るの」

ガヴ「それは良いな。トイレットペーパー代が少し浮くぞ」

サターニャ「昔は何でも教えてくれたのに……。今は何も教えてくれなくなっちゃった」

ガヴ「年頃なんだよ。何年かすれば昔みたいに仲良くなれるって」

サターニャ「分かってるんだけどね。一人で部屋に鍵かけて閉じこもったり、部屋に勝手に入って怒られるなんて昔はなかったのに……ちょっと寂しい」

ガヴ「そうか、ハニエルはまだ小さいからそういうのないな」

サターニャ「この前、魔界に帰った時なんて、弟の部屋のごみ箱の中身捨てようとしただけで物凄く怒られたのよ。もう、あの子が何考えてるか良く分からないわ」

ガヴ「だから、年頃なんだよ。私も妹だからなんとなくわかる」

サターニャ「でもね、机の上を見たら私の写真の入った写真立てが置いてあったのよ」

ガヴ「それって……」

サターニャ「口では色々言ってても、心の底から私の事疎ましく思っていなかったって分かったわ。これでもっと好きになっちゃったっ!!」

ガヴ「そうだろ。姉弟なんてそんなもんなんだよ。疎ましがってるように見えても本当は仲良くしたいんだ」

53 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:46:43.926 ID:C3pfzYgY0.net
サターニャ「実はね、地上に来るちょっと前に弟が利き腕捻挫して使えなくなった時期があったのよ。その時も今と同じようにお世話してたの」

ガヴ「だからあーんとか慣れてたのか」

サターニャ「生意気なあいつが素直になった時があってね。あの時可愛かったわぁ~」

ガヴ「へぇ~」

サターニャ「だから私も、あーんするのが最初から上手かった訳じゃないのよ」

ガヴ「なぁ、今の私は、その時のサターニャの弟と同じ状況って事なんだよな」

サターニャ「ええそうよ。弟はここまで酷くなかったけどね」

ガヴ「だったら、サタニキアお姉ちゃんとか呼んでも……いいか///」

サターニャ「んっ!? どうして?」

ガヴ「私の姉さんは厳しかったからさ、ずっと優しいお姉ちゃんが欲しかったんだ」

サターニャ「いいわよ、お姉ちゃんって呼びなさいっ!!」

55 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:48:29.859 ID:C3pfzYgY0.net
ガヴ「お姉ちゃん」

サターニャ「なに、ガヴリールっ!」

ガヴ「膝枕して」

サターニャ「はい、いいわよっ!」

ガヴ「抱っこして!」

サターニャ「ガヴリールは甘えん坊ねっ!!」

ガヴ「ベットに寝かせてギュってして」

サターニャ「はい、ギュー」ギュウ

ガヴ「お姉ちゃん、もう眠くなっちゃった」

サターニャ「なら、子守唄歌いながら寝かせてあげるわねっ!!」

ガヴ「お姉ちゃん好きっ!!」

サターニャ「ねんねんころりよ おころりよガヴリールは悪い子だ ねんねしな♪♪」

ガヴ「ねぇ、お姉ちゃん」

サターニャ「なに?」

ガヴ「もうやめにしないか」

サターニャ「それがいいわね」

ガヴ「死ぬほど恥ずかしいし、次姉さんにどんな顔して会ったらいいか分からなくなる」

サターニャ「私もよ。多分、今、こんな事弟にしたら嫌われるわ」

ガヴ「サターニャ、おやすみ」

サターニャ「おやすみなさい、私はクレープ作った後片付けしてくるわ」

58 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:55:43.985 ID:C3pfzYgY0.net
数週間後

ガヴ「サターニャ、ここ数週間自由に動けなくて気付いた事がある」

サターニャ「なに?」

ガヴ「自由に動けないのってストレスが溜まるんだ」

サターニャ「そうでしょうね。何するのにも私呼ばなきゃいけないし」

ガヴ「(本当はサターニャに頼ってるから全くストレスなんて溜まってないんだけどな)だから、私を甘やかしてくれっ!!」

サターニャ「甘やかすって……どうすればいいの?」

ガヴ「サターニャが私に好き好きオーラを出して、抱きしめてくれればいい」

サターニャ「よく分からないけど、取りあえずやってみるわ」

ガヴ「よし、来いっ!!」

サターニャ「ガヴリールはなんて可愛いのかしらっ!! 好き好きっ!!!!!♡♡♡♡♡♡」ギュウ

ガヴ「私もサターニャ好き」スリスリ

サターニャ「天界一可愛いわっ!!!!!♡♡♡♡♡♡♡♡ こんな子のお世話が出来て幸せっ!!!♡♡♡♡♡♡」スリスリ

ガヴ「私も魔界一可愛いサターニャにお世話されて幸せぇ」スリスリ

サターニャ「ずっと一緒よっ!! もう離さないっ!!!!!!!!!♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡」スリスリ

ガヴ「私も離したくないー」スリスリ

59 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:59:52.588 ID:C3pfzYgY0.net
サターニャ「おっぱい飲ませてあげるわねっ!!!♡♡♡♡♡♡」バサ

ガヴ「私もサターニャのおっ……。やめろ!! 私はそこまで求めてない!!」

サターニャ「飲まないの?」

ガヴ「出ないし、出たとしても飲まん!!」

サターニャ「美味しいのに……」

ガヴ「だから、出ないだろ!! 抱きしめたり頬ずりしたりするだけでいいんだよ」

サターニャ「キスは?」

ガヴ「キスは……舌を入れないなら」

サターニャ「ガヴリールはなんて可愛いのかしらっ!!!♡♡♡♡♡♡ キスしちゃお!!!!!!♡♡♡♡♡♡♡♡♡」

ガヴ「ちゅちゅ!」

サターニャ「ちゅー」

ガヴ「ちゅー!!」

サターニャ「んー」

ガヴ「んー」

サターニャ「ガヴリール大好きっ!!♡♡♡♡♡♡」

ガヴ「私もサターニャ好きっ!!」

61 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:02:29.087 ID:C3pfzYgY0.net
数ヶ月後

ガヴ「サターニャ、明日ギプスが取れるらしいんだ」

サターニャ「良かったじゃない!! これでやっと自由に暮らせるわね」

ガヴ「いや、たしかに自由になれるけど……」

サターニャ「もしかして、また骨折してお世話してもらおうと思ってる? 骨折ろうが、捻挫しようがもうお世話してあげないからね」

ガヴ「えー」

サターニャ「当然でしょ。怪我なんてしない方が良いのよ。その変わり、骨折しなかったら週に一度お世話しに来てあげる」

ガヴ「週一だけ?」

サターニャ「いいじゃないの。ガヴリールのバイトのシフトと同じでしょ」

ガヴ「なら、シフト週七に増やす」

サターニャ「無理しちゃ駄目よ」

ガヴ「……なぁ、サターニャってお世話する奴じゃなかっただろ。もっとこう、偉そうにして、動けない天使がいたら酷い事とかするはずだ。でも、一度もそんな事はしなかった。どうしてだ?」

サターニャ「確かにガヴリールは私のライバルだけど、元気な時に勝負しなきゃ意味がないわ。それに、ヴィネットじゃないけど、お世話するのって楽しかったのよ」

ガヴ「なぁ、ギプスが取れて、普段通りの生活が出来るようになっても一緒に……」

サターニャ「一緒に?」

ガヴ「いや、一緒に妹や弟の事を話さないか。サターニャの弟にも会いたいし……」

サターニャ「いいわね! でも、会わせてもいいけど、惚れたら駄目よぉ~」

ガヴ「分かってるよっ!///」

62 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:05:41.230 ID:C3pfzYgY0.net
翌日

ヴィーネ「ギプス取れたの?」

ラフィ「良かったですね」

ガヴ「でも、リハビリはしてないから、まだ自由に立てないし、腕もあんまり使えないんだ。」

サターニャ「私に支えられながらゆっくり立てるくらいよ」

ラフィ「リハビリ頑張ってくださいね」

ヴィーネ「何か手伝える事があったら言って何でもするわ」

タプリス「私も手伝います!!」

67 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:08:36.030 ID:C3pfzYgY0.net
数ヶ月後 学校

サターニャ「大分、良くなったじゃない。これなら私がいなくても大丈夫ね。」

ガヴ「そう……だな」

サターニャ「ん? どうかしたの?」

ガヴ「いや、何でもない。それより早く帰ろう! 今日はサターニャにお礼をしたいんだっ!」

サターニャ「もう! 階段走らないのっ 危な……」

ガヴ「うわぁ!!」

サターニャ「ガヴリール危ない!!」ギュウ

ドスンドスンドスドスン

サターニャ「痛い……」

ガヴ「サターニャ大丈夫か!?」

サターニャ「今度は受け止めてあげられたわね」

ガヴ「私が無茶したばっかりに、サターニャが……」

サターニャ「気にしないの。それよりガヴリールは大丈夫? どこも痛くない?」

ガヴ「痛くないっ。サターニャが守ってくれたから大丈夫だ」

サターニャ「良かった。」

ガヴ「ほら、今度は私が手引っ張るから掴まれ」

サターニャ「ええ、ありが……痛い!」

ガヴ「大丈夫か!!?」

サターニャ「痛い……。とりあえず病院行ってくるわ」

ガヴ「私も一緒に行く!!!」

サターニャ「悪いわね」

72 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:14:43.449 ID:C3pfzYgY0.net
病院

ガヴ「サターニャ、どうだった!?」

サターニャ「肩の脱臼だって。治るのに二か月くらいかかるらしいわ」

ガヴ「今度は私がお世話する番だな」

サターニャ「でも脱臼したのは利き手じゃない方だし……お願いするわね」

ガヴ「なぁ……今言う事じゃないと思うんだが、これから一緒に暮らさないか」

サターニャ「当然でしょ。私のお世話をするんだから、一緒に住まなきゃ出来ないじゃない」

ガヴ「そういう意味じゃなくて!! 治ってもだよ! 私はサターニャと暮らしてる内にその…………好きになったんだ///  だから……」

サターニャ「ガヴリール……。いいわよっ! ただし」

ガヴ「ただし?」

サターニャ「たまに私の事、お姉ちゃんって呼んでくれるかしら……」

ガヴ「分かったよ、サタニキアお姉ちゃんっ!」

サターニャ「こんな所で呼ばないでよぉ」ニタニタ

ガヴ「これからずっとお姉ちゃんと一緒に暮らせるんだねっ!」

サターニャ「当然よ! 姉弟はね、ずっと一緒にいなきゃならないの!!」

ガヴ「お姉ちゃん大好きっ!」ギュウ

サターニャ「私もガヴリール大好きっ!」ギュウ


74 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:22:36.174 ID:qScbH8Dnd.net
乙!
お世話されるガヴもお世話するサターニャも可愛いな



元スレ: 【ガヴドロ】ガヴ「四肢全部骨折した」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1497698897/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18716-63de472f