ヘッドライン

【モバマス】プロレスごっこ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497606030/

2 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:41:03.23 ID:owrHDoo50

「かっはぁ…!」

鈍い音がリング上にこだまする。

中野有香の放った拳が、見事プロデューサーのみぞおちへと入った。

「うがっあはぁ…!」

たまらずプロデューサーはその場に膝から落ちる。

『プロデューサーダウーーン!!有香選手のパンチは一発でプロデューサーをアウトにするのか!?』

実況席の姫川友紀の声が会場内にやかましく響き、そしてそれに呼応するように観客席からは声援がリングに向かって飛ぶ。

「これっくらいで…アウトになんかなるかよ…!」

よろよろとプロデューサーは立ち上がった。その息はまだ荒々しい。

「OK?」

「もちろん…!」

レフェリーの木村夏樹に意思表示。

大丈夫だ、まだ受ける。

「流石です…私の拳をモロに受けて立ち上がった人間はそうそういません。」

「あいにく、タフさだけがとりえなんでねぇ…!」

「…ファイ!」

『さぁー試合再開だー!』

有香は、次の一撃のためにまた拳を構える。

「次で終わらせる…!」

「何回だろうと受けきってやるよ…!」

セコンドにちらりと目をやると、凛がタオルを用意していた。

プロデューサーは「そんなもの必要ない」と、手をひらひらと振りジェスチャーする。

「――ッ!」

その一瞬の隙をつき、有香が右のストレートをプロデューサーに向かって放った。


3 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:41:41.39 ID:owrHDoo50

・・・
・・


話は、数日前にさかのぼる。

きっかけは、事務所でアイドルたちの女性用下着の盗難事件が多発したこと。

「俺じゃねえ!俺は悪くねえ!俺は悪くねえ!」

そして、無実のプロデューサーが犯人としてやり玉に上げられることとなった。

「盗んでないのに…無実の罪で疑われるのがこんなにも苦しいとは…!」

「大丈夫ですよ、私はプロデューサーさんが犯人じゃないって信じてますから。」

「…ちひろさん…ありがとうございます!」

しかし、少数のアイドルは別として、千川ちひろは彼が犯人でないと信じていた。

それもそのはず、犯人は彼女だからである。

彼女は女性用下着をバレないようにアイドルたちから盗み出し、一カ所に集め、そして自分が発信源だとバレないように「プロデューサーが盗んだのでは?」という噂を流した。

「でも…一度失った信用は簡単には戻りませんよ」

どうしてそんなことを彼女はしたのか?

「そうなんですよね…」

すべては。

「ところでプロデューサーさん」

「何ですか?」

「『プロレスごっこ』って知ってます?」

プロデューサーをプロレスごっこの舞台に引きずり込むため。


4 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:43:02.58 ID:owrHDoo50

プロレスごっこ。

この言葉を聞き、卑猥な意味を思い浮かべるものも多いだろう。

しかし、ちひろの場合はそうではない。

血みどろの決闘、それがプロレスごっこである。

本来のプロレスには様々なルール決めがあるが、『ごっこ』と名のつくこれにはない。

ルールはたった三つのみ。

『武器は使うな』『一対一で戦え』

『一度始まるとどちらかが戦闘不能ないし、負けを認めるまで勝負は終わらない。』

それが―――プロレスごっこ。


5 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:44:06.30 ID:owrHDoo50

「今度、プレイベントを行うことになったんですよ」

真っ赤な嘘である。

ちひろは数年前から、秘密裏に建設した事務所の地下闘技場で『プロレスごっこ』による賭博を運営していた。

だがしかし、顧客らはマンネリ化を感じ、業績がかつてのようには行かなくなっていた。

そこで、これまでのような業界内の負債者だけでなく、事務所内のアイドルもプロレスごっこに参戦させることにした。

しかし、アイドル同士の殴り合いは受けるかもしれないが後に響く。

ならば、決闘ではなく一方的な暴力を観客に届けるとしよう。

決闘を心の底から臨んでいる客には申し訳ないが、血を見たいという理由だけでプロレスごっこを観戦しに来る奴らが今回はターゲットだ。

だから、プロデューサーという絶対に反撃しないサンドバッグを相手役として用意することにした。

「これに出場して、その場で身の潔白を証明しましょう!」

なかなかにアホな作戦である。

常人なら、どうやってプロレスごっこで誤解を解けというのか、至極当然の疑問を持つだろう。

「わかりました…それで誤解が解けるなら!」

しかし、プロデューサーは了承した。

彼はここまでに冤罪のせいで心が疲弊しきっており、正常な判断を下すことが難しくなっていたのだ。

また、それ以外の理由もあるが。

わらにもすがる―――まさしく、その言葉通りに彼は出場を了承した。


6 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:45:19.51 ID:owrHDoo50

そして翌日。

「プロデューサー、格闘技の大会かなにかに出るんだよね、そこで下着を盗んだ懺悔をするとか」

「いや、懺悔じゃない、潔白の証明のためだ」

「…そんなことしなくても、私はプロデューサーが犯人じゃないって信じてるよ」

「凛…?」

「プロデューサーは泥棒なんかしない。断言できる」

「…ありがとう!ありがとう!」

「ちょ、泣くことないじゃん!」

渋谷凛は、プロデューサーが下着泥棒ではないと信じていた。

それもそのはず、彼女だけ下着を盗まれていないのである。

下は9歳から上は31歳までのパンツが、AAカップからKカップまでのブラが、すべからく盗まれた。

ただ、渋谷凛のものを除いて。

同じユニットである神谷奈緒と北条加蓮が下着がない、下着がないと焦っている中、自分のものだけは洗濯され、綺麗にたたんでロッカーに返却されていた。

ご丁寧に『なんかちがった』という小馬鹿にしたようなメモも挟んであった。

彼女は信じたくなかった。

「なぜ私の下着はプロデューサーに盗まれていない?」

彼女にとってはひどく辱的なことだった。

佐久間まゆや五十嵐響子、アナスタシア、城ヶ崎美嘉らはプロデューサーに下着が盗まれたことで少し悦んでもいる。

「私は彼女らと違ってプロデューサーの性の対象外なの?」

彼女は信じたくなかった。

だからこそ、プロデューサーが下着泥棒ではないと信じた。

しかしそれもまた。

「だったら凛ちゃん」

「ちひろさん?何?」

「プロデューサーのセコンドになりませんか?」

ちひろの手の上のこと。


7 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:45:46.72 ID:owrHDoo50

セコンド。

格闘技試合における、選手の介添人のことである。

試合時に出場選手に付き添い、試合中のインターバルの時に選手に作戦を授けたり、汗を拭いたり、傷の手当てなどをすることが主な役目(Wikiより)。

また、選手が危険だと判断した際にタオルを投げ入れ、試合を中断させる権限も持つ。

ちひろはこの役目を凛にやらせることにした。

セコンドがプロデューサーを下着泥棒と疑っている者は、この試合中断の権限を使わない恐れがある。

それは困る。

『商品』は長く使えるように大切に扱わなければならない。

セコンドはせめてプロデューサーを下着泥棒と思ってない人間にしないといけない。

だから罠にかかりやすい、操りやすい凛の下着のみを盗まず、セコンドに仕立て上げることにした。

「セコンド…」

「少しの間ですけど、プロデューサーさんといっしょにもなれますよ」

プロデューサーには聞こえないように、凛の耳元で悪魔の囁きを。

これでよし。

「…やる。私、プロデューサーのセコンドになるよ」

「凛…!ありがとう!本当に本当に…ありがとう!」

これでサンドバッグは用意できた。

次は殴る役だ。


8 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:46:12.96 ID:owrHDoo50

「え…私が?」

殴り役には、中野有香を選択した。

木場真奈美でもよかったのだが、それではプロデューサーの体が持つかどうか怪しい。

それに、真奈美は操りにくい。

なら、正義感が強く、戦闘力があり、なおかつ操りやすい中野有香にしよう。

なに、彼女の中にある気高き正義の心をちょいと揺さぶれば簡単に頭を縦に振るだろう。

それに今回は彼女だけでなく、事務所のアイドルのほとんどが被害者だ。

他人のためという大義名分があれば、彼女は自分だけのためよりも簡単に拳をふるう。

「プロデューサーを、ちゃんとした人に戻せるのは有香ちゃんだけかもしれないんですよ」

「…!」

それに、プロデューサーも使えばもう勝ち戦だ。

「…わかりました。みんなの、プロデューサーのために、私は拳を使います」

これでよし。

これでいい。


9 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:46:48.72 ID:owrHDoo50

あとは審判と実況だ。

あくまで『CGプロのイベント』という体を装う上では、両方ともCGプロのアイドルの方がいいだろう。

審判には木村夏樹がいい。

決して私情を差し込まず、中立の立場を保ってくれるだろう。

それに、彼女は新しい録音機材がほしいと零していた。

少し高めの報酬で釣れそうだ。

実況は姫川友紀が適任か。

『吐いて汚れた下着を処分してくれて助かったよ~!』

偶然だが、彼女はプロデューサーに感謝している。

それに、騒ぐのが好きで、野球実況の仕事も何度かこなしたことのある彼女ならきっと場も盛り上げてくれる。

役者はそろった。

宣伝はせずとも、血に飢えた客(バカ)どもは必ず来る。

じゃあ後は、盗んだ下着を売りに出すルートを確保しようか。

・・・
・・



10 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:47:15.20 ID:owrHDoo50


・・
・・・

観客席にはCGプロアイドルたちと、かねてよりの常連客合わせて500人ほど。

その500人が、モロにプロデューサーの鼻がつぶれる様を目撃した。

『決まったァーーー!!有香選手渾身の右ストレートが!プロデューサーの顔面にストラーーイク!!』

左足をしっかりと踏み混んで繰り出された有香の拳は、プロデューサーの鼻をとらえた。

「っっづう!」

たまらず鼻をおさえる。

「――っふ!」

そこを見逃さず、踏み出した左足を軸にして、後ろ回し蹴り。

「ぐうぇおっ!」

がら空きになったプロデューサーの脇腹へ、有香のかかとが刺さり、そしてロープまで蹴り飛ばす。

『流れるようなダブルプレー!格闘乙女の名は伊達じゃなーい!!』

友紀の実況はこれを本気の決闘だと思い込んでいるためかノリノリだ。

それに乗せられ観客のボルテージも上がり、割れんばかりの完成と雄叫びが会場を飲み込む。

ちなみにこういうことが苦手なアイドル達と、年少組ははもうすでに帰った。

『倒れてしまったぞプロデューサー!ここで終わりかー!?』

プロデューサーはロープに跳ね返され、そのままうつ伏せになり、ピクリとも動かなくなった。

「…プロデューサーさん、これに懲りたら罪を償ってください。」

有香は踵を返し、自分が入場したコーナーへと戻ろうとする。


―――その数瞬後、客席からの歓声が消えた。

静寂。

『…あ、あぁっと!立ち上がる!プロデューサーはまだ負けていなーーい!』

それを打ち破ったのは友紀の実況音声と。

「まだだぁっ!!」

プロデューサーの雄叫び。


11 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:47:47.80 ID:owrHDoo50

「!?」

「…はっ、はぁ、はぁぁ…!」

友香が振り向くとそこには、息を荒らし、鼻血を垂れ流し、脇腹を押さえながらも厳然として立つプロデューサーの姿があった。

「OK?」

「応…!」

戸惑う夏樹に戦闘継続の意思を表示。

「な、なんで…?」

「まっだ…3発しか受けてないからなぁ…!足りねえだろ…!」

プロデューサーの声は歓声にかき消され観客席と、実況席には届かなかった。

声が届いたのは凛、夏樹、有香の三人のみ。


12 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:48:18.92 ID:owrHDoo50

思えば、不審なことだ。

なぜプロデューサーは、有香の攻撃を避けも躱しも防ぎもしない?

なぜそのままただ殴られているだけなのか?

それに、「足りない」とは。

『いや、懺悔じゃない、潔白の証明のためだ』――あのときのプロデューサーの言葉から、凛は結論を出していた。

「プロデューサー…まさか…!」

プロデューサーは、身の潔白の証明のために、無抵抗で殴られることを選択したのではないか?

それが凛の結論。

凛はこの答えに辿りつき、そして、右手に掲げたタオルを下げた。

こんなのはただのプロデューサーの自己満足で、潔白が証明出来るとは思えない。

そもそもプロレスごっこでどうやって身の潔白を証明しろというのだ。

極めつけのアホじゃないか。

でもこれが、プロデューサーの選択なら…。

そう思うと凛は、このアホの骨頂のような選択でも、バカに出来なかった。

ここまでに、プロデューサーが受けた言われもない冤罪のせいで少しおかしくなっていたことは知っている。

もしかしたら、これ以外に方法が採れなかったのかもしれない。

だったら、私はプロデューサーの意志を尊重するだけだ。

この戦い、いや、証明を最後まで見届ける。

それが私に出来る、セコンドとしての最大の役目だ。

凛はタオルを握りしめ、何も言わず、ただプロデューサーの方をまっすぐと見た。


13 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:48:46.33 ID:owrHDoo50

・・・

リング上の夏樹はいまだに何がなにやら分からぬまま。

ただ夏樹は「何でこんなコトしてるんだろう」と審判を受け入れたことを少し後悔していた。

何が狂えばこれで身の潔白なり罪を償いなりができるのだろうか。

元々、夏樹はプロデューサーのことを疑ってはいなかった。

一連の事件には誰かの意図が絡んでいるような、ふわっとした違和感を夏樹は感じ取っていた。

そもそも自分が主審を引き受けたのはやけにバイト代がいいからで。

新しい録音機材がほしいときに、ちひろさんが示し合わせたようにこの話を持ってきたから「ラッキー」ぐらいにしか思わず引き受けただけで。

こんなことになるとは一切想定していなかった。

凛は何で泣いてるの?

プロデューサーはさっさと病院に行った方がよくないか?

足りないってなんだよもう十分だよ。

様々な思考が夏樹の頭を巡る。

しかし、一度引き受けた仕事は最後までやり通さなければという思いもある。

なら自分は最後まで、中立な立場でこの試合の審判をやり通すまでだ。

終わるまで、審判やってやるよ。


14 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:49:13.68 ID:owrHDoo50

・・・

中野有香は困惑していた。

あれほどの攻撃を受けながらも、いまだに倒れず。

あまつさえ「足りない」とまで言った。

「足りない」とは?

何が「足りない」?どうして「足りない」?

まさか、「罪を認めさせるにはまだ足りない」ということか?

ならプロデューサーさんが罪を認めるまで、私は攻撃をするだけだ。

悪魔の言うことに踊らされた格闘少女は、頭からプロデューサーのことを色欲魔の窃盗犯と思い込んでしまっている。

それを前提とした思考しか今は出来ない。

しかし、彼女はそれに気づいていない。

彼女の思考は、ただプロデューサーを善人に戻すことだけに支配されていた。

私が引きずり上げ出さなければ。

あの優しくて、面白くて、真面目なプロデューサーに戻ってもらうんだ。

正直、もう攻撃したくない。

プロデューサーを殴る度に、心が締め付けられて苦しい。

でもこれで、罪を認めて、これから償ってくれるなら。

いくらでも私は苦しんでやる。

だからプロデューサーさん。

「―――行きますッ!!」

この後は、まず私に謝らせてください。


15 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:49:40.15 ID:owrHDoo50

・・・

中野有香の猛攻をものともせず、プロデューサーは立ち続けた。

観客は、プロデューサーが立ち上がる度に声のボリュームを上げ、ボルテージは最高潮に。

しかしその中で、観客席に座るアイドルの一人、財前時子だけは冷め切った目をリングに向けていた。

凛はプロデューサーが「潔白を証明するためにノーガードで殴られ続けることを選択した」という答えにたどり着いた。

しかし、これでは正解とは言えない。

おそらくこの場で、正解にたどり着いたのは時子のみ。

時子は、プロデューサーに対して苦手意識を持っている。

それは何故か?理由はプロデューサーの性癖にある。

ちひろでさえも知らないプロデューサーの性癖。

プロデューサーは―――類い希なるドMなのだ。


16 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:50:07.27 ID:owrHDoo50

しかも、ただのドMではない。

精神的な暴力を嫌い、肉体的な暴力をこの上なく好む、ドM界の異端児。

暴言を嫌がり、暴力を嬉々として受けるフィジカルドM。

時子は彼のことを「注文の多いドM」と呼ぶ。

精神的な暴力を軸とした調教を得意とする時子が初めて調教を諦めた男、それがプロデューサー。

プロデューサーがリングに上がった理由。

それは、彼が嫌う冤罪という精神的な苦痛をなくすため。

そのために身の潔白をこの場で証明するため。

ここまでは、凛もたどり着いた。

しかしその先の、「大衆の面前で合法的に暴力を受けるため」ということには気がつけたのは、時子のみ。

「…興ざめね」

自分が調教できない男が悦ぶ様なんか、これ以上目に入れたくなんかない。

時子は観客席を後にした。


17 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:50:35.50 ID:owrHDoo50

・・・

どうして?どうしてまだ立ち上がれるの?

「っく!」

左のアッパーカット。

「がぼっくぁ!」

これもダイレクトに入った。

「まだまだぁ!」

しかし、プロデューサーは間髪入れずに立ち上がる。

「――っ!」

たまらず有香は後ろへ下がり、プロデューサーと距離をとる。

どうしてプロデューサーさんはまだ立ち上がれるの?どうしてプロデューサーさんは躱さないの?どうしてプロデューサーさんは攻撃してこないの?

試合時間が経つにつれ、彼女の中で疑問がふくれあがる。

「終わりじゃねぇだろ…!」

「っ!」

そんな思考をしている間にも、プロデューサーはじりじりと歩み寄ってきている。

また少し距離をとるため後ろへステップ。

『有香選手またもバック!プロデューサーの気迫に押されたかー!?』

実況も観客も、プロデューサーの方を応援しだしている。


18 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:51:14.73 ID:owrHDoo50

「なんでっ…まだ…!」

まだ立てる?

素人目に見ても、もう限界を超えていることは分かるはずだ。

逆転は望み薄、戦闘不能からの敗北が濃厚で。

きっとこのまま、何も出来ずに下着泥棒というレッテルを貼り付けられたまま。

事実はそれだ。

私なんかよりもプロデューサーは実感しているはず。

でも、言っている、プロデューサーさんの何かを欲するような、何かを渇望するような目が。

疑いようもなく叫んでいる。

風評なんか知るか。

事実に打ちのめされることと、諦めるのは違うことだと。

そう、有香には見えた。

実際は「痛くて気持ちいい」と言っているが、有香はそこまで至ることが出来なかった

そもそも有香はいまだに性知識に疎く、このレベルの性癖を理解することなど出来ないだろう。

骨折しながらもいまだに物足りないプロデューサーのまっすぐな目が、有香の視線を捉えた。

「もっと寄越せ」と、その目は訴える。

有香は自らを恥じた。

ここまで何かのためにまっすぐな目を向けることが出来る人間が、色欲魔なわけないと思い始めたのだ。

わかっていたはずだ、どうして疑った。

プロデューサーさんが、下着を盗むわけない。

だってプロデューサーさんは、優しくて、面白くて、真面目で、私をここまで導いてくれた人だから。

だから、プロデューサーさんは色欲魔なんかじゃない。―――有香は自分の持っていたプロデューサーへの疑いを払拭する。

しかし悲しいかな、現実は非情に。

今目の前にいる男の渇望の目は、「もっと責めてくれよォ!」と叫んでいる色欲魔の絶叫そのものといっても差し支えないものなのである。

有香がそこまで知ることは出来なかった。


19 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:51:41.44 ID:owrHDoo50

「…分かりました」

有香はプロデューサーにまっすぐ向き、姿勢を落とした。

『…こ、これは――』

実況の友紀が全てを言わずとも、観客とレフェリー、セコンド、そしてプロデューサーは有香のとった行動を理解した。

土下座。

会場は、初めてプロデューサーが起き上がったときと同じような静寂に包まれる。

「参りました、そして、ごめんなさい」

敗北宣言。

会場の静寂を破ったのは、有香のその一言だった。


20 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:52:14.34 ID:owrHDoo50

『ゆ、有香選手…降参…?』

「はい。」

実況席に応えるように、有香は言葉を紡ぐ。

「負けました」

会場はどよめく。

先ほどまで優勢だったのは彼女で、勝つのもおそらく彼女だったからだ。

「試合終了!」

そのどよめきは、審判の夏樹の声が抹殺した。


21 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:52:52.07 ID:owrHDoo50

「終わった…のか?」

「終わったんだよ…プロデューサー」

プロデューサーは涙を流した。

この天恵のようなプレイが終わったことで、この世の諸行無常と儚さを知って。

渋谷凛は涙を流した。

プロデューサーが困難に打ち勝ったと思い込んで。

中野有香はマットを涙で濡らした。

謝罪と後悔と、自責の念から。

木村夏樹は涙を流した。

「今日これ引き受けてなきゃ休日だったのに」と、時の流れの無情さに悲しみながら。

『えー、本日お越しの皆様、ありがとうございました。これにて閉幕です。またのご来場をお待ちしています。』

ちひろのアナウンスが、全ての終わりを告げる。

プロレスごっこはプロデューサーの勝利で幕を閉じた。


22 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:53:35.32 ID:owrHDoo50

・・・

「さてと、後はこの下着達をオークションにかけて…」

試合を別室のモニターで観ていたちひろは、最後の小遣いかせぎにいそしんでいた。

プロデューサーが勝利したのは彼女にとって想定外だが、あのタフさもいい意味で想定外だ。

これからも、サンドバッグとして使える。

「そういうことだったんですねぇ…」

しかし、ここで最後の想定外がちひろのもとにやってきた。

「…まゆちゃん!?」

「うふふ…」

佐久間まゆである。


23 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:54:05.49 ID:owrHDoo50

まゆもまた、プロデューサーが下着泥棒ではないと知っている一人だった。

理由は至極単純、彼女もまたプロデューサーがフィジカルドMであることを知っていたのだ。

プロデューサーが下着を盗むなら、バレるように盗んで、鉄拳制裁をしてもらえるように事を運ぶ。

彼女はそう理解していた、だからプロデューサーが犯人ではないと気づいていた。

「でも…まゆちゃんは下着を盗まれたって悦んで…!」

「演技ですよぉ…あぶり出すための、ね」

まゆはあえて犯人の策に乗った。

そして犯人がちひろだと知り、こうして決定的な証拠を掴むタイミングを伺っていた。

「さてと、ちひろさん…プロデューサーさんはメンタルが弱いんですから、この数日はひどく衰弱してましたよねぇ…?」

「ひ、ひぃぃ…!」

「だからその分の…お仕置きは必要ですよねぇ…!」

まゆの後ろからぞろぞろとアイドル達が姿を出す。

皆、まゆに犯人がちひろだと教えられた者たちだ。

「さあ、ちひろさん…!」

まゆがちひろへと手を差し出す。

「『プロレスごっこ』…やりませんか?」

こうして、CGプロ下着泥棒事件は収束した。


24 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:54:31.56 ID:owrHDoo50

・・・
・・

「あれ?ちひろさんは?」

一夜明け、三角巾で腕をつりながら出勤してきたプロデューサーが、事務所の異変に気づいた。

「なんだか用事があるそうなので、ちょっと出張に行っているらしいですよぉ」

全ての真実を知っているまゆが、プロデューサーの疑問に答える。

「へぇ、聞いてなかったな」

しかし、実際は違う。

今ちひろはこの事務所地下のリングの上に立っている。

ぴにゃこら太の着ぐるみを着て。

『さぁーぴにゃこら太VS木場真奈美選手の試合が始まろうとしている!このドリームマッチ!勝つのはどっちだぁーー!!』

実況は、昨日に引き続きいまだ事件の全容どころか何も理解していない姫川友紀が担当。

審判は、全ての事情をまゆから教えてもらった渋谷凛が引き受けた。

「…じゃあ、試合開始!」

ゴングと同時に鈍い音がなる。

試合はわずか3秒で終わり、そしてこれ以降、プロレスごっこが開かれることはなくなった。


25 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 18:58:48.19 ID:fkwVtiBo0

ここまでです、ありがとうございました。
元ネタは血界戦線の拳客のエデンとBLOOD LINE FOREVR、そしていつか自分の書いた「自分の吐いたゲロを手で掬い、それを水鉄砲に装填して発射する」というネタを膨らませた結果この作品が生まれました。


26 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/06/16(金) 19:01:03.33 ID:fkwVtiBo0
前作
【モバマス】ヘルプコール

森久保乃々「これだけは無理なんですけどぉ!!」

時間とお暇があれば



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【モバマス】プロレスごっこ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497606030/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS!SUNFLOWER
V.A.
日本コロムビア (2017-06-28)
売り上げランキング: 61

コメント
7481: 2017/06/17(土) 10:11
とりあえず「プロレス」と「格闘技」の違いを理解しとけ
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18694-c9886ef3