このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

【デレマス時代劇】土屋亜子「そろばん侍」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497324205/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:23:25.42 ID:K/Sniqz30
第1作 【モバマス時代劇】本田未央「憎悪剣 辻車」
第2作 【モバマス時代劇】木村夏樹「美城剣法帖」_
第3作 【モバマス時代劇】一ノ瀬志希「及川藩御家騒動」
第4作 【モバマス時代劇】桐生つかさ「杉のれん」
第5作 【モバマス時代劇】ヘレン「エヴァーポップ ネヴァーダイ」
第6作 【モバマス時代劇】向井拓海「美城忍法帖」
第7作 【モバマス時代劇】依田芳乃「クロスハート」

読み切り 
【デレマス時代劇】速水奏「狂愛剣 鬼蛭」
【デレマス時代劇】市原仁奈「友情剣 下弦の月」
【デレマス時代劇】池袋晶葉「活人剣 我者髑髏」 
【デレマス時代劇】塩見周子「おのろけ豆」
【デレマス時代劇】三村かな子「食い意地将軍」
【デレマス時代劇】二宮飛鳥「阿呆の一生」
【デレマス時代劇】緒方智絵里「三村様の通り道」
【デレマス時代劇】大原みちる「麦餅の母」
【デレマス時代劇】キャシー・グラハム「亜墨利加女」
【デレマス時代劇】メアリー・コクラン「トゥルーレリジョン」
【デレマス時代劇】島村卯月「忍耐剣 櫛風」
【デレマス銀河世紀】安部菜々「17歳の教科書」
【デレマス時代劇】土屋亜子「そろばん侍」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:25:22.39 ID:K/Sniqz30
土屋家は代々、勘定奉行に勤めるお家であった。

 そこの後継である亜子も勘定奉行に勤めた。

 自分の金ではないものの、彼女は勘定が好きだった。

 いや、狂っていたと言ってもいい。

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:26:01.34 ID:K/Sniqz30
 
 物入り帳などを眺めてそろばんを弾き、
 
 それが帳簿とぴったり合うと

 えも言われぬ快感が身体を駆け巡る。

 遊郭通いや酒など目ではない。

 四書は全く読めず、剣の腕もからっきしであったが、

 計算だけは誰にも負けぬ。

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:26:34.52 ID:K/Sniqz30
 藩の皆は彼女をからかって、

 「そろばん侍」と読んだ。

 当の亜子は、それを誇りにしていたが。


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:27:16.37 ID:K/Sniqz30
 ある非番の日も、亜子はそろばんを弾いていた。

 藩の帳簿50年分をこっそり書き写し、

 額面が合うかどうか調べていた。

 職業精神や正義感ゆえにではない、

 これが彼女の趣味である。

 はじめは鼻歌まじりでやっていた。

 しかし、段々と手の動きが緩慢になっていった。


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:27:54.19 ID:K/Sniqz30
 20年前、藩内に飢饉があった。

 領民達の困窮にあえぐ声を受けて、藩主は蔵米300俵を明け渡した。

 そういうことになっている。

 しかし亜子がどうやって計算しても、帳簿に現れる数値が合わぬ。

 無償で提供したゆえ、誰も気にしていないようだったが、

 後のものの出入を調べると不可解な点がある。

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:28:20.39 ID:K/Sniqz30
 亜子のいる藩は小さい。

 したがって、300俵はかなり大きな痛手となったはず。

 だというのに、帳簿の額が“整いすぎている”。

 まるで、その額に合わせるために計算がなされたようであった。

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:29:30.14 ID:K/Sniqz30
 そこまでなら、亜子は気にしなかった。

 貧乏藩のささやかな意地っ張りだと、一笑に伏しただろう。

 しかし彼女の脳裏によぎったのは、

 家老千川ちひろの遊興ぶりであった。

 下級藩士たちが冷や飯を食らうのをよそに、

 豪奢な膳を食らい、

 勤めがない日は遊郭で派手に金子をばらまく。

 その元手は、はたして。

 亜子は疑問を持った。

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:30:04.33 ID:K/Sniqz30
 
 その日から、亜子はこっそり

 藩内の蔵を調べるようになった。

 重ねて記すが正義感ゆえではない。

 亜子にとって、数字とは御仏の言葉に等しい。

 そろばんを弾くのはさながら読経や禅を組むようなもの。

 そこに狂いがあるのは、我慢がならぬのだ。


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:30:48.49 ID:K/Sniqz30
 果たして亜子は、

 蔵米に不審な出入があるのを突き止めた。

 彼女の背中にじっとりと嫌な汗が流れた。

 しかしその時には、手遅れであった。

 亜子は覚えのない横領の罪をなすりつけられ、藩職を解かれた。
 
 民からは非難轟々、

 土屋家は形式的にも物理的も取り潰しにされた。

 

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:31:33.61 ID:K/Sniqz30
 数年後、藩にちょっとした出費があって、

 借金をすることになった。

 財政上は誤差と言ってもいい、小さな額である。

 金貸しは、3年後の5月2日に返してくれ、と言った。

 随分悠長だと皆が訝しんだが、困るわけでもない。

 放っておかれた。

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:32:04.33 ID:K/Sniqz30
数ヶ月後、また借金をした。

将軍様がおいでになり、

もてなしをするために金子が足りなかった。

これも小さな額である。

以前とは別の金貸しが現れて、都合をつけてくれた。

返済日は876日後。

ある者は不審に思った。

とはいえ額が小さいから、詮索はしなかった。

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:33:46.71 ID:K/Sniqz30
それから、藩は細々とした借金を、

色々な金貸しからした。

皆、期日に妙があった。

亜子が追放された後、勘定奉行には千川の濃厚な息が

かかっており、帳簿の管理は杜撰になっていた。

それは深刻で、時には借金をしたことすら、

忘れている有様であった。

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:34:49.55 ID:K/Sniqz30
そして5月2日。

この日も遊び狂っていた家老は、言葉を失った。

借金の取り立てがきた。

一箇所からではない。

いままで細々とした額を借りてきた、複数の金貸しから。

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:35:16.82 ID:K/Sniqz30
すぐに帳簿を調べさせた。

記帳がなされていなかった。

しかし物入り帳を調べると、

借金はしっかり記されているし、証文もある。

その額は、藩の半年分の財政に匹敵した。


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:35:49.89 ID:K/Sniqz30
これには藩主も愕然とした。

すぐに勘定奉行に目付からの監査が入った。

そこで杜撰な金銭管理、そして千川が

蔵米を不正に取引していることが明らかになった。

むろん家老の職を解かれ、藩民達からは非難轟々。

千川屋敷は、瓦が粉と化すまで打ち壊された。

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:36:18.99 ID:K/Sniqz30
千川家の一同が肩を落としながら、

残った家財を売る算段をつけていると、

ある女が現れた。

「金に、お困りでっか?」

そう言って、

そろばんをちゃっちゃっと鳴らすのは、土屋亜子であった。

その表情は、藩職にあった時よりも、

ずっと生き生きとしていたそうな。

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 12:36:47.40 ID:K/Sniqz30
おしまい



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【デレマス時代劇】土屋亜子「そろばん侍」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497324205/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS!SUNFLOWER
V.A.
日本コロムビア (2017-06-28)
売り上げランキング: 45

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18691-45288c5b