ヘッドライン

奏「ちょっと相談があるのだけど」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497370178/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 01:09:38.10 ID:xHEbkr5F0
志希「ん~?どしたの深刻そうに見える顔して」

奏「ええ、割と私としては深刻だから」

志希「んでんで、どったの?最近誰ともちゅーしてなくて禁断症状?」

奏「ちょっと、人のことを何だと思ってるのよ」

志希「キス魔?」

奏「……違うわよ」

志希「んっふっふ~、奏ちゃんはビジネスキス魔キャラだもんね~」

奏「それ絶対仕事中に言わないでよね?」

志希「それで?あ、プロデューサーが休憩室でお悩み相談室やってたよ~。行ってみたら?」

奏「あの人は職場で何しているの」

志希「個性爆発事務所だからね~、メンタルケアは大事だよ?」

奏「爆弾ばかりであちこちで誘爆してるじゃないの」

志希「にゃっはっは~♪まぁあたし達も人の事は言えないか~」

奏「私はまとめ役でしょ?」

志希「え?」

奏「え?」

志希「…えっと、今なら相談室空いてると思いますよ?」

奏「ちょっと待って。ねぇ私のキャラって今巷でどうなってるの?ねぇ、ちょっと目ぇ合わせなさいハスハス!」





注・奏Pごめん

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 01:25:36.72 ID:xHEbkr5F0
奏「ねぇ志希ちゃん」

志希「なぁに奏ちゃん」

奏「私って、どんなイメージ?」

志希「…………ミステリアス系小悪魔?」

奏「ええ、一応そういう路線で売ってるつもり。けど随分間が無かった?」

志希「気のせいだにゃ~」

奏「ねぇ目を合わせなさいよ」

奏「…聞き方を変えるわね」

奏「志希ちゃんから見て、私ってどんなイメージ?」

志希「キャラ作ってる割に隠し切れないポンコツ」

奏「かなでぱんち!」シュッ

志希「あにゃ!」

奏「どうして今度は一切の躊躇なくスラスラ答えるの」

志希「お鼻は痛いよぉ~…え~、だってぇ」

奏「まゆちゃんじゃあるまいし、私ってそんなキャラなの?違うわよね、違うわよね?」

志希「いやぁ~、まゆちゃんはポンコツって言うよりへっぽこ、へちょいって感じかなぁ」

志希「んでんで、奏ちゃんはポンコ」

奏「かなでぱんち!」シュッ

志希「いちのせディフェンス!」

奏「と、見せかけてキック」シュッ

志希「にゃー!脛っ!」

奏「どうしてなの、どうしてなの!」

志希「こういうやり取りしてる時点でもうポンコツじゃないかにゃ~…」





まゆ「今、まゆのことをへっぽことか言ってる気配が」

凛「事実じゃん」

まゆ「まゆぱんち」シュッ

凛「あたっ」

3 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/14(水) 01:50:19.89 ID:xHEbkr5F0
志希「で、相談って奏ちゃんがポンコツだって評判の事?」

奏「そう、その風評被害についてよ」

志希「事実じゃん」

奏「甚だ心外なのだけど」

志希「だってさ~、キスキスって言ってる割に実際本気で迫る度胸は無いし」

奏「ちょっ」

志希「思わせぶりな振る舞いする割にスルーされると本気で凹むし」

奏「辛辣っ」

志希「この前の卯月ちゃん達との食事会?でもさぁ、ハズレのシュークリーム引いてボロボロ泣いてたし」

奏「ナマコとプチダノンのマリアージュなんて泣きたくもなるわよ!」

志希「千枝ちゃんからは「油そばさん」って呼ばれてるし」

奏「初耳」

志希「あたし達の中で一番おっぱい大きいし」

奏「なんでちょっと褒めたの」

志希「こうしてお喋りしてる間に理性がティッシュより薄くなってケダモノ化するクスリが出来たし」

奏「厳重に封印しなさい、そんなもの」

志希「ね?」

奏「知らないところで凄いことになっているみたいね、私のイメージって」

志希「アレが決め手だったんじゃない?卯月ちゃんに捕まって攫われる時の必死の命乞い」

奏「あなただって死んだフリしてたじゃない!」

志希「にゃっはっは~容赦なくお口の中にキノコ詰めシュークリーム突っ込まれたけどね~」

志希「意外と美味しかったけど」

奏「……相談室行こうかしら」

志希「さっきヘレンさんと時子さん入ってったからまだ掛かるんじゃないかにゃ~」

奏「ねぇ、それPさん大丈夫?」

5 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/14(水) 02:21:35.97 ID:xHEbkr5F0

奏「ただいま」

志希「おっかえり~。どうだった?良いアドバイスもらえた?」

奏「飴貰ってきたわ」

志希「あ、いいな~」

奏「食べる?」

志希「いいの?わ~い♪ありがと奏ちゃん」ハムッ

奏「じゃなくて!」

志希「んぐっ!?」

奏「風評被害について相談しに行ってどうして生暖かい笑顔で肩を優しく叩かれて飴を貰って帰されるの!?」

志希「けぼっ、ごほ…!あ、飴ちゃん丸呑みしちゃったよぅ…」

奏「ねぇ、私ってそういうキャラ?方向性違うわよね。違うわよね?」

志希「ネットで「速水奏」って検索してみたら?」

奏「それ芸能人が一番やっちゃいけない事じゃないの」

志希「ん~、そんな気にしないでいいと思うけどなぁ~」

志希「キリッとしてようがポンコツだろうが奏ちゃんは奏ちゃんなんだし」

奏「そういう問題じゃないの」

奏「よく考えて?この個性の殴り合いみたいな事務所でも選りすぐりの個性が集められた5人組ユニットなのよ?」

志希「そこまで言われると流石の志希ちゃんも心外だなぁ」

奏「純情ギャルに九尾の人柱力に業務上高田純次に一ノ瀬志希なのよ?」

志希「あたしの名前をパワーワードに入れないで欲しいにゃー!」

奏「そこにミステリアス小悪魔、速水奏でLiPPSというユニットは奇跡的なバランスを保っているの。わかるかしら」

志希「志希ちゃんわかんない」

奏「そうね、正直もう私自身何言ってんだかって感じだわ」

志希「ぶっちゃけフレちゃんより奏ちゃんの方がずっとフリーダムじゃない?」

6 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/14(水) 02:49:54.01 ID:xHEbkr5F0
志希「要するにさ、奏ちゃんは自分の評判が本来求める自分のキャラとギャップがあるのが不服ってこと?」

奏「求めているというより、私の本来のキャラクターなのだけど」

志希「ん~、でもそれ、もう手遅れだと思うなぁ」

奏「なんでよ」

志希「何でと言われてもねぇ~」

テクテク

モバP(以降P表記、スタンバッてる?)「ああ、いたいた。おーい奏ー」

奏「あら、さっきは飴ありがとうね」

P「何か心なしか棘が無い?」

志希「気のせいだと思うよ~」

P「ま、いいや。さっき伝え忘れたんだけどさ、奏にオファーが来てるんだよ」

奏「私に?LiPPSじゃなくて?」

P「ああ、ユニットじゃなくて奏個人にな」

志希「ありゃ、あたし達じゃダメなの?」

P「先方が「是非速水奏で!」って言ってきててなぁ。凄いぞ奏、名指し指名だぞ名指し!」

奏「…へぇ」

P「どうした、嬉しくないか?最近ユニットでの仕事ばっかりだったけど奏個人が抜擢されたんだぞ?」

奏「そうね、光栄な事だわ」

志希(めっちゃ口元プルプルしてる)

P「じゃあオファーOKってことでいいな?」

奏「ええ、そこまで言われてしまったら期待に応えなければ女が廃るというものじゃない?もちろん、Pさんの期待にも、ね」フフッ

P「ゴメン後半よく聞こえない。じゃ、幸子やみくにも伝えてくるわ」

奏「」

志希(ほら、そうやってすーぐ凹む。カワイイけど)

奏「…」

奏「……あら?」

8 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/14(水) 03:45:35.51 ID:xHEbkr5F0
奏「…ねぇ、ちょっとPさん?」

P「うん?」

奏「私以外にも、幸子ちゃんやみくも?」

P「うん」

奏「…ねぇ、一応それどういった番組か聞いておいても良いかしら?」

P「えっ?ああ、そりゃもちろん。えーっと、確か…」ゴソゴソ



P「あったあった、「絶対に喋ってはいけないバラドル24時。ペナルティタイキックでアイドルのケツが割れる!?」だとさ」

奏「もぉぉぉぉぉぉっ!!もぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」ペチペチ

P「痛い痛い、いやあんま痛くないけどっ」

志希「にゃははははははっ♪」ケラケラ

P「あ、ハスハスはさっき事務所にヤバいクスリばら撒いた罰な」

志希「へ?」

ポンッ

卯月「志希ちゃんの運、試してあげます!」

志希「oh…」

志希「」パタッ

卯月「あ、死んだフリしました!」

奏「もぉぉぉぉぉ!!」

P「ハハッ、もうカオスだこれ」






アッキー「もう少し続くぞ」

14 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/14(水) 17:09:28.67 ID:xHEbkr5F0

P「ただいま戻りました」ガチャッ

ちひろ「お帰りなさい。ちゃんと奏ちゃんに伝えてきました?」

P「ええ、しこたまシバかれましたけど」

ちひろ「何してきたんだアンタ」

P「よいしょっと、隣失礼しますね」

ちひろ「いえいえ、プロデューサーさんが失礼なのは今に始まった事ではありませんから」

P「ハハッ、こやつめ」

ちひろ「正直ただの思い付きでしたけど意外と繁盛しますね、お悩み相談室」

P「トップバッターにヘレンは流石に変な声出ましたけどね」

ちひろ「前菜にステーキ出されるようなものですもんね」


コンコンッ ハイッテマスカー?


ちひろ「あ、早速また誰か来ましたよ」

P「入ってまーす。ってトイレじゃないんだからさ。お入りくださーい」

裕子「サイキック入室!」ガチャッ

P(あ、アホだ)

ちひろ(あ、アホだ)

裕子「ムムッ!ビビッとテレパシー受信しましたよ!お2人とも今「アホが来た」と思いましたね?」

P「ユッコも何か悩みがあるのか?あ、そこの椅子にお座りください」

裕子「あ、ではでは失礼します」

ちひろ「今お茶持ってきますね。綾鷹で良いですか?」

裕子「ありがとうございます」

P(チョロくてアホい)

裕子「ムムッ、今「チョロくてアホい」と思いませんでしたか?」

P「なんだよエスパーかよ」

裕子「エスパーですよ!」

15 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/14(水) 17:23:02.55 ID:xHEbkr5F0
P「んで、どうした裕子。何か悩みがあるから来たんだろ?」

裕子「…はい、実は私…ずっと皆さんに内緒にしていた事があるんです」

P「昨日オヤツつまみ食いした事?」

裕子「違いまっ…!違いませんけどそれじゃありません!」

ちひろ「金銭面の悩みでしたらいくらでも相談にのりますよ?」

裕子「あ、それだけはちひろさんにお願いしませんから大丈夫です」

ちひろ「ハハッ、辛辣」

P「ユニットメンバーとの胸囲の格差なら気にしないでいいと思うぞ?ユッコはユッコで結構デカい方だから」

裕子「そ、そうでしょうか……ってそれも違います!違わないけどたった今違わなくなりました!」

裕子「私は、スカウトされてこの事務所に来た時からずっと、皆さんに隠していた事があるんです…」

裕子「そう、言わば私はずっと皆さんを騙し続けていたんです!でもこれ以上はもう耐えられません!大切な仲間である皆さんを、プロデューサーを騙し続けるなんて…!」

P(珍しく真剣な表情…あ、でもダメだアホに見える)

ちひろ(気持ちはわかりますけど、ちゃんと聞いてあげましょうよ)

裕子「実は…、実は私は……!」

P「…」ゴクッ

ちひろ「…」ドキドキ




裕子「実は私、本物のエスパーなんですっ!」

P「あ、ちひろさん俺にもお茶くれません?」

ちひろ「今持ってきますね」

裕子「聞いてくださいユッコの一大告白!!」

16 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/14(水) 17:43:00.35 ID:xHEbkr5F0
裕子「って言うかリアクション薄いです!あ、信じてませんね?信じてませんよね!?」

P「まさか、自分の担当アイドルが真剣な顔して告白してきたんだ、疑う訳無いだろ」

裕子「ぷ、プロデューサー…」

P「超能力は誰の中にも秘められている可能性だ、実在していてもおかしくない」

P「その証拠にほら、俺もこうしてボールペンをグニャグニャにする超能力が…」フリフリ

裕子「信じてないじゃないですかぁ!」

ちひろ「まぁまぁ落ち着いてユッコちゃん。…で、どういう事なの?」

裕子「…実は、私には生まれつき特別な力があったんです」

裕子「物心つく頃には瞬間移動、テレパシー、念動力、サイコメトリー、透明化、高速化、マッスル化、パイロキネシスなど数々の超能力を使えるエスパー美少女でした」

P「自分で美少女言ったよコイツ。まぁ可愛いけど」

ちひろ「どうでもいいですけど能力にエグゼイドのエナジーアイテム混ざってません?」

裕子「ところが小学生の時、ある事件があり私が超能力者であるという事実が周囲にバレてしまいまして」

裕子「あまりに大騒ぎになってしまい地元を離れ転校し…それからは自分が超能力者である事を隠して生きていこうと誓ったのです」

ちひろ「どこかで聞いたようなお話ですね」

裕子「それからは出来るだけ目立たないように、決して超能力者だとバレないように生きていこうと…」

P「斉木かよ」

裕子「幸いにも引っ越し先の近所に美味しいコーヒーゼリーがある喫茶店がありまして」

P「斉木かよ」

裕子「まぁ、新しい学校ではやたらラーメン食べようって誘ってくるヤンキーとか暑苦しいテニス部員とか腕に包帯を巻いた人とかに絡まれながら何とか目立たず学校生活を過ごしています」

P「斉木じゃねーか」

P「あれ、でもおかしくないか?超能力者ってバレたくないのに何でウチの事務所でエスパーアイドルやってんだよ」

ちひろ「指名手配犯が落し物届けに警察署に来るようなものですよね」

裕子「……背に腹は代えられない、深い事情があるんです」

18 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/14(水) 19:04:09.24 ID:xHEbkr5F0
P(超能力者だと知られたくないであろう裕子があえてエスパーアイドルになるなんて…よっぽど壮絶な理由があるんでしょうね)

ちひろ「あれじゃないですか。きっと行方不明になったご家族を探し出すために敢えて目立つ世界に自ら飛び込んだ、とか)

裕子「…」

P「…良かったら聞かせてくれるか?お前がウチに来た理由を。アイドルになった訳を」

裕子「はい…、実は……」

P「…」ゴクッ

ちひろ「…」ドキドキ


裕子「能力隠して生きてくのって実は物凄くストレスが溜まりまして。それならいっそ逆に胡散臭いエスパーキャラって売りでデビューすればちょいちょいドサクサに能力使ってもむしろ目立たないかなぁ、って」テヘッ

P「お茶請けに五家宝食べます?」モグモグ

ちひろ「いただきます。あ、お茶にピッタリですねこれ」モグモグ

裕子「聞いてくださいユッコの重大告白!!」

P「ガッカリだよ。お前にはガッカリだよ!」

裕子「仕方ないじゃないですかぁ!10の力があるのに常に2の力しか出しちゃいけないような日常生活なんですよ?毎日が縛りプレイなんですよ!?」

裕子「今だって時々スプーン曲げたり輝子さんのキノコ増やしたり雫さんの胸のボタンパーンしたりする程度に小出しして発散するぐらいで我慢してるんですからね!?」

ちひろ「あ、じゃあアッキーが喋るのもウサ子ちゃんが独立して動き回るのも乗務のガンプラが昨日壊れてたのも…」

裕子「それは私の力を超えてますよ!」

P「スンマセン、ガンプラ壊したのは俺です」

ちひろ「アンタかい」

P「おかしいな…何でバレたんだろ。ちゃんとすり替えておいた筈なのに」

ちひろ「キュベレイがコマンドガンダムに変わってたら誰だって気づきますよ」

裕子「決死のエスパー告白がガンプラ話と同列視されてるんですけど!」

20 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/15(木) 00:30:56.92 ID:DVcNJXd20
裕子「やっぱり信じていませんね?信じてくれてませんね!?よーし良いです!では今証拠をお見せ致しましょう!」

輝子「よ…呼んだか?」ニュッ

P「NO。お前輝子。言ったの証拠」

輝子「な、なんだ…」ニュポンッ

裕子「…」

裕子「今、どこから出てきました?」

ちひろ「気にしないでください。ささ、続けて続けて」

裕子「若干ハードルが上がった気がしますが…では、まずは定番瞬間移動!テレボーテーションですっムムン!」シュンッ

ちひろ「わっ、消えた」

裕子「ふふん、こっちですよちひろさん」

ちひろ「あらいつの間に」

裕子「どうです?正真正銘の瞬間移動…あれ、プロデューサーは?」

P「お前の後ろにいるよ」ツンッ

裕子「ひゃあっ!?」

裕子「い、いつの間に…!?ってまさかプロデューサーもサイキック!?」

P「単にタキオン粒子を全身に巡らせて時間流に干渉しただけだよ」

裕子「…つまりサイキックって事ですね?」

ちひろ「ただの変態ってだけですよ」

P「失礼な、こんな紳士に向かって」

裕子「…つ、次行きます!」

P「え、これくらい普通ですよね?え、うちの県だけ?」

22 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/15(木) 00:57:22.29 ID:DVcNJXd20
裕子「で、では今度は精神系行きますっ!ムムム~ン…ッ!お2人の心の中を覗いて差し上げましょう!」

P「え、それ普通にプライバシーの侵害じゃあ」

裕子「ムムンッ!サイキック・読心術!」

裕子(ではまずはちひろさんから…ムムムム………)

ちひろ「あの、何だかめっちゃ睨まれてるんですけど」

P「ちひろさんの心があまりに醜悪だからじゃないですか?」

ちひろ「レアメダルにしてやろうか」

P「ヒィッ」

裕子(………鍵付きクローゼットかけられてるんですけど)

裕子(な、ならばプロデューサーさんの心を!良い機会だし普段どんな事を考えているかとか…)


-許しませんのでー-


裕子「ひぃぃっ!!」

P「ど、どうした!千川の心理世界はそこまで酷いか!?」

ちひろ「あんたからの扱いのほうが酷いわ」

裕子「い、いえ…心の闇にとんでもない番人がいたと言いますか…おぉぅっ」ゾクッ

ちひろ「…どういう精神状態してるんですか」

P「ごく普通の一般社畜ですよ」

裕子「つ、次です次!」

P「なぁ、別に疑ってないし無理しなくても…」

裕子「サイキック・続投!」

P「あ、はいスンマセン」

ちひろ「もはやヤケクソですね」

23 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/15(木) 02:21:25.47 ID:DVcNJXd20
裕子「これはどうですかっ!ムムンッ、念動力!」

ちひろ「わぁ凄い。マグカップが浮いてます」

P「ヘーイ」パチンッ

あの子「ほいきた」

ちひろ「もっと凄い。アッキーが浮いてます」

アッキー「仕事が出来ないのだが」フワフワ

裕子「…」

裕子「な、ならばこれはどうですっ?パイロキネシス!」シュボッ!

ちひろ「わっ、手から火が出ましたよ」

P「熱いやつ,頼みます!」

卯月「五指爆炎弾っ!」ボボボボボッ!

ちひろ「わぁ、指1本1本からメラゾーマが」

裕子「……」

裕子「く、空中浮遊!」フワァ

ちひろ「おお、ちょっと浮いてます」

P「こずえー」

こずえ「おー…呼んだぁ…?」ヒューン

ちひろ「おお、さも当たり前のようにホバリングしてますね」

裕子「………」

裕子「……………」



裕子「う゛う゛~~~っ!」ポカポカ

P「いたたたっ、物理は痛い」

ちひろ「この事務所に入ったのが運の尽きとしか言えませんね」

裕子「う゛う゛う゛~~~っ!!」ポカポカペチポカ

P「痛い痛い可愛い痛い痛い」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 03:08:14.50 ID:3g2Dtcf9o
卯月フレイザードかよww

25 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/15(木) 03:12:17.80 ID:DVcNJXd20
裕子「…」グスン

P「…どうする?悩み相談、するなら聞くけど」

裕子「…おねがいじま゛ず」ズビッ

ちひろ「あらあら、はい裕子ちゃん、これでお顔拭いて?」

P「って人のスーツを差し出さないでください」

裕子「ぢーんっ!」

P「お前も躊躇無いなぁ!」

裕子「……すいません取り乱しました。サイキックパワーが混線しまして」

P「で、今何か悩み事はあるか?裕子」

裕子「…はい、そうですね………」






裕子「私の個性って全然弱いんだなぁ…って」

ちひろ「裕子ちゃんが弱いんじゃなくて他が強すぎるだけだと思いますよ」

P「ちひろさんもアク強いですしね」

ちひろ「アンタに言われたくないわい」








ウサ子「終わりウサ!」

サバオリくん「ぬいぐるみがしゃべった…」

26 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/15(木) 03:16:49.07 ID:DVcNJXd20
昨夜「奏をポンコツにしようぜ団地生産工場県民」と生暖かいリクエストを受け夜中のテンションで始めた結果がコレですわ。ガチエスパーユッコもいつかやりたかったので便乗させてしまいました、反省はしています。思い付き書き殴り癖直さんと…。
6代目楓さん誕生日おめでとう。んでもって今日は3位様こと肇の誕生日ですね。……どないしよ


オツカーレ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 奏「ちょっと相談があるのだけど」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497370178/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18668-66d60e26