ヘッドライン

モバP「なぁありす…シャンプーって、いいよな」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497187273/

2 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:22:06.14 ID:Rlcr0C9rO


P「なぁ、ありす」

ありす「なんですか?」


P「シャンプーって、いいよな」

ありす「…質問の意味がよく分かりませんが…」

P「お、今のは文香の真似か?すっごい似てたぞ!」

ありす「似せたつもりはありませんが、私の溢れ出る大人オーラがそう見せてしまったのかもしれませんね」

P「そんな大人なありすにお願いがある」

ありす「ふんすふんす、大人な私は寛容ですから?頼みがあるのでしたら聞いてあげますよ」

P「シャンプーの利点って、何だと思う?」

ありす「…精神科、調べてあげましょうか?」

P「いや精神科でシャンプーはされないし、そもそもシャンプーに精神科は必要ないだろ」

ありす「あ、もうそれ以上喋らなくて大丈夫です」

P「成る程、シャンプーは喋らない…確かにそれは一つのメリットだな」

ありす「なんですかメリットって…」

P「知らないのか?シャンプーと言えば弱酸性のあれだろ」

ありす「もう少し、会話を成立させる努力をしてもらっていいですか?」

P「ほーん…ありすは大人なのに、行間を読む事が出来ないんだな」

ありす「…余裕です。余裕で行間くらい読めますが?」


3 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:22:37.82 ID:Rlcr0C9rO



P「よし、そんな聡明で明快なありすよ。シャンプーって、いいよな。この言葉にどれほどの思いが込められてるか分かるか?」

ありす「…挙げるとしたら、まずはシャンプーのアイテムとしての重要性ですね」

P「ふむ」

ありす「日常生活において、身体を清潔に保つという事は必要最低限のマナーであり、ルールです」

P「確かにそうだ。他の人と会う時に髪の毛がボサボサだったり臭ったりしたら大変だからな」

ありす「その為にも、シャンプーは必須です」

P「その通り。他には?」

ありす「ええと…いい匂いがしますし、髪を綺麗に保てます。他の方に良い印象を与えるだけでなく、自分自身も精神的に良い状態となれる事」

P「ふむ…よしよし、いいぞ」

ありす「…ですが、私が分かるのはここまでです」

P「よし、そろそろ採点に入ろうか」


4 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:23:12.42 ID:Rlcr0C9rO


P「まず、日常生活において必需品である。これは最もだし、とても重要な事だ」

ありす「よし…!」

P「かわいい。いい匂いがすると、相手も自分も良い気持ちだしな」

ありす「ですよね」

P「だからな、ありす…」

ありす「プロデューサーさん…」

P「俺はな、シャンプーになりたいんだ」

ありす「…」

P「待て、無言で出て行こうとするな。挨拶は社会人としての最低限のマナーだぞ」

ありす「いえ、今口を開くと汚い言葉しか出てきそうになかったので」

P「そんな汚さを洗い流すのが、シャンプーだ。飲シャンと言うものがあるが、あれは口を綺麗に、ひいては言葉遣いを綺麗にする為にやる事なんだよ」

ありす「…本当は?」

P「シャンプーめっちゃ飲んでみたい。良い匂いするし絶対美味しい。かわいいアイドルが愛用してるシャンプーを取り込んで幸せを感じたい」

ありす「今までありがとうございました」


5 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:24:19.24 ID:Rlcr0C9rO



P「まぁ落ち着け、全部聞けばありすも分かってくれるから」

ありす「橘です。よく分からない事しか言わない人と仲良くなったつもりはありません」

P「冷蔵庫にとちおとめがあるんだが…橘さんが食べないなら、あしたちひろさんにあげるかな」

ありす「ありすで大丈夫ですよ、プロデューサーさん。私達の仲じゃないですか」

P「そう言う大人な対応出来るところ凄いと思うぞー」

ありす「それで…分かってしまったら色々と終わりのような気がするんですけど…」

P「そもそもさ、人間って言うのは遠いからこそ、それに憧れる生き物なんだよ。普通の人だからこそアイドルに憧れて精一杯レッスンする。だろ?」

ありす「それは…確かにそうですけど…」

P「そんな憧れは、遠ければ遠いほど強くなる。それの、最も遠い場所にあるのが無機物…つまり、シャンプーなんだよ。無機物全般の利点として、自分の意思では動けないってのもあるが…」

ありす「一理ある…んですか?」

P「だから、俺がシャンプーになりたいと強く思って、願ってしまうのは至極当然な流れであって、尚且つそれを周りの人は協力してやらなきゃならないんだ。俺がみんなの夢を支えてきたように」

ありす「…私に、何をさせるつもりですか?」

P「話が早いじゃないか。今からお前は…」

ありす「…ゴクリ」

P「俺に、シャンプーされるんだ」

6 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:24:57.14 ID:Rlcr0C9rO


~シャワールーム~

P「さあ、ありす。そこに寝っ転がってくれ」

ありす「いつの間に事務所にこんなシャワー用のベッドが…」

P「ところでありす。再三言っているが、人間は遠いものに憧れて、その延長線上の無限に遠い場所が無機物だ」

ありす「難しい言葉でごまかそうとしないで下さい」

P「言っちゃえば、俺は自分がシャンプーになれないって事くらい、わかってるんだよ…」

ありす「プロデューサーさん…そんな、そんな悲しそうな顔をしないで下さい」

P「…すまないな。どうにも、なんども言ってきた筈なのに…自分の夢が叶わない事を自分の口で言うのは、辛いもんなんだ…」

ありす「…大丈夫です。わたしが、協力してあげますから…一緒に、叶えましょう!」

P「まぁ、そこで少し変則的だが…共通認識を活用しようと思う」

ありす「共通認識…同じ物事について、複数人が同一のものと認識する事、ですよね?」

P「そうだ。例えばありす、これは何だ?」

ありす「…シャンプーですが?」

P「いや、これはアルミ缶だ」

ありす「…何を言ってるんですか?どう見てもこれはシャンプーで…」

P「そう、今のままだとありすが正しい。多分他の誰が見てもこれはシャンプーだと認識するだろう。けれど…」

ありす「けれど…?」

P「もし、事務所にいる人全員がこれをアルミ缶だと言ったら?日本中の人、もっと大きく全世界の人間がこれをアルミ缶だと認識したとしよう」

ありす「…なるほど、これをシャンプーだと認識しているのは私一人だけ、と言う訳ですね」

P「そうだ、これをシャンプーだと証明する人はお前以外一人もいない。みんながこれをアルミ缶だと認識している。すると…」

ありす「…理論上、これはアルミ缶になる」

P「そうだ。世界中の全員がこれをアルミ缶なんだってお前に言ってみろ。多分お前の認識も、自分の脳が嘘をついているんだ、本当はこれはアルミ缶なんだ、と考えて…そうなっていく筈だ」


7 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:25:32.19 ID:Rlcr0C9rO



ありす「…それで、それをどう利用するんですか?」

P「今からお前はこのシャンプーでその小さな綺麗な頭を洗われる…そう、このシャンプーを…」

ありす「…シャンプーを…?」

P「俺だと認識しろ」

ありす「え、無理です」

P「思い込め。演技するとき、役に入り込む時にそう考える筈だ。自分は今はこんな役の女の子なんだ、この目の前の人は父親なんだ、と言った感じで」

ありす「まぁ…確かにそうですけど…」

P「今まで演技のレッスンで培ってきた力を今活かせ。このシャンプーを…俺だと思い込むんだ」

ありす「…やれるだけ、やってみます」

P「ふっ…そうこなくっちゃな」


8 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:26:06.31 ID:Rlcr0C9rO


台の上に寝っ転がったありすは、両手両足の力を抜いて無防備な状態を晒す。
腹を上に向け、目を閉じて。
それはもう完全に、生き物として俺に服従を誓う体制と言っても過言ではないだろう。
そう、こいつは…無機物に、服従したのだ。

その事実が、俺の心を掻き立てる。
より、シャンプーになりたいと言う思いが強くなる。
より、ありすを無防備な状態にしたいと思ってしまう。
だからゆっくりと台を傾け、ありすの頭を洗面台の中へと押し込んだ。

シュッ、と、まだ未使用のシャンプーのボトルを開ける。
俺の人生の再スタート地点。
それは、ありすに立ち会ってもらい、ありすによって生み出される俺の人生。
もうそれだけで、心が喜びに震えた。

けれど、それだけではダメだ。
俺がシャンプーになったのならば。
手足のようにシャンプーを動かして。
ありすに、悦びを与えてあげなくては。

「…いくぞ、ありす」

そう宣言し、俺は掌に落とした適量の俺自身をありすの頭皮に泳がせる。
ヌル、ヌルと広がり、瞬く間にありすは俺に覆われた。
泡立つありすの小さなソレは、少しずつ、少しずつ。
俺と、合体していった。

9 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:26:46.37 ID:Rlcr0C9rO


「…やっぱり、他の人にシャンプーをして貰うのってくすぐったいですね」

ありすは、まだ気付いていない様だ。
この行為の、本当の意味に。
ならば、教えてあげなければならない。
そう思って、俺は口をありすの耳に近付けて…

こう、つぶやいた。

「なあ、ありす。このシャンプーは…俺なんだぞ?」

ピクッ。
少しだけ、ありすの足の指が動いた。
気付いてしまったのなら、あとははやい。
一つ一つの行為を、そう言う意味で変換してゆくだけだ。

「…あっ…」

すすっ、と指でありすの頭皮をなぞる。
滑らかな髪の毛一本一本に、俺自身を塗り込む。
毛穴にすらも、ソレを擦り込み。
ありすの内部を、犯す。

「……んんっ…」

少しずつ、少しずつ。
お互いの意識が、塗り替えられてきた。
ありすはコレを、俺だと思い込めている。
そんなありすを見ることによって、俺もコレを俺自身だと思い込める。

ぐちょぐちょと音をたてて掻き回すたび、ありすの身体は反応した。
指でありすの小さなソレ(頭)を擦るたび、足が伸びた。
少し強く押すたび、ありすはナニかを感じて太ももを擦り合わせた。
そんなありすに、俺自身がシているのだと考えると、俺はよりシャンプーになる。

最早俺はこの部屋において、完全にシャンプーだった。



10 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:27:30.92 ID:Rlcr0C9rO


ありすはもう快感に抗うことを辞めたのか、だらしなく口を開けて天井を眺めている。
ありすの小さなソレ(頭)から、ぼたぼたと俺が垂れ落ちる。
けれど俺は更に、自分自身を解き放って白い体液を塗りたくった。
その度にビクンッと震えるありすの身体が、堪らなく愛おしい。

俺は、シャンプーだ。
密接している今ならありすのソレが丸見えなんだ。
だから、どこが気持ちいい場所かよくわかる。
どこが、洗って欲しい場所なのかよくわかる。

ギュッ

「んぁっっっ!…ふーっ…ふーっ…」

すこし強くオレを押し付けると、ありすが大きく跳ねた。
大きな声を出さない様にと両手で開きっぱなしの口を押さえるありす。
それがまた俺を奮い立たせ。
より大きな快感を与えようと、強く強くオレを塗り込んでかき混ぜた。

「んぁっ~っ!…んっ…んんっ…!!」

両太ももをゴシゴシと擦り付けているありすの目は、トロンと蕩けて最早何処も見ていない。
頭だって、きっと真っ白だろう。
ただただ、次の刺激でキモチヨくなろうとしているだけな筈だ。

だから…

11 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:28:08.56 ID:Rlcr0C9rO


「…っと、一回止めるか」

「…え?」

俺は、自分の動きを止めた。
ありすにこれ以上オレを塗り込んでかき混ぜていると、ありすは思考を手放してしまうだろう。
それでは、ダメなのだ。
共通認識によって、俺がシャンプーになる為には。

「…その、プロデューサーさん…」

「なんだ、ありす。お前には冷静でいて貰わなきゃいけないんだ。俺をシャンプーだときちんと認識して貰う為に」

苦しそうな、それでいて次を求めようとするありす。
少しずつ落ち着きを取り戻し始めていて、それでいてさらなる快感を求めようとするその瞳。
そんなありすに、俺は一つ提案をした。

「なぁありす。俺がシャンプーになっている間、ずっとシャンプーって言い続けてくれないか?」

「…それで、続きをしてくれるなら…」

再び目を閉じ、シャンプーと唱え始めたありす。
よし、そうだ、それでいい。
それによって俺は、より強くシャンプーでいられる。
そして…

12 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:28:59.79 ID:Rlcr0C9rO


ゴリッ

「シャンプああっっっ!!…ふー…シャン…」

口を閉じる事が出来ず、喋り続けなければいけない為に。
ありすはその声を、止める事が出来ない。
与えられた快感を、悦楽を、口にしなくてはならない。
良い。

シュッ…シュッ…

「シャン…んんっっっ!んっ…プー…ふー…シャン、プー…っ!」

口からよだれを垂らしながらも、可愛らしい愛嬌とシャンプーは止めないありす。
これだけやっても、尚さらなる快感を求めるありす。
そこにいるのは、クールなアイドル橘ありすではなく。
キモチヨさとシャンプーを求める、一人の女で…

「んっ…あぁぁぁぁっっっ!!シャン…っ!!」

俺は、ラストスパートをかけた。
もっと、もっとありすをオレ塗れにして綺麗にしたい。
オレ自身で染上げたい。
可愛いありすの、シャンプーで居たい。

「ふー…っ!ふー…シャ…ンッ!あっっ~っ!」

もっと、もっとだ。
俺はシャンプーで、ありすのソレを弄って。
ありすの求めるモノを提供して。
ありすにとって日常的に必要なモノに…!

「イッ!シャンっっっ!んぁっ~~っっ!!」



13 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:29:45.38 ID:Rlcr0C9rO


P「どうだった?ありす」

ありす「…ふぅ…悪くありません…んっ…で、ですが…」

P「ですが…?」

ありす「こ、これからも…プロデューサーさんがシャンプーになる為に練習したいのでしたら…その、お付き合いします…」

P(そう言うありすの目は、完全に誘っていて)

P(俺は、もっとシャンプーになりたくなって)

P「ありす…」

バタンッ!

ちひろ「ありすちゃん!大丈夫ですか?!」


P(直後、シャワールームに突入してきたちひろさんによって俺とありすは引き離され、そのまま俺は連行された)

ありす「ち、違うんです!プロデューサーさんはただシャンプーに…っ!プロデューサーさん…いえ、シャンプーさんっ!!」

ちひろ「これは…あなた、こんな小さな女の子を洗脳して!!」

P(あぁ、神様よ、願わくば)

P(刑務所から出てくる頃には、シャンプーになる技術が発達していますように)



14 : ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 22:31:13.00 ID:Rlcr0C9rO

人間はシャンプーにはなれませんが、思い込む事なら可能です
創造の力は無限大、耳かきにも洗濯機にもこたつの足にでもママにでもなれます
お付き合い、ありがとうございました

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 23:16:02.39 ID:tHOC4cYxo
スレタイで作者は変態だと期待したとおりの素晴らしいSSだった



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「なぁありす…シャンプーって、いいよな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497187273/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS!SUNFLOWER
V.A.
日本コロムビア (2017-06-28)
売り上げランキング: 91

[ 2017/06/13 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(2)
コメント
7464: 2017/06/13(火) 17:30
素晴らしい(変態)
7467: 2017/06/13(火) 23:25
やっぱりこいつか(安堵)
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18641-4d267ca4