ヘッドライン

佐城雪美「世のため人のため晶葉のため……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497020617/


2 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:04:13.36 ID:I3BYtT0b0

ピリリリリリリリリ

ガチャ

??『もしもし?』

佐城雪美「……もしもし……? 相談したい……」


??『?』

雪美「明日……晶葉の……誕生日……」

??『……』

雪美「何すれば……晶葉……喜ぶと思う……?」

??『……』

雪美「……」

??『……』

雪美「……」

??『そ……』

雪美「……」


池袋晶葉『それ私に聞くか普通!?!?!?』




3 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:04:53.36 ID:I3BYtT0b0

雪美「おめでとう……」

晶葉『まだめでたくない!』

雪美「それで……何か……案……」

晶葉『かけ間違いじゃないのか……』

雪美「たくさん考えた……でも……浮かばない……」

晶葉『そ、そうなのか。それは……まあ有難いことだが……』

雪美「いくら……ほしい……?」

晶葉『どうして現金に行き着いた!?』


4 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:05:26.89 ID:I3BYtT0b0

晶葉『なんで誕生日に年下からカツアゲしなきゃならないんだ』

雪美「……ふふ……ブラックサジョーク……ね」

晶葉『そういう方面に守備範囲を広げないでほしかったが』

雪美「芸能界……武器……大事……」

晶葉『雪美はどういう方面で売れようとしてるんだ』


5 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:05:59.53 ID:I3BYtT0b0

雪美「何か……ほしいものとか……」

晶葉『……いや、ありがたいが、間に合っている。気持ちだけで十分だ』

雪美「……」

晶葉『……』

雪美「は?」

晶葉『なぜキレてるんだ!?』


6 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:06:45.95 ID:I3BYtT0b0

晶葉『流石に誕生日プレゼントを直接リクエストするのは……恥ずかしいというか……』

雪美「そういうの……いいから……」

晶葉『そういうのとか言うな』

雪美「このままだと……」

晶葉『こ、このままだと……?』

雪美「ゴールデンレトリバー」

晶葉『犬!? そ、それは困る! というかいらない!』

雪美「血統書つき……」

晶葉『別にそれなら欲しいってならないからな!?』


7 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:07:36.27 ID:I3BYtT0b0

雪美「晶葉は……私に祝われたくない……?」

晶葉『そっ! そんなわけないだろう!』

雪美「呪われたくない……?」

晶葉『よくある誤字をやめろ。意味が反対すぎる』

雪美【祝 池袋さん誕生日】

晶葉『文字でしか伝わらない内容もやめろ!!! 括弧の違いなんてわからないだろう!!!』


8 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:08:34.84 ID:I3BYtT0b0

雪美「で……?」

晶葉『いや、そう言われても……』

雪美「いつもの……お返し……したい……」

晶葉『雪美……』

雪美「……だめ……?」

晶葉『……』

晶葉『わかった、明日は午前のレッスンが終わったらラボにずっといるつもりだ。手伝いに来てくれるか?』

雪美「え……? それ……いつもと……」

晶葉『同じでいいんだよ。そういうものさ』

雪美「……」

晶葉『それに、いつも雪美は遊びに来ているだけだろう? 明日は助手だ。働いてもらうからな?』フフフ

雪美「!」

晶葉『いいな?』

雪美「……」

晶葉『……』

雪美「えぇ~……」

晶葉『お前ウソだろ!?』


9 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:09:31.19 ID:I3BYtT0b0

~翌日・ラボ~


晶葉「さて、午前のレッスンが同じだったみんなからいろいろもらってしまったが……」

晶葉「まったく、もの好きが多いんだな……」

晶葉「……ふふっ」

晶葉「おっと、間の抜けた表情になってしまった、……雪美に見られたら大変だ」

雪美「……」

晶葉「……」

雪美「……」

晶葉「……いつから」

雪美「『お前ウソだろ!?』から……」

晶葉「それは昨日の会話だろう!? 文章だと真上だが実際は1日空いてるんだからな!?」


10 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:10:20.67 ID:I3BYtT0b0

晶葉「あー、こほん、まあいいだろう、今日はよろしく頼むぞ?」

雪美「その前に……はい」

晶葉「おお、プレゼントか、ありがとう、嬉しいことだ」

雪美「誕生日おめでとう……開けてみて……?」

晶葉「では遠慮せずに……」ガサガサ

雪美「……」ドキドキ

晶葉「これは……扇子か! 猫の肉球模様がカワイイな」

雪美「晶葉……"ラボは暑い"っていつも言ってる……」

晶葉「確かに、ここは熱がこもるからな……」

雪美「だから……使って……?」

晶葉「……」

雪美「……?」

晶葉(昨日の会話からマトモな物が貰えるなんて思ってなかった……)


11 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:11:33.62 ID:I3BYtT0b0

雪美「嬉しくない……?」シュン

晶葉「そ、そんなことないぞ! 使う度に雪美を思い出せるな! はっはっは!」パタパタ

雪美「……それはちょっと……」

晶葉「すぐ裏切るよな」


12 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:12:17.21 ID:I3BYtT0b0

雪美「ちなみに……おそろい……」パタパタ

晶葉「おお! 色違いなのか! 良いものだな!」パタパタ

高垣楓「本当……いい"センス"ですね、雪美ちゃん」


晶葉「おおう!?!?」

雪美「楓……さん……」

晶葉「いつ来たんだ!?」

楓「あら、雪美ちゃん、さん付けだなんてお姉さん悲しい……」

晶葉「質問に答えてくれ」

楓「いつものように"そこのメイプル"って呼んでいいんですよ?」

晶葉「なんだその距離感!?」


13 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:12:55.89 ID:I3BYtT0b0

雪美「呼んだことない……」

晶葉「ないのか……」

楓「あらあら」

晶葉「それで、いつからいたんだ?」

楓「そういえば、晶葉ちゃん、誕生日でしょう?」

晶葉「キャッチボールはしてくれないんだな」

楓「居ても立っても居られなくって、廊下の端を走って来ちゃいました」

雪美「端……関係ない……」

楓「はい、プレゼントです」

晶葉「あ、ありがとう……これは手袋か」

楓「ええ。バースデーにすでーなんて危ないですからね」フフッ

晶葉「あまり言いたくないがそろそろ帰ってくれるか?」


14 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:13:30.02 ID:I3BYtT0b0

楓「どうやら、誰とも被ってないみたいで安心しました」

雪美「6月に手袋……あんまりいない……」

楓「レナさんが言っていました……、"ギャンブルの基本はウラをかくこと"って」

晶葉「他人の誕生日プレゼントで変な読み合いを始めないでくれ」

雪美「ちなみに……レナは何をくれた……?」

晶葉「普通に菓子をくれたよ」

楓「……やっぱり、あなどレナいですね」

晶葉「一人相撲も甚だしいぞ」


15 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:14:22.40 ID:I3BYtT0b0

楓「あら、そろそろ時間……」

晶葉「……まあ、祝ってくれたことは嬉しいよ。ありがとう」

楓「ふふっ……ラボからおさらぼ……」ガチャ

晶葉「だんだんクオリティ下がってるよな?」

雪美「……」

晶葉「そういえば、あまり喋ってなかったが……楓は苦手か?」

雪美「……何を考えてるか……わからない」

晶葉(雪美に言われるとは……相当だな……)


16 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:15:01.49 ID:I3BYtT0b0

晶葉「それで、何の話をしてたんだったか……」

雪美「えっと……」

宮本フレデリカ「たのもー!!!」ガチャー!!!


晶葉「どうしてお前はそうノックもしないんだ!!!」

フレデリカ「ごめんね!」ドンドンドン

晶葉「中に入ってからドアを乱打するな! うるさいだけだろう!!!」

雪美「……あれ……? ありすは……?」

フレデリカ「フレちゃんがいつもありすちゃんと一緒だと思ったら大間違いだよ!」

橘ありす「はぁ……はぁ……フレデリカさん……急に……走らないでください……」ゼェゼェ


雪美「……」

晶葉「……」

フレデリカ「こ、この娘はタチーバ・ナリスちゃん!」

晶葉「言い逃れが独特だな!?」


17 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:15:42.57 ID:I3BYtT0b0

ありす「ふぅ……、落ち着いてきました……」

晶葉「なんというか……お疲れ……」

フレデリカ「さてさて、どうしてアタシはここに来たのでしょーか! はいありすちゃん早かった!」

ありす「声を発してませんけど!?」

雪美「私には……お見通し……!」

フレデリカ「おっと! 解答権が雪美ちゃんに移ります!」

晶葉「誰と戦ってるんだ」

雪美「その……手に持ってる箱に……答えがある……」

フレデリカ「すごーい! 大正解! というわけで~! はい!」

晶葉「ああ、やっぱり、というのは少し傲慢だが、プレゼントだったか。……ありがとう」

フレデリカ「その箱を開ける時、フレちゃんはもうこの世にはいないでしょう……」

晶葉「目の前でご存命だが!?」


18 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:16:20.33 ID:I3BYtT0b0

ありす「何を贈ったんですか?」

フレデリカ「開けてみて!」

晶葉「ああ……、お、帽子か」

フレデリカ「そ! おフランスのファッションリーダー、フレちゃんのお墨付きだよ~!」

晶葉「オシャレというのはむず痒いが……、なるほど、いいものだ。ありがとう」

ありす「似合ってますよ」

晶葉「それにしても……自由なヤツほどプレゼントはまともなのが恐ろしいな……」

ありす「喜びましょうよ」


19 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:17:03.89 ID:I3BYtT0b0

ありす「さて、私からもプレゼントです。お誕生日、おめでとうございます」

晶葉「ありがとう、開けるぞ?」

ありす「ええ」

雪美「……フレデリカは……中身……知ってる?」

フレデリカ「ううん! 聞いてないよ! どーして?」

雪美「嫌な予感が……する……」

ありす「ち、ちょっと! なんですかそれ!」

晶葉「……これは」

ありす「私が贈ったのは、ただの"イチゴカレー"です!」フンス

ありす「一目ぼれして買ってしまいました……! きっと晶葉さんも気に入るはずです!」フンス

晶葉「ないな」

雪美「……ない」

フレデリカ「じゃ、帰ろっか!」ズルズル

ありす「え!? ちょっと!」ズルズル

フレデリカ「よいお誕生日を~」ズルズル

ありす「なんなんですかぁー……!」ズルズル

ガチャ

晶葉「ありす、最近壊れてきてるな?」

雪美「一回……休むべき……」

晶葉「今度、食事でも行くか……」

雪美「私も……」

晶葉「雪美は負担を増やす側だろう」


20 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:17:54.00 ID:I3BYtT0b0

雪美「そろそろ……助手になりたい……」

晶葉「おっと、そういう名目だったな、来訪者が多くて忘れていた」

雪美「なんでも……命令して……」

晶葉「うーん……そうは言ってもな……」

雪美「でも……残業代は……出して……」

晶葉「労働環境を気にするのはやめろ」

雪美「週に2日は休みたい……」

晶葉「アイドルとは最も遠い労働形態だな」

雪美「家賃……出して……」

晶葉「単なるワガママになってないか!?」


21 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:18:21.80 ID:I3BYtT0b0

晶葉「……わかった、じゃあ、あの一角に紙がちょっと散らばってるだろう?」

雪美「うん……」

晶葉「あれは設計書なんだが、あれをページ順にまとめて持ってきてくれるか? 作っている最中にゴチャゴチャしてしまってな」

雪美「……わかった……!」

晶葉「ページ数は右下に打ってあるから、参考にしてくれ」

雪美「……」コクッ

晶葉「じゃあ頼んだ」

雪美「らじゃー……」トコトコ

晶葉(ふふふ……優秀な助手を雇ってしまったな)

雪美「いらない……なにも……すててしまおう……♪」

晶葉「その選曲はやめてくれないか!?」


22 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:19:12.00 ID:I3BYtT0b0

雪美「できた……!」トコトコ

晶葉「おお、早かったな、ご苦労さま」

雪美「……」

晶葉「……?」

雪美「ご褒美……」

晶葉「え? いや、そう言われても……」

雪美「……」

晶葉(頭を突き出している……これは……)

雪美「……」ジー

晶葉「えっと……こ、こうか……?」ナデナデ

雪美「……!」パァァァァァァ

晶葉(かわいいな)

雪美「ちなみに……頭以外を触ってたら……BAD COMMUNICATION……」

晶葉「いつからそんなB'z好きになったんだ!?」


23 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:19:53.01 ID:I3BYtT0b0

雪美「次の……命令を……」

晶葉「命令ってそんな……」

雪美「……あっちの……部品みたいなのは……?」

晶葉「ああ、あれは目覚まし時計の残骸だな」

雪美「……?」

晶葉「いや、恥ずかしい話なんだが、よくやってしまうんだ。構造が気になってバラしてしまうが、直せなくなってしまってな……」

雪美「片づける……?」

晶葉「あれはダメだ、危ないからな。雪美には触らせられない」

雪美「こどもあつかい……ダメ……!」ムッ

晶葉「何とでも言ってくれ。ケガをしてからじゃ遅いからな」

雪美「過保護……!」

晶葉「過保護でけっこう」

雪美「仏……! 聖母……! 優しさの塊……! おかあさん……!」

晶葉「や、やめろ! やめろ! 恥ずかしい!!!」


24 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:20:27.91 ID:I3BYtT0b0

晶葉「急に褒められるとビックリするだろう!」

雪美「じゃあ……あっちの箱は……?」

晶葉「えーっと、アレは……何だったっけか?」

雪美「からっぽ……」

晶葉「ああ、あの時の部品の箱か……、不要だな」

雪美「潰しておく……?」

晶葉「悪いな、頼めるか?」

雪美「……もちろん……!」

晶葉「この辺の空き箱は全部捨てて大丈夫だ」

雪美「……」コクッ

晶葉(なんだか悪いな……)

雪美「うるとらそうっ……」ポスッ

雪美「うるとらそうっ……」ポスッ

雪美「うるとらそうっ……」ポスッ

晶葉「潰す効果音めちゃくちゃかわいいのに歌が」


25 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:20:55.58 ID:I3BYtT0b0

雪美「ふー……」

晶葉「ありがとう。疲れただろう?」

雪美「晶葉のためなら……どうってことない……」

晶葉「……そうか」

晶葉(私は幸せ者なんだな……)

雪美「次は……」

晶葉「よし! 今日はラボにこもると言ったが、前言撤回だ!」

雪美「……え?」

晶葉「何か食べにでも行こうじゃないか! せっかくの記念日だ!」

雪美「……うん……!」

ライラ「おー!」


晶葉「どいつもこいつもなぜいきなり現れるんだ!!!!!」


26 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:21:29.45 ID:I3BYtT0b0

ライラ「ライラさんは洗った白衣を届けにきたのですねー」

晶葉「お、おお、そうだったのか、ありがとう」

ライラ「ライラさんはお金がなくて、アキハさんにプレゼントはあげられません……。ですので、そのぶん頑張ってお洗濯したのですよー」

晶葉「ふふ……その気持ちだけで十分だ」

ライラ「ライラさんはアキハさんの助手でございますですからねー」

雪美「む……助手は……私……」

ライラ「おおー、ユキミさんも助手なのですねー? 2人でアキハさんをお助けしましょうかー」ペカー

雪美「仏……!」

晶葉「仏へのハードル低すぎないか」


27 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:22:02.23 ID:I3BYtT0b0

晶葉「まあいい、ライラも一緒に食べに行くか?」

ライラ「ご一緒させていただきますです」

雪美「ふふっ……家族みたいで……楽しい……ね」

晶葉「ずいぶんと世話のかかる家族だな?」フフッ

ライラ「ライラさんもー」

晶葉「ちょっとそれはタイミング違くないか」


28 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:22:35.31 ID:I3BYtT0b0

晶葉「何か食べたいものはあるか?」

ライラ「お腹に入れば一緒なのですよー」

晶葉「食事を楽しむ気が皆無だな?」

雪美「ザギンで……シースー……」

晶葉「お前10歳だよな?」

ライラ「ライラさんもー」

晶葉「お前は16だろう! 相槌がヘタなのか!」

雪美「晶葉は……どこ行きたい……?」

晶葉「私か? うーん、そうだな……」

雪美「ゴールデンレトリバー……!?」

晶葉「1ミリも言ってない!!!」




おわり




29 : ◆i/Ay6sgovU 2017/06/10(土) 00:23:06.80 ID:I3BYtT0b0


晶葉ちゃんお誕生日おめでとう!


過去作


渋谷凛「何かお話を」本田未央「書いてみたい?」

三船美優「サイレントマジョリティ」佐藤心「ノイジーマイノリティ」 (シリアス系)

橘ありす「ジャパネットフレデリカ?」

双葉杏「プロデューサーの口調が闇遊戯みたいになった?」P「そのようだぜ!」ドン☆


などもよろしくお願いします




30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:36:38.66 ID:GCyRLIVu0
晶葉ちゃんほど脳内の声がわかりやすい子もいない

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 00:46:40.58 ID:SpxBGFWVO
ところどころメタくて笑う



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 佐城雪美「世のため人のため晶葉のため……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497020617/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS!SUNFLOWER
V.A.
日本コロムビア (2017-06-28)
売り上げランキング: 108

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18595-ae26ea3d