ヘッドライン

【ミリマス】春香「まさかの時のアイドル裁判!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496865806/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:03:26.26 ID:qcNmfppi0
===

 今、パイプ椅子に座って台本に目を通しているのは事前の準備を怠らないことで有名な北沢志保だ。

 彼女は自分の台詞を確認すると、ひょいと客席に向かって顔を上げる。

 その顔は一見すると無表情、しかし、よく見れば自分の仕事に誇りを持つ者に共通する、
 一種のプライドを見つけることができるだろう。

 最も効果的なタイミングを計り、最高の声の調子をイメージし、彼女は堂々と、
 しかし慇懃無礼にはならぬように細心の注意を払って「始まります」――おっと、
 説明をしている間に彼女の台詞が終わってしまった。

2 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:04:51.94 ID:qcNmfppi0

 それではお話変わってここは765劇場楽屋室。……を再現した楽屋セット。

 つまりは劇場にある楽屋室を舞台に再現した撮影セットで、
 だから客席が志保の前にあり……そう! 劇場楽屋室なのだ。

 時刻は丁度お昼の少し前――たった今、壁掛け時計が鳴りました。時刻は丁度お昼です。


 席を立ち、退場する志保と入れ替わりでやって来たのは田中琴葉。

 彼女は楽屋の椅子に腰かけると、お昼ご飯のお弁当を取り出した。

 シンプルな絵柄の風呂敷包みをその細い指でサッと紐解き、
 机の上に現れたのは劇場の売店で買ったおにぎりが三つ。

 琴葉がしばし熟考し、鮭おにぎりを手に取ると同時に、
 舞台中央に作られた楽屋室の扉が叩かれた。

3 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:05:44.02 ID:qcNmfppi0

「どうぞ」

 言って、彼女は顔を上げる。
 すると扉を開いて現れたのは、大きな丼を手にした最上静香。

「大変なんです琴葉さん。劇場の粉ひきが壊れました」

「粉ひきが壊れた? ……一体全体何のこと?」

「だから、粉ひきが壊れてしまったんです。貴音さんが無茶な扱いを……」

「えぇっと、どんな風に壊れたのかしら?」

「どんな風って、至って自然に。レバーがペダルの上で曲がってます」

「粉ひき機ってあの臼でしょう? 臼にペダルなんてあったかな……」

「それでどうします? レバーがペダルの上で曲がっては、うどんの為に粉が挽けません!」

 思い出そうとする琴葉に時間を与えず、
 静香が空の丼を机の上に乱暴に置いて捲し立てる。

4 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:07:20.85 ID:qcNmfppi0

「す、少し落ち着こう静香ちゃん。私も理解するための時間が欲しくて」

「落ち着いていますし、説明だって! ペダルが斜めになってるんです!」

「だからそれがどんな状況なのか知りたいの」

「ああもう! これだけ説明してるのにグダグダと……。アイドル裁判じゃないんですから!」

 その時だ! 派手な登場音を鳴らしながら舞台に駆け上る影が三つ。

 それは鼓笛隊さながらの衣装を身にまとった天海春香に高坂海美、そして伊吹翼の三人だ。

 驚く琴葉たちの前に集まると、リーダー格らしい春香が一歩踏み出しこう言った。


「まさかの時のアイドル裁判!」


 彼女は持っていた応援旗を振りながら高らかにそう宣言すると、
 呆気にとられる二人に向かって喋り出す。

5 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:09:59.59 ID:qcNmfppi0

「私たちの武器は一つ! 突然の登場による"驚き"と"歌"。つまり二つ! それから"魅力"と、これで三つ!」

 白い手袋をはめた右手を突き出し、指を立てながら数えて行く。

「えっと、私たちの武器は"驚き"と"歌"と"魅力"にプロデューサーさんへの信頼。つまり四つ!」

 琴葉と静香の向ける視線が、驚きから困惑へと変わって行く。
 その場の空気の急速な変化に、堂々としていた春香も戸惑い出す。

「あ、あれ? つまり私たちの武器は"歌"と驚き"と……やり直し!」

 言って、静香が入って来た扉から出て行く三人の少女たち。
 舞台に静寂が訪れて、静香が静かにこう言った。

「だから、アイドル裁判じゃないんですから――」


 刹那! 再び派手なシンバルの音が響き渡り、風のように舞台に現れる春香たち三人。

 先ほど同様琴葉たちの前で整列し、春香が一歩前に出る。


「まさかの時のアイドル裁判!」


 そうして彼女は片手をサッと掲げると

「私たちの武器は四つ! "驚き""歌""魅力"に"プロデューサーさんへの信頼」

 一、二、三、四! 順番に指を立てながら数えて行き――。

「そしてこの恰好良い衣装! 全部で五つ! ……ああんもう! またトチっちゃった……」

 台詞を間違え、うなだれる春香。
 彼女はくるりと振り返ると、後ろで待機していた海美のことを指さした。

6 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:12:15.43 ID:qcNmfppi0

「ねぇ海美ちゃん。代わってくれない?」

「えっ!? わ、私が?」

「そう、私の代わりに最初から」

「できないって! 台詞覚えらんないもん!」

 が、有無を言わせず海美の腕を引っ張って、舞台からはける春香たち。残された静香が言う。

「アイドル裁判じゃ――」

 シンバル! 舞台に現れる三人! 
 一歩前に出た海美が不安そうな面持ちで口を開く!

「えー、その……」

「まさかの時の」

「ま、まさかの……時に……」

 後ろに立つ春香に耳打ちされながら、
 海美はしどろもどろの状態で台詞を続ける。

7 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:13:24.93 ID:qcNmfppi0

「アイドル……なんだっけ?」

「裁判だよ、アイドル裁判」

「わ、分かった」

 そしてまた、海美は春香がしていたように片手を上げて――。

「まさかの時にアイドル裁判だ!」

 高らかな宣言の後、沈黙。

 言葉の続かなくなった海美に対し、
 春香が「私たちの」と耳打ちを再開する。

「私たちの武器は、ええと……」

「"驚き"」

「"驚き"と……」

 しかしこれ以上は無理だと悟ったのか、春香が「待って待って」と海美を後ろに下がらせた。

 そうして彼女は呆れたような視線を向ける琴葉たち二人に手をかざすと。

「私たちの武器は"驚き"――以下省略」

 かざした片手をブラブラさせて台詞を省略。
「彼女の罪状を読み上げて」と、後ろで待機していた伊吹翼に指示を出した。

8 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:17:25.33 ID:qcNmfppi0

「分かりました、春香さん!」

 するとピョンと元気よく前に飛び出した翼が、
 持っていた巻き物を広げて琴葉の罪を読み上げる。

「琴葉さんは美希先輩行きつけの売店にある、おにぎりを根こそぎ買い占めたのです?
 ほ? それは許されざる罪なのです。お仕置きされないとならないのですよ!」

「それで……申し開きはあるかな?」

 春香が翼を下がらせて、座る琴葉を見下ろした。
 だが、琴葉にはとんと身に覚えの無い事だ。毅然とした態度で彼女のことを見つめ返し。

「無実だわ」

 だが、その言葉は春香たちの間に悪魔的な笑いを引き起こした。
 そしてまた、彼女は「すぐに白状させてやる」と悪魔的動作で琴葉に詰め寄る。

「私たちの武器である"驚き"と"歌"と――」

 春香が自分の頬を叩く。……台詞が飛んでしまったのだ。
 ますます呆れる琴葉たちの視線から顔を背け、春香が海美に指示を出す。

「海美ちゃん。拷問バットを」

「了解!」

 すると海美が隠し持っていたバットを取り出した。
 ……銀色に光り輝くステンレス製の、それは見事なバット(Vat)をだ。

 春香が思わず頭を押さえる。
 しかし、出してしまった物はしょうがない。

9 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:19:36.41 ID:qcNmfppi0

「……よし。縛れ」

 春香の命令を受けるやいなや、海美と翼が座っていた琴葉を立ち上がらせる。

 そして二人は彼女の体に、紐を使ってキッチンバットを縛りつけて行く。

 ……その様子を、春香はただ見ていた。見ていることしかできないでいた。
 もはやここまで来たら押し通すしかないのである。後には引けない……カッコ悪いから。

 春香が「コホン!」と咳払いをして、琴葉に再度詰め寄った。
 出来る限りのキメ顔で、彼女は琴葉に問いかける。


「では……自分の罪を認めるか?」

「だから無実よ。こんなの酷い言いがかり」

「ならば仕方ない! 海美ちゃん、拷問よ」

「えっ? でも……」

 春香からバットを使った拷問の指示を出された海美が戸惑いながら訊き返す。

 だがしかし! 春香は海美に顔を近づけると。

「いいから、何も言わずに私に合わせて」

「つ、つまり?」

「雰囲気だけでも何とかしなきゃ! これじゃあ恰好がつかないよ~!」

 舞台の上に、途方に暮れた三人の悪魔的笑いが木霊する――っと、失礼。

 たった今、劇場宛に抗議が来ました。

10 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:20:59.01 ID:qcNmfppi0

『この話は全く酷い! パロディにもなっていなければ
 面白くもなんともない、実に中身のないくだらん話だ。

 きっとこのスレを建てた人間は他人の褌を借りねば
 作品の一つも書けない能無しに違いない!』

11 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:22:20.23 ID:qcNmfppi0

 差出人は『一介の二次創作作者』様。

 それではお話変わってここは劇場楽屋室。もちろん舞台の、セットの方の。

 今、楽屋には二人の少女が。

 日々アイドルちゃんデータベースを充実させるためにスナップを集める松田亜利沙と、
 そんな彼女の写真を検閲する徳川まつりの二人である。

「これは舞台裏から舞台に向かうアイドルちゃんです」

「スカートの角度がギリギリなのです。却下」

「こっちは舞台裏から舞台端へ向かうアイドルちゃん」

「胸元が開き過ぎなのです。却下」

「そしてこれが舞台裏で待機中のアイドル裁判」

「ほ? アイドル裁判というとあの三人?」

12 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:23:49.11 ID:qcNmfppi0

 刹那! 聞き慣れたシンバル音と共に舞台へ現れる春香たち! 
 最高のキメ顔を客席に向け、リーダーである春香が言う。


「まさかの時にアイドル裁判!」


 説明しよう! アイドル裁判とは増大する劇場内のいさかいに対処しようと、
 プロデューサーが思い付きで作った劇場風紀係の名前である! 

 そしてそんなアイドル裁判を取り仕切るのが、天海春香たち三人なのだ。

 そしてこの話はそんな三人の活躍の話。題して『まさかの時のアイドル裁判!』

「よく聞いて。アナタの罪状は三つ」

 写真を撮りまくる亜利沙を鬱陶しそうに舞台から追い出して、春香がまつりに詰め寄った。

13 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:25:21.06 ID:qcNmfppi0

「姫としての思想、言葉遣い、信念と行為……この四つ」

「それはつまり……何が言いたいのです?」

「告白せよ、徳川まつり。自分が姫キャラを装っていると」

「キャラ? 全く意味が分からないのです」

 ふるふると首を振るまつりを鼻で笑い、春香が海美に呼びかける。

「ならば今すぐ分からせてあげる……海美ちゃん、クッションを」

 すると海美が両手に一つずつクッションを持ち、春香に「準備よし!」と返事した。

 春香が椅子に座るまつりに近づいて「最後のチャンスをやる」と片手をあげる。

「罪を告白し、キャラをやめたら……チャンスは二つ」

「ほ?」

「自由にしてあげる。……チャンスは三つだ」

「最後のチャンスなのですよね?」

「いいから言った通りにして!」

14 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:26:29.28 ID:qcNmfppi0

 思わず大きな声を上げ、春香が「分かった。シラを切りとおす気ね」と腕を組んだ。
 そうしてやれやれと首を振ると。

「海美ちゃん、まつりちゃんをクッションの刑に」

 そして拷問は始まった。椅子に座るまつりの脇腹を、
「告白せよ、告白せよ!」と迫りながらクッションを使ってポフポフポフポフとつついて行く。

 しばらくそうしてポンポンした後、海美が諦めたように呟いた。

「き、効いてません」

「頑丈な女め……角を使え」

「えい! えい! ……ダメです」

 海美から渡されたクッションとまつりを見比べて「手強い女だ」と春香が言った。

 それから彼女は持っていた拷問器具を客席に向けて放り投げると、今度は翼の方へ振り返る。

「翼ちゃん」

「はい! なんですか、春香さん」

「持って来て……安楽椅子を!」

15 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:27:53.44 ID:qcNmfppi0

 途端、翼の顔が驚きと恐怖に満たされた。
 信じられないといった風に目を見開き、口をわななかせて復唱する。

「安楽椅子!?」

「そうよ。クッションの刑では手ぬるいと見える」

 こうして、舞台の上に安楽椅子が持ち込まれた。それはいわゆるアームチェア。

 ひじ掛け付きでゆったり座れ、さらにはマッサージ機能までついている。

「今度の拷問は厳しいよ? ……まつりちゃんを椅子に座らせて」

 春香の指示で、海美たちがまつりをパイプ椅子から安楽椅子へと強制的に座り直させる。

 そして彼女の体がこのフカフカとした椅子に沈み込むと、春香はまつりの傍に寄り添って。

「どう? これからおやつ時まで座ってて。……お茶も三時に一杯だけ」

「至れり尽くせり、なのです」

「その通りだよ、まつりん」

「……あんまり偉そうじゃない方がいいかな?」

16 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:28:45.08 ID:qcNmfppi0

 春香の提案に、海美と翼が無言でうなずく。

 すると春香は先ほどまでとは打って変わった猫撫で声で「告白せよ、告白して」と詰問を再開した。

「告白せよ、告白せよ!」

 だが、その声は少しずつ大きくなり、最後には元と同じ強い口調に。

 余りに恐ろしい剣幕で問い詰める春香の迫力に、とうとう「告白します!」と言う声が舞台上に響き渡り……

 海美がその場に崩れ落ちた。

「告白します、春香さん! 私、ずっとアナタが――」

「待って海美ちゃん、色んな意味で違うでしょ!」

 ――っと、ここで再び抗議文が。

17 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:29:59.80 ID:qcNmfppi0

『女の子同士で告白告白と言い合うなんて、なんて破廉恥な作品でしょう。
 安易に少女同士を絡ませて、読者の受けを狙おうとする姿勢が低俗なうえにありきたり。

 その上女性差別です――提案します。
 この際男の子同士の絡みも増やして、バランスを取ってはどうでしょうか?』

18 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:32:08.01 ID:qcNmfppi0

 暗転。舞台の照明が再び灯った時、そこには椅子に座る志保が。

 彼女は舞台が始まる時と同じように、台本に目を通しながら呟いた。

「本当に、最初から最後までグダグダでしたね。
 何より話の筋も通りませんし、このデタラメさはまるでスペイン宗教裁判です」

 言って、彼女は扉を見る。舞台中央、三人の現れたあの扉を。

「……アイドル裁判」

 無音、変化なし。

「アイドル裁判。シンバルの音と共に春香たち乱入……」

 だがしかし無音、変化なし。

 台本を確認した志保が困ったように客席を向き、苦々し気に吐き捨てた。


「THE END」

19 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/06/08(木) 05:33:50.11 ID:qcNmfppi0
===

 と、いうわけでお話は全て終わっておしまいです。
 正義春香さんのイラストを見た瞬間、余りのカッコよさにこれは何か書かねばと。
 で、非常に有名なスケッチのパロディにもならないパロディを。
 あの楽しさを文字で表現しようなんて実に無謀なことをしたものですが……
 少しでも楽しんで頂けたならさいわ「まさかの時に――ってわわわっ!?」どんがらがっしゃーん! 

 ……では、お読みいただきありがとうございました。

元ネタである「Spanish Inquisition」
https://www.youtube.com/watch?v=Nf_Y4MbUCLY

正義春香さん



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ミリマス】春香「まさかの時のアイドル裁判!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496865806/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18571-f4c99795