ヘッドライン

【ガルパン】カチューシャ「ほら、ノンナってそういうの好きだから」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496152144/

1 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:49:05.23 ID:46K5tYsJ0
カチューシャ「ようこそ諸君、我がプラウダへ!歓迎するわ!」

麻子「久しぶりだなカッちゃん」

カチューシャ「カッちゃんって言わないでよ!失礼ね」

カチューシャ「大体このカチューシャ様がいなければ今頃あんた達の学校、廃校になってたのよ?」

磯辺「いやー、それは本当に感謝してますよ、カッちゃん!」

麻子「感謝してるからこそ、このわけのわからん招集に応じたんじゃないか、カッちゃん」

沙希「・・・カッチャン」

カチューシャ「だーかーらー、カッちゃんって言うなぁ!」

麻子「そういえばノンナさんがいないな」

オレンジペコ「そうですね、いつもカチューシャさんのお近くにいる印象でしたが」

カチューシャ「ノンナなら今サンダースへ出張中よ、ちょっと席を外してもらいたくてね」

福田「ノンナさんに内緒とは何やら如何わしい匂いがするであります」

2 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:49:32.57 ID:46K5tYsJ0
磯辺「そーいえば、うちらが集められた理由って何ですか?」

福田「まったく見当もつかないでありますアヒル殿」

オレンジペコ「大洗、知波単、そして聖グロリアーナ、まったくバラバラのメンバーですね」

カチューシャ「後もう一人来るわよ、遅刻してるけど」

オレンジペコ「誰でしょう?この場にはいないのはサンダースの誰かとか」

麻子「アンツィオかもしれない、あぁパスタが食べたい」

磯辺「黒森峰の西住隊長とかきたらちょっと緊張するかなぁ」

福田「もしかして継続高校ということはありませんか?」

カチューシャ「はぁ!?私があんなとこ呼ぶわけないでしょうが!!!」

福田「ヒィッ!も、申し訳ないであります」

磯辺「いきなり怒り出したけどどうしたのかな」

麻子「きっと何かあったんだろうな、おやつを食べられたとか」

3 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:50:10.05 ID:46K5tYsJ0
カチューシャ「あら、ようやく到着したようよ、まったくこのカチューシャ様を待たせるなんて」

愛里寿「ごめんなさい、ちょっと遅くなった」

福田「あ、あ、あ、愛里寿島田殿でありすか?」

麻子「落ち着け、名前が逆だしマが抜けてるぞ」

カチューシャ「遅かったじゃない!」

愛里寿「お母様を説得するのに時間がかかってしまったの」

カチューシャ「まぁいいわ、これで全員揃ったわね」

愛里寿「みほさんは来てないの?」

カチューシャ「ああ、ミホーシャなら今回は呼んでないわ。ちょこっと大きすぎるしね」

磯辺「大きすぎる?」

カチューシャ「ええ!今回あなたたちを呼んだのは他でもないわ!」

カチューシャ「ノンナにね、今までの感謝を伝えるのを手伝ってほしいのよ」

福田「おお!それはなんと素晴らしいことでありましょうか」

カチューシャ「ノンナはずっとカチューシャを支えてくれていたの、それこそ1年のころからずーっと」

カチューシャ「私たちはもうそろそろ卒業するわ、その前に感謝の想いを伝えたい」

オレンジペコ「素晴らしい隊長をもってノンナさんは本当に幸せですね」

麻子「いや、それは良いとして私たちを呼んだ意味がわからないんだが」

4 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:51:38.58 ID:46K5tYsJ0
カチューシャ「だからあなたたちなのよ、ノンナが好きそうだし」

愛里寿「好きそう?」

磯辺「そういえばなんとなーくだけど、バレー部向きのメンバーじゃないような」

オレンジペコ「そういえば先ほどから皆さんと視線がまっすぐ合うような」

福田「ということはつまりどういうことでありますか?」

沙希「・・・ミンナチッチャイ」

カチューシャ「ほら、ノンナってそういうの好きだから」

麻子「つまり?」

オレンジペコ「小さい子好きのノンナさんのために」

福田「ちっちゃい我々が集められたのでありますか!?」

愛里寿「あり得ない」

磯辺「そもそもプラウダにもちっちゃいニーナちゃんとかいるんじゃ?」

カチューシャ「うーん、それも考えたんだけどニーナじゃダメらしいのよね、ノンナは好みがうるさくって」

麻子「好みがうるさいならきっと我々でも結果は同じだろう。よし、帰る」

磯辺「だねー、流石に付き合いきれないかなー」

5 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:52:17.17 ID:46K5tYsJ0
カチューシャ「ちょっと待ったぁ!これ、見てくれる?」ペラッ

『カッちゃん、選抜戦の時はどーもね!お礼にうちの子たち好きにしていいよー。 元会長 角谷杏より』

磯辺「んなっ!なんですかその怪文書は」

麻子「!?まだ続きがあるぞ」

『P.S ちなみに、カチューシャさんの言う事聞かずに帰ってきたら遅刻3倍および戦車道履修者の部活動禁止にするからね! 風紀委員長 園みどり子より』

磯辺「くそー、元会長もそど子さんもうちらと似たような体型じゃないか!」

麻子「そど子の奴自分が来たくないからって私たちを売ったな、横暴だ」

麻子「っていうかあいつはいつまで風紀委員長なんだ、もうすぐ卒業だろ」

カチューシャ「ちょこ~っとお願いしたらあっさりOKしてくれたのよね~」

オレンジペコ「わ、私には関係ないので失礼させて頂きますね」

カチューシャ「おっとぉ、ダージリンからもちゃ~んと許可を貰ってるわ!」ペラッ

『こんな格言を知っている? 【人間には不幸か、貧乏か、病気が必要だ。でないと人間はすぐに思いあがる】』

オレンジペコ「ツルゲーネフですね。ロシアの小説家です、でも私思いあがってはいないと思うんですけど」

『ま、それは何も関係ない話ですけれど、面白そ・・・もとい友人であるカチューシャからのたっての頼みですからよろしくお願いね ダージリンより』

オレンジペコ「うぅ、ダージリン様がそうおっしゃるなら仕方ありません」

麻子「いいのか?ダージリンは完全に楽しんでるみたいだぞ」

『P.S 約束通りしっかりとペコ中心に撮ったアレな動画を送ってくださいね、カチューシャ(はぁと)』 

オレンジペコ「あんのタンニン中毒格言ババア・・・」

沙希「・・・キャラホウカイ」ガクブル

6 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:52:59.18 ID:46K5tYsJ0
福田「我が知破単も西隊長のお顔に泥を塗るわけにいかないであります!なんでも来いであります!」

カチューシャ「良い度胸ね!気に入ったわ!で、あなたはどうする?」

愛里寿「くだらない・・・帰る」

カチューシャ「あら?すごすごと逃げ帰るのかしら?ミホーシャの部下である大洗の3人は喜んでやると言っている、この意味は分かるわよね?」

麻子「一言も言ってないぞ」

カチューシャ「部下に出来ることはもちろん隊長であるミホーシャにも出来る、あなたは出来ないから帰ると言っている。つまり」

磯辺「っていうことは西住隊長もバレーが出来るってこと!?」

カチューシャ「あなたはミホーシャに戦わずして負けるのよ!島田愛里寿!」

愛里寿「!」

カチューシャ「残念ね。あなたならミホーシャに勝てる器だと思っていたのだけど、見込み違いだったわ」ハーヤレヤレ

愛里寿「・・・やる」

カチューシャ「は?聞こえないわね!」

愛里寿「私もやる!みほさんには二度と負けない!」

カチューシャ「・・・チョロイ」ニヤリ

沙希「・・・チョロイ」ニヤリ

7 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:53:27.96 ID:46K5tYsJ0
福田「ところで具体的に我々は何をすればよいのでありましょうか」

オレンジペコ「そうですね、ノンナさんに感謝を伝えると言ってもどうすれば良いのか私たちにはわかりかねます」

カチューシャ「え?えーと、ね。ノンナが好きそうなこと・・・」

麻子「まさか、ここまでしておいてノープランなのか」

カチューシャ「そ、そんなわけないでしょ、ちょこっとド忘れしただけよ!」

磯辺「カチューシャさん根性で思い出してください!」

福田「そうであります!コンジョーであります!」

カチューシャ「コ、コンジョー、こんじょう・・・!?」

カチューシャ「!!!そうよ!こんじょうよ!ノンナが好きなのは!」

磯辺「おおっつまりバレーボール!」

カチューシャ「違うわっ!根性じゃなくて紺青!」

麻子「まるで文字変換している時に偶然見つけたかのような『こんじょう』だな」

カチューシャ「うるさいわねっ、初めからカチューシャは紺青って言葉知ってたんだから」

愛里寿「それで、その紺青がどうしたの」

カチューシャ「つまりノンナが好きなのはね、紺青色のスクール水着よ!」

8 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:54:01.99 ID:46K5tYsJ0
オレンジペコ「はい?」

麻子「いや余計に意味が分からないぞ」

カチューシャ「去年の夏、ノンナと海へ行った時小声で呟いていた言葉を聞き逃さなかったのよカチューシャは」

カチューシャ「『カチューシャはまさかのスクール水着ですか・・・ウラァーーーーー!(テンションMAX)』ってね」

オレンジペコ「小声でテンションMAXって結構怖いと思うんですが」

麻子「小声で呟いてたはずがいつの間にか大声になっていたパターンじゃないのか」

カチューシャ「ウラーってのはロシア語で『やったね!』を意味する言葉だってさっき辞書で、、、いえ、カチューシャは知ってたんだけどね」

麻子「そもそも高3にもなって海へ行くのにスクール水着なのか」

愛里寿「海でスクール水着が許されるのは小学生まで」

カチューシャ「リアルお子様に言われたくないわっ!」

愛里寿「私は大学生だから私の方がお姉さんよ。見た目も私の方が大人っぽいし」

カチューシャ「そこまで変わらないじゃないの!」

オレンジペコ「13歳と18歳が張り合ってそこまで変わらないこと自体が残念なことに気付いてないようですね」

麻子「変わらないどころか完敗じゃないか」

福田「それで我々がそのすくぅるみずぎなるものを着用してノンナさんを喜ばせればよいのでありますね」

カチューシャ「そうよ!スクール水着を着ながらコサックダンスでも踊ればノンナもきっと大喜びで舞い踊るわ!」

オレンジペコ「意外とカチューシャさんの中のノンナさんのイメージって酷いですよね」

麻子「あぁ、それで喜ぶってただの変態じゃないのか」

オレンジペコ「ダージリン様ならいざ知らず普通の方なら喜びませんよね」

麻子「お前の中のダージリンも大概だな・・・」

9 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:54:56.37 ID:46K5tYsJ0
磯辺「うーん、水着でコサックかぁ、せめてあんこう音頭ならイケるのに」

愛里寿「それは絶対にイヤ」

福田「変態的前進は知破単の恥であります」

磯辺「水着じゃなくてバレーのユニフォームじゃダメなんだろうか」

カチューシャ「まったくもう。文句ばっかりね。所詮あなたたちは口だけの根性無しってことなのかしら」

磯辺「くっ、根性なしだと」

カチューシャ「大学生とはいっても所詮ミホーシャの足元にも及ばないようね」

愛里寿「くっ、みほさんには負けない」

カチューシャ「突撃突撃って言ってる割に簡単に敵に背を向けるのね」

福田「くっ、敵前逃亡など西隊長に合わせる顔がないであります」

カチューシャ「このまま逃げ帰ってダージリンに顔向け出来るのかしら?」

オレンジペコ「くっ、まぁそこはどうでもいいですけど」

一同「こーなったら、もう!何でもやったらぁ!」

麻子「いや、まて私は絶対にやらないぞ、私は高いとことオバケとオバアとコサックダンスは苦手なんだ」

沙希「・・・死ぬ時は一緒」

麻子「いやあああああああああああああああ」

10 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:55:51.14 ID:46K5tYsJ0



ノンナ「これ以上各校の皆さんに迷惑をかけるわけにはいきませんね」

ノンナ「そろそろ潮時のようです。色々と協力ありがとうございました、アリサさん」

アリサ「いや、私の盗ちょ・・・もといスパイ技術が役に立ってよかったわ、この貸しは高くつくわよ!」

ノンナ「えぇ、おかげでカチューシャの私に対する気持ちも知れましたし、感謝してもしきれません」

ノンナ「今度お礼に秘蔵のカチューシャ動画詰め合わせファイルをお送りしますね」

アリサ「いや、それは要らんわ・・・」



11 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:57:21.31 ID:46K5tYsJ0
カチューシャ「もっと足の動きを速く!リズムに乗れてないわよっ!」

カチューシャ「はい!ヴィーハー ヂーラナー ビリッ カチューシャ♪ ナー ヴィソーキ ビェーリク ナックルトーイ♪」

麻子「カチューシャ(曲名)に合わせてコサックダンスとか普通に無理だろ・・・」ハァハァ

磯辺「しかもカチューシャ(人名)さんのアカペラって難易度1人時間差アタックだよ」

オレンジペコ「特別上手くもなく、かといって特別下手ではない微妙な歌声ですしね」ハァハァ

愛里寿「一番感想に困るタイプの歌声」ハァハァ

カチューシャ「あんたたち全部聞こえてるわよっ」

福田「それにしてもカチューシャ殿は水着で踊らないのでありますか?」ハァハァ

カチューシャ「私はいいのよ、私なんてどうせノンナも見飽きてるだろうし」

カチューシャ「さぁノってきたところで続いてあんこう踊りでも行こうかしら」

沙希「」カチューシャノソデクイクイ

カチューシャ「ん?何かしら、あんこう踊りが嫌ならはっきり言ってちょうだい」

沙希「」クビフルフル

沙希「」イリグチノホウユビサシー

磯辺「あ、あのバレー向きな高身長の」

麻子「黒髪のロングヘア―で」

オレンジペコ「スタイル抜群のあのシルエットは」

福田「ノンナ殿でありますっー?!」

12 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:58:05.88 ID:46K5tYsJ0
ノンナ「ただいま戻りましたカチューシャ」

カチューシャ「え?あ?ど、どうしたのノンナ。ケイに呼ばれてサンダースへ行ってたんじゃなかったの!?」

ノンナ「ええ。無事会合も終わって今しがた帰ってきたばかりです」

カチューシャ(なによ、ケイの奴面白そうだから協力するわ!なんて言っときながらさっさと帰すなんて)

――――inサンダース――――

ケイ「カチューシャよりもノンナに協力した方がベリー面白そうだからね!」

ケイ「アリサの報告が楽しみだわ~!」

――――――――――――――

カチューシャ「そ、そうね、の、ノンナも長旅で疲れてるだろうから今日は自室でゆっくり休んだらどうかしら」

ノンナ「いえ、帰りはアリサさんに送ってもらいましたから大して疲れてはいません」

ノンナ「それに、アリサさんの協力でこちらの状況は大体把握してますから」

13 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 22:59:26.45 ID:46K5tYsJ0
カチューシャ「え?それじゃ私の秘密の計画・・・」

ノンナ「親愛なる同志カチューシャ、あなたのバイカル湖より深い愛情、心に深く深く突き刺さりました」

カチューシャ「全部バレてたのね・・・ノンナをビックリさせたかったんだけど」

ノンナ「いえ、十分驚きましたよ、カチューシャが私の事をこんなにも思ってくれていただなんて」

オレンジペコ「私はノンナさんがプラウダに居ない間も逐一カチューシャさんを監視していることに驚かない方がビックリしましたけど」

ノンナ「ですが、一つだけ誤解があります。私は別に小さい子が好きだというわけではありません」

カチューシャ「えっ!?そうなの!だってノンナはカチューシャにいつも良くしてくれているじゃない」

カチューシャ「いやカチューシャが小さいってわけじゃないんだけど」

ノンナ「私はカチューシャが小さいからカチューシャのそばにいるのではありません」

ノンナ「仮にあなたがウラル山脈のような大女だったとしても私は同志のそばを離れないでしょう」

ノンナ「私はあなたがカチューシャだからこそカチューシャと一緒に歩み続けたいのです」

カチューシャ「ノンナ・・・」

ノンナ「カチューシャ、私はこんなにも素晴らしい隊長に恵まれて本当に幸せ者です」

カチューシャ「ありがとう、私は素晴らしい同志、親友に恵まれて本当に幸せ者だわ」ダキツキッ

ノンナ「あぁ、親愛なる同志カチューシャ」ダキシメー

麻子「いやー感動だな」(スクール水着)

磯辺「まるでダブルクイックの様な見事なコンビ」(スクール水着)

オレンジペコ「私もダージリン様とこのような信頼関係を築き上げたいものですね」(スクール水着)

福田「さぁそろそろお二人のお邪魔にならないよう帰るであります」(スクール水着)

愛里寿「じゃあ皆、帰ろう」(スクール水着)

14 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 23:00:23.98 ID:46K5tYsJ0
麻子「って、そんな都合よくいくわけないだろっ」

カチューシャ「えぇ?なんか良い感じに終わりそうだったのじゃないの!」

磯辺「そうだそうだ!雰囲気に誤魔化されそうになったけどこの状況どうしてくれるんですか」

オレンジペコ「こんな辱めを受けるなんて・・・」」

愛里寿「この屈辱、簡単に許すわけにはいかない」

ノンナ「だ、そうですが、どうします?カチューシャ」

カチューシャ「ど、どうするもこうするも皆喜んで参加してくれてたのよね!?」

福田「そんなわけないであります!!!」

麻子「ん?そーいえば、私たちはノンナさんを喜ばせるために集められたんだよな?」

愛里寿「それがどうかしたの」

麻子「ノンナさんは小さい子が好きだと誤解されてたから私たちが集められた」

磯辺「そうか、でも実はノンナさんが好きなのは小さい子ではなくカチューシャさん」

福田「ということはノンナ殿を喜ばせるためにはカチューシャさんが」

オレンジペコ「スクール水着でコサックダンスをすれば良いわけですね」ニッコリ

カチューシャ「なんでそうなるのよっ」

ノンナ「なるほど仕方ありません。ここは一つ同志の素晴らしい踊りを見せつけてあげましょう」ハナヂダラー

カチューシャ「なんか鼻から出てるわよっ、ノンナぁ!」

ノンナ「さぁお着換えは手伝います」ハナヂドバー

カチューシャ「いやああああああ、なんで結局こうなるのよおおおおおおおおお」

麻子「いやだってほら、ノンナさんってそういうの大好きだからな」


    ―――――――― 完 ――――――――


15 : ◆oCUqCh9IDg 2017/05/30(火) 23:01:11.03 ID:46K5tYsJ0
以上です。思い付きのままの駄文失礼しました。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ガルパン】カチューシャ「ほら、ノンナってそういうの好きだから」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496152144/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18481-5d68c55c