ヘッドライン

【ミリマス】杏奈「……プロデューサーさん、最近構ってくれないの」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496222099/


2 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:16:11.31 ID:FUYxNtq90

望月杏奈(以下、杏奈) 「…………」カチカチッ

 

ミリP 「音無さん、これお願いします」

音無小鳥(以下、小鳥) 「はいはーい……って、これなんですか」

 

P 「恵美と飯行った時の領収書……」

小鳥 「オフのじゃないですか!こんなの通るわけないでしょ!」バン

P 「えー……」

小鳥 「通らないって分かってるのにこんなの出してくるなんて……!」

小鳥 「自慢ですか、自慢なんですね!」


3 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:17:15.30 ID:FUYxNtq90

P 「そ、そこまで歪曲して捉えられると……」アセリ

小鳥 「アイドルの子たちに構ってあげろって言われたからってやりすぎも程々に!」

P 「……で、本音は?」

小鳥 「私の事も構ってくださいよ!」

P 「さっきからずっと構ってると思うんですけどねぇ!?」

小鳥 「私だって、イチャイチャしたいんです!妄想で他の子だけがイチャイチャしてるのに疲れました!」

P 「恋人を作ればいい話なんじゃぐぇっ!?」


4 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:19:18.56 ID:FUYxNtq90

―――――

杏奈 「…………」ピコピコ

七尾百合子(以下、百合子) 「あ、杏奈ちゃん今日いつも以上に早くない?」

 

杏奈 「そんなこと、ない…よ…」

百合子 「いやいや!いつもより動きキレッキレだし!」

杏奈 「………百合子さん、回避…忘れてるよ」

百合子 「えっ?あ、ダメッ!」カチッ

百合子 「うーん……今日は調子悪いのかなぁ」

杏奈 「…………」


5 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:20:21.03 ID:FUYxNtq90

百合子 「ねぇ、杏奈ちゃん……今日、なんかスッゴク怒ってない?」

杏奈 「え…そう、見えた……?」

百合子 「見えるよ?私が足引っ張ってるからかなー、なんて思ってさっきから震えてるけど……」ビクビク

杏奈 「そんな事、ない…杏奈、百合子さんとゲームするのは…とっても、好きだから…」

百合子 「そ、そう?嬉しいなぁ」テレテレ

百合子 「でも、それならなんでそんなに怒ってるの?」

杏奈 「……プロデューサーさんが」

百合子 「?」


6 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:21:12.56 ID:FUYxNtq90

杏奈 「最近…色んなアイドルの子に、声かけてる…よね」

百合子 「最近は多いねー。いつか私も構ってもらえたらなー、なんて」アハハ

杏奈 「……それじゃ、ダメ」ボソリ

百合子 「杏奈ちゃん?」

杏奈 「今だって……琴葉さんとか、恵美さんばっかり…構ってる」

百合子 「そ、そりゃああの二人は前からあんまり構えてもらってなかったし……」

百合子 「私たちと比べたら、前より構ってもらえてるように見えるのは当然だと思うけど?」

杏奈 「そ、それは……そうだけど…」シュン


7 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:22:44.46 ID:FUYxNtq90

百合子 「……もう、仕方ないなあ」

杏奈 「百合子、さん……?」

百合子 「そこまで言われたら引き下がれないし……」

百合子 「私、風の戦士だもんね!vivid_rabitが困ってるなら助けるのが、勇者の務め!」バン!

百合子 「私にドーンと任せちゃってよ、杏奈ちゃん!」

杏奈 「ゆ、百合子さん……!」ピーン

杏奈 「分かった!背中は任せたからね、lilyknight!」

杏奈 「杏奈のミリョクで、ババーンとプロデューサーさんを誘惑しちゃうよー!」グッ


8 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:23:17.57 ID:FUYxNtq90

―――――

杏奈 「っていっても……どうするの?」

百合子 「……それが分かってたら、私ももっと構えてもらえてるかも……」ズーン

杏奈 「あ、諦めちゃダメだよ百合子さん!」

百合子 「……ふふ、そうだね。私が助けてあげるって言ったのに、私が落ち込んでちゃダメだよね」

杏奈 「そうだよ、元気が一番!」

杏奈 「……あれっ?」チラリ


9 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:24:23.94 ID:FUYxNtq90

―――――

小鳥 「プロデューサーさん!今、暇ですか?」

P 「どうみても仕事してるのが見えないんですか音無さん」

小鳥 「全くも―、書類作業なんて遊んでる様なもんじゃないですか!」

P 「じゃあ書類でもっと激しく遊んでくださいね……仕事、終わりませんから」

小鳥 「つれないんだから……そうだ!プロデューサーさん、勝負しましょうよ!」

P 「……勝負ですか?またつまらない勝負なら……」

小鳥 「違います、今回はきっちりとした勝負です!」

P 「……聞きましょう」


10 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:24:51.74 ID:FUYxNtq90

小鳥 「この書類の束が終わったのが早い方が、相手になんでも好きな事を命令できる!……どうです、私に好きな事させてみたくなってきませんか?」

P 「強いて言うなら仕事してほしいです」カタカタ

P 「でも、そうですね……そのくらいなら、張り合いが出てやりがいが出るかも」

小鳥 「そうでしょうそうでしょう!さ、勝負しましょうよ!」

P 「……仕方ねえな。ここで引導を渡してやるぜ、ピヨ助!」バッ

小鳥 「そうこなくっちゃぁ!」バッ


11 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:25:24.37 ID:FUYxNtq90

P カタカタ

小鳥 カタカタ

P 「……うぐっ、打ち間違えた」

小鳥 「……で、データ飛んでる!」ガーン

P カタカタ

小鳥 カタカタ

小鳥 「……はいっ、終わり!」ターン!

P 「!?は、早くないですか!?」

小鳥 「ふっふっふー……50人アイドルがいる事務所の事務を一人で担ってる女を舐めちゃいけねぇよ、ぼっちゃん」キリッ

小鳥 「それでプロデューサーさんは……」チラリ

P 「……まだです」ボソッ


12 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:26:06.53 ID:FUYxNtq90

小鳥 「ピヨッシャアアアア!私の勝ちですね!」グッ

P 「そんなに仕事が早いなら、いつもその調子で仕事してくださいよ……!」ワナワナ

小鳥 「小鳥ちゃん、無理はしない生き物なのよ」ピヨピヨ

小鳥 (それに、私が仕事早めに終わらせるようになっちゃったら……こうやって相手してもらえる時間も減っちゃうし)

P 「クソッ……」

小鳥 「さて、罰ゲームですよ罰ゲーム!なぁに聞いてもらおっかなー」ニッコニコ

P 「楽しそうですね……っと。こちらも終了しました」ターン

小鳥 「お疲れ様でした、プロデューサーさん!」

小鳥 「それでは……!」


13 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:27:10.94 ID:FUYxNtq90

P 「婚姻届にハンコはつきませんからね」ジトー

小鳥 「そんな事させませんよ!」

小鳥 「自分から押してもらえなきゃ、意味ないですし」ボソリ

P 「ん、何か?」

小鳥 「なんでもないでーす!それじゃ、早速お願いしてもいいですか?」

P 「……気乗りしませんが、どうぞ」

小鳥 「お昼!一緒に食べに行きましょう!」

P 「……えっ、それだけですか?」ポカン

小鳥 「それだけですよ?」キョトン


14 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:27:44.71 ID:FUYxNtq90

P 「……何か変なものでも食べたんじゃ」

小鳥 「今から食べに行くのにそんな物食べてるわけないでしょう!」

P 「じゃあどうしてです?別に、特別な理由なんかなくても、誘われたら俺付き合いますよ?」

小鳥 「最近、アイドルの子とばーっかりご飯食べてるじゃないですか!」

P 「ぐっ!そ、それはこのみさんから……」

小鳥 「構ってあげるよう言われてるのは分かってますよ!」

小鳥 「それでも……私だってたまには二人でゆっくりとご飯に行きたいです」

小鳥 「そろそろ新人の子も来るでしょうし」

P 「ああ……確かに、機会は少なくなっちゃうかもしれませんね」


15 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:28:31.91 ID:FUYxNtq90

P 「分かりました!そういう事なら俺の奢りで、飯行きましょう!」

小鳥 「奢りって……別に私も出しますし、良いですよ」

P 「それじゃあんまり勝負の意味がないでしょう?遠慮せず、奢られちゃってくださいよ!」

小鳥 「……ふふ、分かりました!お店の方はお任せしますね!」

P 「任されました!じゃあ、この前見つけたちょっと洒落た所でも……」

小鳥 「……アイドルの子の誰かと行った場所ですか?」ジトー

P 「違いますよ。まだ誰とも行ってませんから!」

小鳥 「ホントですかぁ?」ジトー

P 「本当です!」

小鳥 「フフッ、冗談です!さ、行きましょう!」ニコニコ


16 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:30:42.87 ID:FUYxNtq90

―――――

杏奈 「……小鳥さん、まで……」ジトー

百合子 「杏奈ちゃん、素に戻ってるよ……?」

百合子 「でも、小鳥さんもああやって構ってもらいにいくんだ……すごいなぁ」

杏奈 「百合子さんは……構って、もらいたく…ないの?」

百合子 「えっ、私!?」

杏奈 「うん……百合子さん、すっごく…寂しそう」

百合子 「……私、こういう時に勇気が出せないから」

百合子 「杏奈ちゃんみたいに、構ってもらいにいけるのって凄いと思うんだ」

杏奈 「…………」

杏奈 「百合子さん……力、貸してくれる…?」

百合子 「えっ?」


17 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:31:09.72 ID:FUYxNtq90

―――――

ガチャリ

P 「いやぁ、食った食った……」ポンポン

小鳥 「量も味も完璧……プロデューサーさん、あんなお店よく知ってましたね?」

P 「職業柄、ああいう店のチェックも欠かさないようにしなきゃいけないなあ……って最近思ったので」

P 「気に入ってもらえたなら何よりですよ」

小鳥 「満足も満足、大満足です!」

小鳥 「また連れて行ってくださいね?」

P 「勿論です!」


18 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:31:55.64 ID:FUYxNtq90

トコトコ

杏奈 「プロデューサーさん……」

P 「ん、杏奈か。どうした?」

杏奈 「一緒に、ゲーム…しよ?」スッ

P 「ゲームか?悪い、今からちょうど仕事で……」

杏奈 「そっか……」シュン

P 「…………」チラッ

小鳥 グッ

P 「……分かった、30分だけな!」

杏奈 「!……ホント?」

P 「ああ、本当だ。早速やろう!」


19 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:32:38.67 ID:FUYxNtq90

杏奈 「やった……!じゃ、これやろ…?」スッ

P 「あー、このゲームか……これボス強くて諦めたんだよなー……どうしたもんか」

ガチャリ

百合子 「呼ばれたと思ったので!」バッ

P 「百合子?」

百合子 「二人でダメなら三人で、ですよ!」

P 「確かに、百合子がいれば勝てるかも……でもお前、このゲームやってたっけ?」

百合子 「vivid_rabitあるところlilyknightあり、ですから!」

P 「ほう、どれどれ……って、メッチャ強え!」

百合子 「褒めてくれても良いんですよ、プロデューサーさん!」

P 「……お前文学少女じゃないの?」

百合子 「多才なのも、アイドルの嗜みだって伊織さんが!」

P 「アイドルってなんなのよ……ま、いいや!やろうぜ杏奈、百合子!」

杏奈 「うん……頑張る、ね……」

百合子 「やってやりますよー!」


20 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:33:21.67 ID:FUYxNtq90

杏奈 「……嘘」

百合子 「そ、そんな……!」

P 「三連敗じゃねーか……」グデー

百合子 「ま、まだ諦めるのは早いですよ!」

杏奈 「が、頑張ろ……プロデューサーさん」

P 「し、しかし時間が……!」


21 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:33:56.04 ID:FUYxNtq90

小鳥 「全く、見てられませんねえ」キリッ


P 「……?音無さん、どうしたんです?」

百合子 「……って、ああー!そのハードは!」

小鳥 「淑女たるもの、いかなる時も備えは欠かせないのよ……!」

P 「……仕事場にゲーム機もってきてるって社長に報告しときますね」

小鳥 「ぷ、プロデューサーさんもじゃないですかぁ!」アセアセ

P 「俺はあくまでコミュニケーションツールなので……」シレッ

小鳥 「酷いピヨ……」シクシク

杏奈 「小鳥さん、強い…の……?」


22 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:34:30.05 ID:FUYxNtq90

小鳥 「そこそこにはね」スッ

百合子 「どれどれ……って隠しボスまで倒してるじゃないですか!?」

P 「……そんな暇、どこから捻出したんですか」ジトー

小鳥 「普通にお家でですよ……さて、ボス狩るんでしょ?」

杏奈 「うん、このボス……」スッ

小鳥 「あー、確かにこれは考えないと難しいわねえ……」

小鳥 「……うん、私がいれば何とかなるでしょう!」

P 「マジですか!?」

小鳥 「マジですよ。さ、やりますよ~!」


23 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:34:59.62 ID:FUYxNtq90

P 「……瞬殺ってオイ」ポカーン

杏奈 「小鳥さん、すごい……ね」

小鳥 「まぁ、こんなものよ!」

小鳥 「……ただ、私が手助けしちゃいけなかった気がするんだけど」チラリ

P 「?」ポカン

杏奈 「?」キョトン

百合子 「……あっ」


24 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:35:42.57 ID:FUYxNtq90

―――――

百合子 「……杏奈ちゃんが構ってもらえたっていうか、みんなでゲームやっただけだったね」

杏奈 「……そう、だね…」ショボン

百合子 「やっぱり、私が入っていくべきじゃなかったね……ごめん、杏奈ちゃん」

杏奈 「!そ、そんな事……ない」

杏奈 「百合子さんが……いなかったら、杏奈……きっと、諦めてたから…」

百合子 「……そう、ありがと!」ニッコリ

百合子 「さ、次頑張ろ!」

杏奈 「……うん!」パァア


25 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:36:39.30 ID:FUYxNtq90

―――――

所恵美(以下、恵美) 「プッロデューサー?そろそろ、喉が渇いてきたんじゃないのかねー?」トコトコ

 

P 「おっ、恵美か……ん?この香りは……」クンクン

恵美 「ほれ!メイドさん特製の淹れたてコーヒーだよー?たぁっぷり味わいたまえ!」ドヤッ

P 「メイドさんって……おい!またメイド服着てるのか!?」

恵美 「いやー!この服一回着ると慣れちゃってさー」ニャハハ

恵美 「この服着てたら、プロデューサーだって構ってくれるでしょー?」

P 「……確かにそうだな。その服着ている恵美はいつも以上に可愛いし」ボソッ

恵美 「えっ?い、いやぁ……そこまで言われると照れちゃうな~」テレテレ

恵美 「ほ、ほら!早く飲んじゃってよ!ググーッとさ!」


26 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:37:18.48 ID:FUYxNtq90

P 「や、やめろって!あっついまんま飲んだら……!」

恵美 「あ、ゴメン……」シュン

P 「へ、平気だって……ゆっくり飲むからさ」フーフー

P ゴクゴク

恵美 「ど、どう?」オズオズ

P 「美味いな!?なんで俺の好みの味に近づいてくるんだ?」

恵美 「そりゃ……いっぱい調べたし」ボソリ

P 「ん?なんだって?」

恵美 「メイドなんだから当然でしょ、って言っただけ!」


27 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:37:58.37 ID:FUYxNtq90

小鳥 「ね、ねぇ恵美ちゃん……私にもくれないかしら?」

恵美 「モッチロン!ほい、小鳥の分!」

小鳥 「ありがたいわぁ……仕事場なのにメイドさんからコーヒー淹れてもらえるなんて……!」ウルウル

恵美 「ちょ、ちょっと!小鳥、泣かないでよ!?」アワアワ

小鳥 「だ、だってぇええ!!」ウエエエン

恵美 「も、もー!」

P 「ハハハ、よっぽど嬉しかったんだろ!」

恵美 「プロデューサーも止めてってぇええ!」



28 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:38:32.14 ID:FUYxNtq90

杏奈 「メイド姿の、恵美さん……可愛い、ね」ポケー

百合子 「す、すっごいなぁ……恵美さん、スタイルいいし似合ってるね」ポケー

杏奈 「…………むぅ」

百合子 「あ、杏奈ちゃん?」

杏奈 「百合子、さん……杏奈、頑張って…くる、ね…」スタスタ

百合子 「ちょ、ちょっと!?」


29 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:39:02.91 ID:FUYxNtq90

―――――

恵美 「さて、コーヒーばかりのプロデューサーにちょっとだけ甘いものだよー?」スッ

P 「気が利くな……ありがとう!」パクリ

P 「……うん」ズズズ

P 「よくこんな合わせられるなお前……コーヒーブラックと合わせるには丁度いい甘さだよ、これ」

恵美 「そお?なら良かった!」

小鳥 「ああ……仕事の疲れが癒えていくわぁ」シミジミ

恵美 「小鳥はどんだけ感動してるのさ……そんなに欲しいなら、アタシがいる時は世話したげるよ?」

小鳥 「ほ、ホント!?ぜひお願いするわ……」

P 「学生メイドメグミィも板についてきたな」ハハ


30 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:40:51.75 ID:FUYxNtq90

恵美 「……プロデューサーの、迷惑になってない?」

P 「遊びに来るのならいざ知らず、こんなにしてもらってるのに迷惑なわけないだろ?毎日お願いしたいくらいだよ」

恵美 「そ、そっか!じゃ、これからもやったげるからね!」テレテレ

P 「おう、頼んだ!」

ガチャリ

P 「……ん?誰か来たのか?」

杏奈 「あ、あの……」オズオズ

P 「おお、なんだ杏奈か……?!」


31 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:41:20.20 ID:FUYxNtq90

杏奈 バニーガールの恰好

小鳥 「ピヨォッ!?」ガタッ

恵美 「ああああ杏奈!?」

杏奈 「えと……その」モジモジ

P (ダメだって!これ犯罪になっちゃうよ!)チラッ

小鳥 パシャパシャ

P 「何撮ってんですか!」

小鳥 「このチャンス、逃したら先は無いですからね……!」

小鳥 「杏奈ちゃん、プロデューサーさんが好きそうなポーズしてみて!」パシャパシャ

P 「こ、この鳥……!」ワナワナ


32 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:42:47.96 ID:FUYxNtq90

杏奈 「プロデューサーさんの……好きな、ポーズ?」

杏奈 カンガエチュウ

杏奈 「……はい」スッ

小鳥 「王道の上目遣いね!良いわ、良いわよぉ!」パシャパシャ

P 「暴走してやがる!恵美、何とかしてくれ!」

恵美 「あ、アタシに何とかしろって言われても!」ワタワタ

杏奈 「うう……やっぱり、恥ずかしい……」カァアア

小鳥 「恥じらいは、最高のスパイスよ!杏奈ちゃん!気にせずどんどんいってみましょう!」パシャパシャ

P 「そらさん達がいないのが幸いだったか……!杏奈、とりあえず着替えておいで」


33 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:43:23.50 ID:FUYxNtq90

杏奈 「え……プロデューサーさん、もしかして……こういうの、嫌い…?」シュン

P 「えっ、いやそれは……」

恵美 (プロデューサー!)メクバセ

P (分かってるよ!)

P 「……はぁ、じゃあ俺から最後に一つだけリクエストいいか?」

杏奈 「……!うん!杏奈、頑張っちゃうよ!」キラキラ

P 「なら、そうだな……」チラッ

小鳥 (女豹のポーズ、いきましょう!)キラキラ

P (無理に決まってるでしょ!何考えてんですかアンタは!?)

小鳥 (でも、他にポーズの候補なんてないでしょ?)のヮの

P (こ、この鳥……!)ワナワナ


34 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:44:16.84 ID:FUYxNtq90

杏奈 「?プロデューサー、さん…?」キョトン

P 「ああ、悪い。女豹のポーズとかって……出来るか?」

恵美 「!?」

杏奈 「め、めひょうって……?」

P 「よ、四つん這いになるアレ」タラー

恵美 「……プロデューサー」ハイライトオフ

P 「ひぃ!すみませんすみません出来心なんです!」ビクゥッ!

杏奈 「……プロデューサー、さんは…見たい、の…?」

P 「お、おう!見たい!」

恵美 ジトー


35 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:45:05.73 ID:FUYxNtq90

杏奈 「それなら……」スッ

小鳥 「いいわぁ!最高よ、今日って日は!音無小鳥の人生に残る日よ!」パシャパシャ

杏奈 「……どう?」

P 「あ、ああ……うん、すっごく可愛いぞ杏奈」

P (俺が犯罪者として捕まりそうだが)タラタラ

杏奈 「そ、それなら……良かった…」ホッ

ガチャリ

秋月律子(以下、律子) 「おはようございまーす」

 

P 「ジーザス」\(^o^)/オワタ

小鳥 「人生最悪の日になるかもしれないピヨ」\(^o^)/オワタ

恵美 「あっ……」


36 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:45:49.65 ID:FUYxNtq90

律子 「……ん?」グルリ

杏奈 「あ、あの……律子さん」オズオズ

律子 「なぁに杏奈?」ニッコリ

杏奈 「あの、ね……プロデューサーさんを、あんまり怒らないで……」

律子 「大丈夫よ、杏奈。私は遠回しにプロデューサー殿を救うだけだから」ニッコリ

P 「…………」ソローリ

律子 「コラァ!そこ、逃がすわけないでしょう!」

P 「うわぁ、もうダメだ!」

小鳥 「……」ガックリ


37 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:46:49.56 ID:FUYxNtq90

―――――

杏奈 「……杏奈、結局…一杯、迷惑かけちゃった…」トボトボ

杏奈 「やっぱり……杏奈には、構ってもらう事なんて……無理、だったのかな…」ウルウル


P 「おーい、杏奈!」タッタッタ


杏奈 「ぷ、プロデューサーさん…?」

P 「全く、どこほっつき歩いてるのかと思ったぞ」ハァハァ

杏奈 「ゴメン、ね……杏奈のせいで、律子さんに怒られて…」ショボン

P 「いやあ、あれは止めなかった俺も悪いし」

杏奈 「……やっぱり、迷惑…だった?」

P 「迷惑なんてことはなかったぞ?ただ、もう少しやり方を選んでくれると……」


38 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:47:54.48 ID:FUYxNtq90

杏奈 「くれると?」

P 「俺が、説教されなくて済む!」グッ

杏奈 「……プロデューサーさん…優しい、ね…」エヘヘ

P 「……なぁ、杏奈。今日はどうしたんだ?いつもと明らかに様子が違ったし……心配したぞ?」

杏奈 「……怒らない?」

P 「怒らない怒らない!だから、話を聞かせてくれないか?」

杏奈 「……杏奈ね、羨ましかったの」ボソッ

P 「羨ましかった?」

杏奈 「プロデューサーさんは……いろんな子の事、構ってあげてる…よね」


39 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:48:57.30 ID:FUYxNtq90

P 「まあ、仕事だしな」

杏奈 「でも、杏奈は……一人で、ゲームやってれば…時間、潰せるから…」

杏奈 「プロデューサー、さんも…構ってくれないって、思って……」ウルウル

P 「…………」

杏奈 「ゴメンね……ゴメンね……」ポロポロ

P ギュッ

杏奈 「……?プロデューサー、さん?」ポカン

P 「俺の方こそゴメンな。俺の方に寄ってこないからって、別に構って欲しくないわけじゃないもんな」ギュゥウウウ

杏奈 「……!」ウルウル

P 「でも、俺なんだかんだでいっぱいアイドル受け持ってるしさ。あんまり構ってやれないかもしれないけど……」

P 「これからは、もっと声かけてきてくれよ。そしたら、俺ももっと面倒見てやれるだろうから」

杏奈 「……うん!これからは、もっとたーっくさん声かけるね!」キラキラ


40 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:49:25.56 ID:FUYxNtq90

P 「おう、その意気だ!」

杏奈 「でも、プロデューサーさん。その為に、わざわざ探しに来てくれたの?」

P 「いいや?今日が何の日か忘れたのか?」

杏奈 「?」キョトン

P 「さ、行こう。みんな待ってるからさ」ガシッ

杏奈 「え、プロデューサーさん?」


41 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:51:07.49 ID:FUYxNtq90

―――――

百合子 「あ、ええっと……」アワアワ

伊吹翼(以下、翼) 「もー、百合子ちゃん慌て過ぎだってー!」



春日未来(以下、未来) 「そうだよ!私も早くケーキ食べたーい!」キラキラ

 

最上静香(以下、静香) 「もう、未来!今日は杏奈の誕生日でしょ!」

 

未来 「えー、ケチぃ……」ブー

静香 「もう……百合子も、何そんなに慌ててるの?」

百合子 「え、えっとね……今日、杏奈ちゃんの手助けしてあげられなかったから……」


42 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:51:35.39 ID:FUYxNtq90

百合子 「ちょっと合わせる顔がー……」

小鳥 「そんな事ないと思うわよ?杏奈ちゃん、一緒にゲームしてた時もとっても嬉しそうだったし!」

百合子 「……そ、そうですか?」

小鳥 「そうよ、そうに決まってるわ!」

翼 「小鳥さん、なんか今日テンション高ーい……何かあったの?」

小鳥 「え?いやぁ、そんな事ないわよ?」アセリ

未来 「そういえば……プロデューサーさんが今日、小鳥さんとご飯行ったって」

静香 「…………」ギロッ

小鳥 「し、静香ちゃんが怖いわ……」

静香 「もう……みんなを呼んできますね」スタスタ


43 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:52:02.30 ID:FUYxNtq90

百合子 「すーはーすーはー……よし、準備オッケー!」

小鳥 「さて、ケーキも料理も大丈夫……!」

ガチャリ


未来 「みんな―?せーのっ!」



   『杏奈ちゃん、お誕生日おめでとう!』

44 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:53:09.04 ID:FUYxNtq90

―――――

小鳥 「いやぁ、昨日は杏奈ちゃん喜んでましたねー」カタカタ

P 「そうですねえ、それが一番の救いでしょうか」カタカタ

律子 「……二人とも、しっかりと手を動かしてくださいね?」ニッコリ

P 「イェス、マム!」ビシッ

小鳥 「……ところで、なんでバニーだったんですかね?」

P 「恵美がメイド姿だったからじゃないですか……?」カタカタ

ガチャリ

杏奈 「あ……プロデューサー、さん…おはよう、ございます…」

P 「おっ、おはよう杏奈!」

小鳥 「杏奈ちゃん、おはよう」


45 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:53:51.80 ID:FUYxNtq90

杏奈 「えっと……プロデューサー、さん…」オズオズ

P 「どうした、杏奈?」

杏奈 「えっとね……今日も、遊んでくれる…?」

P 「今日は……」チラリ

律子 フルフル

P 「…………」

P 「ちょっと待ってろ」ポン

杏奈 「プロデューサーさん……?」

P 「30分くらいでこいつを片付けたら、一緒にまたゲームしよう!だから、それまでの間はお菓子でも食べながら待っててくれ!」

杏奈 「……うん!杏奈、ずーっと待ってるから!」タッタッタ

律子 「……安請け合いして平気なんですか?」


46 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:54:22.38 ID:FUYxNtq90

P 「おわらせるさ……一段落するまではな」アセアセ

小鳥 「ふっ、見てられないピヨ……」バサリ

P 「音無さん?」

小鳥 「私だって手伝いますよ。早く杏奈ちゃんと遊んであげてください!」

P 「……はい!」



杏奈 「えへへ、まだかな~!」ピョコピョコ


   お し ま い

47 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:57:06.29 ID:FUYxNtq90
杏奈難しい……何?今回小鳥さん回じゃないのかって?知らんね、今日は杏奈のバースデーだし()

毎度毎度このシリーズ書き終わるたびに言ってますが――ボキャブラリーが尽きてます、もう無理ぽ

という事でまたいつか何処かで

48 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/31(水) 18:58:05.59 ID:FUYxNtq90
あ、まずい言い損ねてた

 杏奈、誕生日おめでとう!!

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 21:00:49.01 ID:9zby0dCd0
可愛かったよ、杏奈誕生日おめでとう!
乙です



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ミリマス】杏奈「……プロデューサーさん、最近構ってくれないの」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496222099/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18463-35bb7a91