ヘッドライン

ガヴリール「夜食でも買いに行くか……」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 00:56:58.796 ID:ryq7G1sk0.net
店員「しゃっせー」

ガヴリール「追加で焼き鳥の皮タレとももタレ、一本ずつでお願いします」

店員「しょっしょおまっしゃせー」

ガヴリール「温めお願いします」

店員「うぃ、お箸おつけいたしゃっすかー?」

ガヴリール「一膳」

店員「あっしたー」

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 00:57:23.886 ID:ryq7G1sk0.net
ガヴリール「えーと、スーパーカップにお湯注いで……」

サターニャ「ちょ、並んでたんですけど」

ガヴリール「あっ、すみません……って」

サターニャ「ガヴリールじゃない。なにやってんのよこんな夜中に」

ガヴリール「夜食だよ。見りゃわかるだろ。お前は?」

サターニャ「遅めの夕食よ。今日は夕方まで寝るという悪魔的行為をこなしてしまったから」

ガヴリール「そうか。身体に悪いぞ」

サターニャ「アンタにだけは言われたくなかったわよ」

ヴィーネ「……空腹でござる」ウィーン

店員「しゃっせー」

ガヴリール「お、ヴィーネ」

ヴィーネ「え、ガヴ。それにサターニャまで」

ラフィエル「あら、みなさんおそろいで」

ヴィーネ「ラフィ」

ガヴリール「まさかの全員集合かよ」

サターニャ「珍しいこともあるもんね」

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 00:57:40.889 ID:ryq7G1sk0.net
ラフィエル「みなさんどうしてこんな時間に? 危ないですよ?」

ガヴリール「私は夜食だ」

サターニャ「私は夕食」

ヴィーネ「お腹減った」

ラフィエル「なるほど。全員の目的が見事に一致していますね」

ヴィーネ「あ、そうだ。折角だからイートインで食べて行かない?」

ガヴリール「まあスタミナ回復まで二時間くらいあるし構わないぞ」

サターニャ「暇だし付き合ってあげるわ」

ラフィエル「右に同じくです」

ヴィーネ「じゃ決定ね。私とラフィもなにか買ってくるから」

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 00:57:57.876 ID:ryq7G1sk0.net
サターニャ「ガヴリール、あんたその焼き鳥なによ」

ガヴリール「レジ前の什器に置いてあったろ」

ヴィーネ「美味しそうね、一つ貰っていい?」

ラフィエル「具材を一つなのか一本なのかでヴィーネさんの性質が問われますね」

ヴィーネ「具材一つに決まってるでしょ!」

ガヴリール「よかろう。ほれほれ、弁当の蓋を差し出すがよい」

ヴィーネ「ありがたやー、ありがたやー」

サターニャ「あ、ヴィネットばっかりズルいわよ。私にも一つ寄越しなさい」

ガヴリール「あのなぁ、言い方があるだろ」

サターニャ「……むぅ。私も食べたいから一つちょうだい」

ガヴリール「素直でよろしい」

ラフィエル「流れ的に私も欲しいですガヴちゃん」

ガヴリール「ラフィエルおにぎりだけで箸ないじゃん」

ラフィエル「サターニャさん、割り箸の袋貰っていいですか?」

サターニャ「え、まさか」

ラフィエル「いや、爪楊枝ですよ爪楊枝」

サターニャ「ああうん、そりゃそうよね」

ヴィーネ「どんな想像したのよ……」

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 00:58:08.800 ID:ryq7G1sk0.net
サターニャ「ラフィエルのおにぎり赤いわね」

ラフィエル「お赤飯ですからね」

ヴィーネ「え!? ら、ラフィ子供できたの!?」

サターニャ「ブッ!」

ガヴリール「うわぁぁ汚っ!」

ラフィエル「いえー、私マリア様じゃありませんし……」

サターニャ「そ、そうなんだ……」ホッ

ガヴリール「なに露骨に安心してんだお前」

サターニャ「してないわよ! そもそもヴィネットがそういう話につなげるからいけないんじゃない!」

ヴィーネ「だ、だって……お赤飯っておめでたの時に炊くってパパとママが……」

ガヴリール「偏った教育だなオイ。淫魔かお前んち」

ラフィエル「仮におめでただとしても、コンビニで済ませることはないと思いますよ」

ガヴリール「追撃のマジレスは止めてやれ」

ヴィーネ「うぅ……///」

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 00:58:23.125 ID:ryq7G1sk0.net
ラフィエル「サターニャさんは何を食べているんですか?」

サターニャ「ああこれ、牛乳パンってやつ」

ヴィーネ「ちょっと、夜中にカップ麺と菓子パンなんて太るわよ?」

サターニャ「そのぶん動くから平気よ。誰かさんの所為で走る機会には恵まれてるしね」

ラフィエル「あらサターニャさん、どうして恨めしそうな目で私を?」ツヤツヤ

ガヴリール「なんでそこで嬉しそうなんだお前」

ラフィエル「なんのことだかさっぱりです」

ヴィーネ「悪魔のような、天使の笑顔……」

サターニャ「……ふん、でもまあ、コイツにはいちおー感謝してるのよ?」

ラフィエル「!?」

ヴィーネ「サターニャ熱でもあるの?」

サターニャ「ないわよ! ……ただ、大悪魔の道は険しくないといけないの。
いつだって壁として立ちはだかる存在が、私には必要なのよ」

ラフィエル「!!??」

ガヴリール「よかったなラフィ。サターニャ遂にデレたぞ」

サターニャ「そういうんじゃないわよ!!」

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 00:58:38.664 ID:ryq7G1sk0.net
ガヴリール「で、ヴィーネはなに食ってんのそれ。のり弁?」

ヴィーネ「イエス。安いし腹もちもいいし、貧乏の味方よね」

ガヴリール「いつも思うんだけど、付属の醤油ってなににかけるんだろうな」

ヴィーネ「魚フライ?」

サターニャ「シューマイじゃない?」

ラフィエル「コロッケという線もありますね」

ヴィーネ「まあその日の気分によるわよ。別にここで定義しなきゃいけないってわけでもないし」

ガヴリール「着る服、みたいな感じか」

ラフィエル「なんだか占いなんかに転用できそうですね」

ヴィーネ「のり弁の醤油をどれにかけるか占い? フライを選んだあなたは短気です……みたいな」

ガヴリール「根拠ガバガバだな」

サターニャ「私のり弁食べたことないのよね」

ガヴリール「買って来れば?」

サターニャ「で、でも……この一万円を崩したら、明日の魔界通販がっ!」

ヴィーネ「魔界通販に使うくらいならお弁当食べた方が得だと思うわよ?」

ラフィエル「私的にはどっちでも美味しいですー」

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 00:59:02.635 ID:ryq7G1sk0.net
サターニャ「買っちゃった……」

ガヴリール「行ってらっしゃい体脂肪の海へ」

ヴィーネ「悪質なこと言うの止めなさいってば」

ラフィエル「太らないように導きを増やさねば……!」

サターニャ「余計な決意固めてんじゃないわよ!」

ガヴリール「……サターニャの弁当見てたらまた腹減って来たな」

ヴィーネ「う、うん……」

ガヴリール「もう無理、限界。私はチキンを貪る」

ヴィーネ「え、負けちゃうのそこで」

ラフィエル「行って来ればいいのでは?」

ヴィーネ「くっ……さらば節約」

サターニャ「ちょっとラフィエル、あんた的にはどんな性格かしら」

ラフィエル「シューマイに全部ドバーですか……」

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 00:59:14.366 ID:ryq7G1sk0.net
店員(またこいつ等かよ……)

ガヴリール「レギュラーとレッドがある」

ヴィーネ「レッドって何が違うの? 辛いの?」

ガヴリール「うん、辛いの」

ヴィーネ「……うーん、じゃあ折角だしレッドで」

ガヴリール「よく流されやすいって言われない?」

ヴィーネ「うるさい。ガヴはレギュラーにするの?」

ガヴリール「いや、レッドの予定だけど。ちょうど残り二つだし」

ヴィーネ「えー、レギュラーにしない? 私のレッドも少しあげるから」

ガヴリール「しょうがないな、それで手を打とう」

ヴィーネ「やった」

店員「チキレッドとレギュラーでよろしいっすかー」

ヴィーネ「あ、ポイントカードあります」

ガヴリール「お前の財布ポイントカードまみれだな……」

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 00:59:26.601 ID:ryq7G1sk0.net
ガヴリール「よし、口を開けろ」

ヴィーネ「あー……ん」

ガヴリール「どう?」

ヴィーネ「ちょっと脂っこいかも……夜中には辛い」

ガヴリール「そのうち慣れてくるから平気だよ」

ヴィーネ「慣れてもメリットが見当たらないんだけど……」

ガヴリール「ほれ、レッドも」

ヴィーネ「じゃあ、はいガヴ。あーん」

ガヴリール「はむ」モキュモキュ

ヴィーネ「どう?」

ガヴリール「うん、やっぱこれだわ。レギュラー民は軟弱」

ヴィーネ「レギュラー民ってなによ……」

11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 00:59:57.162 ID:ryq7G1sk0.net
ラフィエル「あ、お帰りなさい」

サターニャ「ねえラフィエル、私どんな性格なのよ。ねえラフィエルったら」

ガヴリール「なんかサターニャが親におもちゃねだる子供みたいになってるんだけど」

ラフィエル「ガヴちゃん的には、シューマイに醤油を全部はどう思いますか?」

ガヴリール「味音痴」

ラフィエル「だそうですよ」

サターニャ「それ性格と違うじゃない」

ヴィーネ「大ざっぱ?」

ガヴリール「それだ!」

サターニャ「な、なによみんなして! これが音に聞く……し、四面、そ?」

ヴィーネ「四面楚歌」

ラフィエル「言うほどでもないですけどね」

ガヴリール「安心しろサターニャ。もしお前が私の敵になるようなことがあったら、痛みがないように一撃で仕留めてやる」

サターニャ「慰めになってない!」

12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 01:00:07.949 ID:ryq7G1sk0.net
ヴィーネ「あ、もういい時間ね」

ガヴリール「結構駄弁ったな……」

ラフィエル「……まだ、ちょっと物足りないですよね」

サターニャ「もうお腹いっぱいなんだけど」

ヴィーネ「あ、じゃあ。あの子がいた公園でも行く?」

ガヴリール「自販機も近いし、よさそうだな」

サターニャ「あ、これ行く流れ? 仕方ないわね、このサタニキア様が同行してあげるわ!」

ラフィエル「さすがサターニャさんです」

ガヴリール「なあヴィーネ、今度はレギュラーなお前」

ヴィーネ「えー、また食べさせ合いっこすればいいだけの話じゃない」

店員「あざっしたー」

終われ

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/29(月) 01:54:08.844 ID:gIaRE0pf0.net
みんなかわいかった



元スレ: ガヴリール「夜食でも買いに行くか……」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1495987018/


コメント
7370: 2017/06/02(金) 02:44
のり弁の醤油は海苔に垂らすしかないやろ…
表面に溜まるのが嫌なら爪楊枝で2.3箇所海苔に穴開けて垂らすと米に染みて美味い
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18431-07838eef