ヘッドライン

【ミリマス】春の訪れ、未来の予感

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495965704/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/28(日) 19:01:44.89 ID:QRCL/BKOo
※ 短いです。

===

 未来の第一印象と言えば、

 まず初めに「元気な子だな」という当たり障りの無いもので、
 次が「アホの子だな」だったと記憶する。

 その日、劇場正面の入り口で俺たち二人は出会ったんだ。

2 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/28(日) 19:04:00.94 ID:QRCL/BKOo

「すみませ~ん! あの、ここの劇場の人ですよね?」

 ワケあって正面玄関の掃き掃除をしていた俺に、
 突然声をかけて来た少女……それが春日未来だった。

 学校帰りなのか制服で、鞄も背負ったままの彼女に「そうだよ」と俺が答えると。

「やっぱり! ずっとお掃除してたから、もしかしてって思ってたんですよ~」

「そ、そう……で、何の用だい?」

「あっ! えっと、そうでした。私、用事があるんだった!」

 まるでせわしなく動く子犬のような受けごたえ。

 一々跳ね上がるような喋り方が、ますます元気有り余る子犬の姿を彷彿とさせる。

 あれだ、「散歩に行こう? 早く早く!」とリードを咥えて待っているあの状況。

 そうして次に放たれた一言に、俺は間抜けに聞き返すことになる。

3 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/28(日) 19:06:10.63 ID:QRCL/BKOo

「私、アイドルになりたいんです。その為に部活も辞めてきました!」

「えぇっ!?」

「それでですね、えーっと……私をアイドルにしてください!」

 ペコリ、九十度の角度でお辞儀する。
 いや、しかし……驚いたな。

 押しかけ女房ならぬ押しかけアイドルの出現に、俺はすっかり戸惑っていた。

 彼女は箒を持つ俺の、何処を見てそんなお願いをするに至ったのか? 

 後日本人に聞いてみると、返って来たのはこんな答え。

「だって、スーツを着てたじゃないですか。だからきっと偉い人なんだろうなぁ~って、そう思って声をかけました!」

 む、う……まるで適当のように見えて実のところ、彼女なりの理由がちゃんとあった。
 それになにより彼女には、ある種の才能も感じたからな。

 ……それは人の警戒を解くって才能だ。

 あっという間に相手の懐まで潜り込んで来るこの人懐っこさは、きっと彼女の武器になる。

「……よし。話は中で聞こうじゃないか」

「やったぁ!」

 嬉しさの余り飛び跳ねる彼女の姿を眺めながら、
 早くも俺は印象を、「アホの子」から「子犬みたいな子」に改め始めていたものさ。

4 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/28(日) 19:07:34.71 ID:QRCL/BKOo
===

 最上静香と言えば、ウチの劇場でも将来が楽しみな原石の一人。

 まだ十四歳という年齢で、既に高い歌唱力を持つ彼女のような人材を
 受け入れることができたのは嬉しい誤算だったと言える。

 ついでに言うと、そんな彼女が抱えていたある事情は……嬉しくない方の誤算だったなぁ。

「……プロデューサー、どちら様です?」

 劇場内で顔を合わせた静香から怪訝な眼差しを頂戴する俺は、
 彼女たちの担当プロデューサーであると同時に"人さらい"の異名を持つ敏腕スカウトでもあった。

 ……これまでもひょんなことから事務所に連れて来たアイドルたちは数知れず。

5 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/28(日) 19:08:56.45 ID:QRCL/BKOo

「ちょっとそこでな、拾った」

「運よく拾ってもらいました! えへへ~」

 早くも意気投合し始めた俺たち二人の見事な返しに、静香はイラっとしたようで。

 手にしていた楽譜を机の上にそっと置くと、片方の眉をぴくりと上げて言い直す。

「……どうやら私の言い方が悪かったみたいですね。プロデューサー、その子は一体誰ですか? 
 それから私のレッスンは、何時になったら始めてもらえるんでしょうか?」

「だから拾ったって言ってましょ? アイドルになりたいんだって」

「はい、アイドルになりに来たんですよ!」

 次の瞬間、「真面目に答えてください!」と静香が室内の空気を震わせた。

 ……うーむ、この子はもう少し心にゆとりが必要だな。
 まるでいつかの千早を見ているようだ。

6 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/28(日) 19:10:13.27 ID:QRCL/BKOo

「言って、今日のレッスンは一人じゃできない。相方が来るまで待機しててくれないか」

「悠長……っ!」

 吐き捨てられるように言われた言葉は、俺のガラスハートを撃ち抜くのね。
 とはいえ本来の開始時刻までまだ時間はあると言うのに。

「レッスン? レッスンするんですか!?」

 そんな俺のことを他所にして、隣では拾った少女が目を輝かせながら
「歌のレッスン? ダンスかも! それとも演技だったりして」なんてウキウキだ。

「君も興味あるかい? その、レッスンに」

「はいっ! もう……すっごく!」

 向上心が、いや、この場合は好奇心だな。何事にも興味を持てるって言うのは良いことだ。

 特にアイドルとして活動するのなら、この好奇心は魅力に変わることがある。

 そう……静香風に言うならば、ようやく現れた彼女のように。

7 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/28(日) 19:11:26.13 ID:QRCL/BKOo
===

 未来を子犬に例えるならば、彼女はさしずめ子猫だな。

 ルックス上々声も甘々、楽しそうなことには何でもかんでも興味を示し、あれをやりたいこれが欲しい。

「だめぇ?」とおねだりされた日にゃ、二つ返事で言うことを聞いてしまいそうになるほどの甘え上手。

 この点だけなら、彼女は先輩である美希にも負けてない。

 いつものようにお洒落な服を着こなしてやって来たそんな少女……伊吹翼は俺たちのことを見つけると。

「おはようございま~す! ……って、あれぇ?」

 なんとも不思議だと言う顔になり、小首をかしげて上目遣い。

8 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/28(日) 19:12:35.08 ID:QRCL/BKOo

「プロデューサーさん、その子誰ですか? もしかして、新しいアイドルの子?」

「うん? あー……そうなるかもしれない子だ」

「はい! アイドルになるかもしれない……えぇっ!?」

 驚く少女に、俺たちが驚く。

「わ、私ってアイドルになれるんじゃないんですか!? さっきは中で話そうって……」

「いや……あれはウチに入れるかどうか決める前に、とりあえず話をしたいって意味で」

 そう、まだ決定事項じゃない。あくまでも面接を行ったうえで決めることだ。

 しかし彼女はそう思って無かったようであり、まさに「ガーンッ!」とショックを受けた顔で固まっている。

 すると俺の隣にやって来た翼が少女をニマニマと値踏みするように見回して。

「なになにこの子、面白~い!」

「こら翼、面白がるんじゃありません」

「えー? だったら……残念だったね、ドンマイ」

「落ちても無いのに励ますな!」

9 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/28(日) 19:14:18.10 ID:QRCL/BKOo

 俺の言葉に「もう! どうしろって言うんですかぁ~」と翼が頬を膨らませる。

 正直に言おう、別段どうもしなくていい!

「……いつまで遊んでるんですか? 翼が来たなら始めましょう。私はその為にここで待ってたんです」

 静香の刺すような冷たい声を背中に受け、俺は「そ、そうだな!」と気持ちを切り替えた。

 それから隣で固まる少女に向けて言う。

「良ければ話をする前に、二人のレッスンを見るといい。えーっと……」

「……未来です」

 少女が、少しばかり拗ねたような顔で俺を見上げた。

「春日未来です。絶対の絶対のぜーったいに、アイドル……ううん、トップアイドルにしてもらいますからね!」

 それは聞いているこちらの胸がすくほどに、真っ直ぐで純粋、なおかつ大胆不敵な宣言だった。

 俺はふと、彼女と真に張り合えるのはこんな子なのかもしれないと考える。

10 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/28(日) 19:15:39.83 ID:QRCL/BKOo

『プロデューサーさん。私、夢は大きく持っちゃいます! 二人で目指せ、トップアイドルですよ! ……えへへ♪』

「……うかうかしてられないな、春香」

 思わず漏れた呟きに、未来が「えっ?」と訊き返した。

 その顔からは打算だとか計算だとか、はたまた気負った雰囲気も一切感じられなくて……。
 ただ純粋に、アイドルになりたいだけの子がここに居る。

「未来、アイドルの道は厳しいぞ?」

「へっちゃらです! 私、とってもとーっても頑張ります!」

 磨くも砕くも、それは俺のプロデュース次第。この日、劇場に新たなアイドルが加わったんだ。

 それこそ彼女の名前の通り、未来を担うかもしれない原石が――。

11 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/28(日) 19:16:49.83 ID:QRCL/BKOo
===
以上、おしまい。以前にポーカー・フェイスって話を書いてまして、今回のはそれと似たようなテイストのやつです。
出会いの瞬間というか、なんかそんなのが書きたかったってアレ。

では、お読みいただきありがとうございました。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ミリマス】春の訪れ、未来の予感
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495965704/

ミニッチュ アイドルマスター ミリオンライブ! 春日未来 マグカップ
ファット・カンパニー (2017-02-25)
売り上げランキング: 414,957

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18418-ec96fe50