ヘッドライン

神谷奈緒「迷子か……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495718789/

1 :renpou 2017/05/25(木) 22:26:30.14 ID:nTPwv+va0
アイドルマスターシンデレラガールズ 神谷奈緒のSSです

アイドルそれぞれに担当Pがいます

2 :renpou 2017/05/25(木) 22:28:02.12 ID:nTPwv+va0
奈緒「んーーー!! っと、終わったなPさん」



座りっぱなしだった体をググッと伸ばす。

ラジオの収録を終わらせたあたしは、Pさんと事務所への帰路についていた。


P「お疲れ様。午後のレッスンまでだいぶ時間あるし、どこかでゆっくりご飯でも食べるか?」

奈緒「いいな~! あ、ちゃんと割り勘にしてくれよ。いつもみたいにこっそり会計するなよな!」

P「気にしなくていいのに」

奈緒「あたしが納得しないんだよ。……パ、パートナーなんだし、こういうのは分け合うもんだろ?」

P「変わった理屈だな……。じゃあ今日だけは割り勘にするか」

奈緒「今日から、だ!」

P「了解了解っと。それにしても、すっかり春らしくなったなぁ」

奈緒「話題をすり替えるなよ……。ま、確かに暖かくなってきたよな」

P「今くらいの季節が一番好きだな。ほど良い気温でのんびりしててさ」

奈緒「わかるよ。あたし、暑いの苦手だしさー」

P「あぁ……その髪だもんな。夏場にもふもふしたらカイロ触ってるみたいに熱かった」

奈緒「今度やったらぶっ飛ばすからな!」

P「でも年中もふもふしたいし……」

3 :renpou 2017/05/25(木) 22:29:02.29 ID:nTPwv+va0
奈緒「アンタはバカか?」

P「いやいや……奈緒バカかもしれない。奈緒があまりにも可愛いすぎて」

奈緒「かわっ……!? ……い、いきなりそんな恥ずかしい事言うなよ……」

P「あっははは! 奈緒、顔赤いぞ。……シャッターチャンス!」

奈緒「あーもう! 見るな! 撮るな! ニヤニヤするな!!」

P「奈緒は面白いなぁ」


いっつもあたしを撮りやがって!

一体何になるってんだよ!


奈緒「……ったく、Pさんはあたしをからかって楽しいのかー?」

P「そりゃあ楽し……じゃなくて、えーと」

奈緒「今楽しいって言いかけたよな!?」

P「そうか?」

奈緒「そうだってば! …………はぁ……ばか、Pさんのばか」

P「ごめんごめん。ちょっとからかい過ぎたか」

奈緒「!!」


そう言ってPさんはあたしの頭を撫でてきた。

いきなりだったからビックリしたけど……まぁ嫌ではない、かな。

4 :renpou 2017/05/25(木) 22:29:43.83 ID:nTPwv+va0
奈緒「ん……ちょ、ちょっとPさん。撫でるの終わり! 終了!」

P「お、もういいのか?」

奈緒「これ以上は恥ずかしいってば……ってか街中でそういう事するなよ」

P「街中じゃなかったら良いのか?」

奈緒「そ、そういう問題じゃないし!」

P「はははっ! 可愛いな~」

奈緒「はぁ……ほんと、アンタは出会った頃から変わらないな。初対面の時からちょっかい出してさ」

P「人間そんなに変わんないって。いや、加蓮ちゃんのプロデューサーは変わったな」

奈緒「あー……いっつも2人でイチャイチャしてる。見せつけられてるあたしと凛の気持ちになってみろよ」

P「はは……遠慮しておく。まさかあんなに加蓮ちゃんに惚れ込むとはなぁ」

奈緒「大体あの2人はさぁ…………ん? なぁPさん」

P「どうした?」

奈緒「あそこにいる女の子……どうしたんだろ」


目の前には10歳かそこらの女の子が一人、佇んでいた。

そわそわしながら辺りを見回している。その顔はどこか不安げだ。


P「……何か探してる感じだな。もしかしたら迷子とか」

奈緒「あたし、ちょっと話してくるよ」

P「お、おい奈緒!」


すぐ近くに保護者がいるならそれで良いんだけど、本当に迷子だったら大変だ。

5 :renpou 2017/05/25(木) 22:30:30.83 ID:nTPwv+va0
少女「……」

奈緒「こんにちは」

少女「!……な、何?」

奈緒「1人で立ってたから気になってさ。お母さんは近くにいるの?」

少女「……関係ないでしょ」

奈緒「……そっか」

少女「ほっといて。お母さんならすぐ私を見つけてく……っ!」

奈緒「はぐれちゃったか。大変だったな」

少女「うぅ……」

P「奈緒どうだ? やっぱり……」

奈緒「ん、迷子みたい」

P「そうだったか。さてどうするかな。交番に連れて行って保護してもらうとか……」

少女「……」

奈緒「……Pさん、一緒に探してあげようぜ。この子のお母さんを」

P「えっ!?」

少女「!!」

奈緒「確かに、交番で見てもらったほうが安心だろうけどさ、この子のお母さんも今探してると思うんだ。……それに、なんかほっとけなくて」

P「……」

奈緒「ど、どうかな? Pさんに任せるけど……」

P「……そんな顔されてダメなんて言えないな。俺も一緒に探すよ」

奈緒「Pさんありがとう! へへ~♪」

P(調子良いなぁ。ま、可愛いからオッケーか)

奈緒「なぁ、いつ頃はぐれた? 結構前?」

少女「……さっきだけど」

奈緒「さっきって言うならそんなに前じゃないかな。はぐれる前はどこら辺にいたんだ?」

少女「そこの公園……」

6 :renpou 2017/05/25(木) 22:31:22.03 ID:nTPwv+va0
少女は今いるビル街の向こうを指さした。

確かあの辺には大きな公園がある。


P「母親を探してここまで来たってわけか」

奈緒「みたいだな……。ねぇ、あたしたちが探してやるよ。いいかな?」

少女「……人さらいかもしれないし……」

奈緒「大丈夫! お姉さんを信じて!」

少女「そこの人は怪しい顔してるし……」

P「お、俺怪しい!?」

奈緒「……あ、怪しい……けどさ! あたしが付いてるから!」

P「否定しないのかよ……」

少女「……じゃあ、探してほしい……かも」

奈緒「うん! 任せてよ。へへっ」

P(奈緒に負けないちょろさ……)

___


奈緒「さぁて、歩きながら探そうか」


あたし達は少女が先ほどまでいた公園に来ていた。

はぐれた場所がこの公園なら、母親もここを探しているはずだ。


P「初めて来たけど、こりゃかなり広いな」

奈緒「時間もあるし、くまなく探せば見つかるさ! 頑張ろうな!」

少女「う、うん」

奈緒「あっ、まだ名前言ってなかったね。あたしは神谷奈緒って言うんだ。そっちの男の人がPさん」

P「よろしく。怪しくないからね」

少女「よ、よろしく……おねがいします」

奈緒「あははっ! 好きに呼んで構わないから。じゃあ行こう!」

___

7 :renpou 2017/05/25(木) 22:32:05.26 ID:nTPwv+va0
少女「……それじゃあお姉さんはアイドルってこと? 可愛い服着て踊るやつ?」

奈緒「そう! ま、まぁあたしには可愛い衣装は似合わないけどさ」

P「いや、誰よりも似合ってるけどなー。ほら、見てごらん」


Pさんは少女にスマホの画面を見せる。

……まさか!?


少女「わ~~! 可愛い~!」

奈緒「あーーっ!! やっぱりあたしの写真じゃないか! 見せるなよ!! ばか!」

P「コラコラ、子供の前で大声出すんじゃないって」

奈緒「くっ……覚えとけよPさん! ……と、とにかく! あたしはそういうお仕事をやってるんだ」

少女「すごいすごい! 私、アイドル好きなんだ!」


探し始めて20分ほど。少女は少しずつ、あたし達に心を開いてきてくれた。

どうやらこの子はアイドルに興味があるみたいだな。


P「おっ、アイドルやりたい? なんなら俺がプロデュースしようか」

少女「プロデュース?」

P「えーと……アイドルが歌ったり踊ったりするだろ? それを出来るようにするのがプロデュースって事だ。そして俺がプロデューサー」

少女「じゃあ、お姉さんはお兄さんがいないとアイドル出来ないってこと?」

奈緒「……ま、まぁそういうことになるかな」

P「俺たちは2人揃ってやっと1人前になれる。大切な相棒だよ」

8 :renpou 2017/05/25(木) 22:32:41.17 ID:nTPwv+va0
少女「なんかすごい……」

奈緒「あまり恥ずかしい事言うなって……。でもな、そういう割に真面目に仕事しないんだよ。この人」

P「う」

奈緒「あたしがレッスンしてるのを見もしないで居眠りするし、外回りとか言ってあたしを連れ出して遊びに行ったり」

P「うう……反省します」

少女「じゃあ……私、アイドルになったらお兄さんよりもっと真面目な人にプロデュースされたい! しかもイケメンの!」

P「けっ! どーせ不真面目でイケメンじゃないよ俺は。……意外とマセた子だな君はー!」

少女「わぷっ!? や、何するの!?」

P「このこのー!」

少女「……ふふっ! あはははは!!」

P「ようやく笑ってくれたなー! 嬉しいぞぉ!」


Pさんが少女の頭をわしゃわしゃと撫でる。

この子もいきなり撫でられて戸惑ったみたいだけど、楽しそうだ。

…………。


奈緒「ちょっとPさん! 小さい女の子にそんな事しない! セクハラだぞ!」

P「それもそうか。いやいや、ごめんな」

少女「別にいーよ。面白かったし」

P(やっぱちょろい……)

奈緒「ほ、ほら! ちゃんと探そう!」

少女「……」


ちょっとだけ胸がモヤモヤした。

あたしも大人げないなー、子供に嫉妬しちゃうなんてさ。

……はぁ……やめやめ! 今は人探しに集中だ!

9 :renpou 2017/05/25(木) 22:33:40.48 ID:nTPwv+va0
___


P「んー……なかなか見つからないな」

奈緒「この公園にいると思ったんだけど……」

P「あと1周したらビル街まで戻ってみるか。すれ違いになってるかもしれないから」

少女「……」

奈緒「そうだな……ごめんな。時間掛かっちゃって」

少女「ううん、私こそごめんなさい」

奈緒「謝る事ないよ。そうだ、そこのベンチでちょっと休憩しようか?」

P「歩き疲れただろ? ジュースでも買ってくるよ」

奈緒「じゃあPさん、お願い。あたしはこの子見てるから」

P「分かった。すぐ戻る」

___


奈緒「大丈夫。ちゃんと見つけてあげるからな」

少女「……」


僅かにコクン、と頷く少女。

さっきまでの笑顔は無く、最初に見た時と同じ不安な顔をしている。

気を紛らわせないと……アイドルの話題とかが良いかな!


奈緒「そういえば……」

少女「ねぇお姉さん、聞いてもいい?」

奈緒「え? うん」


あたしの声を遮って、少女が神妙な面持ちで話しかけてきた。

10 :renpou 2017/05/25(木) 22:34:28.86 ID:nTPwv+va0
少女「アイドルって笑顔じゃなきゃダメなんだよね?」

奈緒「え……」

少女「私、迷子になって……お母さんが見つからなくて……ずっと暗い顔してる。これじゃアイドル目指せないよね」

奈緒「……」

少女「いつも笑顔でいなきゃ、アイドルになれない……」

奈緒「……バカ正直だなぁ。そんな事ないよ」

少女「どうして? テレビで見るアイドルはいつも可愛い笑顔してるのに」

奈緒「そりゃあアイドルは人を笑顔にさせるのが仕事だからな。自分が暗い顔してたらダメだよ」

少女「それじゃあ……!」

奈緒「でもな」


今度はあたしが少女の声を遮る。


奈緒「でも、皆その裏では笑顔になる為に大変な思いをしているんだ。毎日倒れそうになるまでレッスンして……喉が枯れそうになるまで歌って……」

少女「……」

奈緒「たくさん苦労した後に本番を迎えるんだ。そしたらさ、ステージに上がったら自然と笑顔になるんだよ」

少女「頑張ったから?」

奈緒「それもあるけど……あたしの為に応援してくれるファンがいてくれて、今からあたしと一緒に笑ってくれるんだって」

奈緒「なんか……そういう色んな想いが込み上げてきてさ、レッスンが大変だった事とか、そんなの忘れて心の底から笑顔になれるんだ」

少女「…………アイドルって、すごいね」

奈緒「うん、すごいよ。あたしもアイドルになって初めて気が付いた。応援ってのがこんなに力になるんだってね」

少女「……一番力になるのは……お兄さんの応援、とか?」

奈緒「……なんでそこでPさんが出てくる」


あー。

この子は何か察しやがったな。

11 :renpou 2017/05/25(木) 22:35:15.89 ID:nTPwv+va0
少女「なんとなく。正解でしょ?」

奈緒「…………そうだよ、Pさんの応援が一番力になるよ。……だから、それに応えてあげたいんだ。あたしをアイドルにしてくれた人だから」

少女「……」

奈緒「あたしの、大切な人だから」

少女「…………決めた! 私もアイドル目指す!」

奈緒「おっ! その意気だ!」

少女「私もたくさんの人を笑顔にしたい。そしてお姉さんみたいに大切な人を喜ばせたいな」

奈緒「……最後のはアイドルになる理由としてどうなんだ……」

少女「あっははははは!」

奈緒「……まったく、さっきまで落ち込んでいたかと思えばいきなり笑い出してさ。……はははっ!」

P「おーーーい!! 奈緒ーー!!」

奈緒「ん?」


Pさんが大声であたしを呼んでる。

どうしたのかな…………あ。


少女「お母さん!!」

P「いやぁ、自販機探してる途中で心配そうな顔した人がいたからさ」

奈緒「良かった~~!」


少女と母親はお互い涙を流して抱き合っている。

な、なんだか見ているあたしまで泣きそう……。

12 :renpou 2017/05/25(木) 22:35:54.29 ID:nTPwv+va0
奈緒「Pさんお手柄じゃんか!」

P「奈緒があの時声を掛けたから見つけられたんだ。偉いよ、奈緒」

奈緒「……ありがと。Pさん」

P「ほんとに優しいな、奈緒は。良い子良い子」

奈緒「な、撫でるなよ! ……ばか」

___


少女「お兄さん、お姉さん、ありがとうございました!」

奈緒「もう迷子になるんじゃないぞ」

少女「うん!」


少女の母親はお礼を言いながら何度も頭を下げていた。

Pさんはそれを必死で落ち着かせている。


少女「あ、お姉さんちょっと」

奈緒「どうかしたか?」

少女「私、絶対アイドルになるから……その時は一緒にライブしたいです!」

奈緒「!! ……わかった! 約束だよ、絶対叶えような!」

少女「えへへ~」

奈緒「あははっ!」

___

13 :renpou 2017/05/25(木) 22:36:57.19 ID:nTPwv+va0

P「ふぅ~……一件落着。良かった良かった」

奈緒「ほんと、ありがとなPさん」

P「もうお礼は十分だよ。あの子のお母さんから一杯もらったから」

奈緒「何度も頭下げられてたな……」

P「それだけ心配だったって事かな。よし! 気分も良いし、改めてお昼ご飯にしようか」

奈緒「ん……でも午後のレッスンまであまり時間ないぞ?」

P「ふっふっふっ……実はな、ラジオ収録が延びた事にしてレッスンを遅らせてもらったんだ。だからゆっくり食べられるよ」

奈緒「はぁ……アンタはいつもそうやってサボろうとするんだから……。後でバレても知らないからなー」

P「トレーナーさんも今日ぐらい許してくれるって。さぁ行こうか!」

奈緒「ま、ずっと一緒だって言ったからな。どこまでも付き合うよ、Pさん!」


Pさんが手を差し出す。

あたしを導いてくれる人の手。

離れて迷子にならないように、ギュッと握りしめた。


奈緒「……そうだ! さっきの写真、全部消せよな!!」

P「了解了解~消しますよ~」

奈緒「消す気無いだろ!?」

P「当然!」

奈緒「ばかばか! なんでだよぉ!?」


いつもの調子でじゃれ合いながら、あたし達は歩いていく。

いつもと違い、手を繋ぎながら。

14 :renpou 2017/05/25(木) 22:37:43.45 ID:nTPwv+va0
終わりです。

お姉さんしてる奈緒が見たかったんです。

奈緒可愛い。依頼出してきます。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 神谷奈緒「迷子か……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495718789/


[ 2017/05/25 23:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18377-aaa60f70