ヘッドライン

【ミリマス】千鶴「コロちゃんがワンちゃんになってしまいましたわ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495644057/

1 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:40:57.99 ID:7Z72E/1F0
ロコ「ロコはコロちゃんじゃなくてロコです!」


千鶴「でもその姿だとコロちゃんの方がしっくり来ますわよ」


ロコ「うぅ…」

P「ただいまー。おっ、千鶴とロコか」

千鶴「プロデューサー、ちょうどいいですわ」

P「どうかしたのか?というかロコの寝癖すごいな」

千鶴「寝癖で済んでればいい方ですわ、ほらコロちゃん」

ロコ「バ、バッドです!こんな姿プロデューサーには…」

P「…あれ?今日は着ぐるみを着る仕事なんてあったか?」

P「それにその顔、着ぐるみにしては随分リアルなような…」

千鶴「実はですね…」

2 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:41:23.54 ID:7Z72E/1F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ロコ「フンフンフーン♪」

千鶴「あら、今日のコロちゃんは上機嫌ですわね」

ロコ「ロコのタレントがいつも以上に冴え渡ってますから、アイデアをまとめてたんです」

ロコ「あとコロちゃんじゃなくてロコです」

千鶴「そうなんですの」

ロコ「ふう、でも1時間も考えてると流石にタイアードです」

千鶴「あら、それでしたらお茶でも飲みます?」

ロコ「本当ですか!ぜひお願いします!」


3 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:42:03.99 ID:7Z72E/1F0

千鶴「あら?いつもの茶葉が切れてますわね」

千鶴「今日はこちらのインスタントの紅茶にしますか」

千鶴「見たことのない銘柄ですけど…」

千鶴「メスケモニナール…いい香りですし、きっとコロちゃんも気に入りますわ」

ロコ「チヅルー?ロコも何か手伝いますか?」

千鶴「いえ、コロちゃんはゆっくりしててくださいな」

ロコ「ロコです!」


4 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:42:34.87 ID:7Z72E/1F0

千鶴「ほら、できましたわよ」

ロコ「サンクスです!」

千鶴「お茶菓子もありますわ」

ロコ「どれもとってもおいしそうです…」

千鶴「先に紅茶から頂きましょう」

ロコ「イエス!」ゴクッ

ロコ「ウッ、スメルはグッドなのにテイストはベリーバッドです…」

ロコ「それになんだかお腹が痛くなってきました…」

千鶴「大丈夫ですの?」


5 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:43:48.55 ID:7Z72E/1F0

ロコ「はい…それになんだか体がムズムズします…うぅ」クラッ

千鶴「コロちゃん!しっかりしなさいな!」モフッ

千鶴「ん?モフ?…!?」

ロコ「チヅル?どうかしましたか?」

千鶴「こ、こここここコロちゃん!!!鏡を見て下さいまし!!!」

ロコ「そんなに慌ててミラー持ってこなくても…え?」

ロコ「えええええ!!!これは本当にロコなんですか!?!?」

千鶴「顔だけじゃなくて全身ワンちゃんみたいですわよ!!」

ロコ「なんかテイルみたいなのも付いてます!!!」


6 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:44:21.28 ID:7Z72E/1F0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

千鶴「…というわけですの」

P「どういうことなんだ…」

千鶴「そう言われましても…」

P「とにかくこの紅茶?を置いた奴はまた突き止めるとして…」

ロコ「ロコはこれからどうすればいいんですか~…」

P「幸い今日はみんな事務所には来ないし…」

P「何故か小鳥さんもいないけど」

千鶴「説明書きには一定時間で解けると書いてありますわ」

ロコ「肝心のタイムが書かれてないです…」


7 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:44:53.52 ID:7Z72E/1F0

P「とりあえず親御さんには連絡しておくから、ロコはしばらく事務所で待機だな」

ロコ「わかりました…」

千鶴「ところで、今のコロちゃんはワンちゃんなんですよね…」

ロコ「それがどうかしましたか?」

千鶴「…お手!」

ロコ「はい!」ポフッ

千鶴「おかわり!」

ロコ「はい!」

千鶴「ちんちん!」

ロコ「ナッシングです!!」


8 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:45:27.77 ID:7Z72E/1F0

ロコ「って何やらせてるんですか!!!!」

千鶴「コロちゃんがいつにも増して可愛いですわ~」ナデナデ

ロコ「もう、勝手に撫でないでください!!!!」パタパタ

千鶴「わかりましたわ」スッ

ロコ「あっ……、や、やっぱりやめないでください…」

千鶴「あら、今日のコロちゃんは素直ですのね」ナデナデナデナデ

ロコ「だからコロじゃなくて…うぅ////////」カアァァァ

P「案外平気そうだな…」


9 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:46:16.25 ID:7Z72E/1F0

千鶴「名残惜しいですが、私もこれからお仕事がありますの」

千鶴「プロデューサー、コロちゃんの事をお願いしますわ」

P「ああ、千鶴も気をつけてな」

千鶴「えぇ、それでは」ガチャッ

ロコ「…はあ、チヅルにも困りました…」

P「でも少しは落ち着いてきただろ?」

ロコ「チヅルなりのエンカレッジメントって事ですか?」

P「多分な」


10 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:46:53.51 ID:7Z72E/1F0

P「それじゃあ俺は仕事してるから、ロコは適当にくつろいでてくれ」

ロコ「わかりました」

P「……」カタカタカタカタ

ロコ「……」

ロコ「……」パタパタ

P「…どうかしたか?」

ロコ「い、いえ!何でもないです…」パタパタパタ

P「でもさっきから尻尾パタパタしてるぞ」

ロコ「はう、これは、その…」


11 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:47:33.39 ID:7Z72E/1F0

P「何か言いたい事があったら遠慮なく言ってくれ」

P「俺はロコのパートナーなんだから」

ロコ「…今それ言うのはずるいですよ…」

ロコ「わかりました、それじゃあプロデューサー…」

P「ああ」

ロコ「さっきのチヅルみたいに、その、撫でてくれませんか…?」

P「なんだ、それぐらいお安い御用だ」ナデナデ

ロコ「あっそんなにイージーに…えへへ///」

P(かわいい)

12 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:48:26.98 ID:7Z72E/1F0

P(それにしてもこの見事な毛並み…)

P(今のうちにもっと堪能しておきたいな…)

P「なあロコ」

ロコ「えへへ…なんですか?」

P「ちょっと手出してもらってもいいか?」

ロコ「?別にノープロブレムですけど…」

P「ふむ、ちゃんと肉球があるんだな」ムニムニ

ロコ「ふえ////////何だかストレンジなフィーリングです…」

P「これ滅茶苦茶気持ちいいぞ…」


13 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:49:02.19 ID:7Z72E/1F0

ロコ「そう言われるとシェイムドなのでやめてください…///」

P「ごめんごめん」ナデナデ

ロコ「もう、誤魔化さないでください…ふわぁ…」

P「眠いのか?流石に疲れたか」

ロコ「はい…とってもスリーピーです…」

P「そこのソファで横になっててもいいぞ」

ロコ「いえ…ロコは大丈夫です…」

P「無理するなって、ほら」ダキッ

ロコ「んー…」


14 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:49:31.50 ID:7Z72E/1F0

P「なんかこうしてると本当に犬みたいだな」

ロコ「ロコはドッグじゃないですー…くぅ」

P「はいはい、降ろすぞ…ってうわ!!!」

ボフンッ

ロコ「けほけほ、何が起こったんですか?」

P「ロコ!!お前元に戻ってるぞ!!!」

ロコ「本当ですか、それはいいんですけど…」モジモジ

P「なんだ、戻れたっていうのに反応薄いな」

ロコ「いえ、あの、とりあえず先に降ろして欲しいです…///」カアァァァ

P「あ、あぁごめん」スッ


15 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:50:01.78 ID:7Z72E/1F0

P「何はともあれ、これで家に帰れるな」

ロコ「はい!プロデューサー、サンクスです」

P「ちょっと残念な気もするけどな」

ロコ「レアなエクスペリエンスができてロコ的にも結果オーライです」

ロコ「それに…」

P「ん?」

ロコ「…いえ、なんでもないです」

P「…そうか」


16 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:50:27.04 ID:7Z72E/1F0

ロコ「それじゃあプロデューサー、お疲れ様でした!」

P「お疲れ様、気をつけて帰れよ」

ロコ「はい!」ガチャッ バタン

P「…ふう、俺も仕事に戻ろう」

小鳥「プロデューサーさん、お疲れ様です!」ニョキッ


P「うわあ!!小鳥さんいつの間に!!」

P「…いや、本当にいつからいたんですか?もしかして…」

小鳥「まあまあ、とりあえず先にこれを」

P「…!?これは…」

小鳥「さっきのロコちゃんの写真です♪」


17 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:51:00.24 ID:7Z72E/1F0

P「やっぱり小鳥さんの仕業だったんですね」

小鳥「やっぱりってなんですか」

P「あんな薬どこで手に入れたんですか…」

小鳥「それよりもその写真、欲しくないですか?」

P「いいんですか!?じゃなくて何でこんな事を」

小鳥「もしかしたらアイドル達の新しい可能性が生まれるかなと思いまして」

P「はあ…」


18 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:51:42.31 ID:7Z72E/1F0

小鳥「でもさっきのロコちゃん、とっても可愛かったですよね」

P「それはまあ、確かに…」

小鳥「他にもデータはありますから、是非プロデュースに役立ててください」

P「…そういうことなら、有難く貰っておきます」

小鳥「はい、それでは私もこの辺で失礼しまーす」トタトタ

P「行ってしまった…つい貰ってしまったけど…」

P「…とりあえず堪能しておくか」



小鳥「うふふふふ、今度は誰にしましょうか♪」

後日、再び仕掛けておいた薬が律子にバレた結果、小鳥とPはこってり絞られた後に

薬とデータはあえなくボッシュート。

ロコは新しいアートへの着想が浮かんで満足そうだったらしい。

終わり。

19 : ◆oQVdHABsTw 2017/05/25(木) 01:56:16.92 ID:7Z72E/1F0
ロコの同級生の話の方が上手く書けなくて気付いたらこんなSSを書いてました
メスケモにした意味あったのか?って思われそうですが僕は楽しかったです許してください

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 02:02:37.69 ID:F9SRuqfNO

ロコわんわんくださいな



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ミリマス】千鶴「コロちゃんがワンちゃんになってしまいましたわ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495644057/

ミニッチュ アイドルマスター ミリオンライブ! ロコ アクリルキーホルダー
ファット・カンパニー (2016-11-30)
売り上げランキング: 171,620

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18370-52854f4d