ヘッドライン

ガヴ「いい子」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:37:32.599 ID:3KD2myyS0.net
「本当に仕方ないわね、ガヴは」

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:37:52.493 ID:3KD2myyS0.net
つい最近、彼女がこう呟くようになった

そんなこと、自分でも分かってる

友達に、自分の世話をさせる天使なんてどうしようもないことくらい

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:38:26.119 ID:3KD2myyS0.net
でも、そんな天使にもついてきてくれる人がいる

それにしても、どうして彼女はこうまで私の世話を焼いてくれるのだろう

……分からない

でも、いつまでもそんな日常が続く

……そう私は思っていた

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:39:03.925 ID:3KD2myyS0.net
それはある日のこと

「ほら!起きなさい!ガヴリール!」

「んー、眠い~!起きたくない!」

「だめよ!起きなさい!」

「しんどい!学校休む~」

「ほら、着替えて着替えて」

「やだ!休む!」

「もう、ワガママばっかり言わないで!」

「休むっていったら休むんだ!」

「そんなワガママばっかり言ってると……」

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:39:27.337 ID:3KD2myyS0.net
「いつか見放されちゃうわよ?」

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:40:01.495 ID:3KD2myyS0.net
……見放される?

私が?ヴィーネに?

……嫌だ

それだけは……絶対に嫌だ

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:40:24.287 ID:3KD2myyS0.net
「だから早く着替え……」

サッサッ

「あら?」

「よ、よし、着替えたぞ。じゃあ学校いこうか」

「えらいじゃない!いいこいいこ!」ナデナデ

「……うん、いい子だから、いい子にするから……さ」

「ん?」

「……なんでもない」

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:41:01.096 ID:3KD2myyS0.net
その日から私は「いい子」を心がけた

……かつて、私が演じたように

11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:41:28.542 ID:3KD2myyS0.net
「ガヴ、起きなさい……ってもう起きてる!」

「おう、おはよう」

「槍でも降るんじゃないかしら……」

「何言ってんだよ、これくらい普通だろ?」

「……そうね、普通よね?……これからもその調子で頼むわよ!」

この調子なら、きっと……

12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:41:49.401 ID:3KD2myyS0.net
「……ちょっと掃除した」

「えっ!あのガヴが!?けっこう綺麗になってるじゃない!えらいえらい!」

「……へへ」

「ご飯も作ったよ、ヴィーネも食べる?」

「えっ……うん!おいしいおいしい!」

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:42:07.340 ID:3KD2myyS0.net
私が「いい子」を演じている時、彼女は嬉しそうにしていた

だから私は「いい子」を演じ続ける

全ては彼女に見放されないために

ずっと彼女のそばにいたかったから

……だが

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:42:43.875 ID:3KD2myyS0.net
「ガヴ~、起きて~」

「もう起きてるよ」

「あっ、もう着替えてるのね、じゃあ行きましょうか……」

「……」

「……」

「ガヴ、最近ちゃんとご飯たべてる?」

「当たり前じゃん?三食きちんと食べてるよ。コンビニ飯とかじゃなくてちゃんと自分で作って」

「……そう」

「……うん」

……なんだろうこの胸のもやもやは

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:43:17.531 ID:3KD2myyS0.net
「いい子」を演じているのに、どうして彼女は嬉しそうにしなくなったのか

……それに、なぜか以前より距離が遠くなった気がする

なんで?どうして?

一体何がいけないのか……

まだ「いい子」を演じる努力が足りない?

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:43:39.080 ID:3KD2myyS0.net
「最近バイトを週5に増やしたんだ、マスター大喜びでこっちまで嬉しくなるね」

「ふーん、えらいわね」

「公園の掃除とかしてると自然に子供たちがなついてきちゃってさ、体中が筋肉痛になるくらい遊ばされちゃって……」

「ふーん」

「……ネトゲもやめたんだ」

「……ふーん」

17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:44:32.760 ID:3KD2myyS0.net
ねぇ、どうしてなにも言ってくれないの?

こんなにがんばってるのに

……もっと私を褒めてよ

……もしかして、もうすでに見放されちゃってるのかな

……嫌だよ、私の所に戻ってきてよ、ヴィーネ……

18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:44:58.425 ID:3KD2myyS0.net
「ヴィーネ!」

「私こんなに頑張ってるのに!こんなにいい子にしてるのに!どうして何も言ってくれないの?」

「……ガヴ?」

「私を見放さないでよ!この調子でこれからも頑張るからさぁ……だから、もっと私の事を見てよ!私の事を考えてよ!」ポロポロ

涙と共に溢れる思いがこみあげてくる

……彼女も幻滅したかな

私がこんなに重い女だったなんて

2人の関係も終わりなの……かな

私の心が壊れてしまいそうだ

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:45:34.808 ID:3KD2myyS0.net
「……見捨て……ないで……」

「ガヴ、安心して」

「私はあなたを見捨てたりはしないわ」ダキッ

「え……」

壊れてしまいそうな、私の心

それを柔らかに包む天使の抱擁

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:46:25.519 ID:3KD2myyS0.net
「ごめんね、ガヴ。私正直怖かったの」

「以前のようなガヴに戻っちゃうと、もう私のことなんて見てくれないんじゃないか、もう用済みになるんじゃないか……って」

「……ひどいわよね、友達のこと……あんたのこと、信用出来なかったの」

「……」

「幻滅したかしら?」

「ううん、そんなことないよ」

……彼女も私と同じ気持ちだったんだ

私が彼女を求めているのと同じように、彼女も私を求めている

どうしてそれに気付かなかったのか

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:48:28.685 ID:3KD2myyS0.net
「私こそごめんね?こんなに重いグータラ自堕落天使で……」

「……ううん、私はあなたのそういう所が好きなの。好きで世話を焼いてるんだから」

「そっか……ありがとう」

「……だからこれからも、ずっとあなたのお世話をさせてね?」

彼女は以前の自堕落な自分を求めてくれている、欲してくれている

……演技などではない、本当の自分を

「本当にしかたないな、ヴィーネは!」

この日、私は再び「いい子」を演じるのをやめた

おわり

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 10:48:53.188 ID:3KD2myyS0.net
共依存ガヴィーネを書きたかったんです

ありがとうございました!

29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 11:06:47.309 ID:a6zMuHDl0.net

百合いいよね……

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/17(水) 11:07:35.321 ID:1d0sHwmGp.net
共依存ガヴィーネ大好き



元スレ: ガヴ「いい子」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1494985052/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18263-0e701761