ヘッドライン

サターニャ「正義の大悪魔、デビルズ仮面参上!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494655494/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:04:54.97 ID:pE69QvKVo
『あれは 誰だ 誰だ♪』

『悪魔の力~♪ 』



サターニャ「か、カッコいいぃぃ……!」

サターニャ「正義の悪魔……悪くないわね!!」

サターニャ「私もこんな悪魔になりたい!!!」

サターニャ「でも私女だし…そうだ!魔界通販で買った仮面で…」スポッ

サターニャ「良いわね!今日から私は正義の大悪魔、デビルズ仮面よ!!」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:05:28.62 ID:pE69QvKVo
ガヴリール「うげ…教室に財布忘れた…」

ガヴリール「はぁ…少ない体力でここまで来たのに…」

ガヴリール「誰か金貸してくれねーかな…」

『ナァーッハッハッハ!!』

ガヴリール「!?」ビクッ

サターニャ「正義の大悪魔、デビルズ仮面、参上!!」シャキーン

ガヴリール「……何してんだサターニャ」

サターニャ「サターニャじゃないわデビルズ仮面よ」

ガヴリール「…まぁ、何でもいいけどさ。何か用か?」

サターニャ「ふっふっふ、私の助けを求める声が聞こえてね!」

サターニャ「そう!悪魔的聴力〈デビルズ・イヤー〉は地獄耳!!」シャキーン

ガヴリール(うぜぇ…)

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:05:55.02 ID:pE69QvKVo
サターニャ「それで?なにか困ってるんじゃないかしら?ガヴリール」

ガヴリール「え、ああ、教室に財布を忘れてな。ジュースが買えないんだ。助けてくれデビルズ仮面」

サターニャ「お安い御用よ!はい!」

つお金

ガヴリール「おー、サンキュー」

サターニャ「困った事があったらいつでも私を呼びなさい!さらば!」ピュー

ガヴリール「……何だったんだ今の…」ガコン


ピピピピ…ピロリロリーン

ガヴリール「お、当たった…これはサターニャにでもやるか」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:06:42.11 ID:pE69QvKVo
ヴィーネ「ぐっ…重い……!」グググッ

ヴィーネ「先生に持ってくように頼まれた荷物重すぎよ…」

ヴィーネ「はぁ……誰か持ってってくれないかしら…」

『ナァーッハッハッハ!!』

ヴィーネ「ふぇ!?何!?」ビクッ

サターニャ「デビルズ仮面、参上!!」シャキーン

ヴィーネ「…サターニャ?」

サターニャ「サターニャじゃないわデビルズ仮面よ」

サターニャ「なにかお困りかしら?ヴィネット」

ヴィーネ「え?うん、この荷物を倉庫に持っていけって先生に頼まれたんだけどね…これが重たいのよ」

サターニャ「ふん、この私に任せなさい!!」ヒョイ

ヴィーネ「凄い!あんなに重たい荷物を軽々と持ち上げた!?」

サターニャ「ふっふっふ、悪魔的超力〈デビルズ・パワー〉は鉄をも砕く!!」

サターニャ「それじゃ、これは私が倉庫に持っていくわ!!さらば!」ピュー

ヴィーネ「あ、ありがとう…デビルズ……仮面?」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:07:31.23 ID:pE69QvKVo
ラフィエル「あっ」

ラフィエル(体操服を忘れてしまいました…)

ラフィエル(どうしましょう…これから体育なのに…)

ラフィエル「クラスの皆さんも行ってしまいましたし…どうしたら…」

『ナァーッハッハッハ!!』

ラフィエル「だ、誰です!?」

『…あれ?上手く開かない……うわわっ!』ガシャーン

パカッ

サターニャ「デビルズ仮面、参上!!」シャキーン

ラフィエル「え、えっと…サターニャさん?掃除用具入れの中で何を…」

サターニャ「サターニャじゃないわデビルズ仮面よ」

ラフィエル「まずはそこから出たらどうです?」

ラフィエル(またサターニャさんは面白そうなことを…)


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:08:24.67 ID:pE69QvKVo
サターニャ「それで?なにか困ってるんじゃ無かったかしら?」

ラフィエル「あ、はい…実は体操服を忘れてしまいまして…助けて下さい、デビルズ仮面様…」

サターニャ「ふん、そんな事もあろうかと代わりの体操服を用意しておいたわ!!これを代わりに来なさい!!」ババーン

ラフィエル「な、何と…ありがとうございます!しかし、なぜ私が体操服を忘れたことをご存知で…?」

サターニャ「ふっふっふ、悪魔的透視〈デビルズ・アイ〉は全てを見通す!!こんな事は予測済みよ!」

ラフィエル「す、凄い…」

サターニャ「それじゃ!また困った事があったら私を呼びなさい!さらば!」ピュー



ラフィエル「……」

『胡桃沢』

ラフィエル「ぷふっ、体操服に思いっきりサターニャさんの名前が書いてありますね…」

ラフィエル(サターニャさんの体操服…)

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:08:54.20 ID:pE69QvKVo
タプリス「ふんふふーん♪下界の学校は知らない事ばかりで楽しいです!」

タプリス「もっともっと下界のことを学びませんと…」テクテク

<カキーン
<アブナーーイ!

タプリス「へ?はわわ!ボールがこっちに飛んで来ます!!」

タプリス(ダメ!間に合わない!ぶつかる!!)

タプリス「ッ!?」ギュッ

ドゴッ

タプリス「……あれ?なんとも無い…」

『ふぅ…間に合ったわね』

タプリス「へ?」

サターニャ「怪我は無いかしら?」

タプリス(へ、変な人ですーー!?)

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:09:39.53 ID:pE69QvKVo
タプリス「あ、あの…どちら様ですか?」

サターニャ「私は正義の大悪魔、デビルズ仮面よ!!」シャキーン

タプリス「デビルズ…?ま、まさか!悪魔!?」ビクッ

タプリス「あ、悪魔が私に一体何のようですか!?」

サターニャ「あらあら、さっきボールからあなたを守ってあげたのに随分なご挨拶ね」

タプリス「…へ?ではさっきのぶつかった音は…」

サターニャ「少し痛かったわ」

タプリス「まさか私を庇って…!大丈夫何ですか!?」

サターニャ「心配ご無用…悪魔的身体〈デビルズ・ボディ〉は鋼鉄が如し!こんなもの屁でもないわ!」

タプリス「す、凄い…助けて頂いてありがとうございました!!」

サターニャ「また危ない時があったら私が助けてあげるわ…さらば!」ピュー



タプリス「か、カッコイイですぅ!悪魔にもあんなカッコイイ方が居るのですね!」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:10:15.24 ID:pE69QvKVo
ガヴリール「そしたらデビルズ仮面がお金貸してくれてさー」

ヴィーネ「あ、ガヴもデビルズ仮面に助けてもらったんだ。私も助けてもらったのよ」

ラフィエル「皆さんもでしたか、実は私もなんです」

ガヴリール「…あれサターニャだよな?」

ヴィーネ「…だよね」

ラフィエル「ええ、助けてもらった時に貸して頂いた体操服にもしっかりサターニャさんの名前が書いてありましたし間違いないでしょう」

ガヴリール「アイツ馬鹿なの?ラフィはその体操服どうしたんだよ」

ラフィエル「ふふふ♪大切に保管してあります♪」ツヤツヤ

ガヴリール「…まぁ深くは聞かないことにするけど…アイツまた何か企んでるのか?」

ラフィエル「サターニャさんの事ですしアニメか何かに影響されたのでは?」

<ナァーッハッハッハ!!

ガヴリール「あ、またやってる」

ヴィーネ「ま、まぁ別に悪いことをしてる訳じゃないし、人の為に何かするのはいい事だと思うわよ?少し見守りましょ?」

ガヴリール「それで良いのか悪魔…」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:14:52.23 ID:pE69QvKVo
ー数日後ー

男子1「いやー、この前またデビルズ仮面に助けて貰っちゃったよ」

男子2「俺も、不良に絡まれたところを助けてくれてさー」

男子3「マジ!?デビルズ仮面大丈夫だったのかよ!?」

男子2「それがアイツめちゃくちゃ力強くてさ、持ってたスチール缶を握り潰してそれを見た不良がビビって逃げてったんだよ!」

男子1「すげーー!!デビルズ仮面カッケェ!!」

男子3「憧れるよなー!」

<ワイワイ



ガヴリール「アイツらが正体がサターニャだって事知ってんのかな?」

ラフィエル「多分気付いて居るけどあえて言わないようにしてるんでしょうね」

ガヴリール「は?何でだよ」

ヴィーネ「ほら、男の子ってそういうの好きだし、ロマンって奴じゃない?」

ガヴリール「そういうもんなのか」

ラフィエル「それに、話題にしてるのは男の子だけじゃなく…」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:16:01.17 ID:pE69QvKVo
女子1「私またデビルズ仮面様に助けて貰っちゃったー!」

女子2「私もー!ビルから転落しそうになった時に颯爽と現れて助けて貰っちゃったー!」

女子1「ソレ大丈夫だったの!?」

女子2「そこからが凄くてー、私をお姫様抱っこしながら壁キックで降りて華麗に着地したの!!」

女子1「デビルズ仮面様のお姫様だっこ!?良いなー羨ましい!」

女子2「えへへー///デビルズ仮面様ちょーカッコよかった…///」

女子1「いいないいなー」

<キャッキャッ


ラフィエル「……チッ」ゴゴゴゴ

ガヴリール「ラフィ、笑顔で舌打ちは怖いよ」

ヴィーネ「でも凄いわよね、学校中がデビルズ仮面の話題でもちきりだもの」

ガヴリール「そんで当の本人は?」チラッ



サターニャ「ぅえへ、えへへへへ///」ニヤニヤ



ガヴリール「うーわ、すっげー気持ち悪ぃ笑顔」

ヴィーネ「まぁあれだけ褒められたらね…」

ガヴリール「でもこれだけ話題になったら…」



グラサン「HR始めるぞー」ガラッ

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:16:33.93 ID:pE69QvKVo
グラサン「えー、最後に、なにやら学校に怪しい仮面を被った不審者が居るようだ。皆、気をつけて帰るように。以上」

ザワザワ

サターニャ「!?」

ガヴリール(あー、やっぱりこうなったか)

ヴィーネ(まぁこれだけ噂になったら教師も黙ってないわよね…)

サターニャ「ちょっと!!不審者ってどういう事よ!!」バンッ

グラサン「そのままの意味だ。それと胡桃沢、お前は後で職員室に来るように」ゴゴゴゴッ

サターニャ「」

ガヴリール(教師にも正体バレてんじゃねーか)

ヴィーネ(サターニャ…ご愁傷さま…)

ガヴリール(サターニャには悪いが先に帰るか…)

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:18:21.54 ID:pE69QvKVo
ー帰り道ー

ガヴリール「まぁ、こうなるよな」

ラフィエル「教師から見たら変な仮面を被った不審者ですもんね…」

ヴィーネ「ちょっと可哀想な気もするけど…」

タプリス「何の話ですか?」

ガヴリール「ん?デビルズ仮面の話だよ」

タプリス「デビルズ仮面!?天真先輩も知ってるんですか!?」

ガヴリール「何だ、タプリスも助けて貰ったのか?」

タプリス「はい!あんなカッコイイ悪魔が居るなんて知りませんでした!!」

ガヴリール「ん?お前デビルズ仮面の正体知ってる?」

タプリス「へ?正体?誰なんですか?」

ガヴリール(マジか…)

ヴィーネ(えぇ…)

ラフィエル(気付いてないのですね…)

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:18:48.56 ID:pE69QvKVo
タプリス「そしたらデビルズ仮面がやって来てシュババーン!っと」

ガヴリール「あーはいはい」

タプリス「それでですねー…」

ドンッ

タプリス「わわっ!」ドテッ

不良A「あ?ってーなどこ見て歩いてんだ?」ギロッ

タプリス「ご、ごめんなさい!」ペコッ

不良B「ちゃんと前見て歩けボケが!」

ヴィーネ「ムッ!あなた達が先にぶつかってきたんでしょ!?」

ガヴリール「ちょっ、ヴィーネ…!」

不良C「あ゛ぁん!?」

不良D「なんか文句あんのか?あぁ!?」

ヴィーネ「ひっ…」

ラフィエル「すみません、次から気をつけますから…」

不良A「おい待てよ」ガシッ

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:19:59.01 ID:pE69QvKVo
不良A「コイツら結構可愛くね?」

不良B「あー確かに。丁度良いじゃん」

ガヴリール「…なんだよ」

不良C「ちょっと付き合えよ。暇だったんだ一緒に遊ぼうぜ」

ラフィエル「…すみません、急いでるので…」

不良C「えー?良いじゃんちょっとだけだからさー」

タプリス「はわわ…」ブルブル

ヴィーネ「大丈夫よタプちゃん…いい加減にしてよ!通報するわよ!」

不良D「出来るもんならやってみろや」ガシッ

ヴィーネ「っ!?」

ガヴリール「おい!ヴィーネから離れろ!」

不良A「うっせーな…怪我したくなかったら大人しくしろや」キラッ

ガヴリール「ひっ…!は、刃物はダメでしょ刃物は…」

ラフィエル「くっ…!」キッ

不良D「あ?なんだテメェ?」

不良A「おい、コイツら連れてくぞ」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:20:48.55 ID:pE69QvKVo
ーアジト的なー

タプリス(すみません…私のせいでこんな事に…)

ラフィエル(いいえ、タプちゃんは何も悪くないですよ)

ガヴリール(そうだぞ、悪いのはアイツらだ気にするな)

ヴィーネ(ねぇ、ガヴ達は神速通で逃げられるんじゃない?)

ラフィエル(無理ですね…人前で使ってしまうと私達が天使だとバレてしまいます…)

ガヴリール(そうなりゃ私達は天界に強制送還だ…神速通は最後の手段だな…それにヴィーネを置いて逃げらる訳ないだろ)

ヴィーネ(ガヴ…)

不良A「何ヒソヒソ話してんだ?」

「「「「!?」」」」


不良A「準備が整ったからそこの金髪ロング、こっちに来い」グイッ

ガヴリール「痛っ!?」

ヴィーネ「ガヴ!?」

タプリス「天真先輩!」

ラフィエル「ガヴちゃん!!」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:23:08.63 ID:pE69QvKVo
ガヴリール「やめろ!離せ!」

不良A「どうする?取り敢えず脱がすか」

不良B「だな、とっとと始めるぞ」

ガヴリール「!?」

不良C「うひょー!金髪ロリの裸なんてそうそう見れねぇぜ!」

不良D「あー、早くヤりてぇよ」

ガヴリール「おい…、嘘だろ…?やめ、離して…!」

ヴィーネ「やめて!ガヴから手を離して!!」

不良A「静かにしろ!!テメェらはそこでコイツが傷つく様でも眺めてろ!」

ガヴリール(くそ…誰か助けて…誰か…)



『困った事があったらいつでも私を呼びなさい!』



ガヴリール「…!!デビルズ仮面…」ボソッ

不良A「あん?なんか言ったか?」

ガヴリール「助けてくれ…デビルズ仮面…」ポロポロ

不良D「あ?聞こえねーよもっとでかい声で……」


『ナァーッハッハッハ!!!』

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:23:49.82 ID:pE69QvKVo
ガヴリール「!?」

不良A「なんだ!?」

不良B「誰だ!!」



サターニャ「正義の大悪魔、デビルズ仮面参上!!!!」シャキーン



タプリス「デビルズ仮面!?」

ヴィーネ「嘘でしょ…!?」

ラフィエル「サターニャさん…!!」


サターニャ「サターニャじゃないわデビルズ仮面よ」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:24:33.61 ID:pE69QvKVo
サターニャ「とう!」

シュタ!

サターニャ「助けに来たわ、ガヴリール」

ガヴリール「嘘だろ…、お前なんで…」

サターニャ「私の助けを求める声が聞こえたからよ」

ガヴリール「!!」

サターニャ「忘れたかしら?悪魔的聴力〈デビルズ・イヤー〉は地獄耳!!」

ガヴリール「うぅ…グスッ…」

サターニャ「安心しなさい…私が来たからにはもう大丈夫よ」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:26:07.60 ID:pE69QvKVo
不良A「なんだテメェ…体つきと声からして女のようだが…なめてんのか?お前ひとりで何が出来る?」

サターニャ「心配は無用よ。あんた達より私の方が強いから」

不良C「んだとゴラァ!!」

不良A「女だからって容赦しねぇぞ!!」ブン!

ヴィーネ「駄目っ…!男の人に力で勝てる訳が…」


サターニャ「忘れたかしら?ヴィネット」パシッ


不良A「なっ!?俺のパンチを受け止めやがった!!

サターニャ「悪魔的超力〈デビルズ・パワー〉は鉄をも砕く!!」バキバキ

不良A「ぎゃあああ!!腕がァあああ!!!」ベキベキボキッ


ヴィーネ「サターニャ…!」

サターニャ「デビルズ仮面だってば」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:27:10.24 ID:pE69QvKVo
不良B「調子に乗ってんじゃねぇぞ!!」ブオン!

タプリス「デビルズ仮面!!後ろからバットが!!」

ガァン!!

タプリス「あぁ!デビルズ仮面!!」


不良B「はぁ…はぁ…!ざまぁみろ!!!」

タプリス「そんな…デビルズ仮面が…」

サターニャ「…忘れたかしらタプリス」

不良B「なっ!?」

サターニャ「悪魔的身体〈デビルズ・ボディ〉は鋼鉄が如し!!」

不良B「ば、馬鹿な!!無傷だと!?」

サターニャ「ふんっ!!!」ボキッ!

不良B「金属バットをへし折りやがった!!」

サターニャ「これはお返しよ!!」ブン!


ドガァァァン!!


不良B「ぎゃあああああああ!!!」



サターニャ「ふぅ…ちょっと痛かったわ」

タプリス「デビルズ仮面……!」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:27:45.66 ID:pE69QvKVo
不良C「な、なんだコイツ!!無茶苦茶強え!!」

不良D「そういえば聞いたことがある!この街には握力200キロを超える化物が居るって!!」

不良C「ま、まさかコイツが!?」

サターニャ「化物とは酷いわね。正義の大悪魔よ」

不良C「やべぇよ…!コイツ前に隣町の不良グループを壊滅させたって聞いたぞ!!」

不良D「こ、こんなの勝てる訳ねぇよ!逃げろ!!」


不良C・D「「うわぁぁあぁぁあ!!!」」ダダダダ


サターニャ「チッ…逃がしたか…まぁ良いわ」


不良A「動くなぁ!!」

サターニャ「!?」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:29:15.20 ID:pE69QvKVo
不良A 「変な動き見せんじゃねぇぞ…!コイツに傷を付けたくなかったらなぁ!」ギランッ

ラフィエル「さ、サターニャさん…!」

サターニャ「くっ…!」

ガヴリール「人質とか卑怯だぞ!」

ヴィーネ「そうよ!!もう諦めなさいよ!」

タプリス「往生際が悪いですよ!白羽先輩を離してください!!」

不良A「うるせぇ!!マジで切るぞオラァ!!!」

ラフィエル「サターニャさん…、私の事は良いですから…コイツを…!」


サターニャ「…忘れたかしら?ラフィエル」


ラフィエル「!!」

サターニャ「悪魔的透視〈デビルズ・アイ〉は全てを見通す!!行きなさい!犬!!」

犬「バウワウ!!」ガブッ

不良A「いってえええええ!!!何で犬がこんな所に!!!」

サターニャ「こうなる事を予測して犬を忍び込ませておいて正解だったわ…ラフィエル!!今よ!こっちに来なさい!!」

ラフィエル「サターニャさん…!怖かったです…!」ギュッ

サターニャ「デビルズ仮面だってば…まぁ良いわ、無事て良かった…」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 15:30:17.15 ID:pE69QvKVo
不良A「いてぇ…痛ぇよ…」

サターニャ「さて…」ザッ

不良A「ヒッ!」

サターニャ「覚悟は出来てるかしら…?」ゴゴゴゴ

不良A「ま、待て…いや、待ってください…!許して…お願いします…」ブルブル

サターニャ「…そうね、誠心誠意謝れば許してあげない事も無いわ」

不良A「はいぃ!謝ります!!すみませんでしたぁ!!」土下座

サターニャ「…仕方ないわね、許してあげる」

不良A「ホッ……」

サターニャ「ま、嘘だけどね」

不良A「えっ!?」

サターニャ「私の大切な友達を傷つけた罪…その身で償いなさい!!」

不良A「ひ、ひぃいいいいいいい!!!あ、悪魔ぁああああ!!!」

サターニャ「そうよ!私は大悪魔!喰らえ!!悪魔的鉄拳〈デビルズ・パンチ〉!!!」

ドゴオオオオオ

不良A「ぐぎゃあああああああ!!!!」

サターニャ「この大悪魔に喧嘩を売ったことをあの世で後悔することね…」

不良A「」ピクピク

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:49:20.96 ID:IE4/UA6Mo
サターニャ「ふぅ、任務完了っと、アンタ達怪我は無いかしら?」

ガヴリール「サターニャあああ!!!」ダキッ

サターニャ「うわっ!」

ヴィーネ「サターニャ…本当に、本当にありがとう…」ギュッ

タプリス「うわーーん!!助けてくれてありがとうございましたぁぁ!!」ギュ‐

ラフィエル「サターニャさんが助けてくれなかったら今頃どうなっていたか…グスッ」ギュッ

サターニャ「ちょっと…みんな離れて…苦しい……!」

ガヴリール「あ、すまん……うぅ…」グスッ

ヴィーネ「ご、ごめんなさい…」グスッ

サターニャ「はぁ…なーに暗い顔してんのよ。私はあんた達の泣き顔を見るために助けたんじゃ無いんだけど?あとサターニャじゃなくてデビルズ仮面よ」

ガヴリール「…そうだな、ありがとなデビルズ仮面」ニコッ

ヴィーネ「あ、ガヴが笑った」

ラフィエル「ガヴちゃんの曇りの無い笑顔を見たのは何時ぶりでしょうか…」

ガヴリール「なんだとー?!」

タプリス「あははは!」


サターニャ「うんうん、やっぱりアンタ達は泣き顔より笑顔で笑いあってる方が似合ってるわ」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:49:47.52 ID:IE4/UA6Mo
サターニャ「っと、そんなにのんびりしてられないわよ。悪魔的聴力〈デビルズ・イヤー〉がサイレンの音をキャッチしたわ。パトカーがこっちに向かって来ているみたいね」

ガヴリール「マジか、ここに居ると面倒なことになりそうだな…」

ヴィーネ「そうね、後のことは警察に任せて私達は早く出ましょうか」

ラフィエル「裏口はこっちにあるみたいです。見つからないように出ましょう」

タプリス「はい!」


タッタッタ…


サターニャ「……」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:50:37.29 ID:IE4/UA6Mo
ー外ー

ガヴリール「はぁ~、日の光だぁ…」

ヴィーネ「って言ってももう夕方だけどね」

タプリス「夕日が綺麗です~」

ラフィエル「ふふっ、そうですね。デビルズ仮面さんもそう思いませんか?」


シーン


ラフィエル「って、あら?」

ヴィーネ「いない…どこに行ったのかしら」キョロキョロ

タプリス「さっきまで居ましたのに…」

ガヴリール「ん?これはデビルズ仮面の…仮面?」ヒョイ

ヴィーネ「手紙が付いてるわね…」

ラフィエル「読んでみますか…」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:51:09.30 ID:IE4/UA6Mo
『急に居なくなってごめんなさい。突然だけど、デビルズ仮面は旅に出るわ。だからアンタ達とは暫くお別れ。最後にアンタ達を助けられた事を誇りに思うわ。それじゃ!』

ガヴリール「ぷっ…何だよこれ」

ヴィーネ「サターニャはもうデビルズ仮面を辞めるって事かしら」

ラフィエル「先生に怒られたのが相当怖かったのでしょうか…」

タプリス「そんなぁ…もうデビルズ仮面に会えないのでしょうか…」

ガヴリール「いや、きっとすぐにまた会えるだろ」

<オーイ!

ガヴリール「って言ってたら来たな…」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:51:36.84 ID:IE4/UA6Mo
サターニャ「いやー!奇遇ねーこんな所で会うなんて!本当に奇遇だわー」

ヴィーネ「…ふふ、そうね、奇遇ねサターニャ」

ラフィエル「ええ、さっきまでここに居た気がしますが奇遇ですよね」

サターニャ「は、はぁ!?何言ってるのかしら!?私はさっきここに来たばっかだし!?ちょっと何言ってるか分からないわねー!よーし!みんな早く帰るわよー!!」

ガヴリール「…ま、そういう事にしておいてやるか」

ラフィエル「そうですね」

ヴィーネ「私達も帰りましょうか」

タプリス「あれ…?もしかして、デビルズ仮面の正体は胡桃沢先輩だったのでは…?」

「「「今更!?」」」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:52:10.02 ID:IE4/UA6Mo
ーその後ー

ガヴリール「やっべ、宿題忘れた」

ヴィーネ「また?もう見せないからね」

ガヴリール「えぇー?良いじゃん今回だけだからさ」

タプリス「駄目ですよ先輩!宿題は自分でやらないと!」

ヴィーネ「タプちゃんの言う通りよ。自分でやりなさい」

ガヴリール「後輩に説教されるなんて…てか何でタプリスがうちのクラスに居るんだよ…」

タプリス「遊びに来ました!」

ガヴリール「はぁ…こういう時にアイツが居てくれたらなぁ」

ラフィエル「そうですねー、また変なポーズをして来てくれたかも知れませんね」

ガヴリール「そうそう、こんな感じに…デビルズ仮面、参上!!」ピキーン

ヴィーネ「あれ?こうじゃなかったかしら…デビルズ仮面、参上!!」ヘニョーン

ラフィエル「違いますよ、こうです…デビルズ仮面、参上!!」シャラーン

タプリス「違いますこうです!!デビルズ仮面、参上!!」ピシャーン



サターニャ「んぐぐ…っ!ちょっとアンタ達!黙って見ていたけど!!みんなぜんっぜん違うわ!!いい!?よく見てなさい!!」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:52:36.27 ID:IE4/UA6Mo






サターニャ「正義の大悪魔、デビルズ仮面参上!!」シャキーン





36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:53:02.67 ID:IE4/UA6Mo
おわり
雑な終わり方ですまん
遅くなってすまん

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:24:05.91 ID:/LCWZ+Vbo
おつ
サターニャかっこいい



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: サターニャ「正義の大悪魔、デビルズ仮面参上!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494655494/

ARMS
ARMS
posted with amazlet at 17.05.14
任天堂 (2017-06-16)
売り上げランキング: 86

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18230-7453fc95