ヘッドライン

【ミリマス】琴葉「プロデューサーが構ってくれない」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493993271/

2 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:09:24.38 ID:ttucYeYw0
所恵美(以下、恵美) 「……どうしたの急に」



田中琴葉(以下、琴葉) 「だって、プロデューサー私の事放っておいて他の事しに行っちゃうんだもん」プクー



島原エレナ(以下、エレナ) 「コトハはなんでもできちゃうからネー。プロデューサーも他の手のかかる子のところに行っちゃうんじゃない?」



琴葉 「私だってついてきてほしいのに……」

恵美 「具体的にどうしてほしいのさ」

琴葉 「えっと……レッスンする時は傍にいて見守っていてほしいし、ライブの前には声かけてもらいたいし……」

エレナ 「え?コトハ、プロデューサーに声かけてもらったりしてないノ?」

琴葉 「えっ?」

3 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:11:10.07 ID:ttucYeYw0
エレナ 「ワタシ、この前もプロデューサーにお願いしてついて貰ってたヨー?」

恵美 「アタシもこの前一緒にカラオケ行ったかなー」

琴葉 「…………」

琴葉 「やっぱり私だけ……」ズーン

恵美 「こ、琴葉……」

エレナ 「ンー、そんなにプロデューサーに付いて来て欲しいならオネガイすれば良いんじゃない?」

琴葉 「ええっ!?そ、そんなの恥ずかしくて……」アワアワ

4 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:11:51.54 ID:ttucYeYw0
恵美 「それじゃあさ!皆のマネしてたらプロデューサーも付いて来てくれるんじゃない?プロデューサーが構いたくなるようにすればいいんだよ!」

恵美 「例えばほら、問題児っぽくするとか」

琴葉 「も、問題児って……」

恵美 「いつもの委員長辞めてさー、もうちょい気楽にいこ?」

恵美 「そしたらほら!プロデューサーも心配になってついてくるかもしれないし!」

琴葉 「そうかなぁ……?」

エレナ 「きっとそうだヨ!」

恵美 「じゃ、早速事務所で観察しますか」

琴葉 「で、でも真似って……出来るかな?」

―――――

5 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:13:10.07 ID:ttucYeYw0
星井美希(以下、美希) 「あふぅ……」



ミリP(以下、P) 「美希ー、仕事行くぞー」

美希 「ムニャムニャ……ミキもう食べられないのー……」スヤスヤ

P 「……寝てやがる、すぐ出発するって言ったのに」

P 「ほら起きろ美希!」ガタガタ

美希 「あ、ハニー……」パチリ

美希 「ハニーもミキと一緒にお昼寝するのー……」ギュウ

P 「しなだれかかるな!今から仕事だって!」

美希 「むぅー……ハニーはミキとお昼寝したくないの?」プクー

P 「……し、したくないから!」

美希 「いけずなの……」ムー

P 「貴音のマネかよ……」


6 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:14:01.66 ID:ttucYeYw0

P 「ほら、頑張ったらいちごババロア奢ってやるから!」

美希 「ホント?じゃ、ハニーも一緒に食べに行くの!」

P 「いや、お持ち帰りの奴で……」

美希 「じゃあ行かないの……あふぅ」バタリ

P 「あーもう!分かった分かった!今度一緒に食べに行こうな!」

美希 「やったの!約束だよ、ハニー!」

P 「おう、約束な」

P 「それじゃ行くぞー」

美希 「はーい、なの!」トコトコ

7 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:14:48.13 ID:ttucYeYw0

琴葉 「……行ったわね」

恵美 「美希のマネかー……」

恵美 (琴葉が美希のマネ……!これは面白くなる!)

琴葉 「……恵美、なんか企んでない?」

恵美 「いやいやいや!そんな事ないってー!」

エレナ 「頑張ってネ、コトハ!」

琴葉 「う、うん……」

―――――

8 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:16:06.21 ID:ttucYeYw0
P 「ふぅ……今日は琴葉のボイスレッスンに付き合う予定だったかな」

P 「最近あんまり構ってやれてなかったからな……」

P 「今日こそはしっかりと面倒見てやらないとな!」ガチャリ

P 「おはよう、琴葉!」

琴葉 「あ、あふ………」

P 「………!?」

P 「こ、琴葉……?」

琴葉 「む、むにゃむにゃ……」プルプル

P 「こ、琴葉さん……?」

―――――

恵美 「ぷくく……何あれ!面白すぎるんだけど!」プルプル

エレナ 「こ、コトハは真面目さんすぎるヨ!」プルプル

恵美 「プロデューサーも困ってるじゃん!」ケラケラ

エレナ 「モー、メグミが焚き付けたんでショー?」

恵美「と、とりあえずもうちょっと見てみよ!」

―――――

9 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:17:18.63 ID:ttucYeYw0

P 「琴葉、一体どうしたんだ……!?」

琴葉 「こ、コトハは今おねむなの……」

P 「おねむ!?」

琴葉 「あぅう………」カァアアア

P 「………」ティン

P 「もしかして、昨日夜遅くまで起きて宿題でもやってたのか?」

琴葉 (!?)

P 「だとしたら悪かった……アイドルっていっても勉強は大事だからな」

P 「だけど、今日は久々の琴葉とのレッスンだからさ」

P 「俺もお前がどれ位歌が上手くなったのか聞いてみたいんだ」

P 「だから、ちょっとだけ頑張ってくれないか?」

琴葉 (ど、どうしよ………)

10 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:17:47.25 ID:ttucYeYw0
琴葉 「ぷ、プロデューサーが……」オズオズ

P 「ん?」

琴葉 「今度、何処かに一緒に出かけてくれるなら……頑張ります」

P 「一緒にか?」

琴葉 「はい」

P 「……よぉし、分かった!今度、どっか行こう!」

P 「だから頼む!」

琴葉 「……はい、頑張ります!」シャキッ

琴葉 「じゃあ行きましょう、プロデューサー!」

琴葉 「私の事、しっかり見ててくださいね!」

―――――

11 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:18:31.05 ID:ttucYeYw0
恵美 「それでそれでー?」

琴葉 「2人でケーキバイキング行っちゃった……えへへ」

エレナ 「オー、コトハとプロデューサーはラブラブだネー!」

琴葉 「ら、ラブラブって……」テレテレ

恵美 「…………」

エレナ 「デモー、コトハのレッスンの直前だったからプロデューサーも構ってきたんでショー?」

エレナ 「それじゃプロデューサーに構ってもらえる機会は増えてないんじゃナイ?」

琴葉 「……それもそう、なのかしら」

恵美 「続ける?」

琴葉 「……頑張る」コクリ

エレナ 「ヨシキタ!」グッ

―――――

12 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:19:46.07 ID:ttucYeYw0

双海真美(以下、真美) 「………」



双海亜美(以下、亜美) 「………」



真美 「亜美隊員、準備はよろしいかな?」

亜美 「いいですとも!」

亜美真美「にぃーちゃーん!」

P 「ん?どうしたお前ら」

P 「俺今ちょっと手が離せないんだが……」

亜美 「いあいあ→兄ちゃんもお疲れでしょ→と思いまして→」

真美 「ゆきぴょん直伝の入れ方で入れたおいち→お茶をさずけよ→というわけなのだよ、兄ちゃんくん!」

P 「おっ?」

13 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:21:05.30 ID:ttucYeYw0

P 「……いやいや、お前らがそんな殊勝なわけないだろ」

P 「これに何入れた?」

真美 「そりゃぁもぅ……」

亜美 「たぁ→っぷりのアイジョ→ですよ、兄ちゃんくんや」

P 「えっ、マジで?」

亜美 「あったりまえじゃ→ん?」

真美 「兄ちゃん信用しなさすぎだよ→」

P 「……愛情(とびっきりのスパイス)とかじゃなくて?」

亜美 「…………」ギクリ

真美 「…………」ギクリ

P 「おい」

真美 「そ、そんな訳ないじゃ→ん?」

亜美 「ムショ→の愛って奴だよ、兄ちゃん!」

14 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:22:59.57 ID:ttucYeYw0

P 「……まぁ折角入れてくれたんだから頂くけどさ……」ゴクゴク

亜美「ど→よ?」

真美「うまうまっしょ→?」

P 「……マジだ、普通に美味い」

真美 「でしょ→?」

亜美 「亜美達も中々捨てたもんじゃないですな→」

P 「疑って悪かったな、美味しいよこのお茶」

真美 「んっふっふ→でしょでしょ→?」

亜美 「だがしかぁし!ここで双海姉妹の進撃は止まらないのだZE!」バーン

15 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:23:46.19 ID:ttucYeYw0

P 「これは?」

亜美 「はるるんから教わったァ!」

真美 「このルイセンもののマカロンで→す!」

P 「……ひょっとして、垂涎もの?」

真美 「そ、そーとも言う!」アセアセ

亜美 「ほらほら→にーちゃ→ん」

亜美真美 「召し上がれ→!」

P 「お、お前ら……!」グスン

P 「お前らがこんなに成長してくれて俺は嬉しいよ……!」ウルウル

P「ありがとな!」ハムッ

16 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:24:37.90 ID:ttucYeYw0

P「ぐぉっ!!?!」

P 「お、お前ら……!」ワナワナ

亜美 「きょ→ふというものにはサンドがあります……」シミジミ

真美 「怯えれば怯えるほどに、かんじょ→とは死んでいくものなのです……」シミジミ

亜美真美 「さぁ、みずみずし→マカロンのお味はどうだ!」

P 「辛えよ!何入れやがったお前ら!」ゲホゲホ

真美 「いやぁ→ただのマカロンではに→ちゃんはマンゾクしないと思いまして→」ニヤリ

亜美 「たぁ→っぷりの唐辛子パウダ→を!」ニヤリ

P 「うぐぅ……油断してたから余計に響く」グルグル

17 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:25:27.05 ID:ttucYeYw0

P 「お茶だけで済ませておくという選択肢は無かったのかよお前ら……」

真美 「それじゃ→面白くないっしょ→?」

亜美 「亜美達もフツ→に作ろうとしたけど物足りなくなっちゃってNE」

真美 「良かれと思って!良かれと思って!」

P 「感動してたというのに……」

P 「だがなぁ!俺は全部食うぞ!」ガバァ!

真美 「に、兄ちゃん……!」ジーン

亜美 「世界よ、これが漢DA……」ジーン

P 「んぐっ!あ、当たり前だ、お前らのプロデューサーとして残すわけにはいかん!」バクバク

18 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:26:28.94 ID:ttucYeYw0
P 「……ご馳走様!」

真美 「に、兄ちゃん……」

亜美 「ホントに食べ終わるなんて流石にやばいよ→……」ジトー

真美 「ケンコ→にも良くないちね」ウンウン

P 「…………」ピッポッパ

prrrrr

秋月律子(以下、律子) 「はい、秋月です」

 

P 「律子?手空いてるか?」

亜美 「げぇっ!」ダラダラ

真美 「に、兄ちゃん!それは良くないって思うな→?」アセアセ

19 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:27:21.95 ID:ttucYeYw0

P 「これが俺の復讐だ……!」

亜美 「フクシュ→は何も生み出さないんだZE!?」ガーン

真美 「ほ、ほら!真美のカラダで何とか!」ワタワタ

律子 「今事務所に着いたところですけど」

P 「それは良かった、ちょっと問題児2人をこってり絞ってやってくれないか?」

律子 「……まぁたあの子達何かやったんですか」ハァ

P 「少々、毒を盛られてな……」

亜美 「に→ちゃん、愛情だよ、愛情!」アワアワ

真美 「り、りっちゃんの出る幕じゃないっしょ→!?」ワチャワチャ

P 「だまらっしゃい!純情な俺のハートを弄びおってからに……!」ブルブル

20 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:28:20.47 ID:ttucYeYw0

律子 「はぁ……了解です、こってりやっときますね」

P 「任せたぞりっちゃん……!」ピッ

真美 「うあうあ→!」

亜美 「オ→ボ→だぜに→ちゃん!」

P 「鬼の降臨に戦け!フハハハハ!」

亜美 「ぐ、ぐぅ!?」ダラダラ

真美 「あ、亜美隊員!ここはセンリャクテキテッタイを……!」アセアセ

律子 「……逃げられないわよ」ヌゥ

亜美 「しかし まわりこまれてしまった!」ガーン

真美 「うあうあ→!もうオシマイだよぅ!」ガーン

律子 「全く……さ、こっち来なさい!」ガシッ

22 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:31:03.68 ID:ttucYeYw0

亜美真美 「助けて、に→ちゃ→ん!」

P 「さよならだ……健闘を祈るよ。亜美、真美」ホロリ

律子 「プロデューサーも来てもらえます?」

P 「えっ、俺もか?そうだな、確かに何が起きたか分からないもんな」ウンウン

律子 「だーれが、鬼、なんですかー?」ニッコリ

P 「 」アゼン

亜美 「2 combo!」

真美 「オ→バ→キルだNE」

律子 「さ、来て下さい!」ガシッ

P 「わ、悪かったよ律子!だから引っ張るな伸びるううう」ズリズリ

―――――

23 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:32:03.03 ID:ttucYeYw0
恵美 「さ、琴葉の新しいお手本だよ」

琴葉 「無理よ、絶対無理!」ブンブン

エレナ 「マミとアミのマネは難しそうダヨー……」

琴葉 「そ、そうよ!しかもプロデューサーに嫌われちゃうかもしれないじゃない!」

恵美 「プロデューサーはあれくらいで嫌いになるような人じゃないと思うんだけどなー?」

琴葉 「そ、それはそうだけど……!」

エレナ 「コトハ、ここは勇気を振り絞っテ!」

琴葉 「うう……」

恵美 「琴葉、好きの反対は無関心なんだよ!」

琴葉 「!」ティン

恵美 「ここでプロデューサーの視線を引き付けなきゃ!」

エレナ 「コトハ!」

琴葉 「…………」

―――――

24 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:33:16.21 ID:ttucYeYw0

P 「さ、散々な目にあったぞ……」

P 「し、仕事が溜まってるってのにぃ……」

琴葉 「あ、あの!プロデューサー!」

P 「ん?どうした琴葉」

P 「悪い、今からちょっと急ぎで仕事片付けなきゃいけないから手短に……」

琴葉 「そ、それなら良いんです!」

25 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:34:15.43 ID:ttucYeYw0
P 「そうか?ならお言葉に甘えて……」ブー

P 「…………」

琴葉 「…………」

音無小鳥(以下、小鳥) 「プロデューサーさん……」ジトー



P 「す、すみません音無さん!琴葉も悪かった!」

琴葉 「い、いえ……」

P 「全く、どういう事だ……!?」バサッ

P つブーブークッション

P 「……亜美真美め、ここまで俺が憎かったと言うのか」

P 「成長したと思っていたのに……!」ホロリ

琴葉 「ぷ、プロデューサー……」

琴葉 (プロデューサー泣いちゃってる……やっぱやらない方が良かったよね……)サー

―――――

26 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:35:09.08 ID:ttucYeYw0
恵美 「あちゃー……」

エレナ 「プロデューサー泣いちゃってるヨー……」

恵美 「でも何で小鳥さんスルーしてるんだろ?」

―――――

P 「ううう……」

琴葉 「げ、元気出して下さい、プロデューサー」アセアセ

P 「悪いな琴葉……情けないなぁ俺」

小鳥 (面白そうだから黙ってるピヨ)

琴葉 「そ、そんな事ないです!プロデューサーは優しくてカッコ良くて……!」アセアセ

P 「はは、ありがとう。ちょっとだけ元気出たわ」グッ

琴葉 「あ、あぅ……」ワタワタ

琴葉 (亜美ちゃん達のイタズラグッズ入れからブーブークッション出してみたけどダメだったな……)

27 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:36:04.59 ID:ttucYeYw0
P 「さ、仕事仕事。音無さん、書類下さい」

小鳥 「助かりますー!じゃあこれ、お願いしますね!」バサリ

P 「音無さんだけに事務やらせてるのが申し訳なくてやってるので気にしないで下さいよ」

小鳥 「この紳士的心遣い……まさか、恋ッ!?」ピヨッ

P 「寝言は寝てから言うのがこの世界のルールだぜピヨ助ェ……」

小鳥 「あぁん、いけずですねー」ブー

P 「ハハハ!じゃ、仕事始めましょうか!」

小鳥 「おー!」

琴葉 (小鳥さんとプロデューサー、仲よさそう……)

琴葉 (そういえば好きの反対は無関心って……!)

琴葉 「……よし」テクテク

28 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:37:04.86 ID:ttucYeYw0
P 「…………」カキカキ

小鳥 「…………」カキカキ

P 「……ふー」

琴葉 「プロデューサー、お疲れ様です」

P 「おっ、琴葉」

小鳥 「琴葉ちゃん、お疲れ様ー」

琴葉 「こ、コーヒーを入れてきました……」トコトコ

P 「おっ、悪いな琴葉」

琴葉 「いえい、え゛!?」コケッ

小鳥 「琴葉ちゃん!?」ガタン

P 「まずい!」バッ

29 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:37:58.25 ID:ttucYeYw0

バシャッ

P ビシャビシャ

P 「あ、あつぃいっ!」ブルリ

恵美 「ぷ、プロデューサー!」ダッ

エレナ 「ダイジョーブ!?これ、タオルだヨ!」サッ

P 「恵美にエレナか……すまん、タオル借りるぞ」

琴葉 「あ、ああ……ゴメンなさい!ゴメン、なさい……ッ!」ポロポロ

P 「泣くな琴葉、ブーブークッションそこに置いといた俺が悪い」ヨシヨシ

小鳥 「ぷ、プロデューサーさん早く拭いちゃって下さい!火傷しちゃいますから!」ワタワタ

P 「ハハハ、悪戯好きなアイドルたちで慣れた鋼鉄の身体はビクともしませんって」

―――――

30 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:38:57.27 ID:ttucYeYw0
琴葉 「…………」ズーン

恵美 「プロデューサー、怒らなかったね……」

エレナ 「ちなみに、コトハはナニしようとしてたノ?」キョトン

琴葉 「コーヒーに……砂糖いっぱい入れてぇ」

恵美 「それイタズラじゃないよ!?」

琴葉 「か、構って欲しかったんだもん……」ウルッ

エレナ 「コトハはいいコだから悪いコト出来なかったのネ……」

琴葉 「ううう………」

恵美 「わざとじゃないんでしょ?」

琴葉 「わざとするわけないじゃない!」バッ

エレナ (ハルカのマネしたんじゃないかって思ってたなんて言えないヨー……)



琴葉 「ううう……」

―――――

31 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:41:18.82 ID:ttucYeYw0
琴葉 「プロデューサーにどうやって謝ろう……」トボトボ

P 「おーい、琴葉!」

琴葉 「えっ、プロデューサー!?」

P 「そんな驚かれるような事か?いやあ、さっきこれ落としたからさ」

琴葉 「これは……携帯ですか?落としたことにも気づかなかったなんて……」

P 「琴葉も、たまーにこんなミスするんだな」ハハハ

琴葉 「……プロデューサー」

P 「ん?どうした?気に障ったなら謝るが」

琴葉 「いえ、謝るのはこっちです!さっきは、すみませんでした!」ペコリ

32 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:42:09.48 ID:ttucYeYw0

P 「!?い、いきなりどうした?」アワアワ

琴葉 「今日コーヒーかけちゃったりしたし、いっぱい迷惑かけて……」グスリ

P 「迷惑って……そんないうほどかけられたか?」キョトン

琴葉 「かけました!レッスン行こうとしなかったり、ブーブークッション入れたり……」

P 「えっ、あれ琴葉だったのか!?てっきり亜美と真美が仕掛けていったのかと……後で謝っとかなきゃ」

P 「でも……琴葉らしくないな。どうかしたのか?」

琴葉 「らしくない、ですよね……」シュン

P 「琴葉?」

琴葉 「プロデューサーは、たくさんアイドルを担当してるじゃないですか」

P 「まあ、社長が新しいプロデューサーを雇ってくれないからな……忙しい事この上ないが」ポリポリ

33 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:43:08.81 ID:ttucYeYw0

P 「それがどうかしたか?」

琴葉 「そのせいで、最近ずーっと他の子ばっかり気にかけてて私の事見てもらえなかったから……」

P 「……もしかして、ジェラシー?」

琴葉 「ジェラシーですよ」ジトー

P 「そうかぁ……フフッ」クスリ

琴葉 「おかしいですか?」

P 「いやぁ……琴葉もそんな事思うんだなぁって」クスクス

琴葉 「笑い事じゃないですからね」ジトー

P 「フフフ……」

P 「俺な、琴葉は俺の事邪魔に思ってるんじゃないかとちょっと心配してたんだ」

琴葉 「邪魔だなんてそんな事思ってないです!」バッ

P 「今ならそんな事当たり前に分かるんだけどな?」

P 「なんでも出来ちゃうから俺なんて要らないんじゃないかと思ってたんだ」

P 「なるべく気づかれないようにフォローはしてたけど、それくらいで良いのかなって」

34 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:44:41.82 ID:ttucYeYw0

琴葉 「……プロデューサー」

P 「ん?」

琴葉 「私、そんな出来た人間じゃないです」キッパリ

P 「……そうか?」

琴葉 「そうですよ。だって私、褒めてもらいたいだけですから」

琴葉 「認めてもらいたい。必要とされたい。隣にいるのは、琴葉がいいって、言ってもらいたい」

P 「……プロポーズか?それってヤバイ意味じゃないだろうな」タラー

琴葉 「もう!真面目に聞いてくださいよ!」

P 「す、すまんすまん」アセアセ

琴葉 「……迷惑ですか?」

P 「いいや、全然」キッパリ

P 「安心したよ。琴葉もまだ俺を必要としてくれてたんだからな」

P 「分かった、約束する。もっと琴葉を見てるよ、放置したりしない」

琴葉 「本当ですか?」

P 「ホントホント、プロデューサーは嘘つかないって」

P 「これからはもっとお前の事よく見てるから。二人三脚で頑張ろう!」グッ

P 「だから、これからもよろしくお願いします!」ペコリ

琴葉 「……はい!」ニッコリ

―――――

35 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:45:32.05 ID:ttucYeYw0
恵美 「……で?」

エレナ 「どういう事ナノ……」


P 「悪いな琴葉、お前にまで書類の仕分け手伝わせちゃって」

琴葉 「いえ、私も手が空いてましたから!」

P 「もう少しで終わるから、そうしたら休憩挟もうか」

琴葉 「はい!」

恵美 「おっはよープロデューサー」

エレナ 「オハヨー!」

P 「お、恵美にエレナか。お疲れ様」

琴葉 「おはよう、二人とも」

エレナ 「コトハ、何やってるの?オテツダイ?」

琴葉 「そう!これ終わらせてプロデューサーについてきてもらおうと思って!」

P 「琴葉がどうしてもっていうからな……今まで見てやれてなかった分は重点的に見てやろうと思ったんだ」

36 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/05(金) 23:46:13.58 ID:ttucYeYw0

恵美 「へぇ……」

エレナ 「プロデューサー、ズルイヨー!ワタシも見てヨー!」ブー

P 「今日は琴葉を見るって決めてるからゴメンなー、また今度見るよ」

P 「……っと、よし。琴葉、休憩にしていいよ」

琴葉 「はい!じゃあ私、コーヒー入れてきますね!」パタパタ

エレナ 「コトハ、なんだか嬉しそうダヨー」

P 「こんなにキラキラするなら、もっと早くから構ってやるべきだったかな」ハハハ

恵美 「そうだね」

琴葉 「はい、プロデューサー!お待たせしました!」トコトコ

P 「早いな、コケるなよ?」

琴葉 「もうコケません!はい、どうぞ!」

P 「ありがとう、頂くよ」ズズズ

P 「……うん、美味い!コーヒーこんな美味く入れられたなんて知らなかったよ!」

琴葉 「えへへ……」テレテレ

恵美 「…………」



エレナ 「どうしたの、メグミ?」

恵美 「プロデューサーに構ってほしい」

続かない

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 00:26:30.99 ID:ePg4duG4o

恵美ってヤンデレの素質あるよね

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 01:07:55.52 ID:uMU9f61yo
おつ
これは無限ループですね…



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ミリマス】琴葉「プロデューサーが構ってくれない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493993271/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18168-158fab59