ヘッドライン

荒木比奈「今井加奈ちゃんの主人公性について」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494243654/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 20:40:54.67 ID:mgcrdBuc0

※メタ発言、独自解釈などなどご注意をば



モバP(以下P表記)「…………」

<比奈が思う漫画の主人公にいそうなアイドル>
今井加奈 横山千佳 二宮飛鳥 日野茜 南条光
「主人公属性持ってるって子を、僭越ながらアタシ目線で選んでみたっス!ストーリー、感じるっスよね♪」

P「ふむ」

 ガチャッ

比奈「おはようございまーす。どしたんスか、そんな神妙な顔でスマホを見つめて」


P「おはよう比奈。これのことなんだけど」スッ

比奈「あぁ。アイドルがアイドルの紹介をするって企画っスね。アタシもアタシらしい感じで選んでみましたけど、それが何か?」

P「今井加奈ちゃんだけよくわからない」

比奈「ハイ?」

P「横山千佳ちゃんは魔法少女モノ。二宮飛鳥くんは能力バトルとか?」

P「で、日野茜さんは青春スポーツモノ。南条光は特撮モノ。ここまではわかるんだけど」

比奈「加奈ちゃんだけわからない、と」

P「はい」

比奈「……それは誠に遺憾っスね」

P「誠に遺憾ですか」

比奈「そう、誠に遺憾っス! プロデューサーともあろう人が加奈ちゃんの主人公性について理解ができないなんて……!」

比奈「正座! 正座っス! 今からアタシがみっちり解説しますからよく聴いててくださいっス!」

P「はいっ」

比奈「というわけで講義『今井加奈ちゃんの主人公性について』の始まりっスよ!」バンッ☆


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 20:42:26.27 ID:mgcrdBuc0

比奈「今井加奈ちゃんの主人公性! それはもちろんシンプルにカワイイということもあるっスけど……」

比奈「その企画でコメントした通り、ストーリー性を感じるからでもあるんス!」

P「ストーリー性」

比奈「はいっス。そうっスね……まずはノーマルから行きましょーか」

―――――



「あのう、プロデューサーさん、わたしアイドルのお仕事の事とか、都会の事とか、
 可愛くなる秘密の事とか、いろいろ知りたいんです!いっぱい教えて下さいね!えへへ☆」

「わたしにできること…えっと、何があるかな…。わたし、平凡な子で…」

「プロデューサー、わたし、色んな事教えてもらったけど、まだまだ満足してないです!これからもお願いしますね♪」

「プロデューサーさんっ。わたし、少しは成長できましたか?どうかなぁ?
 うーん、自分ではよく分からないし……。でも、ファンのみんなが喜んでくれてるから、それは信じてもいいですよねっ♪
 ちょっとずつかもしれないけど、いつか、自分も成長したって胸を張って言えるようになりますからっ!」

―――――

P「一番最初に出たカードですな」

比奈「初出らしくウブな発言が目立つっスね。加奈ちゃんは特に都会についてのコメントが多く、『お上りさん』というところが強調されているように思えるっス」

比奈「そして同時に『平凡な子』という言葉が本人の口から出てるっス。これは後々まで重要になってくる言葉っス。メモ!」

P「はいっ」メモメモ

比奈「『メモ』も加奈ちゃんの個性のひとつっスね。プロデューサーが教えてくれたことや仕事の中で感じたことをメモして、寝る前に復習する」

比奈「そうして学んだことを吸収していこうとする努力の子なんスよ。わかったっスか?」

P「わかりました」

比奈「では次、行くっス」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 20:43:38.68 ID:mgcrdBuc0

比奈「次は[ファンシーガール]っス。初のSRっスね」

―――――



「どこに連れってってくれるんですか? プロデューサー♪」

「プロデューサーに行き先はお任せです♪」

「いつでも、プロデューサーが見守っててくれるから…」

「変わるって難しくて、わからないこともたくさんで…引っ張ってほしくて」

―――――

比奈「プロデューサーに連れられてお出かけ、というエピソードっスな」

P「いやあかわいかったなあ。普段より頑張ってオシャレしてっていうちょっとした背伸び感がこう……」

比奈「ノロケは後にしてくださいっス」

P「ごめんなさい……」シュン

比奈「で。注目すべきは『連れてってくれる』『行き先はお任せ』ってところっスな。ここの意味わかるっスか?」

P「主体性がない?」

比奈「その言い方はちと厳しいかもしれないっスけど、そんな感じっス。あくまでプロデューサーさんが主体なんスな」

P「ふむ」

比奈「この辺りからプロデューサーさんに対する依存心が見えてくるっス。気付いてたっスか?」

P「一応は」

比奈「流石にそれは分かってたっスか。では次行くっスよ」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 20:44:53.74 ID:mgcrdBuc0

比奈「[クリスマスパーティー]。巴ちゃんたち年下のアイドルと共演したエピソードっス」

―――――



「えっへへへ!みんなー、やったよー!クリスマス用の買い出し、本当にひとりで全部してきましたーっ。
 今日はわたしが一番お姉ちゃんだから、しっかりしないとね。かなり重いけど…。えへへ…」

「がんばって、お姉ちゃんします!」

「わたし、普通の女の子です!アイドルも高望みですっ。でも小さな後輩を喜ばせるくらいできますよね、プロデューサー!」

「ほたるちゃん、大丈夫! お姉ちゃんがいっぱい幸せにするから!」

「由愛ちゃん、自信ないのはお姉ちゃんも同じ! でも、がんばろ!」

「プロデューサー、お姉ちゃん役、がんばったわたしにプレゼントくれますか? じゃあ、あの…お兄ちゃんをくださいっ!」

―――――

P「お兄ちゃんくださいって可愛すぎでしょう今井加奈ちゃん」

比奈「そうっスな。でも今回焦点を当てるのはそこじゃないっス。『普通の女の子』『アイドルも高望み』ってところっス」

P「既にアイドルだというのに」

比奈「はい。加奈ちゃんはやたらと自己評価が低いんスな」

比奈「それでも年下の子たちのお姉ちゃんとして振る舞う姿は健気っス。姉として妹たちを励ます台詞もあったっス」

P「偉い子だ」

比奈「良い子でしょう? この辺りみんなに好かれる主人公の素質があるんスよ」

P「なるほど」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 20:46:05.15 ID:mgcrdBuc0

比奈「次は[フラワーガーデン]っス。美羽ちゃんや琴歌ちゃんとの共演っスな」

―――――



「や、やっほー…とか、調子に乗ってみたりして! このお花の衣装、わたしにしてはフワフワしすぎですか? でも、そろそろ挑戦もしてみたくて☆
 服に負けない自信の持ち方、教えてほしいですっ!」

「今はツボミのわたしですけど…あっ、ツボミもかわいいですよね☆」

「プロデューサーがいなければ、わたし、ツボミどころか芽だったかも? だから見つけてもらえて、本当に嬉しいんです!」

「プロデューサーの力で、大きな花にしてもらいたいな♪」

―――――

P「『服に負けない自信の持ち方』……」

比奈「ただ、上昇志向は間違いなくあるんス。自分の殻の破り方が分かってないって感じっスかね」

比奈「……というかアイドルにこんなこと言わせて恥ずかしくないんスか? 余計なお世話っスけど……」

P「ごめんなさい……」

比奈「まあいいや。とにかく低い自己評価とプロデューサーさんへの依存心は変わってないんスな」

比奈「次はかなり問題のカードっス」

P「あれか……」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 20:47:12.97 ID:mgcrdBuc0

比奈「[こぼれるスマイル]。2枚目のSRっスな。こっから先は全部SRっス」

―――――



「あああっ、栗が~~~!! せっかく集めたのに~! カゴに入れすぎ? でも、このくらいの数ないと、栗ご飯をみんなの分つくれないですし~!
 拾い直さなきゃ~! あぁっ、また落ちたぁ~っ!」

「わたしが落ちこぼれても、プロデューサーが拾ってくれますよね☆」

「ひとりじゃ一番になれないから、プロデューサーが大事にしてくれるんですよね? すごい子じゃなくて、よかった~☆」

―――――

P「…………」

比奈「……まあ、抜粋してるのはごく一部……とはいえ、なかなか台詞が重くなってきてるっス」

P「そうだな……」

比奈「一部ではヤンデレ疑惑まで浮上してたくらいっス。ここまで来ると既出の台詞も深読みされて加奈ちゃんに闇属性が付与されてくるっス」

P「ごめんなさい……」

比奈「い、いや責めてるわけじゃないっスけど……。とにかく、自己評価と依存心の問題はここでピークを迎えるって言っても過言ではないっス」

P「…………」

比奈「ただ……」

P「ただ?」

比奈「ここからが怒涛の展開っスよ」

P「怒涛の展開?」

比奈「そうっス。ここまで溜めて溜めて、一気に駆け上がるんス。そのカタルシスを味わってもらうっスよ」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 20:49:38.64 ID:mgcrdBuc0

比奈「次に取り上げるカードはこれ! [コーラスリーダー]っス!」

―――――



「『あの日何の取り柄もなく、消えそうだった私の心に強く響いた感動の歌…。今度は私が!』…物語もクライマックスですね!
 プロデューサーも感動させるようなフィナーレにしますからねっ!」

「もっと輝きたいです、わたしも!」

「プロデューサーが普通の女の子でも、輝くステージに立てるって教えてくれたんです!その時の気持ち、思い出しました♪」

―――――

比奈「『青春公演シング・ア・ソング』の主役っス!」

P「『普通の女の子』がむしろポジティブな意味合いになってるね」

比奈「流石っス! ポイントはそこっス!」

P「テンション高いね」

比奈「あったりまえっスよ。ここからが加奈ちゃん伝説の始まりっスから!」

比奈「ここで注目されるべきは役と加奈ちゃんが重なっているところっス。きっとそれがあったからこそ公演も成功したんでしょーな」

比奈「そして『その時の気持ち、思い出しました♪』という台詞。泣けるっス」

P「泣けるな」

比奈「さあ、まだまだ行くっスよ!」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 20:51:33.18 ID:mgcrdBuc0

比奈「次は[ライクアバッドガール]! これがほぼ最終回っス!」

―――――


「こ、これが最新のファッション! カッコいいけど、わたしには無理かも…
 ううん、ファッションショーに出るんだもん。自分が流行を作るつもりで、頑張るぞーっ!!
 …あ。すっ、すみません! 大声出しちゃった…」

「飛び込んでみれば、わかるはず!」

「ファッションは、服だけじゃない!」

「ただいま、加奈のリニューアル中でーす♪プロデューサーには…まだヒミツ!」

「本、買いすぎちゃった…あっ、○○プロデューサー!? これはっ、ええと…今はまだ内緒ですー! 楽しみに待っててください!」

「これは、プロデューサーがくれたチャンス…なんですよねっ」

「プロデューサー、新しいわたしに期待してくださいね♪」

「フフ、みんな驚いてるみたい? やったね、わたし! 今日の今井加奈はクールでハードなバッドガール! キレよくカッコよくキメていきます!
 後でプロデューサーの顔を見るのが楽しみです…だぜ! イェイ!」

「わたし、プロデューサーにカッコいいわたしを見せたくて…グスッ。あれ? 泣いたらクールじゃないですね…でも…嬉しい…♪」

―――――

比奈「ファッションショーに出ることになり、自分でコーディネートを考える加奈ちゃんの話っス」

比奈「『ファッションは、服だけじゃない!』って台詞は[フラワーガーデン]の『服に負けない自信の持ち方』って台詞に対応してる気がするっスね」

比奈「ここで加奈ちゃんは、身のこなしや表情も加えてパンク風ファッションを堂々と披露するっス。
   それは明らかに服に負けていないってこと。加奈ちゃんあってこそのこのファッションなんスな」

P「期待してた以上の成果を出してくれたね」

比奈「そこっス! これはプロデューサー主体ではなく、加奈ちゃんが自分の力で成し遂げたことっス!
   つまり深く根付いていた依存心からも脱却してるんスよここで!」

P「ほぼ最終回って言ったのはそのためか」

比奈「はいっス。ここで加奈ちゃんはこれまでの問題をほぼ解決するっス。しかし……」

P「しかし?」

比奈「まだ続きがあるっス。まだまだ加奈ちゃんのアイドルロードは続くんスよ」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 20:52:43.90 ID:mgcrdBuc0

比奈「最後に紹介するのは[ワンダーホーリーナイト]っス。初の月末ガチャ選出っス」

―――――



「よ、よければ、い、一緒にっ……イルミネーションを見に行きませんかっ!?……ひゃ?お、OKですか!ありがとうございますっ!
 それじゃあ、どこのイルミネーションに行きましょう?プロデューサーが行きたい……ううんっ。わたしが行きたいところでもいい、ですか?」

「かなかな童話~。ある年のクリスマス、プロデューサーのもとに、かなサンタが現れました。
 そして彼女は…ええと…そう、心をこめて挨拶したのです。世界で一番大切な人へ、メリークリスマス☆」

「かなかな童話の続きは、これから一緒にメモしていきましょう♪」

「今年も、来年も、そのずっと先も、プロデューサーの隣でメリークリスマスを言わせてくださいね。それがわたしの幸せです☆」

―――――

P「『わたしが行きたいところ』……」

比奈「そうっス。[ファンシーガール]ではプロデューサー任せだったのに、ここで加奈ちゃんは遂に自分が行きたい場所を口にするんス」

P「…………」

比奈「そして続きがまだない『かなかな童話』!」

比奈「これは示唆に満ちているっス! プロデューサーさんと二人三脚で、レールのないアイドル界をこれから進んでいこう、ということっス!」

P「…………」

比奈「これを見て多くの加奈Pは涙したと言うっス」

P「『多くの』?」

比奈「何でもないっス。こっちの話っス」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 20:53:28.66 ID:mgcrdBuc0

―――――

「誕生日…えへへっ♪わたし、大人に近づけましたか?プロデューサーと過ごした分だけ、成長できたはずですよねっ」

「すごい子じゃなくても、歩き続ければステージに辿り着けました。これからも輝くステージに立てるよう…胸をはっていきたいです♪」

「プロデューサーとの思い出、もっと増やしていきたいな…今日のこと、貰ったプレゼントのこと、全部書き留めておきます!」

―――――

比奈「これは今年の誕生日コメントっス」

比奈「加奈ちゃんの『自分はすごい子じゃない』という自己評価は変わってないっス。
   だけどやっぱりその内実はだいぶ変わっているように思われるっス」

比奈「たとえゆっくりなペースでも、それを続けていればステージに辿り着ける。それを知ったからこそ、今の加奈ちゃんの言葉には希望が満ちているんス」

P「…………」

比奈「以上、『今井加奈ちゃんの主人公性について』でした。ご清聴ありがとうございました」

P「……ふっ、ふふっ」

比奈「? 何を笑ってるっスか……?」

P「流石は比奈だ。ここまで他のアイドルをよく見ているなんて」

比奈「……! まさか、加奈ちゃんの主人公性がわからないと言ったのは……」

P「もちろん嘘だ。担当アイドルのことを分からないプロデューサーがいてたまるか!」

比奈「はあ……こりゃ一杯食わされたっスな。でもわかってるなら何でアタシに説明させたんスか?」

P「だって担当アイドルが担当アイドルのことどう思ってるのか聞きたくて……」

比奈「なるほど」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 20:54:03.87 ID:mgcrdBuc0

P「ところで、比奈も比奈でとても主人公力高いと思う」

比奈「えっ」

P「自分のことイケてないって思ってた女の子が眼鏡を外して華やかな姿に変身! ……うん。完璧に主人公じゃないか」

比奈「うっ、うぅっ……は、恥ずかしいっスよ。そういうこと面と向かって言わないでくださいっス……」

P「何が恥ずかしいんだ、その魅力があってこその中間属性3位なんじゃないのか! 俺はとても誇らしい!」

比奈「だ、だから……」//

P「比奈も頑張ってきたもんな。自分に自信を持つところから始めて、慣れない運動で体力作り……時にはレッスンと修羅場が重なったりもしたな……」

比奈「昔のこともちょっと恥ずかしい、というか……」//

比奈「と、いうか! 今回は加奈ちゃんの話っスからアタシのことはいいっス!」

P「えー……。まぁいいや。どっちも可愛い、どっちも頑張ってて、どっちもすごい子」

比奈「はい、これで終わりっス! じゃあレッスン行ってくるっス!」

P「行ってらっしゃーい」

 ガチャッ バタンッ


おしまい

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 20:54:58.32 ID:mgcrdBuc0

もう選挙も終わり間近になってしまいましたが荒木先生と今井加奈ちゃんをよろしくお願いします!

おしまい



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 荒木比奈「今井加奈ちゃんの主人公性について」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494243654/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! エチュードは1曲だけ
V.A.
日本コロムビア (2017-05-24)
売り上げランキング: 41

[ 2017/05/08 23:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18150-0214d237