ヘッドライン

輿水幸子「安価のせいでボクの身が危ない?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493914234/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:10:34.98 ID:8pWrpZbX0
P「幸子!逃げろ!ここにいたら危ない!」

幸子「えぇっ!ど、どうしたんですか急に…」

P「幸子の身が危ないんだっ…!」

幸子「な、なぜです!?」

P「この世界のバランスが崩れて、一時的に幸子だけに色々な危険が迫る状態になってしまった!」

幸子「急すぎてわけがわ分からないんですけど…でも何となく分かりました…」

P「分かるのか…」

幸子「危険…と言いますと…具体的にどんな…」

P「そりゃあもう……いろんな危険だ!!ケガしたりとか…食あたりしたりとか…あんな危険やこんな危険とかだ!」

幸子「えぇー…イマイチ分からないです…」

P「ハッ!…感じる…今、幸子に危険が迫っている!!」

>>2
幸子にどんな危険が迫っている!?



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:12:18.37 ID:vSoOVqvhO
輪姦されそう

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:21:41.52 ID:8pWrpZbX0
P「幸子…お前…このままじゃ輪姦されるぞ!!」

幸子「り、りんかん…?なんですかそれ…」

P「……たくさんの大きなお友だちと遊ぶことになるぞ!」

幸子「へぇ…ま、まあお友達と遊ぶくらい別に…」

P「ええぃ!つべこべ言わずついてこい!この危機をなんとしても回避せねば!!」

幸子「ど、どこに行くんですか!」

大きなお友だちA「幸子タソ!!あ、遊ぼうよぅ…ハァハァ…」

大きなお友だちB「ヤラセテ」

P「くっ…もう見つかったか…」

幸子「う、うわっ…あの手の方達と遊ぶのはちょっと…」

P「どこか…どこか隠れる場所はないか…」

>>4
どこに隠れてこの危機を回避する!?

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:24:19.27 ID:vaeIDQiRo
Pの机の下

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:43:51.97 ID:8pWrpZbX0
P「とりあえず俺の机の下に隠れるんだ!」

幸子「は、はい……」モゾモゾ

P「俺は隣の机の下に隠れるか…」

大きなお友だちA「幸子タソはどこ…」

大きなお友だちB「カクレテモムダダゾ…」

P(きたか……)

大きなお友だちA「ここに入っていくのは確かに見たんだ…」

大きなお友だちB「フム…」

大きなお友だちA「時間をかけて隅々まで探そう…」

大きなお友だちB「ソウダナ…」

P(まずい…このままじゃいつか見つかるぞ…)

大きなお友だちA「クンクン…ぐへへ…匂いがする…幸子タソの匂い…」

P(な、なにぃ!?匂いだと…!?)

大きなお友だちA「ここだ…この机の下にいる…」

P(どうする…どうやってきりぬける!?)

>>6
どうきりぬける!?
(道具を使う…殴る…なんでもありです)

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 01:44:54.63 ID:wMjzceIA0
一緒に机の下にいたまゆのスカートにかくまってもらう

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 02:06:39.64 ID:8pWrpZbX0
大きなお友だちA「ここだ…この机の下にいる…」

大きなお友だちB「オマエノハナハ ホントウニ ユウシュウダナ」

P(どうすれば…どうすれば…)

大きなお友だちA「グヘヘ……さーちこちゃぁ~~……あれ…?」

まゆ「どうか…しましたか?」

大きなお友だちA「あ、あれ…」

大きなお友だちB「ナ…ニ…?」

まゆ「まゆに…何か用ですか?今ちょっと…Pさんの机に愛を込める作業をしているところで…忙しいのですが…」

P(この声は…ま、まゆ!?…愛を込める作業ってなんだ!?)

大きなお友だちA「おかしい…幸子タソの匂いがしたのに…」

まゆ「幸子ちゃんとは毎日抱き合っているので…まゆから幸子ちゃんの匂いがしても…おかしなことではないと思いますよ?」

大きなお友だちB「アラ^~」

大きなお友だちA「そういうことかぁ…」

まゆ「幸子ちゃんなら…さっき廊下ですれ違いましたよ?」

大きなお友だちA「本当!?ありがとうまゆタソ!!」ダッ

大きなお友だちB「アリガトウ!!」ダッ

まゆ「……」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 02:29:17.66 ID:8pWrpZbX0
~数分前~

P「とりあえず俺の机の下に隠れるんだ!」

幸子「は、はい……ってまゆさん!?」

まゆ「幸子ちゃん…!」

幸子「な、何してるんですかこんな所で…」

まゆ「毎日Pさんが使っている机の下にもぐって…Pさんを感じていたんですよ~?」

幸子「へ、へぇ……」

まゆ「幸子ちゃんも同じ目的ですか?」

幸子「い、いえ……色々ありまして…カクカクシカジカというわけなんです…」

まゆ「なるほど……」

幸子「机の下に隠れたはいいですけど…このままじゃ見つかっちゃいそうですよ…」

まゆ「それなら……まゆのスカートの中に隠れるというのは…?」

幸子「えぇっ!?そ、それはなんだか悪いような…」

まゆ「幸子ちゃんなら、スカートの中に入れてもまゆは構いませんよ~?」

幸子「そ、そうですか……?じゃ、じゃあ…し、失礼します…」

まゆ「幸子ちゃんが机の奥側に行って…小さく丸くなって…そこにまゆのスカートを被せれば……なんとかぎりぎり…」

幸子「こ、これで…う、上手くいきますかね…」

まゆ「…なんとかしてみせます」

幸子(心強い…)


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 02:37:25.18 ID:8pWrpZbX0
幸子「と、いうわけでなんとか助かりました…ありがとうございました!」

P「ありがとうまゆ!」

まゆ「いえいえ…幸子ちゃんやPさんのためなら…何でもしますからね?また、何かあったら言ってくださいね?助けに行きますから♪」

幸子「ありがとうございます…いつかこの恩はお返しします…」

まゆ「そんな…気にしなくても…。……じゃあいつか幸子ちゃんのスカートの中に入れてください♪」

幸子「………えっ」

まゆ「うふふ…♪冗談です♪」

幸子「あー…あははは…」

幸子(目がわりと本気だったような…)

P「……さて、とりあえず一つ目の危機はなんとか回避したが…幸子、安心するにはまだ早いぞ!!次から次へと世界が幸子を狙っている!」

幸子「なんでそんなことに…」

P「ムッ!!感じる!また危機が迫っている!!」

>>10
どんな危機が迫っている?

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 02:37:56.22 ID:K8zW5WEp0
腹パン

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 11:52:27.36 ID:8pWrpZbX0
P「幸子…お前このままでは腹パンされてしまうぞ!!」

幸子「は、はらぱん…?それは…なんですか?」

P「腹を殴られるってことだ」

幸子「えええぇ!」

P「いるんだ…世の中には…そういう…特殊な趣味を持っている方々が!」

幸子「しゅ、趣味って…」

P「安心しろ!次も絶対守ってやるから!」

幸子(さっきはPさんというよりまゆさんに助けてもらったんですけど…)


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 11:58:09.54 ID:8pWrpZbX0
腹パンし隊「いたぞ!幸子だ!腹パンしてやる!」

P「きた!腹パンし隊だ!」

幸子「な、なんですか腹パンし隊って!」

P「幸子に腹パンしたいと思っている方々の集団だ!とにかく逃げるぞ!」

幸子「は、はいっっ!!」

P「このまま逃げていても埒が明かないな…」

>>13
どこかへ隠れる?
他の方法でこの窮地を脱する?

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 12:00:30.38 ID:fdKPRIIVO
別の場所に幸子がいたと大声で叫ぶ

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 12:13:11.45 ID:8pWrpZbX0
P(そうだ!!腹パンし隊の隊員になりすまして嘘の情報を流そう!)

P「幸子!お前はこのまま遠くへ走るんだ!俺は隊員になりすまし、嘘の情報を流して撹乱してくる!」

幸子「ええっ…危険じゃないですか!?バレたら…Pさんの身が…」

P「いいんだ…俺は幸子を守れたらそれで…」

幸子「Pさん……」

P「幸子……逃げ切れよ…」

幸子「……はい…!」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 12:35:54.65 ID:8pWrpZbX0
P「いたぞ!幸子だ!こっちに幸子がいるぞ!」

腹パンし隊A「なに!本当か!」

腹パンし隊B「追え追え!!」

腹パンし隊C「……なぁ、腹パンし隊に…あんな奴いたか?」

腹パンし隊D「たしかに…見ない顔だな…。しかし、日に日に隊員が増えているからな…そりゃあ見ない顔もいるだろう」

P(よし…なんとか上手くいっているな…。後は…適当に時間をかせいで、どこかで逃げ出さないとな…)

???「………」

~20分後~

P「いたぞ!幸子がいる!」

腹パンし隊A「ほ、本当か……」ゼェゼェ

腹パンし隊B「追え……追え…」ハァハァ

P(だいぶ疲れて、ついてこれている奴が減ってきたな…ここら辺でうまく逃げ出すか…)

???「待て…」

P「!?」

腹パンし隊A「…!!隊長!」

P(隊長…だと!?)

腹パンし隊隊長「貴様…見ない顔だな?」

P「し、新人なもので…」

隊長「ほぅ……新人か…やはり新人とは活きが良くていいものだな?常に先頭を走り、隊に情報を提供し士気を上げる…。腹パンし隊としては、君のことを非常に優秀な人材だと思っているよ…」

P「あ、ありがとうございます…!」

隊長「…流している情報が本当であれば…の話だがな?」

P(ウグッ…バレている!?)

腹パンし隊A「どういうことっすか…隊長…」

隊長「私は隊員全員の顔を把握している…。だが、貴様の顔は…私の記憶にない…」

P「………」

隊長「…そして…先ほどからの行動…見ていて…どうも幸子から我々を遠ざけようとしているようにも見える」

腹パンし隊B「なんだと…!?」

隊長「もちろん…私は信じているよ?新人の君が…熱意をもって隊のために行動してくれているのだと……だがもし、我々を騙していたのなら…それ相応の報いは受けてもらわねば…ならんなぁ?」

P(絶対絶命だ……どうする…この状況どうきりぬける!?)

>>16
どうきりぬける?

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 12:38:56.01 ID:LXDKOpAto
次から実際に幸子の居場所をトレースしつつ間一髪で逃げられたと演出する

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 12:45:51.75 ID:vaeIDQiRo
有能だなwwww

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 12:57:32.02 ID:8pWrpZbX0
P「…信じてください!本当に幸子を見つけておっていたんです…!」

隊長「言葉だけではなぁ?信じたくとも…信じられぬよ…真に心苦しいことだが」

P(よく言いやがるぜ…完全に敵と見なしている態度じゃないか…)

腹パンし隊A「おいテメェ!証拠を見せろ証拠を!」

腹パンし隊B「そうだそうだ!」

P「証拠は…これです…ハンカチ…ハンカチが落ちていました!さっき幸子が転んだ時に落としていったものです!私はこの目で見ました!(な~んてな!!この前幸子から借りて、返し忘れてポケットに入ってたハンカチだよー!!)」

隊長「…ほぅ……クンクン…確かに幸子の匂いだ…」

腹パンし隊A「ほ、本当ですか!?私にも匂いを嗅がせてください!」

腹パンし隊B「お、俺にも!」

P(変態どもめ…)

隊長「なるほど……信じよう…(そしてこのハンカチは貰っておこう)」

P「ありがとうございます!(ハンカチ返せ)」

腹パンし隊A「疑って悪かったな新入り…」

P「いえいえ…(なんとかなったが…次からは本当に幸子が通った所を走ろう…さすがに幸子から遠ざけることを意識しすぎたか…)」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 13:02:07.78 ID:rCmfWF+0o
急に緊迫した心理戦が始まって草
これからどうなってしまうのか

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 13:17:43.23 ID:8pWrpZbX0
P「こっちです!」

腹パンし隊A「追え追えー!!」

P(幸子と連絡を取り合い幸子が実際に走った道を後ろから追う……そして…)

P「くっ…逃げられてしまいましたね…。でも、見てください…この足跡…」

腹パンし隊B「むぅ…これは…」

隊長「幸子の足跡だ、間違いない!」

P「あっちの方向です!行きましょう!」

隊長「うむ!」

P(捕まらない程度の距離を保ち、逃げ続ける…!そして…ある場所へと誘導する!)

腹パンし隊A「…!ここは…み、港だ…結構走ったなぁ…」

腹パンし隊B「幸子はどこに隠れた……?」

P「もしかしたら……泳いで逃げた可能性があります…」

腹パンし隊A「な、なにぃ!?」

P「見てください……アレを…海の上に浮いているものを!」

隊長「あれは!!靴下だ!幸子の靴下だ!」

腹パンし隊A・B「「な、なにぃぃ!!!」」

P「泳ぐ際に…靴下を脱いで捨てた可能性があります…。もしかしたら……他にもスカートや…パン」

腹パンし隊A「うおおおお!!皆!海の中に飛び込め!!!」

腹パンし隊B「まずは靴下だ!靴下をゲットするぞ!!」

隊長「さ、騒ぐなバカどもめ!!……わ、私もすぐ行くから少し待っていろよ…(スカート…パンツ…グヘヘ…)」

P「そのまま沈んでくれ…(頑張ってください!皆さん!)」




25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 14:02:39.59 ID:LWcGW3+Bo
ゥー!

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 14:12:44.86 ID:7Iubof9VO
P「心理戦などなかった…」

幸子「……ボクの靴下が…」

P「すまん…変態共に持ってかれた…あとハンカチも…」

幸子「お気に入りだったのに!!」

P「幸子の身にケガ一つなく問題はさった…結果オーライじゃないか!」

幸子「そ、そうですけどぉ……はぁ…今日は厄日ですか…」

P「まあまあ、もうそろそろ世界のバランスが元に戻ってこんなことも起こらなくなるさ」

幸子「早くいつも通り平和な生活がしたいですよ……」

P「はは……ムムッ!?ま、また新たな危機が迫っている!!」

幸子「えええぇー!!」

P「こ、こいつは…今までの危機とは比にならねぇレベルだ!!おそらく最後の危機!!」

幸子「な、何が起ころうとしてるんですか…」

幸子に迫る最後の危機とは!?
安価
↓1

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 14:14:48.92 ID:KDQmbMa40
尿意が頻繁にくる

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 14:23:05.25 ID:qoNwSqrzO
社会的な危機ですね…

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 03:59:07.65 ID:aonQzYDq0
P「尿意が…頻繁にくる!!」

幸子「………は?」

P「尿意が頻繁にくるんだ!!」

幸子「……なんか…こう…しょぼい…ですね…」

P「な、なにぃ!?こんな恐ろしい危機がショボイだとぉ!?」

幸子「追われてる方が怖かったですよ…」

P「甘い…甘いぞ幸子…。考えてみるんだ!今までのものは、全て逃げてしまえば結果的に何も起こらなかったのと同じだ…しかし!!今回のは違う!逃げる術がないんだ!こちらはもう以下にダメージを軽減するかしか選択肢はないんだぞ!?」

幸子「そ、そう言われると…確かに…でも、ずっとトイレにこもっていればこの危機はしのげるのでは?」

P「幸子……これから握手会があることを忘れたのか…?」

幸子「またタイミング悪くそんな仕事が…」

P「つまり……尿意を我慢しながら握手会をしなくちゃいけないんだぞ幸子!!!!」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 04:11:01.31 ID:aonQzYDq0
幸子「ええぇ…そんな…無理ですよ……。あ…なんか…意識したら…すごくトイレに行きたくなってきました…」

P「むぅ…とりあえず1度トイレに行ってくるんだ…!そして次に行きたくなるまでの時間間隔を計ろう…」

幸子「は、はい…とりあえず行ってきます…!」

~幸子おトイレ中~

幸子「…ただいま…です…」

P「おかえり。よし、今から計るぞ!」

幸子「は、はい…」

P「せめて15分くらい感覚があれば…無理やり休憩をとってトイレに行かせてやれるんだが…」

幸子「なんだか身体をいじくられているようで変な感覚ですよ…」

~5分後~

幸子「Pさん…トイレに行きたいです…が、我慢してたんですけど…もう無理ですっっ…!行ってきます!」ダッ

P「5分で…我慢の限界か……こ、これは…ピンチだ…」

~幸子おトイレ中~

幸子「ただいまです…」

P「おかえり……」

幸子「握手会…無理ですよ…」

P「むぅ…しかし…ファンの期待を裏切るわけには…」

P(どうする…どうやってこの危機を脱する!?)

安価
↓1

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 04:15:29.89 ID:4TRhkPfqO
オムツ

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 04:29:41.46 ID:aonQzYDq0
P「よし、幸子……オムツをはこう」

幸子「は……?」

P「尿意を抑えることは出来ない…。しかし握手会を中止なんてのはもってのほか……そうなったら……もう漏らしながら握手会するしかないじゃない!!」

幸子「嫌ですよ!!イヤイヤイヤ!!この年になって…漏らすって!!しかも漏らしながら握手会!?できるはずないです!!」

P「落ち着け幸子!!!何もオムツってのは恥ずかしいものじゃないんだ!!あの宇宙飛行士だってオムツをつけて宇宙へ飛び立つんだぞ!?」

幸子「えっ…そ、そうなんですか…?」

P「そうだ…そう考えたら恥ずかしくないだろう?」

幸子「うぅ……まぁ…」

P(ちょろい…)

幸子「でも…握手会は何分あるんですか?」

P「60分だ」

幸子「…12回…単純に考えてボクは12回も漏らすことになるんですね……」

P「まあ…な…」

幸子「あの……オムツは…大丈夫なんですか…」

P「そこで、だ。さっき言ったろう?15分なら無理にでも休憩を入れられると。15分ごとに少し休憩を入れて、オムツを履き替えよう。そうすれば1つのオムツが受け止める幸子のオシッコは3回分ですむ!」

幸子「…なんかもう泣きたくなってきました…もうお嫁に行けないです…」

P「その時は俺が」

幸子「ちょっと黙ってください…」

P「……」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 14:08:38.66 ID:j4tsxfZQO
~楽屋~

幸子「はぁ…」

P「履き心地はどうだ?」

幸子「……」

P「コホン…。えー…とりあえず…臭い…とかも大丈夫なはずだから……頑張ってください幸子さん…」

幸子「………はい」

P「ほら笑顔笑顔」

幸子「……」

P(めっちゃ白い目で見てくる…)

~握手会~

ファンA「幸子ちゃん!!いつも応援してます!!これからも頑張ってください!!」

幸子「ありがとうございます♪これからも頑張りますよ!世界一のアイドルになりますからね!」モジモジ

ファンB「うおぉ!本物の幸子だぁ!!握手なんかしちゃっていいんですかね!!」

幸子「い、いいんですよ!握手会ですからね!」モジモジ

ファンC「幸子ちゃん!大好きです!」

幸子「………。ボクもボクのことが大好きですよっ!」スッキリ

P(あ、今漏らしたな…)


38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 14:32:08.90 ID:j4tsxfZQO
P「あ、えーっと、ちょっとここら辺で5分だけ休憩いれまーす!」

ファン達「はーい!」

幸子「ちょ、ちょっとだけ待っててくださいねー!」

~楽屋~

幸子「……もうボクの心はボロボロですよ…」

P「が、頑張れ……あと少しだ…」

幸子「はい……」

スタッフ「あのー今大丈夫ですかー?」

P「あ、はい。何でしょう?」

スタッフ「この後のミニライブの件なんですけどもー」

P「えっ…ミニライブ?」

スタッフ「はい…あれ?握手会の後に水着衣装を着て歌うって聞いてましたけど…」

P「み…ず…ぎ…?」

スタッフ「えっ…」

幸子「ちょっとPさんどういうことですか!?」

P「わ、わからん…何がなんだが…たぶん…何かの手違いがあったようだ…」

スタッフ「あれ……えー…困りましたね…」

P「ど、どうしました?」

スタッフ「いや…ファンの方達にはギリギリまで秘密にしておいて、握手会の時にサプライズとして水着ライブを行うことを発表…というふうに聞いていたので…さっき…ファンの方達に水着ライブの件…伝えてきちゃいました…」

P「なんてことを…」

スタッフ「困ったなぁ…」

P「むぅ……ファンの期待を裏切るわけには…」

幸子「い、いやでもPさん…水着だと…」

P「ああ……」

P(どうする…水着だとオムツは履けない…。しかし、ファンの期待を裏切るわけにはいかない…急な話だが、水着ライブの中止だけはできない…)

どうやってこの危機をのりきる!?
安価↓1

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 14:33:39.44 ID:hkCWQ4uJO
新ジャンル、オムツ水着で切り抜ける

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/07(日) 02:16:46.95 ID:VwM1K3Y70
P「……よし、オムツ水着でのりきろう…」

幸子「は、はぁぁ!?」

P「水着だとオムツを履けないという考え自体間違いだったんだ!!」

幸子「な、なに血迷ってるんですかPさん…」

P「血迷ってなんかない!水着ってのは年々新しい方向へと進んでいるんだ!その新しい方向の中に…オムツがあってもいいじゃない…」

幸子「いや…いやいやいや…今回は騙されませんよ…ないです…オムツ水着なんてない…」

P「ぐ、ぐぬぬ…じゃあどうやってライブするつもりなんだ!ミニライブって言ったって10分以上はステージに立つんだ!最低でも2回は漏らすぞ!」

幸子「う、うぅ…それは……」

P「…な?諦めてオムツ水着でいこう…?」

幸子さん「ううぅ……もうやだ…」


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/07(日) 02:25:36.80 ID:VwM1K3Y70
P「………似合ってるよ…幸子…」

幸子「………」

P「…ファンも喜ぶさ……」

幸子「こんなの……」

P「……なんだ?」

幸子「こんなの………ただの赤ちゃんのコスプレじゃないですか!!」

P「否定はしない…」

幸子「なんでこんなことに……この歳になって赤ちゃんのコスプレをして大勢のファンの前で歌って踊るって…どんな罰ゲームなんですか!?ボクそんなに悪いことしましたか!?」

P「幸子がかわいすぎるのが悪いんだよ…」

幸子「せめて目を合わせて言ってくださいよ…」

P「もうこの際この羞恥プレイを楽しむしかないよ。暗くなっても仕方ないさ…」

幸子「羞恥プレイとか言わないでください!!!」

幸子「ええい…もうヤケです!!やってやりますよ!ファンの皆様に白い目で見られてもやり遂げて見せますよ!」

P「おお!その息だ!やってやれやってやれ!やるしかない!!アイドルとしての器が試されているんだ!!」

幸子「うおおおお!!」

P「幸子……強くなったな…」


44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/07(日) 02:49:11.37 ID:VwM1K3Y70
幸子「お待たせしました!!今日は特別にオムツ水着衣装で皆さんの前で歌って踊っちゃいますよ!!」

ファン達「お、おぉ……おおぉ!?おぉ…おおおお!!!」

P(まじか…これで盛り上がっちゃうのか…)

オムツ水着衣装は意外にも好評で、ファン達の心の中に、新たな性癖を芽生えさせることになった。

P「幸子…お前…よく頑張った!!!」

幸子「やりきりましたよ……はは…大事なものを失ってしまったような気がしますけどね……」

P「何はともあれ……幸子…これでお前の辛かった1日は終わりだ…。もう世界のバランスは元に戻ったはずだ…」

幸子「やっと…やっと解放されるんですね…」

P「お疲れ様だ……よく頑張ったよ…正直これ以上辛いことなんて起こらないんじゃなかろうか…。きっと、これからのアイドル活動もこれを糧に頑張っていけるさ!」

幸子「無理にアイドル活動につなげなくてもいいですよ……。はぁ…なんだかほっとしてまた尿意が……」ジョロロロ…

P「えっ…幸子……さん…?」

幸子「あっ……もう…オムツ…してないんだった…」

P「う、うれションってやつですか…」

幸子「なに冷静にコメントしてるんですか!!!見てないで早くあっち行ってください!!バカァ!!」バシッ!

P「グヘェ…」

この後、幸子はすぐ漏らしてしまうクセを治すのに苦労したのであった…

ここまで付き合ってくださってありがとうございました!
皆様のおかげで楽しく書くことが出来ました!!



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 輿水幸子「安価のせいでボクの身が危ない?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493914234/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18136-18afe98c