ヘッドライン

【モバマス】凛「……もう加蓮は駄目みたいだね」 未央「日に日に酷くなる一方だよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493565378/

1 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:16:18.88 ID:eZazry0a0

病状が日に日に悪化していく加蓮と、それでも寄り添い続ける奈緒のお話です。


2 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:17:04.05 ID:eZazry0a0

―――事務所

凛「はぁ……」

未央「ため息なんてついてどーしたの、しぶりん?」

卯月「凛ちゃん、何か悩み事?」

凛「あ、未央に卯月。……ちょっとね」

未央「もう、水臭いよ、しぶりん。何か悩んでるなら、私たちに話してみなって」

卯月「うん、相談に乗るよ」

凛「……ありがとう、2人とも。実は……奈緒と加蓮のことなんだけど」

未央「えっ……」

卯月「未央ちゃん? どうかしたの?」

未央「う、ううん、なんでもない。かみやんとかれんがどうしたの?」

凛「ほら、2人ってその……付き合ってるでしょ? それで、同じユニットの私に気を遣ってるんじゃないかって思って……」

卯月「そんなこと――」



未央「そんなことあるわけないよ!」



凛「み、未央?」

未央「そんなこと……そんなことあるわけない! あの2人が、気なんて遣うわけないじゃん!」

凛「そ、そこまで断言する!?」

卯月「み、未央ちゃん、確かに気は遣ってないと思うけど、そんな剣幕で言うほど……?」

3 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:17:45.51 ID:eZazry0a0

未央「そこのみくにゃん!」ユビサシッ

みく「にゃ?」テクテク

凛「ど、どうしてみく呼んだの?」

未央「みくにゃんからもしぶりんに言ってあげてよ!」

みく「へ? 何を?」

未央「しぶりん、かみやんとかれんに気を遣われてるんじゃないかって悩んでるんだって!」

みく「えぇ!? り、凛チャン、何言ってるの!?」

凛「な、何を言ってるって……」



みく「あのバカップルが周りに気なんて遣うわけないでしょ!」



凛・卯月『バカップル!?』

4 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:18:15.53 ID:eZazry0a0

凛「みくが何言ってるの!? バカップルって誰のこと!?」

みく「奈緒チャンと加蓮チャンに決まってるにゃ!」

卯月「えぇぇ!?」

凛「い、いやいや、全然バカップルなんかじゃないでしょ。今だって、ほら――」



奈緒『川島さん……流石にそれは無理があるって』

瑞樹『もう、なによー。私だって、まだまだセーラー服くらい着られるわ。きゃぴっ☆』キャピッ

楓『いえ、その……奈緒ちゃんの言うとおり、流石に無理があると思いますよ』



加蓮『……はい、出来上がり!』

莉嘉『わぁー、やったー!』

美嘉『ありがとね、加蓮。莉嘉にネイルなんてしてもらって』

加蓮『別にいいって。私も楽しいしさ』



凛「2人とも、別の場所で別なことしてるしさ」

卯月「そうだよね。むしろ本当に付き合ってるのか、疑問に思うくらいじゃないかな」

5 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:18:48.09 ID:eZazry0a0

ありす「凛さん、卯月さん、話が聞こえたんですが……」テクテクデス

凛「ありす、どうしたの?」



ありす「お2人には眼科をおすすめします」



凛「どうしたの!?」

卯月「別に私たち目悪くないよ!?」

ありす「ならどうして……」

未央「あっ、そうか! しぶりんもしまむーも、寮に住んでないから……」

みく「あー……納得にゃ」

ありす「どうりで……知らないということは幸せなことですね」

凛「な、何?」

卯月「寮に住んでないと、何かあるの?」

未央「あの2人の寮での様子を見れば……全部分かると思うよ」

卯月「寮での奈緒ちゃんと加蓮ちゃん?」

凛「別に、事務所にいる時と何も変わらないでしょ?」

未央「じゃあ2人とも、今日は寮に泊まらない? 私の部屋でもいいし、他の誰かの部屋でもいいしさ」

凛「? 別にいいけど……」

卯月「あ、じゃあ、お母さんに電話しなきゃ」

凛「でも泊まりなんて、どうして?」

未央「実際に自分の目で見たほうが、分かりやすいだろうから」

凛「?」

6 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:19:19.39 ID:eZazry0a0

―――その日の夜 女子寮 食堂

加蓮「はい奈緒、あーんっ♡」

奈緒「じ、自分で食べられるよ!」

加蓮「あーんっ♡」

奈緒「だ、だから……」

加蓮「あーんっ♡」

奈緒「うぅ……あ、あーんっ」

加蓮「えへへ、美味しい?」

奈緒「お、美味しいけどさ……」

加蓮「じゃあ次は私に、あーんして」

奈緒「な、なんであたしまでそんな恥ずかしいことしなきゃいけないんだよっ!」

加蓮「あーん」

奈緒「や、やらないぞ……」

加蓮「……なら仕方ないか。今度は奈緒に口移しで――」

奈緒「か、加蓮、あーんっ」

加蓮「あーんっ♡……うん、最高に美味しいっ♡」

奈緒「あ、あたしは最高に恥ずかしいんだけど……!」

7 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:19:46.60 ID:eZazry0a0

凛・卯月『……』ボーゼン

凛「……あのバカップル、誰?」

未央「かみやんとかれんだよ」

卯月「な、奈緒ちゃんと、加蓮ちゃん……?」

8 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:20:17.52 ID:eZazry0a0

加蓮「ほら奈緒! 見て見て、ストロー!」チャッチャラー

奈緒「そんな秘密道具みたいにストローなんて出して、どうしたんだ?」

加蓮「ここに2本のストローがあるよね?」

奈緒「うん、あるけど」

加蓮「これをどっちも1つのコップに入れます」チャポン

奈緒「え、なんで? 一本で十分じゃ――」

加蓮「それじゃあ、私がこっちのストローで飲むから、奈緒はそっちのストローで飲んでね」

奈緒「なるほど、これなら2人で飲め―――ってそんな恥ずかしいことできるかぁーっ!」

加蓮「ふぁーひゃーふっ(はーやーくっ)」

奈緒「ストロー咥えてスタンバイしててもやらないっ!」

加蓮「……じゃあ、口移しでジュースを――」

奈緒「それ卑怯だぞ!? くぅう……や、やればいいんだろっ!」

加蓮「じゃあ、いっせーの……」


《チュ―――――――ッ》


加蓮「……うん、やっぱりこっちのが美味しいよ♡」

奈緒「あ、あたしは味なんて分からなかったんだけど……」

9 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:20:45.99 ID:eZazry0a0

凛「何あのバカップル!? 誰あのバカップル!?」

未央「だから、かみやんとかれんだって」

卯月「り、寮ではここまで違ってたの……?」

凛「いくらなんでも、イチャイチャしすぎでしょ……」

未央「ね? 周りに気なんて全く遣ってないでしょ?」

凛「こういうことだったんだ……」

卯月「ず、ずっとこうなの?」

未央「うん、付き合い出してからずっと。毎日」

凛「こ、これを毎日……」

未央「最初はさ、みんな温かい目で見てたんだよ」

10 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:21:12.10 ID:eZazry0a0

―――付き合い始めの頃

加蓮「奈緒―、一緒に食べよ?」

奈緒「ああ、いいよ」

加蓮「一緒に座ろ?」

奈緒「ああ―――ってなんであたしの膝の上に座るんだ!?」

加蓮「一緒に座ろうって言ったじゃん」

奈緒「そういう意味だったの!? こ、こんな状態でご飯食べられるわけないだろ!」

加蓮「だってここが一番座り心地いいんだもーん」ムギュー

奈緒「だもーんじゃなくて!」



未央「ひゅーひゅー、妬けちゃうね、お2人さん!」ヒューヒュー

みく「暖房要らずにゃ!」ヒューヒュー

ありす「付き合ってるの、隠す気とかないんですね」ヒューヒューデス



奈緒「が、外野うるさいぞっ!」

11 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:21:40.69 ID:eZazry0a0

―――最近

加蓮「奈緒ー、食べるの手伝って」

奈緒「食べるの手伝うってなんだ!?」

加蓮「私、今日は箸持たないから、全部奈緒が食べさせてよ」

奈緒「馬鹿なの!? そんなことしてたら食べ終わるのどれだけ時間かかるんだ!」

加蓮「時間かかる方が、それだけ奈緒と一緒にご飯食べる時間が増えるじゃん♡」

奈緒「うぇ!? そ、そんなこと言われても、や、やらないっ!」



未央「……よく毎日あれだけいちゃつけるよね」シロイメー

みく「もうみく、あっちは視界に入れないようにしてるにゃ」シロイメー

ありす「ミュート機能ないですかね」シロイメーデス

12 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:22:15.90 ID:eZazry0a0

―――回想終了

未央「今はみんな、そんな感じ」

凛「毎日目の前でいちゃつかれたら、それはそうなるよ……」

卯月「確かに今も、みんな2人を見ないようにしてるね……」



奈緒「……げっ!? り、凛と卯月!?」



凛「あ、こっちに気付いた」

卯月「な、奈緒ちゃん、加蓮ちゃん、こんばんは」

奈緒「なんで2人がいるんだ!?」

未央「しぶりんとしまむー、今日は寮に泊まるんだよ」

加蓮「え、そうなの? 凛、言ってくれればいいのに」

凛「ご、ごめん、ついさっき決めたことでさ」

奈緒「ふ、2人とも、今までの見てたのか……?」

卯月「えっ!?……な、何も見てないでありますよ」メソラシー

奈緒「嘘つけ! 卯月からそんな言葉づかい初めて聞いたぞ!?」

13 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:22:43.16 ID:eZazry0a0

凛「……見てたよ」

奈緒「や、やっぱり!?」

加蓮「今までのって、何? 何を見てたの?」

未央「かれんとかみやんがいちゃついてるとこだって」

加蓮「? 別に見られたって構わないじゃん」

奈緒「構うわ!」

加蓮「だって、寮のみんなにはずっと見られてるんだしさ」

奈緒「そ、それはそうだけど……凛たちに見られるのは、また別の恥ずかしさがあるだろ!?」

凛「奈緒、加蓮……」キマズソウナメー

奈緒「や、やめろ、凛! そんな目で見るな!」

卯月「……ら、ラブラブだね」キマズソウナメー

奈緒「そんなことも言うなーっ!」

加蓮「でしょー? ラブラブなんだ♪」

奈緒「ラブラブ言うな!」

加蓮「ねぇ見て? 奈緒の髪って、ふわふわで凄く気持ちいいんだから! もふもふー♡」

奈緒「あ、あたしの髪をもふもふするなーっ!」

凛(……うん。気、遣われてる要素ないね)

14 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:23:11.33 ID:eZazry0a0

―――奈緒の部屋

奈緒「もうやだ……どんだけ恥ずかしい思いさせれば気が済むんだよぅ……」ズーン

凛「布団被っちゃったよ」

加蓮「あれは最近の日課だから」

卯月「日課になってるの!?」

加蓮「みんなの前でイチャイチャして部屋に戻ってきたら、大体ああなるの」

凛「ならやめてあげ―――」

加蓮「恥ずかしがってる奈緒、すっごく可愛いんだぁ……!」コウコツー

凛「……もう加蓮は駄目みたいだね」

未央「日に日に酷くなる一方だよ」

15 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:23:50.42 ID:eZazry0a0

加蓮「ほらほら、奈緒。布団から顔出して。せっかくみんな来てるんだから」

奈緒「うぅ……分かったよぉ」カオダシー


《パシャ!》


奈緒「ふぁ!?」

加蓮「見て見て、みんな! ほら奈緒、涙目になってるの! もう可愛すぎるでしょ!」

卯月「そ、そうですね」

凛「し、写真撮るって……」

未央「もう驚かない私がいるよ」

加蓮「ふふっ、私の奈緒アルバムに、また一枚写真が増えた♡」

奈緒「か、加蓮……あのな……」プルプル

加蓮「何?……あっ! 私、今日まゆと約束あったんだった!」

奈緒「へ?」

加蓮「みんな、来てもらったのに悪いけど、私外れるね」

卯月「あ、ううん、大丈夫だよ」

凛「気にしないで行ってきて」

加蓮「それじゃ、みんなゆっくりしててね」ガチャ

16 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:24:23.42 ID:eZazry0a0

卯月「……それにしても、びっくりしたよ。事務所にいる時の2人と全然違ってて」

未央「かみやんたち、寮の中以外では、あんな風にするの禁止にしてるんだよ」

凛「禁止?」

奈緒「ほら、あたしたちアイドルだろ? だから、外でそんなことしちゃまずいしさ。……っていうか、アイドルとか関係なく、誰かに見られるの恥ずかしいし……」

凛「結局、恥ずかしいから、外ではやらないようにしてるんだ」

奈緒「そりゃそうだろ! どれだけ恥ずかしいと思ってるんだ! 寮のみんなに見られるのだって、本当は滅茶苦茶恥ずかしいんだぞ!?」

卯月「なら、寮でも禁止にすればいいんじゃ?」

奈緒「しようとしたよ。で、でも、そうしたら加蓮が……」



加蓮『むー……あ、なら私の家で一緒に暮らそうよ! それなら、思う存分いちゃいちゃ出来るでしょ? 我ながらナイスアイデア♡』



奈緒「とか言い出して……あれは、本気の目だった……!」

卯月「か、加蓮ちゃん、そんなことを……」

17 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:25:05.45 ID:eZazry0a0

凛「加蓮、奈緒と付き合い出してからキャラ変わりすぎてない?」

未央「基本的には変わってないよ。しぶりんもしまむーも、今日寮に来るまでは気付かなかったんでしょ?」

凛「……そういえばそうだね」

卯月「うん、普段通りにしか見えなかった」

未央「だからキャラが変わるのはかみやんとイチャイチャしてる時だけかな。それ以外は普通のかれんだよ」

卯月「奈緒ちゃんの方は、変わってないよね」

奈緒「あたしも加蓮みたいになれと言うのか……?」ゼツボウノマナコ

卯月「そ、そうは言ってないよ」

凛「……」

未央「しぶりん? どうかしたの?」

凛「いや、好きな人のことに関してだけキャラが変わるって……なんか、似たような誰かがいたような気が……」

未央「似たような誰か?…………さくまゆ!?」

奈緒「た、確かに、言われてみると若干まゆと被るところが……待て!? さっき加蓮誰と約束があるって言ってた!?」

卯月「ま、まゆちゃんと約束があるって……」

『…………』

未央「な、なんか……」

凛「嫌な予感が……」

奈緒「するんだけど……!?」

18 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:25:37.15 ID:eZazry0a0

―――まゆの部屋

奈緒「加蓮!」ガチャ

加蓮「わ!?」

まゆ「な、奈緒ちゃん?」

加蓮「びっくりしたぁ……どうしたの、奈緒?」

奈緒「加蓮、まゆと一体何を―――」



<まゆと加蓮の☆気になるあの人を堕としちゃおう会議♥>



奈緒「何だこれ!?」

19 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:27:04.09 ID:eZazry0a0

加蓮「あ!? な、奈緒入っちゃ駄目!」

奈緒「入っちゃ駄目じゃないだろ! お前ら2人でなに怪しい会合開いてんだ!」

まゆ「バレちゃいましたか……」

凛「まゆ、こんなことしてたなんて……!」

まゆ「!? 凛ちゃんまで来ているとは……!」

奈緒「まゆ、お前か!? 加蓮の恋愛脳はお前のせいか!?」

まゆ「な、なんのことですか? まゆはただ加蓮ちゃんと一緒にガールズトークをしていただけですよ?」メソラシー

加蓮「そ、そうだよ? よくあるただのガールズトークだよ?」メソラシー

奈緒「嘘つけ! ちょっとそのノート見せてみろ!」トリアゲー

加蓮「あ、それは駄目!」


<作戦83 ネット通販で媚薬を購入し、さりげなく食事に混ぜる>


奈緒「……」ボーゼン

加蓮「ま、まだそれやってないよ? だから安心して?」

奈緒「安心できるかぁ―――――っ!」ビリビリッ

加蓮・まゆ『あぁ!? 私たち自作の恋愛白書が!』ガーン

奈緒「やかましいわ!」

凛「こ、こんなことをプロデューサーにしようとしてたなんて……!」

加蓮「まゆ、こうなったら……」

まゆ「そうですね、加蓮ちゃん……」



加蓮・まゆ『……てへっ☆ 許して?』



奈緒・凛『そんなんで許すか!』


―――その後、加蓮とまゆは奈緒と凛の説教を2時間に渡り食らったのだった。

20 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/05/01(月) 00:27:45.41 ID:eZazry0a0

―――奈緒の部屋

未央「しまむー、しぶりんとかみやん帰ってこないね」

卯月「まゆちゃんの部屋で何してるのかな?」


 とりあえず、完



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【モバマス】凛「……もう加蓮は駄目みたいだね」 未央「日に日に酷くなる一方だよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493565378/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18056-c10e99cb