ヘッドライン

【モバマス】P「突然奈緒を褒めて照れさせよう」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492906393/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 09:13:14.24 ID:gs4x3R7Y0
P「あー…、奈緒可愛い」

奈緒「!?」


奈緒「いきなり何言ってんだよプロデューサーさん!?」

P「何って…、奈緒可愛いって言ったんだけど?」

奈緒「っ~~~、あ、あたしが言ってるのはそういう事じゃなくて!!!」

P「奈緒って本当に可愛いよな、その太眉とか、なんなの?俺を殺す気か?」

奈緒「なっ、太眉って言うな!バカ!っていうか別にそんなつもりでやってるんじゃ…」

P「いやマジで可愛いよ奈緒、好きだ、愛してる」

奈緒「ばっ、ちょっ、いきなり何言って!!!///」

P「一目見た時からずっと好きだった、まぁだから担当してる訳だけど」

奈緒「そ、そんな事別に聞いてないし…。別に嬉しくなんかないし…///」テレテレ

P(くっそ可愛い…)

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 09:14:13.85 ID:gs4x3R7Y0
P「それはそうと、次のライブの事なんだが」キリッ

奈緒「えっ?あ、あぁ…」

奈緒(なんだよ…、急にす、好き…だの何だの言っといて今度は急に真面目になるなよ…)

P「…で、ここをこうしようと思うんだが」

奈緒「…うん、あたしもそれでいいと思う」

P「そうか、ならこの方針で決めるよ。また何かあったら打ち合わせするから」

奈緒「あぁ、わかった…」

P「ところで、」

奈緒「ん?どうかしたか?」

P「仕事に真剣に向き合ってる表情もすごく可愛かったぞ」

奈緒「んなっ!?///」

P「照れた表情も可愛い」

奈緒「や、やめろおおおお!!!恥ずかしいいい!!!」ジタバタ

P「あっこら、事務所で暴れるなって」

奈緒「あ、ご、ごめん…」シュン

P「素直な奈緒も可愛いなぁ」

奈緒「っああああ!!もう!!何なんだよ今日のプロデューサーさんは!!急に褒めたり真面目になったり!訳分かんない!!」

P「どうどう、落ち着けー」

奈緒「あんたの所為だろうがあああ!!」

P「よしよし」ナデナデ

奈緒「うっ…///」プシュー

P(ちょろい…可愛い…、抱きしめたい…)

P「あーもう、ほんと奈緒可愛い」ギュッ

奈緒「ぅ…ぁ…///」

奈緒(なんだよこれ…、どうしてこんな事になってるんだ…?ダメだ、わけわかんない…)

P(何が何やらわからないって感じだな…、俺も勢いでここまで来たが…、イケるとこまで行ってみるか…!)

ちひろ(何この状況)


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 09:15:02.35 ID:gs4x3R7Y0
P「そういえば、さ。前に奈緒が見たいって言ってたアニメ映画のDVDあるんだけど、見るか?」

奈緒「へっ?あぁ、み、見る…」

P「おっし、じゃあこっち来て」ポンポン

奈緒「な、なんでプロデューサーさんの膝の上にあたしが座らなきゃいけないんだ!!?」

P「えー、ダメ?」

奈緒「ダメっていうか…、いや、別にダメじゃないんだけど…」

P(まどろっこしい…えーい)グイ

奈緒「わっ!?」ポフッ

P「あ…奈緒の髪いい匂いするなぁ…」スンスン

P(ッヒャアアアアアアアアァァァァァ!!!!たまらんっ!!!たまらんぞぉぉぉぉぉおおおおおおお!!!!!!)

奈緒「やめろー!!嗅ぐなぁ!!匂うなぁ!!!///」ジタバタ

奈緒(もうやだ!なんだ!なんなんだ!?はっ…、もしかしてドッキリか!?ドッキリなのか!??)

P「はいはい、大人しくしててねー」ギュッ

奈緒「あぅ///」

奈緒(ドッキリだとしても、もう限界だこれ以上は、は、恥ずかしくて死ぬ~~~!!!)

奈緒「なぁプロデューサーさん…、これドッキリなんだろ?そうなんだよな?じゃないと、プロデューサーさんがこんな事するわけ…」

P「今いいところだから、ちょっと待って」

奈緒「うっ…」

P(困り顔の奈緒も可愛い…)

ちひろ(誰か助けて…)

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 09:15:45.11 ID:gs4x3R7Y0
奈緒「な、なぁ、もういいだろ?離してくれよ…」

P「えー…、嫌って言ったら?」

奈緒「えっ!?そ、それはその…」ゴニョゴニョ

P「ん?何?よく聞こえないなぁ」

奈緒「も、もう少し、だけなら…いい、よ///」ボッ

奈緒(何言ってんだあたしはぁぁぁぁ!!!馬鹿あああああああ!!!!)

P(あかん、もう辛抱たまらん…、ここまで来たら据え膳食わぬは男の恥だろ…)

P「奈緒」

奈緒「は、ひゃい!」

奈緒(噛んだ~っ///)

P(カワイイ…、っていかんいかん)

P「改まって言うことでもないんだが…、あー、俺は奈緒のことが…、好きだ。担当アイドルして…、ではなく、一人の女性として」

奈緒「!!」

奈緒「それって…つまり…、ぷ、プロデューサーさんはあたしのことを異性として…?」

P「まぁそういうことだな」

奈緒「…」

P「奈緒?おーい、奈緒~?あれ?聞いてるか~?」

ちひろ(あらあら…、奈緒ちゃんったら顔真っ赤にして純情ですね~…。じゃない、こいつらは真昼間の事務所で何やってるんだ。いや私も傍観してるけど)

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 09:16:17.25 ID:gs4x3R7Y0
P「おーい、しっかりしろ」ペチペチ

P(純情乙女な奈緒にはいきなり過ぎたか…?)

奈緒「ハッ!?えっと、あの、気持ちはすごく嬉しい…だけど…」

P(あっ、これ振られるやつじゃ…)

奈緒「あ、あたしはアイドル…だし」

P「わかってる、けどこの想いはもう、隠しきれないんだ…ッ!」

ちひろ(なんかノリだした…)

奈緒「そ、それにあたしはまだ17歳だ。プロデューサーさんとなんか釣り合わないよ…」

P「そんな事はないッ!!奈緒、お前には溢れんばかりの魅力がある!だからこうして俺がプロデュースして、ここまで来れたんじゃないか!」

奈緒「ッ…なら、尚更アイドルを辞める事なんて…!!」

P「別にアイドルを辞めて欲しい訳じゃない、それは俺だって望んじゃいない」

奈緒「じゃあ、あたしはどうすればいいの…?」

P「待ってて欲しいんだ、いつか俺が奈緒を最高のアイドルにした時…、その時は俺の手を取って欲しい」

奈緒「プロデューサーさん…」

奈緒「わかった…、あたし、頑張るよ。最高のアイドルになって、プロデューサーさんと一緒にまだ見たことのない虹色に輝く世界を…見たい!」

P「!!奈緒…」

奈緒「プロデューサーさん…///」

P「今だけは、この言葉を言わせてくれ…」

P「愛してるよ、奈緒」

奈緒「あ、あたしも、プロデューサーさんの事、好きだよ…」

P(ウォオオオオオオオオオオオオオ!!!!!奈緒可愛いいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!)

ちひろ(なんだこれ…、なんだこれ…)


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 09:16:47.59 ID:gs4x3R7Y0
おまけ

P「あっ、ちなみにさっきの会話録音しといたから」カチッ

奈緒『あ、あたしも、プロデューサーさんの事、好きだよ…』

奈緒「はぁ!?ちょっ!!!何を勝手に録音してるんだーッ!!!消せーーー!!!」

P「ははは!やだねー」ヒョイ

イチャイチャ

ちひろ(もうやだお家帰りたい)

おわり

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 09:17:30.27 ID:gs4x3R7Y0
デレステSSを読んでたら触発されて書きたくなったので、短いですが書きました。
奈緒ちゃん可愛い。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: P「突然奈緒を褒めて照れさせよう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492906393/

ミニッチュ アイドルマスター シンデレラガールズ 神谷奈緒 マウスパッド
ファット・カンパニー (2017-03-25)
売り上げランキング: 73,854

[ 2017/05/01 02:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18052-ab95681d