ヘッドライン

【モバマス】未央「私はまともだよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493534439/

1 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:40:39.70 ID:wUpt+kwn0

凛「プロデューサーのパンツを手に入れようと思うんだ」


未央「しぶりん、通報していい?」


凛「何言ってるの、未央? この場に犯罪者はいないよ」

未央「いるんだよ、私の目の前に。あと1ミクロンで犯罪者になりそうな奴が」

凛「な!? う、卯月、一体何したの?」

未央「うーん、そっちじゃないんだなぁ」

卯月「そ、そんな……どうして未央ちゃん、私がお母さんに頼まれたおつかいのお釣りをちょろまかしたことを知ってるんですか!?」


未央「おおっと、しょっぱい悪事が白日の下に! でも大丈夫、それで通報はしないから。しまむー、あとでお母さんに謝ろうね?」

卯月「はい! 島村卯月、謝ります!」

未央「で、しぶりんのさっきの限りなくアウトを越えたアウトな発言は何?」

凛「? 私はそんな発言生まれてこの方したことないけど」

未央「深刻だなぁ、自覚症状がないよ。パンツ云々のくだり」

凛「あ、プロデューサーのパンツを私たち3人でゲットしようって話のこと?」

未央「いつの間にか共犯者にされてるぅ!」

凛「ほら、私いつもプロデューサーの背広の匂い嗅いでるよね?」

未央「さも共通認識のように言ってるけど、その事実私初めて聞いたよ?」

卯月「あ、私知ってました」


2 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:41:21.14 ID:wUpt+kwn0

凛「でも私、気付いたんだ。背広よりも、よりプロデューサーの肌に密着している下着の方がプロデューサーの匂いが強いんじゃないかって」

卯月「そ、そこに気付くとは……やはり天才です!」

未央「違うよ変態だよ?」

凛「というわけで2人とも、力を貸してくれるよね?」

未央「んん~? どぉーして貸してくれると思ったのぉ~? 貸すわけがないぞぉ~?」

卯月「頑張りましょう、凛ちゃん!」

未央「どぉーして貸すかなぁ、この子は」

卯月「未央ちゃんも、もちろん貸してくれるそうです!」

未央「うん、言ってないよ?」

凛「ありがとう、2人とも。そう言ってくれると思ってた」

未央「あ、代返でもいいんだ」

3 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:41:51.35 ID:wUpt+kwn0

―――事務所


凛「プロデューサー、お茶淹れたよ」

モバP(以下P)「お、わざわざ悪いな。サンキュー、凛」

凛「あっ、足が滑ったー(棒読み)」スッテンコロリン

P「熱っ!?」

卯月「わー、大変ですー(棒読み)。プロデューサーさんのズボンにお茶がかかってしまいましたー(棒読み)」

未央「プロデューサー、イマスグキガエタホウガイインジャナイ?(やる気のない棒読み)」

P「そうしたいけど、代わりのズボンなんて持ってきてないからなぁ」

凛「じゃあ下着だけでも脱いだら? 履いてなくても外からは分からないし」

P「あ、なるほどな。その発想なかったわ。じゃあちょっと脱いで――」

凛「……っし!」ガッツポーズ

P「くるわけねーだろ、変態か俺は」

凛「チッ……」

P「? 今、舌打ちしなかった?」

凛「してないよ」ソシラヌフリー

P「そっか。ま、こんくらいほっときゃ乾くだろ」

4 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:42:23.72 ID:wUpt+kwn0

―――作戦会議


凛「作戦その1は失敗だね……」

未央「どうしてあれが上手くいくと思ったんだろ、この子」

卯月「惜しかったですね……」

凛「じゃあ次の作戦を考えようか」

まゆ「はい、そうしましょう」


未央「ん?」

凛「まゆは何か良い案ある?」

まゆ「そうですね……とりあえず、凛ちゃんを粛正するのはどうでしょうか?」

凛「何言ってるの? そんなことしてもパンツは…………まゆ!? いつの間に!?」

未央「発言するまで気配を感じなかったよ……」

卯月「あ、私気付いてました」

5 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:42:54.21 ID:wUpt+kwn0

まゆ「凛ちゃん、随分面白そうなことをしているじゃないですか。まゆも混ぜてくださいよ……!」

未央「やばいよ、しぶりん。さくまゆ、懐から包丁取り出したよ」

卯月「懐刀ならぬ懐包丁ですね」

凛「一番気付かれてはいけない奴に真っ先に気付かれるなんて……!」

未央「しぶりん、そろそろ年貢の納め時じゃないかな」

凛「そろそろも何もまだ作戦その1しかやってないでしょ!……まゆ、まずは落ち着いて手に持ってる包丁をしまって。ここに食材はないよ」

まゆ「包丁は食材以外も切り刻めるんですよ? 例えば……まゆのプロデューサーさんのパンツを奪おうだなんて邪なことを考えている花屋の娘とかいいですよねぇ……!」

未央「やばいよやばいよ完全にキレてるよこれ」

卯月「キレッキレです!」

凛「くっ、こうなったら仕方ないか……。……まゆ」

まゆ「なんですか……? 神に祈る間くらいはくれてやりますよ……?」

凛「プロデューサーのパンツ手に入れたら、まゆと山分けしてもいいよ」

まゆ「!?」

未央「わーお、よくパンツを宝みたいに言えるね」

卯月「どう分けるんでしょうね?」

まゆ「…………………………………………今回は、共同作戦と行きましょうか」

凛「取り分は減ったけど、まゆが味方になると心強いよ」

未央「アレなメンバーに囲まれて、未央ちゃんどんどん心細くなってくよ」

卯月「私が付いてますよ、未央ちゃん」

6 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:43:23.41 ID:wUpt+kwn0

―――事務所


まゆ「プロデューサーさん♪」

P「どうした、まゆ?」

まゆ「今日のまゆの服、可愛いですか?」

P「ああ、可愛いな。似合ってるぞ、まゆ」

まゆ「プロデューサーさんの服はかっこいいですね。とても似合ってます♪」

P「そうか? ただのスーツだぞ」

まゆ「あ、そうです。そのかっこいい服、まゆの可愛い服と交換しませんか?」

P「何言ってるの?」

まゆ「まゆもそのスーツ、きっと似合うと思いませんか?」

P「うん。まゆの方はまだ似合わなくもないかもしれない」

まゆ「それにきっとこの服、プロデューサーさんにも似合うと思うんです♪」

P「はい、そっちが問題。俺の見立てでは120%似合わない。ただの生き恥だよ?」

まゆ「も、もし全部が駄目なら、下だけでも交換しませんか?」

P「お前よりによってスカート履いてるのになんで下の方を妥協したみたいに言った? 上のがまだマシだよ」

まゆ「なら下着だけでも構いません!」

P「一番アウトだけど!?」

まゆ「ではまずはまゆの下着を渡しますね」ヌギヌギ

P「マジで脱ごうとしてる!? や、やめろ、まゆ! やめ―――やめろって言ってるだろうがぁ――――――――――――――っ!」

7 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:43:51.48 ID:wUpt+kwn0

―――作戦会議


まゆ「プロデューサーさんに……すごい剣幕で叱られました……」ズーン

未央「当たり前だと思うなー」

凛「作戦その2も失敗か……」

卯月「あと少しでしたね……」

凛「次の作戦を考えるにあたって、アドバイザーを招くことにしたよ」

未央「アドバイザー?」

凛「じゃ、入ってきてー」

美嘉「ねーこれ、なんの会合?」ガチャ


未央「なんで美嘉ねー呼んだの!?」

凛「ちょうどその辺歩いてたからね。美嘉、私たちに力を貸して」

美嘉「まあ別にいいけど……何してるの、アンタたち?」

凛「プロデューサーのパンツを奪おうとしてるんだ」

美嘉「ごめん、急に耳が変になったみたい。もっかい言ってくれる?」

凛「プロデューサーのパンツを奪おうとしてるんだ」

美嘉「アンタたち頭大丈夫?」シロイメー

未央「私はまともだよ、美嘉ねー!」

卯月「はい、私たちみんなまともです」

未央「それはないよ、しまむー」

8 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:44:23.93 ID:wUpt+kwn0

美嘉「いくらなんでもそんなことに付き合えるわけないでしょ。アタシもう行くから」

凛「ふーん……そんなこと言ってもいいのかな?」

美嘉「ど、どういう意味?」

まゆ「美嘉さん。あなたには確か、妹さんが1人いましたよね? 名前は……莉嘉さんと言いましたか?」

美嘉「!? ど、どうしてそれを知ってるの!?」

未央「美嘉ねー、雰囲気に流されないで。事務所の仲間なんだから、みんな当然知ってるよ?」

凛「その莉嘉が……既に私たちの手に落ちているって言ったら、どうする?」

美嘉「な!?」

まゆ「うふふ♪ 声を聞かせてあげましょうか?」ピポパ、プルルル

莉嘉『もしもし?』テロレロリン


美嘉「莉嘉!?」

莉嘉『あれ? まゆちゃんじゃなくてお姉ちゃん?』テレレレレ―

美嘉「莉嘉、アンタ無事なの!?」

莉嘉『無事って……あっ、どく状態になっちゃった』ズギュンドキュン

美嘉「どく状態!? う、嘘……しっかりして莉嘉!」

未央「さっきから電話の向こうから電子音聞こえるよ? ゲームの話じゃない、それ?」

莉嘉『まずいなー、どんどんH』ピッ

まゆ「お話はここまでです」

凛「どんどんH……莉嘉、最後になんて言ってたんだろうね?」

美嘉「!? あ、アンタたち、まさか莉嘉に……!」

卯月「じ、18禁です!」

未央「どんどんHPが減ってただけだと思うよ」

凛「さあ美嘉。莉嘉を無事に返してほしければ」

まゆ「どうすればいいか、分かりますよね?」

美嘉「くぅっ……あなたたちに、従わせていただきます」

未央「ねぇ、美嘉ねー。さっきから私の声聞こえてないの?」

9 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:44:51.15 ID:wUpt+kwn0

―――事務所


美嘉「プロデューサー」

P「美嘉、どうした?」

美嘉「プロデューサーって、今パンツ履いてる?」

P「履いてるに決まってるよ?」

美嘉「えっ、嘘、履いてるの!? 信じらんない!」

P「えっ、嘘、お前今までずっと俺のことノーパンマンだと思ってたの? 信じらんない!」

美嘉「プロデューサー、最近若者の間でノーパンがトレンドなの知らないの?」

P「お前、どこの並行世界から来た?」

美嘉「ノーパンこそ、まさにクールビズの極致でしょ! それに体を覆う布を一枚無くすことで、体を駆け巡るあの開放感! くぅ~、たまんないよねっ☆」

P「さっきからのお前の発言を聞くたびに、俺も悪い意味でたまんないんだが。え、まさかとは思うけど今お前ノーパンなの?」

美嘉「当たり前じゃん! 冷静に考えてみなよ。パンツなんて履いてなくても、外から見たら分かんないでしょ? だったら履いてない方がエコだって☆」

P「その台詞1日に2度聞くことになるとは思わなかったわ」

美嘉「じゃ、さっさとプロデューサーも脱いじゃお脱いじゃお☆ 時代に取り残されるよー?」ワキワキ

P「そんな時代なら取り残された方がマシだけど!? や、やめ、俺のズボンに手をかけるな! やめ―――やめろって言ってるだろうがぁ――――――――――――――――っ!」

10 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:45:17.16 ID:wUpt+kwn0

―――作戦会議


美嘉「……アタシのこと…………痴女ケ崎って………………」ズーン

未央「そりゃ、痴女以外の何物でもなかったからね」

まゆ「カリスマJKなんて、所詮この程度ですか」

凛「まったく、使えないよね」

未央「美嘉ねーに対して辛辣すぎじゃない?」

卯月「もうちょっとでしたね……」

凛「じゃあ次の作戦を考えようか」

卯月「あ、凛ちゃん、次は私に行かせてくれませんか?」

凛「卯月?」

まゆ「いい作戦でも思いついたんですか?」

卯月「プロデューサーさんは、私たちアイドルのためなら、どんなお願いだって聞いてくれると思うんです。だから……」

11 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:45:48.64 ID:wUpt+kwn0

―――事務所


卯月「プロデューサーさん……」

P「どうした、卯月。そんな神妙な顔して」



卯月「プロデューサーさんのパンツを私にくださいっ!」ドゲザー



P「……」

卯月「パンツを!」

12 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:46:18.15 ID:wUpt+kwn0

―――びょーいん☆


医者「おそらく過度なストレスによるものでしょうね」

P「やはりそうですか……」

卯月「……」

P「最近、仕事が多すぎたのかもしれません」

医者「彼女はアイドルと言えどもまだ思春期の女子高生です。適度な休みを与えてあげることも大切だと思いますよ」

P「はい。しばらくは仕事を減らして、休養してもらおうと思います」

13 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:46:45.78 ID:wUpt+kwn0

―――作戦会議


卯月「……島村卯月……当分仕事が無いので頑張れません…………」ズーン

未央「しばらくはニュージェネの活動無理だね」

凛「全然上手くいかないね……」

まゆ「プロデューサーさん、守りが堅すぎます……」

未央「普通レベルの守備だと思うよ?」

凛「こうなったら、最後の手段しかないか……」

まゆ「そうですね、できればやりたくありませんでしたが……」

14 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:47:42.24 ID:wUpt+kwn0

―――Pの家


P「ただいまー……って言っても、1人暮らしだから誰もいないけど」



凛「くっ、駄目! 全部洗濯してある!」

まゆ「これじゃあア○ックの匂いしかしないじゃないですか……っ!」



P「……」

15 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:49:21.31 ID:wUpt+kwn0

―――翌日、事務所


P「すまん未央。しばらくニュージェネの仕事は1人でしてもらうことになった」

未央「ううん、そうなると思ってたからだいじょーぶっ☆」


 完

16 : ◆mqlRkew9nI/5 2017/04/30(日) 15:50:29.91 ID:wUpt+kwn0
以前書いたssとは一切関係ありません。

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/30(日) 16:49:37.39 ID:EaHcyu310
おっつおっつ

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/30(日) 17:46:19.43 ID:Nix5Lcq5o

最後のちゃんみおが白目になってそう



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【モバマス】未央「私はまともだよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493534439/


コメント
7190: 2017/04/30(日) 22:35
誰かちゃんみおサイドの人間連れてきてやれよ
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18050-3edd4e85