ヘッドライン

二宮飛鳥?「幾千もの出逢いを越えて」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493477020/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 23:43:41.24 ID:LfMbYF0G0
これは、誰かが見た偶像。
或いは、彼方にこれから観測される偶像のお話。

・デレマスSS

・地の文というより、もはやポエム。

・総選挙は二宮飛鳥に。


書き溜めはしてますが誤字確認しながらぼちぼちと投稿。


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 23:44:29.81 ID:LfMbYF0G0


ユメを観ていた。[producer]が観なければ、消えてしまうであろうユメを。

『二宮飛鳥』と出逢うユメを。

静岡でLIVEバトルの相手として立ち塞がり、アイドルとしての理由を問うた飛鳥。

どこからともなく聞こえる口笛に惹かれるまま立ち寄った公園で、まさにめぐり逢いの飛鳥。

学校のプールサイドでポータブル・レディオを聞き流しながら夜空を見上げていた飛鳥。

ビルの屋上でフェンスに身体を預け、吐いた息が白くなるのをぼぅっと眺めていた飛鳥。

街中の雑踏の中でひとり、この世界に空いたセカイへの風穴を望む、少し寂しげだけど折れずに煌めきを窺える目をしていた飛鳥。

[producer]が出逢ったのは、どの飛鳥だったか。

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 23:46:39.37 ID:LfMbYF0G0
[producer]が観たのは、アイドルと、そのプロデューサーとしての出逢いだけではなかった。

同じ学校に通う者として――
 授業中にふと右斜め前の方に目をやった時、退屈そうにだがきちんとノートは取っている様を見た。

幼き頃に近所に住んでいた友達として――
 朧げな記憶の中に、明るい髪色をした、言葉と振舞いが素敵だと思った女の子のことを思い浮かべた。

親戚として――
 ちょっと変わった子だけれど、根は良い子なのだろう飛鳥にお年玉をあげた記憶を見た。

赤の他人として――
 喫茶店で物憂げな表情でコーヒーカップに口をつける様を見た。

そして、プロデューサーの――あの日の誓いを思い出した。

飛鳥と出逢ったのはどの[producer]だっただろうか?

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 23:49:24.08 ID:LfMbYF0G0
そうして、幾度も幾度も、繰り返した。数え切れぬほどの出逢いを。

線が曖昧になって、溶けて一つになってしまいそうなほど。

自分と相手の境界線が自分の領域(コト)を、そして相手の領域を教えてくれるというのに。

なれば、この繰り返しは何のために。

こんな世界じゃあ、ちっともキミのコトを知れやしない――

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 23:50:51.38 ID:LfMbYF0G0
◇◇

ボクはキミを待っていた。キミがボクを見つけるのを。

ああ、めぐり逢ってもいない相手を能動的な意識下で、待っている。なんてものは、ヒトの……いや、世界の理に反するかい?

世界の外で出逢ったボクらに、世界の理も何も関係ないとは思うけどね。

フム、そうだな……なら、キミが待っていた、ボクがキミを見つけるのを、というのはどうだろう?

やぁ、[producer]。ボクたちのセカイへようこそ。

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 23:51:27.07 ID:LfMbYF0G0
「飛鳥……なのか?」

[producer]は、"それ"に問いかける。

「そう、ボクはアスカ。二宮飛鳥。キミがボクをそう意識し、観続ける限りは、ね」

"それ"は、二宮飛鳥を名乗る。識ってしまえば、聞くまでもなかったことだった。

ただ一つ、その答えに添えられた言葉が気になった。

「観測(み)るのを辞めてしまえば、どうなる」

[producer]は、"二宮飛鳥"に問いかける。

「さあ、それはボクにも理解らないさ」

さすれば、そんな問いがボクたちの間に必要なのかな。とでも言いたげに"二宮飛鳥"は答えるのだ。

これも、聞くまでもないことであった。

「キミは、ボクと"共に偶像のセカイの頂点にまで上り詰めてみせる"と言ったけれど」

「ああ、そうだ」

「そんなことを疑問に思ってしまう程度には、その気持ちが揺らいでいるのかい?」

「いや、二宮飛鳥と頂点まで上り詰める覚悟に、揺らぎは無いさ」

こうして、決まりきった問答をすることに何の意味があるのだろうか。

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 23:52:30.37 ID:LfMbYF0G0
◇◇□

「ボクの疑問を一つ、聞いてはくれないか」

暫くの答え合わせのような問答の後、飛鳥はそんなことを言った。

そんな了承を得る必要など無いはずなのに、どうして。

「沈黙は肯定ととらせてもらうよ」

「ボクは一体、何なんだい?」

どうしてそんな、分かりきったことを聞くのだろう。

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 23:54:14.55 ID:LfMbYF0G0
「キミもそうだ。同じ学び舎に通う同世代の人間が、

 いつしか親戚の大人となって子供のボクにお年玉を渡すことなど、起こり得ない」

「あの記憶全てが本当なら、キミも矛盾に満ちた存在だと言える」

ああ、分かっている。

「もう、キミも理解っているのだろう?」

だから、言わないでくれ。

「ボクを知るためにボクを知ったとて、それはキミ自身を知ることにしかならないことを」

飛鳥の声で、そんな諦めたような言い方で語り掛けないでくれ。

その言葉はもっと、心が共鳴(ひび)きあう静かな喜びを含んだ言葉に聞こえたはずなのに。

「仮初の世界で、いつまでキミとボクを演じ続けるつもりだい?」

お願いだから。そんな哀しい顔をしないでくれ。

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 23:57:06.80 ID:LfMbYF0G0
◇◇□◇

「キミが『二宮飛鳥』に誓ったあの日、ボクという存在が生まれた」

「熱い決意に、ほんの少しの不安をブレンドした一杯のカップ」

「ちょうど、イメージは名も知らぬキミが観たあのカップかな。ボクが物憂げに口をつけたアレ、さ」

「不安は期待の裏返し、とキミも言っていただろう? 不安自体は悪いものじゃないんだ」

「けれど、それはカップ全体に広がり、いつしか心を覆ってしまった」

「口をつけることすら、躊躇するほどに」

「白い決意に、広がる黒い不安。ブラックのコーヒーに注がれたミルクとは、色合いが逆だけど」

「何かがボクらの心をかき混ぜて、ひいてはかき乱してしまったのだろう」

「何かが何か、なんて、あえて言葉にするなんてことは不要さ。だって――」

「キミは二宮飛鳥のプロデューサーなんだろう?」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 23:57:38.99 ID:LfMbYF0G0
最後の言葉は、どちらのモノか。

ふたりぼっちのユメの終わりはそのようにして、ふたりぼっちのひとりによって閉じられた。

きっと、それはユメだった。

迷いを残した[producer]の。

そしてオレは、誰が見たかも理解らぬユメから目を醒ます。

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 23:58:16.78 ID:LfMbYF0G0
◇◇◇◇

時は夕暮れ、目の前の信号は赤を灯していた。

「飛鳥」

助手席に座る、ラジオ番組の仕事を終えた飛鳥に、声を掛けた。

「どうしたんだい? プロデューサー」

「偶像となる選択をしたことに、悔いはないか」

第6回シンデレラガール総選挙。その真っ只中の大切な時に、

こんな不安を煽るような問いをしてしまうなんて、プロデューサーとしてどうなのかとは思わなくもなかったが。

どうしても聞きたくなったのは、どうしてだろうか。

「今日は浮かない顔をしているなと思ったら……そんなことを考えていたというわけか」

担当アイドルに気を遣わせて、本当にプロデューサーとしてどうなのか。

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 23:58:52.17 ID:LfMbYF0G0
「悔いはないよ。これは真実さ。けれど、ボクが今のままでいいか、と問われれば偽りになる」

「今のままで、か」

飛鳥に、"ありのままに個性を変えていくはずの人生を失う"という代償を突き付けたことが思い出された。

「ああ、今のままでいるつもりは無いよ。だって、」

それもそうだ。だって、

「共にそのセカイの頂点にまで上り詰めなければ、それは代償足りえないからか」

「いや、少々違うな……やはり今日のキミはいささか調子が悪く見える」

どうやら今日のオレは調子が悪いらしい。

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/30(日) 00:00:17.72 ID:6WfKUWxM0
「少し、聞いていてほしい」

そう、前置きをしてから、飛鳥は語り始めた。

「別にボクは、ボクがボクで在り続けることを、代償だなんて思ってはいないよ」

「仮に代償と考えたとしても、十分なリターンは得つつあると思う。

たくさんの人とかかわることで、この世界も捨てたもんじゃないって思えたし、

誰かを知ることは、ボク自身を知ることにもなった。本当に、充実していると思うよ」

「けど、そもそもどうして代償だと思ってはいないかについて、ボクはキミに語ったりまではしてやらない」

「これでもボクは怒っているんだ」

「キミとボクは共に頂点を目指す者で、フェアな関係だと誓ったはずだろう」

「キミは悪い魔法使い。そしてボクはシンデレラ。だったらキミは悪い魔法使いらしく――」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/30(日) 00:00:54.20 ID:6WfKUWxM0
"この先はキミが応えてみせろ"とばかりに、目を向けられる。

済まなかった。今朝のユメに、少しばかり惑わされていたらしい。

悪い魔法使いが、聞いてあきれるなぁ。

これでは、ただの心の弱い魔法使いじゃないか。

「願いを叶えてやるのだからと、余裕たっぷりの、悪い顔を浮かべておけってか」

「そうさ。ただ、ボクの払う代償だけのリターンをくれれば良い」

「"すでに十分なリターンは得た"と言っていたのに?」

「キミが勝手に気に病んでいる分だけ、上乗せしてくれればいいよ」

「それもそうだな。どんどん上乗せしていこう」

「その度にボクの怒りも上乗せされるけどね」

それはご遠慮願いたい。

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/30(日) 00:01:46.44 ID:6WfKUWxM0
◇◇◇◇◆

ならば。

「改めて、飛鳥」

「ああ、プロデューサー」

「当面の君の願いを聞こうじゃないか」

君とオレは、

キミとボクは、同じ存在ではないけれど。

それでも、問うまでもない問いを、答え合わせをするように問うた。

「ああ、それはもちろん――」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/30(日) 00:02:32.02 ID:6WfKUWxM0
このセカイの頂点(シンデレラガール)に、上り詰めること――

そうして再び進み出した鉄の馬車が、願わくば今回、そこまでたどり着けんことを。

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/30(日) 00:04:12.07 ID:6WfKUWxM0
【おまけ】

二宮飛鳥はですね、基本的には日本の、静岡といわれる地域に過ごしていまして、
若干ゃお茶っ葉が、生えているところなので、そういったところを避けるように飛鳥、あの、お茶は苦手で。
であとエクステも長いので、ささやかな抵抗が出来るように。
理解力ぅ…ですかねぇ…
ヒトの話を、スッと、聞いてあげられる偶像でして、結構ヒトのことを知ることも嫌いではないので、軽々と1駅2駅は余裕で付いて行ってくれますね。

あすかとであったこうえん じしょうおりあいはつけてるぷろでゅーさー(たぶんしずおか)

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/30(日) 00:10:33.29 ID:6WfKUWxM0
【おまけ2】

こんなPに任せておけるか!となったそこの貴方!

格好良さの中に秘められた、純度の高い少女。

一見難解な言葉も、紐解けば案外素直な言葉だったりする二宮飛鳥をプロデュースしてはみませんか?

貴方の一票が、次のセカイ(シンセカイ)の鍵となります!

今度こそ以上です。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 二宮飛鳥?「幾千もの出逢いを越えて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493477020/

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 043二宮飛鳥
歌、トーク:二宮飛鳥(CV:青木志貴)
日本コロムビア (2016-03-02)
売り上げランキング: 437

[ 2017/04/30 08:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/18029-510a8442