ヘッドライン

タプリス「天真先輩ともっと仲良くなるにはどうしたらいいでしょう…」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:16:48.764 ID:7j6BFjxv0.net
タプリス「うーん…」テクテク

ガヴ「トイレの掃除ロッカーにバケツがなくて、更に水道が故障中とは…ついてませんね…」ダッダッダッ


ドンッ!バタドテバシャー

ガヴ・タプ「ったー…」

ガヴ「あら、タプリス…ごめんなさいね…大丈夫…?」

タプ「天真先輩…こっちこそごめんなさい…」

ガヴ「…びしょぬれじゃない…顔だけでも拭いてあげます…」ハンカチスッ

タプリス「(顔近いです!天真先輩!)」///

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:19:12.337 ID:7j6BFjxv0.net
ガヴ「本当にごめんなさいね…」

タプリス「いや周りに注意してなかった私が悪いんです…(…あれ?これはチャンスでは?)」

ガヴ「後輩にまで迷惑をかけてしまうなんて本当に今日はついてませんね…」

タプリス「ところで、なんでバケツなんて持って走ってたんですか?」

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:20:24.235 ID:7j6BFjxv0.net
タプリス「なるほど、それはついてませんね…」

ガヴ「でしょう…?」

タプリス「でも天真先輩は日頃の行いがいいですから、きっといいこともありますよ!」

ガヴ「ありがとう…タプリス」

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:21:50.494 ID:7j6BFjxv0.net
タプリス「…よいしょっと…このくらいでいいですか?天真先輩」

ガヴ「いいですよタプリス…手伝ってくれてありがとう」

タプリス「いえいえ、私がぶつかってしまったのも悪いですから…」

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:24:22.645 ID:7j6BFjxv0.net
ガヴ「本当にごめんなさいね…」

タプリス「…(天真先輩がこんなに落ち込んでるのも珍しいですね…)」


ガヴ「ふぅ、ここの掃除が終われば帰れます…」

タプリス「じゃあ、一緒に帰りませんか?」

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:25:38.236 ID:7j6BFjxv0.net
ガヴ「タプリスと…?たまにはそれもいいかもしれませんね…」クスッ

タプリス「どうかしましたか?天真先輩」

ガヴ「ちょっと昔の事を思い出してまして…」

タプリス「昔…ですか?」

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:27:59.482 ID:7j6BFjxv0.net
ガヴ「あれは…雨の日のことです…」



ガヴ「あら、雨が降ってきましたね…今日は傘を持ってきてませんし…どうしましょう…もうラフィは帰ってしまいましたし…」

タプリス「あれ?天真先輩…帰らないんですか?」

ガヴ「傘を忘れてしまいまして…」

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:30:53.945 ID:7j6BFjxv0.net
タプリス「まあ、朝は快晴でしたからねー…」

ガヴ「どうしましょう…」

タプリス「この傘使いますか?」

ガヴ「でも、タプリスは…」

タプリス「いいんですよ、この鞄の中に折り畳み傘がありますし、先生に用事があって居残らなくちゃいけませんし…」

ガヴ「そう?ありがとう、タプリス…また会いましょうね」

タプリス「さよならー、天真先輩」

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:33:04.310 ID:7j6BFjxv0.net


ガヴ「でもあの時、本当は折り畳み傘も先生への用事もなくて、びしょぬれになって帰ったと聞きました…ありがとう、タプリス」

タプリス「いや、あれは私の好きでやったことですから…」

ガヴ「タプリスは優しいですね…」イイコイイコ

タプリス「(天真先輩に頭撫でられちゃった…)」///

17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:35:30.158 ID:7j6BFjxv0.net
ガヴ「さて、掃除も終わりましたし…帰りますか…」

タプリス「はい!」


帰り道
タプリス「(天真先輩と下校…夢みたいです…///)」

ガヴ「どうかしましたか?タプリス」

タプリス「あ、いや、天真先輩が可愛いなと…」

ガヴ「えっ」

タプリス「(あっ、つい本音が…)」

ガヴ「フフッ…ありがとう、タプリス…タプリスも可愛いですよ」

タプリス「///」

18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:37:47.289 ID:7j6BFjxv0.net
ガヴ「では、私はこっちですので…」

タプリス「…あの!」

ガヴ「なんですか?タプリス…」

タプリス「今度、天真先輩の家に遊びに行ってもいいですか?」

ガヴ「…いいですよ、いつでもいらして下さいね」ニッコリ

タプリス「ありがとうございます、天真先輩…!」

ガヴ「さよならータプリス」

タプリス「さよならです、天真先輩!」

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:40:06.310 ID:7j6BFjxv0.net
ガヴ「…フフッ…今のタプリスは可愛かったですね…」


タプリス「(いつでもきてください…ですって…エヘヘヘヘ…)」


後日
タプリス「天真先輩、遊びにきましたよー」

ガヴ「あら、タプリス…いらっしゃい、上がってくださいな」

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:44:17.021 ID:7j6BFjxv0.net
ガヴ「…お茶でもどうぞ…」

タプリス「あ、ありがとうございます…」

ガヴ「…」

タプリス「…」

ガヴ「…」アセアセ

タプリス「…」アセアセ

タプリス「(気まずい…なにかしないと…)」

ガヴ「(どうしましょう…何も用意できてません…)」

タプリス「そうだ、先輩!しりとりでもしませんか?」

ガヴ「いいですよ…じゃあ私から、りんご」

22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:48:14.809 ID:7j6BFjxv0.net
タプリス「じゃあ…小手」

ガヴ「て…天使」

タプリス「し…主体性」

ガヴ「い…市場」

タプリス「ば…梅雨」

ガヴ「う…裏」

タプリス「ら…ラッパ」

ガヴ「ぱ…パン」

タプリス「天真先輩の負けです」

ガヴ「あれ、本当ですね…タプリスは強いですね」

タプリス「そんなことありませんよ」

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:52:16.085 ID:7j6BFjxv0.net
ガヴ「そうだ、タプリス…お夕飯食べていきますか?」

タプリス「え?」

ガヴ「実は今日、姉さんの学会発表で私一人なんですよ」

タプリス「そうなんですか…」

ガヴ「タプリスがいてくれたら寂しさも薄れるかなと思いまして…」

タプリス「…(これは…ビッグチャンスなのでは…)」ゴクリ

ガヴ「嫌でしたか…?」

タプリス「いえ、全然!むしろ、嬉しいです!」

ガヴ「それは良かった…」

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:54:08.605 ID:7j6BFjxv0.net
ガヴ「今日は肉じゃがを作ろうと思ってます」

タプリス「いいですね…!」

ガヴ「タプリスには野菜切ってもらいましょうかね…」

タプリス「やります!」

26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 23:57:48.938 ID:7j6BFjxv0.net
ガヴ「できましたね…じゃあ、食べましょう」

タプリス「はい、いただきます!」

ガヴ「いただきます…」パクッハムハムハム

タプリス「(天真先輩と一緒に作った夕飯…)」アムッカムカムカム

ガヴ「美味しいですね、タプリスが手伝ってくれたからでしょうか」

タプリス「えっ…いや、天真先輩の腕がいいんですよ」//

ガヴ「ウフフ…ありがとう、タプリス…」

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/22(土) 00:01:47.089 ID:Sm7IRn570.net
タプリス「食べましたねー…」

ガヴ「二人でお鍋一杯が空っぽになっちゃいましたからねー…」

タプリス「太らなければいいんですが…」

ガヴ「太ってもタプリスは可愛いままだと思いますよー…」

タプリス「…///」

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/22(土) 00:04:19.547 ID:Sm7IRn570.net
タプリス「もう11時ですか…早いですね」

ガヴ「遅くになってしまいましたね…もう危険な時間ですし、泊まっていきますか?」

タプリス「えっ…いいんですか…?」

ガヴ「タプリスなら一緒にいて楽しいですから…」

タプリス「エヘヘヘヘ…照れますね…」

ガヴ「じゃあ、決まりですね…お布団敷いてきます」

タプリス「あっ、私も手伝います!」

29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/22(土) 00:07:28.266 ID:Sm7IRn570.net
ガヴ「これで、寝れますね」

タプリス「でも一つしか敷いてませんよ…?」

ガヴ「一緒の布団じゃいやですか…?」

タプリス「えっ…///」

ガヴ「やっぱり二つ敷きますか…?」

タプリス「いえ!喜んで一緒に寝かせてください!」

ガヴ「ありがとう、タプリス」

タプリス「(天真先輩と同じ布団で…エヘヘヘヘ…)」

ガヴ「おやすみ、タプリス」

タプリス「おやすみなさいです、天真先輩…」

31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/22(土) 00:10:16.864 ID:Sm7IRn570.net
チュンチュン
ガヴ「ふわぁ…もう朝ですねー」

タプリス「スウスウ…」

ガヴ「可愛い寝顔ですよ、タプリス…」

ガヴ「……………ですよ、タプリス」

タプリス「エヘヘヘヘ…」スウスウ…

ガヴ「笑った…?起きてるんですか?」

タプリス「スウスウ…」

ガヴ「気のせいだったみたいですね、朝食を用意してきましょう…」


タプリス「(私も……です、天真先輩…)」ウフフ

おわり

33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/22(土) 00:21:06.315 ID:i3Sn3q0g0.net
良い雰囲気だった乙



元スレ: タプリス「天真先輩ともっと仲良くなるにはどうしたらいいでしょう…」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1492784208/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/17950-ba849b1e