ヘッドライン

モバP「だりやすかれんと春のかぜ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492950269/


1 : ◆5F5enKB7wjS6 2017/04/23(日) 21:24:29.25 ID:+qZoR7hxO


―――泰葉の部屋


泰葉「――けほっ、ごほっ」



ぴぴっ ぴぴっ ぴぴっ……


ちひろ「ん、熱測れました? ……37.1度、うん。大丈夫そうですね」


泰葉「こほっ……すみません、ちひろさん……。お見舞いどころか看病まで……」

ちひろ「いいんですよ。たまにはお姉さんさせてください♪」

泰葉「はい……ありがとうございます」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:26:07.70 ID:+qZoR7hxO
ちひろ「起きられますか? 氷枕替えちゃいましょう」

泰葉「分かりました……ん、しょ」ヨロ…ムクリ

ちひろ「おっとと。まだふらふらしてますね……」

泰葉「ずっと寝てましたから……。ちょっと頭が重たい感じです」

ちひろ「代わってあげられたらいいんですけど」ナデ

泰葉「くす、事務のお仕事は流石にできませんよ……♪」

ちひろ「ふふ、笑えるなら大丈夫♪」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:28:12.94 ID:+qZoR7hxO
加蓮「泰葉、お粥できたよー。って起きて大丈夫?」トテトテ



ちひろ「あ、ちょうどいいですね。しっかり栄養摂らないと」

泰葉「はい。いい匂い……♪」

加蓮「でしょ? ちょっと煮すぎちゃったかもだけど、味は保証するから」

ちひろ「じゃあ加蓮ちゃん、よろしくね。私は新しい氷枕用意してきますから」

加蓮「うん、分かった。さぁ泰葉、加蓮ちゃんが食べさせてあげる♪」

泰葉「え、大丈夫だよ、自分で……」

加蓮「遠慮しなーいの~♪ ほらほら♪」

泰葉「も、もう……」

ちひろ「ふふふ……♪」スタスタ…

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:30:03.11 ID:+qZoR7hxO
加蓮「ふーっ、ふーっ。……はい、あーん」

泰葉「ぁ、ん……。あふ、ふ……おいひ」

加蓮「あ、まだ熱かった? ごめんね」

泰葉「ん、だいじょぶ……美味しいよ。梅と卵?」

加蓮「うん。お母さん直伝なの」

泰葉「そっか、加蓮ママの……。加蓮がお料理なんて変だと思ったけど、それなら安心ね」

加蓮「……熱いまま口に突っ込んでもいいんだけど?」

泰葉「んふ、ごめんね……♪ けほっ」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:31:38.87 ID:+qZoR7hxO
加蓮「ほら、調子いいこと言うから。……もう、心配したんだからね」

泰葉「……うん。ごめ――ううん、ありがとう」

加蓮「うんうん、そこで謝ってたらデコピンだったよ。良かったね?」

泰葉「え、怖い」

加蓮「病気してるときの気持ちは誰よりも分かってるつもりですから」

泰葉「うん、心強いな……ふふふ」

加蓮「んふふ、なーんてねー。このミニ土鍋もそうだよ、私のだし。経験って大事だね」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:33:16.81 ID:+qZoR7hxO
泰葉「わざわざ持ってきてくれたんだ……本当にありがとう」

加蓮「いいのいいの、私が今までされてきて返せなかった分だから……あーん」

泰葉「あむ。……かえへなかった?」

加蓮「うん。私は周りの人に謝ってばっかりだったからね……。ふー、ふー……」

泰葉「……けほ」

加蓮「あーん。……最近はね。昔のこと、むしろあれで良かったんじゃないか……なんて思えるようになったの」

泰葉「ん……」モグモグ


ちひろ(……ふふ♪)コソッ

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:34:43.20 ID:+qZoR7hxO
加蓮「アイドルに憧れたのも、病室のテレビで毎日見てたからだし。全部どうでもよくなって、街をふらふらしてたからPさんに見つけてもらったわけだし。あーん」

泰葉「はむ……んむ」

加蓮「泰葉が言ったんだよね。『昔の私、間違ってなかった』……って」

泰葉「……言ったね。今も昔も全部、私が歩いてきた道だから。……ごほ、けほっ」

加蓮「ん、大丈夫? ――私は……認めるの、怖かったな。今までは忘れたい、無かったことにしたい思い出だったから。……あーん」

泰葉「…………」モグ…

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:35:44.72 ID:+qZoR7hxO
加蓮「でも……泰葉も李衣菜も、そんな私の全部を受け入れてくれた。……すっごく嬉しかったんだ」

泰葉「……私も。加蓮が昔のこと話してくれたの、嬉しかった」

加蓮「そう? ……なんだか恥ずいね、話したのももうずっと前のことなのに」

泰葉「うん……でも、それも『昔』じゃない。恥ずかしくても間違ってなかった、でしょう?」

加蓮「もちろん。そんな『昔』があるのも、もっと昔の『病弱だった頃の私』がいたからなんだよね」

泰葉「うん。みんな『今』に繋がってる……」

加蓮「ふふ。全部間違ってなんかない、よねっ♪」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:37:16.20 ID:+qZoR7hxO
泰葉「李衣菜の前向きさが移ったのかもしれないね……♪」

加蓮「あはは、かもねー♪ 風邪みたい、李衣菜ったら♪」

泰葉「ふふ――げほっ、ごほ、ごほっ!」

加蓮「わ、あ、ごめん泰葉っ。話しすぎたよね、お粥もうちょっとだから食べたら横になって……ってちひろさん遅いっ。ちひろさーん、氷枕ぁ!」

ちひろ「はいはい、いますよ。2人がいい話をしてたので見守ってました♪」

加蓮「もー、いいからそういうの~。ちひろさんにも全部話してるんだから混ざってきてよー」

ちひろ「この方が優しいお姉さんぽくないですか? ふふふ♪」

加蓮「あのねぇ……」

泰葉「けほ、ふふっ……♪」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:38:41.61 ID:+qZoR7hxO


―――


泰葉「――ごちそうさまでした。ありがとう、加蓮」

加蓮「うん、お粗末さまでした。……こういうこと言うの夢だったの私っ」

ちひろ「ふふふ、加蓮ちゃんの夢ってたくさんありますよね」

加蓮「『友達を看病する』、『お粥作ってあげる』、『食べてくれたことに感謝する』。一気に3つも叶っちゃった♪」

泰葉「ふふ……枕も冷たいです。ありがとうございます、ちひろさん」

ちひろ「いえいえ。あとは横になっていれば、明日には良くなるでしょう」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:40:54.98 ID:+qZoR7hxO
加蓮「早く良くなってね。こないだのラジオ収録、李衣菜と2人っきりで寂しかったし」

泰葉「うん、私もオンエア聴いてて早く戻りたいって思ってたから」

加蓮「昼ラジオだからって起きてんじゃないわよおとなしく寝てなさいよこのおバカ」ムニー

泰葉「はぅえーごめんなはい」ウニョーン

ちひろ「ふふふふっ♪ っと、そういえば李衣菜ちゃんまだ戻りませんね。かなり前に買い出し行きませんでした?」

「「あ、そういえば」」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:42:28.09 ID:+qZoR7hxO
泰葉「迷子かな……この辺り慣れてないだろうし」

加蓮「いくらにわかでもコンビニくらい1人で行けるでしょ」スッ…

ちひろ(とっさにスマホ取り出す辺り、加蓮ちゃんも過保護よねぇ)


加蓮「――李衣菜、今どこ? は、公園? 買い物は終わってるの?」

加蓮「なにしてんのアンタ……早く戻ってきてよ、なんのために買い出し行かせたと思ってるの」

加蓮「はいはい、ダッシュね。……え、プリンあるの? いやいいから、食べるけど。崩れないようにゆっくりダッシュねっ」

加蓮「まったくもう、能天気なんだから」フー…


泰葉「……けほ」

ちひろ「…………」

加蓮「……な、なによ」

「「ふふふ♪」」

加蓮「なによぅ!」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:44:35.52 ID:+qZoR7hxO
泰葉「ふふ……。一緒にいると風邪なんてひいてないんじゃないかって思っちゃうな……♪」

加蓮「う、うっさい。寝なさいよ病人。熱下がってきたって言ってもまだ咳出てるんだから」

泰葉「こほ。はーい……」モゾモゾ…

ちひろ「うふふ。さ、後片付けして帰る支度しないと」

加蓮「ん、そうしよ。李衣菜はいいや、戻ってきたら速攻で帰るっ」

ちひろ「あら、可哀想」クス

加蓮「油売ってる李衣菜が悪いんだからっ。泰葉が病気だっていうのに、もう……!」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:45:58.22 ID:+qZoR7hxO
泰葉「加蓮、あんまり李衣菜を悪く言わないで……。きっとなにか考えがあるんだと思うから。けほっ」

加蓮「どーだか。病人ほったらかしで遊び歩いてるような薄情な奴なんて――」


がちゃっ


李衣菜「ただいまー。……あれ、お邪魔します? まぁいっか、ただいま!」



加蓮「バカりーな! なにしてたのアンタ、泰葉が可哀想でしょっ!」テテテッ

李衣菜「わーごめーん! 帰る途中でいいこと思いついたからぁ!」


泰葉「くすっ、加蓮たら……っけふ、うふふ、こほっ……ふふ♪」

ちひろ「や、泰葉ちゃん。笑うか咳するかどっちかにしましょう?」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:47:37.47 ID:+qZoR7hxO
李衣菜「――ご、ごめんね泰葉……すぐ帰ってくるつもりだったんだけど」

泰葉「ううん、いいよ。なにかあったんでしょう?」

加蓮「ふん。泰葉以上に大切なことなんてないでしょ」パクパク

ちひろ「美味しいですかプリン?」

加蓮「んふ、美味しい♪」

泰葉「……加蓮はほっとくとして。どうしたの?」

李衣菜「ふっふっふ……じゃん。袋いっぱいに集めてきたんだー、見てよこの――桜の花びら!」ガサッ

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:54:49.50 ID:+qZoR7hxO
ちひろ「わ、こんなにたくさん……! 可愛らしいですね……♪」

李衣菜「へへ、ですよねっ♪ お花見行けない分、こうして持ってくればいいかなって思ってさ」

泰葉「すごい……! 李衣菜ありがとうっ。すてkげほっ! ごほっ!」

李衣菜「あああ、そんな興奮しないでっ。大丈夫?」ポフポフ…

泰葉「う、うんっ……えへへ。素敵……李衣菜、やっぱり優しくて大好き……♪」

李衣菜「て、照れるよ……♪」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:56:18.14 ID:+qZoR7hxO
加蓮「……李衣菜」

李衣菜「あ、か、加蓮。あの、そういう理由で……。ひらひらしてる花びら捕まえるの大変で、それで」

加蓮「愛してる」ムギュ

李衣菜「どぅぁぁあ!?」

加蓮「アンタ最高っ! 私が男だったらほっとかないー♪♪」グリグリグリー

李衣菜「なに言ってんのー! 暴れないで、病人っ、病人いるんだよー!?」

ちひろ「あらあら……♪」

泰葉「わ、私も混ざりた……げほっ、けほっ、うぅぅ……!」ソワソワ…

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:58:04.80 ID:+qZoR7hxO
加蓮「♪♪♪」ギュー

李衣菜「離してよぉ……。で、でもコンビニの袋だと全然雰囲気ないなぁ、やっぱり」

ちひろ「なにか入れ物があればいいんですけどね」

泰葉「うーん……あいにく今は家になにも」

李衣菜「んーーー……」

加蓮「あ、そうだっ!」ティン

加蓮「ね、これに入れてよ李衣菜。すぐ洗っちゃうから」ガポン

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 21:59:18.85 ID:+qZoR7hxO
李衣菜「あー土鍋! いいね、ぴったりかも」

泰葉「え、でもそれは加蓮の」

李衣菜「私も手伝うよ洗い物~」トタトタ

加蓮「うん、他にもあるから助かる~」トテトテ

泰葉「ちょ、ちょっと」

「「ちひろさん、泰葉をよろしく♪」」

ちひろ「ふふふ。はーい」

泰葉「ごほっ……はぁ、もう……」ポフッ

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:01:30.13 ID:+qZoR7hxO
加蓮「さっきのプリン美味しかったよー」チャプチャプ

李衣菜「新作だって。加蓮好きでしょ、プリン」アワアワ

加蓮「ふふ、さっすが李衣菜♪」


泰葉「…………。あったかいですね」

ちひろ「ええ」

泰葉「こんなに親身になってくれて……独りじゃないんだ、私」

ちひろ「ふふふ。賑やかなお見舞いになっちゃいましたけど」

泰葉「李衣菜と加蓮はこれでいいんです、いつも通りで。ちひろさんも来てくれてありがとう……♪」

ちひろ「はい♪」ナデナデ

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:03:11.50 ID:+qZoR7hxO
泰葉「ん……。また、元気になったら頑張ります」

ちひろ「はい。また一緒に、ですね」

泰葉「迷惑をかけてしまった分、それ以上に……なんて言ったら、2人に怒られそうですけど」ヒソッ

ちひろ「そんな、迷惑だなん――」


李衣菜「迷惑じゃないよー! 聞こえてるからねーっ?」

加蓮「地獄耳……。そうだよ泰葉、聞こえないけどー!」


泰葉「……怒られました。あはは」

ちひろ「ふふっ♪」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:05:09.77 ID:+qZoR7hxO
泰葉「はぁ……。迷惑じゃないなら、もっともっと甘えちゃおうかな……♪」

ちひろ「ええ。いーっぱい甘えてください」

泰葉「はい……。ちひろさんにも……甘え、て……」ウト…

ちひろ「ん、眠くなってきました? 大丈夫ですよ、寝ちゃってください」

泰葉「あ、桜……、帰るとき、鍵も……」

ちひろ「ふふふ、それも大丈夫です。全部李衣菜ちゃんたちに任せて」

泰葉「……ん……。おねがい、します……」

ちひろ「ゆっくり休んでね、泰葉ちゃん♪」ナデ…

泰葉「……♪」


李衣菜「……寝ちゃったみたい」カチャカチャ

加蓮「ん、そっか。……ほんと耳いいよね李衣菜って」フキフキ…

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:06:32.72 ID:+qZoR7hxO

泰葉「――すぅ……」


加蓮「んふふ、寝顔かーわいい~♪」パシャパシャ

李衣菜「もー、起こしちゃダメだよ?」

加蓮「大丈夫大丈夫♪ はぁ~も~かわいい♪」

泰葉「くぅ」

ちひろ「ふふ♪ 土鍋もちょうどいい感じですね。花びらいっぱいで」

加蓮「うんっ。李衣菜の集めた花びら、それに私のミニ土鍋で夢のコラボっ♪」

李衣菜「えっへへ。起きたらきっと喜んでくれるよっ♪」

ちひろ「ふふふっ」

ちひろ(本当に仲良しで……♪)

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:08:52.92 ID:+qZoR7hxO
加蓮「じゃ、そろそろ出よっか。横で騒いでたら安眠できないし」

李衣菜「加蓮が言うかな……。まぁいいや、行きましょうちひろさん」

ちひろ「ですね。それじゃ戸締まりを確認して……合鍵は事務所で返せばいいかしら」

李衣菜「あ、ガス栓締めてあったっけ……食器もしまっておこっと」

加蓮「私は泰葉をなでなでー♪」

李衣菜「はいはい手伝って」グイ

加蓮「あーんっ」ズルズル…


泰葉「……んぅ……♪」スヤ…


―――

――


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:10:36.31 ID:+qZoR7hxO


―――夜


泰葉「――ん」


泰葉「ふあ、ぁ……」

泰葉「…………。よる……」ポツン

泰葉(喉……大丈夫そう、かな。……頑張らなきゃ)

泰葉「……あ。土鍋」

泰葉(テーブルの上に置かれた小さな土鍋の中には、たくさんの桜の花びらが詰まっていました)

泰葉「ふふ……手紙まで」


『早く元気になってね! R』

『土鍋あげる。私だと思ってね♡ K』

『楽しい毎日、続けましょうね C』

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:12:31.94 ID:+qZoR7hxO
泰葉「……よしっ! 明日に備えて寝――」


くきゅるる……


泰葉「――る前になにか食べよう……」


泰葉「……なにかあったかな」

冷蔵庫「ガチャ」

泰葉「ぷ、プリン。おっきい……!」


『泰葉の分だから全部食べて元気になって♪ R&K』


泰葉「……泣いちゃいそう」モグモグ


泰葉(独りぼっちなんかじゃない、幸せな気持ちでお布団に潜って、すっかり元気になれました)

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:14:38.98 ID:+qZoR7hxO


―――収録


李衣菜「――第153回、エバーリースの『えばらじ』! 今週も始まりましたっ」


李衣菜「パーソナリティは私、多田李衣菜とー」

加蓮「はーい、北条加蓮だよー。そして復活のー?」

泰葉「はい、皆さんご迷惑おかけしました。無事に風邪治りました、岡崎泰葉です」

李衣菜「おかえり泰葉~♪ ってことで、いつもの3人で素敵なお昼の時間をお届けしまーす――」


スタッフ「――泰葉ちゃん良かったっすね。風邪すぐ治って」

P「ええ、ありがとうございます。先週は申し訳ありませんでした、急に体調を崩してしまって」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:16:50.76 ID:+qZoR7hxO
スタッフ「いえいえ、さっき泰葉ちゃんにもえらく頭下げられちゃって。気にしないでいいんすよー、元気でなによりですから」

P「あはは、そう言っていただけると」


泰葉「――本当にありがとう、こんなにお見舞いのメールいただいちゃって。元気になりましたよ!」

加蓮「ねー、泰葉ってばたくさんの人に愛されてる~♪」

李衣菜「1週間でこんなだからね。ね、聴いてるみんな、これ2本撮りとか思ってたでしょ? そうじゃないんだよー」

加蓮「なに言ってんのよいきなり」

李衣菜「やー、エゴサしてたら『どうせ貯め撮りだから来週も泰葉ちゃんいないんでしょ?』とか見たからさ。毎週収録してるよ!」

泰葉「なにしてるの李衣菜!?」

加蓮「エゴサして良かったのっ!? なら私もやろーっと♪」

泰葉「あああダメダメ、ちゃんと許可取って、いや取ってもダメっ、見ちゃいけないものたくさんあるから――!」


スタッフ「あっはっは♪」

P「はぁ……。あとでよく言っておきます」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:18:23.59 ID:+qZoR7hxO


―――休憩中


李衣菜「怒られた……」シュン…

加蓮「私まだなにもしてないのにぃ……」ショボン…


P「まったく……。泰葉は調子良さそうで安心したよ」

泰葉「はい、問題ありません。2人が看病してくれましたから、ちひろさんも」

P「みたいだな。良かった」ポフ

泰葉「あ……、もう。お見舞いには来てくれないのに、すぐそうやって撫でるんですから」

P「わ、悪かったよ……」

泰葉「ふふ、いえ。冗談ですよ♪」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:20:03.57 ID:+qZoR7hxO
P「写真見たよ、土鍋に花びらなんてなんだかおしゃれだな」

泰葉「もう萎れてしまいましたけど……写真と心に残ってますから」

P「そうだな……また来年だ」

泰葉「はい、また来年です。ね、2人とも?」

李衣菜「――へっ? なんの話?」

加蓮「なに、エゴサしないってば……」

泰葉「ううん、そっちじゃなくて……♪」


スタッフ「休憩終わりっすー、エバーリースの皆さんはブースへ~」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:21:30.99 ID:+qZoR7hxO
泰葉「あ、はいっ。それでは行ってきます、プロデューサー!」

P「ああ。……終わったらまたお見舞いだろ?」

泰葉「です。ちひろさん大丈夫かしら……」

李衣菜「見事に感染ったよねぇ」

加蓮「ちひろさんもレッスンしたら体丈夫になるかもねー?」

泰葉「ふふ。じゃあ収録行きましょう、李衣菜、加蓮っ」

「「うんっ!」」

P「見てるよ、頑張れ!」


―――


ちひろ「くしゅんっ!」

ちひろ「うぅ、一人暮らしは寂しいな……みんな元気かなぁ……。けほっ」



おわり

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/23(日) 22:22:39.72 ID:+qZoR7hxO
というお話だったのさ
桜はまた来年

33 : ◆5F5enKB7wjS6 2017/04/23(日) 22:23:39.55 ID:+qZoR7hxO
モバP「だりやすかれんの4月バカ」

ひとつ前のお話



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「だりやすかれんと春のかぜ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492950269/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 10 Jet to the Future
歌:多田李衣菜(CV:青木瑠璃子)、木村夏樹(CV:安野希世乃)
日本コロムビア (2017-04-19)
売り上げランキング: 26

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/17941-d4163a13