ヘッドライン

浜面「演技に疲れた」麦野「私は神の手よ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1492858433/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 19:53:54.04 ID:puipvaM50
浜面「もー演技に疲れたよ」

上条「どうした?ため息ついて」

浜面「セックスだよ、セックス」

上条「なんだよ、まだ真っ昼間だぞ」

浜面「昼間がなんだ、あいつらなんて四六時中ヤル事しか考えていねぇぞ」

上条「お前の彼女達性欲強そうだもんなぁ」

浜面「強そうじゃねぇ、強い!最強ですよ!」

上条「で?何が不満なのよ?彼女達自体には文句ねぇだろ」

浜面「彼女自体にはねぇけど……そのセックスがな…?」

上条「あ?」

浜面「あいつら……めちゃ下手なんだよ」





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 19:54:54.52 ID:puipvaM50
~その頃ファミレスでは~

麦野「ま、なんでもいいけど私が一番上手いからね」

滝壺「む」

絹旗「ん」

フレンダ「どういう事って訳?」

麦野「私があいつに一番奉仕できるって事よ」

絹旗「ははは、冗談超止めて下さい、浜面は私が超一番だと言ってくれました」

滝壺「むぎの、きぬはた二人とも後から好きなったくせに調子乗りすぎ」

フレンダ「時間は関係ないでしょ、それなら私が一番しているって訳よ」

黒夜「てめェの妹ダシにしているだけェだろォ」




3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 19:56:17.58 ID:puipvaM50
絹旗「ええ…その通りフレメアと一緒に超遊ぶ約束を浜面にさせて、フレメアを外に追い出して浜面を超レイプしている事は公然の事実ですよ」

フレンダ「な……」

麦野「浜面が何も言わないから黙っているけど、てめぇ本来なら私の浜面に手を出した時点で真二つだぞ、こら」

フレンダ「け、結局浜面はああいうプレイが好きって訳で……」

滝壺「それは一理あるね」

絹旗「でも超気をつけて下さいね、浜面はフレメアに超ちょっかい出されていますから」

フレンダ「な…あのロリコン!!!」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 19:57:10.97 ID:puipvaM50
絹旗「え?元々浜面は超ロリコンですよ?私の事一目惚れだって言っていましたし」

黒夜「それは嘘としてェ、ロリコンは事実だなァ」

黒夜「私への執着はあれは普通じゃないもン」

麦野「あいつ……」

滝壺「可哀想なはまづら、早く直してあげなきゃ」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 19:58:31.07 ID:puipvaM50
浜面「あいつらさ、S気っ強いじゃん」

上条「見た目も夜も一緒なのね単純だな」

浜面「すげぇリードするんだけどそれが下手糞でさ」

上条「ふーん?」

浜面「常に騎乗位でやるんだけど」

上条「うんうん」

浜面「具体的には麦野はさ」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 19:59:16.55 ID:puipvaM50
麦野「以下に私のテクニックが凄いか教えてあげる」

麦野「私はまず押し倒すのよ」

麦野「その後にディープキスで盛り上がって…」

麦野「浜面を裸にするの」

麦野「もう…あいつの股間びんびんになるのよ」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:00:15.00 ID:puipvaM50
浜面「服脱ねぇままやっから、断然興奮しねぇの」

浜面「しかたねぇから昼間見たAVとか考えて立たすの」

上条「言えばいいじゃん!脱いでくれって…」

浜面「無理だから!」

浜面「前に言ったら危うく、ビームで吹っ飛ばされそうになったわ」

浜面「あいつら人は剥く癖に自分は嫌がるんだぜ」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:00:57.65 ID:puipvaM50
滝壺「むぎのは脱がないの?」

麦野「浜面は脱がないほうが興奮するのよ」

麦野「その後に浜面のあれ入れるの」

麦野「そうしたら、声をあえぐの」

麦野「大声でん…んって、超興奮して猿になるのよ」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:01:47.77 ID:puipvaM50
浜面「声が演技臭くて萎えるわ」

浜面「明らかに動きと声が合ってないし」

浜面「演技と分かる物ほど残念な物は無いわ」








麦野「ま、終わりにあいつの乳首いじってあげるの」

麦野「浜面は乳首が弱いから触ると直ぐに行くの」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:02:27.01 ID:puipvaM50
浜面「麦野はいつも乳首触りやがる」

浜面「乳首触られても嬉しくねぇし、かゆいだけだわ」

浜面「だから騎上位の体制から無理矢理動いて、射精するんだわ」

上条「うわー、色々と頑張ってるんだなお前」








麦野「どうよ、私の技はゴットハンドと呼びなさい」

絹旗「ぬぬぬ…超やりますね、麦野」

フレンダ「そ、そんなに浜面の体に詳しい訳?」

滝壺「うーん、少し勉強不足だったかなぁ?」

黒夜「チッ」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:02:58.74 ID:puipvaM50
浜面「まぁ…麦野が一番下手で後はそれなりに下手ぐらいだから、他はそこまで害では無いけど」

上条「それでも下手なのか」

浜面「まぁな、経験少ないからもあるんだけど」

浜面「それならこっちに任せろよ!」ドン

上条「お前もそこまで経験無いだろ」

浜面「お前に言われたくねぇよ、いつも犯されてばかりだろ」

上条「うっ…」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:03:37.64 ID:puipvaM50
絹旗「ふっ…でも麦野超失敗しましたね」

麦野「えっ…?」

フレンダ「そうって訳よ、結局ネタバレしたって訳よ」

滝壺「私達もそれやれば、はまづらメロメロだよね」

黒夜「馬鹿したなァ…麦野ォ」

麦野「なっ…」

絹旗「さっそく今夜でも試しますか」

フレンダ「絹旗は駄目私が先って訳よ」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:05:00.73 ID:puipvaM50
滝壺「二人とも駄目、私がするの!」

黒夜「お前ら…ぶっ飛ばされたくなかったら私に譲れェ!」

麦野「駄目に決まってるだろ!この泥棒猫共!」

滝壺「それは麦野でしょ!」

絹旗「超黙っていて下さい!」

わいわい

がやがや







浜面「…」ブルッ

上条「どうした?」

浜面「なんか寒気が」

おわり




14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:06:34.21 ID:puipvaM50
浜面「頼む!滝壺には黙っていてくれ!」

滝壺が妊娠してから2ヶ月が経った。

産婦人科から安定期に入るまで性交渉を禁じられた。
滝壺とも話し合い、それまでセックスを我慢することに決めた。
しかし、この3LDKの一室でオナニーだけ、というのは無理がある。

やはりというが性欲が溜まる。

そんなある日、絹旗がソファーで寝ていた。
良く見ると絹旗は既に幼い体の癖、体の線は完全に成熟したメスだった。

俺は跨り、絹旗のワンピースをまくった。




15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:07:25.67 ID:puipvaM50
曲線の体に黄色い下着が見えた。

俺は絹旗の秘部に触れる。
最初は絹旗の体温を分かるぐらいに覆うように触れたが、撫でていくうちに力を強めて秘部を圧迫していく。

「ん…」ちか「あ…」とか小言が聞こえて、俺の性欲を刺激した。

そのうち、俺は近くに置いてあったビニール紐で絹旗の右手を固定した。

浜面「絹旗が能力使えはイチコロだろうなぁ…どうでもいいけど」

俺はペニスを露出して、絹旗も下着を取ると俺は欲望を解放した。
絹旗は苦痛と刺激から、最後まで歯を食いしばっていた。

事が終わり、俺は絹旗の下着や服の始末を手伝った。
絹旗は随分と放心状態で、手足を上手く動かせずにいた。

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:09:06.29 ID:puipvaM50
俺はそんな絹旗を抱きしめた。
そして、懇願した。

頼む!滝壺には黙っていてくれ!

ああ、駄目な奴だってのは理解している。
お願いだ絹旗!頼む!

………本当か
ああ…分かっている言う通りにするよ

その後絹旗は「馬鹿」と、一言言われて部屋に戻ってしまった。
虫のいい話だよなぁ…

レイプして、罪に問われたくないんだから


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:10:37.48 ID:puipvaM50
一週間後

アイテムのメンバーでいつもどおりの晩餐会が開かれた。
絹旗は別段変わった様子も無く、俺の作ったキャベツ大目、肉少な目の焼きそばをむしゃむしゃと食っていた。
その普段どおりにしようとする、絹旗のその姿はさらなる興奮を覚えた。
二度目の性欲を満たすのにそんなに時間はかからなかった。


夜__。

ムラムラした俺は滝壺では無く、絹旗の部屋に向かった。
絹旗はもう眠っていた。

俺は布団を剥ぎ取り、絹旗に跨った。
パジャマを卒業したようで、大きなTシャツ一枚だけ着ていて寝ていた。
下半身は下着のみだった。

俺は秘部にふれた。
柔らかくも弾力のあるその秘部についつい力が入ってしまう。
その度に「あ…」とか「ん…」とか声を上げる。
絹旗はかなりに多感症のようだ、滝壺とは間逆だ。

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:12:55.44 ID:puipvaM50
だからいつもよりも手淫をしてしまった。
俺の勃起した陰茎をそのままつぎ込む時にはまるでプールに飛び込むようだった。

下着をずらし、膨張した男性器の挿入を開始する。
絹旗がまだ慣れていないせいか?はたまた俺の陰茎のせいか?かなり膣がきつかった。

俺は起きるのを覚悟して強引にメリッと音を立てて挿入する

絹旗「いいい!」

さすがに起きた
だが俺の性欲は収まらない。

幸い絹旗は寝覚めで何が起きたのか分からない。
そのまま動き始める。

絹旗「いい!あっ!」

と俺が動くたびに大きな音を出す絹旗。
ようやく目が慣れてきたのか、俺に声をかける

ああ、そうだよ
何しているって…?レイプ…







19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:13:31.59 ID:puipvaM50
冗談じゃ無いよ、絹旗このまま中に出すぞ
嫌だ…?

そんなこと言ってももう出るよ
ほらっ!
…!…!


俺は絹旗の膣に射精した。実は今日は昼にオナニーしている。
それなのに、本日二度目と思えないぐらいの量だった。

やっぱり生身の人間の方が興奮するようである。

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:14:19.14 ID:puipvaM50
~数ヶ月~


絹旗と行為を持つようになり、数ヶ月経った。


俺はその後も定期的に犯し続けた

こうなったのには訳がある。

絹旗が俺の膝にちょこんと座りやがる
そのまま絹旗の腰やら、胸やら見続けるとどうしても股間がうずいてします
そのまま押し倒した。

絹旗の細い体に隠された、柔らかに肉に偉く興奮した俺はそのまま性欲の全てを暴走させた。
そんな事を繰り返すと絹旗が妊娠するのも当然だった。

さすがに腹が目立ってきた。
俺は仕事場近くにアパートを借りて、そこに絹旗を住ました。
さてまたしても安定期に入るまでお預け食らってしまった。




21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:15:31.83 ID:puipvaM50
しかし、ムラムラは収まらないのでフェラを頼んだ。

浜面「良かったぞ、絹旗」

絹旗は黙り込み、口の精子をテッシュに移した

それでさ…悪いけど滝壺に黙ってくれ

どういういうつもりだって?

俺さお前を離したくないんだ。
だってどこかに行ったらもう嫌なんだ

だから俺の愛人になってくれ、頼む


絹旗は散々アホだの馬鹿だの連呼して
了承してくれた。

ちょろい奴だぜ



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:17:01.10 ID:puipvaM50
絹旗

私が寝ていると浜面に超犯されました。

あの下っ端の奴隷に超犯されるなんて屈辱以外の何者でもありません。
しかも浜面は滝壺さんと婚約しています。

お腹に赤ちゃんもいます、最低を通り越して超ゴミクズ野郎です


どう責任とるんですか?はぁ?超黙っていて欲しい?

絹旗「…はぁ…どうしようもないですね」

散々超犯した挙句その上、二股ですか?
もう…そこまで超アホだと、気が抜けます。

いいですよ超黙っててあげます

ただしちゃんと私の要望には超答えて下さいよ

もう馬鹿なんだから…






23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:17:57.73 ID:puipvaM50
~二週間後~
ん?

浜面ですか?

ぎゅっとっとしてきて…もうなんですか浜面ぁ?

え?私を超抱きたい?
もうまたですか、本当超エッチですね浜面

滝壺さんがいるのに、本当にどうしようもないですね。

この前も夜に寝ている時にパンツ脱がされて、ちんちんあそこに入れられて、気づいたら中出しされていました。

中学生相手に容赦無く超中出しですよ。
馬鹿なのは知っていますけど、ここまで馬鹿とは超思っていませんでした。

もう好きにしていいですよ。
超諦めました。


浜面の馬鹿…

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:19:01.00 ID:puipvaM50
~2ヶ月後~
なんか最近体調超悪いです。
熱もあるし、吐き気もしている。


生理も大分遅れています。

病院で見てもらいます。

……できていました。
超やばい、14才の母よりやばいです。
というかまあ当然なんですけどね。

あれだけ中出しされてピルも避妊治療もしてないんだから
超妊娠して当然なんですよね。

ま、授かった命です。
堕胎するつもりはありませんよ、浜面
ちゃんと超認知してください・。

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:19:27.79 ID:puipvaM50
~数ヶ月後~

滝壺「ねぇ…これは…どういうこと…なの」

絹旗「…」

滝壺「なんできぬはたこんなにお腹大きいの?」

浜面「た、滝壺落ちついて、な、冷静に」

絹旗「…」

滝壺「作ったの?」

浜面「えっと…」

滝壺「作った?」

浜面「ごめんなさい、ごめんなさい」

滝壺「…はぁ」

滝壺「もうしょうがないなぁ」




26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:20:22.48 ID:puipvaM50
滝壺「きぬはたはお腹の子供どうするの?」

絹旗「せっかく授かった命ですし、超産みたいです」

滝壺「…」

滝壺「うん、分かった」

滝壺「産んでいいよはまづらに育てさせるから」

絹旗「超お願いします」

滝壺「で、はまづら」

浜面「はい」

滝壺「二人とも…お腹の子供たちも含めて4人とも幸せにしないと許さないよ」

浜面「はい…」

滝壺「じゃあ奴隷だからね」

浜面「え?」

滝壺「返事は?」

浜面「はい」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:21:08.30 ID:puipvaM50
~数年後~

浜面「はぁ~掃除、炊事、育児、性処理その他雑用全て最愛と理后に押し付けられてなおかつ、仕事もあるから疲労がやばい…」

浜面「クソ…もう奴隷生活嫌だよぉ」

?「浜面」

浜面「ん?…」

浜面「…フレメア」

フレメア「浜面、久しぶり、大体結婚式以来だね、にゃあ」

浜面「ああ…大きくなったなフレメア」

浜面「もう中学生か?」

フレメア「うん、大体小学校は転校したけど中学はこっちにしたんだ、にゃあ」

浜面「へぇ~」


浜面「…」

浜面「なぁ…フレメア…」

フレメア「何?」

浜面「ちょっと話せないか?」

おわり



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/22(土) 20:27:41.75 ID:puipvaM50
>>14は別の短編

おわり



SS速報Rに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 浜面「演技に疲れた」麦野「私は神の手よ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1492858433/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/17939-193456e3