ヘッドライン

【ガヴドロ×幼女戦記】ターニャ「天真降臨」 サターニャ「これぞ正に悪魔的勧誘(デビルズリクルート)よ!」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 15:08:55.439 ID:AF0AsM9H0.net
注意
【ガヴドロ×幼女戦記】ターニャ(クソッ、なんて恐ろしい道具なんだ!ド素人でも簡単かつ安全に窒息を伴う拷問が出来るじゃないか!)

【ガヴドロ×幼女戦記】ターニャ「状況整理」 マスター(この子は天使だ……小さな天使だ…………)

【ガヴドロ×幼女戦記】黒い悪魔(やあ)カサカサカサ ターニャ(!? な、魔力!? しかも爆裂術式!?)
の続編



状況:前スレから地続き

ラフィエル「ターシャさんのおねだり、はぁぁぁあ」(恍惚)

ターニャ(た、対価とはいえ了承したのは早計だったか?)

ラフィエル「コーヒー、きちんといいのを用意しますね」

ターニャ(性癖はともかくとして有能ではあるからなぁ……コーヒーも良いコーヒーだろうし……うぅ、切るに切れん)

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 15:12:15.164 ID:AF0AsM9H0.net
ターニャ「ん? これは……鳥の羽根?」

ラフィエル(たくさんの羽根……これは……)

ターニャ「それに……この気配は…………存在Xと!」


ゼルエル「そいつが『異物』か……伝え聞く通り利害と対価を基準とする思考、他者への共感を持たぬ精神……人間性に欠けるというのは本当であったようだ」

ラフィエル「 ゼ、ゼルエルさん!?」

ターニャ「天使だか悪魔だか知りませんがプライバシーも機密保全もあったものではないですな……どこぞの『悪魔』のような所業だ」

ゼルエル「『悪魔』か……確かにお前個人にとっては悪魔であろうな…………」

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 15:15:16.715 ID:AF0AsM9H0.net
ラフィエル「タ、ターシャさん、ゼルエルさん、なんでそんな喧嘩腰なんですか」

ターニャ「あぁ、クソッタレ共と同じ臭いをプンプンさせて、気軽に他人のプライバシーを踏みにじる存在とはいえ、一応は友好的な可能性を失念していましたね」

ゼルエル「…………」

ラフィエル「ゼルエルさん?」

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 15:18:41.724 ID:AF0AsM9H0.net
ゼルエル「異界の同胞よりこの下界の危機が伝えられた」

ゼルエル「曰く、不慮の事故でこの下界へと異物が飛び込んでしまった」

ゼルエル「それは神をも恐れぬ共感力の無い人間性の狂った存在」

ゼルエル「元々制御に苦心していた、他所ではとても扱えたものではない劇物」

ゼルエル「名をターニャ・デグレチャフ。……その小娘だ」

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 15:22:04.701 ID:AF0AsM9H0.net
ターニャ「異界の同胞……ああ、存在Xの同類でしたか。グノーシス主義に語られる悪しき造物主の如き彼らの」

ゼルエル「…………」

ラフィエル「異界の同胞? 悪しき造物主?」

ゼルエル「ラフィエル。お前はこの件に関わる必要はないし、関わるべきではない……退いてはくれないか?」

ラフィエル「ゼルエルさんはターシャさんに何をするつもりなんですか」

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 15:31:23.680 ID:AF0AsM9H0.net
ゼルエル「ターニャ・デグレチャフ。お前の精神性を好ましくは思いはしない。だが、お前に罪は無い」

ターニャ「存在Xとは見解が違うようで」

ゼルエル「……下界へと干渉する点では同質とはいえ元より別の存在であれば」

ゼルエル「…………しかしお前に罪はないが、お前はこの下界からすれば異物だ。排除せねばならない」

ターニャ「強制送還でもしてくださるんですか? 仮にも職業軍人ですから復帰できるというのに復帰しないというのは信頼を損なう行為ですので助かるといえば助かるのですが」

ラフィエル「ぐ、軍人!?」

ゼルエル「せめて、そうできれば良かったのだろうがな」

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 15:35:54.034 ID:AF0AsM9H0.net
ゼルエル「抵抗しないでくれ。そうすれば苦痛は与えずに済む」キリキリキリ……

ターニャ「とことん私を殺したいという者ばかりのようだなぁ!」(97式ON)

ラフィエル「ゼ、ゼルエルさん待ってください! どうしてターシャさんにそんなものを向けなければいけないんですか!」

ゼルエル「天界や魔界よりも遥か遠く、異界から来た。ただそれだけの事がこの下界へと悪影響を及ぼす。だから下界より排除する事でその影響を最小限に留めよ、との事だ」ギリッ

ターニャ(クソ、戦う他に手立ては……)

17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 15:40:02.002 ID:AF0AsM9H0.net
ラフィエル「元々居た世界からこちらへと来られるのなら、こちらから送り返せばいいじゃないですか!」

ゼルエル「不可能だ。その世界はこの小娘を拒んでいる」

ターニャ(人を送り込むだけ送り込んだ挙句に帰還拒否で死ね、と!? 存在X……貴様は!)


ゼルエル「……私の事は好きなだけ恨め!」シュパッ

ターニャ「恨むだけでは意味が無いではないか!」ザクッ

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 15:43:44.762 ID:AF0AsM9H0.net
ターニャ(グッ、あの光の矢、97式では軽く抜かれるか!)

ターニャ(95式を……いや、行動原理は下界、つまりはおそらくはこの世界の為、ならば人間の盾は効くか?)

ゼルエル「そのような事を平然と思いつくか……境遇には同情するが、人間性はほとほと看過し難い!」シュパシュパッ

ターニャ「殺そうとしてくる相手に人間性を許してもらう必要なぞあるものか!」スカッ……タラァ

ターニャ(ちっ、人間の盾を使うにしても97式では力不足か!)

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 15:48:44.343 ID:AF0AsM9H0.net
ビュンッ! シュパッ!ビュゥウゥゥゥンッ!

ラフィエル「ま、待ってください!」

ラフィエル(2人共なんて速度……とてもじゃないですが追いかける事すら…………)

――――

ターニャ(ええい、背に腹は変えられぬ!)

ターニャ「……我は神の代理人、神罰の地上代行者である」(97式OFF>95式ON)

ゼルエル(これは……!? 恩寵、聖遺物とやらか!)

ターニャ「いくら天使と言えど地上にて我に逆らうという事はすなわち神への反逆である」

ゼルエル「心にも無い言葉をよくもまあ並べさせるものだ!」シュパッ

キイィィィィィィィィィィン

ターニャ「偉大なる主よ、我に祝福を」カキンッ!

ターニャ「そして、我が敵を御怒りによって滅ぼしたまわんことを!」(魔力刃展開)

22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 15:53:41.830 ID:AF0AsM9H0.net
ゼルエル(硬くなった!? そして更に速度を増して……っ~~! なんだこのノイズは!)

ゼルエル「ぐぅっ!」ザクッ

ターニャ(チッ、流石に魔力刃では急所に当てない限りは厳しいか)

ゼルエル(95式とやらが全開で働くとノイズで心を覗けなくなるか……しかし)

ゼルエル「この高度では人間の盾は使えないぞ!」(結界展開)

ターニャ(なんだこれは……物理的に隔離する為の力場?)

23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 15:57:02.227 ID:AF0AsM9H0.net
――――

ラフィエル(……こんな事をして、いったいどれだけの意味があるのでしょう……いえ、それでも…………)

サターニャ「ちょっとラフィエル! ターシャを連れてどこ行ってたのよ!」

ガヴリール「今は連れてないし……ひょっとしてターシャとはぐれた?」

ラフィエル「その、皆さん、今ターシャさんが大変なんです」

ヴィーネ「ラ、ラフィエル?」

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:02:01.676 ID:AF0AsM9H0.net
サターニャ「勝手に連れ出した上に大変ってどういうことよラフィエル!」

ラフィエル「…………細かいことを説明している暇は……たぶんありません」

サターニャ「ラフィエル?」

ラフィエル「何がどうなってでも助けたい、と思えるのなら付いて来てください」

ラフィエル「……付いて来ていただいても追いつけないかもしれませんが」ボソッ

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:05:53.153 ID:AF0AsM9H0.net
キイィィィィィィィィィィン

4人((((!?))))

ガヴリール「何かノイズ? みたいなのが……」

ラフィエル(この方向は……)

サターニャ「そんなの今はどうでもいいのよ! ターシャが大変なんでしょ!」

ラフィエル「何がどうなってでもという覚悟はありますか?」

サターニャ「そんな問答してる時間はあるっていうの? そ・れ・に・私を誰だと思っているのよ!」

ヴィーネ「事情は分からないけど、大変なら助けないと、でしょ?」

ガヴリール「あんな小さい子が大変だっていうのに無視とか流石にちょっと夢見が悪くなるし?」

ラフィエル「見た目通りではないかもしれないんですけどね」

3人「「「へ?」」」

26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:09:57.516 ID:AF0AsM9H0.net
――――

ゼルエル「策が崩れても戦意は旺盛か……いや、命が掛かるとなると、不利だとしても諦める訳がなかったな」バシュッ

ターニャ「わが魂よ、主を讃えよ!」ザクッ

ターニャ(矢の数は減ったが威力は増したか!)

ターニャ「我が魂よ、怨敵を滅ぼすために奮起せよ!」ブォン

ターニャ(外した!? いや……)

ゼルエル「接近するしかないと分かっていれば避け様もある」

ターニャ(瞬間移動だと!?)

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:13:15.212 ID:AF0AsM9H0.net
――――

サターニャ「しっかしなんでまた空飛んでいくのよ」

ラフィエル「おそらくは空にいますので」

ガヴリール「巨大な鳥にでもさらわれたってか?」

ラフィエル「……その程度であれば良かったんですけどね」

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:16:36.054 ID:AF0AsM9H0.net
ヴィーネ「あれ? ずっとあの嫌な音が聞こえてるのに、地上の人達は平気そうにしてる?」

ラフィエル「……おそらくは私達にしか感じ取れない、天使力・悪魔力のような力の影響かと思われます」

ガヴリール「だとしてもこんなの知らないぞ?」

ラフィエル(ゼルエルさんはターシャさんを隔離するでしょうし、居る場所は結界で隔離した空中になるはず……そしてこのノイズがターシャさんの出しているものだとしたら)

サターニャ「これ、ひょっとして結界?」

ラフィエル(流石のゼルエルさんの結界もノイズの影響で私たちにも見つけられる位になってた、なっていてくれた!)

29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:19:55.527 ID:AF0AsM9H0.net
ラフィエル「ターシャさんは今、おそらくはこの結界の中にいます」

サターニャ「なんでこんなとこに居るってのよ!」

ラフィエル「それは……ゼルエルさんが……ターシャさんを」

ラフィエル「…………殺そうとしているから、です」

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:24:16.559 ID:AF0AsM9H0.net
――――

ゼルエル(いくら「いつか来る」と分かってはいても)

ターニャ(BOOOOOMB!)

ゼルエル(自らを省みずに爆発で急加速して)

ターニャ(BOOOMB!)

ゼルエル(ぐっ……更に自爆前提で私に爆発を放ってくるのは避けきれない!)

31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:29:21.851 ID:AF0AsM9H0.net
――――

ガヴリール「っ! 冗談でもそんな事!」

ラフィエル「冗談だったらこんな事言いません!」

サターニャ「そもそもなんでそんな事されるのよ!」

ラフィエル「私にだって理解できてないんです! そんな時間もない内にっ!」

32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:34:21.316 ID:AF0AsM9H0.net
ガヴリール「……冗談でもないのにそれなら姉ちゃんの邪魔したらガチな方の堕天ものだよなぁ」

ガヴリール「ま、放置したらそれはそれで堕天し(天使やめたくなっ)ちゃいそうか」キリキリキリ……

ヴィーネ「何がどうなってでも、そういう……」

ヴィーネ「……でも、ゼルエルさんの相手は荷が重すぎるかもしれないけど、なおさら放ってなんておけないわ」(槍構え)

サターニャ「もうとりあえず結界ぶち破って突っ込んで、全部それから考えるわ!」

33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:38:19.720 ID:AF0AsM9H0.net
ラフィエル「一応言っておきます。ターシャさんは皆さんが思っているのとは全然違った人です」

ガヴリール「姉ちゃんが出張ってくるだの空を飛んでるだの、って時点で大体分かってるよ」

サターニャ「ボロボロになってたとか食事を作ってくれたりした事とかは変わらないわよ」

ヴィーネ「だからってここで見殺しにするつもりはないわ」

ラフィエル「……これで結界に突入できなかったらもう一周回って喜劇ですね」

34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:42:57.882 ID:AF0AsM9H0.net
――――

ターニャ(遠距離攻撃は小銃がないから出来ない。近接攻撃も圧倒的な速度と致命傷を負わせる確率を上げる為の加害範囲が必要)

ターニャ(魔力刃では加害範囲は狭いし、瞬間移動されない程の速度で突っ込むとなると相手の身体のどこかに当てるだけで精一杯だ)

ターニャ(だからって移動速度に酸素を溜め込んでの簡易ロケット加速を追加して、更に自爆前提の爆裂術式で近接攻撃、となると流石に負荷が大きいな)

ターニャ(……自傷行為でどちらが先に音を上げるかのチキンレース、か)


ターニャ(しかし、まだ夕方にすらなっていないというのに満天の星がぐぅるぐる)

ターニャ(舞い踊るなら鯛やヒラメじゃないのか、なんて陽気な気分)

ターニャ(こんな戦いの中こんな最高の気分になれるなんて本当に魔導師は便利なものだ)

ターニャ「おお、主よ! 主よ! 主は偉大なり!」

ターニャ(本能は干渉式のドーピングが、本来守られるはずの理性は95式が侵す)

ターニャ(ああ、クソ。正に「宗教は阿片」か?)

36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:47:28.002 ID:AF0AsM9H0.net
――――

ラフィエル(いくらか時間を掛けてなんとか結界の中に侵入した私達が見たのは)

ターニャ(BOOOOOMB!)

ラフィエル(爆発で突撃し、爆発で攻撃するターシャさん)

ゼルエル「ぐっ!?」

ラフィエル(私達が侵入してきた事に驚く、傷だらけのゼルエルさん)

ラフィエル(そして、ようやく状態を確認できる様になった、四肢に何本もの矢が刺さり、両腕がプラプラと揺れている、何か飾りの様なものを口に咥えたターシャさん)

37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:50:46.023 ID:AF0AsM9H0.net
サターニャ「わ、わたしんちのターシャに何してくれてるのよ!」

ゼルエル「……この小娘は、この下界に存在してはならないのだ」

ガヴリール「姉ちゃん……本当に殺そうと……」

ゼルエル「~~~っ! 私は天使、神の腕、天真=ゼルエル=ホワイト! 天使、天使なんだ! 天使だからっ!」

38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:55:07.594 ID:AF0AsM9H0.net
ターニャ(あいつら、どうやって……いや、そんな事よりもおかげでゼルエルに隙ができた)

ターニャ(もう後数度も突っ込めば私も持つまい……しかし隙だらけの今突っ込めば多少は勝ち目が無い訳でも無いはずだ)

ターニャ(そう、"天に運を任せるようにして"突っ込めば勝ち目が無い訳ではない)

ターニャ(……天なんかに任せるよりは天使と悪魔(あいつら)の方がまだマシか?)

39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 16:58:43.346 ID:AF0AsM9H0.net
ヴィーネ「ターシャちゃん! 大丈夫なの!」

ターニャ(ニヤァ)

ヴィーネ(!? な、なんて表情……これが本当のターシャちゃん)

ターニャ(四肢はズタボロでも内臓は守れている、まだ死にはしないさ)


ガヴリール「どうして下界に居ちゃ駄目なんだよ」

ゼルエル「……異界から流れ着いた存在だからだ」

ラフィエル「そして送り返す事もできないから、でしたよね」

40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:02:55.579 ID:AF0AsM9H0.net
サターニャ「今居る場所が駄目で、元居た場所も駄目?」

サターニャ「だったら私が引き取ればいいじゃない!」

ゼルエル「な、何を……」

サターニャ「料理も掃除も洗濯も出来て、しかも神の腕をもてこずらせる力を持っているのよ?」

サターニャ「それをみすみす逃す訳がないじゃない! 私と一緒に大悪魔になればいいのよ! なーっはっはっはっは!!」

サターニャ「これぞ正に悪魔的勧誘(デビルズリクルート)よ!」

41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:06:35.823 ID:AF0AsM9H0.net
ゼルエル「……そうすれば確かに異界から来た者が下界に居られないという点だけは回避できるだろう」

サターニャ「神の腕だかなんだか知らないけど、この胡桃沢=サタニキア=マクドウェル様のさいっこうに悪魔的な頭脳には劣るみたいね!」

ゼルエル「だが…………ただの人間は魔界にも天界にも生きたまま存在する事はできない」

サターニャ「あ、あれ? そうだったかしら!?」

42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:09:51.915 ID:AF0AsM9H0.net
ガヴリール「その元居た場所じゃどうかわからないけど、この世界じゃただの人間は生身で空飛んだり爆発起こしたりなんて出来ないじゃん」

ラフィエル「そ、そうです! それにこの……ノイズに混じって別の……もっと…………」

サターニャ「あ!? この感じ、悪魔祓いの教科書!?」

ゼルエル(そうだ、これは……神の恩寵、聖遺物…………そしてそれを振るえるのは)

ゼルエル「ただの人間ではなく、神の使徒…………」

43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:16:31.033 ID:AF0AsM9H0.net
ヴィーネ「神の使徒?」

ガヴリール「神の恩寵を受けて特別な力を使える様になった人間、だっけ?」

ゼルエル「神の使徒としての性質を持っているのなら天界や魔界に生きたまま存在しうる……か?」

ゼルエル(いや……彼らがその身体を用意したというのであれば、使徒というよりはむしろ救世主などに近い、つまりはより天使に近しく・より下界以外での生存の望みのある存在か?)

ゼルエル「そうか、それなら、そうと知っていれば……はは、ははは…………」

ターニャ(合成音声)『……不幸なすれ違いというものは良くあるものだ。この場合は「最悪の結果に至る前に気がつけて良かった」と喜ぶべきだろう』

ターニャ(合成音声)『いや、むしろ今回存在Xはそのすれ違いを狙っていただろうからゼルエル氏も被害者であると考えるべきだ』

ゼルエル「…………お気遣い、感謝する」

44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:21:27.128 ID:AF0AsM9H0.net
――
――――
――――――

数日後


ガヴリール「それで、結局どうして天界に付く事にしたのさ」

ターニャ「姉君曰く「地上に関わる悪魔の大半が失業して、天使の仕事が増えすぎるやらバランスが崩れるやら厄介な事が起こりそう」「そもそも悪行の基準の違いに認識の差がありすぎる」との事だったので」

サターニャ「ううぅぅぅぅーたーしゃあぁぁぁ」

ターニャ「今日まで色々とご迷惑をお掛けしましたね」

サターニャ「う、ううぅぅぅぅ……」

45 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:26:19.887 ID:AF0AsM9H0.net
ヴィーネ「そんなにグズらない!」

サターニャ「だ、だってぇ……」

ヴィーネ「大悪魔なんでしょ!」

サターニャ「う、うん……」

46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:29:11.872 ID:AF0AsM9H0.net
サターニャ「……ターシャ! 私と一緒に暮らしたんだから向こうでも有数の大天使になって私のライバルになってみせなさいよね!」

ターニャ「はい、大天使目指して頑張りますのでサターニャさんも頑張ってくださいね」

ヴィーネ「その、ガヴの妹になるからって間違えてガヴみたいに駄天しないように気をつけてね」

ターニャ「はい、仕事と余暇はきちんと分けますね」

ガヴリール「まー「天使だーガンバルゾー」みたいに張り切らないでもへーきだから、頑張るにしても適度に力を抜いちゃっていーよー」

ヴィーネ「……ガヴはだらけ過ぎよ」

47 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:32:06.046 ID:AF0AsM9H0.net
ラフィエル「ターシャさん!」

ガヴリール「ラフィ何してたのさ」オソーイ

ラフィエル「コーヒー! 持ってきましたよ」

ターニャ「コーヒー!」

ラフィエル「ですから、ふふっ、分かりますよね」

ターニャ「ほ、本当に今ここでしないと駄目なのか……」

ヴィーネ「……ラフィエル?」

ラフィエル「今ここでしないならいつどこでコーヒーを受け取るつもりですか?」

49 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:35:37.357 ID:AF0AsM9H0.net
ターニャ「むぅ……コホン」

ターニャ(ロリボイス)「らふぃおねえちゃん! わたしのだいすきなあれをください」

サターニャ「な、ちょ、ちょっとラフィエル! うちのターシャに何を言わせてるのよ!」

ターニャ「いいんです。物をもらうのであれば対価の支払いは当然、台詞一つで済むのであれば安いものです」

ラフィエル「はい、どうぞ」

サターニャ「ラーフィーエールー?」ズイズイズイ

ラフィエル「あら~」

50 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:38:57.486 ID:AF0AsM9H0.net
ターニャ(下界最後の日、彼女達4人と騒がしく過ごした)

ターニャ(特別な何かが起きたりはしなかったし、完全に余暇のそれとして過ごしたが、まあ、中々に良い一日だったと思う)

ターニャ(胡桃沢が実は高校生だと知って驚いたら胡桃沢以外の全員が納得して胡桃沢が怒ったり)

ターニャ(ガヴリールのお姉ちゃん宣言から私が全員を一通り姉として呼ぶ事になったり)

ターニャ(ガヴリールと白羽の二例からゼルエルにも何か変な癖とかがあるのか聞いてみたら犬が苦手と判明したり)

ターニャ(月乃瀬がガヴリールの家の鍵を持っていると聞いたり)

ターニャ(とにかく、色々あった)

51 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:43:05.707 ID:AF0AsM9H0.net
サターニャ「たーしゃあぁぁぁぁぁ」ウウウゥゥゥ

ヴィーネ「またグズって……」グスッ

ガヴリール「姉ちゃんはアホみたいに厳しいから……まあ身体に気をつけてな」

ラフィエル「こんど帰省する時にはコーヒーを持っていきますね」

ターニャ「はい。今日まで色々とありがとうございました……ところでラフィエルさん、やっぱりアレはしないと駄目ですか」

ラフィエル「アレをしてくれないなら、上に持ち上げるだけ持ち上げてからターシャさんの前で私一人で飲んじゃいますね」

52 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:47:17.432 ID:AF0AsM9H0.net
ターニャ「……やっぱり悪魔なのでは?」

ラフィエル「ターシャさんの中ではそうかもしれませんね」フフッ

サターニャ「たーしゃああああああ」ズビー グワシッ

ターニャ「胡桃沢さん……って、は、鼻水があぁぁぁ!?」

53 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:51:23.555 ID:AF0AsM9H0.net
――
――――
――――――

ゼルエル「それで私達の妹――ハニエルからすれば姉か――になるのはいいとしても、本当に名前はターシャでいいのだな?」

ターニャ「はい。ターニャ・デグレチャフはあの場所で熱核術式で焼かれて消えた。それで……いえ、それが良いと思いますから」

ゼルエル「妙な由来とはいえ一応は自分の名前だろう」

ターニャ「そもそもが呪いの言葉のような名付けですから」

ゼルエル「はて?」

ターニャ「……デグチャレフで撃ち殺されろ、ターニャ。という意図しか感じない命名ですからね」

ゼルエル「そ、そうか……」


ゼルエル「それでは…………天界へようこそ、新たに私の妹となった……天真=ターシャ=ホワイト!」

54 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:55:27.000 ID:AF0AsM9H0.net
――
――――
――――――
――――――――


※ 脳内でハレルヤ☆エッサイム(ガヴリールドロップアウトED曲)を流しつつお読みください


ターニャ(ロリボイス)「仮称ターシャ改めまして天真=ターシャ=ホワイトです!」

ターニャ(ロリボイス)「下界の皆様の幸せが、私の幸せ」

ターニャ「などという事もありませんが、しかし下界の皆様を幸せにする事が仕事ですから、給料分くらいは下界の皆々様の幸せと私の幸せは同一の物となっております」

ターニャ「最近は前の二つの世界との違いにも慣れて、「ああー、前の世界は頭おかしかったんだなぁ」と思いながらほのぼのとした世界を満喫しつつ」

ターニャ「私を含めた全ての者における、最大多数の最大幸福を目指しております」

ターニャ「はい。天使的倫理観等については「倫理観ではなく事実上の法である」とみなして活動する事で他者との摩擦を抑えつつ、真っ当な天使として振舞えております」

55 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:00:11.958 ID:AF0AsM9H0.net
ゼルエル「……内心がどのようなものかを知らなければ手放しで喜べるのだがなぁ」

ターニャ「などとお小言は貰いますが、内心の自由は認められているようなのでゼルエルさんに少々心労を与えてしまう他に問題は起こしてないはずです」


ターニャ「……この世界へと迷い込んでからしばらくサターニャさん達と一緒に居た事もあって天界での日々は少々なにか物足りない気がしていましたが、それでもする事は沢山あるので大変です」

ターニャ「魔導に変わって天使の術の練習として毎日体力の限り術を使ったり、天使として取るべき行動を覚える為に山のような事例を読み込む日々が何ヶ月も続きました」

ターニャ「ですがここ一月ほどは見習い天使として活動をしています」

56 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:05:05.245 ID:AF0AsM9H0.net
ターニャ「そうそう、研修と見習い天使としての実績によって「異界の神の使徒」ではなく「この世界における天使」として一時ではありますが下界に下りる事ができるようになりました!」

ターニャ「一応とはいえ一足先に本職の天使となってしまったり、ここ半年で一気に成長したのでサターニャさん達を驚かせてしまうと思いますが、それはそれで楽しんでもらえるでしょうから教えずに驚かせてしまおうと思います!」

ターニャ「え? テンションがおかしい? TPOにあわせた言動です!」

ターニャ「以前は戦意のある、厳格な軍人として振舞っていましたが今は天使! 明るく、楽しく、元気よく! で頑張っています」

ターニャ「……まあ正直ちょっと疲れないでもないですが、いくらか慣れてきたのでしばらくすればもっと馴染む事でしょう」

ターニャ「それでは皆さん、ではまた学校で!」


かしこ!

61 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 20:30:42.156 ID:CSVOKDib0.net
よかった、乙!



元スレ: 【ガヴドロ×幼女戦記】ターニャ「天真降臨」 サターニャ「これぞ正に悪魔的勧誘(デビルズリクルート)よ!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1492322935/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/17880-ca9a5a69