ヘッドライン

フレデリカ「机の上から幸せを」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481638777/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:21:47.60 ID:TZamBsbEO


P(最近、机の下に潜り込むアイドルが多いらしい)カタカタカタ


P(机の下にいると、いい事があるとかなんとか)カタカタカタ


P(でも実際足元にいたらなんか落ち着かなくない?)カタカタカタ


P(そう思った俺は先手を打った)カタカタカタ


P(そう、俺自身が机の下で仕事をすれば誰にも入られずにすむ!)カタカタカタ


P(…完璧だ…完璧な理論武装だ)カタカタカタ


P「ふぅ、完璧過ぎて自分が恐ろしいぜ」カタカタカタ


フレデリカ「わぁお、プロデューサー完璧だったのー?」



P「あぁ!俺は何時でも完璧さー!」


フレデリカ「じゃー早く仕事終わらせてご飯食べに行こ~!」


P「おう!…ん?」


P(なんだろう…真上から声が聞こえる気がする)


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:22:20.03 ID:TZamBsbEO



P「なぁ、フレデリカ。なんか真上から声が聞こえるんだけど」


フレデリカ「それはもちろん!フレちゃんは頂点に立つべきアイドルだからねー」


P「そうか、いい意気込みだ。ところでなんで真上から声が聞こえるんだ?」


フレデリカ「気になるなら見てみたらいーんじゃない?」


P「そう言えばお前今日スカートだよな?」


フレデリカ「そーだよ?」


P「もしフレデリカが机の上に居たとしよう、色々よろしくないよな?」


フレデリカ「そーかなー?」


P「そうなんだよ、多分」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:22:53.90 ID:TZamBsbEO



フレデリカ「それにほら、ホントにアタシか机の上に居るか見てみないと分かんないよ」


P「声で大体分かるけどな」


フレデリカ「実際に観測するまで分からない、シュワルツネッガーの猫だよ!」


P「おしい、あと5文字変えれば正解だった」


フレデリカ「シュレーディンガーのアーニャン!」


P「せめてみくにしない?猫アイドルの第一人者だぞ?いやどちらにせよ死ぬからダメだけどさ」


フレデリカ「もー、プロデューサーのワガママ!」


P「ふひひ…すまん…」


フレデリカ「それ輝子ちゃんの気持ち?」


P「いえす、折角机の下に入ったんだからやっとくべきかなって」


フレデリカ「そっかー、似てなさ過ぎて気づかなかった!当てたフレちゃんの事褒めていいよ?」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:23:33.44 ID:TZamBsbEO


P「…で、なんで机の上にいるんだ?」


フレデリカ「フレちゃんは机の下に収まる器じゃないからだよ!ビックだからねー」


P「わぁお、ビックリ!ビックだけに!」


フレデリカ「うーん、4万キロ!」


P「何が?」


フレデリカ「えっとねー、規模!」


P「おぉ!世界レベル!」


フレデリカ「仕事おわったー?」


P「話し掛けられてから一文字も進んでません…」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:24:22.87 ID:TZamBsbEO


フレデリカ「ふふーん、プロデューサーが机の下に潜るなんてフレちゃんお見通しだからねー」


P「机の下なんて中学の防災訓練以来だけど案外ここ落ち着くな」


フレデリカ「…ねーねーまだー?」


P「あと15分くらいかな」


フレデリカ「ねーねーマーダー?」


P「殺人なんてしてないぞ?」


フレデリカ「だよねー、プロデューサーは殺される側だもん!」


P「マジかよ死にたくないな…」


フレデリカ「フレちゃんに脳死させられちゃうんだよ!」


P「悩殺だろ?なら既に死んでるから」


フレデリカ「…認めちゃったねー?」


P「…仕事するわ」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:24:59.45 ID:TZamBsbEO


フレデリカ「進んだー?」


P「フレさんや、さっき始めたばかりじゃないですか」


フレデリカ「おじいさんや、昨日仕事したばかりじゃないかのう」


P「平日は基本毎日夜遅くまで仕事なんじゃよ…」


フレデリカ「ふーん、一緒にディナー行く予定だったのに?」


P「…あっ」


フレデリカ「それなのに約束の時間になっても仕事してるし、机の下にコーヒーメーカーまで持ち込んで」


P「…ほんとすまん、1分で仕事終わらせるから待っててくれ」


フレデリカ「もーいいよ…折角お腹すかせて待ってたのに」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:25:31.55 ID:TZamBsbEO



P「ほんとごめん」


フレデリカ「此処で着替えちゃうもーん」


P「ほんとごめん何してるの?なんか服脱ぐ音が聞こえてきてるんだけど」


フレデリカ「…よしっ!完了!早く出ておいでー」


P「俺は此処で脳死するのか…」


フレデリカ「ふざけないで!悩殺でしょ!」


P「お互いふざけてない?いや悪いのは俺なんだけどさ」


フレデリカ「ねー早くー!」


P「ほんとあと30秒で終わるから待って!」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:26:07.95 ID:TZamBsbEO



フレデリカ「ふっふっふっ、プロデューサーはあと何秒堪えられるかなー?」ガサゴソ


P「何やってんだ?」


プラーン


P(机の上から、釣り糸で何かが降りてきた)


P(これは…ゲームマネーカード!)


P「いやっほぉぉ!…っ!しまった、机の下から出てしまった!」


フレデリカ「見事に吊られたねー。それさっきプロデューサーがコード入力して使用済みのやつだよー」


P「俺の完敗だ…」


P(負けを認め、振り返ると…)


P「…フレデリカ…なんだその格好は?!」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:26:47.71 ID:TZamBsbEO


フレデリカ「ふふーん、フランス風カーニバルドレス!」


P(サンバの衣装を纏ったフレデリカが、机の上に居た)


フレデリカ「ラブリーエンジェルフレちゃんがエスコートしてあ、げ、る!」


P「…寒くないの?」


フレデリカ「チッチッチ、プロデューサーそこは俺が熱くしてやるぜ!だよー」パチンッ!


ズンチャ、ズンチャ!


P「なんだっ?!指パッチンと共に何処からともなく軽快なサンバのリズムが!」


フレデリカ「さっ、おどろ!」


P「かっ、身体が勝手に踊りだす!こうしちゃいられない!」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:28:02.87 ID:TZamBsbEO


P(俺は一瞬にしてサンバの衣装に着替えた。おそらくハイスピードカメラでも捉えきれないだろう)


P(それが可能なのは、俺がプロデューサーだからだ)


ズンチャ、ズンチャ!


P「いやっほぉぉ!」


フレデリカ「いぇーい!」


P(ダンスを踊れて良かった、俺は心からそう思った)


ズンチャ、ズンチャ!


P「ダーンシーーン!!」


フレデリカ「ハーンシーーン!!」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:28:51.16 ID:TZamBsbEO



ちひろ(また変な事になるかと思って、机の下に隠れていましたが…)



ズンチャ、ズンチャ!


P「サンバサンバサンバー!」


フレデリカ「二人でもー?」


P「三羽ー!」


ちひろ(…こうしちゃいられません!私も着替えなきゃ!)


ちひろ(仕事なんて後でやれば大丈夫ですよね)


ちひろ(コスプレが趣味で良かったです、サンバの衣装持ってきてる!)


ちひろ「サンバー!」


P「サンバー!」


フレデリカ「サンバー!」


三人の幸せは絶好調
夜はまだまだ始まったばかりだ







13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:30:24.03 ID:TZamBsbEO

フレデリカとサンバを踊りたいです
お付き合い、ありがとうございました

過去作です、別のプロデューサーですが

若林智香「机の下からエールを」

文香「机の下の物語」

藤原肇「机の下から届けたいもの」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 03:05:23.57 ID:ZWB0Hdl0O
さすがフレちゃん
カオスだ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: フレデリカ「机の上から幸せを」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481638777/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/17695-9df3065a