ヘッドライン

サターニャ「食事会をするわよ!」

1 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:31:07.518 ID:XzR5RxJT0.net
サターニャ「皆、食べ物は持ってきた?」

ヴィーネ「一応持ってきてはみたけれど」

ラフィエル「食べたことのないものを持ち寄るという会なんですよね?」

サターニャ「そう、ゲテモノを皆で食べようという会よ」

ラフィエル「え」

ガヴリール「私は家から適当に持ってきた」

サターニャ「ということでまずは私よ!」

2 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:31:43.144 ID:XzR5RxJT0.net
サターニャ「じゃーん、サルミアッキ!」

サターニャ「下界一まずい飴と呼ばれているらしいわ」

サターニャ「こんなの見たことないでしょ? あんた達」

ガヴリール「定番だな」

ヴィーネ「食べたことはないけどね」

ラフィエル「ゲテモノ界のエースですね」

サターニャ「あれ!? 反応薄くない!?」

ガヴリール「クラスに一人はサルミアッキとか百味ビーンズとか配り歩いてる奴いるよな」

3 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:31:58.991 ID:XzR5RxJT0.net
サターニャ「ほ、ほらとりあえず食べてみましょうよ」

サターニャ「思ってたのと違う味かもしれないじゃない」

ヴィーネ「そこまで言うなら……」

サターニャ「はい」コロン

ガヴリール「黒いな」

ヴィーネ「あんまり飴って感じはしないわね」

ラフィエル「どちらかというとハードグミのような感じですね」

ガヴリール「なんか臭いぞこれ」

ヴィーネ「排気ガスみたいな匂い……」

ラフィエル「とりあえずせーので食べてみましょうか」

「せーの!」パクッ

4 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:32:11.864 ID:XzR5RxJT0.net
ガヴリール「ぐ……」

ガヴリール「確かに不味いが」

ヴィーネ「食べられないって程ではない……?」

ラフィエル「体に悪そうなしょっぱさですね」

ガヴリール「何が辛いってこれめちゃくちゃ臭いな」

サターニャ「そう? 結構美味しいんじゃない?」

ヴィーネ「サターニャってどんな物なら美味しくないと感じるのかしら」

5 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:32:22.791 ID:XzR5RxJT0.net
ガヴリール「ぐ、噛んだら歯にひっついて地獄だこれ」

ヴィーネ「だんだん気持ち悪くなってきた……」

ラフィエル「甘みを感じようとすると若干感じることができますけど」

ラフィエル「塩漬けにしたゴムみたいな味で現実に引き戻されますね」

ガヴリール「下界一まずいの名は伊達じゃないな」

サターニャ「皆食べないなら全部食べちゃうわよ?」

ガヴリール「おう、食え食え」

ガヴリール「あと食ってるときは臭いから近寄らないでくれ」

6 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:32:41.582 ID:XzR5RxJT0.net
ガヴリール「次は私だな」

ヴィーネ「せめて食べられるものにしてね?」

ガヴリール「私をなんだと思ってるんだ」

ガヴリール「私は……これだ!」ジャーン

ラフィエル「グミ……ですか?」

サターニャ「普通のグミにしか見えないけど」

ヴィーネ「あんたまさかその辺にあった適当なもの持ってきたんじゃないでしょうね」

サターニャ「それともイベントの趣旨を理解できなかったわけ?」

ガヴリール「お前と一緒にすんな」

7 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:32:51.196 ID:XzR5RxJT0.net
ガヴリール「賞味期限をよく見てみろ」

ヴィーネ「賞味期限?」ピラ

ラフィエル「三年前……」

ヴィーネ「これ食べて大丈夫なの?」

ガヴリール「消費期限じゃないから大丈夫だよ」

ラフィエル「限度があると思いますが……」

サターニャ「とりあえず開けてみましょうよ」

サターニャ「カビてたり腐ってたら流石に食べないわよ」

ピリピリ

8 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:33:13.247 ID:XzR5RxJT0.net
ヴィーネ「見た目は普通みたいね」

ガヴリール「じゃあ食べられるな」

ラフィエル「なんとなくサルミアッキより体に悪そうですね」

サターニャ「なんか表面がザラザラしてるけど」

サターニャ「もともとこうなの?」

ガヴリール「え? どうだったかな……」

サターニャ「なにそれ怖い」

9 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:33:33.844 ID:XzR5RxJT0.net
「せーの!」パクッ

ヴィーネ「うっなにこれ」グニ

ヴィーネ「全然弾力がない」

ラフィエル「歯にくっつきますね」

ガヴリール「なんか昔より甘くなった気がする」

サターニャ「賞味期限が切れてると知らなければ普通に食べられるわね」

ガヴリール「あまりインパクトがなかったな」

10 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:33:59.710 ID:XzR5RxJT0.net
ヴィーネ「次は私かしら」

ヴィーネ「今持ってくるわね」タッタッタ

ガヴリール「持ってくるものなのか」

ヴィーネ「お待たせ」タッタッタ

ラフィエル「お肉ですね」

サターニャ「普通の料理に見えるんだけど」

ヴィーネ「これカエルの肉なのよ」

ラフィエル「ひっ」アトズサリ

11 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:34:20.552 ID:XzR5RxJT0.net
サターニャ「あ、ふふん」ニヤリ

サターニャ「ほらラフィエル、ちゃんと食べましょうよ」

サターニャ「折角ヴィネットが料理してくれたんだから」

ラフィエル「そ、そうですね……」

ヴィーネ「ラフィ、カエル嫌いだった?」

ラフィエル「あまり得意ではありませんね……」

ガヴリール「調理してあるんだし大丈夫だろ」

12 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:34:39.859 ID:XzR5RxJT0.net
「せーの!」パクッ
ラフィエル「せ、せー……の」パグ

ガヴリール「うん、美味い」モグ

サターニャ「普通のお肉ね」

ヴィーネ「鶏肉みたいとは言うけれど本当ね」

ラフィエル「むぅ……」

サターニャ「ちょっとラフィエル真っ青じゃない!」

ヴィーネ「無理しないで出して来ていいのよ!」

13 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:34:53.373 ID:XzR5RxJT0.net
ラフィエル「ひぇっひゃふヴぃーひぇふぁんがふふへふへ……」モゴモゴ

サターニャ「何言ってるかわからないわよ!」

ガヴリール「おいおい無理すんなって」

ラフィエル「……」タッタッタ

ペッ

ラフィエル「すいません……」

ラフィエル「味は美味しかったのですがカエルだと思うとどうしても拒否反応が……」

14 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:35:13.107 ID:XzR5RxJT0.net
サターニャ「本当に苦手なのね……」

ガヴリール「さて、最後はラフィか」

ラフィエル「あー……」

ラフィエル「それなんですが実は……」

ラフィエル「サターニャさんが食べたことのないものって言ってたので」

ラフィエル「食べ物を持ってくるとは思わなくてー……」

ヴィーネ「え、じゃあ何を持ってきたの?」

ラフィエル「これです」

15 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:35:44.361 ID:XzR5RxJT0.net
ガヴリール「シャンプーと……」

サターニャ「入浴剤……?」

ラフィエル「流石にこれは食べられませんよね」

ガヴリール「いや、そうでもないかもしれん」

ガヴリール「下界には飲シャンと言ってシャンプーを飲む文化がある」

ヴィーネ「シャンプーって飲んで大丈夫なの?」

ガヴリール「聞いた話によると」

ガヴリール「飲んだ後に水を飲んで薄めればなんとか」

16 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:36:10.439 ID:XzR5RxJT0.net
サターニャ「ここに来て強敵が現れたわね」

ラフィエル「飲むのは決定なんですね」

ヴィーネ「入浴剤は?」

ガヴリール「流石に食べるっていうのは聞いたことがないな」

ガヴリール「だからこそ、私たちが開拓するべきなんじゃないだろうか」

ガヴリール「下界に文化を与えるのが天使の役目だ」

ヴィーネ「なんでやる気になってるの……」

17 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:36:30.774 ID:XzR5RxJT0.net
サターニャ「まずはシャンプーから行きましょうか」

ラフィエル「あー……なんで持ってきてしまったのでしょう……」

ヴィーネ「なんでガヴとサターニャはこんなにやる気になってるのかしらね」

ガヴリール「一本飲むのはやばいからスプーン一杯だ」

「せーの!」ゴク

18 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:36:58.122 ID:XzR5RxJT0.net
ヴィーネ「最初口に入れた感じはひんやりして少ししょっぱいけれど」

ラフィエル「すぐに苦味に変わりますね」

サターニャ「うっなんか喉がヒリヒリする」

ガヴリール「こんなもん飲めるか!」

ヴィーネ「はい皆すぐ水で薄めるわよ」

ゴクゴクゴクゴク

ガヴリール「いや、これはとんでもないな」

サターニャ「これを飲む文化があるなんて下界は思っていたよりも恐ろしいところのようね」

19 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:37:25.199 ID:XzR5RxJT0.net
ラフィエル「残ってるのは入浴剤ですが……」

ヴィーネ「これも食べるの?」

ガヴリール「嫌ならやめてもいいんだぞ」

ガヴリール「私は行く」

サターニャ「ふん、流石は私のライバル」

サターニャ「受けて立とうじゃない」

ヴィーネ「えー……」

ラフィエル「遠慮したいところですが持ってきたのは私ですし」

ラフィエル「最期までお供します」

20 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:38:05.209 ID:XzR5RxJT0.net
ヴィーネ「もう、食べればいいんでしょ食べれば」

ヴィーネ「でも小さい欠片だけよ」

ヴィーネ「体に異常があったらちゃんと病院に行きなさいよ」

ガヴリール「よし……いくぞ」

「せーの!」パクッ

21 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:38:17.844 ID:XzR5RxJT0.net
サターニャ「しょっぱい」シュワシュワ

ガヴリール「泡出るなこれ」シュワシュワ

ヴィーネ「でもしょっぱいだけね」シュワシュワ

ラフィエル「心なしか口の中がヒリヒリする気もしますけど」シュワシュワ

22 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:39:31.452 ID:XzR5RxJT0.net
サターニャ「さて、第一回食事会はこれで終了ね」

ガヴリール「第二回なんてやらねーよ」

ヴィーネ「やっぱり普段食べないものは食べない方がいいわね」

ラフィエル「そうですねー」

サターニャ「なんだかんだ言ってどれも美味しかったけどね」

ガヴリール「やっぱりお前一回病院行った方がいいんじゃないか?」


23 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:40:16.780 ID:XzR5RxJT0.net
ラフィにカエルの肉を食べさせたかっただけですがカエルの肉は食べたことがないのでよくわかりませんでした

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/05(水) 22:42:41.548 ID:IiD8qBHDp.net
おつおつ
シャンプーはアカンよ…

てかこれは>>1の実体験か?

27 :か ◆aDRXZRX9R2 2017/04/05(水) 22:45:33.200 ID:XzR5RxJT0.net
>>25
カエル以外はそう



元スレ: サターニャ「食事会をするわよ!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1491399067/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/17680-28ddb03a