ヘッドライン

凛「Linkラジオ、ずばずば続くよ」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 20:46:53.43 ID:QuTfKzUj0
凛「こんにちは。今日でLinkラジオは16回だね」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 20:48:37.52 ID:roZOXMEE0
 
凛「最近、ますます寒さが身にしみるよ」

凛「皆は風邪なんかにかかってないかな?」

凛「事務所でも、ストーブを焚いたりしてるんだけどさ」

凛「残念ながら、聖ちゃんが風邪を引いちゃってね……」

凛「いつも歌を歌ってくれるんだけど、その日はお休みだったんだ」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 20:59:42.81 ID:roZOXMEE0
 
凛「他の人はお仕事入ってたからさ、私がお見舞いに向かったの」

凛「玄関のチャイム押して、一人でお留守番の聖ちゃんが出てきて」

凛『プロデューサーさん……お待たせ……あれっ?』

凛「あの人が来ること前提なのはちょっとどうなのかな」

凛「プロデューサーも後で来ることを伝えたら、慌てて中に入れてくれたんだけどね」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 21:03:20.83 ID:roZOXMEE0
 
凛「聖ちゃんはもう大分良くなってて、自由に歩けるくらい回復してたんだ」

凛「部屋に初めてあがったけど……聖ちゃんって、意外と乙女チックな部屋に住んでるんだよ」

凛「写真がいたる所に貼り付けてて、ライブの楽屋とか、なんか見慣れた車内とか」

凛「お仕事中の写真が、アルバムにも載せてあるんだ」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 21:06:50.16 ID:roZOXMEE0
 
凛「私も、たくさん写真を撮ってきたけど……」

凛「聖ちゃんには負けるなあ……」

凛「だって、街を歩いてる写真なんかも撮ってあって」

凛「何気ない日常が、いっぱいいっぱい、飾ってあったんだよ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 21:07:46.78 ID:6mASATat0
一体何をそんなに撮ってるんですかねぇ…

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 21:11:35.95 ID:RShs9cC/0
(プロデューサーの)何気ない日常

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 21:13:30.77 ID:roZOXMEE0
 
凛「そんな聖ちゃんを見てたら、つい羨ましくなっちゃって」

凛「彼女のカメラを借りて、二人で撮影会開いちゃった」

凛「ふふふ、あの子はね。とっても恥ずかしがりやなんだよ」

凛「ライブ中は圧倒的な存在感を放ってるのに、クッション抱いて縮こまるのは可愛かったな……」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 21:20:59.36 ID:roZOXMEE0
 
凛「そんなこんなで、ベッドの上で二人して転がりまわってると」

凛「プロデューサーが到着して……いや、その到着の仕方だよ」

凛「まるで一大事のような慌しさで飛び込んできたの。とんでもない勢い」

凛「誰かさんの時を思い出すなあ……」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 21:28:36.11 ID:roZOXMEE0
 
凛「あげく、お見舞いの品がプリンとか、スナック菓子なんだよ」

凛「ほんとあの人は、気が利かないんだから……」

凛「それでも笑顔で許しちゃう聖ちゃんは、天使みたいだったけどね」

凛「風邪も殆ど治ったことだし、三人で賑やかにお菓子祭り。楽しいひと時でした」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 21:33:36.82 ID:roZOXMEE0
 
凛「それじゃあ、凛のアンコール。曲は、愛LIKEハンバーガー」

凛「ハンバーガーのような、恋人のような……」

凛「理想のダーリンは、そう、ハンバーガー!」

凛「小気味の良いテンポで、歌い上げてくれるよ」

凛「さあ、聞いてみて」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 21:39:21.51 ID:roZOXMEE0
 
凛「理想の人がハンバーガーか……」

凛「私の場合、どちらかと言うと……」

凛「……コーラ?」

凛「うん、よくわからないな……」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 21:45:53.90 ID:roZOXMEE0
 
凛「ほら、理想と現実は違うって、よく言うでしょ?」

凛「恋人の理想は高いけど、本当に好きになる人は、もっと駄目な人なんだよ」

凛「駄目な人を好きになって、それで、最高の恋をすれば良い」

凛「……なんて。言ってみたりして」

凛「私には早かったかな?」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 21:50:05.29 ID:roZOXMEE0
 
凛「……なんだか、扉の向こうから、効果音が聞こえてきたような……」

凛「今か今かと待ってるみたいだね。もう入ってもらおっか」

凛「今日のゲストはこちら」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 21:58:28.52 ID:roZOXMEE0
 
凛「じゃあ、川島瑞樹さん。こちらにどうぞ」

瑞樹「凛ちゃん……今の話、感動したわ!」


凛「え……そ、そうかな?」

瑞樹「ええ……理想が高すぎると、いつまでも大切な人とは出会えないの!」

凛「は、はあ」

瑞樹「私もアイドルになるまでは、それはもう理想との戦いだったわよ……」

凛「大変でしたね……」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:02:10.83 ID:roZOXMEE0
 
瑞樹「もう大変だったわよ! 毎日毎日、白馬がやってこないかと願ったりしたもの」

凛「そ……そうなんだ」

瑞樹「あ、あらやだ。つい熱くなっちゃった……うふふ、ごめんなさい」

凛「あはは……別に、構わないよ」

瑞樹「年を取るとおばさんっぽくなってかなわないわ……凛ちゃんみたいな子が羨ましい」

凛「私たち子供からすれば、瑞樹さんみたいな、大人に憧れるよ」

瑞樹「あは、おだてたって何も出ないんだから!」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:08:03.32 ID:roZOXMEE0
凛「ホントだよ。子供じゃできないこともいっぱいあるからね」

瑞樹「それもそうかもねぇ。家に帰った時のお酒は格別よ?」

凛「お酒は……まあ、おいといて。それより大きな事だよ」

瑞樹「そうね、魅力的に成長できるわね」

凛「それもあるけど。でも事務所の皆はそれぞれ魅力的だから」

瑞樹「ねー。周子ちゃんとか、どうやってお肌の手入れしてるのかしら……」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:13:55.32 ID:roZOXMEE0
 
凛「あとでよく効くマッサージ教えようか?」

瑞樹「本当!? 助かるわよ、もー凛ちゃんってば、ちょべりぐ~」

凛「……」

瑞樹「あら。ちょっと古かったかしら?」

凛「し、死語じゃないの?」

瑞樹「い……いけないいけない。アイドルが流行に疎くては駄目ね」

凛「そういう問題じゃないような……」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:15:30.70 ID:PS3gHsyCO
28でもちょべりぐはおかしいだろwww

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:22:21.80 ID:roZOXMEE0
 
瑞樹「それで、屋台で食べる焼き鳥の美味しさの話だったかしら?」

凛「誰もそんなこと聞いてません!」

瑞樹「もう怒っちゃだめ。怒るとしわが増えるって聞くわよ?」

凛「怒ってないよ。それより大人だからできる事を……」

瑞樹「そうそう。大人はね……大人の付き合い方が出来るのよ」

凛「そう、そこの辺り、詳しくお願いします」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:28:27.48 ID:roZOXMEE0
 
瑞樹「えっと、そうね。女っていうのは、お酒が入ると素が出ちゃうものなのよ」

凛「そうなの?」

瑞樹「そういうものなの。凛ちゃんもいずれわかるようになるわ」

凛「へえー……」

瑞樹「それで、そんな時はね。つい誰かに甘えたくなっちゃうの」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:35:46.43 ID:roZOXMEE0
 
凛「……寂しくなるの?」

瑞樹「ふふ。似てるけど、どこか違うわ。構って欲しいのとは違うわね」

凛「……私も、たまに誰かに甘えたくなるもん」

瑞樹「子供だから仕方ないわね。彼があんな頼れる人だから、余計に」

凛「……あの人にとは言ってないよ」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:43:30.41 ID:roZOXMEE0
 
瑞樹「あら。凛ちゃんぐらいなら、家族に甘えるには照れるお年頃だって聞いたのだけれど?」

凛「だ、だからって、よりによってプロデューサーじゃなくても……」

瑞樹「大丈夫! 彼が嫌なら、私でも良いのよ!」

凛「嫌じゃないけど……」

瑞樹「じゃあ、甘えなさい?」

凛「そ、それは……まあ、そのうち。そのうちね」

瑞樹「うんうん。それでいいの」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:47:14.37 ID:04o6lmso0
素敵なお姉さんだわ

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:48:48.34 ID:roZOXMEE0
 
瑞樹「大人だったら。甘えるとしたら、恋人にくらいのものよ」

凛「……そう?」

瑞樹「いい大人が、プロデューサーに甘えたりして。それはみっともないわ」

凛「そうでもないんじゃない? 少なくとも、プロデューサーは」

瑞樹「ええ、あの人は優しいもの。きっと、甘やかしてくれるわね」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:54:26.87 ID:roZOXMEE0
 
凛「うん、想像できちゃうな。瑞樹さんも、たまには甘えちゃいなよ」

瑞樹「……いいのかしら。甘えたがりなのよ、私?」

凛「ええ、もちろん。プロデューサーも頷いてる」

瑞樹「あら。なら、早速甘えてくるわね!」

凛「今とは言ってないけど」

瑞樹「何だか……人肌が恋しいわ!」

凛「だから今じゃ……逃がさないよ!」

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:59:11.72 ID:roZOXMEE0
 
瑞樹「あん、凛ちゃんのいけず!」

凛「抜け駆けは許しませんから」

瑞樹「うふふふ……抜け駆けだなんて。とんでもないわ」

凛「……」

瑞樹「私だって甘えたーいー!」

凛「後にしてください。ほら、ダダこねないで……」

瑞樹「むむむ……」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:02:55.23 ID:qfORXBiV0
抜け駆け言っちゃってますがいいんですかねぇ

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:05:58.71 ID:roZOXMEE0
 
瑞樹「あっ! プロデューサーが凛ちゃんの着替え漁ってるわ!」

凛「なっ!?」

瑞樹「今よ!」

凛「に、逃げた……っ!」

瑞樹「じゃあね凛ちゃん! 後で会いましょう!」

凛「くっ……やられた……」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:10:14.53 ID:roZOXMEE0
 
凛「……あ、戻ってきた」

瑞樹「真面目に仕事しなさいって怒られたわ」

凛「そうだね。そうなるよ」

瑞樹「貴女だけを甘やかすわけにはいきません、だって……」

凛「ひいきはよくないもん。当然じゃないかな?」

瑞樹「あぁん……もぉ。甘えたい……」

凛「はいはい。私が代わりに甘えといてあげるから」

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:12:38.14 ID:qfORXBiV0
さりげなく何をいってるんですかね

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:16:56.19 ID:roZOXMEE0
 
瑞樹「それじゃ意味が無いわ……あ、そうよ。一緒に甘えれば良いのよ!」

凛「ひ、ひいきが良くないとは言ったけどさ」

瑞樹「二人で一緒に甘えれば、ひいきも無いでしょ? そうと分かれば実行よ!」

凛「私は……別に」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:22:47.50 ID:roZOXMEE0
 
瑞樹「なら私一人で甘えるわよ?」

凛「今怒られたんじゃ……」

瑞樹「……押せばどうにかなるわよ。彼、押しに弱いでしょう?」

凛「あ、ありえる……」

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:27:03.49 ID:roZOXMEE0
 
瑞樹「甘えたいんでしょ? 甘えてみたいでしょ!?」

凛「そ、それは……」

瑞樹「素直が一番よ! さぁ本音は!」

凛「……あ、あ……」

瑞樹「あ……?」

凛「あ…………甘え、たい……かな……」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:30:03.88 ID:RShs9cC/0
公共の電波に乗せて甘えたいとか言っちゃう凛ちゃん

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:33:20.13 ID:roZOXMEE0
 
瑞樹「じゃ、いきましょ?」

凛「それは……今はその、収録中だから……」

瑞樹「今甘えなくて、いつ甘えるの! 二人ならきっと上手くいくわ!」

凛「そう……かな。そうだよね……!」

瑞樹「ふふ……分かってくれると信じていたわ。それじゃ、いきましょう!」

凛「……うん!」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:34:14.70 ID:PpCYs3mg0
リスナー置いてけぼり過ぎワロタ

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:37:36.09 ID:roZOXMEE0
 
凛「……怒られたね」

瑞樹「おかしいわ……絶対、上手くいくと思ったのに」

凛「収録中だったね、つい我を忘れちゃったよ……」

瑞樹「うーん……どうすれば甘えられるのかしら……」

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:43:10.41 ID:roZOXMEE0
 
凛「まあ、収録のあとで考えましょう」

瑞樹「そうね……今日中には甘えたいわね」

凛「絶対。成功させよう」

瑞樹「もちろんよ。ウフフ……」

凛「フフ……」

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:43:39.07 ID:qfORXBiV0
今回は平和だな(棒)

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:47:24.19 ID:roZOXMEE0
 
凛「あんな人だけど、事務所ではちゃんとお姉さんなんだよね」

凛「年下からも、年上からも頼ってもらえる人は、中々居ないよ」

凛「私もそんな女の子だったら……」

凛「思いっきり甘えても……いいのかな」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 23:55:13.04 ID:roZOXMEE0
 
凛「いつも通り、最後はお便り紹介のコーナー」

凛「一枚目は、っと。ペンネーム、てへぺろー!さんから」

凛「凛おねーちゃんにシールあげちゃうー☆今度は、アタシと遊ぼーね☆」

凛「一面にシールだらけだ、凄い……ふふ、今度は私も用意しておくね?」

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 00:01:24.17 ID:1kT7nfQE0
 
凛「二枚目はペンネーム、ブロロンブロロンさんから」

凛「凛ちゃんのメンテって、一体誰がすればそんなステアリング効くんですかー!」

凛「く、車の話? ちょっと分かんないけど……」

凛「えっと、規則正しい生活、怠らない努力。あとは……」

凛「……頼れる人がいれば、それで十分じゃないかな?」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 00:04:13.14 ID:roZOXMEE0
 
凛「最後はペンネーム、運命の赤い糸さんから」

凛「甘えるんじゃなくて甘えさせること……それが信頼できる相手ということですよぉ」

凛「……それもそうだったね。あは、これは一本取られたかな……」

凛「…………」

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 00:06:18.53 ID:GPYXq5I+0
ラジオで無言はいけない

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 00:08:30.74 ID:1kT7nfQE0
 
凛「……裏にも書いてあるね」

凛「Pさんを甘やかすことが出来るのは私だけ……」

凛「…………」

凛「たまには、私に甘えてもいいよ」

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 00:13:37.03 ID:1kT7nfQE0
 
凛「うん、働きすぎてもどうだろう。やっぱり甘えるって大事だと思う」

凛「まあ続きは事務所で、ゆっくりと。遠慮は要らないから」

凛「……あ、時間がきたみたいだね。そろそろ、おしまいにしよっか」

凛「Linkラジオ、次回もよろしく。またね」

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 00:22:42.80 ID:1kT7nfQE0
 
おしまい

支援ありがとうございます

フェスに備えつつお休み

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 00:15:01.72 ID:S8YtAhl90
乙、今回は運命の赤い糸さんが一枚上手だったか



元スレ: 凛「Linkラジオ、ずばずば続くよ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358077613/


[ 2017/03/28 02:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/17545-b0cfa955