ヘッドライン

【ガルパン】みほ「ちゃん付け禁止、です!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485617694/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:34:54.70 ID:6BxcgGdZ0
杏「おっ、西住ちゃん!干し芋食べるー?」

みほ「はい。いただきます」

杏「今日暑いよねー、西住ちゃん」

みほ「……」

杏「西住ちゃん?」

みほ「あの会長、西住ちゃんってやめませんか?」

杏「え?西住ちゃんは下の名前で呼ばれたいの?」

みほ「はい」

杏「じゃ、じゃあみほちゃん?」

みほ「そういうことではなくですね」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:37:00.55 ID:6BxcgGdZ0
みほ「戦車道ってコンマ何秒の世界なんです」

みほ「判断から指示、そして行動までの時間を早めるために試合中は敬称を略すんです」

杏「あぁ、そういう……」

みほ「西住ちゃん、って長いですよね?誰が誰に対して喋っているかを即座に把握する必要がありまして」

みほ「だからみほちゃんでも全然長いです」

みほ「黒森峰でも試合中はみんな呼び捨てでした。年上に敬語を使わなくても怒られることはなかったです」

杏「じゃあ試合中はそうするよ」

みほ「いえ、試合中にいきなり変わったことをするとみんな混乱します」

みほ「なので今からみほと呼んでください」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:38:31.03 ID:6BxcgGdZ0
杏「じゃ、じゃあ呼ぶよ」

みほ「はい、どうぞ」

杏「み……み、に……にし……」

みほ「そんなに嫌ですか?」

杏「いやだってさ!呼び方急に変えるのって違和感あるって!」

みほ「今が試合中じゃなくてよかったですね。それまでに慣れましょう」

杏「み、みほ、ちゃん……」

みほ「はい、私たち撃たれました。今のちゃんを付けた時間で」

杏「そんな極端かなぁ!?」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:39:17.59 ID:6BxcgGdZ0
みほ「そういう世界ですから」

杏「み、みほ!みほみほみほみほ!みほ!」

みほ「よくできたね、杏」

杏「えっ……」ドキッ

みほ「私も呼び捨てします。じゃないと意味ないですから」

杏「いや、いいけどさ」

杏「じゃあ全員でそういう方針にしよっか」

みほ「そうですね」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:40:33.63 ID:6BxcgGdZ0
……


杏「じゃあみんなこれからは呼び捨てでいこっかー」

「「「えー!?」」」

梓「私たち1年生なんですけど……」

杏「戦いの中では先輩後輩とかないからねー」

優季「いやそれにしたってキツいですよ!」

桃「私たちは3年生でよかったな」

柚子「桃ちゃんは全員呼び捨てだからいいよ!」

みほ「お二人は会長のことも杏と呼んでくださいね」

桃柚子「え!?」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:42:12.91 ID:6BxcgGdZ0
桃「会長じゃダメなのか?」

柚子「会長と杏だったら長さ変わんないと思うけど……」

みほ「いえ、会長だと隊長と聞き間違える危険性があります」

みほ「私に言ってるのか杏に言ってるのか考える時間、聞き直す時間はただの無駄でしかありません」

柚子「そんなぁ……」

桃「会長が会長になってから会長としか読んでないから違和感が……」

みほ「はい、会長を隊長と聞き間違えた私たちがやられました」

桃「それはお前の耳の問題じゃないのか!?」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:44:17.62 ID:6BxcgGdZ0
みほ「砲弾やら履帯やらがうるさい戦場でそこまで求めないでください」

桃「……わかった。本番までになんとかしよう」

エルヴィン「たいちょ、いやみほ。ちょっといいか」

みほ「はい。なんでしょう」

エルヴィン「私たちはどうすればいいんだ?」

おりょう「今更こいつらと苗字で呼び合いたくないぜよ」

みほ「カバさんチームはあだ名が浸透してるのでいいでしょう」

左衛門佐「ほっ……」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:44:48.28 ID:6BxcgGdZ0
みほ「ただ優花里を呼ぶ時はグデーリアンを使わないでください」

エルヴィン「なぜだ!?」

みほ「もし大切な時に嚙んだら元も子もないからです」

カエサル「私たちそんな滑舌悪くないぞ!」

みほ「じゃあグデーリアンって10回言ってみてください」

カエサル「グデーリアングデーリアングーデリャン」

左衛門佐「おい!」

おりょう「序盤で噛んでるぜよ!」

みほ「今のでカバさんチームあんこうチームともにやられました」

エルヴィン「……わかった。なんとかしよう」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:48:37.00 ID:6BxcgGdZ0

――――

――

梓「みほー!」

みほ「どうしたの?」

梓「ちょっと作戦のことで相談があるんですけど」

みほ「うんいいよ」

あや「すごいね梓。もう慣れてる」

優季「2年の仲良い先輩はよくてもさー、3年生は無理だよね」

あや「そど子先輩ってどう呼べばいいの?園?みどり子?そど子?」

あゆみ「そど子でいいんじゃない?」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:49:52.31 ID:6BxcgGdZ0
―――

柚子「会長、この書類なんですけど」

杏「はい、また会長って呼んだ。罰金1000円」

柚子「あっ、しまった……」

杏「3回目からは1万円だぞー」

桃「……」

柚子「桃、これに目通しておいて」

桃「わかった。かいちょ」

柚子杏「あっ!」

桃「えっ?」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:54:08.07 ID:6BxcgGdZ0
杏「桃、罰金ー」

桃「ちょ、ちょっと待ってください!私はまだ1回目ですよ!」

柚子「この罰金のシステムは陸上のフライングと同じシステムだから」

桃「ず、ずるい……」

柚子「決めたの自分でしょ」

杏「4回目は10万だぞかーしま」

柚子桃「えっ」

杏「あっ」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:59:22.94 ID:/bKV44nT0
罰金の金額が高いww

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 01:16:56.11 ID:6BxcgGdZ0
―――

そど子「麻子!また遅刻!」

麻子「うるさい……それとお前は名前で呼ぶな……」

そど子「知らないわよ、それはみほに言いなさい」

麻子「くっ……」

沙織「うひー!私も遅刻だー!」

そど子「遅いわよ沙織!」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 01:17:40.67 ID:6BxcgGdZ0
沙織「ごめんなさーい!って麻子も遅刻ー?そりゃそっか」

麻子「優勝して全部チャラにする予定だから今は早く来る必要がない」

沙織「なにそれ、ずるーい」

沙織「ねぇそど子、チャラになった後一回も遅刻しなかったら皆勤賞になるの?」

そど子「さぁ、それは杏が決めるんじゃない?」

麻子「お前ら……なんか順応してるな」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 01:20:11.73 ID:6BxcgGdZ0
―――

華「お昼ですね」

麻子「あぁ、学食行こうか」

沙織「私日直だから華と麻子で席取っておいてー」

麻子「わかった」

華「……」

麻子「……」

麻子(いつもだったら普通に話せるのに)

華(呼び捨てしないといけないので普通に会話が出来ません)

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 01:23:20.16 ID:6BxcgGdZ0
麻子「は、華」

華「な、なんですか?」

麻子「今日は何食べるとか決めてるのか」

華「そうですねぇ、とりあえずカレーと味噌汁代わりにラーメン、後はおかずにコロッケと……」

麻子「いつもながらよく食うな」

華「れ、ま、ま……」

麻子(ガ、ガンバレ)

華「麻子……は何食べるんですか?」

麻子「私はサラダだけでいい」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 01:25:03.40 ID:6BxcgGdZ0
華「麻子、それだけで持つんですか?」

麻子「持つ。定食は食べきれんしな」

華「麻子は今体重何㎏なんですか?」

麻子「前に計ったら40㎏だった」

華「麻子、痩せすぎじゃないですか?」

麻子「いや私の身長からしたらこんなもんだろう。華は?」

華「私はごじゅう……ゴニョゴニョ」

麻子「まぁそんなもんだろう」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 01:26:26.89 ID:6BxcgGdZ0
華「麻子、私の分あげますからちょっとだけでも食べてください」

麻子「いやいらん」

華「麻子、貧血で倒れちゃいますよ」

麻子「大丈夫だ」

麻子(五十鈴さん、名前呼び過ぎてなんか会話が不自然だぞ)

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 18:57:17.68 ID:6BxcgGdZ0
―――

沙織「ごめーん遅くなった」

麻子「おい食べる時間なくなるから早く注文してこい」

沙織「うん、すぐ行ってくる」


沙織「いただきまーす」

華「そういえばあの、み、みほと優花里は一緒じゃなかったんですか?」

沙織「うん。みほはこれから何日か各チームのメンバーと一緒にご飯食べて親交を深めるんだって」

沙織「で、優花里は1年生とご飯食べるって言ってた」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 19:00:47.95 ID:6BxcgGdZ0
麻子「みほを呼び捨てしたくないからって逃げたな」

華「そういうわけじゃないと思いますけど」

沙織「そうかも。唯一タメ語呼び捨て出来るのが1年生だし」

麻子「ったく、あいつは意図が理解できてないな」

華「私はみほの方が心配ですが……」

沙織「確かに。今日はバレー部のとこ行くって言ってたけど」

麻子「私が言えたもんじゃないが人見知りのみほが上手く会話を回せるとは思えん」

華「お通夜みたいな空気になってるんじゃないでしょうか」

沙織「二人ともひどい!」

麻子「ちょっと見に行ってみよう」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 19:02:10.43 ID:6BxcgGdZ0
……



わーわー!

沙織「あれ?意外と盛り上がってる」

麻子「いや、どうやら会話で盛り上がってるみたいじゃなさそうだ」

典子「ほら、みほ!顎だけ付けても腕立てにならないぞ!体をきちんと下ろせ!」

みほ「んぎぎぎぎ……」

あけび「みほ頑張れー」

忍「あと5回だよー」

華「腕立てをやらされてるみたいですね」

麻子「どうなったら飯の後に腕立てしようって話になるんだ」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 19:08:33.05 ID:6BxcgGdZ0
典子「29、30!」

みほ「はぁっ!はぁ……腕の震えが」プルプルプル

典子「お疲れ様!意外と出来るじゃないか!」

みほ「筋トレは黒森峰辞めた後全然やってなかったから……」

妙子「戦車道って筋トレ必要なんですか?」

みほ「うん。健全な肉体は健全な精神を育むからって毎日走らされてたよ」

みほ「でも私は全然出来なかったからさっきみたいに顎だけ付けてごまかしてたんだ」

忍「黒森峰の特訓って厳しそうだな」

みほ「毎日軍隊みたいな練習してたからね」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 19:21:13.18 ID:6BxcgGdZ0
典子「そのメニュー教えてもらっていいか!?」

みほ「いいよ。サーキットトレーニングって言ってね」

あけび「え、まさかそれ練習に取り入れるとかいいませんよね?」

典子「私たちは技術もそうだが肉体もまだまだ未熟だ!」

忍「それは典子だけじゃ……」

典子「何か言ったか?」

忍「いえ!何も言ってません!」


麻子「すごいな。割と打ち解けてる」

華「えぇ、しかもバレー部の方たちも自然と呼び捨てが出てますね」

沙織「これだよ!みほがみんなを引っ張る力は!」

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/30(月) 23:59:37.94 ID:J6EaBwe20
「起立、気を付け、礼」

「「ありがとうございました!」」

優花里「さて、と」

麻子「おい」

優花里「うわぁ!なんですか、ビックリした!」

麻子「いつまで逃げ続ける気だ」

華「いい加減一緒にご飯食べましょう」

沙織「本番まで時間ないんだからさ」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/31(火) 00:00:30.13 ID:avkoZQfY0
優花里「……」ダッ

沙織「あっ、逃げた」

麻子「捕まえろ」

優花里「なんですか!別に誰とご飯食べようと関係ないでしょう!」

沙織「あるよ!」

華「みほが悲しんでましたよ」

優花里「……」

麻子「お前、練習の時も明らかに名前呼ばないようにしてるだろ」

麻子「それじゃ意味ないって早く気づけ」

優花里「……わかりました」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/31(火) 00:03:06.71 ID:avkoZQfY0
沙織「あっ、ちょっと待って」

優花里「なんでしょう?」

麻子「優花里、お前に逮捕状が出ている」

優花里「た、逮捕!?何の罪ですか!?」

華「1年生を5回、カバさんチームを7回、呼び捨てしませんでしたよね」

麻子「1回につき1回、デコピンだ。合計12回」

優花里「ちょ、ちょっと待ってください!私そんな法律今知りました!法の遡及は禁止ですよ!」

沙織「これは命令が出た当日にみぽりんが極秘裏に成立させた法律だよ」

麻子「私たちもそれぞれ5、6回やられてる。ちなみに今の沙織も1回にカウントする」

沙織「あっ」

華「ちなみにあんこうチーム内だけの法律ですから、他のチームには適応されません」

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/31(火) 00:12:31.60 ID:avkoZQfY0
麻子「ほら、デコだせ」

優花里「わ、わかりました」

麻子「ていっ」ビシッ

華「えいっ」ビシッ

沙織「おっりゃ」ビシッ

沙織「はい、終わり」

優花里「え、あと9回ありますよ?」

華「あとの9回はみほにやってもらいます」

優花里「えぇ!?」

麻子「ちなみにみほの分32回は全部優花里にやってもらう」

優花里「ええええええええ!ちょっと!!!」

沙織「地獄とご褒美が一回に来ちゃったねぇ~」

華「どっちもご褒美な気もしますが」

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 18:31:44.37 ID:6ah5PUO30
沙織「みほー、おまたせー」

みほ「あぁ、みんな」

麻子「連れてきたぞ」

優花里「……」

華「ご飯食べましょう、もう倒れますよ私」

沙織「大丈夫!?」

みほ「……」カチカチカチカチ

沙織「みほー、食べないの?」

みほ「ごめん、あと10分だけ待ってくれるかな。今やめられないから」

優花里「何をされてるんですか?」

華「アリクイさんチームの3人とネットゲームをやってるらしいです」

優花里「へぇー、意外な趣味ですね」

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 18:33:43.60 ID:6ah5PUO30
麻子「数週間前までwifiすら知らなかったのにな」

優花里「えぇ!?」

麻子「パソコンのセットアップも私がしてやった」

沙織「みぽりん、すごいよね。ハマるととことんやるから」

麻子「凝り性なんだろうな。あと1回な」

沙織「あっ」

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 18:35:11.66 ID:6ah5PUO30

………



全員「いただきまーす」

華「……」ゲソー

みほ「ごめん華!からあげ1個で許してくれないかな?」

華「いただきます」パクー

沙織「みほ、暇さえあればスマホイジッてるもんね」

みほ「今もうレベル70だからね」

優花里「それはすごいんですか?」

麻子「私も一緒に始めたがまだレベル10だ」

みほ「だって麻子全然ログインしないよね」

麻子「みほがしすぎなんだ」

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 18:35:56.76 ID:6ah5PUO30
優花里「……」

華「どうかしました?」

優花里「なんかすごい勢いで置いて行かれてます。皆さん普通に呼び捨てしてるんですね」

麻子「もう何週間も経ってるからな」

華「優花里も慣れていかないと間に合いませんよ」

優花里「は、はい!」

優花里「み、み、み、み」

優花里「西住殿」

麻子「はい、一回」

優花里「ダメですぅぅぅ!!呼べません!」

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 18:40:35.24 ID:6ah5PUO30
沙織「10回ね」

麻子「そうだ、みほの分32回優花里にやらせるぞ」

優花里「あぁぁぁ!そうだった!!そっちも無理です!」

みほ「あ、そうだ小山先輩に呼ばれてたんだった。早くご飯食べないと」

麻子「あっ」

沙織「おっ」

華「おぉ~」

みほ「あぁっ」

優花里「これで33回ですか……」

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 18:44:22.14 ID:6ah5PUO30
麻子「ゾロ目チャンス!!」

優花里「え!?」

麻子「回数がゾロ目になった時だけ発動するチャンスゾーンだ」

麻子「デコピンを回避する代わりに罰として33秒間キスされる」

麻子「どうする?選択権は優花里にある」

優花里「えぇぇぇぇぇぇ!?」

沙織「ちなみに私は華に11秒キスされたからね」

優花里「33秒って……めちゃめちゃ長いじゃないですか!」

華「100m3回走れますからね」

46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 18:45:56.09 ID:6ah5PUO30
優花里「……私は西住殿を傷つけることは出来ません」

優花里「だからキスにします!!」

沙織麻子華「おぉー」パチパチパチ

沙織「あっ、これで優花里も11回だからゾロ目チャンスだね」

優花里「あっ、また……」

麻子「柚子に呼ばれているんだろう。早くキスしろ」

優花里「……じゃあ、行きますね」ムフー

みほ「……」ジー

優花里「目、閉じてもらっていいですか?」

みほ「……」←目を閉じる

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 18:48:01.45 ID:6ah5PUO30
優花里「い、いきます」フガフガ

沙織「鼻息すごっ」

ちゅううううう

優花里「……」ちゅううううう

みほ「……」

沙織「きゃー!本当にしたー!」ピピッカシャッ

麻子「……」カシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ

華「……」●REC

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 18:49:00.45 ID:6ah5PUO30
れろっ

みほ「!?」バッ

沙織「ちょ、ちょっと!」

麻子「こいつ舌入れやがった!」

優花里「す、すみません!つい出来心で!」

華「罰ゲームで舌入れキスはちょっと……」●REC

優花里「申し訳ありません!」

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 18:49:36.77 ID:6ah5PUO30
みほ「ビックリしたぁ。てか優花里唇すごい柔らかいね」

優花里「あ、ありがとうございます」

沙織「怒ってないの!?」

みほ「いや自分で決めたことだから何されても文句は言えないよ」

麻子「今の時間計ってたか?」

華「12秒ですね」

沙織「じゃあ後21秒か……」

麻子「途中で止まったケースは初めてだ」

沙織「ど、どうするの?その場合は」

みほ「うん。じゃあ優花里、決めてもらっていいかな?」

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 18:54:37.38 ID:6ah5PUO30
優花里「……デコピンにします」

沙織「え~?」

麻子「ブーブー」

華「空気読めないんですか?」

優花里「なんなんですか!3人はキスが見たいんですか!?」

沙織「見たい」

麻子「見せろ」

華「続き早く」

54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 20:08:54.38 ID:6ah5PUO30
優花里「じゃ、じゃあ行きますね」

みほ「うん」

ちゅっ

優花里「……」れろれろっ

沙織「うわぁ、もう思いっきり舌入れにいってるよ」

麻子「何が出来心だ、完全に確信犯じゃないか」

55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 20:09:30.95 ID:6ah5PUO30
みほ「……」ガチッ

華「いえ、みほの口を見てください」

沙織「あっ、歯でガードしてる!」

麻子「さすがに自分から舌絡めにいかないか」

優花里「……」ぺろぺろぺろ

沙織「もう唇舐めてるだけだよね」

麻子「いや、歯茎舐めてるぞ」

華「終了です!」

56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 20:10:11.39 ID:6ah5PUO30
優花里「ぷはっ!はぁ…はぁ……」

みほ「はい。じゃあ次は私の番かな」

優花里「は、はい!」うー

みほ「1、2、3、4、5」

優花里「イタタタタ!あっ、デコピンですか!?」

みほ「11、はい終わり」

みほ「柚子のところ行ってくるね」

57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 20:10:58.31 ID:6ah5PUO30
優花里「いったぁ……」

沙織「やるねぇ優花里、ってええええ!?」

優花里「な、なんですか?」

麻子「血!おでこから血出てる!」

華「眉間が少しへこんでるみたいですね」

優花里「えぇ……」

麻子「罰だろうな」

沙織「よっぽど憎かったんだねぇ」

59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/06(月) 01:55:04.63 ID:f3rwwGyL0
―――

みほ「こんにちはー」

柚子「みほ、いらっしゃい」

みほ「何かご用ですか?」

柚子「うぅん、呼んだのは杏だよ」

みほ「え?」

柚子「会長室にいるから行ってあげて」

みほ「はぁ」

みほ「というかもう杏って呼べるようになったんですね」

柚子「うん。もう次は罰金1京円だからね」

みほ「え?」

60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/06(月) 01:55:44.79 ID:f3rwwGyL0
……


みほ「失礼しまーす」

杏「おっ、西住ちゃんいらっしゃーい」

みほ「また西住ちゃんって呼びましたね」

杏「もうこの癖抜けないかもね」

みほ「はい、罰です」チュッ

杏「うーん……」

みほ「で、用ってなんなんですか?」

杏「いや、今度の作戦なんだけどね?フラッグ車はやっぱりうちらがやんないといけないのかな?」

みほ「はい。それはそうです」

杏「いやー、やっぱ経験者のみほがやった方がいいと思うんだけどさ」

61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/06(月) 01:56:31.30 ID:f3rwwGyL0
みほ「おっ、今度はみほって呼べましたね。ご褒美です」チュッ

杏「……あのさ、これどっち呼んでも私キスされるのかな」

みほ「はい、ご褒美ですから」

杏「ご褒美と罰が全く同じ行為っておかしくない!?」

みほ「そうですか~?」

杏「いやおかしいよ!」

みほ「じゃあご褒美は杏からキスができるってことにしますか?」

杏「うーん……じゃあそうしよっか」

みほ「会長もやっぱりキスしたいんですね」

杏「あっ!」

みほ「えっ」

終わり



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ガルパン】みほ「ちゃん付け禁止、です!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485617694/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/17451-ee239802