ヘッドライン

ヴィーネ「そういえばガヴって甘酒で酔ってたわよね……」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:49:00.844 ID:F3qPC0Pr0.net
ヴィーネ(ってことは缶ビールなんか飲ませたら酔ってる間の記憶飛ぶんじゃ……)

ヴィーネ「……」チラッ

ガヴ「……チッ、またゴミかよ。やっぱ確率絞ってんじゃんこのガチャ」スマホポチポチ

ヴィーネ「ねえガヴ。この間の大晦日のこと覚えてる?」

ガヴ「は? あー……なんか楽しかったのは覚えてるけど」

ヴィーネ「そういえばあの神社でUMAが目撃されたらしいわね。天使みたいだったって」

ガヴ「そうなの? そんなんいなかったと思うけどな」ポチポチ

ヴィーネ(やれる)グッ

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:49:21.068 ID:F3qPC0Pr0.net
《放課後、ヴィーネ宅》

ヴィーネ(いくらガヴが駄天しているといっても天使は天使。きっと正面から勧めてもお酒なんて飲まないわね)ブツブツ

ヴィーネ(だとしたら正攻法は難しい……)ブツブツ

ヴィーネ(たとえばウィスキーボンボンとか……)ブツブツ

ヴィーネ(いいえ、間違いなく酔うだろうけど記憶が残る可能性があるわ。大晦日もボンヤリ覚えてたみたいだし、それは危険ね)

ヴィーネ(リスクは極限まで排除しなくちゃ……。いや、ドン引きするガヴの顔も見てみたい気がするけど……)ブツブツ

サターニャ「ヴィネット! 暇だから遊びに来てあげたわよ!」

ヴィーネ「うわっ! ……なんだサターニャか」

サターニャ「なんだってなによ! ……まあいいわ。ほら、お土産よ」ガシャ

ヴィーネ「……なによこれ」

サターニャ「ふふふ……魔界通販で邪悪の宝具を手に入れたときについてきたおまけよ! なんでも開けたぷるたぶ? を違和感なく閉められるとか!」

ヴィーネ「気になるあの娘におしっこ飲ませるクン……?」

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:49:34.219 ID:F3qPC0Pr0.net
『気になるあの娘におしっこ飲ませるクン
・使い方は簡単! ジュースのプルタブを開け、中身を入れ替えます!
その後、お好きな液体を缶に注ぎます!
商品を挟んでレバーを引けば、あら不思議! まるで未開封ではありませんか!』

ヴィーネ(――これだわっ!)ガタッ

ヴィーネ「ありがとうサターニャ! やっぱり持つべきものは友達ね!」ガシッ

サターニャ「へ? ……え、ええ当然よね! 同胞を救うのも大悪魔としての使命よ!」

ヴィーネ「ありがとう! 本当にありがとう!!」ブンブン

サターニャ「そんなに嬉しかったのこれ!?」

ヴィーネ「うっ……ひっく、ありが、とう……うぇぇん」

サターニャ「なんで泣いてんのよ!?」

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:49:52.294 ID:F3qPC0Pr0.net
《夜》

ヴィーネ(ガヴの好きなジュースの中身をビールに替えておいたわ)ガシャッ

ヴィーネ(買うときに年を疑われたけどなんとか押しきれてよかったわね)

ヴィーネ(冷蔵庫に保管して……と。良く見ればプルタブが不自然に曲がってるけど、とても開けた風には見えない。完璧ね)

ヴィーネ「さて……」スマホポチポチ

『ヴィネット>ガヴ、明日だけど、放課後に行けばいいのね?

ガヴリール>ああ、そういえば約束してたな。じゃあ予定通り頼む

ヴィネット>たまには自分で片付けなさいよね。私は家政婦じゃないんだから

ガヴリール>前向きに検討する』

ヴィーネ(期は熟したわ)

ヴィーネ「ん……はぁ……///」ムラッ

ヴィーネ(ヤバい、高ぶってきた……!///)ゾクゾク

ヴィーネ(いいえ。ここで負けてはダメよヴィネット。
楽しみは最後まで取っておかなくちゃ……!)

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:50:07.270 ID:F3qPC0Pr0.net
《放課後、ガヴ宅》

――ピンポーン

ヴィーネ「ガヴー! 来たわよー!」

ガヴ「早いな」

ヴィーネ「そんなことないわよ。普通よ普通」

ガヴ「そうか? まあ適当に上がれよ」ガチャ

ヴィーネ「お、おじゃましまーす///」

ヴィーネ(ガヴの部屋の匂い……)

ガヴ「ヴィーネ、なんか顔赤くない?」

ヴィーネ「そ、そうかしら? 今日熱いからじゃない?」

ガヴ「そんなことなかったけどなぁ……。とりあえず早く靴脱ぎなよ」

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:50:21.925 ID:F3qPC0Pr0.net
ヴィーネ(ガヴの部屋ガヴの部屋ガヴの部屋ガヴの部屋ガヴの部屋ガヴの……)スーハースーハー

ヴィーネ(この空間で天真=ガヴリール=ホワイトの新陳代謝が起こって、その空気が私の全身を包んでいる……)ビクッビクッ

ヴィーネ(つまり私は今、ガヴ誕生の瞬間に立ち会っているようなものね!!
これはもうセックスと呼んでもいいんじゃないかしら!!!!!)ジュワー

ガヴ「お、おいヴィーネ大丈夫か? 顔真っ赤だし、なんか鼻息荒いし……」

ヴィーネ「へっ!? なにが!?」ビグッ

ガヴ「いや、体調悪かったら帰っていいぞ? そこまで急ぎでもないから……」

ヴィーネ「そそそそそそそんなことないわよ!? やるわよ! やらせてください!」

ガヴ「お、おう? そんなにやりたいなら止めはしないけどさ」

ガヴ(なんかヴィーネの様子がおかしいな……)

ガヴ(考え事してたみたいだし、なんか悩みでもあるのか?)

ガヴ(……天使の私じゃ相談しにくいかな。明日サターニャにそれとなく伝えておこう)

ガヴ(あーあ、私が悪魔だったらヴィーネの力になれたのにな……)

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:50:34.332 ID:F3qPC0Pr0.net
ヴィーネ「あっそうだ! ガヴ、ジュース買って来たわよ!」

ガヴ「あー、ありがとな」プシュッ

ガヴ(なんかぬめぬめしてる。気のせいか……?)

ヴィーネ(若干そっけない感じのありがとないただきましたぁ!)ゾクゾクゾクゾクッ

ガヴ「ゴクゴクゴクゴク……」

ヴィーネ(飲んだ! 念のために私の唾液をつけておいた飲み口から私の愛液入りのお酒を飲んだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!)ビクビクビクッ

ヴィーネ(うわぁ……ガヴの細くて白い喉元がすこしぜん動してる……)

ヴィーネ(私の愛液は今、ガヴの喉を犯してる……。実質フェラチオよねこれ)

ガヴ「……プハァッ」

ガヴ(ん? なんか……頭がぼんやりしてきて……)フラァ

ヴィーネ「あー! ガヴってばどうしたの突然フラフラしちゃってー!」(棒読み)

ガヴ「……ん~、あ~」ポー

ヴィーネ(キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!!!!!)

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:50:45.833 ID:F3qPC0Pr0.net
ヴィーネ「ガヴ~? 大丈夫~? ベッド行く~?」

ガヴ「……」

ヴィーネ「どうしたの~? ガヴ~? とりあえずショーツ脱いでみる~?」

ガヴ「……」

ヴィーネ(どうしたのかしら……。大晦日に甘酒を飲んだ量からガヴのアルコールへの耐性は計算していたから、急アルなんかはないはずだけど……)

ガヴ「……ヴィーネ」

ヴィーネ「ん!? どうしたのかしら!?」

ガヴ「ヴィ~ネぇ~~~!」ギュー

ヴィーネ「~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!////////////////////////////」

ヴィーネ(は、は、は、は、ハグきたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!)ドビュッシァー!!!!!!!!!!

ヴィーネ(あ、やべえ鼻血が)

11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:50:57.021 ID:F3qPC0Pr0.net
ガヴ「えへへ~♪ ヴィーネ♪ ヴィーネ♪」スリスリ

ヴィーネ(ほげえええええええ!!!)ブシャァァァァァ!!!!!

ヴィーネ(くっ……不味いわね)フラッ

ヴィーネ(イキすぎて水分が足りない……このままじゃ脱水症状よ……!)

ヴィーネ(どうせ脱水で死ぬんだったら、ガヴのバキュームキスで吸い取られるほうがいい!!)

ガヴ「ん~? どしたのヴィ~ネ?」

ヴィーネ「い、いいえなんでもないわ!」

ヴィーネ(上目使いやばい)

12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:51:07.224 ID:F3qPC0Pr0.net
ガヴ「実はね~、ヴィーネに」

ヴィーネ「はいっ! こちらこそありがとうございます!」ビシッ

ヴィーネ(ガヴの吐息が普段とは少し違う匂い……)

ガヴ「たまには私もなんかしないと悪いよね~♪」

ガヴ「あ、そうだ~! ヴィーネ疲れてるみたいだから膝枕してあげるね~!」ニコッ

ヴィーネ(とんだ誤算だったわ)

ヴィーネ(私はてっきり、酔ったガヴの記憶が残らないのをいいことに、取り敢えず体中の水分を交換するつもりだった……)

ヴィーネ(けどまさかガヴの方から来るなんて!
これはもはや指輪交換に相当する行為ッ!)

ガヴ「えへ~、ほらおいで~?」ヒザポンポン

ヴィーネ「はい」

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:51:18.893 ID:F3qPC0Pr0.net
ガヴ「ヴィーネの髪さらさらだね~」ナデナデ

ヴィーネ「あぁ^~」

ガヴ「ん~? どうしたのかな~?」

ヴィーネ「ふぇっへへへへへへへwwwwwwwたまんねぇwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwwww」

ヴィーネ(ガヴは自分から私を膝へ招いた……)

ヴィーネ(ということはガヴの処女膣バージンロードを私の舌が歩いても、向こうから誘ったということで許されるってことよね!?)

ヴィーネ(バージンロードを行く私の舌に浴びせかけられる、愛液という名のブーケ……。脱水しかかった私を気遣う新婦が如き振る舞い……)

ヴィーネ(まさしく結婚式に相違ないわ!!)

――ピンポーン

サターニャ「ガヴリール~! 暇でしょ~! 相手してあげるわよ~!」ガチャガチャ

ラフィエル「あげますよ~!」

サターニャ「ほらガヴリール~! 開けなさいよ~!」

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:51:30.477 ID:F3qPC0Pr0.net
ヴィーネ(っ! しまった!)ガバッ

ガヴ「ん~? サターニャとラフィエルかな~?」

ヴィーネ「いいえ強盗よ。ガヴはここで待ってて。できればショーツを脱いで」

ガヴ「うんいいよ~♪」

ヴィーネ(ちょろいぜ)

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:51:41.781 ID:F3qPC0Pr0.net
《玄関》

サターニャ「ほら開けなさい……ってなによ、空いてるじゃない」

ラフィエル「まるで空き巣ですね~! さすが大悪魔です!」

サターニャ「これぞ悪魔的行為……!」キリッ

サターニャ「ってそれはいいわ。ガヴ~? 寝てるの~?」

<ネテルヨー

サターニャ「はぁ!? 起きてるじゃない!」

ラフィエル(今の声、ヴィーネさん?)

ラフィエル(どうして私たちを誤魔化そうと……あ、そういうことですか♪)

ラフィエル「サターニャさん、どうやら寝ているようなので出直しましょうか♪」

サターニャ「いやなに言ってんのよ? 返事できるんだからどう考えても起きてるでしょ?」

ラフィエル「いいえ、寝ています……。そう、寝ているんですよ?」ジー

サターニャ「ふへっ!?」

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:51:52.931 ID:F3qPC0Pr0.net
ラフィエル「そうです……私の目をじーっと見てくださいね……?」

サターニャ「な、なによ……」

ラフィエル「ガヴちゃんは寝ているんですよ~? そう、寝ているんです……」

サターニャ「ふ、ふえ?」グルグル

ラフィエル「さあ、帰りましょうか♪」

サターニャ「ええそうね! さあ、我が悪魔城へ凱旋の時よ!」

――ガチャッ、キィィバタン

ヴィーネ(ナイスアシスト、ラフィ)

17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:52:09.330 ID:F3qPC0Pr0.net
ヴィーネ(これでなにも怖くないわ。後はただ、突き進むのみ!)

ガヴ「は~い、いいこいいこ~♪」

ヴィーネ「ね、ねえガヴ? 頭の向き、変えていいかしら……?」

ガヴ「ん~? いいよ~?」

ヴィーネ(ガヴのぴっちぴちロリお腹……。この薄い皮膚の向こうには子宮がある……)モゾモゾ

ガヴ「くすぐったいよ~」

ヴィーネ(ジャージ内部へ進入成功。対象とエンゲージ)

ヴィーネ(ガヴがアルコールを適量以上摂取しているからか、いつものガヴまんこの匂いとは少し違うわね。それに心なしか湿っている気がする)ペロペロ

ガヴ「も~、ヴィーネったら~」

ヴィーネ(なんてこと……!
これは、濡れている!?)ジュルルルルルル

ガヴ「んっ……ヴィーネ?///」

18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:52:20.942 ID:F3qPC0Pr0.net
ヴィーネ(――これはっ!)

ヴィーネ(普段ガヴがオナニーによって出す愛液の量を軽く上回っている!?)レロレロレー

ヴィーネ(これはつまり私の舌によって感じているってこと!?)チュパッ

ガヴ「あっ、はっ……ヴィ、ヴぃーねぇ……///」

ヴィーネ(んっはぁ^~このままガヴのおまんこ汁で溺れ死にたい……)ゴクッゴクッ

ガヴ「ん……ふっ……はぁっはあっ……ヴぃ、ヴィーネぇ……///」

ヴィーネ「ちゅるるるるるるっ――――ぷはぁ。
ど、どうしたのかしら?」

ガヴ「あのね……なんか、私の股が変なんだ……。
ヴィーネに舐められてから、なんかじんじんあったかくなって……///」

ガヴ「ねえヴィーネぇ……助けてぇ……?/////」

ヴィーネ「」

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:52:33.742 ID:F3qPC0Pr0.net
《翌日、学校》

ガヴ「うあ~、なんか頭がジンジンする……」

ヴィーネ「どうせ夜通しでネトゲやってたんでしょ? 自業自得よ」

ヴィーネ(ホントは明るくなるまで犯してたからだけど)

ガヴ「いや違うってば。
なんかヴィーネが来てから記憶が曖昧なんだよな……。なんつーか、色々吸い取られた気がしたんだけど……」

ヴィーネ「き、気のせいじゃないかしら?」アセッ

ラフィエル(ネタ晴らしが楽しみですね……うふふ)

サターニャ(あれ~? 声を発するってことは寝てるってことよね?
でも寝てるのよね? あれ~?)グルグル

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:52:46.787 ID:F3qPC0Pr0.net
――キーン、コーン、カーン、コーン

ガヴ「あ~、なんとか乗り切った……」

ヴィーネ「私用事があるから先帰るわね」

ヴィーネ(とりあえず採取したガヴエキスを整理しなくちゃ……)

ガヴ「ん? そうかー。乙~」ヒラヒラ

ガヴ(さて、週一イベントだし私も帰るか……)

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:52:59.836 ID:F3qPC0Pr0.net
《ガヴ宅》

ガヴ「冷蔵庫になんかあったっけ」

ガヴ「あ? 飲みかけのジュース?」

ガヴ「うわっ酒じゃんこれ……。誰が持ち込んだんだよ……」

ガヴ(ん? 酒?)

ガヴ『ん~? どうしたのかな~?』

ヴィーネ『ふぇっへへへへへへへwwwwwwwたまんねぇwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwwww』

ガヴ「……思い出した」

ガヴ「思い出したあああああああああ!!!」

22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:53:09.519 ID:F3qPC0Pr0.net
ガヴ(ジュースの外側は私が好きな缶ジュースだった。プルタブに少し捻じ曲げられた後があったから、きっとヴィーネが酒にすり替えたのだろう)

ガヴ(とりあえずサターニャに聞いてみたら、ヴィーネに『気になるあの娘におしっこ飲ませるクン』という変態アイテムを与えていたことが判明した)

ガヴ(私が酒に弱いことは大晦日でバレていた。ヴィーネはそれを覚えていて、利用したのだ)

ガヴ(性欲の解消に……)

23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:53:22.813 ID:F3qPC0Pr0.net
《後日、学校》

ヴィーネ(ふひっ、私のガヴコレクションも充実してきたわね……。そろそろ採取の難易度に合わせてレアリティとか付けようかしら……)

ヴィーネ「あ、ガヴ~! 一緒に帰りましょ?」

ガヴ「……」

ヴィーネ「ちょっとガヴ、聞こえてるでしょ?」

ガヴ「これ」スッ

ヴィーネ「っ!」

ヴィーネ(それはっ私が使った缶ジュース!)

ヴィーネ「どどどどどうしたのガヴ!? 飲みたいの!? ほんとガヴは仕方ないわねぇ……」

ガヴ「……はぁ、お前さあ」

ヴィーネ(ヤバいヤバいヤバいヤバい、どうしよう……!)

ギュッ

ヴィーネ「……へっ?」

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:53:34.867 ID:F3qPC0Pr0.net
ガヴ「……別に、私はお前が嫌いじゃないから」ギュー

ヴィーネ「へ?」

ガヴ「だからっ! 普通に来いって言ってんの!
その……そういうことするの、ヴィーネだったら嫌じゃないから……」

ヴィーネ「なっ……///」カァァ

ガヴ「れ、レイプまがいのことした癖に赤くなってんじゃねえよ!///」

ヴィーネ「い、いやいやいやっだって!///」

ヴィーネ「お、怒ってないの……?」

ガヴ「怒ってるに決まってるだろ。あんなことされてキレない奴がどこにいるんだよ」

ガヴ「た、ただ……。その、ヴィーネがそう思っていてくれてたことって、嬉しかったからさ///」

ガヴ「だ、だからそれだけっ! いいなっ!///」

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:53:47.065 ID:F3qPC0Pr0.net
ヴィーネ「……ガヴ」

ガヴ「なんだよ……///」

ヴィーネ「あのね、下着がまずいの……。もう、びしゃびしゃで使い物にならないの……」

ガヴ「お、おう……///」

ヴィーネ「だから、今度はガヴからお願いね?///」

END

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 06:56:42.233 ID:GnIYt1Qc0.net
朝からいいクレイジーさだった乙

36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 07:48:55.408 ID:xIv7ZZzF0.net
最高だったわ
これで安心して寝れるおやすみ



元スレ: ヴィーネ「そういえばガヴって甘酒で酔ってたわよね……」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1489787340/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/17395-78e3b698