ヘッドライン

モバP「雫―ッ!俺だーッ!乳ビンタしてくれー!」雫「いいですよーそのかわり」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485091561/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:26:02.00 ID:1j2kzxoSo

雫「命の保証は出来ませんよー」


P「」

雫「出来ませんよ?」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:26:41.78 ID:1j2kzxoSo

P「HAHAHA、何言ってるんだね雫君」

P「その豊満で柔らかく温かみのあるクッションのようなお山だぞ?」

P「それで殴られて死ぬ人がいるというのかね?」

雫「Pさんちょっとこれ見てくださいー」

P「?コーラの缶がどうしたんだね?」

雫「これをこうしてー」むにゅ

P「おっふ!谷間に缶が埋まって『ソイヤッ!』!?」

パシュ!

P「うわっすごーい!缶がぺっしゃんこ…ぺっしゃんこ!?」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:27:17.67 ID:1j2kzxoSo

雫「バストポテンシャルパンケーキ指標って知ってますかー?」

P「なにそれ」

雫「おっぱいの重さと同じ重さの水でパンケーキが何枚焼けるかっていう指標ですー」

P「気がくるってる」

雫「Aカップだと11枚、Cカップだと18枚、ではJカップだと何枚になるとおもいますか?」

P「えーと、その計算だとカップが上がるごとに3.5枚ずつ増えるから50枚とか?」

雫「166枚です」

P「ハイパーインフレ」

雫「つまりJカップの乳ビンタは166枚のパンケーキをぶつけられるのと同じだけの攻撃翌力をもってるんですよー」

P「例えが遠すぎる」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:27:44.26 ID:1j2kzxoSo

雫「あと乳ビンタは腰を捻って勢いをつけますよねー」

P「あのぶるんっ!ってのがたまんない」

雫「一般的にスイカップと言われるGカップがお山の山頂までの高さが8センチだそうですー」

P「焉んぞJカップは?」

雫「12センチくらいですねー」

P「うひょー」

雫「重さが5キロ」

P「たまらん!」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:28:21.97 ID:1j2kzxoSo

雫「ところでスレッジハンマー、いわゆる大型ハンマーって4.5キロ以上のことを指すんですよー」

P「へー。ん?」

雫「12センチっていうのは小型ハンマーと同じくらいの大きさですねー」

P「ちょいちょい及川君?」

雫「ところでPさん、重さ5キロの大型ハンマーを12センチの小型ハンマーに圧縮して殴られたらどうなりますー?」

P「死ぬんじゃないかな」

雫「そういうことですー」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:28:50.67 ID:1j2kzxoSo

P「……いやちょっと待って」

雫「どうしたんですかー?」

P「冷静に考えるとハンマーの重さってハンマーヘッドに集中している」

P「しかしパイパイは大きく豊満だ」

P「つまり重さは拡散しているから、ハンマーで殴られることと同義にしてはいけないのではないか?」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:30:13.12 ID:1j2kzxoSo

雫「……チッ」

P「いま舌打ちしなかった!?」

雫「してないですよー」

P「もしかして乳ビンタしたくないがために屁理屈を…?」

雫「そんなことないですよー」

雫「私はPさんが心配で心配で仕方がないからいってるんですよー」

雫「別に乳ビンタするとクーパー筋が伸びちゃって凄い痛いからじゃないですよー」

P「そっか!!じゃあやってよおー!」

雫「チッ…めんどくせーな」

P「じゃあ乳ビンタしやすいポジションについたから思う存分どうぞ!!」

雫「…わかりましたー。じゃあ本気で行きますねー」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:30:55.22 ID:1j2kzxoSo

――プロデューサーには届いていた

気… オーラ… たたずまい… 雰囲気… 女の纏うもの… 尋常ではない戦力

そして ただ事ではない事情 見る人が見ればではなく 誰が見てもワカる何かが

その肉体から その姿かたちから溢れていた

「プロデューサーさん。行きますよ」

及川は言った

及川雫は その唇を吊り上げて笑っている

プロデューサーは その瞬間に歓喜した

及川が動く

まっすぐな 迷いのない 気持ちのいいくらいまっすぐな攻撃だ

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:31:24.45 ID:1j2kzxoSo

ぶるんっ

たわわな音が聞こえた

真っ直で、真ん中であった。

「へぶちっ!」

かわさずに、受けた

強烈なパワーが、頭にぶつかってきた

頭に、何かの爆発が起こったようであった

――当たれば、即死

その言葉が、決して、ホラではないとその身をもって知った

勝負は、七秒でついた

「マーベラス…」

それが彼の最期の言葉であった――

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:32:26.10 ID:1j2kzxoSo

・ ・ ・


ちひろ「あれ?Pさんは?」


雫「私の牧場で時給干し草30本の仕事についてますよー」


おしまいっ!

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:33:22.34 ID:1j2kzxoSo

エロいお話を書きたかったのにどうしてこうなった…

依頼出してきます



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「雫―ッ!俺だーッ!乳ビンタしてくれー!」雫「いいですよーそのかわり」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485091561/

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER EVERMORE
V.A.
日本コロムビア (2017-02-08)
売り上げランキング: 19

[ 2017/01/23 08:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)
[タグ] モバマス 及川雫
コメント
6611: 2017/01/23(月) 20:24
及川雫関連のSSが久しぶりに読めて嬉しい
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/16664-0cad1dc3