ヘッドライン

モバP「飛鳥が可愛い」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479397826/

1 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 00:50:26.44 ID:dw5koMjDO
P「見てくれ、この飛鳥を」

卯月「わぁ、レッスン後で汗だくですね!」


未央「いつまで続くのこれ……」


凛「が、がはっ……」


未央「しぶりんは血を吐いてるし……」




初投稿です

前作
まゆ「安価でプロデューサーさんを墜としますよぉ」

その前ぐらい
モバP「飛鳥といちゃいちゃする」

5 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 02:07:24.51 ID:dw5koMjDO
P「汗だくだろ?」

P「よく見てくれ……」

未央「なに?霊とか?」

P「飛鳥が……可愛いだろ……?」

凛「ぐほっ」

卯月「蒼も血は赤いんですね」

10 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 10:28:51.25 ID:dw5koMjDO
飛鳥「ん?みんな集まってどうしたんだい?」


卯月「みんなで飛鳥ちゃんの写真を見てたんですよ!」

飛鳥「っ!?バカか!?P!」

P「な、なんだよ」

飛鳥「写真って……!!」

飛鳥「……なんだ、普通の写真か。ボクの思い過ごしだったみたいだ」

未央「んー?なにかみられちゃいけない写真でもあったのかなぁ?」

飛鳥「……な、ない」

未央「めっちゃ目をそらしてるじゃん!!プロデューサー!見せてよ!」

11 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 10:31:33.26 ID:dw5koMjDO
P「みられちゃいけないようなって……あ、あれかな」

未央「鞄から別のカメラが出てきた」

飛鳥「わぁぁ!?バカP!?それはパンドラの箱だ!あける覚悟はボクにはない!」

P「昨日の夜とった写真じゃないのか?」

飛鳥「そうだよ!それこそが禁忌さ!」

凛「なに、みせてよ」

バシッ

飛鳥「あっ、ちょ」

12 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 10:34:11.17 ID:dw5koMjDO
未央「こ、これって……」

卯月「盛った雌猫の写真ですね!」

凛「がふっ」

飛鳥「あ、ああぁぁぁ!!!////」

飛鳥「Pのバカァァ!」

P「人にバカっていっちゃいけないんだぞ」

飛鳥「理解の上だよ!今のキミにはこの言葉しかないじゃないか!」

14 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 18:05:34.94 ID:dw5koMjDO
卯月「行為はあれですけど、可愛い猫ちゃんですね!」

未央「犬好きのしぶりんが血を吐いちゃうくらいだもんね」

凛「不覚……」

飛鳥「……ん?」

飛鳥「……ちょっと失礼」

【盛った猫の写真】

飛鳥「……はい?」

15 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 22:48:09.60 ID:dw5koMjDO
P「猫の写真とはいえ、盛ってる奴を見せるのは気が引けてな」

飛鳥「……ボクの思い過ごしだったみたいだ」

飛鳥「キミがどんな話をしていたのかはしらないけど、ボクの名誉は守られていたみたいだしね」

飛鳥「少し席を外すよ、風に当たってくる」

飛鳥「寒くなり過ぎれない、秋の風に」

…………
……

16 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 22:51:21.86 ID:dw5koMjDO
P「いったか?」

P「んで、こっちが本命の猫宮飛鳥だ」

飛鳥「やっぱりか!!キミのことだから一度安心させると思ったよ!」

P「黒猫もよかったんだけど、白猫にしてみたんだ」

飛鳥「見せないで!恥ずかしいから!」

飛鳥「キミの前だけって約束だったじゃないか!」

P「名前を呼ぶと笑顔でにゃーって鳴いてくれたんだ」

飛鳥「あぁぁぁぁ!!」

17 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 22:53:33.74 ID:dw5koMjDO
飛鳥「……////」

卯月「隅っこで小さくなってますけど、いいんですか?」

P「照れ隠しだろう?続けるぞ」

P「昨日は猫だけじゃ物足りないから、犬宮飛鳥もやってもらってな」

18 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 22:56:26.14 ID:dw5koMjDO
…………
……
飛鳥「犬耳まで持ってるとはね、キミの探求心には恐れ入るよ」

P「ワンってつけてくれよ」

飛鳥「……キミはボクをどうしたいんだわん」

飛鳥「痛い奴では不満かい?ありのままのボクを晒していたんだけどね」

P「ワンってつけてくれよ」

飛鳥「……わんわん」

20 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 22:59:16.05 ID:dw5koMjDO
P「ほら、お手」

飛鳥「……変態か、キミは」

飛鳥「わん」ポフッ

P「よしよし」ナデナデ

飛鳥「……ん」

飛鳥「……で、次は?」

P「……次?」

飛鳥「もう終わりかい?それならボクは外すわん」

P「じゃあおすわり」

飛鳥「妥当な選択だ、でもさっきからずっと座ってるわん」

P「んー、お手」

21 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 23:03:08.59 ID:dw5koMjDO
飛鳥「……わん」ポフッ

P「よしよし」ナデナデ

飛鳥「……んん……」

P「よし、もういいか」

飛鳥「……」ポフッ

P「まだ何も言ってないぞ」

P「撫でられたいのか?」

飛鳥「違う」

22 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 23:05:16.35 ID:dw5koMjDO
飛鳥「この茶番を早く終わらせたいだけさ、キミが満足すれば終わりだろう?」

飛鳥「ボクは人として話をしたい、だからこそ仮初めの聴覚とは離れたいのさ」

P「お手」

飛鳥「わんわん」ポフッ

P「……」ナデナデ

飛鳥「……んっ……」

23 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/18(金) 23:08:14.00 ID:dw5koMjDO
飛鳥「次」ポフッ

P「……甘えてくる犬って撫で回したくなるよなー」

飛鳥「……っ」

飛鳥「…………~~っ!」

飛鳥「わんわん!わんわん!」スリスリ

P「よしよし」ナデナデ

飛鳥「んっ……!」

25 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/19(土) 03:02:26.75 ID:d5bRMjeDO
P「可愛いなぁ飛鳥は」ナデナデ

飛鳥「わんっ」スリスリ

P「髪もさらさらで、触ってるこっちも気持ちいいよ」

飛鳥「……ふふっ……///」

飛鳥「P、もっと甘やかしてくれるかい?」

飛鳥「今は、透明な首輪に支配されているからね」

26 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/19(土) 03:04:10.89 ID:d5bRMjeDO
…………
……

P「ということがあったんだよ」

飛鳥「殺してくれ」

凛「がっはぁ……!」

未央「顔真っ赤な奴と血で真っ赤な奴の共演だよ」

卯月「引き分けでいいんじゃないですか?」

28 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/19(土) 10:54:04.46 ID:d5bRMjeDO
飛鳥「キミは何故辱めを与えるんだ」

P「飛鳥は可愛いだろ?それは周知の事実でなければならないからな」

飛鳥「もう羞恥の事実だよ」

飛鳥「……まって、どこまで口を開いたのか、キミが垂れ流したシークレットは、あといくつあるんだ?」

卯月「ナース服でプロデューサーさんの看病したことと」

未央「メイド服でプロデューサーにご飯作ったことと」

凛「水着で胸もませたことなら聞いたよ」

飛鳥「もう死ぬ」

29 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/19(土) 10:56:58.78 ID:d5bRMjeDO
飛鳥「もうやだ……」

P「はいはい、ごめんな、お家帰ろうか」

飛鳥「かえる……」

…………
……
卯月「帰っちゃいましたね」

未央「今日はなにやらされるんだろうね」

凛「ちょっとレバニラ食べてくる」

卯月「ご一緒します!」

30 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/19(土) 11:00:05.44 ID:d5bRMjeDO
飛鳥「いいかい、キミの我が儘を躊躇うことなく受け入れたボクにも問題はある」

飛鳥「でも、それは公言されてはいけない。人の目の鎖がないから、ボクは自由だったんだ」

P「今日はこのチアガールがいいな」

飛鳥「聞いてるかい?今のテーゼを」

P「もう言わないから大丈夫だよ」

飛鳥「大丈夫、で大丈夫なら今のかな子はいない」

31 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/20(日) 02:17:50.91 ID:dN8Db/tDO
P「でも、いろんな飛鳥が見たいしなー」

P「飛鳥は可愛いから、なにきても似合うし」

P「昨日の飛鳥はもう天使かと思うくらい可愛かったなぁ」

P「……チアガール、見たいなぁ」

飛鳥「そこまで言うのなら仕方がない、か」

飛鳥「キミの思惑に惑わされるのも一興だ」

飛鳥「着替えてくるよ」

P(……チョロすぎるんだなぁ)

32 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/20(日) 02:19:01.04 ID:dN8Db/tDO
…………
翌日
……

P「飛鳥が可愛いんだ」

幸子「ボクよりですか?」


P「幸子はカワイイだろ?飛鳥は可愛いんだ」

幸子「……はて?ちょっといってる意味が分かりませんが褒められたのはわかります、よしとしましょう!」

P「聞いてくれよ、昨日なんかさ」

33 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/20(日) 02:19:47.03 ID:dN8Db/tDO
…………
……

P「飛鳥ー」

飛鳥「ん?キミがボクを呼び止めるなんて珍しい。その次の言の葉はお願いか、それとも」

P「いや、呼んだだけ」

飛鳥「……」

飛鳥「P……」

P「すまん」

飛鳥「なに、ボクも『呼んだだけ』さ。キミへの報復はこれぐらいで満たされる」

P「……可愛いなぁもう」ワシャワシャ

飛鳥「やめっ、崩れるじゃないか!」

……
…………

34 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/20(日) 02:21:50.22 ID:dN8Db/tDO
P「ってなわけだ」

幸子「昨日卯月さんたちがぐったりしている理由がわかりましたよ」

幸子「でも、聞いてあげましょう!ボクはカワイイので!」

P「ありがとな、昨日はチアガールのコスプ

バァンッ!

飛鳥「P!」

P「どうした、扉はもっと優しくあけよう」

37 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/21(月) 14:46:57.38 ID:hHTnn0MDO
飛鳥「口にガムテープを貼ってあげないといけないきがしてね」

P「気のせいじゃないか?」

飛鳥「いいや、今のキミの話は禁忌を蹂躙する匂いがした」

P「だったら唇で塞げばいいじゃないか」

飛鳥「……わかった」

38 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/21(月) 23:06:33.26 ID:hHTnn0MDO
P「え?おーい、どこにつれていくんだー?おーい?」ズルズル

ガチャッ

アスカー?ドウシタムグッ!?

幸子「……ぐほっ……事務所が赤く……」

幸子「ボクのカワイイバリアでも防げない甘ったるさ……かな子さんなら大丈夫でしょうか」

かな子「美味しいから大丈夫だよー」モグモグ


幸子「駄目みたいですね、虚空を食べてます」

39 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/21(月) 23:09:13.99 ID:hHTnn0MDO
ナンカイスルンダ!

キミハイチドデハタリナイミタイダカラネ
クチビルニカギヲカケルノサ

キスシタイダケダロ!

チ、チガウ!!

ホラ、オイデ、コシガクダケルホドキスシテアゲヨウ


カカッタナ!!

ア、ズルイゾ、ンー!ンンッー!!ンッ!!ンフゥッ!!

40 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/21(月) 23:13:26.91 ID:hHTnn0MDO
幸子「長いわっ!!」バァーン

飛鳥「んっ……んぅ……む……」

飛鳥「……P……幸子が見……んちゅ……」

幸子「なんで止めないんですか!!ボクがいるんですよ!」

飛鳥「P……すとっぷ……」

飛鳥「……ふぅ……」

飛鳥「やぁ、幸子。これは定めか、それと

幸子「今更取り繕っても遅いんですよ!!」

飛鳥「ちょっと手を貸してくれないか」ガクガク

幸子「本当に腰が抜けてるじゃないですか!」ガビーン

41 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/21(月) 23:16:45.76 ID:hHTnn0MDO
P「飛鳥は動けないみたいだし、話の続きをしようか」

幸子「畜生ですか!?」

P「昨日はチアコスで」

飛鳥「わぁぁぁぁぁ!!!」

飛鳥「んっ!んぅぅぅ!!!」

飛鳥「んひゅ……ふにゅ……」

P「チアコスをきてもらって」

幸子「強引過ぎますよ!というかどんだけはなしたいんですか!」

42 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/21(月) 23:19:51.08 ID:hHTnn0MDO
P「まぁきけ」

幸子「きけじゃないですよ、飛鳥さんがこのままだと死んでしまいそうですよ」

P「それは困るな、ほら立てるか?」

飛鳥「ん……うん……手を貸してもらえるかな」

飛鳥「ありがとう、っよいしょ……んむっ!?」

飛鳥「んっ……!」

飛鳥「あっ……P……?」

P「仮眠用の部屋でよかった、ベッドに寝かせるぞ」

トスン

飛鳥「……っあ……」

44 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/21(月) 23:23:01.39 ID:hHTnn0MDO
P「で、だ」

幸子「なにがですか!?解決してませんよ!」

P「飛鳥は寝ている、大丈夫だ」

P「俺のスーツを抱きしめて寝ているぞ」

飛鳥「ん……好き……」

幸子「あんなあまあまな飛鳥さん見たら蘭子さんが泣きますよ!?」

P「しょうがない……チアコスの話はみくにするか」

幸子「そうしてください!」

幸子(ごめんなさい前川さん……)

45 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/21(月) 23:25:48.62 ID:hHTnn0MDO
P「チアコスは置いといてナース服の話だけどな」

幸子「な・ん・で・そ・ん・な・に・着せてるんですか!!」

P「…………っ!俺の趣味だよ!!」

幸子「コスプレフェチですか!聞きたくなかった!」

幸子「ちひろさん大勝利じゃないですか!」

P「年増はちょっと」

緑「あとで覚えておけよな?」

49 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/24(木) 00:09:32.52 ID:PvKwDk4DO
ぼこぼこにされたP「昨日は調理中に指を怪我してしまってな」
…………
……
P「あとちょっとで夕飯できるからなー」

飛鳥「いつものことながら、キミに出来ないことを探す方が不可能に近いんじゃないかと感じるよ」

P「俺にだってできないことぐらいあっ……つう……」

飛鳥「っ!?大丈夫かい!?」

P「ちょっと切っただけだ、問題ない」

飛鳥「失礼するよ」

チュパッ

P「飛鳥!?」

50 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/24(木) 00:12:38.92 ID:PvKwDk4DO
飛鳥「……んっ、唾を付けておけば治るって、俗世の迷い言だろうけども。信じる価値はあるのかもしれない」

P「あ、ありがとう」

飛鳥「それとも、キミはもっと違った治療がお望みかい?」

P「……ごくっ」

飛鳥「ふふっ、正直なのはいいことさ。回りくどく伝えたいことが伝わらないよりはね」

飛鳥「ご飯が終わったら、遊戯をしよう。キミとボク、隠蔽される遊戯を」

51 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/24(木) 00:14:49.41 ID:PvKwDk4DO
…………
……

飛鳥「ナース服が新鮮かい?13日前にも着せたじゃないか」

飛鳥「もっとも、纏った時間は短かったけどね。キミの注射は速効性が強すぎる」

P「で、何をしてくれるんだ?」

飛鳥「治療さ。キミを治すためのね」

53 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/25(金) 01:06:49.77 ID:2NHYFf5DO
飛鳥「それじゃ、聴診器を当てるよ」

飛鳥「キミの鼓動を、聞かせて」

P「……そういやこの間俺に胸揉ませたな」

飛鳥「あれは鼓動を伝えたかったのさ、キミが指を動かさなければ問題なかっただろう」

P「んなムチャな」

飛鳥「ん、問題ないね」

P「ほんとにわかるのか?」

飛鳥「……少しは効果があったって事がね」

54 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/25(金) 01:10:29.40 ID:2NHYFf5DO
飛鳥「後は……触診かな、失礼するよ」

飛鳥「……肩が凝ってるね」

飛鳥「それだけ頑張ってくれているのが伝わるよ」

P「飛鳥を輝かせるためにも、力は抜けないからな」

飛鳥「ふふっ、ありがとう」

P「治療は終わりか?」

飛鳥「そうだね、キミの言葉も受け取れたし、満足したよ」

P「じゃあ俺の番だな」

55 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/25(金) 01:13:26.85 ID:2NHYFf5DO
飛鳥「は?」

飛鳥「ちょ、P?いきなり立ち上がって……っきゃ」

飛鳥「ず、随分乱暴にしてくれるじゃないか」

飛鳥「ひゃっ、ちょっ!?」

飛鳥「そ、そりゃ勝負用に……って!!見るな!」

飛鳥「あー!ちょぉっ!」

飛鳥「明日レッスンなんだって!!体力がっ!」




「ふわぁぁぁぁ!」

56 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/25(金) 01:17:42.54 ID:2NHYFf5DO
…………
……
P「ということがあってな」

飛鳥「」

幸子「何度止めても話すし聞く気のない夜の話までありがとうございましたねぇ!」

P「どういたしまして」

幸子「皮肉ですよ!」

幸子「絶対他の人には言っちゃいけませんからね!?」

P「飛鳥とのヒストリーを、か?」

幸子「ちょっと感染してきてる!?」ガビーン

57 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/25(金) 01:19:20.94 ID:2NHYFf5DO
P「なに、心配はいらないさ」

飛鳥「心配しかないんだけれど」

P「俺は、飛鳥一筋だからな」

幸子「いきなりなんですか、聞いてればわかりますよ」

飛鳥「P……///」

幸子「ちょろい!?」

58 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/25(金) 01:20:29.58 ID:2NHYFf5DO
P「さ、かえろうか」

飛鳥「そうだね、愛を紡ごう」

P「幸子、ありがとなー」

飛鳥「P、手」

飛鳥「……ん♪」

59 : ◆1vv9w0SP82 2016/11/25(金) 01:22:15.26 ID:2NHYFf5DO
幸子「あの二人はようやく帰りましたか……飛鳥P特有の既に同棲してる事実には目を瞑りましょう」

幸子「……さて」

凛「」

まゆ「」


響子「」


幸子「血を吐いたこの三人を、どうしましょうか」

終わり



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「飛鳥が可愛い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479397826/

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 043二宮飛鳥
歌、トーク:二宮飛鳥(CV:青木志貴)
日本コロムビア (2016-03-02)
売り上げランキング: 551

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/16465-ac9e1ea8