ヘッドライン

モバP「千秋、これなーんだ?」

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1378002848/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/01(日) 11:34:08.73 ID:mHa3kShy0
のんびりと書いていきます

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/01(日) 12:20:32.26 ID:mHa3kShy0
P「千秋、これなーんだ?」

千秋「なによこれ?」



P「ファンレターだよ、お前への」

千秋「私に?」

P「すごいな、もうファンレターが来たぞ」

千秋「そうね、ちょっと驚いたわ」

P「これからもっとたくさん来るぞ!」

千秋「ありがとう、読んでみるわね」

P「ああ、ごゆっくり」テクテク...

千秋「『応援しています 頑張ってください!』か....」

千秋「ふふっ、嬉しいものね」

千秋「頑張ろうかしら....」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/01(日) 12:29:21.46 ID:mHa3kShy0
P「千秋、これなーんだ?」

千秋「これは....」

P「今度のライブの衣装だ!」

千秋「素敵なドレスね...」

P「だろ?これを着ればきっとみんなお前に夢中だ!」

千秋「でも、こんなの高かったんじゃないの?」

P「そのへんはまあ....ウチのグリーンデビルに頭を下げてだな...」


ちひろ「誰の事ですか、それ?」ゴゴゴゴゴ...


P「い、いや...なんでも...」

千秋「ありがとうプロデューサー、私もこの衣装に負けないように精一杯頑張るわ」

P「おう!頑張れよ!」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/01(日) 12:39:23.76 ID:mHa3kShy0
パチパチパチパチ...



P「お疲れ様、千秋」

千秋「プロデューサー、ゴメンなさい....」

P「いいよ、気にするなって」

千秋「でも...せっかくアナタが素敵な衣装を用意してくれたのに...全然ダメだったわ...」

P「そんな日もあるさ、これからまた頑張ればいいって」

千秋「....」

P「えっと....そうだ!千秋、これなーんだ?」

千秋「....なに?」

P「黒真珠だよ、綺麗だろ?」

千秋「どうしたの、こんなもの....」

P「買ったんだ、ちょっと無理しちゃったけど....」

千秋「どうして?」

P「店頭で見つけてさ、あんまり綺麗だったからな、もらってくれ」

千秋「そんな....」

P「いいって、本当は勝利のお祝いにと思ったけど....ちょっと予定が狂っちゃったな」

千秋「....ありがとう」スッ

千秋「次は....アナタがくれたこの黒真珠に誓って、必ず勝つわ!」

P「ああ、その意気だ」

千秋「ちゃんと見ててね、プロデューサー」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/01(日) 12:43:53.62 ID:mHa3kShy0
P「千秋、よっと....これなーんだ?」ドサッ

千秋「なんなの、このダンボールは...」

P「ふふん、全部お前へのファンレターだ!」

千秋「これが....全部?」

P「そうだ!嬉しいか?」

千秋「まだ全然有名でもない私にどうしてこんなに来るのかしら?」

P「いや...それはやっぱりその...見てる人は見てるんだよ!」

千秋「そういうものなの?」

P「そういうものだ!じゃ、確かに渡したぞ」テクテク...

千秋「すごい量ね....あら?」

千秋「よく見ると....これも、これも....」



千秋「バカね...字が同じじゃない....」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/01(日) 12:51:11.01 ID:mHa3kShy0
P「千秋、これなーんだ?」

千秋「なんなのそれ?」

P「知恵の輪だよ、やったことないか?」

千秋「ないわね...」

P「やってみろよ、ほら」

千秋「どうすればいいの?」

P「その組み合わさったパーツを外せばいいんだ、簡単だろ?」

千秋「そうね、できそうだわ」

P「ちなみに、俺は一分でできたぞ」

千秋「ここをこうすれば....あら?」

千秋「じゃあここで...あれ、外れない....」

P「おやおや~、どうしたのかな黒川さん?」ニヤニヤ

千秋「う、うるさいわね!今外すから待ってて!」カチャカチャ...


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/01(日) 13:01:48.93 ID:mHa3kShy0
P「千秋、これなーんだ?」

千秋「雑誌?」

P「そう、お前のグラビアが載った雑誌の見本だ」

千秋「できたのね、見せてくれない?」

P「ああ、一緒に見よう」

千秋「どんな風に写ってるのかしら....」

P「おおっ!セクシーだ!」

千秋「や、やめてちょうだいそういう言い方!」

P「いや、でもこれなんかすごいぞ....」

千秋「こ、これは....」

P「全国の青少年がお前のファンになっちゃうな...」

千秋「っっ!!!」バシバシ!

P「痛てえ!無言で叩くなよ!」

千秋「い、いちいち卑猥なのよ!」

P「だけど、綺麗に撮れてるぞ、お前の魅力を引き出してくれてる」

千秋「それは....まあ、否定しないけど....」

P「この写真は額に入れて事務所に飾っておこう!」

千秋「や、やめてったら!」

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/01(日) 16:35:54.09 ID:mHa3kShy0
P「千秋、これなーんだ?」

千秋「あら、そのCD...」

P「お前が欲しがってたクラシックのCDだ」

千秋「もしかして....探してきてくれたの?」

P「まあ、自分のを探すついでにな」

千秋「代金を....」

P「いいって!本当に!」

千秋「ありがとう....本当に...」

P「喜んでもらえれば何よりだ」

千秋「ねえ、聴いてみた?」

P「いやあ、よくわからなくてだな....あっ、プレイヤーならここにあるぞ?」

千秋「じゃあいっしょに聴きましょう、わからないところは教えてあげるから....」

P「それじゃ、お願いしようかな」

千秋「ええ、任せてちょうだい」

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/01(日) 18:42:22.65 ID:mHa3kShy0
P「千秋、これなーんだ?」

千秋「シュークリーム?」

P「ああ、営業先の人からもらったんだよ」

千秋「これ、雑誌で見たことがあるわ」

P「らしいな、高級品だぞこれ」

千秋「食べてもいいの?」

P「もちろんだ、どうぞ」

千秋「じゃあいただくわ」


パクッ


P「どうだ?」

千秋「うん...美味しいわ」

P「おお、そりゃよかった」

千秋「Pさんは食べないの?」

P「そりゃもちろん食べるよ」

千秋「だったら....」スッ


千秋「あ、あーん...」


P「えっ、それは....」

千秋「は、早くしてちょうだい...誰か来ちゃうわ....」

P「じゃあ....あーん...」パクッ

千秋「ど、どう?」

P「お、美味しいぞ、とっても...」

千秋「そう....ならよかったわ」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/01(日) 18:55:09.47 ID:mHa3kShy0
P「千秋、これなーんだ?」

千秋「ポスター?」

P「その通り、ジャーン!お前の単独ライブのポスター、出来たぞ」

千秋「これが...」

P「ああ、ついにここまで来たな!」

千秋「まだ夢でも見ているみたいよ、私が単独でライブだなんて....」

P「なに言ってるんだ、自信を持て!お前ならやれるさ」

千秋「....ええ、アナタがそう言ってくれると、なんだか本当にそんな気持ちになってくるわ....」

P「そう言ってくれただけで俺も嬉しいよ」

千秋「ふふっ、レッスン頑張らないとね」

P「まあな、期待してるぞ千秋!」

千秋「大丈夫、しっかり見ていて....私の事を.....」

20 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/01(日) 23:47:04.80 ID:mHa3kShy0
P「千秋、お疲れ様」

千秋「まだドキドキしているわ...」

P「無理もないさ、俺もドキドキしてる」

千秋「ねえPさん、私どうだった?」

P「あのファンの反応を見ればわかるだろう?」

P「満員のドームの観客がみんなお前の歌声に聴き惚れていた」

P「俺が魅力的に思わないはずがないだろ」

P「文句なし、百点満点さ」

千秋「ふふっ....ありがとう」

P「それじゃ....千秋の単独ライブの大成功を祝って...」

千秋「ええ....」



『乾杯♪』

21 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/01(日) 23:57:01.92 ID:mHa3kShy0
千秋「Pさん、今まで本当にありがとう」

P「俺は何もしてないさ、全部千秋の頑張りだよ」

千秋「ふふっ、本当にそうかしら?」

P「なんの事だ?」

千秋「これよ」ピラッ

P「それは....」

千秋「『応援しています 頑張ってください!』」

千秋「いつも届いていたわ....このファンレター...」

千秋「ねっ、Pさん?」

P「気づいてたのか....」

千秋「当たり前よ、字が全部Pさんと同じだもの....」

千秋「それにデビューしたばかりの頃の私にあんなに大量のファンレターが届くわけないわ」

千秋「Pさんが書いてくれていたんでしょ?」

P「それはだな....お前を少しでもやる気を出してもらおうと....」

千秋「ええ、Pさんの気持ちはしっかりと届いていたわ」

千秋「この文字を見るたびに、落ち込んだ時でも元気をもらえた....」

千秋「そして...落ち込んだ時でも、いつもアナタが元気をくれた....」

千秋「アナタは私にいろいろな物をくれたのよ、Pさん」

22 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 00:02:36.48 ID:KOdR8O6L0
P「そうか...」

千秋「本当にありがとう、私をプロデュースしてくれて...」

千秋「アナタにプロデュースされて、本当によかった...」

千秋「感謝してもしきれないわ、Pさん...」

P「....千秋」

千秋「なに?」

P「これ、なーんだ?」

千秋「...封筒?」

P「ああ、開けてみてくれ」


バリッ


千秋「これは....指輪?」



P「結婚してくれないか、千秋」

23 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 00:08:13.13 ID:+qcRqQJro
えんだあああああああああああ

24 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 00:08:36.50 ID:Qyna6Svgo
いやああああああ

25 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 00:13:32.26 ID:Xv2p7l7Ko
他アイドル「いやああああああああ!」

26 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 00:14:48.01 ID:KOdR8O6L0
千秋「....」

P「ど、どうだ?」

千秋「あっ、ゴメンなさい...驚いちゃって...」

P「で、その....答えは?」

千秋「....私でいいの?」

P「....ああ」

P「お前のプロデューサーとして、そしてお前のファン第一号として....」

P「ずっとお前を近くで見ていたい...」

P「だから千秋、俺と結婚してくれ」

千秋「.....はい」

P「よかった...」

千秋「ねえ、これ...はめてくれない?」

P「もちろんだ」


スッ...


千秋「...嬉しいわ」

P「そうか?」

千秋「ええ、当然じゃない...」ポロッ..

千秋「Pさん...」ギュッ



千秋「私をずっとアナタの隣にいさせてください....」

27 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 00:21:03.30 ID:KOdR8O6L0
-------



P「おーい千秋!マイハニー!」

千秋「なあに?」

P「これなーんだ?」

千秋「あら、それは....」

「パパー、それなーに?」

P「ママがアイドルになりたての頃の写真だよ」

「わー、きれいなドレス....」

千秋「恥ずかしいわ、この頃はとても下手だったから...」

「あっ、このくろいほうせきって、ママがときどきつけてるやつ?」

千秋「そうよ、ママがパパからもらった物なの、だから大事な時につけてるの...」

「ぼく、ママのうたききたいな―!」

「わたしもー!」

千秋「ええ、あとで歌ってあげる....」ナデナデ

28 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 00:38:15.78 ID:KOdR8O6L0
「わたしもママみたいにきれいになれる?」

P「なれるさ、きっとスゴイ美人になるぞ」

「ありがとー、パパ♪」

「じゃあぼくはママみたいなきれいなおよめさんもらうんだ!」

P「ママみたいなのか?それはやめといた方がいいかもなぁ...」

「なんで?」

P「ママは意外と嫉妬深いし、頑固だから色々と大変で...」

千秋「えいっ」ペシッ

P「いてっ」

千秋「大丈夫よ、きっとママよりずっと素敵な人と出逢えるから....」

「うん、ありがとうママ!」

29 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 00:42:33.53 ID:KOdR8O6L0
P「あらら、ママに嫌われたかな?」

千秋「どうかしらね、アナタがあんまりイジワルすると本当に嫌いになっちゃうわよ?」

P「そ、それはいやだな....」

千秋「冗談よ、ファン一号さん♪」

P「よく覚えてるな....」

千秋「忘れるはずないわ、大事な思い出だもの...」

P「そうか....」

千秋「そう、そしてアナタの傍でこうしていられるのがとても幸せよ...」

P「なんだ、今日の千秋は甘えん坊だな」ナデナデ

千秋「そういう日もあるでしょ?」

P「だな、今日は家でのんびりしてようか」

千秋「ええ、それとね?」

P「んっ?」




千秋「愛してるわ、アナタ」

P「俺もだ、千秋」




おわり

30 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 00:46:04.09 ID:KOdR8O6L0
駄文失礼しました~
短いですがこれで終わりです
黒川さん最近ちょっとお気に入りです また書きたいな~
あと以前書いたみくのSSと似たような感じになっちゃいました
ワンパターンとか言わないで....
ではまた~


モバP「みくー、おいでー」

32 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 01:29:24.25 ID:u6GJnHOu0
おっつ!




[ 2013/09/02 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/1604-ded4e01b