ヘッドライン

P「律子…お前なんだその格好は!?」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 10:18:55.35 ID:Zz37UlnRP
律子「わ、わぁ!!プロデューサーどうして……」

P「たまには早めにと思ってな、ってそれはいい。バ、バニーガールなんてお前……」

律子「やっぱり変……ですかね……」

P「い、いや!変じゃない!むしろ最高なんだが……」

律子「さ、最高って……お世辞でも嬉しいですけど」

P「お世辞っていうか……ギャップがすごい……一体どうしたんだ?」

律子「お恥ずかしい話なんですが……イベント用に届いたこれの完成度があまりにも高く……」

P「でつい、着ちゃったと」

律子「はい……」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 10:26:43.08 ID:Zz37UlnRP
P「ついってレベルじゃないけどな。全身すっかりバニーガールだ」

律子「あ、あまり見ないでください……」

P「そう言われてもなぁ……胸やら太ももやら……」

律子「ちょ、ちょっと!聞こえてますよ!」

P「しかも谷間が……って、まさかバニーだけでブラもしてな……」

律子「わー!聞こえません!も、もういいです!着替えて来ます!!」

P「え、もう?」

律子「な、なんですか……」

P「いや、どうせならアイドルたちにも見せたらどうかと思ったんだが」

律子「ゼッタイ嫌です。あの子たちに見せられるような体型じゃないですし」

P「そんなことないと思うがなあ……あ、じゃせめて写真を」

律子「だ、ダメですよ!結局見せることになるじゃないですか!」

P「だってこんな律子もう見られないだろうし」

律子「うぅ……なんでこんな格好しちゃったんだろう、私……」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 10:33:21.95 ID:Zz37UlnRP
P「じゃあ分かった。写真は諦めるからバニーっぽいことを頼む」

律子「どういう取引なんですかそれ……そんなこと言ったって具体的になにするか知らないですよ?」

P「確かに俺も詳しくは……それじゃ、ウサギの真似で行こう」

律子「……もうからかってますよね」

P「何を言ってるんだ!大真面目だよ!ほら、手を耳にして、ピョン♪って!」

律子 「ば、ばっかじゃないですか!絶対やりませんから!」

P「えー……」

律子「そんなガッカリすることですか……?」

P「……実は俺、バニーガールフェチでな」

律子「初耳ですよ……いや、聞きたくないですけど別に」

P「頼む!この通り!ちょこっと!すぐ終わるだろ?な?」

律子「……これだけですからね?」

P「本当か!?あぁ、約束する!」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 10:38:14.11 ID:Zz37UlnRP
律子「それじゃ……コホン……ピョン♪」

P「……」

律子「ど、どうでしたか……?」

P「……」

律子「プ、プロデューサー……?」」

P「……ピョン、か」

律子「や、やめてください!あ、あぁもう!今になって急に恥ずかしく!」

P「いや、俺の一生の宝物になる、さっきの映像と音声は」

律子「消してください脳内から!あぁもう!き、着替えて来ます!!」


P「……バニーガールいいな」

バニーガール編 完

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 10:43:55.88 ID:Zz37UlnRP
律子「散々ですよもう……急に降って来るなんて」

P「だからってお前……見てみろよ……」

律子「え?わ、わっ!ちょ、ちょっと見ないでください!」

P「透けすぎだろ……どんな薄着なんだよ」

律子「今日は快晴って天気予報ぎ言ってたんです!土砂降りじゃないあのインチキ予報士……」

P「とりあえず服脱がないと風邪引くぞ?」

律子「……乾燥機はあっても、シャワーないですよ事務所」

P「あ、そういえばそうか……でもまあ着替えないよりはマシじゃないか?」

律子「いいです。もう晴れて来て気温も上がってきまし、上しか濡れてないのですぐ乾きます」

P「だからってお前それ……」

律子「なんですか……」

P「……エロい」

律子「ば、バカですか!セクハラで訴えますよ!」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 11:06:17.60 ID:Zz37UlnRP
P「だからってお前、見ない方が不自然だろ。ブラの模様までくっきり……」

律子「それ以上言ったら、本気で通報します」

P「すみません調子乗りました」

律子「全く……そっち向いてて下さい、一応恥ずかしいので……」

P「あ、あぁそうだな……」

律子「はぁ……結構お気に入りだったんだけどなぁ……シワになっちゃうかな……」

P「確かに洒落てるよな」

律子「だ、だからさらっとこっち見ない下さい!」

P「だってー」

律子「だってじゃないです!」

P「こう、胸を腕で包まれると強調されるとさぁ……」

律子「い、良い加減にして下さい!」

P「すみません……」

律子「もう……で、でも」

P「ん?」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 11:13:12.89 ID:Zz37UlnRP
律子「そんなに、こう……エ、エ…色っぽいですか?」

P「そりゃもう、写真集出せるレベルには」

律子「っ~~!」

P「お前はもっと自信をもっていい。いや、むしろ自覚してくれ」

律子「……大げさな」

P「心から思ってるけど?」

律子「……」

P「そんなシチュエーションがなくても可愛いんだから、見るなって方が無理なんだよ」

律子「も、もういいです!!やっぱり気持ち悪いから着替えてきます!!」


P「素晴らしかったな、今度牛乳かなにかをうまい具合に……流石に命が危ないか」

雨に濡れて透け透け編 完



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 11:15:25.33 ID:Fgo+9FLz0
なんて可愛いんだ

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 11:24:19.13 ID:Zz37UlnRP
律子「こっちが聞きたいですよ……」

P「711の制服、か」

律子「コラボということで、一人選ばれることになったんですが、どうしてか多数決で私に……」

P「まあ……なんとなくわかるが」

律子「い、いやおかしいじゃないですか!私プロデューサーですよ?」

P「でもなぁ、他の奴らはファミレスとかハンバーガーとからぁめんが似合う感じだし」

律子「……言われてみればみんなそれぞれ他に適役を持ってるんですね」

P「だろ?なら、素直に喜んどくべきだ。せっかく似合ってるんだしさ」

律子「あ、ありがとうございます……」

P「声が小さいぞ!」

律子「プ、プロデューサー?」

P「用はバイトみたいなもんだろ?声を出す練習しといた方がいいんじゃないか?」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 11:30:40.96 ID:Zz37UlnRP
律子「た、確かに……」

P「それじゃあ続いて!いらっしゃいませ!」

律子「い、いらっしゃいませ!」

P「ありがとうございました!」

律子「ありがとうございました!」

P「もっと!腹から!」

律子「あ、ありがとうございました!!」

P「またおこし下さいませ!」

律子「またおこし下さいませ!」

P「プロデューサーが大好きです!」

律子「プロデューサーが大好き……で……あ、あれ?って、ちょっと!!」

P「まさかひっかかるとは……」

律子「そ、そりゃひっかかりますよ!人が真剣にやってるのに!」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 11:36:07.61 ID:Zz37UlnRP
P「悪い悪い、つい」

律子「もう……それにしても、手慣れてますよね。もしかして経験者ですか?」

P「あ、まぁな。学生時代にちょこっと。声出しだけは負けなかったな」

律子「へぇ、意外ですね」

P「そうか?俺はむしろ律子が未経験ってことのが意外」

律子「私、そんな印象あります?」

P「あぁ。どっちかっていうとローソンだけど」

律子「なんですかそれ……まあ私もローソンの方が好きですけど」

P「律子、それ禁句だから気をつけろ……」

律子「あっと……すみません。気をつけます……」

P「うん、でもやっぱりコンビニがしっくりくる」

律子「その印象は一体どこから……」

P「うーん……メガネ?」

律子「……ふざけてます?」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 11:43:31.51 ID:Zz37UlnRP
P「至って真面目なんだが。俺は好きだぞ、そのメガネ」

律子「メガネ、ですか……」

P「あぁ、そりゃ律子自体も好きだけど」

律子「い、いやそういう意味じゃ……まあ、ありがたく受け取っておきますよ……」

P「まあ、印象といい今の感じといい、完璧だろう!当日は期待してるぞ!」

律子「変なプレッシャーかけないで下さい……でも、せっかく教えてもらったので頑張りますけど」

P「俺でできたんだ、気負うことはないさ」

律子「あ、そういえばそうでした。なら、大丈夫そうですね」

P「それどういう意味……いや、自分で言ったけどさ……」

律子「ふふっ。あっ、それじゃ汚れちゃうといけないのでそろそろ着替えてきますね」


P「ローソンでもファミマでもコンビニ律子可愛い!」

711の制服編 完



元スレ: P「律子…お前なんだその格好は!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347835368/

アイドルマスター 秋月律子 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2017-05-31)
売り上げランキング: 5,571

[ 2017/01/20 18:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/15974-2e5a574d