ヘッドライン

みほ「合コン道」沙織「始めるわよ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472815101/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 20:18:22.11 ID:bzcPtzlL0
沙織「モテたい!」

麻子「何だ急に」

華「またいつものですか」

沙織「だって全国大会優勝したのにおかしくない!?」

優花里「でも、ファンレターとかはいっぱい来てるんですよね?」

沙織「うん、1日5通くらい来てる。でもそういうんじゃなくて!」

沙織「彼氏が欲しいの!ちやほやされたいんじゃなくて一人に愛されたいの!」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 20:21:25.15 ID:bzcPtzlL0
沙織「だいたい、ファンレターも戦車道やりたての女の子とかやろうか迷ってるって女の子からばっかりだし」

優花里「いいじゃないですか。私は戦車についてお話ししたいっていうおじさまからしか来ませんよ」

麻子「私はクラスの目立たない子からあなたを見て私も力をもらいましたってのしか来ない」

華「私は全国の大盛り自慢のお店を紹介するお便りをよくもらいます」

沙織「みぽりんは?」

みほ「私!?私は老若男女幅広くもらうかなー」

優花里「西住殿、一時期は1日100通くらい来てましたもんね」

みほ「うん、さすがに今は減ったけどね」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 20:23:49.08 ID:bzcPtzlL0
沙織「え、そんなに貰ってたの!?」

麻子「まあ、西住さんは試合中ずっと顔が映ってたからな」

華「バンドで言うボーカルですものね」

沙織「その中から付き合ってください!みたいな手紙ないの?」

みほ「あるはあるけど……実際付き合えないし、ちょっと気持ち悪いから捨てちゃうなあ」

沙織「えええ、もったいない!」

麻子「もったいないって……」

沙織「だって私にそんな手紙一通も来ないもん!」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 20:27:07.48 ID:bzcPtzlL0
みほ「でも、中には本当に気持ち悪い手紙とかあるよ……」

優花里「えー!西住殿に不快な思いをさせるなんて許せませんね!」

沙織「やっぱりさぁ、そんな中から無差別に相手を探すのって無理だよね」

華「お手紙じゃ顔もわかりませんしね」

沙織「そこで思ったんだけど、マクロの視点じゃなくてミクロの視点が大事なんじゃないかな」

麻子「ミクロな視点とは?」

沙織「合コン!!やらない!?」

「「「「・・・・」」」」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 20:29:49.59 ID:bzcPtzlL0
沙織「なんでそんな冷めてんの!?」

麻子「だって、なぁ」

華「まぁ、そうですね……」

優花里「大体お相手はどうするんですか?男の方5人も用意出来るんですか?」

沙織「これは練習だから!女の人に男の振りしてもらおうよ!」

「「「「・・・・」」」」

沙織「だから冷めないでよ!」

麻子「くだらん、却下」

沙織「なんでよ!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 20:32:20.62 ID:bzcPtzlL0
華「そんな練習に意味があるんでしょうか……」

沙織「ある!誰だって最初は初めてなんだよ!?」

沙織「みぽりんだって華だってゆかりんだって、まぁ麻子は最初から出来てたけど最初は戦車道上手くいかなかったでしょ!」

沙織「そりゃそうだよ!誰だって練習しなきゃ上手くならないよ!」

優花里「だからって合コンの練習ですか……」

沙織「はいその考え方がダメ!」

沙織「みんな大学行ったら一回必ず合コンするよね?」

沙織「その一回で悪い男に引っかかったら人生終わるかもしれないんだよ!?」

麻子「大袈裟すぎるだろう」

沙織「お酒に睡眠薬盛られてホテル連れ込まれて妊娠させられるかもしれないじゃん!」

優花里「どんな妄想なんですかそれ」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 20:36:16.67 ID:bzcPtzlL0
華「そんなことしてたサークルが昔逮捕されてましたよ」

沙織「だから!合コンそのものに慣れておかないといけないの!」

みほ「まぁ、一理あるかもね」

華麻子「えぇ!?」

みほ「どんなことだって反復練習は大事だよ、戦車道も合コンもね」

優花里「私も西住殿に賛成です!」

麻子(……早々に掌返しやがって)

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 20:39:26.45 ID:bzcPtzlL0
華「でも、お相手はどうするんですか?女性5人もセットするの大変じゃないですか?」

沙織「それは向こう側の幹事に任せようよ!誰が来るか知らない方が楽しいじゃん!」

麻子「その幹事は誰にするんだ?」

沙織「うん、アンツィオ高校のアンチョビさんにしようと思ってる」

優花里「おー、いいじゃないですか。顔広そうですし」

麻子「よく説明しておけよ、女が10人集まるただの会じゃ意味ないからな」

華「冷泉さん意外と乗り気ですか?」

麻子「ま、まぁ私もしたくないわけじゃないからな」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 20:44:56.02 ID:bzcPtzlL0
―――合コン当日

沙織「ねえ、髪大丈夫かな?分け目こっちでおかしくない?」

麻子「大丈夫だって何回も言ってるだろう、ちょっと落ち着け」

優花里「待ち合わせは6時でしたよね」

みほ「うわー誰が来るんだろう、ドキドキだなぁ」

華「私はどんな料理が食べられるか楽しみです」

沙織「言っとくけど!簡単にお持ち帰りされちゃダメだからね」

麻子「女同士の練習なんだろう」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 20:48:13.69 ID:bzcPtzlL0
沙織「わかんないじゃん!(ノンアルコールの)お酒の勢いでつい……ってこともあるかもしれないし!」

みほ「まあ気楽に行こうよ。お願いね幹事さん」

沙織「うん。あっ、ちょっと待って。アンチョビさんから電話来た」

沙織「はい、もしもし。はい、はい。わかりました。じゃあ向かいますね」

沙織「男性陣全員揃ったって!」

華「この場合は男性陣で合ってるのでしょうか」

麻子「まあ便宜上、な」

優花里「では行きましょうか!」

沙織「ねえ、この服おかしくないよね?」

みほ「大丈夫だから!!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 20:58:46.32 ID:bzcPtzlL0
――店内

沙織「すみません、10人で予約してた武部ですけど」

「はい武部様、こちらご案内しますね」

アンチョビ「おー沙織こっちだ」

沙織「あっ、アンチョビさん!」

アンチョビ「おーい、みんな女の子来たぞ」

みほ「こ、こんばんわー」

みほ「え」

みほ(お姉ちゃんいるし!)

まほ(久しぶりだな、みほ。大会以来か)

みほ(なんでお姉ちゃんが……やめてよもー)

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 21:04:36.90 ID:bzcPtzlL0
優花里「今日はよろしくお願いします!」

ケイ「ハーイ、オッドボール!今日は楽しもうね」

優花里「ケ、ケイ殿!?お久しぶりです!」

麻子「よろしく頼む」

カチューシャ「遅いわよ!このカチューシャを待たせるなんて(以下略」

華「お邪魔しますー」

ダージリン「あらあら、皆さん随分とおめかしされているようね」

アンチョビ「じゃあ全員揃ったところで、飲み物頼むか」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 21:11:02.44 ID:bzcPtzlL0
沙織「すみませーん」

まほ「全員(ノンアルコール)ビールで構わないか?」

華「え、あの……」

ダージリン「ダメに決まってるでしょう。みんなあなたみたいに強くないのよ」

カチューシャ「カチューシャは(ノンアルコール)ウォッカトニックがいいわ!」

みほ「私は(ノンアルコール)ビールでいいよ」

華「私は(ノンアルコール)カルーアミルクで……」

麻子「(ノンアルコール)日本酒とかないのか?」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 21:16:56.84 ID:bzcPtzlL0

―――

アンチョビ「えー皆さん、全員飲み物が来たところで」

アンチョビ「今日は楽しい夜にしましょう、かんぱーい!」

「「「「かんぱーい!」」」

アンチョビ「まぁ、全員顔見知りだけど一応自己紹介しよっか」

アンチョビ「私はアンツィオ高校のアンチョビ!趣味はまー読書かな!あ、料理も得意だから食べたい人は言ってくれな!」

まほ「黒森峰の西住まほだ。最近の趣味は……ランニングと筋トレかな。それに付き合ってくれる人を募集中だ」

ダージリン「聖グロリアーナ学園のダージリンよ、今日は素敵な会にしましょう。優雅なティータイムを一緒に過ごせる方が好きよ」

カチューシャ「プラウダ高校のカチューシャよ!私のタイプは私より背の小さい人ね!」

ケイ「私はサンダース付属のケイよ!本当はみんなでパーティーしたかったんだけど……今日はパートナーを探しに来たからよろしく!」

パチパチパチ

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 21:19:50.59 ID:bzcPtzlL0
沙織(いいじゃんいいじゃん!なんかそれっぽい!)

華(ちょっとだけがっついたところが見えるのがなんかリアルですね……)

麻子(カチューシャさんは幼稚園に行かないと無理だろう)

みほ(なんでお姉ちゃんがいるの……)

優花里「じゃあこちらも自己紹介しましょうか」

沙織「はい!じゃあ私から」

沙織「大洗女子学園の武部沙織です!趣味はヨガと料理とカフェ巡りです!」

麻子(嘘つけ、ヨガ以外全部嘘だろう)

華(ヨガも3日だけやって飽きたって言ってましたよね)

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 21:23:06.17 ID:bzcPtzlL0
アンチョビ「おお!沙織も料理好きなのか!」

沙織「はい!パスタも作りますよ」

アンチョビ「本当か!じゃあ今度さ!」

ダージリン「ちょっと、話盛り上がるのはいいけれど全員の自己紹介が終わってからにしてくれるかしら」

アンチョビ「あぁ、すまん」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 21:28:53.06 ID:bzcPtzlL0
華「同じく大洗女子学園の五十鈴華です。趣味は生け花と……最近太ってきたのでダイエットかしら」

カチューシャ「全然太ってるように見えないけどね」

ダージリン「女性はちょっとぽっちゃりくらいが健康でいいですわよ?」

優花里(そんな話したことありましたっけ?)

沙織(まぁ女が太ってるって言って男がそんなことないってのは会話の定番の流れだからね)

ケイ「アメリカじゃあなたなんて痩せすぎて心配されちゃうレベルよ!何か運動をしているの?」

華「はい。ウォーキングとか、でしょうか」

まほ「走るのはどうだ。気持ちいいし、多分ウォーキングよりダイエット効果あるぞ」

華「そうですね、是非機会があったらご一緒してもよろしいですか?」

まほ「あぁ、二人で走ると気持ちいいからな」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 21:34:25.86 ID:bzcPtzlL0
優花里「はい!じゃあ次は私です!」

優花里「大洗女子学園の秋山優花里と言います!趣味が戦車のグッズ集めです!」

「「「・・・」」」

優花里(えっ、なんですかこの空気は)

沙織(やっちゃったねゆかりん)

麻子(戦車関連はみんなが大前提にある趣味なんだ、そこは敢えて避けてたんだが)

優花里「あっ!私も筋トレします!西住殿もされるんですよね!?」

まほみほ「えっ?」

優花里「あぁ、お姉さんの方です!」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 21:40:48.63 ID:bzcPtzlL0
まほ「あぁ、腹筋や腕立て、後は器具を使った筋トレを少々」

優花里「私もしてるんですけど中々効果が出なくて……」

まほ「筋トレはやり方を間違えると効果が半減すると言われているからな」

優花里「じゃあ是非正しい方法を教えてください!」

まほ「あぁ、機会があったらな」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 21:43:52.33 ID:bzcPtzlL0

麻子「冷泉麻子、趣味は特になし」

カチューシャ「……終わりっ!?」

麻子「あぁ、終わりだ」

ダージリン「もうちょっとあなたのこと教えていただきたいわ」

麻子「好きな食べ物は果物のケーキ」

カチューシャ「青森のりんごケーキはどうかしら!?すっごく甘くて美味しいわよ!」

麻子「いいなりんごのケーキ」

カチューシャ「是非食べに来なさいよ!おもてなしするわよ!」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 21:46:52.87 ID:bzcPtzlL0
沙織「じゃあ最後はみぽりん!」

みほ(なんなの、なんなのこれ)

みほ(全員が誰かしらにハマろうと寄せて行ってるこの違和感。これが合コンなの?)

みほ「に、西住みほです。趣味はぬいぐるみ集めです」

まほ「そういえばボコが好きだったな、みほは」

ケイ「あー、あのクマのやつ?」

ダージリン「可愛いわよね、あのクマ」

みほ「えぇ!?ダージリンさんボコの可愛さわかります!?」

ダージリン「え、えぇ。まぁ一応は」

みほ「最近ご当地ボコってのが流行ってて!!」

カチューシャ「あー、それ青森にもあったわ」

まほ「熊本にもあったな」

アンチョビ「静岡にもあった、お茶ボコってやつ。あと栃木にも」

みほ「それ全部送ってもらっていいですか!?」

ダージリン(助かったわ)

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 22:07:17.43 ID:bzcPtzlL0
―――

ワイワイガヤガヤ

みほ「…ねえ、お姉ちゃん」

まほ「ん、どうしたみほ」

みほ「なんでこの合コン来たの、私が来るの知らなかったの?」

まほ「安斎に誘われてから来たんだ、お前のことは知らなかったよ」

みほ「女だけの合コンっておかしいと思わなかった?」

まほ「思わなかったよ、そんな会があってもいいだろう」

みほ「……ならいいけど」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 22:10:18.34 ID:bzcPtzlL0
みほ(私も、合コンだから相手の人に甘えたり、もしかしたらゲームでキスしたりするかもって思ってた)

みほ(でも、お姉ちゃんがいるとはっちゃけられない!)

みほ(ウチは下ネタとか絶対NGな家庭だった)

みほ(だからお姉ちゃんとそんな話できないし、正直したくもない!)

みほ(お姉ちゃん、早く誰かお持ち帰りしないかなぁ……)

みほ「てかそれ私のシャツだよね?」

まほ「あぁ、借りてるぞ。私の服にはこんなオシャレなのないからな」

みほ「ズボンも私の!」

まほ「すまん、これも借りてる」

みほ「もー…まぁ別にいいけどさぁ」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 22:19:57.47 ID:bzcPtzlL0
優花里「あの、西住殿!」

まほみほ「えっ?」

優花里「あっ、お姉さんの方です。お話しませんか?」

まほ「あぁ、いいよ。キミは戦車のグッズを集めるのが好きなんだろう?」

優花里「はい!覚えていただけて光栄です!」

みほ(優花里さん、お姉ちゃんのこと狙ってるのかな)

みほ(よし、ここは二人きりにしていい雰囲気作ってあげよう)

みほ「私、他の人と喋ってるから二人はごゆっくり!」

みほ(…)目パチッパチッ

優花里(ありがとうございます、妹さんの方の西住殿!)

まほ「あっ、おい、みほ!」

まほ「すまんな、そそっかしい妹で」

優花里「いえ、頼りになる素晴らしい隊長です」

まほ「そうか……何の話だったか?」

優花里「まだ何もお話ししてませんよ!」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 22:28:40.16 ID:bzcPtzlL0
―――

――

一時間後

華「すみません、ちょっとお手洗いに」

ケイ「私の分も出してきてね」

アハハハハ

ダージリン「……」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 22:35:43.88 ID:bzcPtzlL0
――トイレ

華「ふぅ…」ジャー

ダージリン「五十鈴さん」

華「あぁ、ダージリンさん。ダージリンさんもトイレですか?」

ダージリン「いえ、あなたにお話がありまして」

華「はい、お話ですか?」

ダージリン「私、初めて見た時からあなたの事気になってましたの」

華「は、はぁ、ありがとうございます」

ダージリン「この会ではありませんよ、練習試合の時からです」

ダージリン「あなたが我が校に来てくれた時、本当に嬉しかったわ」

華「え!?そうなんですか?」

ダージリン「えぇ、もしよろしかったら他のお店にお茶でも飲みに行きませんか?」

ダージリン「私、あまり騒がしい集まりは好きではありませんの。二人でゆっくりお話したいわ」

華「はい。是非!」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 22:37:49.61 ID:bzcPtzlL0
……

ピポン

沙織(ん?華からLINE)

五十鈴華:すみません。ダージリンさんとちょっと抜けます

沙織(マジ!?もうお持ち帰り!?)

優花里(ヤバイですね、もう始まってますね)

麻子(これ、警戒しないと全員やられちゃうぞ)

アンチョビ「じゃあー盛り上がってきたところで」

アンチョビ「王様ゲーーーーム!!」

カチューシャケイ「いええええい!

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 22:54:10.29 ID:bzcPtzlL0
麻子(ヤバいんじゃないかこの空気)

アンチョビ「全員引けよー、ズルなしだぞー」

王様だーれだ!

カチューシャ「私よ!」

カチューシャ「じゃあ最初は軽いのから行くわよ」

カチューシャ「2番がー!5番のー!」

アンチョビ「おおお!?」

カチューシャ「胸を10秒間揉むってのはどう!?」

ケイ「fooo!!coolな指令出すじゃないカチューシャ!」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 22:58:17.01 ID:bzcPtzlL0
まほ「2番は誰だ?」

アンチョビ「私だー!!」

ケイ「じゃあ5番は?」

麻子「わ、私だ……」

ケイ「なーんだ、マコか」

アンチョビ「揉みごたえのある沙織がよかったなー!」

アハハハハハ!

麻子「///」

沙織「///」

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 23:05:15.93 ID:bzcPtzlL0
沙織(その後王様ゲームは30分程続いた)

沙織(大洗陣に王様が回ってくることはなく)

沙織(お酒の口移し、胸揉み、ノーパンノーブラになる、胸の谷間にお酒を注がれるなど下ネタ攻撃に合い続けた。そして)

冷泉麻子:すまん、カチューシャさんと飲みなおすことになった。お金は明日必ず払う

沙織(麻子が陥落してしまった……)

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 23:09:46.75 ID:bzcPtzlL0
沙織(そして入店から3時間経過し、1軒目のお店を出ることになった)

ケイ「ヘイ、オッドボール」

優花里「あぁ、ケイ殿。今日は楽しかったです。お疲れ様でした」

ケイ「何言ってるのよ、もう1軒行くわよ」

優花里「えぇ!?でも……」

ケイ「まだ9時じゃない。夜はこれからよ」

優花里「そうですね。明日はお休みですし」

アンチョビ「2次会はカラオケ行くぞー」

沙織「いこーいこー!」

ケイ「……ねぇ、せっかくカラオケ行くならいっぱい歌いたいわよねえ」

優花里「そうですね、まあ大人数だと仕方ないですよね」

ケイ「二人でカラオケ行かない?」

優花里「二人でですか!?」

ケイ「えぇ、正確にはカラオケ、も、歌えるところね」

優花里「はい、行きましょう!その前にコンビニでノンアルコール酎ハイ買っていきましょうか!」

ケイ「そうね」ニヤッ

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 23:29:09.16 ID:bzcPtzlL0
……



アンチョビ「おかしいなぁ、どこ行ったんだあの二人」スットボケ

沙織「もー、早くカラオケいこーよー!」

まほ「そうだな、二人は二人で楽しんでるだろう」

みほ「……」

みほ「ねぇ、沙織さん」

沙織「んー?どしたのみぽりん」

みほ「私、アンチョビさんと抜けるからお姉ちゃんお願いしていい?」

沙織「えー、ダメダメ。私アンチョビさん狙ってるんだから」

みほ「お願い!ここでお姉ちゃんと残されるのはきついから!」

沙織「だって私まほさんとほとんど喋ってないのに無理だよー」

アンチョビ「カラオケ朝まででいいよなー?」

みほ(えっ)

みほ(朝までってことはホテル誘ったりはしないってこと?)

みほ「はい!朝まで歌いましょう!いいよね?沙織さん!お姉ちゃん!」

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 23:34:56.52 ID:bzcPtzlL0
――

みほ「はえーすっごい」

沙織「今のカラオケってこんなすごい部屋なんだ」

アンチョビ「カラオケってよりホテルの部屋みたいだなー」スットボケ

まほ「早速歌おうか」

……

みほ沙織「えーんたーえんたーみっしょーん♪」

みほ沙織「ずっと一緒のみらーい♪」

アンチョビ「よっ!うまいねえお二人!」

まほ「アイドルみたいじゃないか」

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 23:36:40.65 ID:bzcPtzlL0
沙織「えーっと次は何歌おっか」

アンチョビ「沙織、歌はもういいよ」

沙織「えーもっと歌いた

チュッ

アンチョビ「…いいだろ、沙織」

沙織「うんっ…」

みほ(ちょ、ちょっとー!私たちいるんだけどー!)

まほ「……」

みほ「……」

沙織、可愛いよ
千代美さん……

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 23:39:55.69 ID:bzcPtzlL0
まほ「……みほ」

みほ「し、しないよ!絶対しない!キスもしない!」

まほ「みほ……」ダキッ

みほ「帰る!私帰る!」

みほ「アンチョビさん、沙織さん、ごめんなさい!私帰ります!」ガチャッ

アンチョビ「お、おい」

沙織「みぽりん帰るの!?電車終わっちゃったよ!?」

まほ「みほ!すまなかった。もう何もしないから帰らないでくれ」

みほ「絶対?」

まほ「あぁ、絶対だ」

アンチョビ沙織(私たちはしたいんだけど……)

みほ(結局この後4人で始発まで歌うことになりました)

みほ(しかし解散した後、アンチョビさんと沙織さんは手を繋いで駅とは違う方向へと歩いて行ってしまったのでした…)

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 23:50:12.57 ID:bzcPtzlL0
――月曜日

優花里「いやー、この前は大変でしたね」

華「私は本当にお話していただけですけどね」

麻子「私はがっつりヤられた」

優花里「私もヤられちゃいましたぁ」

沙織「私も覚えてないけど……多分ヤられた」

沙織「ね!?これ男だったら大変なことになってたよ!?練習でよかったでしょ!」

麻子華優花里「その通りでした」

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 23:51:16.83 ID:bzcPtzlL0
みほ「……」

沙織「まーみぽりんは災難だったね、まさかお姉さん来るなんてね」

みほ「王様ゲームでお姉ちゃんにブラ外された時は本当に死にたくなったよ」

優花里「あーありましたねえ!!」

沙織「実はぁ……もう1件合コンセッティングしてるんだけど」

優花里「本当ですか?」

麻子「またしたいな」

みほ「はいはい!次は私もちゃんと参加したい!」

華「いつの話ですか?」

沙織「週末だよ!みんな空けといてね」

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 23:53:06.07 ID:bzcPtzlL0
――そして金曜日

ペパロニ「おー!女の子みんな来たっスよ!」

オレンジペコ「こんばんわー」

ノンナ「皆さん飲み物は何にしますか?」

ナオミ「ハロー」

まほ「またお前らか」

みほ「……」

みほ「いや、この流れだったら絶対エリカさんでしょ!!」

終わり



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: みほ「合コン道」沙織「始めるわよ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472815101/


コメント
5954: 2016/10/10(月) 22:12
もう姉妹でもいいんじゃないかな。
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/15216-c8c23323