ヘッドライン

モバP「俺だって…俺だってなぁ…」武内P「はぁ…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474263208/

2 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:34:04.07 ID:N6opRIMBO
「いらっしゃいませー」

モバP「よーし、せっかくだし早速飲むか」

武内P「はい。千川さんは遅れるそうですが…」

モバP「まあ少しだけ書類残ってるらしいから」

武内P「手伝って来ても良かったのではないでしょうか?」

モバP「大丈夫大丈夫。ちひろさんすぐに終わらせて来るだろうし」

武内P「まあ…そう言うのでしたら気にしませんが」

3 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:34:41.42 ID:N6opRIMBO
モバP「んじゃ乾杯!」

武内P「乾杯…休みって久しぶりですね」

モバP「んぐんぐ………」

武内P「ペース早くないですか…?」

モバP「普段飲む機会無いからたまには、な。倒れたら頼むよ」

武内P「はあ…分かりました」

4 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:35:26.35 ID:N6opRIMBO
モバP「お前よく通報されるってぼやいてるじゃん?」

武内P「まぁ、そうですね。よく警察にお世話になってはおります…」

モバP「なんだっけ? 渋谷凛ちゃんのスカウトの時に通報されたんだろ?」

武内P「はい。それだけでは無いのですが…」

モバP「でもせいぜいそんなものなんだろ? 俺はもっとひどい目にあってんだよ!」

武内P「先輩…落ち着いてください…飲み過ぎですよ」

モバP「すまん…」

武内P「まあ…酒の席ですから。吐き出して下さい」

モバP「おう…例えばな…」

5 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:36:01.18 ID:N6opRIMBO
モバP「悠貴、いつも朝こんなに早いのか?」

乙倉悠貴「はいっ! 朝のランニングはいつも6時からですねっ」


モバP「運動なんて久しぶりだしストレッチしておかないとな」

悠貴「手伝いますよっ、押しますね!」

ーーーーーーーーー

悠貴「それじゃ行きますよっ!」

モバP「おお、速い…いや俺も走らなきゃ、待ってくれー!」

6 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:36:36.09 ID:N6opRIMBO
武内P「それで…その…朝から少女を追い回す不審者として…」

モバP「そうなんだよ…しかもそれだけじゃなくてさ…」

武内P「まだ何かあるんですか?」

モバP「そりゃまだあるよ…というか2桁いってるからな…」

ちひろ「すみませーん。遅くなりました!」


モバP「おっ、ちひろさーんもう始まってますよ?」

ちひろ「ごめんなさいごめんなさい。とりあえずビールもらえますか?」

モバP「頼みますね」

7 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:37:31.29 ID:N6opRIMBO
ちひろ「うん、やっぱり仕事終わりは美味しいですね!」

武内P「ですね…乾杯」

モバP「そりゃ明日は珍しく休みですしね。乾杯」

モバP「で、ちひろさんも聞いてくださいよ。この間もですね…」

8 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:38:08.93 ID:N6opRIMBO
モバP「ライラ、ここでまたお話ししてたの?」

ライラ「はいでございますよー。今は暖かくて良いでございますねー」


モバP「それでもあんまり外に居ると風邪引くかもしれないから気をつけてな」

ライラ「はいですよー。あら、ハトさんでございますねー」

モバP「パンあるけどあげてみる?」

ライラ「やってみたいでございますです」

モバP「はい。千切ってあげると良いよ」

ーーーーーーーーー

モバP「違います! 担当アイドルなんです!」

警官「話は署で聞きますから。公園で少女に声かけなんて怪しさしかないですよ」

モバP「ライラ助けてー! 餌やってないで助けてー!」

9 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:38:43.31 ID:N6opRIMBO
モバP「あの時はなぜ助けてくれなかったんだろ…」

ちひろ「や、気がつかなかったんじゃないですか?」

武内P「その…気を落とさないでください…」

モバP「まあライラさんマイペースだからな…」

武内P「そんなことを言ったら自分も…」

10 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:39:15.47 ID:N6opRIMBO
武内P「あの、アイドルに興味はありませんか?」

「いえ、そういうのはちょっと…」

武内P「せめて、名刺だけでも…」

「すみません」

凛「ねえプロデューサー。また女の子に声かけてるの?」


武内P「はい。アイドルになれそうな方に声をかけるのも仕事ですから」

凛「ふーん……警官さーん!」

武内P「は、ど、どうしたんですか!?」

ーーーーーーーーー

武内P「いえ、その…自分はプロデューサーでして…」

警官「はい。名刺見せられても簡単には信じられないからね。本当なら会社から迎えに来てもらってね」

11 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:39:41.31 ID:N6opRIMBO
モバP「お前の担当酷くないか? 嫉妬してるんだろうけどさ」

武内P「嫉妬、ですか…?」

モバP「お前分かってないの…? 正気か?」

ちひろ「プロデューサーさんには言われたくないと思いますよ?」

モバP「俺は担当とは清く正しい関係をしています」

武内P「自分もそのように心がけているのですが…」

ちひろ「お二人とも分かってないんですか…」

13 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:40:01.42 ID:N6opRIMBO
モバP「まあでも一番酷かったのはあれだな。櫂の時だな」

ちひろ「ああ…あれは…」

武内P「その話は聞いたことがないですね…何があったんですか?」

モバP「櫂ったら突然通報してきてさ」

ちひろ「いや、更衣室にまで入ろうとしたプロデューサーさんが悪いと思いますよ?」

モバP「まさか1日とはいえ捕まりましたからね」

武内P「そんなことしていたんですか…」

モバP「や、櫂をスカウトしない手は無いと思ったからさ…」

ちひろ「迎えに行くこっちの身にもなってくださいよ…」

モバP「その節はお世話になりました」

14 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:40:32.61 ID:N6opRIMBO
モバP「あの子絶対アイドル向きだな! いやー、幸子の練習にも付き合ってみるものだな」

モバP「すみませーん! アイドルやりませんか?」

西島櫂「は? 何、いきなり。ここ女子更衣室前だけど分かってる?」


モバP「ちょっと君とお話しがしたくて。泳ぐの見てたんだけどさ。アイドルに興味無いかな?」

櫂「泳ぐの見てアイドルのスカウトって…いかがわしいお誘い? 警備員さーん!!!」

モバP「ちょ、ちょっと待って! せめて名刺だけでも!」

警備員「はい。こちらにご同行願います」

モバP「幸子ー! せめてあの子に名刺渡しといてくれー!」

15 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:41:02.46 ID:N6opRIMBO
モバP「あの時は幸子にも見捨てられたからなー」

武内P「なんにせよ通報も不審者扱いもされないようになりたいですね…」

モバP「だよなぁ…」

ちひろ「時と場を弁えるようにしたらどうですか?」

武内P「少なくとも自分は弁えているつもりなのですが…」

モバP「まるで俺が弁えて無いような言い方をするな」

武内P「いえ、決してそのようなことは…」

ちひろ「ふふっ……あら、すみません電話が…失礼します」

16 : ◆eF6RWyN1IM 2016/09/19(月) 14:41:39.16 ID:N6opRIMBO
ちひろ「ええっ! 内匠Pさんが! また!? もう私仕事終わってるんですけど! ちょっと!」

モバP「……………」

武内P「……………」

ちひろ「すみません。聞こえてましたよね…警察署まで行ってきます…」

モバP「お疲れ様です」

武内P「お疲れ様です」

ちひろ「はぁ……………」

モバP武内P「飲もう(みましょう)」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/19(月) 14:43:00.38 ID:N6opRIMBO
終わりです
html依頼出してきます

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/19(月) 18:19:38.36 ID:KsWb8kdSO
間島Pも出てほしかったぜ乙



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「俺だって…俺だってなぁ…」武内P「はぁ…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474263208/

アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 (5) (電撃コミックスEX)

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-10-26)
売り上げランキング: 1,749

コメント
5798: 2016/09/22(木) 18:39
ちっひ3人分のPの面倒見てるのか…優秀すぎない?
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/14986-90f8b2a2