ヘッドライン

凛「たなたな」李衣菜「ばたばた」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467949061/


1 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:37:41.02 ID:M99n2TD7O


―――事務所


笹の葉「さらさら」


凛「短冊、たくさん吊るしてあるね」


李衣菜「うん。みんなの願いごと、叶うといいなぁ」


凛「李衣菜はどんな願いごと書いたの?」

李衣菜「うーん……秘密。恥ずかしいじゃん、自分のお願い見られるとか」

凛「じゃあ勝手に探す」ガサガサ

李衣菜「ちょ、なにを……わ、私だって凛の見つけてやる!」ガサガサッ


凛「――あ、」

李衣菜「見つけたっ」



『もっとロックになれますように』

『もっと蒼くなれますように』


「「アバウト」」

2 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:38:49.06 ID:M99n2TD7O
李衣菜「なんだよこれ。織姫も彦星も首傾げるよこんなの」

凛「それ言ったらこんなお願い、星も叶えられないよ」

李衣菜「なにおう」

凛「むぅ」


李衣菜「…………」

凛「…………」


李衣菜「……一旦冷静になろう。よく考えなくても自分でもおかしい気がする」

凛「うん。書き直そう、誰かに見られる前に」

3 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:41:16.83 ID:M99n2TD7O
李衣菜「やっぱりノリでやると、あとあと後悔するよね」

凛「分かる。その場の雰囲気で言ったことがいつまでもネタにされたり」

李衣菜「ああ、足跡残していくやつとか?」

凛「…………」ゴスッ

李衣菜「あっぶな!!?? マッキーは手の甲を刺す道具じゃないよ!?」

凛「ごめん手が滑ってる」ゴスッゴスッ

李衣菜「現在進行形!? 危ない危ない!」

4 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:42:22.40 ID:M99n2TD7O
凛「李衣菜嫌い」プイ

李衣菜「ご、ごめんって……もう言わないから。お詫びに今度ご飯作ってあげる」

凛「…………」

凛「…………」グゥ


凛「…………」キュキュッ


『李衣菜が毎日3食ご飯作ってくれますように』


凛「よし」

李衣菜「やだよ」

5 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:44:09.42 ID:M99n2TD7O
凛「今度からって言ったのに」

李衣菜「言ってないよ、都合の良い耳してるね」

凛「ふふっ」テレ

李衣菜「褒めてない! こういうノリがいけないんだよ!」

凛「……はっ。だからイジられるのかな」

李衣菜「やっと気づいたんだ……」

6 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:45:01.76 ID:M99n2TD7O
凛「『イジられませんように』……これだ」

李衣菜「なんか情けないよ……。もうちょっと見栄えの良い願いごと書かない?」

凛「たとえば?」

李衣菜「えっ、う、うーーーーん……。『アイドルを続けられますように』?」

凛「普通」

李衣菜「『4thライブ大成功しますように』」

凛「無難」

李衣菜「『ギター上手くなれますように』」

凛「困難」

李衣菜「辛辣」

7 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:46:16.10 ID:M99n2TD7O
凛「というか」

李衣菜「うん」

凛「アイドル続けられるとか、ライブ成功とか……それを星にお願いするって、なんだか他人任せみたいで嫌だな」

李衣菜「ああ……うん、たしかにそうかも」

凛「自分たちのことは……自分の意思でやり遂げたいかな。私は」

李衣菜「……そだね。やっぱこれもボツで」

8 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:47:26.66 ID:M99n2TD7O
凛「ギターは……とりあえずお願いしとけば? 奇跡が起こるかもしれないし」

李衣菜「ちょっとは上達してると思ってたんだけどそれも奇跡だったのかな」

凛「じゃあ……私が書いといてあげる」キュッ…


『李衣菜のギターが上達するまで、ずっと見守っていたい 凛』


李衣菜「……まぁまぁまぁ、いいよそれで。実際努力するのは私だし」

凛「うん、頑張って。応援してるから。ふふっ」

9 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:48:55.76 ID:M99n2TD7O
李衣菜「それなら私も、凛のために書かないとね。なにがいいかな」

凛「なんでも。李衣菜が応援してくれるならなんだって頑張れるよ」

李衣菜「うーん……、応援とはちょっと違うけど――」キュ


『凛が走り続けている隣で、私もずっと一緒に 李衣菜』


李衣菜「こんな感じ?」

凛「……!」

10 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:51:26.55 ID:M99n2TD7O
李衣菜「んーでも、これも人任せになっちゃってるかなぁ。なんだかだんだんドツボに……」

凛「嬉しいからセーフだよ」

李衣菜「えー、凛基準なの……あはは、いいけどさ」

凛「私が頑張らないと叶わない願いだしね。……書いたからには、ついてきてよ?」

李衣菜「分かってるよ。有言実行、ロックでしょ?」

凛「ふふっ……♪」

11 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:52:46.23 ID:M99n2TD7O


―――

――




凛「り、李衣菜……どう? 吊るせた?」ヨロヨロ…

李衣菜「もうちょい右、右……そうそこ、ストップ」

凛「は、早く……肩車つらい……!」プルプル…!

李衣菜「ま、待って待って。よいせ、よいせ……」

12 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:53:47.25 ID:M99n2TD7O
李衣菜「――ん、おっけ。降ろしていいよ」

凛「はぁ、ふう……! つ、疲れた……」

李衣菜「よっと。大丈夫?」スタッ

凛「プロデューサーに頼んで吊るしてもらえば良かったんじゃ……」

李衣菜「あはは。内容が内容だし、プロデューサーに見られるのも恥ずかしいじゃん? ありがとね、ナイスガッツ」

凛「ふふ、うん……。まぁ、おかげで1番高いところに掛けられたし……いいかな」

李衣菜「へへ、きらりのより高いよ。あそこなら誰も見れないはず!」

13 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:54:42.45 ID:M99n2TD7O
凛「私たちだけの秘密だね」

李衣菜「うん、秘密。……あ」

凛「?」

李衣菜「片付けのとき結局見られそう」

凛「……やっぱり外そう。さぁ李衣菜、もう一回肩車するから」スッ

李衣菜「い、いいよいいよ。そのときはそのときでしょ」

凛「誰にも見られませんように……!」

14 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:56:03.35 ID:M99n2TD7O
李衣菜「あ、それも短冊に書いとく?」クスッ

凛「あ。……ふふっ」

李衣菜「えへへ。……そうだ、ダミーに分かりやすいところにこっちも吊るしておこっか?」ピラッ


『もっとロックになれますように』

『もっと蒼くなれますように』


凛「……こっちはこっちで恥ずかしいような」

李衣菜「そりゃそうだけどさ……」

15 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:57:06.23 ID:M99n2TD7O
凛「でも……うん、いいよ。イジられるのならこっちの方がいい」

李衣菜「そう?」

凛「だって……真剣なのはあっちだし」

李衣菜「あー……。私も上のをからかわれたら怒るかも」

凛「でしょ? だからいいよ、こっちも吊るそう」

李衣菜「へへ、うんっ」

16 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:58:38.57 ID:M99n2TD7O
凛「――ど真ん中。未央や加蓮に笑われるな、絶対」

李衣菜「私もみくやなつきちに呆れられそう。でも……」

凛「うん。李衣菜と一緒ならそれでもいい、かな」


李衣菜「えっへへ。さすが私の相棒♪」

凛「ふふ。私たちの本当の願い――」


「「どうか、叶いますように!」」



おわり

17 : ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/08(金) 12:59:43.01 ID:M99n2TD7O
というお話だったのさ
よし、なんとか七夕に間に合ったぞ!

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 13:02:54.24 ID:u9I7vz6LO
お、そうだな
おつおつ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 凛「たなたな」李衣菜「ばたばた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467949061/

ラジオ アイドルマスター シンデレラガールズ『デレラジ』DVD Vol.8
ビデオメーカー (2016-08-31)
売り上げランキング: 59

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/13983-2f5e7df1