ヘッドライン

真美「あ、いおりん寝てる」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456766119/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:15:19.38 ID:L0r+R21lo
真美「いおりーん・・・」ツンツン

伊織「すぅ・・・」

真美「んっふっふ、どうやら本当に眠ってるようですなぁ、無防備なこと」

真美「それじゃ、ここは定番のアレを・・・」キュッキュッ

伊織「むにゃ・・・」

真美「うひひ、傑作だよぉ!あっはっはっは!」

真美「はぁ、はぁ・・・いおりん、起きて鏡みたらビックリするだろうなぁ、ぷふっ!」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:16:00.18 ID:L0r+R21lo
伊織「ん・・・いま何時かしら・・・」

真美「あ、起きた?おはよういおりん!」

伊織「真美・・・おはよ」

真美「ぶふっ!か、顔洗ってきなよ・・・ほら、よだれ垂れてるよ」

伊織「なっ・・・よ、余計なこと言わなくていいのよ、全く・・・」

真美「ふひゅ!うひっはははは!」

伊織「な、なんなのよ、人の顔みて笑い出して・・・気持ち悪いわね・・・」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:17:00.62 ID:L0r+R21lo
伊織「~~~~っ!!」

伊織「まぁみぃ!!これ、アンタの仕業ね!!」

真美「いおりんが無防備に寝てるから悪いんだよー!ぷふっ、ひゃっははは!」

伊織「この私の顔面にマジックでイタズラ書きをするなんて、いい度胸してるじゃないの・・・」

真美「ご、ごめんっていおりん・・・ふひゅ、そ、その顔で近付かないで・・・」

伊織「このっ・・・」

真美「あひゃ、ひゃはは!だっだめ、オモシロすぎるぅ・・・その表情は反則だよいおりん・・・」

伊織「・・・」ムカッ

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:18:05.97 ID:L0r+R21lo
伊織「そう・・・わかったわ、アンタよっぽどお仕置きが欲しいみたいね」

真美「あは、あはははっ!ご、ごめん、ごーめんってばぁー」

伊織「歯ぁ食いしばりなさい」

真美「えっ・・・ちょ、いおりん?真美、ぼーりょくはいけないとおもう・・・」

伊織「・・・死ねぇ!!」ドゴォッ

真美「がはっ!!」ドサッ

伊織「はぁ、はぁ・・・うまいこと鳩尾に入ったようね」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:18:39.05 ID:L0r+R21lo
真美「うぐぅぅ・・・」

伊織「いいこと?これに懲りたら、二度と私に対してふざけたことするんじゃないわよ」

真美「うぅぅ・・・」

伊織「ふふん・・・いい気味だわ、アンタなんて、そうやって地べたに這いつくばってればいいのよ」

真美「うぅ・・・」

伊織「・・・ちょっと聞いてるの?」

真美「ぅ・・・」

伊織「・・・い、いつまでうずくまってんのよ・・・アンタ、いい加減にしなさいよ」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:19:45.76 ID:L0r+R21lo
真美「・・・」

伊織「ね、ねえ・・・返事しなさいよ」

真美「・・・」

伊織「ねえってば・・・」

真美「・・・」

伊織「・・・だ、だいじょ」

亜美「おはよーござ・・・真美!?どーしたの!?」

伊織「っ・・・」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:21:47.82 ID:L0r+R21lo
亜美「ねえ真美、お腹痛いの?」

真美「う、うん・・・」

亜美「そっか、立てる?無理?じゃあ救急車呼ぶ?」

真美「・・・」フルフル

亜美「吐きそう?大丈夫?」

真美「だいじょぶ・・・」

亜美「気分悪い?」

真美「う、うん・・・ちょっと・・・」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:22:26.98 ID:L0r+R21lo
亜美「そっか、じゃあ今日はレッスン休む?」

真美「・・・うん」

亜美「そうしたほうがいいよ・・・兄ちゃんには言っといてあげるから、今日はお家帰って安静にしときなよ」

真美「うん・・・」

亜美「あとでママに電話して迎えに来てもらうから、ちょっと待っててね・・・ソファーに寝かしてあげるね」

真美「ありがと・・・」

伊織「・・・」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:23:33.52 ID:L0r+R21lo
亜美「ふぅ・・・ちょっといおりん、どういうこと!?」

伊織「・・・な、なによ!元はといえば、真美がくだらないイタズラをしてくるから悪いんでしょ!」

亜美「だからってこんなになるまで殴らなくってもいいっしょ!」

伊織「そ、そんなの自業自得じゃない!」

亜美「それにしてもやりすぎだって言ってんじゃん!」

伊織「・・・」

亜美「真美に謝ってよ!ほら!」

伊織「な、なんで私が」

亜美「いいから!」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:26:52.95 ID:L0r+R21lo
伊織「・・・だれが謝るもんですか」

亜美「ふぅん・・・サイテーだねいおりん!こんなことしといて謝りもしないなんて!」

伊織「はぁ?最低なのはどっちよ、いつもしょうもないイタズラばっかりして人に迷惑ばかりかけて!」

亜美「亜美たちは人にケガさせたりしてないっしょ!」

伊織「そんなの時間の問題でしょうが!」

亜美「このっ・・・」

真美「あ、亜美・・・もう、いいから・・・」

亜美「真美・・・」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:30:10.10 ID:L0r+R21lo
真美「真美が、いおりんにちょっかい出したのが悪かったんだから・・・」

亜美「で、でも・・・」

真美「ごめんね、いおりん・・・」

伊織「・・・ふんっ」

亜美「ちょっとなんなのその態度?ありえないんだけど!」

真美「亜美・・・」

亜美「くっ・・・真美がそういうなら、いおりんのことは責めないけどさ・・・」

亜美「でも、亜美はナットクしてないかんね!いおりんがちゃんと謝るまで許さないから!」

伊織「・・・」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:32:42.87 ID:L0r+R21lo
伊織「なんなのよ、亜美のやつ・・・これじゃ、まるで私が悪者みたいじゃない・・・」

伊織「真美も真美よ、あんな大げさにうずくまって・・・」

伊織「そうよ、アイツらがふざけたことしてくるから悪いんじゃない・・・私はちっとも悪く・・・」

伊織「・・・」

伊織「・・・確かにちょっと、やりすぎちゃったかもしれないけど・・・それでも私は・・・」

伊織「・・・」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:35:37.53 ID:L0r+R21lo
伊織「・・・」

伊織「ここでいいわ・・・すぐ済ませるから、ちょっと待ってて」

伊織「大丈夫、一人でいいから・・・ええ」

伊織「・・・」バタン

伊織「さて・・・」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:47:36.99 ID:L0r+R21lo
コンコン

真美『はーい』

伊織「真美?入るわよ・・・」ガチャ

真美「あーっいおりん!ウチにくるなんて珍しーじゃん、どしたの?」

伊織「・・・」

真美「あ、真美のことなら大丈夫だよ、もうすっかり元気だし!」

伊織「そう・・・」

真美「この前はごめんね、いおりんのこと怒らせちゃって・・・」

伊織「・・・いいわよ、そんなの」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 02:54:15.44 ID:L0r+R21lo
伊織「真美・・・これ、つまらないものだけど」

真美「え、なになに?お菓子くれるの?ありがとねいおりん!」

伊織「このくらい、別に大したことないわ・・・それより真美に言いたいことがあって来たの」

真美「いおりん・・・」

伊織「その・・・」

真美「・・・」

伊織「・・・」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 03:03:05.92 ID:L0r+R21lo
伊織「わ、悪かったわ・・・アンタのこと、殴ってしまって」

真美「・・・」

伊織「あの時は、アンタにイタズラされて気が立ってたから・・・それでつい、力をこめて殴ってしまって・・・」

伊織「体調を悪くさせた挙句レッスンも休ませてしまって・・・本当に、ごめんなさい」

真美「そ、そんなの・・・いおりんが謝ることじゃ・・・」

伊織「真美が許してくれたとしても、謝らなきゃ私の気が済まないの」

真美「・・・いおりん」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 03:08:05.15 ID:L0r+R21lo
真美「ありがとね、わざわざ謝りに来てくれて・・・亜美も、きっといおりんのこと許してくれると思う」

伊織「・・・」

真美「あ、そーだ!せっかく来たんだし亜美が帰ってくるまで遊ぼうよ!」

伊織「悪いけどそれは遠慮しておくわ・・・外に新堂を待たせてるから」

真美「そっか、残念」

伊織「それじゃ、私はこれで・・・また事務所で会いましょ」

真美「うん!またね、いおりん!」

伊織「・・・にひひっ」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 03:22:45.55 ID:L0r+R21lo
亜美「あ、いおりん」

伊織「亜美・・・この前は悪かったわね」

亜美「あ、亜美のほうこそ・・・真美が苦しそうだったから、落ち着いてられなくって・・・」

伊織「あの状況じゃそうなっても仕方ないわよ」

亜美「いおりん、ウチまでわざわざ謝りに来てくれたんだって?」

伊織「ええ、まあ・・・」

亜美「それって、なかなかできることじゃないって思う・・・亜美、いおりんのこと見なおしたよ」

伊織「・・・」

亜美「あの時はいおりんのこと、サイテーとか言ってごめん!」

伊織「いいわよそんなの・・・私自身も冷静に考えてみれば、そう言われても仕方ない態度だったと思うもの」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 04:03:42.82 ID:L0r+R21lo
亜美「いおりん、真美がレッスンから戻ったら一緒にご飯でも食べに行かない?」

伊織「悪いけど今日はもう帰るわ・・・新堂を待たせてあるし」

亜美「そっか、残念」

伊織「また今度行きましょ、やよいも誘ってね」

亜美「そだね、やよいっちにも話しとくよ!」

伊織「それじゃ、そろそろ帰るわね」

亜美「うん!またね、いおりん!」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 04:05:10.93 ID:L0r+R21lo
新堂「伊織お嬢様、今日もお疲れ様です」

伊織「ありがと、新堂」

新堂「・・・ご成長、なされましたね」

伊織「・・・余計なこと言わなくていいの」

新堂「申し訳ありません」

伊織「・・・」

伊織「にひひっ♪」

おわり



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 真美「あ、いおりん寝てる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456766119/

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 FINALE Destiny【限定盤CD+BD-A】
765PRO ALLSTARS
日本コロムビア (2016-02-17)
売り上げランキング: 202

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/12264-233fb5b2