ヘッドライン

【モバマス】新田美波「彼氏居ちゃ駄目ですか?」モバP「弟ということにしよう!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449909891/

2 : ◆.SNq56nb7mzL 2015/12/12(土) 17:45:54.87 ID:BAbYa8I7o



~~~某プロダクションにて~~~



モバP「え、彼氏居るの…?」

新田美波「えっと… はい、やっぱり彼氏居ちゃ駄目ですか?」


モバP「うーーん、そうだなぁ…」

モバP(街で見かけて即スカウトして話を聞いてもらうまでは良かったが…)

モバP(彼氏持ちとはなぁ…)

モバP(諦めるかなぁ…)

モバP「……質問だけど、アイドルに興味はあるの?」

美波「…はい。大学生になって、色んなことにチャレンジしてみたいんです!」

モバP(時おり、ハッ、と意識させる大人びた憂いを秘めた表情、仕草…)

モバP(にも関わらず、どこか少女のような印象を持たせる笑顔…)

モバP(そして、10人が10人とも振り返る美貌…)

モバP(プロデューサー逃す手はない、な…)

モバP「ちなみに、だけど」

美波「はい」

モバP「彼氏と別れる予定、なんてのは?」

美波「ありません! カレと別れる必要があるなら、アイドルは諦めます!」

モバP「ですよねー」

モバP(ならば、隠し通すしかあるまい…!)

モバP「…彼氏は年下?」

美波「えっと、同学年ですけど、生まれは私の方が早いです」

モバP「よし、それなら、弟ということにしよう!」

美波「お、弟…!?」




.

3 : ◆.SNq56nb7mzL 2015/12/12(土) 17:46:37.32 ID:BAbYa8I7o



~それからどうして~


モバP「デビューおめでとう、美波!」

美波「はい! ありがとうございます、プロデューサーさん! 私、とっても嬉しいです!」

モバP「いやぁ、やっぱり俺の目に狂いは無かった!」

モバP「ショッピングモールの小さなイベント会場だったけど、ホールに入りきれないぐらいの大盛況だったからな!」

モバP「文句なしの最高のスタートだ!」

美波「はい! カ… 弟も凄く喜んでくれていました!」

モバP「え… あれ、会ったの? いつの間に…?」

美波「いえ、お客様の中に混じって応援してくれていました。凄く… 凄く嬉しかったです」

モバP「…あの大群衆の中から見つけ出したの? ライブしながら?」

美波「はい!」

モバP(すげぇサーチ能力だな…)

美波「それで、あのぅ… 良ければ、今夜、“弟”と逢いたいのですが…?」

モバP「あー、スタッフさんたちとの打ち上げ? 良いよ良いよ、頃合を見て抜け出しな。周りには俺が上手く言っておくから」

美波「ありがとうございます!」

モバP(まぁ、本人も気をつけているし、ばれる心配は無いかな…)

美波「ふふふ… 楽しみ… ステージ衣装で逢っちゃおうっかなー♪」

モバP「それはやめてくれ…」





4 : ◆.SNq56nb7mzL 2015/12/12(土) 17:47:06.56 ID:BAbYa8I7o



~さらにそれから、とあるラジオ局~



松本沙理奈「聖來と沙理奈の~」


水木聖來「アップトゥビートラジオ~」


沙理奈「はーい、今日も始まりましたアップトゥビートラジオ」

沙理奈「パーソナリティは、『最近、貼るショーツに興味津々』の松本沙理奈とー」

聖來「『ファンレターに“お姉さん”という単語を探しちゃう』水木聖來とでお送りしまーす」

沙理奈「このラジオは毎回『綺麗なお姉さん』をゲストに迎え、明るく楽しく、ちょっぴりエッチなトークを楽しむ番組です♪」

聖來「それでは、早速今回のゲストをお呼びしましょー」

聖來「見るからにお姉さんオーラ炸裂! はにかんだ笑顔がキュートなこの人が来てくれましたー」

沙理奈「はい、自己紹介~」

美波「ラジオの前のみなさん、初めまして! 新田美波です! よろしくお願いします!」

沙理奈「いや~、美波ちゃんのお姉さんオーラ、マジで凄いわ~。なんだか色々と頼りにしちゃいそうな感じある~」

聖來「アタシもアタシも~、絶対年下とは思えない!」

美波「いえ、そんなことないですよ。お2人には敵わないです」

沙理奈「ふふ、ありがと! それじゃ今から約30分、楽しんでお付き合い下さい!」

聖來「それじゃいつものいくよ~、美波ちゃん、キュー出しお願い!」

美波「はい、わかりました。 それじゃ… 『何か困ったことがあったら…』」

三人「『綺麗なお姉さんにお任せよ!』」


5 : ◆.SNq56nb7mzL 2015/12/12(土) 17:47:35.18 ID:BAbYa8I7o



~~~番組進行中~~~



聖來『あれぇ…? キミ、どうしたの…?」

沙理奈『落ち着かない表情…? もしかして、何か困ったことでもあるのかしら?』

美波『直接言えないことでも、メールだったら話せますよね?』

三人『お姉さんに、相談しなさい♥』

聖來「と、いうわけで、ゲストへの質問コーナーです!」

沙理奈「このコーナーでは、メールで募集した質問を、ゲストに洗いざらい、赤裸々に答えてもらいまーす♪」

美波「どんなメールが来るんでしょうか、ドキドキします…」

聖來「遠慮なくビシバシいくよ~。さて、最初のメールは…」

沙理奈「ラジオネーム『紅の機動妖精』さんからです」

沙理奈「『沙理奈さん、聖來さん、そしてゲストの美波さん、こんばんわー』 はい、こんばんわー、女の方ですねー」

沙理奈「『実は私、最近年下のカレが出来たのですが、こんど初めてのクリスマスを2人で迎えます』」

聖來「良いね、良いねぇ~。年下の彼とクリスマス! マジで羨ましい~」

美波「…ですね!」

沙理奈「…? 『今からドキドキしていますが、同時に不安もあります。そこで、美波さんはどんなクリスマスを過ごしたいですか? それか、過ごされますか?』」

沙理奈「『参考にさせてください!』とのことだけど…?」

美波「良いですね! 年下の彼とクリスマス!」

聖來「おっと、意外に食いつきが良いね~」

美波「あ、いえ… 本当に良いな、と思いまして…」

沙理奈「それじゃ、直球で聞いてみよっか~。美波ちゃんはどんなクリスマスを過ごす予定なの?」

美波「あ、実を言うと、私も年下のカレと過ごす予定なんです!」

聖來「…え? マジ?」

聖來(ちょっと、美波ちゃん… 調整室からプロデューサーさんがブンブン手を振ってるけど、大丈夫なの…?)

美波「………? あっ、違います! そうじゃなくて、弟ですよ、弟!」

沙理奈「あ、あ~~、弟か~。なるほど~」

美波「家族でクリスマスね! やっぱり美波ちゃんお姉さんなんだね~。弟さんとは仲良いの?」

美波「はい! ラブラブなんです!」

沙理奈「……ごほん、うっわー、美波ちゃん、凄いブラコンじゃん!」

聖來「まさに、このラジオに来るべくして来た! って感じだねー!」

沙理奈「さーて、次の質問にいってみましょー!」

美波「あ… は、はい!」

聖來「次の質問はラジオネーム…」





6 : ◆.SNq56nb7mzL 2015/12/12(土) 17:48:03.13 ID:BAbYa8I7o



~~~しかして、そして~~~



モバP「…いや、流石にマズイって、あれは……」

美波「す、すみません… つい… 私も楽しみだったので……」

モバP「ネットでの反応は… うーん、プチ炎上ってところか…」

モバP「まぁ、これくらいだったら大丈夫かな…」

モバP「後は、飼ってるブロガーに否定記事書かせればそのうち鎮火するだろう…」

美波「すみません…」

モバP「あー、まぁ良いよ。それより、松本さんと水木さんには、ちゃんとフォローしてくれたお礼を言っておいてね」

美波「はい! もちろんです」

モバP「なら、良し。 …で、クリスマスはどうするの?」

美波「イブに、カレの車でドライブをするんです♥ 少し郊外なんですけど、夜景の綺麗な展望レストランがあって…」

モバP「…それって、○○?」

美波「あ、はい、そうです。よく分かりましたね」

モバP「まぁ、ね…」

モバP(…あそこ、夜景スポットと同時に、有名なラブホテル密集地なんだよなぁ…)

モバP(………決めるつもり、なんだろうなぁ…)

モバP「……ま、楽しんできなさい。ただし、申し訳ないけど変装はしっかりとしてね」

美波「はい、ありがとうございます!」






7 : ◆.SNq56nb7mzL 2015/12/12(土) 17:48:44.47 ID:BAbYa8I7o



~~~ゆえに、必然として~~~



美波「明けましておめでとうございます!」

モバP「はい、おめでとう。正月はのんびりできた?」

美波「クリスマスからはずっとカレと一緒でした♥」

美波「年末のお仕事をプロデューサーさんが抑えてくれたお陰です!」

美波「ふふ♥ 本当にありがとうございます」

モバP「まぁ、それは良いんだけど…」

モバP「……………………」

モバP「これはプロデューサーとしての質問なんだけど」

美波「あ、はい…?」

モバP「オンナになった?」

美波「え…? あっ…………」

美波「///////////////////////」

モバP(うわぁ、真っ赤になっちゃった…)

美波「ご、ごめんなさい… イブの夜に… その… カレと…」

モバP(そして、正月休みもヤリまくったんだろうなぁ…)

モバP「いや、良いよ良いよ。ある程度予想していたし、まぁ、悪いことじゃないさ」

モバP「ただし、今まで以上にお漏らしは絶対厳禁だからね。肉体関係があると知れると、彼にも累を及ぼすからね」

美波「はい、注意します」

モバP「それじゃ、新年早々で悪いんだけど… 新田さんにはユニットを組んでもらおうと思います」

美波「え、ユニット、ですか…?」

モバP「うん、そう。この写真の娘ね」

美波「アナ、スタシア…? 外国の方ですか?」

モバP「ロシア人と日本人のハーフなんだってさ。ちょっと日本語に不慣れなところがあるから、しっかりフォローしてやってね」

美波「はい、頑張ります!」







8 : ◆.SNq56nb7mzL 2015/12/12(土) 17:49:13.82 ID:BAbYa8I7o



~~~だけど、だけれども~~~



モバP「いやぁ、『LOVE LAIKA』好調だなぁ! うん、俺の目に狂いは無かった!」

美波「そう、ですね…」

モバP「あれ、なんだか暗いけど、どうしたの? 悩み事?」

美波「えっと… はい、実はそうなんです…」

モバP「もしかして、カレと喧嘩でもしたの?」

美波「いえ、違います」

モバP「あ、アーニャと喧嘩した?」

美波「そうじゃなくて… あ、でも、その2人に関わることなんです…」

モバP「? どういうこと?」

美波「この前、アーニャちゃんが『ミナミの“弟”さんに会いたいです』って言ってきて…」

モバP「えっ、そうなの?」

美波「はい、それで折り良く… というよりも折り悪く、仕事帰りに“弟”と逢う約束をしていたのをポロリと言っちゃったんです」

モバP「げげッ!」

美波「で、でも! ちゃんと“弟”として紹介しましたし、カレも状況を察してくれて、きっちり“弟”を演じてくれたんです!」

モバP「それなら、まぁ、問題は無いんじゃないの?」

美波「それが……」

美波「………………」

美波「……3人にで会った次の日、アーニャちゃんがとんでもない事言い出して…」

モバP「と、とんでもない事…? どんな…?」

美波「『ワタシ、ミナミのбрат… 弟さんに一目ぼれです。お付き合いしたいです…!』」

美波「……そう言い出したんです!」

モバP「いやいやいやいやいや!」

モバP「まずアイドルとしてそういう発言NGだし!」

美波「私、どう答えて良いかわからなくって……」

モバP「普通に『駄目』って言えばいいじゃん! 新田さんのカレじゃん!」

美波「だって、私、アーニャちゃんに嘘をついてる負い目があるし…」

美波「もし、アーニャちゃんが振られて落ち込んだら、どう慰めれば良いのか…」

モバP「えっと… それじゃ新田さんは、アーニャちゃんの為にカレと別れても良いってこと…?」

美波「それとコレとは別の話です! 別れるつもりなんてサラサラありません!」

モバP「デスヨネー。 …それじゃ、正直に話すしかないんじゃないかな?」

美波「正直に… 良いんですか?」

モバP「しゃーない。これが発端でユニット内がギクシャクして貰いたくないし」

モバP「もし、アーニャが落ち込んだら、俺がきっちりフォローするよ」

美波「ありがとうございます!」

モバP(なんだろう… 嫌な予感がするなぁ…)








9 : ◆.SNq56nb7mzL 2015/12/12(土) 17:49:47.61 ID:BAbYa8I7o



~~~そして、結末へ~~~



美波「おはようございます、プロデューサーさん」

モバP「おう、おはよう」

モバP「…で、どうだった?」

美波「全て丸く納まりました!」

モバP「……え、あ、そう……?」

美波「はい! 全部纏めて、全員ハッピーなエンドになりました」

モバP(ヤバイ… 何か知らんが凄くヤバイ気がする…!)

モバP「そ、それじゃ、アーニャちゃんは“弟”さんを諦めたの?」

美波「それは…」

アナスタシア「Нет いいえ、違います、プロデューサー」


モバP「おぅッ!? あ、アーニャ居たの…?」

美波「アーニャちゃん…」

アーニャ「昨日、ミナミからправда… 真相を聞いたとき、とてもとても哀しかったです」

美波「…ごめんね」

アーニャ「いいえ、ミナミ、それは過ぎたことですから…」

モバP「ええと… ちょっと話が見えないんだけど、結局、どうなったの…?

美波「…………」

アーニャ「…………」

美波「はい、カレは私の“弟”で…」

アーニャ「Da さらに、私の“兄さん”ということになりました」

モバP「……………え?」

美波「つまり、ですね… その………… 3人でお付き合いをすることにしたんです…///」

モバP「なんでだよ!」

アーニャ「恥ずかしいですケド… モウ、3人で契りも結んでしまいました///」

モバP「Oh……」

美波「安心してください! これからもカレの話題を出すときは“弟”で通しますから!」

アーニャ「Конечно モチロン私も、“兄さん”として通しマス!」

モバP「(絶句)」

美波「アイドルとしても、“姉妹”としても、幸せになろうね、アーニャちゃん♥」

アーニャ「ハイ! よろしくお願いします、ミナミ♥」

モバP「………これは尊い… のか…?」




                                                                 そろそろ終われ







10 : ◆.SNq56nb7mzL 2015/12/12(土) 17:50:37.17 ID:BAbYa8I7o
はい、終わりです。

執筆時間取れたら、後日ちょっとしたエッチなおまけを書いて投下します。

ではでは。

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 18:09:24.04 ID:xxEb21feO
えぇ…(困惑

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 18:45:02.60 ID:b2zyEB0Ho
弟かつ兄が羨ましすぎて禿げそう



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【モバマス】新田美波「彼氏居ちゃ駄目ですか?」モバP「弟ということにしよう!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449909891/

ミニッチュ アイドルマスター シンデレラガールズ LOVE LAIKA スポーツタオル
ファット・カンパニー (2015-11-12)
売り上げランキング: 227,768

コメント
4028: 2016/02/16(火) 22:26
美波とアーニャ同時にだと!?
絶対に許さん
4029: 2016/02/16(火) 23:05
おいおい俺の事じゃねーか
4030: 2016/02/16(火) 23:53
これは最悪だなヘイト集まるね
4031: 2016/02/17(水) 00:11
俺の話をSSにするなよ
4032: 2016/02/17(水) 00:45
こういう話題だとコメント残すのなオマエラ
4035: 2016/02/17(水) 08:26
まぁ、穴の緩い女はそうなるわなぁ
4037: 2016/02/17(水) 11:31
対外的には
ブラコンの相方がいて、その弟とも仲良くなったから3人で連むことが増えた
で ええやんけ
4038: 2016/02/17(水) 12:53
ファンにバレたらデビルマンのヒロイン状態になる弟くん
4039: 2016/02/17(水) 14:21
アンチかと思うレベル
4040: 2016/02/17(水) 14:43
ファンにバレたらベッキーどころの騒ぎではなくなるな
モバPは早いうちに新しい子見つけてそっちに本腰入れといたほうがいいぞ
4041: 2016/02/17(水) 14:52
コメント多いな
なんか3人で付き合うって所以外リアルだな
声優のラジオでも弟ってよく出てくるしね
4042: 2016/02/17(水) 14:53
アンチではなく自己投影じゃね
投影先がPじゃなくて彼氏ってだけ
4043: 2016/02/17(水) 14:53
嫉妬で狂うファンに殺されそう
4044: 2016/02/17(水) 20:11
ファンに殺されても本望だろ、二人とお突き愛したんだからさぁ!
4045: 2016/02/17(水) 20:52
俺の世界線にはない話なのでセーフといえる
4048: 2016/02/17(水) 23:21
Pは三人でお付き合いどころじゃない話が多いのに
その立ち位置が他の誰かになっただけで大問題だな
4053: 2016/02/18(木) 19:49
よかったのにオチで台無し
4076: 2016/02/20(土) 17:00
でもあの世界、割と優しいから
このSSみたいな二股だったり、某ゲスな不倫とかでもなけりゃ
普通に祝福されそうな気もする
4103: 2016/02/26(金) 21:02
途中まで面白かった
アーニャと泥沼になるか、新田がファンに叩かれまくる展開だったら良かったのに
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/12053-33f84e54