ヘッドライン

モバP「向いのパッション溢れる4姉妹」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 21:33:49.88 ID:kXB3aUH60
「Pさ~ん」

P「げえっ、愛梨!」

愛梨「げえっ、ってひどいですよっ!」


P「はいはい、奇遇だな」

愛梨「はいっ! 奇遇ですね!」

P「大学の帰りか?」

愛梨「そうなんですっ、これから皆でご飯に……あれ? 皆は?」

P「あっちの方でニヤニヤしながらこっち見てるぞ」

愛梨「ああっ、待ってー!」

P「相変わらずだな」

愛梨「Pさん、また後で……さよならっ」

P「誤解されそうな言い方すんな!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 21:37:57.43 ID:kXB3aUH60
P「……ってな事があってな」

ぴこぴこ

「へー」

P「いや、お前からも何か言ってやってくれない?」

「あたしにあの愛梨姉ちゃんをどうにか出来ると思う?」

P「正直思わないけどさ、あれはひどい」

「言ってみるけど期待しないでよ?」

P「わかってるよ……よっしゃ2倍アイテムゲッツ」

紗南「Pさんずるい!」


P「ふふふ……早い者勝ちなのだよ」

紗南「ちくしょー、巻き返すもんね!」

P「さあかかって来いよちびっ子!」

紗南「あたしはチビじゃないっ!」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 21:43:31.78 ID:kXB3aUH60
「ふーっ、今日の日課も終わりかな」

P「お疲れ様です、夏美さん」

夏美「うん、ありがとう」


P「毎日しんどくないですか?」

夏美「好きでやってることだから問題無いけど……心配してくれるの?」

P「それなりには」

夏美「面倒見良いのねー、ランニングも付き合ってくれるし」

P「別にそんなこと無いですよ」

夏美「それじゃあシャワーでも浴びて仕事に向かうかな」

P「CAて格好いいですよね」

夏美「あら、口説いてるのかしら」

P「違いますって、落ちない事を祈ってますよ」

夏美「無事に帰ってくるつもりだからフラグ立てるのやめてくれない?」

P「紗南に教わりましたね?」

夏美「バレちゃったわね」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 21:48:09.65 ID:kXB3aUH60
P「さてランニングも終わったし俺も大学に……」

「せんせぇ、おはよー!」

P「おはよう、あと俺は薫の先生じゃないからね?」

薫「せんせぇはせんせぇだもん」


P「あはは、真似事だけどね」

薫「でも、せんせぇになるんでしょ?」

P「なれるといいけどね」

薫「かおるは応援してるよ!」

P「ありがとう、薫はいい子だな」

なでなで

薫「えへへー」

P「よっしゃ今日も頑張るぞ!」

薫「おー!」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 21:53:10.58 ID:kXB3aUH60
紗南「疲れた……」

P「ダレてんなー」

紗南「疲れた、あたしは疲れたよPさん」

P「学校で体育でもあったか?」

紗南「そうじゃなくてね」

愛梨「紗南、逃げないでお姉ちゃんのお菓子の味見してくれるかな」

P「うわ、そういう事か」

紗南「助けてよPさん……あたしもう食べたくないよ!」

P「愛梨、紗南もこう言ってることだし……な?」

愛梨「じゃあPさんが食べてくれるんですね! さあ行きましょう!」

紗南「さよならPさん、どうか糖尿病にならないで……」

P「道連れに決まってんだろ」

紗南「やだーーー!!」

1時間後

P・紗南「……もう甘い物は嫌……」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 21:57:58.47 ID:kXB3aUH60
夏美「薫、お使いお願いできるかしら?」

薫「うん、大丈夫だよ!」

夏美「それじゃあ、このリストにあるものを買ってきて欲しいの」

薫「まかせて! せんせぇと行ってくる!」

夏美「Pさんは今頃お勉強してるから邪魔しちゃだめよ?」

薫「はーい!」

夏美「それじゃあ、行ってらっしゃい」

薫「いってきますっ!」

2時間後

薫「ただまー!」

P「お邪魔します……」

夏美「あれ? Pさんどうしたの?」

P「薫が俺を連れて来いといわれたそうで」

薫「えへへ、いっしょにお勉強しよ!」

夏美「邪魔しないように一緒に勉強ね……薫らしいわ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:05:28.64 ID:kXB3aUH60
P「街でも行ってくるか」

愛梨「Pさん、お出かけですか?」

P「ああ、街までぶらっとね」

愛梨「ちょっと待っててください、支度してきます!」

P「えー」

愛梨「たまにはいいじゃないですか、待っててくださいね?」

30分後

P「……愛梨ー! まだかー!」

がちゃ

薫「愛梨お姉ちゃんはいまおふろはいってるよ!」

P「何でだよ! 少し出かけるだけなのに……ちょっと急ぐように行ってくれ」

薫「はーい!」

ばたん がちゃ

愛梨「ごめんなさいPさん! うとうとしてたらつい……」

P「なんでバスタオルで出てくるんだよ! 服着るとかしろよ!」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:16:21.95 ID:kXB3aUH60
紗南「えい、とりゃ、うりゃ!」

<ヤアッ! トウッ! ソコネッ!

P「そんな見え見えの対空アイアンなんかに引っかかるかっての」

<コンニャロー!

紗南「ああっ! めくってるなんて!」

P「5A→5B(5D)ハーイ!→BC→A魂っと」

ドドーン

紗南「青テンだからきついかな……」

P「炎で拾って前ダ2回から5C壁バウンド……BC間に合って強弓!」

<シトメテヤル!

紗南「ああ、まだ着地できないなんて!」

P「んで5Cから痺れ矢で〆だ」

紗南「あたしのタマ姉がこんなにコテンパンに……」

P「モルガンが飛びまわるしか能が無いとかのたまったからだ」

紗南「くっそー! もう1戦!」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:20:56.31 ID:kXB3aUH60
薫「せんせぇ、宿題おしえて!」

P「宿題は1回自分でやってみような」

薫「はーい……」

P「……」

薫「せんせぇ、これ……」

P「まずやってみてくれ」

薫「これをこうして……あれ?」

P「あはは、じゃあ教えるよ」

薫「うん!」

P「まず、ここの計算が違うんだよ」

薫「ほんとだ!」

P「よし、やってみるんだ」

薫「……できた!」

P「薫はおりこうさんだな」

薫「せんせぇが教えるのじょうずだからだよ!」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:27:02.73 ID:kXB3aUH60
夏美「……Pさん、ちょっと走りにいかない?」

P「どうしたんです? 急ですね」

夏美「それがね」

愛梨「私のせいなの……?」

夏美「そうよ! 愛梨がひっきりなしにお菓子を作っては食べさせてくるからすぐ体重が大変なことに……」

愛梨「えー……おいしくない?」

夏美「おいしいから困ってるのよ……」

P「なるほどな、確かに愛梨のお菓子は美味しいからな」

愛梨「Pさん、本当においしいと思いますか……?」

P「うん、思うよ」

愛梨「やった! それじゃあもっともっとお菓子を作りますねっ」

P「あ……」

夏美「Pさん……」

P「ごめんなさい夏美さん悪気は無いんです」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:34:29.72 ID:kXB3aUH60
P「そういえば皆英語の成績は良いんだな」

紗南「こんなあたしでも学年トップだからね」

P「こんなって何だよこんなって」

薫「かおるもアルファベットの勉強がんばってるよ! ひっきたいむずかしいけど!」

愛梨「姉さんが英語ペラペラなんで大助かりです」

P「そうか、流石CA」

夏美「国際線目指すなら外来語もしっかりやらないといけないのよ」

P「俺も英語勉強せんとなー……」

夏美「あら、教えましょうか?」

愛梨「私が教えてあげますっ」

紗南「あたしは一緒に習う!」

薫「かおるは……かおるは……えーと……」

P「薫は俺が教える練習するから相手になってくれないか?」

薫「うんっ!」

夏美「ふふっ、では授業を始めましょうか」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:40:36.14 ID:kXB3aUH60
愛梨「Pさんっ」

むにゅ

P「……とりあえず抱きつくのやめない?」

愛梨「ひゃっ!? ごごごめんなさい!」

P「大学がお互い近いから遭うのは仕方ないけどさ、彼氏でもないのに抱きついたら駄目さ」

愛梨「か、彼氏ですかっ!? ちょっと心の準備が出来てないというか……」

P「は?」

愛梨「いえ、私も嫌じゃないんですよ? こう……踏むべきステップがあるというか……」

P「おーい、愛梨ー?」

愛梨「でもそんな、過程をすっ飛ばそうなんて大胆な……きゃっ」

P「……」

愛梨「そうですよね、先ずキスから……んー」

P「えい、トッポでも食ってろ」

ずぼっ

愛梨「むぁもんむぶぁ?」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:47:21.87 ID:kXB3aUH60
P「なんとかならんのか」

紗南「愛梨姉ちゃんは仕方ないよ……諦めたら?」

P「逆セクハラだぞあんなの」

紗南「あたしに相談しないで夏美姉ちゃんにしたらいいのに」

P「そりゃ相談したよ、そしたら『諦めなさい』って言われたわ」

紗南「愛梨姉ちゃんは気を許した相手にはガードゆるゆるだからね」

P「俺に心許してるって事か……ふーん?」

紗南「……せいっ」

P「くっそ見てないときにタイム解除とかずるいぞ!」

紗南「ふんだ!」

P「なにをいじけてるのかは知らんが許さん、血祭りに上げてくれるわ!」

<アナタヲ……コロシマス!

紗南「ひぃ!? 鬼だ、鬼がいる!」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:53:50.71 ID:kXB3aUH60
夏美「ふんふんふふーん、ふれでりかー♪」

薫「夏美おねえちゃんごきげんだね」

紗南「バレンタイン近いからじゃない?」

愛梨「バレンタインかー……お菓子作ろうっと」

紗南「愛梨姉ちゃんお願いだからバレンタイン当日までチョコ地獄はやめてね」

夏美「そうよ、また太っちゃうじゃない」

愛梨「そんなー、でも練習しないとPさんに失礼でしょっ」

ぴしっ

紗南「……ふーん? Pさんにあげるんだ」

愛梨「うん……そのつもりだよ?」

紗南「ふーん? へー? ほー?」

愛梨「紗南はあげないの?」

紗南「ど、どうしてあたしがっ!?」

夏美「動揺しすぎよ」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:01:17.08 ID:kXB3aUH60
紗南「ねえPさん」

P「いきなり家に押しかけてきたと思ったらなんだ」

紗南「バレンタイン近いけどさ、チョコ貰えたらうれしい?」

P「そりゃ嬉しいよ、可愛い女の子だったり凝ってたりしたら更に嬉しい」

紗南「じゃ、じゃあさ……あの……」

P「紗南らしくないな、どうした?」

紗南「あたしがっ、チ……チョコ用意するから!」

P「おお! くれるのか!」

紗南「すごいの用意するからね! 覚悟してて!」

P「あはは、楽しみにしておくよ」

紗南「そ、それじゃ!」

がちゃ ばたん

紗南「……どうしてあんな大見得切っちゃったんだろ……」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:08:27.46 ID:kXB3aUH60
愛梨「しょこらてぃあら♪」

夏美「ばれんたいんでーきっす♪」

紗南「うおおお頑張れあたしいいいい!」

薫「紗南おねえちゃんすごいきあい入ってるね!」

紗南「女には退けない時があるんだよっ!」

愛梨「Pさんにすごいケーキあげるって言っちゃったんだって」

薫「そうなの? かおるもせんせぇにすごいチョコあげる!」

夏美「一緒に頑張ろうね」

薫「うんっ!」

愛梨「Pさん、喜んでくれるかな……」

紗南「頑張らなきゃ頑張らなきゃ……」

夏美「私も少し頑張ろうかしら、走る量を増やさないといけないわね」

紗南「……あたしも走る」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:12:50.67 ID:kXB3aUH60
P「大学で結構チョコを貰ってしまった、はっはっは……あああホワイトデーきついいいい!」

愛梨「Pさん♪」

P「よう愛梨、お友達はいいのか?」

愛梨「はいっ! 頑張れって言われちゃいました!」

P「何を?」

愛梨「うーん、内緒、ですっ」

P「愛梨のクセに生意気な」

愛梨「もうっ、そんなのはいいですから!」

P「抱きつくなっての!」

愛梨「とにかくっ、一緒に帰りましょう」

P「いいけど抱きつくのはだめだって、当たってるから」

愛梨「えっ? きゃっ!?」

P「頼むよおい……」

愛梨「何ででしょう、体が熱いです」

P「さあ……?」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:18:13.88 ID:kXB3aUH60
愛梨「ただいまー」

P「お邪魔します」

薫「せんせぇ~!」

P「薫~!」

薫「いらっしゃい!」

P「おう、来たぞー」

愛梨「ちょっと体が熱い……脱いじゃおうっと」

P「おいちょっと待て!」

愛梨「きゃぁ!? 見ちゃだめですよ!」

P「人が居るところで脱ごうとするなっての!」

愛梨「Pさんのエッチ!」

薫「えっちー! お着替え見たらだめなんだよ!」

愛梨「もうっ、そういうのは二人きりの時にお願いしますっ!」

P「だから誤解を生む言動はやめろっての!」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:23:11.19 ID:kXB3aUH60
愛梨「Pさんはエッチですね、もうっ」

薫「えっちー! 愛梨おねえちゃんおはだか見たいの?」

P「いや、見たくても見たらだめだから」

薫「かおるじゃ、だめ?」

P「ぶふぉっ」

愛梨「きゃぁ!……ばっちぃですっ」

P「すまん……薫、そういうこと言っちゃだめだぞ」

薫「だめなの? わかった!」

P「ふー……」

愛梨「それでですね、今日お招きした理由なんですけど」

P「うん」

愛梨「これですっ! ハッピーバレンタイン!」

P「おお、すごいチョコだな」

愛梨「一口ケーキを作ってみました、食べてもらえると嬉しいです!」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:33:32.94 ID:kXB3aUH60
P「ありがとう……おお、美味い!」

愛梨「えへへ、愛情たっぷり込めましたよっ!」

薫「愛梨おねえちゃんよかったね!」

愛梨「うんっ、薫も渡しちゃおう!」

薫「うんっ! せんせぇ、かおるのチョコも、食べて?」

P「ありがとう……うん、美味しいよ」

なでなで

薫「やったぁ!」 

愛梨「良かったね♪」

薫「うんっ!」

夏美「ただいまー……あらPさん」

P「お邪魔してます、夏美さん」

愛梨「おかえり、姉さん」

薫「おかえー!」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:38:09.20 ID:kXB3aUH60
夏美「そう、二人からはもう貰ったのね」

P「はい、とても美味しかったです」

夏美「じゃあ私もあげようかしら」

P「マジですか、ありがとうございます」

夏美「はい、実は皆で作ったのよ」

P「おお、ということは……あれ? 紗南は?」

愛梨「今日は一回も見てませんね」

薫「紗南おねえちゃんならお部屋からでてこないよ」

夏美「もう、しょうがないわね……」

愛梨「呼んでくるね」

夏美「ああ、私が行くからいいわよ」

愛梨「そう……?」

夏美「Pさん、少し待っててね?」

P「ええ、はい」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:42:09.59 ID:kXB3aUH60
夏美「紗南、いいかしら」

紗南「夏美姉ちゃん?」

夏美「Pさん、来てるわよ?」

紗南「……渡せない」

夏美「どうして? あんなに良く出来たじゃない」

紗南「は、恥ずかしいよ……」

夏美「もう、乙女なんだから」

紗南「きゃ、急に開けないでよ!」

夏美「ほら、ぐずぐずしてたら今日が終わっちゃうわよ?」

紗南「じ、自分で渡すから!」

夏美「言ったわね? さあ行きましょうか」

紗南「い、今じゃなくて……引っ張らないで!」

夏美「お待たせPさん、連れてきたわ」

紗南「うう……!」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:47:33.25 ID:kXB3aUH60
夏美「ほら、自分で渡しなさい」

紗南「うぐ……Pさん!」

P「お、おう」

紗南「これ、貰って下さい! あたしの気持ちっ!」

P「ありがとう……食べてもいいか?」

紗南「うん……」

P「おお、美味いじゃないか!」

紗南「良かった……」

ぺたん

紗南「あはは……腰抜けちゃった……」

P「全く……それ」

ひょいっ

紗南「きゃ!? ちょっと!」

P「ホワイトデーの前倒し……これでいいかな」

紗南「ずるいよ……駄目って言えないじゃない!」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:52:24.98 ID:kXB3aUH60
愛梨「私もホワイトデーのお返しはそれでいいですっ!」

薫「かおるもそれがいい!」

夏美「若い子はいいわねー」

P「夏美さんもします?」

夏美「あら、お願いするわ」

紗南「ちょっとPさん、今はあたしをお姫様抱っこしてるんだからね!」

P「悪い、じゃあソファにでも……」

紗南「こ、こうなったら……Pさん」

P「なんだ?」

ちゅっ

紗南「えへへ……やっちゃった、これで一歩リードね!」

愛梨「紗南……大胆……だね……」

薫「かおるもほっぺたにちゅーってすー!」

夏美「モテモテね、いい事ね?」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:57:28.56 ID:kXB3aUH60
P「……なんてことしやがる」

紗南「でもチョコも受け取ってくれたでしょ?」

愛梨「気付きました? 4人のチョコのパッケージの文字を並べると……」

L O V E

P「」

夏美「この歳になってこれは恥ずかしかったわ……でも、そういうことなのよ」

愛梨「えへへ……皆Pさんのことが大好きなんですよ?」

紗南「他の人に取られるのはいやだけど、姉妹みんなでならいいかな」

薫「みーんなでせんせぇをしあわせにしてあげるね!」


おわり

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 00:07:44.95 ID:CV+R9Sjo0
もうちょっと勉強してから出直してきますorz
支援ありがとうね

お前らも良いバレンタインでありますように

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:59:36.70 ID:dYAi8XaX0
このPは羨ましい
切に羨ましい
おっちし☆



元スレ: モバP「向いのパッション溢れる4姉妹」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360326829/


コメント
3659: 2015/12/21(月) 05:19
このシリーズ大好き
3661: 2015/12/21(月) 09:01
夏美さんはぴはぴ
夏美さん萌えしぬ
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/11329-4d34cc58