ヘッドライン

チノ「ココアさんが失踪しました」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 00:11:53 ID:LsRNcM26


チノ「ココアはまだ起きないんでしょうか」

チノ「やっぱり私がいないとダメなココアさんですね…」

チノ「今起こしに行きますから、待っててくださいね」

チノ「ココアさん、起きてください!」

チノ「ココアさん、朝ですよ!」ユサユサ

チノ「ココアさん!」フトンバサッ

チノ「ココアさん?」

チノ(ココアさんが…いません!)

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 00:15:35 ID:LsRNcM26
チノ父(タカヒロ)「ココア君がいないだと!」

チノ「はい…朝起こしに行ったときにはもういませんでした」

チノ「ココアさんのことなので、またどこかに隠れているんでしょう…」

チノ父「そうだといいが…」

ティッピー「昨日まで元気だったココアが…何かあったんだろうか」

チノ「私、探しに行ってきます!」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 00:20:32 ID:LsRNcM26
甘兎庵

千夜「ココアが失踪!?」

チノ「はい…何か知ってることはありませんか?」

千夜「そうねぇ…そう言われても」

チノ「どんなことでもいいんです!お願いします」

千夜(チノちゃんは、こんなにココアちゃんのこと想ってるのね)ホホエマー

千夜「そういえば…!そうだ、昨日学校で『よろしくね』って言われたんだった」

チノ「それって…まさか!」

千夜「家出…かもしれないわね」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 00:27:14 ID:LsRNcM26
チノ「そんな…どうして」

チノ「どうしてココアさんが家出なんか!」

チノー!おはよーう

早くしないと学校遅れちゃうよー?

チノ「マヤさん、メグさん!」

マヤ「どうしたんだ?そんなに急いで」

チノ「実は… いや、なんでもないです」

(2人に迷惑をかけるわけにはいきませんから…)

マヤ「もしかして、ココアとなんかあったのか?」

チノ「」ビクッ

メグ(図星かな?)

チノ「うっ… 気にしないでください」

タッタッタッタッ

メグ「行っちゃったね…」

マヤ「私たち、なんか悪いこと言ったかなー?」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 17:53:36 ID:LsRNcM26
学校

メグ「それで…ココアちゃんと何があったのかおしえてもらってもいい?」

チノ「2人に迷惑をかけるわけには…」

マヤ「いいからいいから!私達、友達でしょ?」

チノ「そう…ですよね わかりました」

チノ「実は…ココアさんが失踪したんです」

チノ「朝起きた時にはもういなくて…」

チノ「街中どこを探しても見つかりませんでした」グスッ

マヤ「チノ、泣いてるのか!?」

メグ「大丈夫だよ、学校終わったらみんなで探しに行こう?」

チノ「…二人とも、ありがとうございます…」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 18:08:41 ID:LsRNcM26
放課後-ラビットハウス

チノ「ただいまです…」

リゼ「おお、おかえり! そういえばココア知らないか?」

チノ「うっ…」グスッ

リゼ「!? ど、どうした、ココアとなんかあったのか…」

チノ「…何もないです」

リゼ「?」

チノ「何もないのに、どこかへ行ってしまいました!」

リゼ「そんな… ココアは何もないのにどこかへ行くことなんてない! あっ…」

リゼ(そういえば…チノ今日誕生日だったな…)

リゼ「み、店は私に任せろ!探して来い!」

チノ「ありがとうございます… 行ってきます」

バタン

リゼ「ココア… あんまり迷惑かけるようなことするんじゃないぞ…」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 18:16:57 ID:LsRNcM26
マヤ「ココアー」

メグ「ココアちゃーん」

チノ「ココアさーん」

チノ「いないですね…」

マヤ「これ、警察に届け出したほうがいいんじゃないか?」

チノ「そうですね…でも」

   チノちゃーん マヤちゃん、メグちゃーん

チノ「!千夜さん!」

千夜「ごめんねー、遅くなって… 私もココアちゃん探そうと思ったんだけど、予習で遅くなって…」

チノ「ありがとうございます… わざわざ千夜さんまで」

千夜「ううん、いいの。 私もココアちゃんの友達なんだし、探してあげないと…」

千夜「とにかく、シャロちゃんのところへ行ってみましょう!」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 18:33:20 ID:LsRNcM26
フルール・ド・ラパン

シャロ「ココア? 見てないけどどうして…」

千夜「ココアちゃんが行方不明なの!」

シャロ「大変っ! 警察には言ったの?」

マヤ「そうだよ、警察に行ったほうがいいよ!」

千夜「や、やめたほうがいいわ…」

マヤ「どうして?」

千夜「ええと…いまの警察は全く役に立たないから!」

千夜以外 「???」

千夜(シャロちゃん、助けて!実は…)

----------

シャロ(なんだ、そんなことだったの!? それなら…)

10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 21:46:00 ID:LsRNcM26
シャロ「うん、やっぱり警察に言うのはやめたほうがいいわ」

シャロ「ココアのことだから、きっとその辺にいると思うの。しかも、警察にまでお世話になりたくないもの。」

チノ「でも、どこ探してもいませんでしたよ」

シャロ「いいから探すわよ。ほら!」

千夜「シャロちゃん、バイトはいいの~?」…

11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:01:17 ID:LsRNcM26
チノ(あれから3時間経ちましたが、ココアさんは見つかりませんでした…)

マヤ「あ、もう帰らなきゃ! ごめんな、チノ。見つけられなくて」

メグ「手伝うって言ったのにごめんね あとは頑張ってね」

チノ「二人とも、ありがとうございました」

時計「07:00」

千夜「大変!もうこんな時間」

シャロ「そうね…(私もそろそろ帰りたい… けど)」

   ごめん、遅くなってしまった 今日は客が多くてさー

12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:01:49 ID:LsRNcM26
シャロ「り、リゼしぇんぱい!?」

リゼ「ああ、ココアがいつまでたっても帰ってこなかったから、探しに来たんだ」

チノ「ありがとうございます。でも、リゼさん疲れてると思うので…」

リゼ「私がバイトなんかで疲れる人間だと思うか?」

シャロ(リゼ先輩、かっこいい!)

チノ「でも…」

リゼ「任せろ、私が見つけてやるから」

チノ「で、では、すみません。お願いします」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:05:11 ID:LsRNcM26
リゼ「じゃあ、私はこっちを探してくるから」

シャロ「わ、私も」千夜「シャロちゃんはそっちね」

チノ「わかりました…では私はあっちのほうを探してきます」

リゼ(うまく誘導できたな)

千夜(ええ、上出来よ。それにしても、どうしてココアはこんなことを…)

15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:10:01 ID:LsRNcM26
チノ「夜に大声を出すのは迷惑ですよね…」

チノ「眼だけで探しましょう」

チノ「こっちの方向には確か駅があったはずです」

チノ「行ってみましょう」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:14:03 ID:LsRNcM26
チノ「やっぱり駅なんかはいませんよね…」

チノ「ほかの場所をあたりましょう」

チノ「……でも」

チノ「もしかしたらホームにいるかもしれません」

チノ「もしかしたらですが… 行ってみましょう」

----------

チノ「ココアさーん」

チノ「ココアさーーん」

チノ「やはりいませんよね…」

   チノちゃーん!!

チノ「ココアさん…?」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:18:44 ID:LsRNcM26
ココア「やっぱり来てくれたんだね」

チノ「うぅ… ココアさん… ココアお姉ちゃん!」ダキッ

ココア「ち、チノちゃん!いきなり抱き着かなくても」

チノ「私、お姉ちゃんのことが心配で…」グスッ

チノ「ずっと探してたんです!」

ココア「ち、チノちゃんごめん… あ、あとお誕生日おめでとう!」

チノ「あ」

ココア「え」

チノ「…」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:22:21 ID:LsRNcM26
チノ「わわわわ私、今日誕生日でしたっけ!?」

ココア「え、違うの!?」

チノ「今日何日でしたっけ」

ココア「12月4日だよー?」

チノ「はっ! 私今日誕生日でした!」

ココア「もしかして、忘れてたの?」

チノ「…はい」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:28:36 ID:LsRNcM26

ココア「チノちゃんったら、自分の誕生日を忘れちゃうなんて…」

チノ「あ、あまり言わないでください!」

チノ「それで…どこに行ってたんですか?」

ココア「チノちゃんの誕生日プレゼント探してたんだけど見つからなくて… 実家のほうまで」

チノ「…ココアさん!」

ココア「でもね」

ココア「見つからなかったの…」

チノ「ココアさん!」

チノ「私は、ココアさんと会えて、本当にうれしかったです!」

チノ「ちょっと欲張りかもしれないんですが…」

チノ「私は、ココアお姉ちゃんが欲しいです!」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:33:17 ID:LsRNcM26
ココア「ち、チノちゃん、何を言って…」

チノ「駄目…ですか?」

ココア「いいよ! 今日はチノちゃんの誕生日だから!」

チノ「じゃあ…手をつないで帰りましょうか」

ココア「うん」

ココア(今日のチノちゃん、なんかすごいなー)

21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:39:05 ID:LsRNcM26
帰り道

チノ「ココアさん」

ココア「なに?」

チノ「私、まだココアさんにもふもふされてません」

ココア「してほしいの?」

チノ「わざわざ言わせないでくださいっ」

ココア「えへへ、チノちゃんはかわいい『妹』だなー」モフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフ

チノ「改行されるまでやらないでください!」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:44:24 ID:LsRNcM26

ラビットハウス

チノ「ただいまです…」

リゼ「おお、チノおかえり!」

千夜「チノちゃんおかえり!誕生日おめでとう」

シャロ「おめでとうチノちゃん」

チノ「み、みなさん!」

チノ「ありがとうございます!」

----------

チノ(あの後、皆さんが私の誕生日を祝ってくれました)

チノ(やっぱりみんなココアさんの行動には驚いてました)

チノ(あのリゼさんやシャロさんの推理も的中しなかったぐらいですから)

23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:48:38 ID:LsRNcM26
チノ「ココアさん」

ココア「なに?」

チノ「今日は一緒に寝ても、いいですか?」

ココア「もちろんだよ!」

----------

チノ「あの…」

チノ「ココアおねえちゃんは、私のものなんですよね?」

ココア「あ、うん!そうだよ」

チノ「では、今日は好きにしちゃっていいですか?」

ココア「え…あ、チノちゃんっ! まだ返事してないよ!」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:55:13 ID:LsRNcM26
----------
--------------------
------------------------------

チノ「あ、朝です…」

チノ「ココアさん、起きてください!」

ココア「あ、チノちゃん、おはよー」

チノ「ココアさん」

チノ「私は、ココアさんをもらったので…  ココアお姉ちゃんは、私のものですよね?」

ココア「も、もちろんだよ!」///

ココア「その代わり、チノちゃんは私の妹だからね?」

終わり

25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/04(金) 22:57:31 ID:LsRNcM26
某サイトの上映会で初めて最前列とれた

改めて、チノちゃん誕生日おめでとう!
やっぱりココチノは最高だね!

一応完結できてよかったです
今度はもうちょっと長いの書きたいかな…
それでは、また今度!



元スレ: チノ「ココアさんが失踪しました」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1449155513/


[ 2015/12/06 17:55 ] ごちうさSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/11159-a1bffad6