ヘッドライン

P「アイドルと俺と、時々、事務員」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:12:03.17 ID:jTpF5NSFO
――765プロ事務所

P「なぁ、やよい」

やよい「あっ!プロデューサー!なんですかー?」ピョンピョン

P「ここに、チュパチュパチャップスがある」スッ

やよい「うっうー!おいしそーですー!」ジュルリ

P「食べる?」

やよい「えっ?いいんですかー?わーい!」

P「あーんしてごらん」

やよい「あーん♪」

P「えいっ」

やよい「んむっ…あっ…あまぁいですー」アムッ、チュパチュパ

やよい「ぶどう味ですー!えへへ…おいしぃ♪」チュポチュポ

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:15:02.61 ID:jTpF5NSFO
P(エロい)

やよい「えへへ…お口の中がいっぱいですー」コロコロ

やよい「あっ…」

P「うん?どうした?」

やよい「なくなっちゃいましたぁ…」グスン

P「まかせとけ」ゴソゴソ

やよい「うー?」キョトン

P「もいっこあるよ」

やよい「もらっちゃっても…いいんですかー?」キラキラ

P「もちろん」

やよい「うっうー!ありがとうございまーす!」ピョンピョン

P「じゃあ、あーんして?あ眼は閉じてな」

やよい「はーい!あ~ん♪」ワクワク

P「えいっ」

やよい「むぐっ?」モムモム

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:16:30.11 ID:jTpF5NSFO
やよい「うっうー!なんかとっても甘いですー!」チュパチュパ

P「だんだん味が変わってくるから、そのままペロペロしててみ?」

やよい「ぺろぺろ…ぺろぺろ…あっ!」チュポチュポ、チュパチュパ

P「どうした?」

やよい「パチパチってなって味が変わってきましたー!なんだかお得な気分ですー!」

P「そっか。やよいが喜んでくれて嬉しいよ」

やよい「えへへ!プロデューサーが嬉しいなら、私も嬉しいですー!」チュパチュパ

P「やよいは天使だなぁ…」

やよい「えへへ///」テレテレ

P「じゃあやよい。一回、お口開けてごらん」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:18:40.90 ID:HHxERqiDO
やよいはエロいなぁ

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:18:41.36 ID:jTpF5NSFO
やよい「ふぁーい。こうでふかー?」

P「はい。ごほうび」

やよい「あむっ?あーっ!これって…これって…」

やよい「いっこ、さんびゃくえんもするぺろぺろキャンディですー!」

P「やよいはいつも頑張ってるからな。そのごほうびだ」ナデナデ

やよい「えへへ…ありがとうございます!」

やよい「おいしぃです!」ペロペロ、ペロペロ

やよい「えへへ…(*´ω`*)」ホッコリ

P(やよいはかわいいなぁ…)

―――
――

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:20:35.84 ID:jTpF5NSFO
――レッスンスタジオ

P「お疲れ、伊織」ストン

伊織「にひひっ。お疲れ♪なによ?アンタがスタジオに来るなんて珍しいじゃない」

P「そうか?結構会いに来てるぞ?」

伊織「まいにちじゃ…ないじゃない…」ボソッ

P「ん?なんか言ったか?(かわいいなぁ…毎日来てほしいのか)」

伊織「ッ!///」カァァァァ

伊織「なっ、なんでもないわよっ!」プイッ

P「ははっ。明日からは出来るだけ毎日来てやるからな?」ナデナデ

伊織「…」

伊織「~ッ///」ボッ

伊織「きっ、聞こえてたんじゃない!イジワル!」プクー

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:22:55.87 ID:jTpF5NSFO
P「ははっ。伊織が可愛くて、つい…な?」

伊織「…ばか」

P「悪い悪い。ほら、これはお詫びって事で」

伊織「…」チラッ

伊織「あ、あら…アンタにしては気が利いてるじゃない!」

P「お前の事なら、何でも知ってるさ」ナデナデ

伊織「…そんな事言っちゃって…勘違いしたら…どうしてくれるのよ…」ボソッ

伊織「じゃあ、頂くわ。ちゅー」チゥチゥ、チゥチゥ

伊織「はぁ…やっぱりレッスン後は100%のオレンジジュースね」

P「美味しいか?」ニコニコ

伊織「うんっ!」ニパッ

伊織「…あっ///」カァァァァ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:24:32.18 ID:jTpF5NSFO
伊織「まっ、まぁアンタのセレクトにしては、じょっ…上出来ね!」

P(かわいい)

P「そっか」ニヤニヤ

伊織「ほっ、ほんとなんだからぁ!><」ジタバタ、ジタバタ

P「あ、それとな?伊織」

伊織「な、なによ?」チラッ

P「勘違いしちゃったら…責任、とってやるからな?」ニッ

伊織「…」

伊織「~///」カァァァァッ

伊織「ばっ、ばかぁ!><」ポコポコポコ

P(かわいい)

―――
――

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:26:36.09 ID:jTpF5NSFO
――765プロ事務所

P「はぁ…」ズズズ...

雪歩「ふぅ…」ズズズ...

P「雪歩の淹れるお茶はほんと美味いなぁ…」ハァ...

雪歩「えへへ…私、それしか取り柄が無いですから…」

P「…」ジッ

雪歩「!」ドキッ

雪歩「ぷっ…ぷろでゅーさー?(プロデューサーが私を見つめてる…うぅ、恥ずかしいよぅ…)」ドキドキ

P「俺は、そんな雪歩が好きだなぁ…」

雪歩「」

雪歩「えぇぇぇっ?」

P「こうやって、美味しいお茶を淹れてくれて、一緒にほっこりしてくれる雪歩が好きだなぁ…」ズズズ...

雪歩「///」テレテレ、テレテレ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:28:02.76 ID:jTpF5NSFO
P「あっ、雪歩?」

雪歩「ひゃっ、ひゃいっ!なっ、なんでふかっ!?」

P「お代わり…ある?」

雪歩「じゃっじゃあ、淹れ直してきます!プロデューサーにとっておきの美味しいお茶を淹れてきます!」

P「ありがとな」ナデナデ

雪歩「えへへ…(*´ω`*)」ホッコリ

雪歩「じゃ、じゃあ…淹れてきますね?」スッ

P「ん、ありがとう」

雪歩「えへへ…」トテトテトテ

P「あっ!雪歩?」

雪歩「な、なんですか?」

P「何か俺たち…夫婦みたいだな」ニッ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:29:45.41 ID:jTpF5NSFO
雪歩「はぅっ><」ズキューン

雪歩「~///」トテテテッ

P(ゆきぽかわいいまじてんし)

―――
――

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:31:37.79 ID:jTpF5NSFO
――765プロ事務所

美希「~♪」パラッ、パラッ

P「…」

美希「~♪」モフモフ、スリスリ

P「なぁ、美希?」

美希「うん?なぁに?ハニー」ニコニコ

P「今、何してんの?」

美希「ジュース飲みながら本読んでるよ?」

P「どこで?」

美希「何でそんなコト聞くの?」キョトン

P「いや、いいから」

美希「ヘンなハニーなの」クスクス

美希「もちろん、ハニーの膝の上だよ?」ニパッ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:33:41.59 ID:jTpF5NSFO
P「おかしいよね?」

美希「おかしくないよ?」

P「なんで?」

美希「ハニーがスキだから!」

P「そっか」

美希「そうなの」

P「好きなら仕方無いな」ナデナデ

美希「あふぅ…好きだから仕方ないの~」スリスリ

美希「んっ…ねぇ、はにぃ?」チラッ

P「うん?どうした?」

美希「ミキ、眠くなってきちゃった…このまま寝ちゃうね?おやつの時間になったら起こしてね?」コテン

美希「くぅ…くぅ…」zzz...zzz...

P「かわいい」

美希「にひっ♪」

P「」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:35:41.21 ID:jTpF5NSFO
美希「かわいい?ねぇ、ミキ、かわいい?」ニヤニヤ、ニヤニヤ

P「どうだろうな…」

美希「あはっ!ハニー、デコちゃんみたい♪」クスクス

P「ほら、寝るんだろ?撫でててやるから寝ちゃいな」ナデナデ

美希「それもそうなの…。ねぇ、ハニー?起きたら、またいっぱいお話しようね…」ウトウト、ウトウト

P(かわいい)ナデナデ

美希(ミキ、諦めないからね?)クスッ

P「?」

―――
――

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:37:33.56 ID:jTpF5NSFO
――森林公園

P「はぁ…たまにはこういうオフもいいかも…誘ってくれてありがとな?」チラッ

響「でしょっ?ここの公園での日向ぼっこは最高なんだ!感謝するんだぞー?」ニコニコ

P「…」ジッ

響「ど、どうしたの?」ドキッ

P「なぁ、響?」

響「な、なぁに?」

P「響たちが移籍してから…もう随分と経ったよな…」

響「そうだね…最初は事務所も違ってライバルだったけど…そんな自分たちを受け入れてくれて…」

響「うれしかった」ニコッ

P「…」

P「なぁ、響」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:38:54.80 ID:jTpF5NSFO
響「なぁに?」

P「響の良さはさ、俺たちがよーく知ってるからさ。もう、気にするなよ?」

響「…」

響「な、何を言ってるさー!もう気にしてないよ!」

P「そっか」ナデナデ

響「うひゃあっ///」カァァァァ

P「ははっ」ナデナデ

響「もぅ…くしゃくしゃになっちゃったじゃないかー///」モジモジ

P「でも、嫌そうに見えないけど?」

響「だって…」

P「だって?」

響「嫌じゃないからねっ!」ピョンッ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:40:08.44 ID:jTpF5NSFO
響「プロデューサー!公園の入口まで競争ね!負けたらジュース一本だよ!よーいどん!」タッタッタッタッ

P「ははっ…」

響「モタモタしてたら、置いてっちゃうよー?」ブンブン、ブンブン

P「ははっ!アイツらしいな…よーし!負けないからなー?」

響「おっ?来たなー?よーし!負けないからね!」タッタッタッタッ

P(しあわせにしてやりたいなぁ)

―――
――

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:41:29.52 ID:jTpF5NSFO
――765プロ事務所

P「…」サクサク、サクサク

春香「ど…どうですか?し、新作なんですけど」ドキドキ

P「うん。美味い。また腕を上げたな?」

春香「えへへ…喜んでもらえてよかったです!」

P「ほら、俺ばっかじゃなくてさ、春香も食べなよ」ヒョイッ

春香「えっ?プロデューサーさん!?」

P「はい、あ~ん」

春香「あ…あ~ん…///」ドキドキ

P「どう?自分で作ったクッキーは」

春香「味見の時より…もっと美味しい…です…///」テレテレ

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:42:54.92 ID:jTpF5NSFO
P「そっか」

春香「プ…プロデューサーさんが食べさせてくれたから…なんちゃって///」モジモジ

P「ははっ。じゃあ、またこんど食べさせてやるよ」

春香「約束…ですよ?」

P「おう!」

春香「えへへ…嬉しいなぁ…」グスッ

P(かっかの瞳にも涙)

―――
――

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:44:14.29 ID:jTpF5NSFO
――宿泊先のホテル

真「プロデューサー!プロデューサー!ベッドがおっきーですよ!それにピンク!」ポフンポフン

P「ははっ。嬉しそうだな、真」

真「へっへー!こんなにおっきくて、フリフリなベッドだとなんだかお姫様になった気分ですー!」ポフンポフン

P「こらこら、嬉しいのは分かるけど、ベッドはトランポリンじゃないぞ?(なんだこの子猫めちゃくちゃかわいい)」

<「プロデューサー!」

P「まことー?どこだー?」キョロキョロ

<「お風呂場に来てくださーい!スゴいんですよー?」

P「風呂場?」スタスタスタ

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:45:48.63 ID:jTpF5NSFO
――ガチャッ

真「プロデューサー!」

P「またそんなにはしゃいでどうした?」

真「見てください!お風呂があわあわでぶくぶくです!泡風呂とかボク初めてです!早く早く!早く入りましょー!」ワクワク、ワクワク

P「いや、一緒に入るのはマズいんじゃね?」

真「へっへー!じゃっじゃーん!」バサッ

P「ちょっ!まこ…と?」

真「へっへー!中は水着でしたー!ビックリしましたー?これなら、一緒に入れますよね?早く早く!」

P「はぁ…もぅ…」ダキッ

真「にゃっ?」

P「かわいいなぁ…こいつぅ…」ギュー

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:46:37.37 ID:jTpF5NSFO
真「へへっ!じゃあボクがイチバンにあわあわぶくぶくしますねー!」

P「あぁ。ゆっくりあわあわしてな」

真「へっへー!やーりぃ!」ジャブジャブ

P(はぁ…かわいい)

―――
――

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:49:20.88 ID:jTpF5NSFO
――765プロ事務所

貴音「…」ソワソワ、ソワソワ

P「くくくっ…」プルプル

貴音「まだでしょうか…まだなのでしょうか…」ソワソワ、ウロウロ

P「たっ…たかね…俺を笑い殺さないでくれ…」プルプル

貴音「なっ…!あなた様は、楽しみではないと申されるのですか!?」

P「あと一分だからな?もうちょい我慢してくれ…ぷぷっ…」

貴音「むぅ…あなた様は、まこといけずです」

P「…」

P「ん、ちょうど三分経ったぞ?お待たせ」ペリペリペリ

貴音「らぁめん!」パァッ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:50:42.45 ID:jTpF5NSFO
貴音「はふっ…はふはふっ…」ズルズル

P「美味いか?」

貴音「はい!かっぷらぁめんも好きです。はふはふっ」ハフハフ

P(小動物みたいだ…かわいい)

貴音「あなた様は、食さないのですか?」

P「いや、美味そうに食ってる貴音を見てるだけで満足だよ」ナデナデ

貴音「…///」テレテレ

貴音「はっ!」

貴音「それはなりません!少しでも食さねば、体調を崩してしまいます!」

P「じゃあ、一口もらおうかな?」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:53:26.52 ID:jTpF5NSFO
貴音「ふふっ。では、どうぞ?」

貴音「はい、あ~ん…です」

P「…マジ?」

貴音「まじ、ですよ?」クスクス

P「あ、あ~ん…」

貴音「どうぞ?」スッ

―ペチャッ

貴音「あっ」

P「あちぃっ!」

貴音「だ、大丈夫ですか!?あなた様…」フキフキ

P「んっ…大丈夫。ありがとな?もういいよ」

貴音「…なりません」ボソッ

P「貴音?」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:55:12.65 ID:jTpF5NSFO
貴音「あなた様が火傷しては大変な事になってしまいます。なので、わたくしの膝の上に頭をお乗せください」グイッ

P「えっ?ちょっ!?うわっ」コテン

貴音「大丈夫ですか?」ペタッ

P「貴音のハンカチ、汚れちゃったな…すまん」

貴音「何を仰いますか。ハンカチなどはいいのです。大切な、あなた様が無事であれば」

P「ははっ。ありがとな?」

貴音「ふふっ。それに…」

P「それに?」

貴音「これはこれで…ふふっ。あなた様には申し訳ありませんが、幸せを感じてしまいます」クスクス

P「貴音…」

貴音「あなた様…」

―――
――

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:57:24.04 ID:jTpF5NSFO
――765プロ事務所

律子「…」カタカタ、カチカチ

P「律子ー?」ニヤニヤ、ニヤニヤ

律子「はい?なんですか?」

P「これ見てみー」ニヤニヤ

律子「なんですかー?ニヤニヤして気持ちのわる…い?」チラッ

PC『魔法をかけてっ♪』

律子「!?///」カァァァァッ

律子「なっ、何でプロデューサーの個人PCに!?」アセアセ、アセアセ

P「おいおい。俺は765プロ全員のプロデューサーだったんだぜ?」ニヤッ

律子「あぁ…そうでしたぁ…うぅ、恥ずかしい…」

52 :連投とかないわー 2012/09/23(日) 23:00:50.67 ID:jTpF5NSFO
P「いや、でもこの時の律子はとにかく輝いてたよ」

律子「えっ?」

P「いや、今が輝いてないって意味じゃないからな?」

律子「いや、それは分かってますけど…輝いてたって?」

P「いや、普通に可愛かった。今も可愛いけどな」

律子「…じゃあ、ですよ?」チラッ

P「ん?」

律子「今の私が…またアイドル時代の格好をしたら…見てくれますか?」

P「あぁ。もちろん」

律子「ふふっ…ふふふっ///」

律子「プロデューサー?」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:02:02.55 ID:jTpF5NSFO
P「うん?」

律子「今日の休憩時間…楽しみに…していてくださいね?」

P「あ、あぁ…分かった」

律子「えへへ///」

P(計画通り)ニヤリ

―――
――

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:03:51.97 ID:jTpF5NSFO
――765プロ事務所

亜美「ねぇねぇ兄(C)!」

P「なんだー?」

真美「ほんとにい→の→?」

P「おう!今日は二人とも頑張ったからな!特別ボーナスだ」

亜美「お→!兄(C)は太っ腹ですなぁ!」

真美「亜美は兄(C)に何をオネガイするの→?」

亜美「んっふっふ→!亜美はもう決めてあるのだよ!真美くん!」

真美「なになに→?」

P「ははっ。お手柔らかに頼むな?」

亜美「では!兄(C)にオネガイをします!」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:05:48.75 ID:jTpF5NSFO
P「おうよ!どんとこい!」

亜美「ちゅ→をしてくださ→い!」

真美「」

P「」

P「なん…だと?」

亜美「きの→のドラマでやってたんだ→!だからね?兄(C)にちゅ→してもらいたい!」

亜美「何でも…オネガイしてもいいんだよね?」ニシシ

P「はぁ…仕方無いか…」スッ

真美「兄(C)!?ほんと→にするの!?」

P「まぁ、な?」

亜美「どきどき!どきどき!」ドキドキ、ドキドキ

P「じゃあ、いくぞー?」スッ

亜美「んっ…」ピクッ...

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:06:56.67 ID:jTpF5NSFO
――チュッ

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:08:05.40 ID:jTpF5NSFO
亜美「…へっ?」

亜美「ほっぺ?」

P「唇は、好きなヤツのためにとっとけ」ナデナデ

真美「」ホッ...

亜美「ぶぅ…」プクー

亜美「兄(C)のニブチン…」ボソッ

真美(亜美…やっぱり兄(C)のコト…)ズキッ

P「じゃあ、次は真美だな。真美は、俺に何をしてほしいんだ?」

真美「真美は…」

P「何でもいいぞ?」

真美「じゃあ…真美もちゅ→してほしい…」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:09:05.59 ID:jTpF5NSFO
P「じゃあ…真美もほっぺに…」

真美「チガウよ!」

P「へっ?」

真美「その…真美のひざうらにちゅ→して!」

亜美「きゅう→ぅ…」パタン

P「」

真美「い、いや?」

P「い、嫌とかそういう問題じゃ…」

真美「お願い!」

P「…わかった」

真美「やった!じゃ、じゃあ兄(C)…しゃがんで?」

P「あ、あぁ…(真美の脚…細いけど…いい感じに引き締まってる…)」ドキドキ

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:10:44.17 ID:jTpF5NSFO
真美「んっ…ふっ…兄(C)…息が当たって…くすぐったいよぉ…」ピクピク

P「あ、あぁ…悪い。じゃ、じゃあ…いくぞ?(いい匂いがする)」スッ

真美「うっ…ん…///」ドキドキ

真美「あっ…」チュッ

P「お、終わったぞ?」

真美「はっ…はぁ…スゴいドキドキしたよ…兄(C)」ウルウル

P(あぁ…こうしてダブル双海もオトナになっていくんだなぁ…)

―――
――

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:12:01.58 ID:jTpF5NSFO
――765プロ事務所

千早「オリオンは高くうたい…つゆとしもとをおとす…」ナデナデ

P「んっ…ぐぅ…ぐぅ…」zzz...

千早「ふふっ。プロデューサー…いつもありがとうございます」ナデナデ

千早「なんて、貴方が眠っている時に言うのは…ちょっとずるいですかね」クスッ

P「いいんじゃないか?」

千早「うぇっ?」ビクッ

千早「おっ、起きてたんですか!?」

P「だって、寝ていて千早の歌が聴けないなんて勿体無いじゃないか」

千早「あぁ…恥ずかしい…///」カァァァァ

P「あ、まだこのままでいい?なんか落ち着く」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:13:49.66 ID:jTpF5NSFO
千早「あ、は…はい。ちょっとだけ恥ずかしいですけど」

P「はぁ…千早ってさ」

千早「なんですか?」

P「いや、何だろうな。上手く言えないけど、落ち着く」

千早「ふふっ。おだてても、何も出ませんよ?」クスクス

P「いいんだってば」

千早「でも…」

P「でも?」

千早「こうしていると、昔を思い出してしまいますね…」

P「ちはや…」

千早「ふふっ。でも、今は皆がいますから」クスッ

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:15:07.52 ID:jTpF5NSFO
P「そうだな…」

千早「さっ!プロデューサー…もうお昼寝はおしまいです!午後も、頑張りましょうね?」

P「おうよ!任せとけ!」

千早「ふふっ。頼りにしてます。プロデューサー」クスクス

P(千早も変わったよなぁ…笑顔が増えた)

―――
――

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:16:52.19 ID:jTpF5NSFO
――Pの部屋

あずさ「ふふっ。プロデューサーさんのおうち、久しぶりです」クスクス

P「あれ?そうでしたっけ?」

あずさ「えぇ。久しぶりですよ?」

P「って、三日前も来たばっかりじゃないですか」

あずさ「あらあらうふふ。恋しい時間が長すぎるのかしら」クスクス

P「?」

あずさ「うふふ。プロデューサーさんは相変わらずですねぇ」

P「でも、ウチのアイドルたちの中で、一番あずささんが多く来てるんですよ?宅飲みとかで」

あずさ「あらあら、そうなんですか~?」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:18:37.66 ID:jTpF5NSFO
P「えぇ。あっ、準備出来ましたよ?最初は俺と同じで日本酒でしたよね?」コトッ

あずさ「えぇ。最初は熱燗が無いと始まらないです~」

P「では、今日もお疲れさまでした」トクトクトク

あずさ「おっとっと…ふふっ。ありがとうございます」クイッ、コクン

あずさ「はぁ…美味しい…さぁ、プロデューサーさんも」

P「おっ?いいんですか?ありがとうございます」スッ

あずさ「うふふ~。たんと飲んでくださいね~?」トクトクトク

P「おっとっと。ありがとうございます」クイッ、コクン

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:20:13.57 ID:jTpF5NSFO
P「はぁ…やっぱり酒は美味いですねぇ…」

あずさ「ねぇ、プロデューサーさん?」コクン

P「なんですか?」

あずさ「プロデューサーさんは、運命って信じますか?」

P「運命、ですか?」

あずさ「えぇ」

P「どうなんでしょうね…。ただ、どっちかっていうとあると思います」

あずさ「あら、意外」クスクス

P「ただ…」

あずさ「ただ?」

P「何て言えばいいですかね。今はちょうど真ん中だと思うんですよ」コクッ

あずさ「まんなか…ですか?」コクン

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:21:57.36 ID:jTpF5NSFO
P「努力も運命もあるんですけど、その神様がどんな未来にするか考えているというか…これからの俺たち次第で変わっていくというか…」コクッ

P「ははっ。何だか今日は酔いが早いみたいです。なんかヘンに語っちゃいましたね。忘れてください。ぷはーっ!」コクコクコク

あずさ「…」コクコクコク

P「あずささん!?」

あずさ「ぷはーっ!ぷりょりゅーしゃーしゃん!」コトンッ!

P「はっ、はい!」ビクッ

あずさ「わらしとぷりょりゅーしゃーしゃんならだいじょぶです!みらいはあらるいれす!」コクコクコク

あずさ「ぷはーっ!」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:23:58.62 ID:jTpF5NSFO
P「あっ、あの…そんなに飲んだら…」

あずさ「きゅうぅ~><」コテン

P「あぁ…やっぱり…」

あずさ「くぅ…すぅ…」zzz...

P「…」

P「私たちなら大丈夫…か」コクッ

P「そうですね。あずささんが言うと、信じたくなってしまいます」

あずさ「うふふ~。くぅ…すぅ…」zzz...

P「よっと」ヒョイッ

P「…」スタスタスタ

あずさ「ふにゃ…」トサッ

P「おやすみなさい。あずささん」パサッ

あずさ(…ほら。こんな風に優しい貴方だから、信じられるんですよ?)

―――
――

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:25:11.17 ID:jTpF5NSFO
――BAR【レモンハート】

小鳥「ねぇ、プロデューサーさん?」カラン

P「なんです?」コクン

小鳥「どうして、今日は誘ってくれたんですか?あっ、マスター。私、レモンハートで」

P「あれ?小鳥さんってラム酒飲めましたっけ?あっ、俺もレモンハートで」

マスター「分かったよ。ちょっと待っててね」

小鳥「ふふっ。プロデューサーさんが凄く美味しそうに飲んでいたので、たまには飲もうかなーって!」クスクス

P「ははっ。やよいのマネですか?なかなか上手ですよ?」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:26:47.93 ID:jTpF5NSFO
小鳥「ふふっ。ありがとうございます。それで、なんで誘ってくれたんですか?」

P「誘うのに、理由が必要ですか?」

小鳥「えっ?」

マスター「はい。レモンハートお待たせ」コトッ

P「ありがとうございます」

小鳥「ありがとうございます」

マスター「ゆっくりしていってね」

小鳥「で、さっきのって?」

P「いえ、最近の小鳥さん忙しそうだったんで」

小鳥「あら、そんなに疲れてそうな顔してました?」

P「俺の思い過ごしなら、それでいいんですけどね?」コクッ

小鳥「…」コクン

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:27:49.01 ID:jTpF5NSFO
小鳥「ふぅ…。プロデューサーさん?」

P「なんですか?」

小鳥「今度は、私から誘わせてください。いい店、知ってるんですよ」

P「へぇ。なんて店ですか?」

小鳥「ふふっ。その時までの内緒です」クスクス

P「じゃあ…絶対に誘ってくださいね?」

小鳥「えぇ。喜んで」ニコッ

―――
――

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:29:01.20 ID:jTpF5NSFO
――765プロ事務所
――09:00

P「さぁ、今日もまた一日が始まるぞー。今日は、どんな一日になるかな?」

――ガチャッ

「おはようございます!」

P「おう!おはよう!」

おわり

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:30:24.25 ID:jTpF5NSFO
はい。ここまでありがとうございました

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:31:32.65 ID:2LLblAo10

よかった



元スレ: P「アイドルと俺と、時々、事務員」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1348405923/

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 10 高槻やよい
高槻やよい(CV:仁後真耶子)
日本コロムビア (2015-10-21)
売り上げランキング: 160

[ 2015/09/28 22:25 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] アイマス 765プロ
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/10265-2c04b71d