ヘッドライン

楓「参りましたね」瑞樹「もう何も言わない!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477492686/


1 : ◆GWARj2QOL2 2016/10/26(水) 23:38:06.75 ID:DMZwC0FgO
アニメ準拠はほとんどありません
草が生えてますので、気分を害された方がいらっしゃったら申し訳ありません

2 : ◆GWARj2QOL2 2016/10/26(水) 23:41:22.82 ID:DMZwC0FgO
楓「え?」


瑞樹「もー…そのパターンには乗らない事にしたのよ」


楓「何ですかそのパターンって」

瑞樹「毎回参った参ったってね、リスナーもうんざりしてるはずよ」

楓「みんな参ってますよ」

瑞樹「貴方に参ってるのよ。ピー…ンの後の第一声が参ったで。しかもこれ今日初めて聴いた人には私が変なツッコミしてる風に聴こえる始末よ」

楓「ww……じゃあ、どんな参り方なら良いんですか?」

瑞樹「どんな参り方って何よ。…あ、ならこういうのはどう?」

楓「はい」

瑞樹「いやー…参った!参ったなー!」

楓「…」

瑞樹「っていうの」




向井拓海「ポリネシア…なんて?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1477845125/

1 : ◆ao.kz0hS/Q 2016/10/31(月) 01:32:05.76 ID:VsYSaNKD0
18禁の内容になっておりますのでご注意ください。

2 : ◆ao.kz0hS/Q 2016/10/31(月) 01:33:51.86 ID:VsYSaNKD0


鼻先をうなじに突っ込んで何が愉しいのか、ひたすらに荒い呼吸を繰り返しやがるコイツにはもう諦めさえ感じている。
熱い鼻息がアタシの首筋に吹きかかってもお構いなしらしい。


「あぁもう! 包丁使ってんだから、ちっとは大人しくしてろよっ」


無駄と知りながら、アタシの背中にぴったりと貼りついているヘンタイを叱りつけてみたが、やっぱり意味はなかった。
それどころか息はさらに熱くなるわ、アタシを抱く腕の力は増すわで、やらないほうがマシだったかもしれない。


「すぅ~~~はぁ~~~あぁぁ~…拓海…拓海…」

「んっ……」


せっかく晩メシを料理してやってるっていうのに、うわ言みたいにアタシの名前を呼びながら変なトコロにトリップしやがって…。

慣れない状況でどうにか下ごしらえを終えた食材を順番にボウルに放り込んで生地と混ぜ合わせた。
熱したフライパンに油を引き、薄い豚肉を数枚並べる。
じゅわじゅわと小気味いい音を鳴らしながら、ほどほどに火が通ったところで肉を裏返していく。
香ばしい匂いが鼻をくすぐって気を良くしたのも束の間、豚肉の脂が思ったよりも滲み出していたらしく、パチンと小さく爆ぜて油が飛んだ。
その油の飛んだ先は太ももだった。
今日に限っては運悪く。


「熱っ!? ったくよぉ! こんな格好で料理するもんじゃねーな!」 


普通ならエプロンかズボンかスカートが防いでくれて、むしろ油が飛んだことさえ気づかないんだろうが、今はそのどれも無い。




北条加蓮「藍子と」高森藍子「秋染め?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477901655/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/31(月) 17:14:15.80 ID:ogsgz3kn0
――おしゃれなカフェ――

高森藍子「ごちそうさまでした」テヲアワセ


北条加蓮「ごちそうさまでした」テヲアワセ


加蓮「ふぅ。……あはは、ちょっとお腹いっぱいかも」

藍子「いつもの定食なのに、ご飯、大盛りでしたよね」

加蓮「だよね」

藍子「……あっ! 見てください加蓮ちゃんっ。ここ、皿の隅っこ!」

加蓮「んー? わ、紅葉がある。ちっちゃな紅葉」

藍子「ちいさな紅葉、可愛い……♪」




[ 2016/10/31 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

佐久間まゆ「運命を辿って」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477729817/

1 : ◆8dLnQgHb2qlg 2016/10/29(土) 17:30:18.04 ID:QJ59XVf90

 季節は春。入学式を目前に控えた休日に、私は椅子に座って高層ビル群を眺めていた。
 どこまでもコンクリートが広がる街並みを見ると、遠くに来たと実感する。
 東京に越してきて、寮に入ってからまだ数日しか経っていない。
 この街と、個性豊かな寮の住人に慣れるにはまだ少しかかりそうだ。

 微かに聞こえる足音に、視線を室内に戻す。
 部屋の中は最低限の備品しか置かれていない。どこにでもある小さな会議室だ。
 このプロダクションに来るのは二回目だが、こういう部屋だからこそ特に緊張を感じることもなかったのだろう。
 その瞬間が目前に迫りながらも、心拍に乱れはなかった。

「失礼します」

 ノックに続いて、低く落ち着いた声が聞こえてきた。一拍置いてドアが開かれる。

「申し訳ありません、お待たせしました」

「いいえ。私が早く着きすぎただけですから」

 会議室に入ってきた男性に立ち上がって返事をする。
 慣れない電車での移動のため30分は余裕をもって近くまで来ていた。
 待ち合わせまで時間を潰せる場所を探していたところで、このプロダクションの人に捕まってしまったのは誤算だった。

「初めまして、佐久間まゆです。貴方が私のプロデューサーさんですか?」

「はい。これから佐久間さんを担当いたします。不慣れな部分もありますが、よろしくお願いします」

「こちらこそ。私はアイドルのことはあまりよくわかりませんから」

 軽く挨拶を交わしながらこちらに近づいてきた。

「どうぞ、座ってください」

 机に向かい合うようにして座ると、 プロデューサーさんは鞄から資料を取り出し始めた。





敷波「ようこそ艦娘食堂へ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411417651/

1 : ◆df7m4bsNCU 2014/09/23(火) 05:27:41.73 ID:CWq8PUa+o
艦隊これくしょんのSSです
飯テロ注意

2 : ◆df7m4bsNCU 2014/09/23(火) 05:29:00.04 ID:CWq8PUa+o
敷波「司令官、食堂から意見書が出てるんだけどさ」

提督「なになに… 食堂の利用者が増えたから人員を増やしてほしい?」

敷波「うちも艦娘が増えたし、間宮さんだけじゃ大変みたいだよ?」

提督「そうは言ってもなぁ、建造とか艤装の修理で結構カツカツなんだよ」

提督「艦娘は軍事機密扱いだから、街の食堂みたいに気軽に補充できないしな」

敷波「ふーん…」



提督「敷波、何かいい案とか無いか?」

敷波「えっ、え~っといっその事、艦娘に任せちゃう…とか?」

提督「それいいな!」

敷波「へっ?そんなのでいいの?」




蓮実「いっぱいの好きを、あなたともっともっと」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477839167/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/30(日) 23:52:47.37 ID:SF7ZIMN70



モバマス・長富蓮実のSSです。



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/30(日) 23:54:16.43 ID:SF7ZIMN70



それはまだ、そっと忍んだ恋だから……なんて。

ねえ、聞いてほしいことがあるんです。





二つ折りの携帯電話。

背中のランプがチカチカ光っている。

あ、ひょっとして。




「やっぱり、プロデューサーさんだ」



内容は、お仕事に関する連絡に過ぎなくて。

でも、それも私には素敵なもので。



「ありがとうございます♪……と」



ぽちぽちと、ゆっくり文字を並べてゆく。

いつまでたっても拙い入力作業。

けれどそのぶん、気持ちはたっぷり込めたから、なんて。



「送信っ。……ふふっ」



メッセージはまだ近くを飛んでいるかしら。

彼のもとまで、早く届いてね。






橘ありす「3人でおでかけ……ですか?」佐久間まゆ「ですよぉ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477798836/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/30(日) 12:42:11.52 ID:TcAWlMDw0
高森藍子「料理を教えて欲しい?」橘ありす「はい」

前に書いたものです、繋がり要素はないはずですが同じ事務所の想定で書いてます

オリジナル設定、御都合主義はごめんなさい文章力のなさゆえです。

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/30(日) 12:42:59.58 ID:TcAWlMDw0
ありす「また急ですね……」


まゆ「おでかけ、という名の藍子ちゃんのお祝いですよぉ」


ありす「お祝い……あ!ソロCDの発売日!」

まゆ「はい、藍子ちゃんの2ndシングル発売記念ということで藍子ちゃんの好きなカフェに行こうと思って、ありすちゃんもどうですか?」


※お散歩カメラが1stシングル、青空リレーションが2ndシングルということで補完お願いします。




【艦これ】提督「SIRATSUYUチャリンコ暴走族だって?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477490376/

2 : ◆fv0Hu3TKLg 2016/10/26(水) 23:05:32.79 ID:QoL9YyTY0
五月雨「はい…」

五月雨「暇があれば姉妹全員揃って鎮守府の敷地内で暴走行為を働いているんです…」

提督「あいつらなにやってんだ」

提督「五月雨は入ってないんだな……入ってたら困るけど。」

五月雨「恥ずかしながら、私…自転車乗れないので…」




工藤忍「飛び出し娘と一人の異星人」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477807410/

1 : ◆8ozqV8dCI2 2016/10/30(日) 15:03:31.10 ID:ZOUFLRbt0
忍「ここがアタシが所属することになる事務所ね」


忍「アイドルになりたいって言ってもまわりから反対されて、なかば喧嘩別れみたいに上京して、やっと掴んだ夢の一歩」

忍「もう後戻りはできない。どんなに辛くてもアイドルになってみせる!」

忍「ずっとテレビで見てきた、センターで輝くアイドルのように!」

忍「……よし!行こう。挨拶は元気に、初めが肝心だよね」

忍「おはようございます!」ガチャ

菜々「はぁ~、お茶美味しい」


忍「失礼しました」バタン

忍(……メイドさんがいた)




ページランキング