ヘッドライン

モバP「せ、積極的になった……文香…だとォッ!?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/31(日) 17:16:12.45 ID:8WzzEXtM0
文香「ふぅ……良き書でした……」バタリ


P「やっと読み終えたのかな? 文香」

文香「あっ、プロデューサーさん……」

P「さっきから声を掛けてたのに、何も反応がないからちょっと心配したぞ?」

文香「そうだったのですか……すみません。無視するようなことをしてしまって……」

P「別に気にしてないよ。でも、そこまで集中するってことはよっぽど面白い本だったのかな?」

文香「はい……非常に、読み応えのある小説でした……」

文香「登場人物の心情が、とても繊細かつ美しく描写されていながら……物語の流れは、先の読めない意表を突いたものでして……」

文香「中々お目にかかることができない……素晴らしい書でした……」

P「そうかそうか。それはよかったな」

文香「はい……」

P「じゃあ、無事読み終えたわけだし―――」




P「―――そろそろ俺の膝の上からどいてくれない?」

文香「………嫌です」

P「」





智絵里「チェリーはお好きですか?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/31(日) 12:38:46.02 ID:1MOKc2op0
※R-18注意
※プロデューサー以外の男キャラ注意
※キャラ崩壊注意



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 12:41:27.60 ID:1MOKc2op0
夜の街中

智絵里「……あっ、こんばんは……もしかして、○○さんですか?」

智絵里「はじめまして、えっと、緒方智絵里です」

智絵里「こうして喋るのは初めてだから、なんだか緊張しちゃいますね、えへへ」

智絵里「えっと、どうします? どこかでお話しでもしますか? それとも……」

智絵里「カラオケ、ですか? でも、わたしあまり歌は……」

智絵里「ううん……そこまで言うなら、行きましょうか」ギュッ

智絵里「あっ、ごめんなさい、つい握りたくなったから……」パッ

智絵里「もうちょっと、順序を踏んだほうがよかったですかね?」

智絵里「……そうですか? じゃあ」ギュッ




[ 2014/08/31 22:25 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

若林智香「恋のキューピッド、始めましたっ☆」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 22:28:06.42 ID:0vw2mh4P0

・アイドルの数だけプロデューサーがいます
・P=智香P


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/30(土) 22:29:59.36 ID:0vw2mh4P0

若林智香「みんなの恋を、応援しちゃうぞっ☆」



神谷奈緒「……え?」



島村卯月「いいですねっ♪頑張りましょう、智香ちゃんっ!」



奈緒「ま、待てよ智香!恋を応援って、何をするんだ?」


智香「例えば奈緒ちゃんは、奈緒ちゃんのプロデューサーさんの事が好きでしょっ?」


奈緒「なっ、ち、違う!」アワワ


卯月「奈緒ちゃん、分かりやすいですからねっ♪」


奈緒「やめろよ卯月まで!ああもうっ、だからそんなんじゃないっての……!」カァァァ


智香「奈緒ちゃんみたいに、恋で悩んでいる女の子を後押ししちゃおうっ☆」


卯月「わぁっ♪まさにキューピッドですね!」


智香「それじゃあ早速、行ってみよう!」





春香「プロデューサーさん、投資ですよ、投資!」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 00:23:34.16 ID:1cU+v7660
春香「私達アイドルが集めたお金を事務員に…プロデューサー、律子さん、小鳥さんに渡します」

春香「そのお金を使って765プロの為になる事をやらせます」

春香「という訳で、まずは律子さんお願いしますね!」

春香「…無駄遣いしないで下さいね!」

律子「当然よ。みんなのお金だからみんなの為に活かしてみせるわ」

春香「では此方が資金です!」

>>4

4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 00:27:02.52 ID:kEjYW4AF0
30万円




若林智香「バファリンはっ☆」小関麗奈「優しさを捨てきれぬ未熟者よッ!」

1 : ◆hhWakiPNok 2014/08/30(土) 20:09:11.79 ID:FmNDR76f0
麗奈「このレイナサマは違うわよッ。レイナサマこそ無慈悲な悪の校帝! 世界をレイナサマ色に染める手始めとして、まずは事務所を征服よ!」


凛「また麗奈の病気が始まった」


智香「前回からそろそろ1週間っ……もうそんなに経つんだね、定例の開催行事っ☆」


卯月「じゃあ今日もレッスン、がんばろうね」


麗奈「うおい、そこぉ! このレイナサマの決意表明を、日常風景みたいに言うのは止めなさい!」ビシッ

智香「はいはい。じゃあ麗奈ちゃんは、今日はどんな悪事をするのかなっ?」

麗奈「よく聞いてくれたわ。このレイナサマだけでは、効率的に世界征服は難しい。そこで!」

凛「智香と卯月は、もうステップ覚えた?」

智香「え? あ、うん。ダンスには自信があるんだっ☆」

卯月「じゃあ今日もレッスン、がんばろうね」

麗奈「レイナサマの話を聞きなさーい! そこで今日は……って、ホントにレッスンに行ったなぁーっ!!」




茜「真っ向勝負!」智香「ですっ☆」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 21:17:59.51 ID:eEHW6wVd0



<ピンポーン、ピンポーン!

P「どうしたんだよ休日に一体…」ガチャ



茜「今日は智香さんの誕生日ですっ!!! 気合、入れて、行きます!」ドカーン


P「茜、それは余所のネタだからやめなさい」

茜「………ッ!!!」ガーン

P「そもそも今何時だと思ってんだ…」



茜「朝の5時です!」

P「わかってやってるとかタチ悪いなオイ」



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 21:19:10.61 ID:eEHW6wVd0
【注意事項】
・モバマス
・勢い重視
・智香ちゃん誕生日おめでとう

OK?




P「貴音の正体は夢だった!」 響「だぞ!」 伊織「にひひっ♪」 貴音「面妖な」


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/07/05(木) 16:55:21.88 ID:Q3MQjUf50
本SSは、
P「本格的に貴音の正体に迫ってみる」 響「だぞ!」 伊織「にひひっ♪」
の、続編です

前作を先に読まないとわからないところがあるので、できればお読みになってからどうぞ


のんびり行きます

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/07/05(木) 16:57:23.20 ID:Q3MQjUf50
響「貴音!!」

貴音「答えは用意しましたか、響!?ここは終に世界の果て―――」

貴音「道化の詭弁と悪魔の仮面が、響の影を踏んでいます!!」

響「!!」

貴音「勝者のみ・・・」

貴音「唯一人の勝者のみが、涯に立つでしょう」

貴音「その者をこそ上(カミ)と呼びましょう。人に許されざるを自ら許す、超越の権能者と―――」

響「・・・・・・・・・」

響「貴音」

貴音「ええ」

響「貴音・・・・・・なのか?」

貴音「何ですか、その禅問答は」

貴音「いえ、分からないでも無いですね、色々ありましたゆえ。心配をかけてしまいましたか?」

響「・・・・・・」

貴音「案ずることはありません、結局何だったのかよくわかりませんが、わたくしはわたくしです。他の何者でもありません」

響「そう、だな」




ゴリエ「シンデレラチアリーダー、勝負!」若林智香「!!」

1 : ◆VvEVFcGGrs 2014/08/30(土) 21:57:51.06 ID:XP3iPZY0o


皆さんこんにちは、若林智香ですっ☆

今日アタシは、とあるチア関連のイベントにスペシャルゲストとして呼ばれているんです!

そこでもう一人のシークレットゲストとチア対決を行うという企画があるんですけど

なんとその相手とは……!





ゴリエ「アイドルになった智香ちゃんと競演ができるなんて、ヨ・ロ・コ・ビ~!!」

智香「ゴ、ゴリエ先生!?」


2 : ◆VvEVFcGGrs 2014/08/30(土) 21:59:27.68 ID:XP3iPZY0o

若林智香(17)


ゴリエ(?)





[ 2014/08/31 10:25 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

雪歩「時計仕掛けの休憩室」

1 : ◆qXT1qjrsLs 2014/08/29(金) 21:32:10.28 ID:RP4avtCm0
真「雪歩ー。レッスン帰り?お疲れー!」

雪歩「あ、真ちゃー・・・」

雪歩「痛っ!」ズキッ

真「!?雪歩、どうしたの!」

雪歩「うーん・・・レッスンでちょっと無茶しちゃったかな・・・? 肩が・・・」ズキズキ

真「それは大変だ!応急処置をした方がいいよ!」

雪歩「え、そんな事できるの?」

真「うん!もしもの時に備えて、一通りの器具は常に携帯してるんだ!」ドジャーン

雪歩「へ、へぇー・・・ じゃあ、お願いしても・・・いいかな?」

真「いいですとも!」

真「ここでするのも何だし、今空いてる休憩室を使おうか」

雪歩「うん」






真「ボクももう20歳かぁ……」

1 : ◆SfPCs52nhI 2014/08/29(金) 00:00:39.47 ID:xbYHJkX30
<…トー!

真「時がたつのは早いなぁ」

<・・コトー!

真「主に二年ぐらい早い気がするなぁ」

<マコトー!

真「いややっぱり気のせ……ん?」クルッ


P「まことぉぉぉぉぉぉぉおおぉおぉおぉぉおおおおおおおおお!!!!!!!」ダダダダダダダダ


真「うわっ」




ページランキング